■Future Of The Left | オルタナティヴ/ポストハードコア・バンド『FUTURE OF THE LEFT』が5枚目のアルバム『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』をリリース!









スポンサーサイト
2016-05-02 : Republic Of Music :

■Future Of The Left | 【News】元マクラスキーのメンバーによるフューチャー・オブ・ザ・レフト、約3年ぶりの新作が完成









2016-05-02 : Republic Of Music :

■A. Dyjecinski | カナダ出身で現在はロンドンで活動する謎にみちた孤独なローファイ・フォーク・シンガー、A.ディーヤチンスキー。 ソロとしてはデビュー作となる『ザ・ヴァリー・オブ・イエッサリー』がリリース。



2016.5.18 ON SALE

カナダ出身で現在はロンドンで活動する謎にみちた孤独なローファイ・フォーク・シンガー、A.ディーヤチンスキー。
ソロとしてはデビュー作となる『ザ・ヴァリー・オブ・イエッサリー』がリリース。


A.DYJECINSKI
“THE VALLEY OF YESSIREE”

A.ディーヤチンスキー『ザ・ヴァリー・オブ・イエッサリー』
■品番:SS009CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,200+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Goad by a Valley
2. Dead Horses
3. I'm the Woods
4. The Fight
5. Dry Bread
6. Yessiree
7. The Resurrection
8. Grenades
9. Hunger
10. Ivorm

A. Dyjecinski - I'm The Woods


A.Dyjecinskiはカナダのブリティッシュコロンビア州ナナイモの出身だ。その後の数年はオンタリオ州に住み、現在はロンドンで暮らして5年以上が経つ。元々はMagic And Furというバンドでプレイしており、その後はザ・クランプスからも愛されたノイズパンク・バンド、Dracula Legsのフロントマンとして活動した。当『The Valley Of Yessiree』はソロ・アーティストとしては彼のデビュー・アルバムとなる。自らの手でレコーディングしたこの作品は、ミニマルで脆弱なザラッとした生のサウンドを持ち、孤独と寂しさの欠乏をテーマとした自伝的物語となっている。アルバムは2016年の春にSideways Saloon Recording Companyよりリリースされる。
「謎と魅惑に溢れている。髭をはやした孤独なローファイ・フォーク・シンガー、といった決まり文句で片づけるわけにはいかない」(Nothing but Hope and Passion)
「ゆっくりと燃えてミニマル。ジェントルなギターとドラムが彼の優雅に傷ついたテナーを形作る」(The Line of Best Fit)




2016-04-18 : Republic Of Music :

■Future Of The Left | 5月18日発売、フューチャー・オブ・ザ・レフトの5枚目のアルバム『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』、各誌で大絶賛!NME(4/5)、Q(4/5)、DIY(4/5)、Upset (4/5)、The Skinny(4/5)、Irish Times(4/5)、Drowned In Sound(9/10)・・・!



NME
- “The Cardiff band’s fifth is another stonker from a trio who should be bigger than Jesus” / “… every idea [is] delivered like a hard, unpretentious gut-punch” - 4/5
FUTURE OF THE LEFT_NME scan

Q
- “… unusually heavy, even by FOTL standard, rumbling like a cement mixer filled with anvils” - 4/5
FUTURE OF THE LEFT_Q Scan1
FUTURE OF THE LEFT_Q scan2

DIY
- “All the way through it feel exhilarating” 4/5
FUTURE OF THE LEFT_DIY Scan (1)
FUTURE OF THE LEFT_DIY Scan (2)

Upset
- "Bringing forth the idea that music can be terrifying and exciting at the same time, ‘The Peace and Truce of Future of the Left’ stalks you and taunts you until it’s over" - 4/5

The Skinny
- “… ear-bleedingly addictive” - 4/5
FUTURE OF THE LEFT_The Skinny Scan

The 405
- “… a beautifully demanding album"
Guardian Guide - “It makes you feel as if you need a hot shower. But remember, so do a lot of good things”
FUTURE OF THE LEFT_Guardian feature

Irish Times
- “… this is arguably the toughest, most focused any Falkous vehicle has been for nearly a decade.” 4/5

Drowned In Sound
- Album review (9/10)
>>> http://drownedinsound.com/releases/19366/reviews/4149958





続きを読む

2016-04-18 : Republic Of Music :

■Future Of The Left | カーディフのオルタナティヴロック/ポストハードコア・バンド、フューチャー・オブ・ザ・レフト。約3年振りとなる5枚目のアルバム『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』が完成。



2016.5.18 ON SALE

カーディフのオルタナティヴロック/ポストハードコア・バンド、フューチャー・オブ・ザ・レフト。約3年振りとなる5枚目のアルバム『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』が完成。


FUTURE OF THE LEFT
“THE PEACE & TRUCE OF FUTURE OF THE LEFT”

フューチャー・オブ・ザ・レフト『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』
■品番:PRESPTCD3J[国内流通仕様]■価格:¥2,200+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. If AT&T Drank Tea What Would BP Do?
2. In a Former Life
3. Running All Over the Wicket
4. Miner’s Gruel
5. Grass Parade
6. The Limits of Battleships
7. Back When I Was Brilliant
8. Eating For None
9. Reference Point Zero
10. White Privilege Blues
11. 50 Days Before the Hun
12. Proper Music
13. No Son Will Ease Their Solitude

Future Of The Left - 50 Days Before The Hun


Future Of The Leftはウェールズのカーディフをベースに活動するオルタナティヴ・ロック/ポスト・ハードコアのバンドだ。バンドは2005年の中頃に結成。解散したMcluskyとJarcrewのメンバーたちによって結成された。現在のメンバーはAndy "Falco" Falkous、Jack Egglestone、Julia Ruziickaの3人で、過去にはKelson Mathias、Jimmy Watkinsが所属していた。バンドは2007年にToo Pureよりアルバム『Curses』でデビュー。2009年には4ADよりセカンド・アルバム『Travels With Myself And Another』をリリース。当作はメディアで大絶賛され、The Fly、NME、Clash、Drowned In Sound他、多くのメディアが同年の年間ベストアルバムの1枚に同作をピック・アップした。2012年にはサード・アルバム『The Plot Against Common Sense』をXtra Mileよりリリース。この作品もNMEで9/10、Drowned In Soundで4.5/5と高い評価を獲得した。2013年にはバンド自身のレーベルPrescriptionsを立ち上げ、4枚目のアルバム『How To Stop Your Brain In An Accident』をリリース。当『The Peace & Truce Of Future Of The Left』は自身5枚目のアルバムで、前作同様、Prescriptionsからのリリース。Monnow ValleyスタジオでAnthony Chapmanによってレコーディングされた。




2016-04-18 : Republic Of Music :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム