■The Darkness | ザ・ダークネス、10/6発売のニュー・アルバム『パインウッド・スマイル』より「Solid Gold」のビデオを公開。



The Darkness - Solid Gold






続きを読む

スポンサーサイト
2017-08-18 : The Darkness :

■Deap Vally | 昨年、アルバム『フェメジスム』をリリースしたディープ・ヴァリーのアコースティックEP『フェメジスム・アンプラグド』、好評発売中。



NOW ON SALE

昨年、アルバム『フェメジスム』をリリースしたディープ・ヴァリーのアコースティックEP『フェメジスム・アンプラグド』、好評発売中。


■アーティスト:DEAP VALLY(ディープ・ヴァリー)
■タイトル:FEMEJISM UNPLUGGED(フェメジスム・アンプラグド)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:デジタルのみ
■価格:デジタルのみ
■収録曲目:
1. Smile More (Unplugged)
2. Grunge Bond (Unplugged)
3. Heart Is An Animal (Unplugged)
4. Turn It Off (Unplugged)

>>> https://itunes.apple.com/jp/album/femejism-unplugged-ep/id1268942557





続きを読む

2017-08-18 : Deap Vally :

■Reverend And The Makers | 前作『ミラーズ』もUKトップ20ヒットを記録したシェフィールドのインディロック・バンド、レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ。約2年振りとなる通算6枚目のアルバム『ザ・デス・オブ・ア・キング』が完成。



2017.9.27 ON SALE

前作『ミラーズ』もUKトップ20ヒットを記録したシェフィールドのインディロック・バンド、レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ。約2年振りとなる通算6枚目のアルバム『ザ・デス・オブ・ア・キング』が完成。


■アーティスト:REVEREND AND THE MAKERS(レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ)
■タイトル:THE DEATH OF A KING(ザ・デス・オブ・ア・キング)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD657J[通常盤/国内流通仕様]/ COOKCD657XJ[限定盤/国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税[通常盤]/ ¥2,200 +税[限定盤]
■収録曲目:
[通常盤]
1. Miss Haversham
2. Auld Reekie Blues
3. Bang Saray
4. Boomerang
5. Too Tough To Die
6. Carlene
7. Monkey See, Monkey Do
8. Black Cat
9. Autumn Leaves
10. Time Machine
11. Juliet Knows
12. Black Flowers
[限定盤]
1. Miss Haversham
2. Auld Reekie Blues
3. Bang Saray
4. Boomerang
5. Too Tough To Die
6. Carlene
7. Monkey See, Monkey Do
8. Black Cat
9. Autumn Leaves
10. Time Machine
11. Juliet Knows
12. Black Flowers
13. Lisa feat. James Skelly
14. Still Down
15. You Can Have It All feat. John Cooper Clarke

Reverend and the Makers - Too Tough To Die (Official Video)

●2015年10月にリリースされた前作『ミラーズ』も全英16位を記録。変わらぬ人気を誇るシェフィールドのインディロック・バンド、Reverend & The Makersの通算6枚目のアルバム『The Death Of A King』がCooking Vinylよりリリースされる。
●アルバム『The Death Of A King』はタイにあるKarma Sound Studiosでレコーディングされ、その後、地元のシェフィールドのスタジオ、2Fly Studiosと1984 Studiosで追加のレコーディングがおこなわれた。アルバムのプロデュースは前作同様、シェフィールドをベースに活動するDave Sanderson。アルバムからは、まず「Too Tough To Die」、その後、「Juliet Knows」が公開された。
●通常盤&限定盤、同時発売

【REVEREND & THE MAKERS / バイオグラフィー】
レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズは2005年にフロントマン、ジョン・マックルーア(Jon McClure)によって英シェフィールドで結成された。レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ結成前、ジョンはJudan Sukiというバンドで活動しており、このバンドにはアークティック・モンキーズ結成前のアレックス・ターナーやマット・ヘルダースもメンバーとして加わっていた。特にアレックス・ターナーとジョンは深い関係性を築いており、アークティック・モンキーズのセカンド・アルバム『フェイヴァリット・ワースト・ナイトメア』には二人の共作曲も収録され、アレックス自身もジョンからの強い影響を公言している。レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズは2007年にデビュー・アルバム『The State Of Things』をリリース。シングル「Heavyweight Champion Of The World」のヒットもあり、アルバムはUKチャートの5位を記録した。2009年にはセカンド・アルバム『A French Kiss In The Chaos』をリリース。オアシスのスタジアムツアーのサポートをおこない、アークティック・モンキーズとUKツアーもおこなった。その後も2012年のサード・アルバム『@Reverend Makers』、2014年の4枚目のアルバム『Thirty Two』、2015年の5枚目アルバム『Mirrors』とコンスタントにリリースを行っている。また、全てのアルバムはUKでトップ20ヒットを記録しており、バンド結成以来、非常に高い人気を誇っている。




2017-08-18 : Reverend And The Makers :

■Noah Gundersen | 米ワシントン州シアトル出身のシンガーソングライター、ノア・ガンダーセンのニュー・アルバムが完成。約2年振りとなるサード・アルバム『ホワイト・ノイズ』、クッキング・ヴァイナルよりリリース。



2017.9.27 ON SALE

米ワシントン州シアトル出身のシンガーソングライター、ノア・ガンダーセンのニュー・アルバムが完成。約2年振りとなるサード・アルバム『ホワイト・ノイズ』、クッキング・ヴァイナルよりリリース。


■アーティスト:NOAH GUNDERSEN(ノア・ガンダーセン)
■タイトル:WHITE NOISE(ホワイト・ノイズ)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD680J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. After All
2. The Sound
3. Heavy Metals
4. Number One Hit Of The Summer
5. Cocaine Sex & Alcohol (From A Basement In Los Angeles)
6. Bad Actors
7. Fear & Loathing
8. Sweet Talker
9. New Religion
10. Bad Desire
11. Wake Me Up I'm Drowning
12. Dry Year
13. Send The Rain (To Everyone)

Noah Gundersen - The Sound (Official Video)


Noah Gundersenは米ワシントン州シアトル出身のシンガーソングライターだ。2008年にEP『Brand New World』をリリース。その後、友達と自分の妹をメンバーとしたバンド、The Courageを結成。The CourageをNoah Gundersenのバック・バンドとしてライブをおこない、2008年にはNoah Gundersen & The Courage名義でライヴ・アルバム『Live At The Triple Door』をリリース。2010年にはThe Courage名義でアルバム『Fearful Bones』もリリースしている。一方、ソロとしての活動も並行して続け、2009年にはセカンドEP『Saints & Liars』、2011年にはサードEP『Family』をリリース。そして、2014年にはソロ・デビュー・アルバム『Ledges』をリリースし、好評を博した。その後、EP『Twenty-Something』を経て、2015年には、初めてフルバンドでレコーディングしたセカンド・アルバム『Carry The Ghost』をリリースしている。また、2015年には高校時代のバンド仲間とYoung In The Cityというバンドも結成。『Young In The City』『II』という2枚のEPもリリースしている。当『White Noise』は約2年振りとなるサード・アルバムで、Cooking Vinylyより2017年の秋にリリースされる。アルバムからは既に「The Sound」が公開されている。




2017-08-18 : Cooking Vinyl :

■Paul Kelly | オーストラリアの伝説的なミュージシャン、ポール・ケリーのニュー・アルバム『ライフ・イズ・ファイン』が完成。2012年のアルバム『スプリング・アンド・フォール』以来、約5年振りとなるオリジナル・マテリアルによるアルバム。



2017.9.27 ON SALE

オーストラリアの伝説的なミュージシャン、ポール・ケリーのニュー・アルバム『ライフ・イズ・ファイン』が完成。2012年のアルバム『スプリング・アンド・フォール』以来、約5年振りとなるオリジナル・マテリアルによるアルバム。


■アーティスト:PAUL KELLY(ポール・ケリー)
■アルバム・タイトル:LIFE IS FINE(ライフ・イズ・ファイン)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:GAWD026SJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. Rising Moon
2. Finally Something Good
3. Firewood and Candles
4. My Man’s Got a Cold feat. Vika Bull
5. Rock Out On The Sea
6. Leah: The Sequel
7. Letter In The Rain
8. Josephina
9. Don’t Explain feat. Linda Bull
10. I Smell Trouble
11. Petrichor
12. Life Is Fine

Paul Kelly - Firewood and Candles - official video


オーストラリアのシンガーソングライター、ギターリスト、ハーモニカ・プレイヤー。「オーストラリアのボブ・ディラン」と呼ばれる伝説的なミュージシャンで、ロック、フォーク、カントリーをベースにしたサウンドを鳴らす。「Billy Baxter」「Before Too Long」「Darling It Hurts」「To Her Door」「Dumb Things」「Roll on Summer」と数々の豪トップ40シングルを持ち、『Gossip』『Under the Sun』『Comedy』『Songs from the South』『...Nothing but a Dream』『Stolen Apples』といったアルバムが豪トップ20ヒットを記録。ARIAミュージック・アワード(オーストラリアのグラミー賞)を10度も獲得する等、まさにオーストラリアを代表するアーティストである。最近では、2016年にオーストラリアのマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Charlie Owenとのコラボレーション・アルバム『Death's Dateless Night』をリリースし話題となった。




2017-08-18 : Cooking Vinyl :

■Black Kids | ブラック・キッズ、9年振りとなるニュー・アルバム『Rookie』より「IFFY」のビデオを公開。アルバムは輸入盤9月、国内盤10月発売。



Black Kids - Iffy (Official Video)



【Black Kids / ブラック・キッズ】

Reggie Youngblood(Vo, G)
Owen Cohen(B)
Ali Youngblood(Key, Vo)
Dawn Watley(Key, Vo)

Black Kidsは2006年に米フロリダ州ジャクソンビルでReggie Youngbloodを中心に結成された。当初は地元でのみ活動を行っていたが、2007年、ジョージア州アセンズで行われたPopfestでのパフォーマンスが話題となり、BjörkやArcade Fireを手掛けるQuest Managementと契約。同年10月にセルフ・リリースしたEP『Wizard Of Ahhhs』は、Pitchforkのレヴューで8.4/10を獲得する等、大きな話題となり、BBCやRolling Stone誌といったメディアは期待の新人としてバンドをフィーチャーした。2008年、Bernard Butlerのプロデュースでバンドはデビュー・アルバム『Partie Traumatic』をレコーディング。4月にはアルバムからのファースト・シングル「I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」をリリースし、UKシングルチャートで11位を獲得。7月にはAlmost Gold Recordingsよりデビュー・アルバム『Partie Traumatic』をリリース。UKアルバムチャートの5位を記録した。2009年にはEP『Cemetery Lips』をリリースし、各国をツアー。しかし、『Partie Traumatic』のツアー終了後、メンバーの各々はそれぞれのプロジェクトを開始するなどし、バンドはシーンから一旦、姿を消してしまった。




2017-08-17 : Black Kids :

■Black Kids | ブラック・キッズ、9年振りとなるニュー・アルバム『Rookie』より「If My Heart Is Broken」を公開。アルバムは輸入盤9月、国内盤10月発売。



If My Heart Is Broken - Black Kids (Official Lyric Video)



【Black Kids / ブラック・キッズ】

Reggie Youngblood(Vo, G)
Owen Cohen(B)
Ali Youngblood(Key, Vo)
Dawn Watley(Key, Vo)

Black Kidsは2006年に米フロリダ州ジャクソンビルでReggie Youngbloodを中心に結成された。当初は地元でのみ活動を行っていたが、2007年、ジョージア州アセンズで行われたPopfestでのパフォーマンスが話題となり、BjörkやArcade Fireを手掛けるQuest Managementと契約。同年10月にセルフ・リリースしたEP『Wizard Of Ahhhs』は、Pitchforkのレヴューで8.4/10を獲得する等、大きな話題となり、BBCやRolling Stone誌といったメディアは期待の新人としてバンドをフィーチャーした。2008年、Bernard Butlerのプロデュースでバンドはデビュー・アルバム『Partie Traumatic』をレコーディング。4月にはアルバムからのファースト・シングル「I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」をリリースし、UKシングルチャートで11位を獲得。7月にはAlmost Gold Recordingsよりデビュー・アルバム『Partie Traumatic』をリリース。UKアルバムチャートの5位を記録した。2009年にはEP『Cemetery Lips』をリリースし、各国をツアー。しかし、『Partie Traumatic』のツアー終了後、メンバーの各々はそれぞれのプロジェクトを開始するなどし、バンドはシーンから一旦、姿を消してしまった。




2017-08-17 : Black Kids :

■Black Kids | ブラック・キッズ、9年振りとなるニュー・アルバム『Rookie』より「Obligatory Drugs」のビデオを公開。アルバムは輸入盤9月、国内盤10月発売。



BLACK KIDS — OBLIGATORY DRUGS (Official Video)



【Black Kids / ブラック・キッズ】

Reggie Youngblood(Vo, G)
Owen Cohen(B)
Ali Youngblood(Key, Vo)
Dawn Watley(Key, Vo)

Black Kidsは2006年に米フロリダ州ジャクソンビルでReggie Youngbloodを中心に結成された。当初は地元でのみ活動を行っていたが、2007年、ジョージア州アセンズで行われたPopfestでのパフォーマンスが話題となり、BjörkやArcade Fireを手掛けるQuest Managementと契約。同年10月にセルフ・リリースしたEP『Wizard Of Ahhhs』は、Pitchforkのレヴューで8.4/10を獲得する等、大きな話題となり、BBCやRolling Stone誌といったメディアは期待の新人としてバンドをフィーチャーした。2008年、Bernard Butlerのプロデュースでバンドはデビュー・アルバム『Partie Traumatic』をレコーディング。4月にはアルバムからのファースト・シングル「I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」をリリースし、UKシングルチャートで11位を獲得。7月にはAlmost Gold Recordingsよりデビュー・アルバム『Partie Traumatic』をリリース。UKアルバムチャートの5位を記録した。2009年にはEP『Cemetery Lips』をリリースし、各国をツアー。しかし、『Partie Traumatic』のツアー終了後、メンバーの各々はそれぞれのプロジェクトを開始するなどし、バンドはシーンから一旦、姿を消してしまった。




2017-08-17 : Black Kids :

■Clap Your Hands Say Yeah | クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー、ONE Music Campでの出演時間が決定。全国8ヶ所を回るロング・ジャパン・ツアーのチケットも好評発売中。



「みんなであそぶフェス」ONE Music Camp タイムテーブル発表!!
one2017_tt - コピー


日時 :2017年8月26日(土) 10:00開場 11:30開演
会場 :兵庫県三田アスレチック野外ステージ
出演 :U-zhaan×鎮座DOPENESS×環ROY / Clap Your Hands Say Yeah /SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER /
LOSTAGE / GOING UNDER GROUND / toconoma / MOROHA / 落日飛車(from TAIWAN) / 宮本菜津子 / Olde Worlde /
Special Favorite Music / Maika Loubté / The Wisely Brothers / BimBamBoom / lowtide/ ANYO / RIDDIMATES /
台風クラブ / And Summer Club / チャンポンタウン / CLUB SNOOZER / Rock'n Roll Birhday(DJ)
STAGE & LIVE Painting:plec0stm

前売チケット料金:
【入場券】5,500円【入場券+駐車券】8,000円 SOLD OUT
※キャンプサイトの利用無料
【relaxin'キャンプ券】4名用10,000円 8名用15,000円 SOLD OUT

[ONE Music Campプロフィール]
「みんなであそぶフェス」をコンセプトに、兵庫県の山中にあるキャンプ場で 2010 年からスタートした野外音楽フェス。こだわりのラインナップはもちろん、キャンプ場でありながら広々としたプールを備えたロケーションも大きな魅力。プールの他、BBQやアスレチックも自由に楽しめる。2017年には、日本経済新聞『NIKKEIプラスワン』の野外フェスランキングにて全国4位に選出。昨年までの3年連続入場チケットがソールドアウトし、関西では数少ないキャンプインフェスとして高い支持を得ている。
http://www.onemusiccamp.com/




続きを読む

2017-08-16 : Clap Your Hands Say Yeah :

■Mammal Hands | ママル・ハンズ、初来日公演決定!2016年、TOWER RECORDS輸入ジャズCDで最も売れたアルバム『Floa』に続く新作控えた絶妙のタイミングでのプレミア・ショー!

MAMMAL HANDS_photo448

MAMMAL HANDS (Gondwana Records, UK) 初来日公演決定!

UKマンチェスターのレーベルGONDWANA RECORDSのトップ・アーティスト、ママル・ハンズの待望の初来日公演が決定!
ロバート・グラスパー以降のニュー・ジャズの潮流を特有のミニマル・サウンドでアップデートするママル・ハンズは、盟友ゴーゴー・ペンギンを凌ぐセールスを記録中! 
2016年、TOWER RECORDS輸入ジャズCDで最も売れたアルバム『Floa』に続くニュー・アルバムを控えた絶妙のタイミングでのプレミア・ショー、お見逃しなく!

MAMMAL HANDS
(Gondwana Records, UK)
Japan Tour 2017


9.21 thu @ 東京 UNIT
Open 19:30 / Start 20:30
前売 ¥4,500(ドリンク代別途)
Information: 03-5459-8630 (UNIT)
www.unit-tokyo.com
Ticket Outlets (8.5 sat on Sale): PIA (341-365), LAWSON (75866), e+ (eplus.jp), clubberia, RA Japan, UNIT
*チケット取り扱いCD/レコード・ショップに関しましては後日UNITのHPにてお知らせ致します。

9.22 fri @ 京都 METRO
Open 19:00 / Start 19:30 - 21:00 (Close)
早割(発売期間: 8.5 ~ 8.11の7日間)¥3,000(ドリンク代別途)*枚数限定
前売 ¥3,800(ドリンク代別途)
『早割お申し込み方法』
タイトルを「9.22 MAMMAL HANDS 早割希望」 として頂いて、お名前と枚数を明記してticket@metro.ne.jp 宛にメールして下さい。
Information: 075-752-4765 (METRO)
www.metro.ne.jp
Ticket Outlets (8.12 sat on Sale): PIA (341-953), LAWSON (52680)

【MAMMAL HANDS / ママル・ハンズ】
ニック・スマート(ピアノ)、ジェシ・バレット(ドラム)、ジョーダン・スマート(サクソフォン)からなるUKの新世代ジャズを牽引するジャズ・トリオ、ママル・ハンズ。ゴーゴー・ペンギン、ナット・バーチャル等を見出したマシュー・ハルソール率いるマンチェスターの新鋭ジャズ・レーベルGONDWANAから2014年にデビュー・アルバム『アニマルア』でデビュー、ベース不在の変速的なトリオ編成で繰り広げられるそのサウンドはアフリカのやバルカン半島の民族音楽、スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラス等のミニマル・ミュージック、現代的なエレクトロニカ・サウンドに影響を受けてモダンで幻想的なジャズ・サウンドを展開、すぐにボノボやジャイルス・ピーターソン、ジェイミー・カラムを始めとするアーティストやDJに注目され話題を集める。2015年にモントリオール・ジャズ・フェスティバルへの初出演を経て、2016年に発表されたセカンド・アルバム『フロア(FLOA)』では更に独自の進化を遂げたミニマル・ジャズ・サウンドが繰り広げられ、日本でもロバート・グラスパー以降の新世代ジャズを好む新しいジャズファンに広く受け入れられている。2016年のタワーレコード輸入盤ジャズCDで最も売れた作品として渋谷店、新宿店の2016年輸入盤CD年間ジャズチャート1位を獲得、現在でもロングセールスを記録中。2017年秋には待望のサード・アルバムを予定しており、今後の彼等の動向に注目が集まっている。




2017-08-16 : Mammal Hands :

■Makthaverskan | 前作がアメリカで大きな話題となったスウェーデンのイエテボリのポストパンク・バンド、マクサヴァスカン。今、スウェーデンのバンドの中で最も世界的に注目を浴びる彼等の約4年振りとなるサード・アルバム『マクサヴァスカンIII』、リリース。



2017.10.20 ON SALE[世界同時発売]

前作がアメリカで大きな話題となったスウェーデンのイエテボリのポストパンク・バンド、マクサヴァスカン。今、スウェーデンのバンドの中で最も世界的に注目を浴びる彼等の約4年振りとなるサード・アルバム『マクサヴァスカンIII』、リリース。
★ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得した「ウィットネス」収録。


■アーティスト:MAKTHAVERSKAN(マクサヴァスカン)
■タイトル:MAKTHAVERSKAN III(マクサヴァスカンIII)
■品番:OTCD-6213
■定価:¥2,300+税
■その他:解説/歌詞/対訳付(予定)|日本盤ボーナス・トラック収録|世界同時発売
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Vienna
2. Leda
3. In My Dreams
4. Witness
5. To Say It As It Is
6. Eden
7. Siren
8. Front
9. Comfort
10. Days Turn Into Years
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録

Makthaverskan - "In My Dreams" (Official Audio)


Makthaverskan - Witness (7" version)


●今、スウェーデンのバンドの中で最も世界的に注目を浴びるバンド、マクサヴァスカン。前作『Makthaverskan II』はアメリカでもリリースされ、高い評価を獲得。Pitchforkの年間ベスト・アルバムのオナラブル・メンションにも選ばれ、収録曲「Asleep」は同サイトの年間ベスト・シングルの73位を獲得した。
●当『Makthaverskan III』は、前作から約4年振りとなるサード・アルバムだ。アルバムからのファースト・シングルは「In My Dreams」で、2017年の8月にリリースされる。また、アルバムには一昨年、ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得した「Witness」のアルバム・ヴァージョンも収録される。
●日本盤ボーナス・トラック収録 / 世界同時発売

【MAKTHAVERSKAN / マクサヴァスカン】

Maja Milner / マジャ・ミルナー(Vo)
Hugo Randulv / ヒューゴー・ランダルヴ(B, G)
Irma Pussila Krook / アーマ・プシラ・クルーク(B, G)
Andreas Palle Wettmark / アンドレアス・パーレ・ウェットマーク(Dr)

Makthaverskanはスウェーデンのイエテボリ出身のポストパンク・バンドだ。そのサウンドはRobyn、Jens Lekman、The Knif、Lykke Li、Peter Bjorn and Johnといったインターナショナルで活躍するスウェーデンのアーティストとは一線を画す。「スウェーデンのシーンは私にはあまりにも可愛すぎた」とフロント・ウーマン、Maja Milnerも語っており、Velvet UndergroundやJesus And Mary Chainにインスパイアされたスウェーデンの伝説のバンド、Broder Danielから直接的な影響を受けている。事実、メンバーの自殺によりBroder Danielが解散した2008年、その遺志を継ぐため、ギターのHugo RandulvとドラムのAndreas Palle Wettmarkを中心にMakthaverskanは結成された。バンド名のMakthaverskanには特に意味はなく、「Hugoの友達が作った言葉で、響きが良かったので拝借したの。男性形だとMakthavareなので、Makthaverskanは女性形。多くのパワーをもった女性形の言葉で、英語でその意味を言うのは難しい。けど、私とIrmaを上手く表現している言葉なので使っている」とMaja Milnerは語っている。
2009年、バンドはスウェーデンのレーベル、Luxury Recordsより、デビュー・アルバム『Makthaverskan』をリリース。アルバムはスウェーデン国内で評判となるも、Maja Milnerはドイツに渡る(その間、Hugo RandulvとAndreas Palle Wettmarkはシューゲイザー・バンド、Westkustとして活動。WestkustはPitchforkでベスト・ニュー・トラックを獲得するなど、大きな話題となる)。Maja Milner帰国後、活動を再開したMakthaverskanは、2011年にシングル「Antabus」、2013年にはセカンド・アルバム『Makthaverskan II』をリリース。アルバムは翌2014年、Run For Coverよりアメリカでもリリースされ、高い評価を獲得。2014年のPitchforkの年間ベスト・アルバムのオナラブル・メンション(選外佳作)にも選ばれ、アルバム収録曲「Asleep」は、2014年のPitchforkの年間ベスト・シングルの73位を獲得した。
15年、バンドはニュー・シングル「Witness」をリリース。この曲はPitchforkでベスト・ニュー・トラックを獲得した。

「僕らが2009年に最初のアルバムをリリースしてから、トラディショナルなインディポップにノイズのアプロ―チを取り入れるバンドが沢山でてきた。僕はこうしたバンドも尊敬するけど、Makthaverskanはちょっと違うような感じがするんだ。歌詞はダイレクトで飾り気がないけど、Maja Milnerのヴォーカルは信念があって本当に素晴らしい」(Kip Berman/The Pains Of Being Pure At Heart)




2017-08-15 : Makthaverskan :

■Martin Carr | 元ブー・ラドリーズ / ブレイヴ・キャプテンのマーティン・カーのニュー・アルバムが完成。前作『ザ・ブレイクス』以来、約3年振りとなる新作『ニュー・シェイプス・オブ・ライフ』、リリース。



2017.11.2 ON SALE

元ブー・ラドリーズ / ブレイヴ・キャプテンのマーティン・カーのニュー・アルバムが完成。前作『ザ・ブレイクス』以来、約3年振りとなる新作『ニュー・シェイプス・オブ・ライフ』、リリース。


■アーティスト:MARTIN CARR(マーティン・カー)
■タイトル:NEW SHAPES OF LIFE(ニュー・シェイプス・オブ・ライフ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR389J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. New Shapes of Life
2. Damolces
3. The Main Man
4. Future Reflections
5. A Mess of Everything
6. Three Studies of the Male Back
7. The Van
8. The Last Song

Martin Carr – Future Reflections (official video)


スコットランド出身のMartin CarrはThe Boo Radleysのメイン・ソングライター&リード・ギタリストとして知られる。The Boo Radleysは1990年、アルバム『Ichabod and I』でデビュー。4枚目のアルバム『Wake Up!』が全英1位を記録しブレイクするも、1998年の『Kingsize』を最後に、1999年に解散している。その後、Martin Carrはソロ・プロジェクト、Bravecaptainを開始。2000年にデビュー作『The Fingertip Sessions, Vol. 1』『The Fingertip Saint Sessions, Vol. 2』をリリースするも、徐々にプロジェックトは後退していく。2014年8月、Martin CarrはTapete RecordsよりMartin Carr名義でシングル「Santa Fe Skyway」を発表。9月にはアルバム『The Breaks』をリリースした。




2017-08-15 : Tapete Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム