FC2ブログ

■CHICANO BATMAN | LAのサイケソウル・バンド、チカーノ・バットマンのニュー・アルバムが完成。より洗練され多様なサウンドを持った4枚目のアルバム『インヴィジブル・ピープル』、リリース。 プロデュース:レオン・ミッチェルズ(シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス、リー・フィールズ&ザ・エクスプレッションズ)/ ミックス:ショーン・エヴェレット(アラバマ・シェイクス、ザ・ウォー・オン・ドラッグス、ケイシー・マスグレイヴス、ジュリアン・カサブランカス)



2020.5.6 ON SALE

LAのサイケソウル・バンド、チカーノ・バットマンのニュー・アルバムが完成。より洗練され多様なサウンドを持った4枚目のアルバム『インヴィジブル・ピープル』、リリース。
●プロデュース:レオン・ミッチェルズ(シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス、リー・フィールズ&ザ・エクスプレッションズ)/ ミックス:ショーン・エヴェレット(アラバマ・シェイクス、ザ・ウォー・オン・ドラッグス、ケイシー・マスグレイヴス、ジュリアン・カサブランカス)


■アーティスト:CHICANO BATMAN(チカーノ・バットマン)
■タイトル:INVISIBLE PEOPLE(インヴィジブル・ピープル)
■品番:ATO0524CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Color my life
2. Blank Slate
3. I Know It
4. Invisible People
5. Manuel’s Story
6. Moment of Joy
7. Pink Elephant
8. Polymetronomic Harmony
9. The Way
10. The Prophet
11. Bella
12. Wounds

Chicano Batman - Color my life (Official Music Video)


ロサンジェルスのサイケソウル・バンド、Chicano Batmanはニュー・アルバム『Invisible People』を5月1日にATOよりリリースすることをアナウンスした。これは2017年にリリースされ高い評価を獲得した『Freedom Is Free』に続くアルバムで、彼らの作品の中で最も多様なサウンドを持ちながらも、まとまりを持った内容となった。この作品は希望の表明で、我々はみな目立たない存在で、人種、階級、性別に関わらず、違いを克服し一緒に立つことができる、という宣言でもある。アルバムのミックスはグラミーも受賞したShawn Everett(Alabama Shakes、War on Drugs、Kacey Musgraves、Julian Casablancas)が担当。プロデュースはLeon Michels(Sharon Jones & The Dap-Kings、Lee Fields & The Expressions)で、バンドのトロピカリアなサウンドは、洗練された多重なものへと変化した。Chicano Batmanはウェスト・コーストのサイケデリアや60年代後半から70年代初期のソウルを感じさせるバンドだ。メンバーは、Eduardo Arenas(bass, guitar, vocals)、Carlos Arévalo(guitars)、Bardo Martinez(lead vocals, keyboards, guitar)、Gabriel Villa(drums)の4人。最近ではJack White、Alabama Shakes、Vampire Weekend、Portugal The Manといったバンドのオープニングをつとめ、CoachellaやBonnarooといったフェスティヴァルでもプレイしている。




2020-03-31 : ATO Records :

■MARK LANEGAN | 前作から僅か6か月、マーク・ラネガンのニュー・アルバムが完成。自身の回顧録からインスピレーションを得て制作されたアルバム『ストレイト・ソングス・オブ・ソロウ』、リリース。ゲスト:グレッグ・デュリ(アフガン・ウィッグス)、ウォーレン・エリス(ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ)、ジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェッペリン)、エド・ハーコート



2020.5.13 ON SALE

前作から僅か6か月、マーク・ラネガンのニュー・アルバムが完成。自身の回顧録からインスピレーションを得て制作されたアルバム『ストレイト・ソングス・オブ・ソロウ』、リリース。
●ゲスト:グレッグ・デュリ(アフガン・ウィッグス)、ウォーレン・エリス(ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ)、ジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェッペリン)、エド・ハーコート


■アーティスト:MARK LANEGAN(マーク・ラネガン)
■タイトル:STRAIGHT SONGS OF SORROW(ストレイト・ソングス・オブ・ソロウ)
■品番:HVNLP178CDJ[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. I Wouldn't Want To Say
2. Apples From A Tree
3. This Game of Love
4. Ketamine
5. Bleed All Over
6. Churchbells, Ghosts
7. Internal Hourglass Discussion
8. Stockholm City Blues
9. Skeleton Key
10. Daylight In The Nocturnal House
11. Ballad of A Dying Rover
12. Hanging On (For DRC)
13. Burying Ground
14. At Zero Below
15. Eden Lost And Found

Mark Lanegan - Skeleton Key


Mark Lanegan - 'Bleed All Over'


ヴェテラン・アメリカン・ロッカーでScreaming Trees のフロントマンであったMark Laneganは、5月8日にHeavenlyよりニュー・アルバム『Straight Songs of Sorrow』をリリースすることをアナウンス。ニュー・シングル「Skeleton Key」も公開した。2019年の前作『Somebody’s Knocking』から僅か6か月以内に届けられるこのアルバムは、4月28日に出版される自身の回顧録『Sing Backwards And Weep』にインスピレーションを受けた作品で、昔の思い出を掘り起こす作業が彼を再びスタジオに押し戻す契機となった。回顧録執筆後、直ぐにレコーディングはおこなわれ、Afghan WhigsのGreg Dulli(Gutter TwinsでのMark Laneganのパートナー)、Nick Cave and the Bad SeedsのWarren Ellis、Led ZeppelinのJohn Paul Jones、シンガーソングライターのEd Harcourtがゲストとして参加した。




2020-03-31 : Heavenly Recordings :

■ANNA BURCH | 米デトロイトのシンガーソングライター、アンナ・バーチのニュー・アルバムが完成。自身2枚目、サム・エヴィアンのプロデュースによる約2年振りとなるアルバム『イフ・ユーア・ドリーミング』、リリース。



2020.5.6 ON SALE

米デトロイトのシンガーソングライター、アンナ・バーチのニュー・アルバムが完成。自身2枚目、サム・エヴィアンのプロデュースによる約2年振りとなるアルバム『イフ・ユーア・ドリーミング』、リリース。


■アーティスト:ANNA BURCH(アンナ・バーチ)
■タイトル:IF YOU'RE DREAMING(イフ・ユーア・ドリーミング)
■品番:HVNLP177CDJ[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Cant Sleep
2. Party's Over
3. Jacket
4. So I Can See
5. Ask Me To
6. Keep It Warm
7. Go It Alone
8. Tell Me Whats True
9. Not So Bad
10. Picture Show
11. Every Feeling
12. Here With You

Anna Burch - Not So Bad [OFFICIAL MUSIC VIDEO]


Anna Burch - Party's Over [OFFICIAL MUSIC VIDEO]


Anna Burch - Tell Me What's True [OFFICIAL MUSIC VIDEO]


米デトロイトのシンガーソングライター、Anna Burchは2020年4月にニュー・アルバム『If You’re Dreaming』をリリースすることを、シングル「Not So Bad」と共にアナウンスした。2018年、Anna Burchはデビュー・アルバム『Quit The Curse』をリリースした。このアルバムはエネルギッシュなポップ・アルバムで、ジャングリーなギター、ヴォーカル・ハーモニー、グランジーなファズが、一聴するとシンプルな曲の中に調和されて詰まっていた。一方、2年振りにリリースされる当『If You're Dreaming』は、前作とは違った道筋をたどり、より内側の世界を深く探求する為のエネルギーを放出するような作品となった。アルバムはニューヨーク北部のキャッツキル山地にあるホーム・スタジオで、プロデューサーのSam Evianと共にレコーディングされた。ファースト・アルバムでは曲ができ、その後にアレンジやミックスが行われたが、今回は、より焦点を絞って曲のコアに行き着く為、あえて自主的に時間の制限を設けてトラッキングは行われた。リラックスしながらも迅速に作業は進み、まずはグルーヴを得るためにベーシック・トラックをレコーディング。そこにオーヴァーダブや追加の楽器を加えアレンジを拡張していった。最終目的は、ただ良い曲を並べるだけではなく、相互接続されたエモーションが動的に移動していくようなアルバムを作ることであった。




2020-03-30 : Heavenly Recordings :

■MARGARET GLASPY | 米ブルックリンのシンガーソングライター、マーガレット・グラスピーの4年振りとなる新作が完成。グラミーにもノミネートされたプロデューサー、タイラー・チェスターとの共同プロデュースによるセカンド・アルバム『デヴォーション』、4/2、リリース。



2020.4.2 ON SALE

米ブルックリンのシンガーソングライター、マーガレット・グラスピーの4年振りとなる新作が完成。グラミーにもノミネートされたプロデューサー、タイラー・チェスターとの共同プロデュースによるセカンド・アルバム『デヴォーション』、リリース。


■アーティスト:MARGARET GLASPY(マーガレット・グラスピー)
■タイトル:DEVOTION(デヴォーション)
■品番:ATO0522CDJ [国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Killing What Keeps Us Alive
2. Without Him
3.Young Love
4. You've Got My Number
5. Stay With Me
6. So Wrong It's Right
7. Heartbreak
8. You Amaze Me
9. Devotion
10. Vicious
11. What's The Point
12. Consequences

Margaret Glaspy - Killing What Keeps Us Alive (Official Music Video)


Margaret Glaspy - Stay With Me (Official Audio)


Margaret Glaspy - Devotion (Official Audio)


米ブルックリンのシンガーソングライター、Margaret Glaspyは2020年3月27日に待望のニュー・アルバム『Devotion』をリリースする。これは2016年にリリースされたデビュー作『Emotions and Math』以来のアルバムで、彼女の全く新しいチャプターを記録した作品となる。Margaret Glaspyは卓越したギタリストで、『Emotions and Math』ではそのエレクトリック・ギターのサウンドに大きな注目が集まったが、『Devotion』ではギアをシフトし、全く違った楽器を使用して曲作りは行われた。結果、ロサンジェルスのプロデューサー、Tyler Chesterとの共同プロデュースで制作されたこのアルバムは、収録された12曲のラヴソングにふさわしいリッチでスウィーピング、そしてメロディックなサウンドとなった。『Devotion』からのファースト・シングルは「Killing What Keeps Us Alive」で、2020年1月に公開された。




2020-03-30 : ATO Records :

■WAXAHATCHEE | Pitchfork「Best New Music」獲得。ワクサハッチーのニュー・アルバム『SAINT CLOUD(セイント・クラウド)』、4/2発売。





Early praise for Saint Cloud:

"Her best album yet." - Rolling Stone

"Katie Crutchfield becomes an all-time great." - The Guardian

"She sounds untethered to the past, newly centered, like she's got enough time to wander and enjoy the scenery along the way." - Pitchfork

"The little frictions of a continuing relationship crest and subside and continue to smolder in "Lilacs"...It's an unhurried folk-rock tune, with a ticking two-chord vamp for verses, that has Katie Crutchfield examining every lingering slight and potential ambivalence while sizing up her own obsessiveness. Instead of a happy ending, there's a tentative reckoning." - The New York Times

"This utterly beautiful balm of a record feels less like a confessional, and more a vessel for warmth, serenity and worldly wisdom." - Q, 4/5

"Clear-eyed self-reflection with the distortion dialed down... The first single pulses with palpable warmth and radiates self-acceptance." - NPR

"Her best album yet." - i-D

"A thick braid of an album, each song a bundle of strands interweaving with the next." - MOJO, 4/5

"This stunningly pretty ode to recovery is Crutchfield's finest work, and possibly her masterpiece." [Album of the Week] - Loud and Quiet, 9/10

"Her most beguiling, melodic hooks yet." - Uncut, 8/10

"Crutchfield's voice is more versatile than ever. Every enunciation feels purposeful, whether she's gasping and coming up for air or howling into the night sky." - Stereogum

"Saint Cloud as a complete work is breathtaking." - The Independent

"The finest work of Crutchfield's career, both warmly inviting and bracingly cathartic, and one of the very best albums of early 2020." - UPROXX

"A very special album indeed." - DIY, 4.5/5

"The best batch of Waxahatchee songs yet, with Crutchfield at her most candid, raw and clear-eyed. This is the work of someone who's begun to write a bold new chapter in her life, and it's special stuff." - The Line of Best Fit, 9.5/10

"From the elegant and wistful riffs on tracks like 'Can't Do Much' to her Alabama accent flying high on 'Lilacs', hearing Crutchfield lean into her Southern roots feels her most natural expression yet." - Crack, 8/10

"The lead track "Fire" embodies that sonically airy, lyrically direct approach. Minimal instrumentation carries the song's steady step, leaving a clearing for Crutchfield to vocally ebb and flow in her unique delivery." - Consequence of Sound

"Confessional lyrics and irresistible hooks." - Time Out

Album of the Month - The Skinny, 4/5

"Reminds me of Dylan." - SPIN

"The sound of an artist letting layers float away, of a musician who has fallen in love with music again." - London in Stereo

"The track is as strong as it is vulnerable, with triumphant, quiet drums that serve as a battle cry for Katie Crutchfield's newfound determination in sobriety. Most notably, it's Waxahatchee's most direct pop song since Ivy Tripp's excellent "La Loose," a return to form with a distinctly modern, distinctly Crutchfield touch." - Paste

"A validation of a decade of supremely beautiful songwriting." - Dork, 4/5

"While the first single might be named after the most destructive classical element, the record's sound generally shares more in common with air-it feels breezily triumphant, sometimes nearly weightless, like a burden has been lifted, even when it's clear that weightlessness was hard-earned." - The AV Club

"An artist to cherish." - NARC, 5/5




続きを読む

2020-03-27 : Waxahatchee :

■MOSES SUMNEY | モーゼス・サムニー、5年振りとなるニュー・アルバムが完成。圧倒的なヴォーカルを軸としたセカンド・アルバム『グラエ』、リリース。



2020.5.15 ON SALE[世界同時発売]

モーゼス・サムニー、5年振りとなるニュー・アルバムが完成。圧倒的なヴォーカルを軸としたセカンド・アルバム『グラエ』、リリース。


■アーティスト:MOSES SUMNEY(モーゼス・サムニー)
■タイトル:GRÆ(グラエ)
■品番:JAG348JCD
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、解説付、日本盤ボーナス・トラック(予定)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Insula
2. Cut Me
3. In Bloom
4. Virile
5. Conveyor
6. boxes
7. Gagarin
8. jill/jack
9. Colouour
10. also also also and and and
11. Neither/Nor
12. Polly
13. Two Dogs
14. Bystanders
15. Me in 20 Years
16. Keeps Me Alive
17. Lucky Me
18. and so I come to isolation
19. Bless Me
20. before you go

Moses Sumney - Polly


●Moses Sumneyはニュー・アルバム『græ』をJagjaguwarよりリリースする。これは2017年にリリースされ高い評価を獲得したデビュー・アルバム『Aromanticism』に続く作品で、グレーネス(白と黒の間の無彩色の中間色)に関するコンセプチュアルなパッチワークとなる。アルバムは2つのパートから構成されており、最初のパート(1~12曲目)は2020年2月にデジタルでリリースされ、5月には最初のパートと2番目のパート(13~20曲目)があわせてフィジカルとしてリリースされる。様々なタイプの楽曲を収録している『græ』だが、そこにはMosesの圧倒的なヴォーカルがあり、その声が異なるピースを一つにつなぎ合わせている。アルバムの制作にあたり、Mosesはノースカロライナ州アシュビルに新たに居を構え、そこで初めて書かれた楽曲を多くのコラボレーターと共に仕上げた。その行程はパラドックスの創造であり、アート及びアーティストが確固たるものを揺るぎなくする作業だった。デジタルで既発の最初のパートは既に大きな話題となっており、収録曲の「Polly」をPitchforkはBest New Musicに選出。大々的にインタヴューも掲載している。
●Moses Sumneyは1990年カリフォルニア生まれのシンガーソングライターだ。LAを拠点に音楽活動をスタート。2013年にJames Blakeの「Lindisfarne」を多重録音でカヴァーしネットにアップしたところ、たちまち話題となる。2014年にデビューEP『Mid-City Island』をリリース。その圧倒的で甘美な歌声はデビュー前から話題を呼び、James BlakeやSufjan StevensがUSツアーのオープニングに抜擢。2017年、Jagjaguwarと契約しデビュー・アルバム『Aromanticism』をリリース。アルバムはPitchforkでBest New Musicに選ばれる等、高い評価を獲得。2018年6月にはソロ・セットでの初来日公演をおこない、チケットは即日完売。同年10月にはバンド・セットでの再来日公演も実施された。また、2018年3月には、第90回アカデミー賞授賞式で、映画『君の名前で僕を呼んで』の主題歌「Mystery of Love」をSufjan StevensやSt.Vincentに並び披露する等、アーティストからも厚い支持を得ている。
●世界同時発売、解説付、日本盤ボーナス・トラック(予定)




2020-03-27 : Moses Sumney :

■BON IVER | ボン・イヴェール、3/27発売『BLOOD BANK EP 10TH ANNIVERSARY EDITION(ブラッド・バンク EP ‒ 10th アニヴァーサリー・エディション)』の全曲を公開。



Bon Iver - Blood Bank - Official Audio


Bon Iver - Beach Baby - Official Audio


Bon Iver - Babys - Official Audio


Bon Iver - Woods - Official Audio


Bon Iver - Blood Bank - Live Audio (Ericsson Globe, Stockholm SE, Oct 31 2018)


Bon Iver - Beach Baby - Live Audio (The Bomb Factory, Dallas TX, Jan 23 2018)


Bon Iver - Babys - Live Audio (Eventim Apollo Hammersmith, London UK, Mar 4 2018)


Bon Iver - Woods - Live Audio (Pitchfork Paris Presented by La Blogothèque, Nov 3 2018)





続きを読む

2020-03-27 : Bon Iver :

■WAXAHATCHEE | Q(4/5)、MOJO(4/5)、Loud and Quiet(9/10)、Uncut(8/10)、DIY,(4.5/5)、The Line of Best Fit(9.5/10)、Crack(8/10)、The Skinny(4/5)、Dork(4/5)、NARC(5/5)他、各メディア、大絶賛。ワクサハッチーのニュー・アルバム『SAINT CLOUD(セイント・クラウド)』、4/2発売。



Early praise for Saint Cloud:

"Her best album yet." - Rolling Stone

"Katie Crutchfield becomes an all-time great." - The Guardian

"She sounds untethered to the past, newly centered, like she's got enough time to wander and enjoy the scenery along the way." - Pitchfork

"The little frictions of a continuing relationship crest and subside and continue to smolder in "Lilacs"...It's an unhurried folk-rock tune, with a ticking two-chord vamp for verses, that has Katie Crutchfield examining every lingering slight and potential ambivalence while sizing up her own obsessiveness. Instead of a happy ending, there's a tentative reckoning." - The New York Times

"This utterly beautiful balm of a record feels less like a confessional, and more a vessel for warmth, serenity and worldly wisdom." - Q, 4/5

"Clear-eyed self-reflection with the distortion dialed down... The first single pulses with palpable warmth and radiates self-acceptance." - NPR

"Her best album yet." - i-D

"A thick braid of an album, each song a bundle of strands interweaving with the next." - MOJO, 4/5

"This stunningly pretty ode to recovery is Crutchfield's finest work, and possibly her masterpiece." [Album of the Week] - Loud and Quiet, 9/10

"Her most beguiling, melodic hooks yet." - Uncut, 8/10

"Crutchfield's voice is more versatile than ever. Every enunciation feels purposeful, whether she's gasping and coming up for air or howling into the night sky." - Stereogum

"Saint Cloud as a complete work is breathtaking." - The Independent

"The finest work of Crutchfield's career, both warmly inviting and bracingly cathartic, and one of the very best albums of early 2020." - UPROXX

"A very special album indeed." - DIY, 4.5/5

"The best batch of Waxahatchee songs yet, with Crutchfield at her most candid, raw and clear-eyed. This is the work of someone who's begun to write a bold new chapter in her life, and it's special stuff." - The Line of Best Fit, 9.5/10

"From the elegant and wistful riffs on tracks like 'Can't Do Much' to her Alabama accent flying high on 'Lilacs', hearing Crutchfield lean into her Southern roots feels her most natural expression yet." - Crack, 8/10

"The lead track "Fire" embodies that sonically airy, lyrically direct approach. Minimal instrumentation carries the song's steady step, leaving a clearing for Crutchfield to vocally ebb and flow in her unique delivery." - Consequence of Sound

"Confessional lyrics and irresistible hooks." - Time Out

Album of the Month - The Skinny, 4/5

"Reminds me of Dylan." - SPIN

"The sound of an artist letting layers float away, of a musician who has fallen in love with music again." - London in Stereo

"The track is as strong as it is vulnerable, with triumphant, quiet drums that serve as a battle cry for Katie Crutchfield's newfound determination in sobriety. Most notably, it's Waxahatchee's most direct pop song since Ivy Tripp's excellent "La Loose," a return to form with a distinctly modern, distinctly Crutchfield touch." - Paste

"A validation of a decade of supremely beautiful songwriting." - Dork, 4/5

"While the first single might be named after the most destructive classical element, the record's sound generally shares more in common with air-it feels breezily triumphant, sometimes nearly weightless, like a burden has been lifted, even when it's clear that weightlessness was hard-earned." - The AV Club

"An artist to cherish." - NARC, 5/5




続きを読む

2020-03-27 : Waxahatchee :

■CALEB LANDRY JONES | アカデミー賞にもノミネートされたテキサス州出身の 俳優ケイレブ・ランドリー・ジョーンズの デビューアルバム『ザ・マザー・ストーン』がリリース!



2020.5.6 ON SALE

アカデミー賞にもノミネートされたテキサス州出身の 俳優ケイレブ・ランドリー・ジョーンズの デビューアルバム『ザ・マザー・ストーン』がリリース!


■アーティスト:CALEB LANDRY JONES(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)
■タイトル:THE MOTHER STONE(ザ・マザー・ストーン)
■品番:SBR244JCD
■定価:¥2,200+税[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Flag Day / The Mother Stone
2. You’re so Wonderfull
3. I Dig Your Dog
4. Katya
5. All I Am in You / The Big Worm
6. No Where’s Where Nothing’s Died
7. Licking the Days
8. For the Longest Time
9. The Hodge-Podge Porridge Poke
10. I Want to Love You
11. The Great I Am
12. Lullabbey
13. No Where’s Where Nothing’s Died (A Marvelous Pain)
14. Thanks for Staying
15. Little Planet Pig

Caleb Landry Jones - All I Am in You / The Big Worm (Official Audio)


1989年、テキサス州ガーランドで生まれたケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。17歳で『ノーカント リー』で映画デビューを果たし、2011年『X-MEN : ファースト・ジェネレーション』でショーン・ キャシディ役に抜擢されたのをきっかけに業界内から注目を浴びるようになる。2017年には 出演した『ゲット・アウト』、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』、『スリー・ビルボード』の3作品 がアカデミー賞にノミネートされる等大きな成果を挙げる。 その一方で、音楽家の家庭で生まれ育ったのもあり、16歳の頃からミュージシャンとしても活 動している。10代の頃活動していたサケデリック・ロックバンド『ロバート・ジョンズ』での活動 や長年曲を書き続けてきた経験を集約したケイレブ・ランドリー・ジョーンズのデビューアルバ ム。




2020-03-26 : Sacred Bones :

■IAN WILLIAM CRAIG | ヴァンクーヴァーを拠点とするシンガー/コンポーザーのイアン・ウィリアム・クレイグのニュー・アルバムが完成。人的損失と環境破壊の中でレコーディングされた驚くほど美しく、悲しく、そして深いアルバム『レッド・サン・スルー・スモーク』、ファットキャットのインプリント、130701よりリリース。



2020.4.15 ON SALE

ヴァンクーヴァーを拠点とするシンガー/コンポーザーのイアン・ウィリアム・クレイグのニュー・アルバムが完成。人的損失と環境破壊の中でレコーディングされた驚くほど美しく、悲しく、そして深いアルバム『レッド・サン・スルー・スモーク』、ファットキャットのインプリント、130701よりリリース。


■アーティスト:IAN WILLIAM CRAIG(イアン・ウィリアム・クレイグ)
■タイトル:RED SUN THROUGH SMOKE(レッド・サン・スルー・スモーク)
■品番:CD13-38J [国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Random
2. The Smokefallen
3. Weight
4. Comma
5. Condx QRN
6. Mountains Astray
7. Take
8. Last of the Lantern Oil
9. Supper
10. Far and then Farther
11. Open Like a Loss
12. Stories

ヴァンクーヴァーを拠点とするシンガー/コンポーザーのIan William Craigが、華麗で力強くエモーティヴなニュー・アルバム『Red Sun Through Smoke』をリリースする。これはピアノを中心とした作品で、人的損失と環境破壊という激しい期間を通じて制作はおこなわれた。アルバムは2018年の8月、カナダのケロウナでレコーディングされた。丁度この時期、ブリティッシュコロンビア州は温暖化の影響もあり、定期的に森林火災に見舞われる。風景が煙に飲み込まれる中、最初から最後まで、レコーディングはIan William Craigの祖父が所有する小さな家のリヴィング・ルームで行われた。この時、祖父は緩和ケアに移行し、レコーディングの途中で悲劇的に死亡した。複雑な感情の中、Ian William Craigは驚くほど美しく、悲しく、そして深いアルバムを作り上げた。『Red Sun Through Smoke』は非常に感動的なアルバムで、今までの作品の中で傑出したものとなった。




2020-03-26 : FatCat Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム