FC2ブログ

■HISS GOLDEN MESSENGER | 前作『タームス・オブ・サレンダー』はグラミー賞にノミネート。カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター、M.C.テイラーによるプロジェクト、ヒス・ゴールデン・メッセンジャーのニュー・アルバム『クワイエットリー・ブロウイング・イット』、リリース。



2021.6.30 ON SALE

前作『タームス・オブ・サレンダー』はグラミー賞にノミネート。カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター、M.C.テイラーによるプロジェクト、ヒス・ゴールデン・メッセンジャーのニュー・アルバム『クワイエットリー・ブロウイング・イット』、リリース。


■アーティスト:HISS GOLDEN MESSENGER(ヒス・ゴールデン・メッセンジャー)
■タイトル:QUIETLY BLOWING IT(クワイエットリー・ブロウイング・イット)
■品番:MRG755JCD[CD/国内流通仕様]※帯付きで解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Way Back in the Way Back
2. The Great Mystifier
3. Mighty Dollar
4. Quietly Blowing It
5. It Will If We Let It
6. Hardlytown
7. If It Comes in the Morning
8. Glory Strums (Loneliness of the Long-Distance Runner)
9. Painting Houses
10. Angels in the Headlights
11. Sanctuary

Hiss Golden Messenger - If It Comes in the Morning (Official Video)


Hiss Golden Messenger - Sanctuary (Official Video)


●「僕は平和を探しに行った。これは2020年の世界や自分についてのレコードではない。過去5年間の自身の人生についての回顧録のようなものだ」とHiss Golden MessengerことM.C. Taylorはニュー・アルバム『Quietly Blowing It』について語る。『Quietly Blowing It』は世界がカオティックな状態に陥っている時、Taylorによって、彼のホーム・スタジオで書かれアレンジされた。「曲を書くことがルーティーンとなっていて、それでバランスをとっていたんだ。ここ10年間は、一貫した流れを持って曲を書くのが難しかったツアー中に曲を書いてきたので、良いリフレッシュとなった。家族からも離れスタジオにずっといることは、これらの曲を書く上でとても適切な環境であったと思う」とTaylorは説明する。3月から6月の間、Taylorは20曲以上を書き、レコーディング。その間、曲は選別されることもなく、バンドに聴かされることもなかった。7月、Taylorとバンドはノースカロライナ州ダーラムのスタジオ、Overdub Laneに1週間入り、『Quietly Blowing It』のレコーディングをおこなった。
●Hiss Golden MessengerことM.C. Taylorは 2007年より活動を始め、2008年に自身のレーベル、Heaven & Earth Magic Recording Companyよりデビュー・アルバム『Country Hai East Cotton』をリリース。Paradise of Bachelorsよりリリースされたサード・アルバム『Poor Moon』で注目を集めるようになった。2014年にはMergeと契約し『Lateness of Dancers』をリリース。2016年のアルバム『Heart Like a Levee』はPitchforkで8.2/10のレヴューを獲得する等、大きな評価を博し、2019年のアルバム『Terms of Surrender』はグラミー賞の「Best Americana Album」にノミネートされた。




スポンサーサイト



2021-04-01 : Merge :

■REIGNING SOUND | グレッグ・カートライト率いる米アシュビルのロック・バンド、レイニング・サウンド。生まれ故郷のメンフィスで以前のメンバーと作り上げた7年振りのアルバム『ア・リトル・モア・タイム・ウィズ・レイニング・サウンド』、リリース。



2021.5.26 ON SALE

グレッグ・カートライト率いる米アシュビルのロック・バンド、レイニング・サウンド。生まれ故郷のメンフィスで以前のメンバーと作り上げた7年振りのアルバム『ア・リトル・モア・タイム・ウィズ・レイニング・サウンド』、リリース。


■アーティスト:REIGNING SOUND(レイニング・サウンド)
■タイトル:A LITTLE MORE TIME WITH REIGNING SOUND(ア・リトル・モア・タイム・ウィズ・レイニング・サウンド)
■品番:MRG760JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Do It Again Real Soon
2. A Little More Time
3. I Don’t Need That Kind of Lovin’
4. I’ll Be Your Man
5. Oh Christine
6. Moving & Shaking
7. You Don’t Know What You’re Missing
8. Make It Up
9. A Good Life
10. Just Say When
11. You Ain’t Me
12. On and On

Reigning Sound - A Little More Time (Official Audio)


Greg Cartwrightがアシュビルに移って15年以上が経つが、このメンフィスで作られたレコードは、ソングライターが最高の形で彼の出身地から完全にインスピレーションを得ていることを証明している。また、馴染みがあるのは土地だけではない。この新しい作品でCartwrightは、バンドの初期の作品でもプレイしたJeremy Scott(B)、Greg Roberson(Dr)、Alex Greene(Key)というオリジナルの「メンフィス・ラインナップ」を復活させている。新しい楽曲は歌詞的にも音楽的にも新たな領域を探求している。一方で、2001年の『Break Up, Break Down』や2001年の『Time Bomb High School』といった初期の作品も上手く反映させている。そして、それは偶然ではない。過去に一緒にプレイしたミュージシャン同士が同じスタジオに入ると、まさに起こることなのだ。彼らのケミストリーは全く衰えていない。




2021-03-23 : Merge :

■HISS GOLDEN MESSENGER | ヒス・ゴールデン・メッセンジャー、Merge Recordsより6月にリリースされるニュー・アルバム『Quietly Blowing It』より「If It Comes in the Morning」のビデオを公開。2019年12月にリリースされた前アルバム『TERMS OF SURRENDER (タームス・オブ・サレンダー)』、作第63回グラミー賞「Best Americana Album」にノミネート中。



Hiss Golden Messenger - If It Comes in the Morning (Official Video)



★第63回グラミー賞「Best Americana Album」、ノミネート中。前作『TERMS OF SURRENDER (タームス・オブ・サレンダー)』、発売中。

47. Best Americana Album
For albums containing at least 51% playing time of new vocal or instrumental Americana recordings.

OLD FLOWERS
Courtney Marie Andrews

TERMS OF SURRENDER
Hiss Golden Messenger


WORLD ON THE GROUND
Sarah Jarosz

EL DORADO
Marcus King

GOOD SOULS BETTER ANGELS
Lucinda Williams

>>> https://www.grammy.com/grammys/news/2021-grammys-complete-nominees-list?utm_source=twitter&utm_medium=owned&utm_campaign=nominations




続きを読む

2021-03-10 : Merge :

■FRUIT BATS | フルーツ・バッツことEric D. Johnsonの最新インタビューがMonchicon!に掲載。ニュー・アルバム『THE PET PARADE(ザ・ペット・パレード)』、3/10リリース。





続きを読む

2021-03-05 : Merge :

■DAWN RICHARD | ドーン・リチャード(ダニティ・ケイン、ディディ-ダーティ・マネー)、2年振りとなる6枚目のアルバムが完成。マージからは初のリリースとなる『セカンド・ライン』、リリース。 



2021.5.5 ON SALE

ドーン・リチャード(ダニティ・ケイン、ディディ-ダーティ・マネー)、2年振りとなる6枚目のアルバムが完成。マージからは初のリリースとなる『セカンド・ライン』、リリース。


■アーティスト:DAWN RICHARD(ドーン・リチャード)
■タイトル:SECOND LINE(セカンド・ライン)
■品番:MRG756JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. King Creole (Intro)
2. Nostalgia
3. Boomerang
4. Bussifame
5. Pressure
6. Pilot (a lude)
7. Jacuzzi
8. FiveOhFour (a lude)
9. Voodoo (Intermission)
10. Mornin | Streetlights
11. Le Petit Morte (a lude)
12. Radio Free
13. The Potter
14. Perfect Storm
15. Voodoo (Outermission)*
16. Selfish (Outro)*
*CD/DIGITAL Bonus Tracks

Dawn Richard - Bussifame


Dawn RichardはMerge Recordsからは初となるアルバム『Second Line』を2021年4月30日にリリースする。Richardはアルバムを「エレクトロニック・ミュージックのパイオニア的な黒人女性を最前線に導くムーヴメント」と呼ぶ。ステレオタイプの暗殺者でアーティストとしてのキャリアの岐路に立つ南部出身の黒人女性、King CreoleというRichardのペルソナに従ってアルバムは進んでいく。King CreoleのストーリーがDawn Richardのストーリーと一致するのは当然のことだ。Danity Kaneの創設メンバーであり、Diddy(Puff Daddy)のDirty Moneyとしても活動したDawnはコマーシャルなポップ・ミュークの内も外も知ることができた。そして、ソロ・アーティストとして自分の音楽をセルフリリースする道を選んだ。絶賛された5枚のアルバムをリリースすることにより、Dawnは自らが業界の規範に屈したり曲がったりしないことを明確にしたのだ。




2021-02-25 : Merge :

■THE CLEAN | PavementやYo La Tengoも影響を受けたと公言するニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。彼らが1996年にリリースしたアルバム『Unknown Country』がヴァイナルでリイシュー。



2021.3月下旬 ON SALE

PavementやYo La Tengoも影響を受けたと公言するニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。彼らが1996年にリリースしたアルバム『Unknown Country』がヴァイナルでリイシュー。


■アーティスト:THE CLEAN
■タイトル:UNKNOWN COUNTRY
■品番:MRG739LP[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Wipe Me, I’m Lucky
2. Champagne & Misery
3. Changing Your Head
4. Balkans
5. Clutch
6. Franz Kafka at the Zoo
7. Whisk
8. Indigo Blue
9. Chumpy
(SIDE B)
10. Get the Liquid
11. Happy Lil Fella
12. Tweezer
13. Rope
14. Twist Top
15. Cooking Water
16. Valley Cab
17. Wall Walk
18. Balkans

The Cleanは1978年にニュージーランドで結成された。後世に大きな影響を与えたニュージーランドのレーベル、Flying Nun Recordsのバンドの中でも最も影響力のあったバンドで、PavementやYo La Tengoも彼らからの影響を語っている。『Vehicle』(1990年)、『Modern Rock』(1994年)、『Unknown Country』(1996年)、『Getaway』(2001年)、『Mister Pop』(2009年)とアルバムのリリースを続け、現在も活動している。




2021-02-17 : Merge :

■THE CLEAN | PavementやYo La Tengoも影響を受けたと公言するニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。彼らが2009年にリリースしたアルバム『Mister Pop』がヴァイナルでリイシュー。



2021.3月下旬 ON SALE

PavementやYo La Tengoも影響を受けたと公言するニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。彼らが2009年にリリースしたアルバム『Mister Pop』がヴァイナルでリイシュー。


■アーティスト:THE CLEAN
■タイトル:MISTER POP
■品番:MRG325LP[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Loog
2. Are You Really on Drugs?
3. In the Dream Life U Need a Rubber Soul
4. Asleep in the Tunnel
5. Back in the Day
(SIDE B)
6. Moonjumper
7. Factory Man
8. Simple Fix
9. Tensile
10. All Those Notes

The Cleanは1978年にニュージーランドで結成された。後世に大きな影響を与えたニュージーランドのレーベル、Flying Nun Recordsのバンドの中でも最も影響力のあったバンドで、PavementやYo La Tengoも彼らからの影響を語っている。『Vehicle』(1990年)、『Modern Rock』(1994年)、『Unknown Country』(1996年)、『Getaway』(2001年)、『Mister Pop』(2009年)とアルバムのリリースを続け、現在も活動している。




2021-02-17 : Merge :

■THE MOUNTAIN GOATS | 自らのルール戻りブームボックスでレコーディングされたザ・マウンテン・ゴーツのアルバム『ソングス・フォー・ピエール・チューヴィン』。2020年4月にカセットでサプライズ・リリースされた当作がCD化。



2021.3.31 ON SALE

自らのルール戻りブームボックスでレコーディングされたザ・マウンテン・ゴーツのアルバム『ソングス・フォー・ピエール・チューヴィン』。2020年4月にカセットでサプライズ・リリースされた当作がCD化。


■アーティスト:THE MOUNTAIN GOATS(ザ・マウンテン・ゴーツ)
■タイトル:SONGS FOR PIERRE CHUVIN(ソングス・フォー・ピエール・チューヴィン)
■品番:MRG744JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Aulon Raid
2. Until Olympius Returns
3. Last Gasp at Calama
4. For the Snakes
5. The Wooded Hills Along the Black Sea
6. January 31, 438
7. Hopeful Assassins of Zeno
8. Their Gods Do Not Have Surgeons
9. Going to Lebanon 2
10. Exegetic Chains

2020年4月にサプライズ・リリースされたThe Mountain Goatsの『Songs for Pierre Chuvin』は、2020年の『All Hail West Texas』以来となる全てがブームボックスでレコーディングされた作品だ。僅か数分で4,000本のカセットを売り切った後もファンからの要求は高く、Mergeより他のフォーマットでのリリースが決定した。
「自らキャリアをスタートさせたブームボックスでのレコーディングにより、John Darnielleはローファイのルーツに戻る」(Pitchfork)
「『Songs for Pierre Chuvin』は、私たち一人一人がどれだけ学ぶべきかを思い出させてくる」(NPR)
「『Songs for Pierre Chuvin』の曲は、まさに私たちが期待するものだ。暖かさとスマートさに満ちた心のこもった曲で、快適さと刺激を与えるためにカスタムメイドされている」(Bandcamp)




2021-02-11 : Merge :

■WYE OAK | アンディ・スタックとジェン・ワズナーによるインディ・ロック・デュオ、ワイ・オーク。彼らが2009年にリリースしたセカンド・アルバム。



2021.3.24 ON SALE

アンディ・スタックとジェン・ワズナーによるインディ・ロック・デュオ、ワイ・オーク。彼らが2009年にリリースしたセカンド・アルバム。


■アーティスト:WYE OAK(ワイ・オーク)
■タイトル:THE KNOT(ザ・ノット)
■品番:MRG346JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Milk and Honey
2. For Prayer
3. Take It In
4. Siamese
5. Talking About Money
6. Mary Is Mary
7. Tattoo
8. I Want For Nothing
9. That I Do
10. Sight, Flight

Wye OakのJenn WasnerとAndy Stackは、その人生のほとんどの期間、ボルチモアで一緒に音楽をプレイしてきた。ステージにおいて、彼らは生のエネルギーと洗練さを持ってプレイし、二人とは思えない驚くほどの量のノイズを生み出す。彼らのサウンドは21世紀のフォーク・ミュージックに分類される。そこには緻密なシューゲイズ・ギター、メロディックなリズム、そして電子色の非の打ち所がないスプラッシュが染み込んでいる。

【Wye Oak / ワイ・オーク】
Wye Oakはメリーランド州ボルチモア出身のインディ・ロック・デュオだ。メンバーは Andy StackとJenn Wasnerの二人で、Jenn Wasnerがヴォーカルとギターを担当。 Andy Stackはドラムを脚と右手でプレイし、同時に左手でキーボードもプレイする。2006年の中頃に結成。2007年にデビュー・アルバム『If Children』を自主リリース(2008年にMerge Recordsより再発)。その後、Merge Recordsと契約し、2009年のセカンド・アルバム『The Knot』を経て、2011年にはサード・アルバム『Civilian』をリリース。アルバムはPitchforkといったメディアから好評を博し、The A.V. Clubは同年の年間ベスト・アルバムの1枚にこの作品を選出。またアルバムのタイトル・トラックは、アメリカのTVドラマ『The Walking Dead』や『Being Human 』でも使用され、バンドは大きな人気を獲得するに至った。その後、バンドは、2014年には4枚目のアルバム『Shriek』をリリースし、2016年にはミニ・アルバム『Tween』、2018年には5枚目のアルバム『The Louder I Call, The Faster It Runs』をリリースした。




2021-02-11 : Merge :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム