FC2ブログ

■PEACEVILLE | 2020年2月26日リリース(EVINTA)



2020.2.26 ON SALE

英ブラッドフォードのドゥーム・メタルのタイタン、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが2011年にリリースしたシンフォニック・レコーディング『エヴィンタ』。【2CD】


■アーティスト:MY DYING BRIDE(マイ・ダイイング・ブライド)
■タイトル:EVINTA(エヴィンタ)
■品番:CDVILED856J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. In Your Dark Pavilion
2. You Are Not The One Who Loves Me
3. Of Lilies Bent With Tears
4. The Distance, Busy With Shadows
5. Of Sorry Eyes In March
(DISC 2)
1. Vanite Triomphante
2. That Dress And Summer Skin
3. And Then You Go
4. A Hand Of Awful Rewards

My Dying BrideはAaron StainthorpeとAndrew Craighanを中心に1990年に英ブラッドフォードで結成されたドゥーム・メタル・バンドだ。1992年にデビュー・アルバム『As the Flower Withers』をPeaceville Recordsよりリリース。その後、2015年の『Feel the Misery』まで、計12枚のアルバムをリリースしている。1990年初頭、デス・ドゥーム・メタル/ゴシック・メタルの先駆者として活躍しParadise Lost、Anathemaと共にピースヴィル・スリー(Peaceville Three)の一翼を担った。2011年にリリースされた当『Evinta』は、過去にリリースされたバンドの楽曲のテーマやリフを、トラディショナルなメタルの楽器ではなく、クラシックの楽器を使って発展させ、そこに新たにレコーディングしたヴォーカル等を組み合わせて再構築したコンピレーション・アルバムとなる。






スポンサーサイト



2020-01-18 : Snapper Music :

■MADFISH | 2020年2月7日リリース(OZRIC TENTACLES)



2020.2.7 ON SALE

Ed Wynne率いるインストゥメンタル・サイケデリック・ロック・バンド、Ozric Tentacles。UKのミュージック・フェステイヴァルの再興に大きな影響を及ぼした彼らが2015年にリリースしたアルバム。


■アーティスト:OZRIC TENTACLES
■タイトル:TECHNICIANS OF THE SACRED
■品番:SMALP1159[輸入盤/LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. The High Pass
2. Butterfly Garden
3. Far Memory
(SIDE B)
1. Changa Masala
2. Zingbong
3. Switchback
(SIDE C)
1. Epiphlioy
2. The Unusual Village
3. Smiling Potion
(SIDE D)
1. Rubbing Shoulders With The Absolute
2. Zenlike Creature

Ozric Tentaclesは英サマセットで1983年に結成されたインストゥルメンタル・ロック・バンドだ。1985年の『Erpsongs』を皮切りに、当初はカセットで音源をリリースしていた。1989年には自主レーベル、Dovetail Recordsを設立し、オフィシャルのファースト・アルバム『Pungent Effulgent 』をリリース。この頃からバンドは一般的な人気を獲得するようになり、1990年にはセカンド・アルバム『Erpland 』、1991年にはサード・アルバム『Strangeitude』をリリース。『Strangeitude』収録のシングル「Sploosh!」は、UKインディ・チャートで1位を獲得。続く1993年のアルバム『Jurassic Shift』はUKアルバム・チャートで11位、同インディ・チャートで1位を獲得した。その後、最新作である2015年の『Technicians of the Sacred』まで、継続的にアルバムをリリース。目下、30枚以上のアルバムをリリースし、一度もメジャー・レーベルとは契約をしてないながら、100万枚以上のアルバムをワールド・ワイドで売り上げている。この間、幾度もメンバー・チェンジを行うが、ギタリストのEd Wynneは唯一のオリジナル・メンバーとしてバンドに残っている。Ozric Tentaclesの音楽性は多岐にわたる。カンタベリー・ロックを代表するSteve HillageやGongの影響を強く感じさせ、サイケデリック・ロック、プログレッシヴ・ロック、スペース・ロック、ジャズ/フュージョン、エレクトロニック、ダブ、ワールド等、あらゆるジャンルを融合したサウンドを鳴らす。また、楽曲の大半はインストゥルメンタルである。昨今では、UKのミュージック・フェステイヴァルの再興に大きな影響を及ぼしたバンド、として広く認識されている。






2020-01-18 : Snapper Music :

■PEACEVILLE | 2020年2月26日リリース(ISENGARD)



2020.2.26 ON SALE

ノルウェーのブラック・メタル・バンド、ダークスローンのドラマー、フェンリズ。彼が1989年にスタートしたソロ・プロジェクト、アイゼンガルドが1994年にリリースしたファースト・アルバム。


■アーティスト:ISENGARD(アイゼンガルド)
■タイトル:VINTERSKUGGE(ヴィンテルスカッジ)
■品番:CDVILED857J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Vinterskugge
2. Gjennom Skogen Til Blaafjellene
3. Ut I Vannets Dyp Hvor Morket Huiler
4. Dommedagssalme
5. In The Halls And Chambers Of Stardust The Crystallic Heavens Open
6. Fanden Lokker Til Stupet (Nytrad)
7. Naglfar
8. Thy Gruesome Death
9. Deathcult
10. Rise From Below
11. Dark Lord Of Gorgoroth
12. Trollwandering (Outro)
13. The Fog
14. Storm Of Evil
15. Bergtrollets Gravferd
16. Our Lord Will Come

Isengardはノルウェーのブラック・メタル・バンド、Darkthroneのドラマー、Fenrizのソロ・プロジェクトで、1989年のデモ・テープ『Spectres over Gorgoroth』から1995年のセカンド・アルバム『Høstmørke』まで活動は続いた。当『Vinterskugge』は1994年にリリースされたファースト・アルバムで、3本のデモ・テープ(1989年の『Spectres over Gorgoroth』、1991年の『Horizons』、1993年の『Vandreren』)を一つにまとめたアルバムとなる。Darkthroneは80年代末に活動を開始。スラッシュ、デス、ドゥーム・メタルの実験を経て、ブラック・メタルのジャンルを追求。この分野で最も評判の高いアクトのひとつとなった。2019年には目下の最新作『Old Star』をPeaceville Recordsよりリリースしている。






2020-01-18 : Snapper Music :

■KSCOPE | 2020年2月26日リリース(STEVEN WILSON、GODSTICKS、GLEB KOLYADIN)



2020.2.26 ON SALE

ポストプログレをリードするスティーヴン・ウィルソンが2012年にリリースしたライヴ・アルバム。CD+Blu-rayのスペシャルエディション。【2CD+Blu-ray】


■アーティスト:STEVEN WILSON(スティーヴン・ウィルソン)
■タイトル:GET ALL YOU DESERVE(ゲット・オール・ユー・ディザーヴ)
■品番:KSCOPE550J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,800 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1 / CD)
1. No Twilight Within The Courts Of The Sun (Live)
2. Index (Live)
3. Deform To Form A Star (Live)
4. Sectarian (Live)
5. Postcard (Live)
6. Remainder The Black Dog (Live)
7. Harmony Korine (Live)
8. Abandoner (Live)
9. Like Dust I Have Cleared From My Eye (Live)
(DISC 2 / CD)
1. Luminol (Live)
2. Veneno Para Las Hadas (Live)
3. No Part Of Me (Live)
4. Raider II (Live)
5. Get All You Deserve (Live)
(DISC 3 / Blu-ray [5.1 surround sound mix])
1. Intro (`Citadel`)
2. No Twilight Within The Courts Of The Sun
3. Index
4. Deform To Form A Star
5. Sectarian
6. Postcard
7. Remainder The Black Dog
8. Harmony Korine
9. Abandoner
10. Like Dust I Have Cleared From My Eye
11. Luminol
12. Veneno Para Las Hadas
13. No Part Of Me
14. Raider II
15. Get All You Deserve
16. Outro (`Litany`)

4度もグラミー賞にノミネートさたマルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサー、そしてPorcupine Treeの創立メンバーでもあるSteven Wilsonは、2012年に『Get All You Deserve』をリリースした。このアルバムは、長年のヴィジュアル・コラボレーター、Lasse Hoileがディレクターをつとめ、『Grace For Drowning』ツアーの際、メキシコシティで収録されたものだ。ライヴ映像を収録したはBlu-Rayとライヴ音源を収録したCD(2枚)の3枚組で、8パネルのデジパック+8ページのブックレット仕様となる。尚、2011年にリリースされたセカンド・ソロ・アルバム『Grace For Drowning』は、2009年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『Insurgentes』で築き上げられた芸術的な方向性をより実験的/折衷的にした内容で、ジャス、クラシック、サイケデリック等を融合させた60年代/70年代に対する敬意を現代的に表現した名盤として認知されている。


2020.2.26 ON SALE

ウェールズのニューポートをベースに活動するプログレッシヴ・ロック・バンド、ゴッドスティックスのニュー・アルバムが完成。ジェームス・ラウリー(スキンドレッド他)のプロデュースによる約3年振り自身5枚目のアルバム『インエスケイパブル』、リリース。


■アーティスト:GODSTICKS(ゴッドスティックス)
■タイトル:INESCAPABLE(インエスケイパブル)
■品番:KSCOPE652J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Denigrate
2. Victim
3. Relief
4. Surrender
5. Numb
6. Change
7. Breathe
8. Time
9. Resist

Godsticksはウェールズのニューポートをベースに活動するプログレッシヴ・ロック・バンドで、2008年より活動をスタート。2009年にデビューEP『Godsticks』をリリースした。2010年にはファースト・アルバム『Spiral Vendetta』をリリース。The AristocratsとUKツアーを行い大きな注目を浴び、2013年にはセカンド・アルバム『The Envisage Conundrum』をリリース。Kerrang!等から高い評価を獲得した。2015年にサード・アルバム『Emergence』をリリース後、バンドはKscopeと契約。2017年には目下の最大のヒットとなった4枚目のアルバム『Faced With Rage』をリリースした。当『Inescapable』は、約3年振り自身5枚目となるアルバムだ。プロデュースはSkindred等も手掛けるJames Loughreyで、Monnow Valleyスタジオでレコーディングされた。アルバム・リリース後の4月よりバンドはUKツアーをスタート。夏のフェスティヴァルにも出演する予定である。


2020.2.26 ON SALE

ロシアのプログレッシヴ・ロック/チェンバー・ポップ・デュオ、アイアムザモーニングのピアニスト、グレブ・コリャーディンのファースト・ソロ・アルバム。スティーヴ・ホガース(マリリオン)、ジョーダン・ルーデス(ドリーム・シアター)、ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)、セオ・トラヴィス(ロバート・フィリップ、ポーキュパイン・ツリー)等が参加。


■アーティスト:GLEB KOLYADIN(グレブ・コリャーディン(アイアムザモーニング))
■タイトル:GLEB KOLYADIN(グレブ・コリャーディン)
■品番:KSCOPE659J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Insight
2. Astral Architecture (feat Mick Moss)
3. White Dawn
4. Kaleidoscope
5. Eidolon
6. Into The Void
7. The Room
8. Confluence (feat Steve Hogarth)
9. Constellation / The Bell
10. Echo / Sigh / Strand
11. Penrose Stairs
12. Storyteller (feat Jordan Rudess)
13. The Best Of Days (feat Steve Hogarth)

『Gleb Kolyadin』はIamthemorningのピアニスト、Gleb Kolyadinのファースト・ソロ・アルバムだ。Iamthemorningのメンバーとして高く評価を獲得した2枚のアルバムをリリースした後、2018年にリリースされた作品で、ヴォーカルと作詞にSteve Hogarth(Marillion)とMick Moss(Antimatter)、ドラムにGavin Harrison(King Crimson、Porcupine Tree)、ベースにNick Beggs(Steven Wilson)、フルート&サックスにTheo Travis(Robert Fripp、Porcupine Tree、Steven Wilson)、アディショナル・キーボードにJordan Rudess(Dream Theater)がゲスト参加。Iamthemorningの作品も手掛けるVlad Avyがミックスを行った。Iamthemorningは2010年に結成されたロシアのプログレッシヴ・ロック/チェンバー・ポップ・デュオで、2012年にデビュー・アルバム『~ 』をリリース。その後、バンドはKscopeと契約し、2014年にセカンド・アルバム『Belighted』、2016年にサード・アルバム『Lighthouse』、2019年に4枚目のアルバム『The Bell』をリリース。『Lighthouse』は2016年のプログレッシヴ・ミュージック・アウォーズを獲得する等、高い評価を得ている。






2020-01-18 : Snapper Music :

■FICKLE FRIENDS | 英ブライトンのインディ・ポップ・バンド、フィックル・フレンズがニュー・シングル「プリティ・グレイト」をリリース。同曲はUKチャートでトップ10入りを果たしたデビュー・アルバム『ユー・アー・サムワン・エルス』に続くセカンド・アルバムに収録予定。



2020.1.17 ON SALE

英ブライトンのインディ・ポップ・バンド、フィックル・フレンズがニュー・シングル「プリティ・グレイト」をリリース。同曲はUKチャートでトップ10入りを果たしたデビュー・アルバム『ユー・アー・サムワン・エルス』に続くセカンド・アルバムに収録予定。


■アーティスト:FICKLE FRIENDS(フィックル・フレンズ)
■タイトル:PRETTY GREAT(プリティ・グレイト)
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Pretty Great

Fickle Friends - Pretty Great


Fickle Friendsは2013年に英ブライトンで結成されたインディ・ポップ・バンドだ。メンバーはNatassja Shiner(vocals, keyboard)、Harry Herrington(bass, backing vocals)、Sam Morris(drums)、Jack Wilson(keyboards)の4人。2年間にわたりイギリスやヨーロッパをツアーし53ものフェスティヴァルでプレイした後、Polydorと契約。2018年3月にはMike Crosseyのプロデュースによるデビュー・アルバム『You Are Someone Else』をリリース。アルバムはUKチャートの9位を記録し、日本や韓国でもヒットした。2019年10月、バンドは新曲「Amateurs」をリリース。同曲は2020年にリリースされるニュー・アルバムに収録予定である。




2020-01-17 : Fickle Friends :

■OKAY KAYA|オケイ・カヤが1月24日発売のアルバム『Watch This Liquid Pour Itself』から新たに「Psych Ward」のMVを公開



ノルウェー出身でブルックリンを拠点にモデル、俳優としても活動しているシンガーソングライター、Okay Kaya(オケイ・カヤ)。2019年にJagjaguwarと契約しシングル「Believe」、「Ascend and Try Again」、「Baby Little Tween」、「Asexual Wellbeing」をデジタルリリース、また11月22日にリリースされたDEATH RANDINGのエンディングソングであるSilent Poetsの新曲「Almost Nothing feat. Okay Kaya」でのフィーチャーも話題の彼女の、2020年1月24日にリリースされるニューアルバム『WATCH THIS LIQUID POUR ITSELF』より新たに「Psych Ward」のMVを公開。

ノルウェー生まれ、ニューヨークに拠点を置くKaya Wilkinsのプロジェクト、Okay Kayaが1月24日にJagjaguwarよりリリースするアルバム『Watch This Liquid Pour Itself』から新しいシングル/ビデオ「Psych Ward」が公開された。

KayaがCautious Clayなども手掛けるChristoph Andersanと共同制作した「Psych Ward」は、すでに発表されたシングル/ビデオ「Asexual Wellbeing」、「Baby Little Tween」、「Ascend and Try Again」に続いてアルバム『Watch This Liquid Pour Itself』から公開される楽曲で、Kayaが病院で過ごした時間の中での個人的な経験に基づいている。

「病院にいた最後の数日間、看護師がキャビネットの1つを解錠してレクチャー・ルームのギターを弾かせてくれて、私は病院の野外の敷地で行われたアート・セラピー・クラスで演奏したの。私は何を感じたか理解するために見たものを曲に書きました。それはこのファニーなバップ・チューンになって。。。ラモーンズの歌のような感じにしたかった。歌詞は何も脚色なくありのままを書いたわ。MVでは歌詞の”do the rounds”という言葉を抜き出して、毎朝の日課の体操をしている時に、文字通り、空想の中でポールダンスを踊らせた。朝の体操は常にABBAのベストヒットCDが流れていて。それはすごく強力な薬を飲んでかろうじてベッドから出て動いている身体と比べて、あまりにも有頂天な感じで。そんな光景をビデオにしようと思った」- Kaya Wilkins

Kayaは『Watch This Liquid Pour Itself』の大部分を彼女自身で手掛けたが、プロデューサーのJacob Portrait(UMO、Whitney、(Sanday) Alex G)及びJohn Carroll Kirby(Solange、Kali Uchis)の協力を得てそのアイデアを具現化した。また新しいアルバム収録曲のミュージックビデオは全てKayaとAdinah Dancygerが共同で監督し、それぞれドイツ、日本、ノルウェー、ニューヨークで撮影された。

さらに、Kayaはすべてのミュージックビデオが1月後半に上映されることを発表した。1月15日にニューヨークのFilm Noir、1月23日にはロサンゼルスのNow Instantにて上映される。また1月27日にブルックリンのウィリアムズバーグにあるVan Leeuwen Ice Cream Shopにて、Van Leeuwenとのコラボレーションの一環としてソロ・ライブを披露することが決定している。またKayaの監修したスペシャルなビーガン向け黒ゴマ風味のアイスクリーム”Eat Your Feelings”が、Van Leeuwenのウィリアムズバーグ、ローワーイーストサイド、シルバーレイク(ロサンゼルス)の各店舗で期間限定で販売される。

「Okay Kaya - Psych Ward (Official Video)」

続きを読む

2020-01-16 : Okay Kaya :

■KHRUANGBIN & LEON BRIDGES | 話題のトリオ、クルアンビンとグラミー賞も獲得したソウル・シンガー、リオン・ブリッジズ。同じテキサス出身の彼らによる話題のコラボレーションEP『テキサス・サン』より新たに収録曲「C-Side」を公開。



メロウでエキゾチックなソウル/ファンクを鳴らす話題のトリオ、クルアンビンとグラミー賞も獲得した新世代のソウル・シンガー、リオン・ブリッジズ。2月7日にリリースされる同じテキサス出身の彼らによるコラボレーションEP『テキサス・サン』より新たにラテンなポリリズム、ワウ・ギター、そして印象的なヴィブラフォンで構成されたメロウなナンバー「C-Side」を公開。

Khruangbin & Leon Bridges - C-Side (Official Audio)



続きを読む

2020-01-15 : Khruangbin & Leon Bridges :

■MEXICAN SUMMER | MEXICAN SUMMERの3タイトルを国内流通仕様で取り扱い開始(TEAMS VS. STAR SLINGER、TAMARYN)




2020.3.4 ON SALE

米・ロサンゼルスの異端ビート・メイカー、ショーン・ボウイによる ティームスと、ケンドリック・ラマー、ゴールド・パンダ、 ザ・ゴー!チームのリミックスを手掛けた英・マンチェスターの プロデューサー/DJダレン・ウィリアムスによるスター・スリンガー の2組が2011年にリリースした超豪華なコラボレーション作品!!


■アーティスト:TEAMS VS. STAR SLINGER(ティームス・バーサス・スター・スリンガー)
■タイトル:TEAMS VS. STAR SLINGER(ティームス・バーサス・スター・スリンガー)
■品番:MEX081-2J[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Close To Me 2.Punch Drunk Love 3.Life Partner 4.Say Please 5.86 Carot Gold 6.The Yes Strut

Teams vs. Star Slingerは、米・ロサンゼルスのビートメイカー/ プロデューサー、ショーン・ボウイによるソロ・プロジェクトTeams と、英マンチェスターのプロデューサー/DJ、ダレン・ウィリアムスに よるエレクトロニック・プロジェクトStar Slingerの2組によるコラボ レーション・プロジェクト。本作はR&Bとモダン・ソウル・クラシック をサンプリング&カット・アップしたセンス抜群の6曲が収録されてお り、SAMPS、GOLD PANDA、BATHS、TORO Y MOI好きには勿論のこ と、ヒップ・ホップからエレクトロのファンまで刺さること間違いなし の必聴の1枚だ。
【Teams / ティームス】
ロサンゼルスを中心に活動するビートメイカー/プロデューサー、Sean Bowieに よるソロ・プロジェクト。TORO Y MOI、MEMORY HOUSE顔負けのダウン・テン ポな楽曲から、R&B、ファンク、ヒップホップ、エレクトロ、アンビエントま で、彼が鳴らすサウンドは様々な表情を見せる。2011年に1stアルバム 『デイズ・オフ』、2013年に2ndアルバム『OneWorld 開発』をリリース。2012 年には初来日を果たしており、2014年に再来日。]
【Star Slinger / スター・スリンガー】
英・マンチェスターを拠点とするプロデューサー/DJ、Darren Williamsによるエ レクトロニック・プロジェクト。2010年に活動を開始。ハウスやヒップホップ等 に影響を受けたサウンドで、アルバム『ヴォリューム・1』をリリースすると ピッチフォークやBBCラジオ1などのメディアで注目を集めた。Teamsとのコラボ レーションの他にも、ケンドリック・ラマー、ゴールド・パンダ、ザ・ゴー!チー ム、ジェシー・ウェア、エリー・ゴールディングらのリミックスを行うなど多方 面で活躍しており、グラストンベリーやロラパルーザ等のフェス出演やツアー 開催などライヴ活動も精力的に行なう。2016年にファースト・フル・アルバム 『ウィ・クッド・ビー・モア』を発表。


2020.3.4 ON SALE

90年代中期の伝説的な米ポスト・ハードコア・ バンド、ポートレイツ・オブ・パスト等で活動 していたレックス・ジョン・シェルヴァートンと 女性シンガーのタマリンによるシューゲイザー/ ドリーム・ポップ・デュオが2010年に発表した ファースト・フル・アルバム!!


■アーティスト:TAMARYN(タマリン)
■タイトル:THE WAVES(ザ・ウェーヴス)
■品番:MEX056-2J[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.The Waves 2.Choirs of Winter 3.Love Fade 4.Haze Interior 5.Sandstone 6.Coral Flower 7.Dawning 8.Cascades 9.Mild Confusion

本作『The Waves』は、現在の活動拠点である ニューヨークに移る前、サンフランシスコで制作 された2010年発表のファースト・フル・アルバ ム。緻密なギター・ノイズと優美なシンセ、そし て柔らかく透明感のあるタマリンの歌声が聴く人 を包み込む、サイケデリアとほろ苦いドリーム・ ポップが溶け合った必聴の1枚だ。


2020.3.4 ON SALE

現在ニューヨークを拠点に活動しているシューゲイザー /ドリーム・ポップ・デュオ、タマリン。彼らが創造す る新しい希望の世界を、柔らかい歌声とギター・サウン ドで創りあげた2012年発表のセカンド・アルバム!!


■アーティスト:TAMARYN(タマリン)
■タイトル:TENDER NEW SIGNS(テンダー・ニュー・サインズ)
■品番:MEX125-2J[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.I'm Gone 2.While You're Sleeping, I'm Dreaming 3.Heavenly Bodies 4.No Exits 5.Prizma 6.The Garden 7.Transcendent Blue 8.Afterlight 9.Violet's in a Pool

本作『Tender New Signs』は、2012年にリリース されたセカンド・アルバム。本作についてVo.タマ リンは「この作品を作るにあたって、自身が創造 する新しい世界に身を置くことで、平凡な世界を 超越したいと思った。」とコメントしており、楽 曲の中で彼ら自身が作り上げる希望をさらに崇高 なものへと変換させている。ワイドに響き渡るギ ター・サウンドと気だるいメロディーを、Vo.タマ リンの歌声が柔らかく照らす9曲が収録。




2020-01-15 : Kemado Media Group :

■ANTHOLOGY RECORDINGS | ANTHOLOGY RECORDINGSの1タイトルを国内流通仕様で取り扱い開始(RUDIGER LORENZ)



2020.3.11 ON SALE

コレクションした10種類以上のシンセサイザーを駆使して制作 された、コズミック感溢れる電子音楽の力作!!ドイツの鬼才 シンセサイザー奏者、リュディガー・ローレンツが1983年に 発表したデビュー・アルバム『インヴィジブル・ヴォイシズ』 が、アンソロジー・レコーディングよりリリース。


■アーティスト:RUDIGER LORENZ(リュディガー・ローレンツ)
■タイトル:INVISIBLE VOICES(インヴィジブル・ヴォイシズ)
■品番: ARC005-2J [国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.The Sun of Shangrila 2.New Atlantis 3.Between the Times 4.Out of the Past 5.Invisible Voices 6.Summer with Sonja 7.Flight Over Greenland 8.After I Met You 9.Lost Day




2020-01-15 : Kemado Media Group :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム