■Nick Nicely | XTCやアリエル・ピンク等、数多くのアーティストに多大な影響を与えたサイケ・レジェンド、ニック・ナイスリー。約3年振りとなる10月発売のサード・アルバム『スリープ・サファリ』より「Solar Wind」のビデオを公開。



nick nicely - Solar Wind






続きを読む

スポンサーサイト
2017-09-19 : Tapete Records :

■Nick Garrie | 幻の名盤『ナイトメア・オブ・ジェイ・ビー・スタニスラス』1枚でウィルコ、ティーンエイジ・ファンクラブ、BMXバンディッツ他、数々のミュージシャンに影響を与えたシンガーソングライター、ニック・ギャリー。2009年、約40年振りに発表されたセカンド・アルバムに続く、自身3枚目のアルバム『ザ・ムーン・アンド・ザ・ヴィレッジ』が遂にリリース。



2017.11.29 ON SALE

幻の名盤『ナイトメア・オブ・ジェイ・ビー・スタニスラス』1枚でウィルコ、ティーンエイジ・ファンクラブ、BMXバンディッツ他、数々のミュージシャンに影響を与えたシンガーソングライター、ニック・ギャリー。2009年、約40年振りに発表されたセカンド・アルバムに続く、自身3枚目のアルバム『ザ・ムーン・アンド・ザ・ヴィレッジ』が遂にリリース。


■アーティスト:NICK GARRIE(ニック・ギャリー)
■タイトル:THE MOON AND THE VILLAGE(ザ・ムーン・アンド・ザ・ヴィレッジ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR391J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目
1. Lois' Diary
2. The Moon and The Village
3. I'm On Your Side
4. Music From a Broken Violin
5. Early Morning in the Garden
6. Bacardi Samuel
7. Boy Soldier
8. My Dear One
9. Got You On My Mind
10. Ma Petite Catherine
11. Nick's Minuet



シンガーソングライター、Nick Garrieは、60年代、そして自身の10代の終わりに、一枚の偉大なアルバムを作り上げた。『The Nightmare Of J.B. Stanislas』と題されたこのアルバムは、1969年にフランスでのみリリースされ、2005年にRev-ola RecordsがCDとして再発するまでは高値で取引された名盤であった。その後、2010年、Elefant Recordsより『The Nightmare Of J.B. Stanislas』は再び再発された。この際、60年代にNick Garrieによって書かれた数曲が新たにレコーディングされ、それを追加したデラックス盤としてリニューアルされた。Nick Garrieは商業的な成功を収めることはなかった。しかし、『The Nightmare Of J.B. Stanislas』の素晴らしさは口コミで広がり、Teenage Fanclub、Wilco、Camera Obscura、The Trembling Bells、Ladybug Transistor、BMX Banditsといったバンドがファンであると公言するようになっていった。こうして2009年、Elefant Recordsは新曲で構成されたNick Garrieのアルバム『49 Arlington Gardens』をリリースした。アルバムはBMX BanditsのDuglas T. Stewart、Teenage FanclubのNorman BlakeとFrancis Macdonald 、シンガーソングライターのAlly Kerrと共にレコーディングされた。また2012年、40年以上の時を経て、『The Nightmare Of J.B. Stanislas』はNick Garrieによってライヴ・パフォーマンスされることにもなった。当『The Moon And The Village』は、そんなNick Garrieの『49 Arlington Gardens』に続く3枚目のアルバムとなる。




2017-09-06 : Tapete Records :

■Martin Carr | 元ブー・ラドリーズ / ブレイヴ・キャプテンのマーティン・カーのニュー・アルバムが完成。前作『ザ・ブレイクス』以来、約3年振りとなる新作『ニュー・シェイプス・オブ・ライフ』、リリース。



2017.11.2 ON SALE

元ブー・ラドリーズ / ブレイヴ・キャプテンのマーティン・カーのニュー・アルバムが完成。前作『ザ・ブレイクス』以来、約3年振りとなる新作『ニュー・シェイプス・オブ・ライフ』、リリース。


■アーティスト:MARTIN CARR(マーティン・カー)
■タイトル:NEW SHAPES OF LIFE(ニュー・シェイプス・オブ・ライフ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR389J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. New Shapes of Life
2. Damolces
3. The Main Man
4. Future Reflections
5. A Mess of Everything
6. Three Studies of the Male Back
7. The Van
8. The Last Song

Martin Carr – Future Reflections (official video)


スコットランド出身のMartin CarrはThe Boo Radleysのメイン・ソングライター&リード・ギタリストとして知られる。The Boo Radleysは1990年、アルバム『Ichabod and I』でデビュー。4枚目のアルバム『Wake Up!』が全英1位を記録しブレイクするも、1998年の『Kingsize』を最後に、1999年に解散している。その後、Martin Carrはソロ・プロジェクト、Bravecaptainを開始。2000年にデビュー作『The Fingertip Sessions, Vol. 1』『The Fingertip Saint Sessions, Vol. 2』をリリースするも、徐々にプロジェックトは後退していく。2014年8月、Martin CarrはTapete RecordsよりMartin Carr名義でシングル「Santa Fe Skyway」を発表。9月にはアルバム『The Breaks』をリリースした。




2017-08-15 : Tapete Records :

■Nick Nicely | XTCやアリエル・ピンク等、数多くのアーティストに多大な影響を与えたサイケ・レジェンド、ニック・ナイスリー。約3年振りとなるサード・アルバム『スリープ・サファリ』、リリース。



2017.10.4 ON SALE

XTCやアリエル・ピンク等、数多くのアーティストに多大な影響を与えたサイケ・レジェンド、ニック・ナイスリー。約3年振りとなるサード・アルバム『スリープ・サファリ』、リリース。


■アーティスト:NICK NICELY(ニック・ナイスリー)
■タイトル:SLEEP SAFARI(スリープ・サファリ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR364J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Solar Wind
2. Gliding (Call Centre Splendour)
3. Sound Of The Moon
4. London South 2 (Grasscut Remix)
5. Rainmaker
6. Step Away
7. Ghostdream
8. Souvenir
9. Heavens Kate
10. Dance Away

nick nicely/Ghostdream (single version)


XTCやAriel Pink等、数多くのアーティストに影響を与えた伝説のサイケ・ポップ・アーティスト、Nick Nicelyは、1980年にファースト・シングル「D.C.T. Dreams」でデビューした。1982年にはメジャーのEMIより、セカンド・シングル「Hilly Fields」をリリース。当曲はNMEのシングル・オブ・ザ・ウィークにも選ばれ、同誌に「1960年代以来ベストなサイケデリック・レコード」と評される等、大きな注目を浴びる。しかし、様々な事情でアルバムの発表には至らず、メジャーとの仕事に幻滅したNick Nicelyは、一線から退き、80年代の終わりからはアシッド・ハウスやレイヴのシーンで活動するようになる。2000年代に入るとNick Nicelyに対しての再評価の波は高まり、2004年にはシングルや未発表曲をコンパイルしたアルバム『Psychotropia』がリリースされた。また、2011年には初期の楽曲を集めたコンピレーション・アルバム『Elegant Daze: 1979–1986』がCaptured TracksよりLPでリリースされ、同年にはファースト・アルバム『Lysergia』もBurger Recordsよりカセットでリリース。2014年にはLo Recordsよりセカンド・アルバム『Space of a Second』がリリースされた。当『Sleep Safari』はNick Nicelyのサード・アルバムで、Tapete Recordsからは初のリリースとなる。アルバムからのファースト・シングルは「Ghostdream」で、BBC6は「目も眩むほど美しい不可侵なユーフォリア」と同曲を評している。




2017-08-15 : Tapete Records :

■Bill Pritchard | ビル・プリチャード来日公演決定。東京7/29日、名古屋7/30日。



BILL PRITCHARD JAPAN TOUR 2017

新曲を用意して、2度目の来日となります。
皆様のお越しをお待ちしております。

■2017年7月29日(土) 19:00 スタート
@Alternative Cafe 中野 東京

チャージ ご予約5000円+ドリンク代別途
http://altcafe.exblog.jp/

■2017年7月30日(日) 17:00 スタート
@COTAN 御器所 名古屋

チャージ ご予約3500円+ドリンク・フード別途
http://www.g-cotan.com/

両日ともに、2部はBIllのアコースティック・ソロ、2部は追加のギターと女性コーラスのサポートが入ります。
ご予約は下記アドレスにてお待ちしております!
bluesongspj@gmail.com
(日程、枚数、代表の方のお名前、携帯番号をお知らせください。)

最新情報はFacebookにて
https://www.facebook.com/bluesongspj/

bill2017.png




2017-07-11 : Tapete Records :

■The Clientele | 英ハンプシャーのインディ・ポップ・バンド、ザ・クリアンテルのニュー・アルバムが完成。2010年のEPから7年振りとなる通算5枚目のアルバム『ミュージック・フォー・ジ・エイジ・オブ・ミラクルズ』、リリース。



2017.9.27 ON SALE

英ハンプシャーのインディ・ポップ・バンド、ザ・クリアンテルのニュー・アルバムが完成。2010年のEPから7年振りとなる通算5枚目のアルバム『ミュージック・フォー・ジ・エイジ・オブ・ミラクルズ』、リリース。


■アーテイスト:THE CLIENTELE(ザ・クリアンテル)
■タイトル:MUSIC FOR THE AGE OF MIRACLES(ミュージック・フォー・ジ・エイジ・オブ・ミラクルズ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR375J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. The Neighbour
2. Lyra in April
3. Lunar Days
4. Falling Asleep
5. Everything You See Tonight Is Different From Itself
6. Lyra In October
7. Everyone You Meet
8. The Circus
9. Constellations Echo Lanes
10. The Museum Of Fog
11. North Circular Days
12. The Age Of Miracles

The Clientele - Lunar Days (Lyric Video)


The Clienteleは英ハンプシャーで1991年に結成された。バンド結成後、アルバムのレコーディング等を行うも、レーベルの興味を得ることなく、一旦はバンドを解散する。1997年、ロンドンへ移りバンドを再結成。7インチ等をリリースし、2000年にはそれらを集めたコンピレーション『Suburban Light』をリリース。このコンピレーションは大きな話題となり、バンドはMerge Recordsと契約することになる。2003年にはデビュー・アルバム『The Violet Hour』をリリース。商業的な成功もおさめる。2005年にはセカンド・アルバム『Strange Geometry』をリリースし、同年には1991年から1996年にリリースされた楽曲をコンパイルしたアルバム『It's Art, Dad』をリリース。2007年にはサード・アルバム『God Save The Clientele 』、2009年には4枚目のアルバム『Bonfires On The Heath 』、2010年にはEP『Minotaur』をリリースするも、2011年には休止。フロントマン、Alasdair MacLeanはAmor de Díasのメンバーとした活動を始める。その後、2014年におこなわれたブルックリンのライヴより、バンドは再始動。Alasdair MacLean(Vo, G)、James Hornsey(B)、Mark Keen(Dr)の三人で当アルバム『Music For The Age Of Miracles』を完成させた。




2017-06-27 : Tapete Records :

■Bill Pritchard | ビル・プリチャード、昨年に続き今年も来日公演決定!



BILL PRITCHARD JAPAN TOUR 2017

新曲を用意して、2度目の来日となります。
皆様のお越しをお待ちしております。

■2017年7月29日(土) 19:00 スタート
@Alternative Cafe 中野 東京

チャージ ご予約5000円+ドリンク代別途
http://altcafe.exblog.jp/

■2017年7月30日(日) 17:00 スタート
@COTAN 御器所 名古屋

チャージ ご予約3500円+ドリンク・フード別途
http://www.g-cotan.com/

両日ともに、2部はBIllのアコースティック・ソロ、2部は追加のギターと女性コーラスのサポートが入ります。
ご予約は下記アドレスにてお待ちしております!
bluesongspj@gmail.com
(日程、枚数、代表の方のお名前、携帯番号をお知らせください。)

最新情報はFacebookにて
https://www.facebook.com/bluesongspj/




2017-05-22 : Tapete Records :

■Jon Tabakin | ジョン・タバキンが残した幻のアルバムが全世界500枚限定でリリース。「これほどまでに完璧なポップ・アルバムはない」と評されコレクターズ・アイテムとなっていた作品が遂にリイシュー。(1975年作品)



2017.6.28 ON SALE

ジョン・タバキンが残した幻のアルバムが全世界500枚限定でリリース。「これほどまでに完璧なポップ・アルバムはない」と評されコレクターズ・アイテムとなっていた作品が遂にリイシュー。(1975年作品)


■アーティスト:JON TABAKIN(ジョン・タバキン)
■タイトル:JON TABAKIN(ジョン・タバキン)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR363J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,300+税
■収録曲目:
1. It’s Never Too Late To Smile
2. Your Eyes
3. I’ve Got Bad News
4. Where Are The Angles?
5. The Days Were Long, The Nights Were Sweet
6. Home Is Us Together
7. It’s The Little Things
8. I’m Gonna Love You
9. Let’s Do It Again
10. I Never Realized
11. I’m Takin’ My Time
12. You Mean Much More To Me

★3曲のダイジェスト試聴実施中;
>>> https://soundcloud.com/tapete-records/sets/jon-tabakin-preview


Jon Tabakinは10代の頃は地元のバンドで活動していたが、19才の時、オートバイの事故にあってしまった。これを契機に、彼は、プレイヤーではなく、曲と詞を書くことに焦点をあてるようになっていった。学校を卒業した後、Jon Tabakinは自分が書いた曲を販売したいと考えるようになり、それがソロ作品へと繋がっていった。こうして、彼はテアックの4トラックを買い、アパートにはキーボード、ギター、ヴォーカル用のマイクを設置し、レコーディングを開始した。リズムセクションは後にスタジオで追加され、ベースは彼自身がオーバーダビングをした。完成したアルバム『Jon Tabakin』は、自主レーベル「Larrow Records」の名でプレスされ、僅か数枚が地元で販売されたが、それが他の地域でリリースされることはなかった。こうして作り上げたポップ・アルバムが全く興味を示されなかった為、Jon Tabakinはクラシカルなピアノの即興にその音楽スタイルを変化させていった。RCAは、このJon Tabakinの新しいスタイルに興味を持ったが、彼がツアーに出ることを躊躇した為、両者の関係は終焉をむかえた。その結果、Jon Tabakinは音楽から離れ、大学院の研究に進み、サイコアナリストとなった。後に、Jon Tabakinが残した最初で最後のアルバム『Jon Tabakin』は、「これほどまでに完璧なポップ・アルバムはない」とマニアの間で噂されるようになり、Waxidermy 100にも選出されるコレクターズ・アイテムとなった。しかし、そのプレス枚数は極端に少なかった為、常に中古市場で破格の値段で取引がされていた。




2017-04-24 : Tapete Records :

■The Telescopes | クリエイションにも所属した伝説のシューゲイザーバンド、テレスコープスのニュー・アルバムが完成。セント・デラックスのメンバーがバックを務めた9枚目のアルバム『アズ・ライト・リターン』、リリース。



2017.7.12 ON SALE

クリエイションにも所属した伝説のシューゲイザーバンド、テレスコープスのニュー・アルバムが完成。セント・デラックスのメンバーがバックを務めた9枚目のアルバム『アズ・ライト・リターン』、リリース。


■アーティスト:THE TELESCOPES(テレスコープス)
■タイトル:AS LIGHT RETURN(アズ・ライト・リターン)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR351J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. You Can't Reach What You Hunger (4:42)
2. Down On Me (6:13)
3. Hand Full Of Ashes (7:56)
4. Something In My Brain (7:42)
5. Handful Of Ashes (14:03)

★3曲のダイジェスト試聴実施中;
>>> https://soundcloud.com/tapete-records/sets/the-telescopes-as-light-return-preview


The Telescopesは、1987年にStephen Lawrieによって結成されたイギリスのシューゲイザーバンドだ。バンドは、1989年、デビュー・アルバム『Taste 』をWhat Goes Onよりリリース。その後、Creation Recordsと契約し、1992年にはセカンド・アルバム『The Telescopes 』をリリース。『Third Wave 』(2002年)、『#4 』(2005年)、『Hungry Audio Tapes 』(2006年)、『Infinite Suns 』(2008年)、『HARM 』(2013年)、『Hidden Fields 』(2015年)とリリースを続けている。当『As Light Return』は約2年振りニュー・アルバムで、通算9枚目、Tapete Recordsからは2枚目の作品となる。アルバムでは、St Deluxeのメンバーがバックをつとめ、グラスゴーのRiverside Music Complexでレコーディングされた。




2017-04-24 : Tapete Records :

■Friedrich Sunlight | ドイツのフリードリヒ・サンライト、ソフト・ロックとネオアコ混ぜたようなサウンドにドイツ語詞や日本的情緒湛えた歌でキッチュな個性確立させた初作『Friedrich Sunlight』(bounceレヴュー)http://









2017-01-16 : Tapete Records :

■Friedrich Sunlight | 先行リリースされた7インチが日本でも話題となっているケンジ・キタハマ率いるドイツの5人組サンシャインポップ・バンド、フリードリヒ・サンライト。 待望のデビュー・アルバム『フリードリヒ・サンライト』が遂に完成。



2016.12.7 ON SALE

先行リリースされた7インチが日本でも話題となっているケンジ・キタハマ率いるドイツの5人組サンシャインポップ・バンド、フリードリヒ・サンライト。
待望のデビュー・アルバム『フリードリヒ・サンライト』が遂に完成。


■アーティスト:FRIEDRICH SUNLIGH(フリードリヒ・サンライト)
■タイトル:FRIEDRICH SUNLIGH(フリードリヒ・サンライト)
■品番:TR347J[国内流通仕様] ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Bahnsteig A
2. Melodie
3. Spuren
4. Hiddensee
5. Gütersloh
6. Dôme du Goûter
7. Sommer Samstag Abend
8. Limousine
9. Drei nach zehn
10. Mann mit Hut
11. Nochmal von vorn
12. Nicht ans Meer

Friedrich Sunlight – Nicht ans Meer (official)


 Friedrich Sunlightが現在のラインナップになってからは2年が経つ。このポップ・ クインテット(5人組)の中心はシンガーでピアノのKenji Kitahamaで、カリフォルニア出身の彼は8年前にドイツのバイエルンに移り住んだ。2016年3月、バンドはKleine Untergrund Schallplattenより、現在はソールド・アウトとなっている7インチ「Nicht ans Meer」をリリース。その完成されたソフトロックは大きな注目を浴び、ここ日本でもラジオのオンエアなどを通じ口コミで話題となっていった。これを契機にバンドはバンドはTapete Records(The Monochrome Set、Slapp Happy、Last Days Of April、Robert Forster、Bill Pritchard他)と契約。当デビュー・アルバム『フリードリヒ・サンライト』を完成させた。
 「歌詞にメロディをあわせるのではなく、メロディに歌詞をあわせている」と話すように、Kenji Kitahamaは、Friedrich Sunlightは歌詞の比重が高いドイツのポップ・シーンのオルタナティヴになるべきである、と考えている。アルバムの曲の大半はライヴ・レコーディングされた。魅力的なアレンジやメロディに何層にも重ねられたヴォーカル・ハーモニーが乗る。ランダムに選ばれたポップ・ミュージックの愛好家にFriedrich Sunlightを聴かせたところ、50%の人は1966年のビーチ・ボーイズの2000年ヴァージョン、と答え、42%はゾンビーズ的、と答えた。




2016-10-21 : Tapete Records :

■Slapp Happy | ヴァンギャルド・ポップの最高峰、スラップ・ハッピー。 クラウトロック・バンド、ファウストがレコーディングに参加した彼らの2枚のアルバムが全世界500枚限定でリイシュー。



2016.12.7 ON SALE

アヴァンギャルド・ポップの最高峰、スラップ・ハッピー。
クラウトロック・バンド、ファウストがレコーディングに参加した彼らの2枚のアルバムが全世界500枚限定でリイシュー。



スラップ・ハッピーの1972年発表のデビュー・アルバム。ファウストがレコーディングに参加。彼らが英ヴァージンに移籍する前に独ポリドールに残した幻の作品。

■アーティスト:SLAPP HAPPY(スラップ・ハッピー)
■タイトル:SORT OF(ソート・オヴ)
■品番:TR355J[国内流通仕様] ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,300+税
■収録曲目:
1. Just A Conversation
2. Paradise Express
3. I Got Evil
4. Little Girl's World
5. Tutankhamun
6. Mono Plane
7. Blue Flower
8. I'm All Alone
9. Who's Gonna Help Me Now
10. Small Hands Of Stone
11. Sort Of
12. Heading For Kyoto
13. Jumping Jonah*
*bonus track CD



スラップ・ハッピーの1980年発表のアルバム。ファウストをバック・バンドに迎え1973年にレコーディングされたが、レーベルがリリースを拒否。リレコーディングされ7年後に発表。

■アーティスト:SLAPP HAPPY(スラップ・ハッピー)
■タイトル:ACNALBASAC NOOM(アクナルバザック・ヌーム)
■品番:TR356J[国内流通仕様] ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,300+税
1. Casablanca Moon
2. Me And Paravati
3. Mr. Rainbow
4. Michelangelo
5. The Drum
6. A Little Something
7. The Secret
8. Dawn
9. Half-Way There
10. Charlie 'N Charlie
11. Slow Moon's Rose
12. Everybody's Slimmin'*
13. Blue Eyed William*
14. Karen*
*bonus track CD



【スラップ・ハッピー(Slapp Happy)】
スラップ・ハッピー(Slapp Happy)は1972年にドイツ・ハンブルグで結成されたイギリス、ドイツ、アメリカ混成のプログレッシヴ・ポップ・グループだ。メンバーはアンソニー・ムーア(Anthony Moore)、ピーター・ブレグヴァド(Peter Blegvad)、ダグマー・クラウゼ(Dagmar Krause)の3人。僅か3年の活動期間で1975年に解散するも1982年、1998年、2000年と三度、再結成をしている。また2016年11月、バンドはファウストと共に独ケルンで行われるWeek-End Festivalに参加する。




2016-10-21 : Tapete Records :

■Christian Kjellvander | スウェーデンを代表するSSW、クリスチャン・シェルヴァンダーのニュー・アルバムが完成。スウェディッシュ・グラミーに幾度もノミネートされる彼の通算6枚目の作品。



2016.12.7 ON SALE

スウェーデンを代表するSSW、クリスチャン・シェルヴァンダーのニュー・アルバムが完成。スウェディッシュ・グラミーに幾度もノミネートされる彼の通算6枚目の作品。


■アーティスト:CHRISTIAN KJELLVANDER(クリスチャン・シェルヴァンダー)
■タイトル:A VILLAGE: NATURAL LIGHT(ア・ヴィレッジ:ナチュラル・ライト)
■品番:TR344J[国内流通仕様] ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Shallow Sea
2. Dark Ain't That Dark
3. Midsummer (Red Dance)
4. Riders In The Rain
5. Misanthrope River
6. Always With The Horses
7. Staghorn Sumac
8. Good Child
9. Gallow

Christian Kjellvander – Midsummer (Red Dance)


「美しい」**** Mojo, UK
Christian Kjellvanderはスウェーデン出身のシンガーソングライターだ。ソロ以前、Christian Kjellvanderはオルタナカントリーのバンド、Loosegoatsでプレイしていた。Loosegoatsは数枚のアルバムをリリース後、2001年に解散。Songs Of Soilというバンドを経て、彼はソロでの活動を開始した。2002年にデビュー・アルバム『Songs From a Two-Room Chapel』をリリース。その後、『Faya』(2005年)、『I Saw Her From Here, I Saw Here From Her』(2007年)、『The Rough And Rynge』(2010年)、『The Pitcher』(2013年)とアルバムのリリースを続けている。この間、幾度もスウェディッシュ・グラミーにノミネートされ、2008年にはManifest Prizeを獲得している。当アルバム『A Village: Natural Light』は自身6枚目のアルバムとなる。アルバムはスウェーデンのオステクァールにある教会で、Ruben Engzellによってレコーディングされた。





2016-10-21 : Tapete Records :

■Last Days Of April | バンド結成20周年を迎えるスウェーデン産エモの至宝、ラスト・デイズ・オブ・エイプリル。2016年10月より始まるジャパン・ツアーにあわせて、通算9枚目となる最新作『シー・オブ・クラウズ』の日本流通を開始。



2016.10.12 ON SALE

バンド結成20周年を迎えるスウェーデン産エモの至宝、ラスト・デイズ・オブ・エイプリル。
2016年10月より始まるジャパン・ツアーにあわせて、通算9枚目となる最新作『シー・オブ・クラウズ』の日本流通を開始。


LAST DAYS OF APRIL
“SEA OF CLOUDS”

ラスト・デイズ・オブ・エイプリル『シー・オブ・クラウズ』
■品番:TR316J[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。

【収録曲目】
1. The Artist 
2. The Way Things Were 
3. Oh Well 
4. The Thunder & The Storm
5. Everybody Knows 
6. Sea Of Clouds 
7. Someone For Everyone 
8. Every Boy's Dream 
9. Get You

LAST DAYS OF APRIL JAPAN TOUR 2016
10/17(月)東京:渋谷club乙-kinoto-
10/18(火)愛知:名古屋栄TIGHT ROPE
10/19(水)大阪:天王寺Fireloop
10/20(木)東京:渋谷club乙-kinoto-
10/21(金)東京:新宿ロックンロール以外は全部嘘(Acoustic Set)
■詳細: http://ldoa-jp-tour2016.tumblr.com
tumblr_od6pc3ZEvD1vem30so1_1280.jpg

Last Days Of April - The Thunder & The Storm (official)


Last Days Of April - Oh Well (official)


Last Days Of April - The Artist (official)


スウェーデンのラスト・デイズ・オブ・エイプリルは、パンク・バンドをやっていたKarl Larsson(カール・ラーソン)を中心に、1996年に結成されたエモ系のインディ・ロック・バンドだ。1997年、デビュー・アルバム『Last Days Of April』をリリース。1998年のセカンド・アルバム『Rainmaker』をはさみ、2000年にはサード・アルバム『Angel Youth』をリリース。このアルバムがスウェーデン以外でもヒットし、世界的な注目を獲得。エモのシーンを中心に高い支持を集めるようになる。その後も、『Ascend to the Stars』(2002)、『If You Lose It』(2003)、『Might As Well Live』(2007)、『Gooey』(2010)、『79』(2012)とコンスタントにアルバムを発表。2015年には通算9枚目となる当アルバム『Sea Of Clouds』をTapeteよりリリースした。




2016-09-12 : Tapete Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム