FC2ブログ

■The Darkness | ザ・ダークネス、「Christmas Time (Don’t Let The Bells End) (Live)」をデジタル・リリース。2018年6月にリリースされたライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ハマースミス』収録曲とは完全別テイク。



2018.11.16 ON SALE

ザ・ダークネス、「Christmas Time (Don’t Let The Bells End) (Live)」をデジタル・リリース。
2018年6月にリリースされたライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ハマースミス』収録曲とは完全別テイク。


■アーティスト:THE DARKNESS(ザ・ダークネス)
■タイトル:CHRISTMAS TIME (DON’T LET THE BELLS END) (LIVE) (クリスマス・タイム(ライヴ))
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Christmas Time (Don’t Let The Bells End) (Live) / クリスマス・タイム(ライヴ)

◆iTunes:
>>> https://itunes.apple.com/jp/album/christmas-time-dont-let-the-bells-end-live-single/1442174317?l=ja&ls=1&app=itunes




スポンサーサイト
2018-11-16 : The Darkness :

■Kalapana | 40年以上に渡り活動を続けるハワイの伝説的なサーフ・ロック・バンド、カラパナ。オリジナル・テープから完全リマスターされた彼らの初期7枚のアルバムを40ページのブックレットと共に封入したボックス・セット。【7アルバム(9CD)/リマスター盤】



2018.12.12 ON SALE

40年以上に渡り活動を続けるハワイの伝説的なサーフ・ロック・バンド、カラパナ。
オリジナル・テープから完全リマスターされた彼らの初期7枚のアルバムを40ページのブックレットと共に封入したボックス・セット。
【7アルバム(9CD)/リマスター盤】


■アーティスト:KALAPANA(カラパナ)
■タイトル:THE ORIGINAL ALBUM COLLECTION(ジ・オリジナル・アルバム・コレクション)
■品番:MFO45209J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥15,000+税[9CD]
■収録曲目:

[Album 1: Kalapana]
1. The Hurt
2. What Do I Do
3. Nightbird
4. When the Morning Comes
5. Kona Daze
6. Going Going Gone
7. Naturally
8. All I Want
9. To Be True
10. You Make It Hard
11. Everything Is Love

[Album 2: Kalapana II]
1. Love Em
2. Freedom
3. (For You) I'd Chase a Rainbow
4. Way That I Want to Be
5. Dorothy Louise
6. Play It Sing It
7. Moon and Stars
8. Black Sand
9. Lost Again
10. Wandering Stranger
11. Juliette
12. Nathan's Lament

[Album 3: Kalapana III]
1. Alisa Lovely
2. Another Time
3. Dilemma
4. Girl
5. Inarajan (The Village)
6. Mana
7. Seasons
8. Songbird
9. Thoughts of You
10. Up to You

[Album 4: Many Classic Moments]
1. Many Classic Moments
2. The Ultimate
3. Down By the Sea
4. The Water Song
5. Uptown Country
6. Sunny Days
7. Naturally
8. Can You See Him

[Album 5: Many Classic Moments Original Soundtrack]
(Disc 1)
1. Overture
2. Many Classic Moments
3. Australian Hot Dog
4. Black Sand
5. Hawaiian Hot Dog
6. Naturally
7. Pain
8. Summertime
9. I'd Chase a Rainbow
10. Sunny Days
11. Fear
12. The Water Song
(Disc 2)
1. Uptown Country
2. The Search
3. Mana
4. Seasons
5. Down By the Sea
6. Shaun Tomson
7. Can You See Him
8. The Ultimate
9. Moments Are Forever
10. Many Classic Moments

[Album 6: In Concert]
(Disc 1)
1. When the Morning Comes
2. Songbird
3. Thoughts of You
4. Black Sand
5. Seasons
6. Naturally
7. Mana
8. (For You) I'd Chase a Rainbow
9. Dorothy Louise
10. Another Time
(Disc 2)
1. Alisa Lovely
2. Can You See Him
3. Down By the Sea
4. Inarajan (The Village)
5. Girl
6. Nathan's Lament
7. The Ultimate
8. Dilemma

[Album 7: Northbound]
1. Visions
2. Northbound
3. Got to Find You Girl
4. Hanalei Boogie
5. Boston Blues
6. Rainy Day
7. Asian Women
8. A Letter Home
9. Rock You on
10. Hard Times
11. Merry Go Round


'Kalapana: The Original Album Collection' & 'Black Sand The Best Of Kalapana'


Manifesto RecordsとKalapana Musicはボックス・セット『Kalapana: The Original Album Collection』をリリースする。Kalapanaは、幼少期からの友達であったDavid John PrattとMalani Bilyeuを中心に1974年に結成された伝説的なハワイアン・バンドだ。1975年にデビュー・アルバム『Kalapana』をリリース。アルバムからのシングル「Nightbird」のヒットもあり、人気を獲得し、翌年のセカンド・アルバム『Kalapana II』も好評を獲得。その後もアルバのリリースを続け、今尚、40年以上にも渡って活動を続ける正に伝説的なハワイアン・バンドだ。当ボックス・セットには、Kalapanaの7枚のオリジナル・アルバム『Kalapana』(1975年)、『Kalapana II』(1976年)、『Kalapana III』(1977年)、『Many Classic Moments』(1977年)、『Many Classic Moments Original Soundtrack』(1978年)、『In Concert』(1978年)、『Northbound』(1978年)を40ぺージのブックレットと共に封入(うち2枚が2枚組の為、ディスク数は9枚)。全てのアルバムはオリジナル・テープからリマスターされている。




2018-11-15 : Manifesto :

■Kalapana | 40年以上に渡り活動を続けるハワイの伝説的なサーフ・ロック・バンド、カラパナ。全盛期の代表曲を完全コンパイルしてリマスターを施したベスト・アルバムがリリース。【リマスター盤】



2018.12.12 ON SALE

40年以上に渡り活動を続けるハワイの伝説的なサーフ・ロック・バンド、カラパナ。
全盛期の代表曲を完全コンパイルしてリマスターを施したベスト・アルバムがリリース。
【リマスター盤】


■アーティスト:KALAPANA(カラパナ)
■タイトル:BLACK SAND: THE BEST OF KALAPANA(ブラック・サンド:ザ・ベスト・オブ・カラパナ)
■品番:MFO45236J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■収録曲目:
1.The Hurt
2.Nightbird
3.Naturally
4.Dorothy Louise
5.(For You) I'd Chase A Rainbow
6.Moon and Stars
7.Black Sand
8.Songbird
9.Another Time
10.Alisa Lovely
11.Many Classic Moments
12.The Water Song
13.Inarajan (The Village)
14.Girl
15.Rainy Day
16.Hard Times
17.Runnin' Hot in the Street
18.How Does It Feel
19.Northbound
20.Going Going Gone

'Kalapana: The Original Album Collection' & 'Black Sand The Best Of Kalapana'


Manifesto RecordsとKalapana Musicは『Black Sand: The Best Of Kalapana』をリリースする。Kalapanaは、幼少期からの友達であったDavid John PrattとMalani Bilyeuを中心に1974年に結成された伝説的なハワイアン・バンドだ。1975年にデビュー・アルバム『Kalapana』をリリース。アルバムからのシングル「Nightbird」のヒットもあり、人気を獲得し、翌年のセカンド・アルバム『Kalapana II』も好評を獲得。その後もアルバのリリースを続け、今尚、40年以上にも渡って活動を続ける正に伝説的なハワイアン・バンドだ。当アルバムは、1975年から1983年にかけてのバンドの全盛期の代表曲をコンパイルしたベスト・アルバムで、「The Hurt 」「Nightbird」「Dorothy Louise」「Alisa Lovely」「Many Classic Moments」等を収録。楽曲は全てオリジナル・テープからリマスターされ、20ページのブックレットが付いた6面デジパックの特殊仕様のアートワークとなる。




2018-11-15 : Manifesto :

■J Mascis | J・マスキス、最新インタヴューを公開中。









続きを読む

2018-11-14 : J Mascis :

■Green River | パール・ジャムのストーン・ゴッサードとジェフ・アメン、マッドハニーのマーク・アームとスティーヴ・ターナー等が在籍したシアトルの伝説的なバンド、グリーン・リヴァー。後のシアトル・シーンに絶大な影響を残した彼らのアルバムとEPに未発表曲を追加収録し、リマスタリングを施してリイシュー。エグゼクティヴ・プロデューサー:ジャック・エンディノ(ニルヴァーナ、サウンドガーデン、マッドハニー他)。



2019.1.30 ON SALE

パール・ジャムのストーン・ゴッサードとジェフ・アメン、マッドハニーのマーク・アームとスティーヴ・ターナー等が在籍したシアトルの伝説的なバンド、グリーン・リヴァー。彼らが1987年にリリースしたEPに未発表曲を追加収録し、リマスタリングを施してリイシュー。【デラックス盤/リマスタリング】
エグゼクティヴ・プロデューサー:ジャック・エンディノ(ニルヴァーナ、サウンドガーデン、マッドハニー他)。


■アーティスト:GREEN RIVER(グリーン・リヴァー)
■タイトル:DRY AS A BONE(ドライ・アズ・ア・ボーン[デラックス盤])
■品番:SP1261CDJ[国内流通仕様]
■定価:¥2,200+税
■その他:付帯物未定
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. This Town
2. PCC
3. Ozzie
4. One More Stitch*
5. Unwind
6. Baby Takes
7. Searchin’#
8. Hangin’ Tree*
9. Together We’ll Never@
10. Ain’t Nothin’ To Do@
11. Bleeding Sheep*
12. Bazaar$
13. Thrown Up*
14. This Little Boy*
15. 10000 Things^
16. Your Own Best Friend^
* = Previously unreleased
# = Previously released on Dry As a Bone/Rehab DollCD (Sub Pop)
@ = Previously released as a 7” (Tasque Force Records)
$ = Previously released onAnother Pyrrhic Victory compilation (C/Z Records)
^ = Previously released onDeep Six compilation (C/Z Records)

Green River - This Town



2019.1.30 ON SALE

パール・ジャムのストーン・ゴッサードとジェフ・アメン、マッドハニーのマーク・アームとスティーヴ・ターナー等が在籍したシアトルの伝説的なバンド、グリーン・リヴァー。彼らが1988年にリリースした唯一のアルバムに未発表曲を追加収録し、リマスタリングを施してリイシュー。【デラックス盤/リマスタリング】
エグゼクティヴ・プロデューサー:ジャック・エンディノ(ニルヴァーナ、サウンドガーデン、マッドハニー他)。


■アーティスト:GREEN RIVER(グリーン・リヴァー)
■タイトル:REHAB DOLL(リハブ・ドール[デラックス盤])
■品番:SP1262CDJ[国内流通仕様]
■定価:¥2,200+税
■その他:付帯物未定
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Forever Means
2. Rehab Doll
3. Swallow My Pride
4. Together We’ll Never
5. Smilin’ and Dyin’
6. Porkfist
7. Take a Dive
8. One More Stitch
9. 10000 Things*
10. Hangin’ Tree*
11. Rehab Doll*^
12. Swallow My Pride#^
13. Together We’ll Never*^
14. Smilin’ and Dyin’*^
15. Porkfist*^
16. Take a Dive*^
17. Somebody*^
18. Queen Bitch*^
* = Previously unreleased
^ = Reciprocal 8-track versions
$ = Previously released on the Hype! Soundtrack (Sub Pop)
# = Previously released on the Dry As A Bone/Rehab Doll CD (Sub Pop)

Green River - Forever Means



●Sub PopはGreen Riverの『Dry As a Bone』(EP)と『Rehab Doll』(LP)のデラックス盤を2019年1月にリリースする。両タイトルとも、Jack Endinoがエグゼクティヴ・プロデュサーとしてテープの発掘と修復、ミックス、リミックス、マスタリングを担当。未発表曲が追加収録され、リマスタリングが施された仕様となる。
●シアトルにおける80年代後半から90年代初頭にかけてのロックのムーヴメントはGreen Riverと共に始まった。Jeff Ament(bass)、Mark Arm(guitar/vocals)、Bruce Fairweather(guitar)、Stone Gossard(guitar)、Alex Shumway(drums)により1984年に結成されたこのバンドの歴史は、僅か1枚のアルバム、2枚のEP、そして1枚のシングルで終わったが、メンバーはその後、Pearl Jam、Mudhoney、Love Batteryを結成し、活躍。結果、Green Riverはシアトルのミュージック・シーンに大きな影響を残すこととなった。『Dry As A Bone』は1987年にリリースされた。Jack Endinoによってレコーディングされたこの作品は、Mark Armの叫び、「This Town」や「Unwind」で聴くことができるBruce FairweatherとStone Gossardのギターのバトルが加わり、バンドの激しさを象徴する内容となった。当デラックス盤には、シアトル・シーンのコンピレーション・アルバム『Deep Six』に収録された曲や、未発表曲等が追加収録される。『Rehab Doll』は1988年にリリースされた。アルバムの大半はシアトルのSteve Lawsonスタジオでレコーディングされ、パンクのエナジーを持った『Dry As A Bone』と80年代後半にロックを支配する「大きなドラムと厚いリフ」の間のギャップを埋める作品となった。脅迫的なオープニング曲「Forever Means」や多孔性な「One More Stitch」、後にSoundgardenやThe Fastbacksにカヴァーされる「Swallow My Pride」が収録されている。またデラックス盤にはリミック・ヴァージョン、8トラックでのレコーディング・ヴァージョン等が追加収録される。
●付帯物未定

【GREEN RIVER(グリーン・リヴァー)】
1984年、米ワシントン州シアトルにて結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド。結成時のメンバーはMark Arm(g/vo)、Steve Turner(g)、Alex Shumway(dr)、Jeff Ament(b)で、後にStone Gossard(g)が加入。またギタリストはSteve Turner からBruce Fairweather に代わった。1988年、デビュー・アルバム『Rehab Doll』をリリースするも、同年に解散。シアトル以外で大きな成功を収めることはなかったが、後にJeff AmentとStone GossardはPearl Jam、Mark ArmとSteve TurnerはMudhoneyを結成。グランジのムーヴメントの礎を築いた重要なバンドとして知られるようになった。




2018-11-13 : Green River :

■Chastity Belt | 米シアトルの4人組ガールズ・ロック・バンド、チャスティティ・ベルト。彼女達がサブ・ポップ傘下のハードリー・アートよりリリースしたセカンド&サード・アルバムの国内流通開始。



2018.12.26 ON SALE

米シアトルの4人組ガールズ・ロック・バンド、チャスティティ・ベルト。
彼女達が2015年にサブ・ポップ傘下のハードリー・アートよりリリースしたセカンド・アルバム。


■アーティスト:CHASTITY BELT(チャスティティ・ベルト)
■タイトル:TIME TO GO HOME(タイム・トゥ・ゴー・ホーム)
■品番:HAR086CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Drone
2. Trapped
3. Why Try
4. Cool Slut
5. On the Floor
6. The Thing
7. Joke
8. Lydia
9. IDC
10. Time to Go Home

2018.12.26 ON SALE

米シアトルの4人組ガールズ・ロック・バンド、チャスティティ・ベルト。
彼女達が2017年にサブ・ポップ傘下のハードリー・アートよりリリースしたサード・アルバム。


■アーティスト:CHASTITY BELT(チャスティティ・ベルト)
■タイトル:I USED TO SPEND SO MUCH TIME ALONE(アイ・ユースト・トゥ・スペンド・ソー・マッチ・タイム・アローン)
■品番:HAR101CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Different Now
2. Caught in a Lie
3. This Time of Night
4. Stuck
5. Complain
6. It’s Obvious
7. What the Hell
8. Something Else
9. Used to Spend
10. 5am
11. Don’t Worry (bonus for CD and LP download)
12. Bender (bonus for CD and LP download)
13. I’m Fine (bonus for CD and LP download)

【Chastity Belt / チャスティティ・ベルト】
Chastity Beltは米ワシントンのワラワラ出身のオルタナティヴ・ロック・バンドだ。メンバーはJulia Shapiro(Vo, G)、Lydia Lund(G)、Annie Truscott(B)、Gretchen Grimm(Dr)の4人で、ウィットマン・カレッジ在学中の2010年に結成された。バンドは2013年にデビュー・アルバム『No Regerts』をリリース。その後、Sub Pop傘下のHardly Artと契約し、2015年にセカンド・アルバム『Time to Go Home』をリリース。SpinやPitchforkから高い評価を獲得した。2017年にはサード・アルバム『I Used to Spend So Much Time Alone』をリリース。ポートランドのJackpot!スタジオでレコーディングされたこのアルバムも、Drowned in Sound で9/10、DIYで4/5等、高得点のレヴューを獲得。SpinやPitchfork、Pasteからも好評価を博した。


  

2018-11-13 : Hardly Art :

■Johnny Cash | ジョニー・キャッシュがサン・レコードより1964年にリリースした『オリジナル・サン・サウンド・オブ・ジョニー・キャッシュ』のヘヴィー・ウェイト・ヴァイナル。2018年のリマスター音源を使用。【リマスター盤】



2018.12月中旬 ON SALE

ジョニー・キャッシュがサン・レコードより1964年にリリースした『オリジナル・サン・サウンド・オブ・ジョニー・キャッシュ』のヘヴィー・ウェイト・ヴァイナル。
2018年のリマスター音源を使用。【リマスター盤】


■アーティスト:JOHNNY CASH(ジョニー・キャッシュ)
■タイトル:ORIGINAL SUN SOUND OF JOHNNY CASH(オリジナル・サン・サウンド・オブ・ジョニー・キャッシュ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:SUNSLP1275[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Always Alone
2. Country Boy
3. Goodnight Irene
4. Wide Open Road
5. Thanks A Lot
6. Big River
(SIDE B)
1. Belshazzar
2. Born To Lose
3. New Mexico
4. I Forgot To Remember To Forget
5. Two Timin` Woman
6. The Story Of A Broken Heart

Johnny Cashはアメリカのシンガーソングライター、ギタリスト、俳優、作家だ。全世界で9千万枚以上のレコードを売り上げ、グラミー賞を11回受賞。後世のアーティスト達に多大な影響を与えた。当『Original Sun Sound of Johnny Cash』は1964年にリリースされたJohnny Cashのアルバムだ。Sun Recordsからの7作目で、同レーベルからのラスト作となる。






2018-11-13 : Snapper Music :

■You Tell Me | フィールド・ミュージックのピーター・ブリューイズとミュージシャン、サラ・ヘイズによるプロジェクト、ユー・テル・ミー。セルフタイトルのデビュー・アルバムがメンフィス・インダストリーズよりリリース。



2019.1.16 ON SALE

フィールド・ミュージックのピーター・ブリューイズとミュージシャン、サラ・ヘイズによるプロジェクト、ユー・テル・ミー。セルフタイトルのデビュー・アルバムがメンフィス・インダストリーズよりリリース。


■アーティスト:YOU TELL ME(ユー・テル・ミー)
■タイトル:YOU TELL ME(ユー・テル・ミー)
■品番:MI0517CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Enough To Notice
2. Get Out Of The Room
3. Foreign Parts
4. Water Cooler
5. Springburn
6. No Hurry
7. Clarion Call
8. Jouska
9. Invisible Ink
10. Starting Point
11. Kabuki

You Tell Me - Invisible Ink (Official Audio)


You Tell Me - Clarion Call (Official Audio)


You Tell Meは Field MusicのPeter Brewisとミュージシャン、Sarah Hayesによるプロジェクトだ。彼らのセルフタイトルのデビュー・アルバム『You Tell Me』は2019年1月にMemphis Industriesよりリリースされる。アルバムはField Musicのアルバムの大半を産み出したことでも知られるPeter Brewisのサンダーランドにあるスタジオでレコーディングされた。You Tell Meのレコーディングを行うまで、Sarah Hayesはインストゥルメンタルの曲を書いたり、アレンジしたりしていた。「私はいつも言葉を愛していた。けど、作詞家になるなんて考えてもいなかった」と語る通り、このレコーディングは、彼女にとってソングライティングを掘り下げる新たなチャレンジとなった。一方、Peter Brewisは、デュアルパーソナル(二重人格)なレコード、と当作について語り、「大半の曲は『会話』に関してや、『対話的になること』、もしくは『話したり、話さなかったりすること』に関しての曲になった」と歌詞の方向性についてより細かく説明をしている。また、「二人とも個人的な大きくて困難な変化があったが、それらを楽しもうとトライしていた。そして、レコードを作っている時間が、問題からのちょっとした逃避になっていたと思う。自分たちでおこなったことや、如何にそれを行ったか、といった事実で自身を楽しませることができたんだ」とも加えている。アルバムからのファースト・シングルは8月に公開された「Clarion Call」で、セカンド・シングルは「Invisible Ink」となる。




2018-11-13 : Memphis Industries :

■Boy Pablo | ボーイ・パブロ、明日11/14、来日公演。会場にて、12/5発売のニューEP『ソイ・パブロ』を先行発売します。また、国内オープニングアクト枠に、京都出身の6人組「バレーボウイズ」の出演が決定しました。



ボーイ・パブロ、明日11/14、来日公演。
会場にて、12/5発売のニューEP『ソイ・パブロ』を先行発売します。
また、国内オープニングアクト枠に、京都出身の6人組「バレーボウイズ」の出演が決定しました。







続きを読む

2018-11-13 : Boy Pablo :

■Newsletter | 2018.11.12 (Sneaks, Allan Holdsworth, Neutral Milk Hotel, Audiotopsy, Redd Kross, The Spinanes, J Mascis, Vintage Trouble)



■Sneaks | ワシントンDCをベースに活動するエヴァ・ムールチャンによるプロジェクト、スニークスの約一年半ぶりとなるサード・アルバムが完成。「スニークスのようなアーティストがもっと必要だ。 彼女は真実で誠実で明快だ」(ジャックナイフ・リー)

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8431.html

■Allan Holdsworth | 2017年4月に他界した伝説のギタリスト、アラン・ホールズワース。彼の長いキャリアで蓄積された様々な時代のライヴ・レコーディングの中から、I.O.U.の最後のライヴとなった『ライヴ・イン・ジャパン・1984』をリリース。初回盤にはこの歴史的なコンサートのDVDも追加封入。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8427.html

■Neutral Milk Hotel | エレファント6の共同設立者、ジェフ・マンガムを中心に結成されたニュートラル・ミルク・ホテルが1998年にリリースした2枚目かつラスト作、『イン・ジ・エアロプレイン・オーヴァー・ザ・シー』が再発。後にピッチフォークで10/10点を獲得する等、インディ・ロックを語る上で外すことができない歴史的な名盤。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8426.html

■Audiotopsy | マッドヴェインやスクレイプのメンバーにより米イリノイ州で結成されたヘヴィー・ロック・バンド、オーディオトプシー。3年振りとなるセルフ・プロデュースによるセカンド・アルバム『ザ・リアル・ナウ』がメガフォースよりリリース。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8425.html

■Redd Kross | 数多くのバンドに影響を与えてきたオルタナティヴ・ロッ/パワーポップのレジェンド、レッド・クロス。彼らの初期の楽曲を収録した2作品がマージよりリイシュー。また、2012年にリリースされた目下の最新作となる6枚目のアルバム『リサーチング・ザ・ブルース』も再発。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8424.html

■The Spinanes | レベッカ・ゲイツとスコット・プロウフによる米ポートランドで結成されたインディ・ロック・バンド、ザ・スピネインズ。1993年にリリースされ、アメリカのカレッジ・チャートで初めて1位を獲得したインディ作品となったデビュー・アルバム『マノス』がマージよりリイシュー。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8423.html

■J Mascis | J・マスキス、11/9発売のニュー・アルバム『エラスティック・デイズ』よりDina Martinaをフィーチャーした「Elastic Days」のビデオを公開。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8422.html

■Vintage Trouble | 最強のライヴ・バンドと評されるヴィンテージ・トラブル、 新作『チャプターII - EP I』と共に 2019 年 4 月ジャパン・ツアー決定。

http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-8399.html


 

2018-11-12 : Newsletter :

■Green River | グリーン・リヴァー、1月にリリースされる『Rehab Doll』のデラックス盤より「Forever Means」を公開。



Green River - Forever Means





【GREEN RIVER(グリーン・リヴァー)】
1984年、米ワシントン州シアトルにて結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド。結成時のメンバーはMark Arm(g/vo)、Steve Turner(g)、Alex Shumway(dr)、Jeff Ament(b)で、後にStone Gossard(g)が加入。またギタリストはSteve Turner からBruce Fairweather に代わった。1988年、デビュー・アルバム『Rehab Doll』をリリースするも、同年に解散。シアトル以外で大きな成功を収めることはなかったが、後にJeff AmentとStone GossardはPearl Jam、Mark ArmとSteve TurnerはMudhoneyを結成。グランジのムーヴメントの礎を築いた重要なバンドとして知られるようになった。




2018-11-09 : Green River :

■Green River | グリーン・リヴァー、1月にリリースされる『Dry As a Bone』のデラックス盤より「This Town」を公開。



Green River - This Town





【GREEN RIVER(グリーン・リヴァー)】
1984年、米ワシントン州シアトルにて結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド。結成時のメンバーはMark Arm(g/vo)、Steve Turner(g)、Alex Shumway(dr)、Jeff Ament(b)で、後にStone Gossard(g)が加入。またギタリストはSteve Turner からBruce Fairweather に代わった。1988年、デビュー・アルバム『Rehab Doll』をリリースするも、同年に解散。シアトル以外で大きな成功を収めることはなかったが、後にJeff AmentとStone GossardはPearl Jam、Mark ArmとSteve TurnerはMudhoneyを結成。グランジのムーヴメントの礎を築いた重要なバンドとして知られるようになった。




2018-11-09 : Green River :

■Sneaks | ワシントンDCをベースに活動するエヴァ・ムールチャンによるプロジェクト、スニークスの約一年半ぶりとなるサード・アルバムが完成。「スニークスのようなアーティストがもっと必要だ。 彼女は真実で誠実で明快だ」(ジャックナイフ・リー)



2019.1.30 ON SALE

ワシントンDCをベースに活動するエヴァ・ムールチャンによるプロジェクト、スニークスの約一年半ぶりとなるサード・アルバムが完成。
「スニークスのようなアーティストがもっと必要だ。 彼女は真実で誠実で明快だ」(ジャックナイフ・リー)


■アーティスト:SNEAKS(スニークス)
■タイトル:HIGHWAY HYPNOSIS(ハイウェイ・ヒプノシス)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:MRG638CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Highway Hypnosis
2. The Way It Goes
3. Ecstasy
4. Suck It Like a Whistle
5. Addis
6. Saiditzoneza
7. Money Don’t Grow on Trees
8. Cinnamon
9. Holy Cow Never Saw a Girl Like Her
10. Beliefs
11. And We’re Off
12. A Lil Close
13. Hong Kong to Amsterdam

Sneaks "The Way It Goes"


Sneaksは米ワシントンDCのEva Moolchanによるプロジェクトで、催眠作用のあるポストパンク的なサウンドをベース、ドラム・マシン、ヴォーカルで、ミニマルに作り上げている。2015年、Eva Moolchanはデビュー・アルバム『Gymnastics』をLPのみでリリース。Impose誌が2015年のベストアルバムの1枚に選出するなど、大きな話題を呼んだ。その後、彼女はMergeと契約し、『Gymnastics』はCDとLPで再発売された。2017年3月にはセカンド・アルバム『It’s a Myth』をリリース。Mary Timony(Helium、Ex Hex、Wild Flag)等が参加したこのアルバムも大きな話題を呼んだ。当『Highway Hypnosis』は、約一年半ぶり、自身3枚目のアルバムとなる。2017年にニューヨークのSilent Barnでレコーディングされた当作はCarlos Hernandez(Ava Luna)、Tony Seltzer(Princess Nokia)、そしてEva Moolchan自身による共同プロデュースで、「丸裸のヒップホップ、骨格のみとなったポストパンク、超次元のポップ」とClash誌が評するような内容となった。




2018-11-08 : Merge :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム