■Coco Hames | ココ・ヘイムズ、4月5日発売のデビュー作『ココ・ヘイムズ』より「Tiny Pieces」を公開。



Coco Hames "Tiny Pieces"






続きを読む

スポンサーサイト
2017-03-24 : Merge :

■Ibibio Sound Machine | イビビオ・サウンド・マシーン、Guardian、アルバム・レビュー(4/5)









続きを読む

2017-03-14 : Merge :

■Coco Hames | ココ・ヘイムズのソロ・デビュー作『ココ・ヘイムズ』、 Uncut誌のレビューで8/10点獲得!



ココ・ヘイムズのソロ・デビュー作『ココ・ヘイムズ』、 Uncut誌のレビューで8/10点獲得!

COCO HAMES_Uncut review_01




続きを読む

2017-02-21 : Merge :

■Richard Buckner | ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンが大きな影響を受けたと公言するオルタナティヴ・カントリーを代表するシンガーソングライター、リチャード・バックナー。彼が2002年にリリースした6枚目のアルバム『インパス』がリイシュー。



2017.4.5 ON SALE

ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンが大きな影響を受けたと公言するオルタナティヴ・カントリーを代表するシンガーソングライター、リチャード・バックナー。彼が2002年にリリースした6枚目のアルバム『インパス』がリイシュー。


■アーティスト:RICHARD BUCKNER(リチャード・バックナー)
■タイトル:IMPASSE(インパス)
■品番: MRG357CDJ [国内流通仕様]
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. Grace-I’d-Said-I’d-Known
2. Born Into Giving It Up
3. Hoping Wishers Never Lose
4. Loaded at the Wrong Door
5. (A Year Ahead) …& A Light
6. Put On What You Wanna
7. A Shift
8. …& The Clouds’ve Lied
9. Stumble Down
10. Count Me In On This One
11. Dusty From the Talk
12. Were You Tried and Not as Tough
13. Impasse
14. I Know What I Knew
15. Stutterstep

【Richard Buckner(リチャード・バックナー)】
Richard Buckneはカリフォルニアで生まれ、現在はブルックリンをベースに活動するシンガーソングライターだ。あのBon IverのJustin Vernonが大きな影響を受けたと公言するアーティストで、アメリカのオルタナティヴ・カントリーを代表するアーティストである。1994年にデビュー・アルバム『Bloomed』をリリース。SPIN誌は同年の年間ベスト・アルバムの1枚に同作を選出し、Pitchfork他、各メディアも同作を大絶賛している。その後、『Richard Buckner』(1996年)、『Devotion + Doubt』(1997年)、『Since』(1998年)を経て、2000年には、詩人エドガー・リー・マスターズの「スプーン・リヴァー詩集」にインスピレーションを得たアルバム『The Hill』をリリース。大きな評価を獲得した。2002年の『Impasse』、2004年の『Dents and Shells』、2005年の『Sir Dark Invader vs. The Fanglord』、2006年の『Meadow』の後、2011年には10枚目となるアルバム『Our Blood』をリリース。Pitchforkのレヴューで8.0/10点を獲得。2013年には、11枚目のアルバム『Surrounded』をリリース。今まで使用してこなかった楽器なども取り入れた意欲作となった。




2017-02-14 : Merge :

■Ibibio Sound Machine | Ibibio Sound Machine interviewed: “As an artist you have to capture your moment in time…”









2017-02-03 : Merge :

■Sneaks | ワシントンDCをベースに活動するエヴァ・ムールチャンによるプロジェクト、スニークスのニュー・アルバムが完成。メアリー・ティモニー(ヘリウム、エクス・ヘックス、ワイルド・フラッグ)も参加したセカンド・アルバム『イッツ・ア・ミス』、マージよりリリース。



2017.4.5 ON SALE

ワシントンDCをベースに活動するエヴァ・ムールチャンによるプロジェクト、スニークスのニュー・アルバムが完成。
メアリー・ティモニー(ヘリウム、エクス・ヘックス、ワイルド・フラッグ)も参加したセカンド・アルバム『イッツ・ア・ミス』、マージよりリリース。


■アーティスト:SNEAKS(スニークス)
■タイトル:IT’S A MYTH(イッツ・ア・ミス)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:MRG578CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. Inside Edition
2. Look Like That
3. Not My Combination
4. Hair Slick Back
5. Devo
6. PBNJ
7. Act Out
8. Daffodils
9. With A Cherry On Top
10. Future

Sneaks "Inside Edition"


Sneaksは米ワシントンDCのEva Moolchanによるプロジェクトで、催眠作用のあるポストパンク的なサウンドをベース、ドラム・マシン、ヴォーカルで、ミニマルに作り上げている。2015年、Eva Moolchanはデビュー・アルバム『Gymnastics』をLPのみでリリース。「曲は本当にすぐにできた。私は言葉を使うように音楽をプレイして、世俗的なスローガンや広告、学校に通っていた時に見た反復的な記号にひねりを加えたの」と彼女が語るこのアルバムは、Impose誌が2015年のベストアルバムの1枚に選出するなど、大きな話題を呼んだ。その後、Eva MoolchanはMergeと契約。『Gymnastics』はCDとLPでMergeより再発売されることになった。当セカンド・アルバム『It’s a Myth』は、Sneaksのポストパンクに対するアプローチの上に成り立っている。アルバムは10曲収録で僅か18分の長さだ。また、Jonah TakagiとMary Timony(Helium、Ex Hex、Wild Flag)が参加している。「彼女は脳内に芸術を持っている。そして彼女の脳は美しい物を作っているの」とMary TimonyはEva Moolchanについて語っている。アルバム2017年3月にMergeよりリリースされる。また、Sneaksはライヴ活動も行っている。Sneaksの音楽や歌詞は確かにパンクにルーツを持ってはいるが、そのライヴはしばし享楽的でダンスパーティーのようでもある。





2017-01-31 : Merge :

■Coco Hames | ガレージ・ポップ・コンボ、ジ・エッツのフロントウーマンとして活躍するミュージシャン、ココ・ヘイムズ。彼女のソロ・デビュー作『ココ・ヘイムズ』がマージ・レコードよりリリース。



2017.4.5 ON SALE

ガレージ・ポップ・コンボ、ジ・エッツのフロントウーマンとして活躍するミュージシャン、ココ・ヘイムズ。彼女のソロ・デビュー作『ココ・ヘイムズ』がマージ・レコードよりリリース。


■アーティスト:COCO HAMES(ココ・ヘイムズ)
■タイトル:COCO HAMES(ココ・ヘイムズ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:MRG464CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. When You Said Goodbye
2. I Do Love You
3. I Don’t Wanna Go
4. Long Time Coming
5. Tennessee Hollow
6. If You Ain’t Mine
7. You’re Calling Me
8. Tiny Pieces
9. This House Ain’t a Home
10. Dead River

Coco Hames "I Do Love You"


Coco Hamesは、ガレージ・ポップ・コンボ、The Ettesのフロントウーマンとして活躍するミュージシャンだ。The Ettesは2004年にロサンジェルスで結成。2006年にデビュー・アルバム『Shake the Dust』をSympathy For The Record Industryよりリリース。その後も、『Look At Life Again Soon』(2008年)、『Do You Want Power』(2009年)、『Wicked Will』(2011年)と順調にアルバムのリリースを重ね、The Black Keys、Kings Of Leon、The Dead Weatherといったバンドのサポートとしてツアー。Silversun Pickups、The New York Dolls、The Go-Go's、The Greenhornes、Jay Reatard、Metric、Gossipらとステージを共にしている。一方、2016年の夏、Coco HamesはAndrija Tokic(Alabama Shakes、Hurray for the Riff Raff他)との共同プロデュースの元、ナッシュビルのThe Bomb Shelterでソロ・アルバムの制作を開始。ベースにJack Lawrence(The Raconteurs)、ドラムにJulian Dorio(The Whig)、リード・ギターにAdam Meisterhans(The Weight)を迎え、ギター、ピアノ、ハープシコードは自らプレイしたソロ・デビュー・アルバム『Coco Hames』を完成させた。
「私はDusty Springfieldのような60年代のポップスを聴いて育ったの。一方、Patsy Clineのようなカントリー・ミュージックや、Bobbie Gentryのようなポップスとカントリーを結びつけたような音楽も聴いていたの。このアルバムは、結果、どんなカテゴリーにも属さないものになった。そのことが、私にとって最もエキサイティングなことなの」とCoco Hamesは語る。
アルバムにはDave Amels(Reigning Sound)、Carey Kotsionis(Bobby Bare, Jr.)、Lillie Mae Rische(Jack White)もゲスト参加している。




2017-01-31 : Merge :

■Allison Crutchfield | アリソン・クラッチフィールドのデビュー作、海外で高評価。アルバムは2月2日、日本発売です。



アリソン・クラッチフィールドのデビュー作、海外で高評価。アルバムは2月2日、日本発売です。

- Excellent 8/10 review in the new issue of Uncut
- 4/5 review in the new issue of Dork・・・・・・

Allison Crutchfield_ Uncut 1
Allison Crutchfield_ Uncut 2
Allison Crutchfield_Dork review




続きを読む

2017-01-30 : Merge :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム