■Maximo Park | UKニューカッスルのロックバンド Maximo Park が4月リリースのニューアルバムから「Get High (No, I Don't)」のMVを公開!









スポンサーサイト
2017-04-13 : Numerous :

■Maximo Park | 【再掲:interview】Maximo Parkが語るエモーショナルなバンドであり続けるということ 新作『RISK TO EXIST』は4月26日リリース!









2017-04-13 : Numerous :

■高野寛 / 25th Anniversary ~オリジナル・アルバム+トリビュート・アルバム 同時リリース

デビュー25周年記念リリースアルバム・第4弾。初のブラジル録音による、新曲+セルフカヴァーアルバム。ブラジルのミュージシャン達の個性溢れる演奏と高野の楽曲の化学反応。

ギタリストとして13カ国でのライブ経験を持つ高野が、ブラジルで得た友人たちと作った通算18枚目のオリジナルアルバム。巨匠、カエターノ・ヴェローゾの遺伝子を受け継ぐモレーノ・ヴェローゾをプロデューサーに迎え、ブラジル第2の都市リオ・デ・ジャネイロで録音を敢行。フルアルバムの海外録音は、大ヒット作『CUE』『AWAKENING』以来およそ23年ぶりとなる。 「ブラジルに行ったのは、ブラジル音楽をやりたかったからじゃない。友達と演奏したかったから」と高野は語る。「ブラジル録音」という言葉から真っ先に頭に浮かぶボサノヴァやサンバのイメージは、アルバムの冒頭から大きく覆されることになるだろう。そこにあるのは、高野寛POPS・2014年の進化形。レコーディングでは、アコギと歌を軸に、気のおけない仲間たちとリラックスした雰囲気の中行われたセッションの空気感をそのままパッケージングした。「宅録系」の高野にとっては初の試みであり、新境地への挑戦でもある。ライブで練り上げられた新曲と、セルフカヴァー曲を収録。『Dog Year, Good Year』『(それは)Music』など、シンプルな中に捻りのあるポップな楽曲や、25周年を記念して全く違う解釈でアレンジされたデビュー曲『See You Again』をはじめ、聴き応え満載の13曲+インタールード3トラックのソングブック。 ブラジルのミュージシャン達の個性溢れる演奏と高野の楽曲が、J-POPでもブラジリアンポップスでもない、突然変異のアンサンブルとハーモニーを生み出した。 発売後~来春まで、このアルバムの曲を届けに、全国約30本のツアーが決定している。

[品番]SBST-005
[発売日]2014年8月6日(水)
[価格]\3,000+税
高野寛
TRIO

1. Dog Year, Good Year
2.(それは)Music
3. 2つの太陽
4. See you again (RIO ver.)
5. 一分間
6. Morning Star
7. 確かな光 (RIO ver.)
8. Mo i Kai
9. いつのまにか晴れ (2014)
10. On & On (& On)
11. 地球は丸い- A Terra é Redonda
12. ないものねだり
13. Free
14. Nectar
15. 美しい星 (RIO ver.)
16. Petala - 花びら


高野寛、デビュー25周年企画。高野寛の楽曲を、交流の深いミュージシャンがカバーするトリビュート盤。「ベステンダンク」、「虹の都へ」、「確かな光」などの名曲群をカバー。

デビュー25周年のアニバーサリーイヤーに、高野寛へのトリビュート・アルバムがリリース。高野寛と親交が深いミュージシャンたちが、思い入れが強い曲を選び、カバー。 ヒット曲、「ベステンダンク」は、おお雨による女性ヴォーカル・カバーと、岸田繁による男性ヴォーカル・カバーとして、それぞれがまったく違う表情の楽曲へと姿を変え、「虹の都へ」は、当時海外レコーディングにてプロデューサーを務めたトッド・ラングレンが英詞でカバー。最近のトッドらしいサウンドに。高野寛の音楽の父とも言える高橋幸宏はさすがの選曲、昔からの高野ファンにはおなじみ、そして大人気の「やがてふる」を。「エーテルダンス」は、初めてのコラボレーションながら、抜群の相性の良さを発揮したビューティフルハミングバード & 宮内優里がカバー。 2004年の名曲「確かな光」は、畠山美由紀+青柳拓次が、意外な、でも素晴らしいアレンジでカバーし、驚きを与えてくれる。そして、「確かな光」と同アルバムに収録されている「hibiki」を当時レコーディングに参加していたハナレグミがカバー。アレンジ、打ち込み、ギターなどすべてのコンポーズを一人で完成させたという、意外にも自身、初となる試み。高野寛の盟友、浜崎貴司は、スケール大きい「All over, Starting over」を感動的に歌い上げた。大所帯の蓮沼執太フィルによる「夢の中で会えるでしょう」も、大胆なアプローチで原曲へのリスペクトを表現している。 アノニマス & 湯川潮音は1999年のアルバムから「オレンジ・ジュース・ブルース」を美しく、叙情的にカバーし、有里知花 with 永見行崇・宮川 剛は「KAORI」は大人っぽく、艶やかに唄う。 デビュー・シングルだった「See You Again」はアンチモンが、そして、同じくデビューアルバムに収録し、矢野顕子もカバーしていた名曲「夜の海を走って月を見た」は山田稔明(GOMES THE HITMAN)が、愛情溢れるカバーをしている。 また、アートワークのイラストは、タムくんこと、ウィスット・ポンニミットが担当している。

[品番]OTCD-3872
[発売日]2014年8月6日(水)
[価格]\2,800+税
VA
高野寛 ソングブック〜tribute to HIROSHI TAKANO〜

1. 夢の中で会えるでしょう / 蓮沼執太フィル
2. hibiki / ハナレグミ
3. やがてふる / 高橋幸宏
4. エーテルダンス / ビューティフルハミングバード & 宮内優里
5. 確かな光 / 畠山美由紀+青柳拓次
6. ベステンダンク / 岸田 繁 (くるり)
7. オレンジ・ジュース・ブルース / anonymass with 湯川潮音
8. KAORI / 有里知花 with 宮川 剛・永見行崇
9. 夜の海を走って月を見た / 山田稔明 (GOMES THE HITMAN)
10. See You Again / アンチモン
11. ベステンダンク / おお雨 (おおはた雄一+坂本美雨)
12. All over, Starting over / 浜崎貴司
13. 虹の都へ / トッド・ラングレン
封入特典:イラスト型抜きステッカー
アートワーク・イラスト = ウィスット・ポンニミット


MORE INFO.

2014-08-04 : Numerous :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム