FC2ブログ

■Rolling Blackouts Coastal Fever | ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー、好評発売中のデビュー・アルバム『ホープ・ダウンズ』より「Sister's Jeans」のビデオを公開。



Rolling Blackouts Coastal Fever - Sister's Jeans [OFFICIAL VIDEO]














続きを読む

スポンサーサイト
2018-09-26 : Rolling Blackouts Coastal Fever :

■Bill Pritchard | ビル・プリチャード、来日公演決定。10/30日名古屋、11/1&11/2東京。



Bill Fryer pages PDF_01

Bill Pritchard JAPAN TOUR 2018

NAGOYA
2018年10月30日(火)19:00開演 (開場18:00)
名古屋 栄 DOXY
チャージ 前売3500円 当日4000円
>>> http://www.doxy.biz/index.html

TOKYO
2018年11月1日(木)19:00開演(開場18:30)
東京 神田 MIFA
>>> http://soundstagemifa.music.coocan.jp/access.html
チャージ 前売3500円 当日4000円 (ドリンク代別途)

2018年11月2日(金)19:00開演(開場18:30)
東京 八丁堀 七針
>>> http://www.ftftftf.com
チャージ 前売3500円 当日4000円

※ご予約は下記メールにてお待ちしております。
>>> bluersongspj@gmail.com

詳細
>>> https://bluesongspj.tumblr.com/




2018-09-26 : Tapete Records :

■Newsletter | 2018.9.24 (Loudon Wainwright III, The Natvral, Fleet Foxes, J Mascis, Bloodbath, Anathema, Iamthemorning, Small Faces, White Moth Black Butterfly)



■Loudon Wainwright III / ルーファス、マーサ、ルーシーの父でもある伝説のシンガーソングライター、ラウドン・ウェインライトIII。様々な音源を通し彼の60年代からのキャリアを総括したバイオグラフィー的な作品『イヤーズ・イン・ザ・メイキング』、リリース。ゲスト:ルーファス・ウェインライト、マーサ・ウェインライト、ルーシー・ウェインライト、ケイト・マクギャリグル、ビル・フリゼール、ヴァン・ダイク・パークス他。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8315.html

■The Natvral | Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルのデビューEP『ノウ・ミー・モア』、7インチ(輸入盤)でもリリース。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8314.html

■Fleet Foxes | フリート・フォクシーズ、デビュー・アルバム『Fleet Foxes』の10周年を記念したアルバム『First Collection (2006-2009)』を11月にリリース。同作よりトレイラーを公開。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8311.html

■The Natvral | ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのフロントマン/ソングライターで事実上の唯一のメンバー、キップ・バーマンが、ザ・ナチュラル名義で初のソロ作をリリース。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)のプロデュース/ミックスによる4曲入りEP『ノウ・ミー・モア』、リリース。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8307.html

■J Mascis | J・マスキス、11/9日発売のニュー・アルバム『エラスティック・デイズ』より「Everything She Said」を公開。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8306.html

■Bloodbath | カタトニアやパラダイス・ロストのメンバーから成るスウェーデンのデス・メタル・バンド、ブラッドバスの新作が完成。4年振り5枚目となるニュー・アルバム『ジ・アロウ・オブ・サタン・イズ・ドローン』、リリース。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8305.html

■Anathema | 英のプログレッシヴ・ロック・バンド、アナセマのベスト・アルバム。名実ともにシーンを牽引する存在となった2008年のKSCOPE移籍以降の楽曲から選曲。 「シン・エアー」「アンタッチャブル」「ドリーミング・ライト」「スプリングフィールド」といった代表曲他、全13曲を収録。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8304.html

■Iamthemorning | 最新アルバム『ライトハウス』は2016年のプログレッシヴ・ミュージック・アウォーズを獲得。ロシアのプログレッシヴ・ロック/チェンバー・ポップ・デュオ、アイアムザモーニングがスタジオ・フィルムをリリース。【CD+Blu-ray】

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8303.html

■Small Faces | 1968年にリリースされたスモール・フェイセスのアルバム『オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク』の50周年記念デラックス盤。メンバーの全面協力により新たにリマスターを施し、貴重な映像を収録したDVDを追加。【3CD+DVD/リマスター盤/60Pハード・ブック・エディション】

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8302.html

■White Moth Black Butterfly | インドのプログレッシヴ・メタル・バンド、スカイハーバーとイギリスのプログレッシヴ・メタル・バンド、テッセラクトのメンバーを中心としたプログレッシヴ・ポップ・プロジェクト、ホワイト・モス・ブラック・バタフライの2017年のアルバム『アトーン』のエクスパンデッド・エディション。話題のギタリスト、ジョン・ゴムのリワーク等、4曲を追加収録。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8301.html


 

2018-09-24 : Newsletter :

■Snapper Classics | Snapper Classicsより『Wizard of Oz』と『Singin' In The Rain』のサウンドトラックをLPでリリース。リマスター音源を使用。



2018.10月下旬 ON SALE

ビデオのセールスは500万をこえ、世界で三番目に観られた映画でもある『Wizard of Oz』のサウンドトラック。スコアはオスカーも獲得。同じくオスカーを獲得したJudy Garlandが歌う「Over the Rainbow」等を収録2004年のリマスター音源を使用。


■アーティスト:ORIGINAL SOUNDTRACK
■タイトル:THE WIZARD OF OZ
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番: SFILMLP002[LP]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■収録曲目:
[SIDE A]
1. MGM Studio Orchestra “Main Title Music
2. Judy Garland “Over The Rainbow”
3. Billie Burke & Munchkins “Come Out, Come Out....”
4. Munchkins “Ding-Dong! The Witch Is Dead”
5. Munchkins “Follow The Yellow Brick Road”
6. Munchkins “We`re Off To See The Wizard Of Oz”
7. Ray Bolger “If I Only Had A Brain”
8. Judy Garland & Ray Bolger “We`re Off To See The Wizard”
[SIDE B]
1. Jack Haley “If I Only Had A Heart”
2. Judy Garland, Jack Haley & Ray Bolger “We`re Off To See The Wizard”
3. Bert Lahr “If I Only Had The Nerve”
4. Judy Garland, Jack Haley, Ray Bolger & Bert Lahr “We`re Off To See The Wizard”
5. Bert Lahr “If I Were King Of The Forest”
6. Frank Morgan “Courage”
7. Judy Garland “Home Sweet Home”
8. MGM Studio Orchestra “End Title Music”


2018.10月下旬 ON SALE

1952年にリリースされたミュージカル『Singin' In The Rain』のオスカーにもノミネートされたサウンドトラック。「You are My Lucky Star」「Good Morning」「You Were Meant For Me」「Make 'Em Laugh」「Singin' In The Rain」他、数々の名曲を収録。2004年のリマスター音源を使用。


■アーティスト:ORIGINAL SOUNDTRACK
■タイトル:SINGIN` IN THE RAIN
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番: SFILMLP003[LP]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■収録曲目:
[SIDE A]
1. Gene Kelly, Debbie Reynolds & Donald O’Connor “Main Title”
2. Gene Kelly & Donald O’Connor “Fit As A Fiddle (And Ready For Love)”
3. Debbie Reynolds & Chorus “All I Do Is Dream Of You”
4. Donald O’Connor “Make `Em Laugh”
5. Jimmie Thompson “Beautiful Girl”
6. Gene Kelly “You Were Meant For Me”
7. Gene Kelly & Donald O’Connor “Moses”
8. Gene Kelly, Donald O’Connor & Debbie Reynolds “Good Morning”
[SIDE B]
1. Gene Kelly “Singin` In The Rain”
2. Gene Kelly “Broadway Melody Ballet”
3. Gene Kelly & Debbie Reynolds “You Are My Lucky Star”






2018-09-24 : Snapper Music :

■Loudon Wainwright III / ルーファス、マーサ、ルーシーの父でもある伝説のシンガーソングライター、ラウドン・ウェインライトIII。様々な音源を通し彼の60年代からのキャリアを総括したバイオグラフィー的な作品『イヤーズ・イン・ザ・メイキング』、リリース。ゲスト:ルーファス・ウェインライト、マーサ・ウェインライト、ルーシー・ウェインライト、ケイト・マクギャリグル、ビル・フリゼール、ヴァン・ダイク・パークス他。



2018.10.31 ON SALE

ルーファス、マーサ、ルーシーの父でもある伝説のシンガーソングライター、ラウドン・ウェインライトIII。様々な音源を通し彼の60年代からのキャリアを総括したバイオグラフィー的な作品『イヤーズ・イン・ザ・メイキング』、リリース。【2CD】
ゲスト:ルーファス・ウェインライト、マーサ・ウェインライト、ルーシー・ウェインライト、ケイト・マクギャリグル、ビル・フリゼール、ヴァン・ダイク・パークス他


■アーティスト:LOUDON WAINWRIGHT III(ラウドン・ウェインライトIII)
■タイトル:YEARS IN THE MAKING(イヤーズ・イン・ザ・メイキング)
■品番:OTCD-6575[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,980 +税[2CD]
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目
[DISC 1]
1. Rosin The Bow
2. You Ain’t Going Nowhere
3. East St. Louis Tweedle-Dee
4. Everybody I Know
5. Philadelphia Lawyer
6. Roll in My Sweet Baby's Arms
7. Love Gifts
8. Stewball
9. Floods of Tears
10. Station Break
11. Have You Ever Been to Pittsburgh?
12. 2 Song Set
13. Cardboard Boxes
14. Smokey Joe's Café
15. You Hurt Me Mantra
16. Rambunctious
17. Wanna Be on MTV
18. Birthday Poem - Happy Birthday -Animal Song
19. Your Mother & I
20. Button Nose
21. The Ballad of Famous & Harper
22. Teenager's Lament
23. Things
[DISC 2]
1. Unrequited to the Nth Degree
2. Ulcer
3. You Can't Fail Me Now
4. No
5. Rowena
6. Cheatin'
7. IDTTYWLM
8. Down Where the Drunkards Roll
9. POW
10. Meet the Wainwrights
11. Liza Minnelli Interview
12. Hollywood Hopeful
13. Valley Morning
14. Trailer
15. God's Got a Shit List
16. Thank You, Mr. Hubble
17. It Ain't Gaza
18. Out of This World
19. Birthday Boy

Rufus Wainwright、Martha Wainwrightの父親としても知られるニューヨーク出身のシンガーソングライター、 Loudon Wainwright IIIは自身のバイオグラフィー的な作品『Years in the Making』をリリースする。この作品にはアルバム・カット、ライヴ・レコーディング、ラジオ出演時の音源、ホーム・デモ等に加え、Loudon Wainwright IIIの45年に渡るキャリアの中から、多くのレア・トラックや未発表曲が2枚のCDに収録されている。また、彼の子供たちであるRufus、Martha、Lucy、Lexieに加え、Kate McGarrigle、Suzzy Roche、Bill Frisell、Van Dyke Parks等もフィーチャーされている。フロント・カヴァーとバック・カヴァーはニューヨークのカートゥーンニスト、Ed Steedが手掛け、60Pのブックレットが付加される。




2018-09-24 : Proper Music Distribution :

■The Natvral | Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルのデビューEP『ノウ・ミー・モア』、7インチ(輸入盤)でもリリース。



2018.10中旬 ON SALE

ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのフロントマン/ソングライターで事実上の唯一のメンバー、キップ・バーマンが、ザ・ナチュラル名義で初のソロ作をリリース。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)のプロデュース/ミックスによる4曲入りEP『ノウ・ミー・モア』、リリース。


■アーテイスト:THE NATVRAL(ザ・ナチュラル)
■タイトル:KNOW ME MORE(ノウ・ミー・モア)
■品番:KR206
■定価:オープン・プライス(輸入盤)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Know Me More
2. The Violet Hour
3. Home
4. Suzanne



●The Pains of Being Pure at Heartのシンガー&ソングライター、Kip BermanはThe Natvral(発音は"Natural"と同じ)名義でソロとしてのレコーディングとパフォーマンスをスタートさせた。Richard Thompson、Linda Thompson、Leonar Cohen、Ted Leo等のリリカル・フォーク・ロックのアイコン達に影響を受けたThe Natvralは、ソロ・プロジェクトやサイド・プロジェクトではなく、Kip Bermanの現在の生活により密着した音楽を表現する為のアウトレットだ。
●EPはAndy Savours(My Bloody Valentine、Cloud Boat、The Pain of Being Pure at Heart他)のプロデュースで、レコーディングやミックスもロンドンのWolf Den StudiosでAndyがおこなった。また全曲、親密性や自発性をとらえる為、シングル・テイクでライヴ・レコーディングされた。アルバムからのリード・シングルは「Know Me More」で、長年のコラボレーターであるFear of MenのJess Weisが参加している。2曲目の「The Violet Hour」は、作家、Susan Sontagのショート・ストーリー『The Old Complaints Revisited』にインスパイアされた楽曲だ。3曲目の「Home」は、The Pains of Being Pure at Heartのライヴのアンコールでプレイされたきたファンにもお馴染みの楽曲だ。最後の曲「Suzanne」はLeonar Cohenのカヴァーとなる。アルバムは2018年10月に7インチとデジタルでリリースされ、9月末からはツアーもスタートする。

【Kip Berman / キップ・バーマン】
キップ・バーマンはザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのリード・シンガー、ギタリスト、ソングライターで、事実上の唯一のメンバーである。フィラデルフィアで育ったキップ・バーマンは、ポートランドに移った後、音楽活動を始める。様々なバンドでプレイし、スティーブ・ジョブズ等を輩出した地元のリード大学を卒業後、ニューヨークへ移転。そこで知り合った仲間とザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートをスタートさせた。ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートは、2009年にデビュー・アルバム『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』をリリース。アルバムはPitchforkやNMEで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれ、草の根的なかたちでヒットを記録した。2011年にはセカンド・アルバム『ビロング』をリリース。プロデュースはフラッド、ミックスはアラン・モウルダーという布陣で制作された同アルバムは、彼らの著しい成長ぶりを見せつけた名盤となり、各国でヒットを記録。アメリカと日本ではチャート的にも大きな成果を記録した。2014年、中心人物キップ・バーマン以外のメンバーを一新したバンドは、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの復活作『mbv』を手掛けたアンドリュー・サヴールをプロデューサー/エンジニアに迎えて制作されたサード・アルバム『デイズ・オブ・アバンダン』をリリース。2017年には再びアンドリュー・サヴールをを起用して4枚目のアルバム『ジ・エコー・オブ・プレジャー』をリリースした。




2018-09-21 : The Natvral :

■The Natvral | Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルが、10/5日発売のデビューEP『ノウ・ミー・モア』から「Know Me More」を9/21より先行発売。



Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルが、10/5日発売のデビューEP『ノウ・ミー・モア』から「Know Me More」を9/21より先行発売。

■iTunes:
>>> https://itunes.apple.com/jp/album/know-me-more-ep/1436792037?l=ja&ls=1&app=itunes




続きを読む

2018-09-21 : The Natvral :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム