FC2ブログ

■JADE HAIRPINS | ファックト・アップのドラマー、ジョナ・ファルコとソングライター/ギタリストのマイク・ハリーチャックによるバンド、ジェイド・ヘアピンズが始動。デビュー・アルバム『ハーモニー・アヴェニュー』、マージよりリリース。



2020.6.3 ON SALE

ファックト・アップのドラマー、ジョナ・ファルコとソングライター/ギタリストのマイク・ハリーチャックによるバンド、ジェイド・ヘアピンズが始動。デビュー・アルバム『ハーモニー・アヴェニュー』、マージよりリリース。


■アーティスト:JADE HAIRPINS(ジェイド・ヘアピンズ)
■タイトル:HARMONY AVENUE(ハーモニー・アヴェニュー)
■品番:MRG671JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. J Terrapin
2. (Don’t Break My) Devotion
3. Father Coin
4. Yesterdang
5. Post No Bill
6. Broadstairs Beach
7. Dolly Dream
8. Mary Magazine
9. Truth Like a Mirage
10. Motherman

Jade Hairpinsはミステリアスな12インチを2018年の終わりにMerge Recordsよりリリースした。Merge Recordsは同日にリリースされたFucked Upのアルバム『Dose Your Dreams』のツアーが行われている間、Jade Hairpinsに関して一切、言及しなかった。そして、2020年、Fucked Upのドラマー、Jonah Falcoとソングライター/ギタリストのMike HaliechukはJade Hairpinsのアルバム『Harmony Avenue』をリリースする。これはアナログ・アコースティックとエレクトロニック・ランドスケーピングを持ったポップ・アルバムだ。プロジェクトが進行するにつれて、Falcoはフロントマンとリリシストの役割を初めて担うようになり、彼のホームタウンであるロンドンでバンドを作り始めた。Falcoは同作を「Ian Dury and the Blockheads、Television Personalities、The Monksといったバンドと同じようなユーモアと不条理の原始的な感覚を持って、New Order、Scritti Politti、Orange Juiceといった初期のポストパンク・バンドに跨ったアルバム」と表現している。




スポンサーサイト



2020-03-26 : Merge :

■ARCHERS OF LOAF | Archers of Loafの20年以上ぶりとなる新曲「Raleigh Days」の限定盤7インチ。BサイドはThe Rolling Stonesのカヴァー「Street Fighting Man」。カヴァー・アートのデザインはJay Ryan。



2020.4.18 ON SALE

Archers of Loafの20年以上ぶりとなる新曲「Raleigh Days」の限定盤7インチ。BサイドはThe Rolling Stonesのカヴァー「Street Fighting Man」。カヴァー・アートのデザインはJay Ryan。
※Record Store Day商品


■アーティスト:ARCHERS OF LOAF
■タイトル:RALEIGH DAYS b/w STREET FIGHTING MAN
■品番:MRG724[7"/輸入盤]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Raleigh Days
(SIDE B)
2. Street Fighting Man

Archers of Loaf - Raleigh Days (Official Audio)





2020-03-03 : Merge :

■HISS GOLDEN MESSENGER | Hiss Golden Messenger が2019年冬の東海岸のツアーの後、ヴァージニア州リッチモンドで自身の2曲をSpacebombとレコーディングし再解釈した作品。限定盤7インチ。



2020.4.18 ON SALE

Hiss Golden Messenger が2019年冬の東海岸のツアーの後、ヴァージニア州リッチモンドで自身の2曲をSpacebombとレコーディングし再解釈した作品。限定盤7インチ。
※Record Store Day商品


■アーティスト:HISS GOLDEN MESSENGER
■タイトル:LET THE LIGHT OF THE WORLD OPEN YOUR EYES (ALIVE AT SPACEBOMB STUDIOS)
■品番:MRG681[7"/輸入盤]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Cat’s Eye Blue
(SIDE B)
2. Standing in the Doorway




2020-03-03 : Merge :

■MIKAL CRONIN | ロサンゼルスのガレージロック/インディーポップ・シンガー、Mikal Cronin が2019年10月にリリースした4枚目のアルバム『Seeker』と同時にレコーディングをしていたアルバム『Switched-On Seeker』。



2020.4.18 ON SALE 

ロサンゼルスのガレージロック/インディーポップ・シンガー、Mikal Cronin が2019年10月にリリースした4枚目のアルバム『Seeker』と同時にレコーディングをしていたアルバム『Switched-On Seeker』。
※Record Store Day商品


■アーティスト:MIKAL CRONIN
■タイトル:SWITCHED-ON SEEKER
■品番:MRG711[LP/輸入盤]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Shelter
2. Show Me
3. Feel It All
4. Fire
5. Sold
(SIDE B)
6. I’ve Got Reason
7. Caravan
8. Guardian Well
9. Lost a Year
10. On the Shelf

ロサンゼルスのガレージロック/インディーポップ・シンガー、Mikal Cronin。 Okie Dokie、Epsilons、Party Fowl、Charlie and the Moonheartsなどのバンドで活動し、2009年にTy Segallとの連名アルバム『Reverse Shark Attack』をリリース。 Ty Segallとの関係は深く、Epsilons、Party Fowlで活動を共にしていたのに加え、Ty Segallのライブバンド、 Freedom BandでMikalはベースとバッキング・ヴォーカルを担当している。ソロ名義では2011年にTrouble in Mindよりファースト・アルバム『Mikal Cronin』をリリース。その後Merge Recordsに移籍し『MCⅡ』(2013年)、『MCⅢ』(2015年)、『Seeker』(2019年)と3枚のアルバムをリリースしている。




2020-03-03 : Merge :

■CABLE TIES | オーストラリアのパンク・トリオ、ケーブル・タイズの3 年振りとなる新作が完成。名門、マージからは初となる 自身2枚目のアルバム『ファー・イナフ』、リリース。



2020.4.2 ON SALE

オーストラリアのパンク・トリオ、ケーブル・タイズの3 年振りとなる新作が完成。名門、マージからは初となる 自身2枚目のアルバム『ファー・イナフ』、リリース。


■アーティスト:CABLE TIES(ケーブル・タイズ)
■タイトル:FAR ENOUGH(ファー・イナフ)
■品番:MRG723JCD[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hope
2. Tell Them Where to Go
3. Sandcastles
4. Lani
5. Not My Story
6. Self-Made Man
7. Anger’s Not Enough
8. Pillow

Cable Ties - Self-Made Man (Official Video)


オーストラリアのCable Ties(Jenny McKechnie、Shauna Boyle、Nick Brown)は、3分間のパンク・バーナーを使い、それを限界点まで伸ばしてフェミニスト の賛歌を届けるロックンロール・トリオだ。彼らは2020年3月27日、セカンド・アルバム『Far Enough』をMergeよりリリースする。2017年、Cable Tiesはデ ビュー・アルバム『Cable Ties』をPoison City Recordsよりリリース。アルバムは地元のラジオ局、Triple Jや3RRRでフィーチャーされ、LPは既に3回も再プレ スが行われている。また、同年には、オーストラリアのNational Live Music Awardsでベスト・ハード・ロック・アクトを獲得。同じく、同年のCorner Music Awardも受賞している。彼らはオーストラリアのみならず、Jen Cloher のサポートとしてUKやヨーロッパもツアー。The Great Escape他、数々の海外のフェス ティヴァルでもプレイし、これまでJoan Jett、The Kills、Camp Cope、Cash Savage等をサポートしている。




2020-02-19 : Merge :

■THE MAGNETIC FIELDS | インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズのMERGE RECORDSからリリースのアルバム6タイトルが一挙リイシュー!

2020.1.22 ON SALE

インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズが94年にリリースしたMERGE RECORDSから初、自身3枚目となるアルバム。


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS (ザ・マグネティック・フィールズ)
■タイトル:THE CHARM OF THE HIGHWAY STRIP (ザ・チャーム・オブ・ハイウェイ・ストリップ)
■品番:MRG055JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Lonely Highway
2.Long Vermont Roads
3.Born on a Train
4.I Have the Moon
5.Two Characters in Search of a Country Song
6.Crowd of Drifters
7.Fear of Trains
8.When the Open Road Is Closing In
9.Sunset City
10.Dust Bowl

2020.1.22 ON SALE

インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズが91,92年に自身の運営するPoPuPよりリリースしたファースト、セカンド・アルバムをカップリング。女性ボーカリスト、スーザン・アンウェイ在籍時の作品で、ヤング・マーブル・ジャイアンツにインスパイアされたというシンプルなファースト、フィル・スペクターから影響を受けたセカンド、共に卓越したメロディセンスがスーザンのボーカルで際立つチェンバー・トイ・ポップ。


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS (ザ・マグネティック・フィールズ)
■タイトル:THE WAYWARD BUS / DISTANT PLASTIC TREES (ザ・ウェイワード・バス / ディスタント・プラスティック・トゥリーズ)
■品番:MRG075JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.When You Were My Baby
2.The Saddest Story Ever Told
3.Lovers From the Moon
4.Candy
5.Tokyo Á Go-Go
6.Summer Lies
7.Old Orchard Beach
8.Jeremy
9.Dancing in Your Eyes
10.Suddenly There Is a Tidal Wave
11.Railroad Boy
12.Smoke Signals
13.You Love to Fail
14.Kings
15.Babies Falling
16.Living in an Abandoned Firehouse With You
17.Tar-Heel Boy
18.Falling in Love With the Wolfboy
19.Josephine
20.100,000 Fireflies


2020.1.22 ON SALE

インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズが95年にリリースした5枚目のスタジオ・アルバム。バンド史上、初めて一般的なバンド編成のメンバー構成でレコーディングされ、モノクローム・フォトのジャケットも印象的な現在のミニマル・ウェーヴにも通じるシンセ・ポップ・アルバム。


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS (ザ・マグネティック・フィールズ)
■タイトル:GET LOST (ゲット・ロスト)
■品番:MRG091JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Famous
2.The Desperate Things You Make Me Do
3.Smoke And Mirrors
4.With Whom To Dance?
5.You And Me And The Moon
6.Don't Look Away
7.Save a Secret for the Moon
8.Why I Cry
9.Love Is Lighter Than Air
10.When You're Old And Lonely
11.The Village In The Morning
12.All The Umbrellas In London
13.The Dreaming Moon


2020.1.22 ON SALE

インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズ。本来、サード・アルバムとしてリリース予定されるはずが、レーベル側の作業の遅れで4作目としてFeel Good All Overから94年にリリース、99年にMERGEよりリイシューされた4thアルバム。女性ボーカリスト、スーザン・アンウェイが脱退し本作からステフィンがリード・ボーカルを担当。カシオやヤマハのチープなシンセをフィーチャーしたローファイ・ポップ。


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS (ザ・マグネティック・フィールズ)
■タイトル:HOLIDAY (ホリディ)
■品番:MRG151JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.BBC Radiophonic Workshop
2.Desert Island
3.Deep Sea Diving Suit
4.Strange Powers
5.Torn Green Velvet Eyes
6.The Flowers She Sent And The Flowers She Said She Sent
7.Swinging London
8.In My Secret Place
9.Sad Little Moon
10.The Trouble I've Been Looking For
11.Sugar World
12.All You Ever Do Is Walk Away
13.In My Car
14.Take Ecstasy With Me


2020.1.22 ON SALE

インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズ。”ラブではなくラブ・ソングについて”書かれた全69曲を収録するという前代未聞のコンセプトを持つ1999年リリースの6thアルバム。シンセ・ポップからギター・ポップ、カントリー、オーケストラルサウンドまで、多くのゲストを交え様々な趣向の曲が並び、まさにステフィン・メッリトの集大成とも呼べる内容。多くのアーティストにカバーされている「The Book of Love」を始め珠玉の名曲を多数収録した代表作。


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS (ザ・マグネティック・フィールズ)
■タイトル:69 LOVE SONGS (69 ラブ・ソングス)
■品番:MRG169JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥4,800 +税
■その他:3CDアルバム
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Absolutely Cuckoo
2.I Don't Believe In The Sun
3.All My Little Words
4.A Chicken With Its Head Cut Off
5.Reno Dakota
6.I Don't Want To Get Over You
7.Come Back From San Francisco
8.The Luckiest Guy On The Lower East Side
9.Let's Pretend We're Bunny Rabbits
10.The Cactus Where Your Heart Should Be
11.I Think I Need A New Heart
12.The Book Of Love
13.Fido, Your Leash Is Too Long
14.How Fucking Romantic
15.The One You Really Love
16.Punk Love
17.Parades Go By
18.Boa Constrictor
19.A Pretty Girl Is Like
20.My Sentimental Melody
21.Nothing Matters When We're Dancing
22.Sweet-Lovin' Man
23.The Things We Did And Didn't Do
24.Roses
25.Love is Like Jazz
26.When My Boy Walks Down The Street
27.Time Enough For Rocking When We're Old
28.Very Funny
29.Grand Canyon
30.No One Will Ever Love You
31.If You Don't Cry
32.You're My Only Home
33.(Crazy For You But) Not That Crazy
34.My Only Friend
35.Promises Of Eternity
36.World Love
37.Washington, D.C.
38.Long-Forgotten Fairytale
39.Kiss Me Like You Mean It
40.Papa Was A Rodeo
41.Epitaph For My Heart
42.Asleep And Dreaming
43.The Sun Goes Down And The World Goes Dancing
44.The Way You Say Good-Night
45.Abigail, Belle Of Kilronan
46.I Shatter
47.Underwear
48.It's a Crime
49.Busby Berkeley Dreams
50.I'm Sorry I Love You
51.Acoustic Guitar
52.The Death of Ferdinand de Saussure
53.Love in the Shadows
54.Bitter Tears
55.Wi' Nae Wee Bairn Ye'll Me Beget
56.Yeah! Oh, Yeah!
57.Experimental Music Love
58.Meaningless
59.Love is Like a Bottle of Gin
60.Queen of the Savages
61.Blue You
62.I Can't Touch You Anymore
63.Two Kinds of People
64.How to Say Goodbye
65.The Night You Can't Remember
66.For We Are the King of the Boudoir
67.Strange Eyes
68.Xylophone Track
69.Zebra


2020.1.22 ON SALE

インディ・ロック・シーン稀代の才能、ステフィン・メリット率いるザ・マグネティック・フィールズ。Nonesuchでのシンセサイザーの使用を禁止した3部作を経て、13年ぶりにMERGEからリリースされたドリーミーなエレクトロ・ポップ満載の10thアルバム。


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS (ザ・マグネティック・フィールズ)
■タイトル:LOVE AT THE BOTTOM OF THE SEA (ラブ・アット・ザ・ボトム・オブ・シー)
■品番:MRG439JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.God Wants Us to Wait
2.Andrew in Drag
3.Your Girlfriend's Face
4.Born for Love
5.I'd Go Anywhere with Hugh
6.Infatuation (With Your Gyration)
7.The Only Boy in Town
8.The Machine in Your Head
9.Goin' Back to the Country
10.I've Run Away to Join the Fairies
11.The Horrible Party
12.My Husband's Pied-a-Terre
13.I Don't Like Your Tone
14.Quick!
15.All She Cares About Is Mariachi

THE MAGNETIC FIELDS
The Magnetic Fieldsは米・マサチューセッツ州ボストン出身のインディ・ポップ・バンド。シンガー・ソングライターでマルチ奏者のStephin Merrittを中心に結成された。91年に『Distant Plastic Trees』をリリースしアルバム・デビュー。続くセカンド・アルバム『The Wayward Bus』を92年にリリースした後、MERGE RECORDSと契約。MERGEからの最初のリリースは94年の『The Charm of the Highway Strip』。同年にはもともとサード・アルバムとして『The Charm of the Highway Strip』より先にレコーディングされていたが、発売レーベルの作業の遅れによりリリースが前後した『Holiday』をFeel Good All Overよりリリース。翌95年には初のバンド編成でのフォーメーションによるアルバム『Get Lost』とリリースを重ね、99年に前作から4年を経てアルバム『69 Love Songs』をリリース。本作はラブ・ソングについて書かれた全69曲収録し、CD3枚組、LP6枚組という圧巻のボリュームを持った怪作で彼らの代表作として紹介されることも多い。以降、レーベルをNonesuchに移籍し"no-synth trilogy"というコンセプトでシンセサイザーの使用を禁止した3部作『i』(2004)、『Distortion』(2008)、『Realism』(2010)をリリース。2012年にはMERGEに復帰し(欧州はDomino)、久しぶりにシンセサイザーを多用した『Love at the Bottom of the Sea』を発表している。溢れ出るグッドメロディ、生楽器とチープな電子楽器をとりまぜたアイデア溢れる楽曲、機知に富んだ豊かな言葉と鋭い洞察力を持ったユニークでロマンティックなStephinの描く詞世界は多くの熱狂的なファンを生み、これまでArcade Fire、Peter Gabriel、Tracey Thorn、!!!(chk chk chk)、Lush などなど多くのアーティストが楽曲をカバーするミュージシャンズ・ミュージシャン的存在でもある。現時点での最新アルバムは、Stephin自身が50歳を迎え、その想い出を1966年から2050年まで1年を1曲、計50曲にまとめ2017年にNonesuchよりリリースしたCD5枚組『50 Song Memoir』。
2019-12-28 : Merge :

■TORRES | ブルックリンを拠点に活動するSSW、TORRES(トレス)が4ADよりMERGE RECORDSに移籍し、2017年発表のアルバム『Three Futures』から約2年振りとなるニュー・アルバム『Silver Tongue』をリリース!



2020.1.31 ON SALE

ブルックリンを拠点に活動するSSW、TORRES(トレス)が4ADよりMERGE RECORDSに移籍し、2017年発表のアルバム『Three Futures』から約2年振りとなるニュー・アルバム『Silver Tongue』をリリース!初のセルフ・プロデュースにチャレンジした本作はTORES自身にとっての、またレーベル設立30年周年を終え、新たなディケイドを迎えたMERGE RECORDSが2020年の幕開けにリリースする自信作!


■アーティスト:TORRES(トレス)
■タイトル:SILVER TONGUE (シルヴァー・タン)
■品番:MRG707JCD[国内流通盤]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Good Scare
2.Last Forest
3.Dressing America
4.Records of Your Tenderness
5.Two of Everything
6.Good Grief
7.A Few Blue Flowers
8.Gracious Day
9.Silver Tongue

「TORRES - Good Scare (Official Audio)」


ブルックリンを拠点に活動するSSW、Mackenzie Scottによるアーティスト名義がTorres(トレス)。デビュー作にしてピッチフォークやザ・ガーディアンから高評価を獲得したファースト・アルバム『TORESS』を2013年にリリースし一躍注目を集め、Liza Anneとの企画スプリット盤『Daytrotter Presents No.34』を挟み2015年にセカンド・アルバム『Sprinter』、そして2017年には4ADと契約しサード・アルバム『Three Futures』をリリースとコンスタントに作品を発表してきている。そして前作から約2年振りとなるニュー・アルバム『Silver Tongue』は4ADからMERGE RECORDSに移籍してのリリースとなった。また過去2枚のアルバムではPJ HarveyとのコラボレーターであるRob Ellisと共同で制作を行ってきたが、本作に於いて彼女は初めてセルフ・プロデュースを行っている。本作に関して“私は自分が作りたかったものを確実に作品にできた。とても自分を感じる”とTorres自身が語っているように、セルフ・プロデュースは非常に満足のいく結果をもたらした。レコーディングはブルックリンにあるO’Deerで行われ、幽玄なプロダクションとクラシカルなメロディラインがCocteau Twinsを思わせるオープニングの「Good Scare」やKaren Daltonのような表現豊かな乾いたボーカルとフォーキーなコード進行が見事にマッチしたポップな「Dressing America」、前作のリードトラック「Skin」にも通じるエフェクティヴなギターのフレーズが印象的なオルタナティヴ・ロック「Good Grief」、ドラマティックなスローチューン「A Few Blue Flowers」など、抑揚を抑え控えめに歌う時でさえTorresの声は強烈で、彼女のシンガーとしての表現力の豊かさ、強い個性を見事に活かした多彩なアルバムに仕上げられている。Silver Tongue = 雄弁さ、というアルバム・タイトルが物語る通り、彼女のキャリアにとってターニング・ポイントになるであろう自信作が完成した。




2019-12-04 : Merge :

■HISS GOLDEN MESSENGER | カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター、M.C.テイラーによる南部の文化に深く根ざした音楽プロジェクト、Hiss Golden Messengerの7枚目となるアルバム。



2019.12.11 ON SALE

カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター、M.C.テイラーによる南部の文化に深く根ざした音楽プロジェクト、Hiss Golden Messengerの7枚目となるアルバム。


■アーティスト:HISS GOLDEN MESSENGER(ヒス・ゴールデン・メッセンジャー)
■タイトル:TERMS OF SURRENDER (タームス・オブ・サレンダー)
■品番:MRG675JCD[国内流通盤]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. I Need a Teacher
2. Bright Direction (You’re a Dark Star Now)
3. My Wing
4. Old Enough to Wonder Why (East Side—West Side)
5. Cat’s Eye Blue
6. Happy Birthday, Baby
7. Down at the Uptown
8. Katy (You Don’t Have to Be Good Yet)
9. Whip
10. Terms of Surrender

「Hiss Golden Messenger - Terms of Surrender (Official Audio)」


「Hiss Golden Messenger - I Need a Teacher (Official Music Video)」


●カリフォルニア州アーヴァイン育ちのシンガー・ソングライター、M.C.テイラーことマイケル・テイラーがハードコア・バンド、Ex-Ignotaやインディ・ロック・バンド、The Court & Sparkを経てスタートしたバンドがHiss Golden Messenger。The Court & Spark解散後にM.C.テイラーはノースカロライナ州ダーハムに移り住み、民俗学の研究を始めた。ダーハムで南部の文化に触れたM.C.テイラーはHiss Golden Messengerで土地に深く根ざした音楽を探求している。
●2007年より活動を始め2008年には自身のレーベル、Heaven & Earth Magic Recording Companyよりデビュー・アルバム『Country Hai East Cotton』をリリース。2010年のセカンド・アルバム『Bad Debt』を経て、2011年にはサード・アルバム『Poor Moon』をParadise of Bachelorsよりリリース。本作が好レヴューを獲得し、注目を集めるようになる。2013年には4枚目のアルバム『Haw』をリリースし、翌2014年にはMergeと契約し5枚目のアルバム『Lateness of Dancers』をリリース。2016年にリリースした6枚目のアルバム『Heart Like a Levee』はPitchforkで8.2/10のレヴューを獲得するなど大きな評価を得、2017年には7枚目となる『Hallelujah Anyhow』をリリースと、コンスタントにアルバムを発表している。
●最新アルバムとなる『Terms of Surrender』。意味深いタイトルがつけられた本作は、”収録されている楽曲は自分にとってのセラピー”とM.C.テイラーが語るように、当初、出来上がった曲があまりにも生々しすぎて自分以外の誰も興味を持たないと感じていたという。しかし、その後ニューヨーク州北部にあるThe NationalのAaron Dessnerのスタジオ、LAのSound City、そしてナッシュビルにあるRoger MoutenotのHaptown Studioで制作を進め、Phil CookのスクリーミングするハーモニカやJenny Lewisの歌、バンドメンバーのJosh Kaufmanのギター等の録音を経て、これらの楽曲はきっと他の誰かのためにも有効だと思うようになったと語る。M.C.テイラーにとってパーソナルな面での激動の期間を経て書かれた10曲には複雑な感情、内なる葛藤、そして自問がロック、ゴスペル、オルタナティブ、アメリカーナ、フォークの要素を注ぎ込み描かれている。




2019-12-04 : Merge :

■ JOYERO | Wye Oak(ワイ・オーク)のメンバーとして知られるAndy Stackのソロ・プロジェクト”Joyero(ホジェーロ)”。 Wye Oakとして10年以上活動し、また平行してLambchop、Helado Negro、EL VYなど多くのアーティストのツアーやレコーディングに参加するマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーである彼が自身のボーカルをフィーチャーし、満を持してソロ・デビュー・アルバム『Release the Dog』をリリース。



2019.12.11 ON SALE

Wye Oak(ワイ・オーク)のメンバーとして知られるAndy Stackのソロ・プロジェクトでスペイン語で宝石商の意味を持つ”Joyero(ホジェーロ)”。 Wye Oakとして10年以上活動し、また平行してLambchop、Helado Negro、EL VYなど多くのアーティストのツアーやレコーディングに参加するマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーである彼が自身のボーカルをフィーチャーし、満を持してソロ・デビュー・アルバム『Release the Dog』をリリース。


■アーティスト:JOYERO(ホジェーロ)
■タイトル:RELEASE THE DOG(リリース・ザ・ドッグ)
■品番:MRG677JCD[国内流通盤]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Alight
2.Dogs
3.Starts
4.Steepest Stairs
5.Salt Mine
6.Man
7.Small Town Death
8.After You
9.Time

「Joyero - Steepest Stairs (Official Music Video)」


「Joyero - Dogs (Official Music Video)」


●スペイン語で宝石商の意味を持つ”Joyero(ホジェーロ)”は、メリーランド州ボルチモア出身でWye Oak(ワイ・オーク)のメンバーとして知られる Andy Stackのソロ・プロジェクト。Andy Stackは新たにBon Iverのバンド・メンバーに加入したJenn Wasnerとの男女デュオ、Wye Oakとして10年以上活動し、また平行してLambchop、Helado Negro、EL VYなど多くのアーティストのツアーやレコーディングに参加するマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーであり、寛大なコラボレーター、音楽的な博学者として多くのミュージシャン仲間から愛される存在だ。これまで関わってきた作品でもその正確なサウンドの構築、ユニークな音像、そして説得力のあるボーカルの配置などその手腕は多大な評価を得てきたが、満を持してリリースするJoyero名義のソロ・デビュー・アルバム『Release the Dog』でAndyは自身のボーカルを大々的にフィーチャーしている。楽曲制作とレコーディングのほとんどは彼が現在住んでいるテキサス州マーファで行われた。Wye Oakに於いても近作ではギターを一切排除したアルバム『Shriek』(2014)やギターやキーボードを使って曲を書くというやり方を放棄して制作した最新作『THE LOUDER I CALL, THE FASTER IT RUNS』(2018)など、”インディー・フォーク・デュオ”という形容に収まりきらない活動を行ってきているが、『Release the Dog』もオーガニックな要素とエレクトロニックの要素がシームレスに織り込まれ、親密さと爆発力が一つに纏められている。そのサウンドはArthur Russell、Phil ElverumのThe Microphones、Animal Collective、Caribou、M83等が引き合いに出され評されている。




2019-12-04 : Merge :

■IMPERIAL TEEN | 錚々たるメンバーが顔を揃え、20年以上のキャリアを誇るドリーム・パワー・ポップ・バンド”Imperial Teem (インペリアル・ティーン)”の実に7年ぶりとなるニューアルバム!



2019.8.31 ON SALE

錚々たるメンバーが顔を揃え、20年以上のキャリアを誇るドリーム・パワー・ポップ・バンド”Imperial Teem (インペリアル・ティーン)”の実に7年ぶりとなるニューアルバム!


■アーティスト: IMPERIAL TEEN (インペリアル・ティーン)
■タイトル: NOW WE ARE TIMELESS(ナウ・ウィー・アー・タイムレス)
■品番:MRG693JCD[国内流通盤]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.I Think That’s Everything
2.We Do What We Do Best
3.Don’t Wanna Let You Go
4.Walkaway
5.How We Say Goodbye
6.Parade
7.Somebody Like Me
8.Ha
9.The Girl
10.Timeless

「Imperial Teen - Don’t Wanna Let You Go (Official Music Video)」


「Imperial Teen - Walkaway (Official Audio)」


● Faith No MoreのキーボーディストだったRoddy Bottumを中心にThe Dicks (Lynn Perko Truell)、Hey Willpower (Will Schwartz) 、The Wrecks (Jone Stebbins)という錚々たるメンバーが顔を揃えるドリーム・パワー・ポップ男女混声バンド、Imperial Teen。20年以上のキャリアを誇る彼らの最新アルバム『Now We Are Timeless』が完成。今作はそれぞれのメンバーの現在の生活圏から選択されたニュー・ヨーク、ベイ・エリア、デンヴァー、ロス・アンジェルスの各都市で作曲しレコーディングを行った。彼らの1stアルバム『Seasick』での眩しい太陽が輝くビーチのポップで楽観的な世界と比べると、今作はアルバム・カヴァーに象徴されるような危機に直面している凍りつくような世界を描写している。しかし氷山は常に溶け、完全に巨大な一枚岩ではなく絶え間なく変化し共鳴し続けている。孤独、勝利、自殺、成功、失敗といった深いテーマを持った作品だが、彼らのキャッチーでクリーンなポップ・サウンドは健在であり、自発的にバンドとして共同作業をしながら音楽を制作する揺るぎない楽しみとカタルシスに溢れた、これまでの作品の中で最もドラマティックでエモーショナルなアルバムに仕上がっている。




2019-12-03 : Merge :

■GAUCHE | ワシントンDCの男女混合アート・パンク・バンド”Gauche(ゴウシ)”がMERGEよりデビュー・アルバムをリリース!



2019.8.31 ON SALE

ワシントンDCの男女混合アート・パンク・バンド”Gauche”がMERGEよりデビュー・アルバムをリリース!


■アーティスト:GAUCHE (ゴウシ)
■タイトル:A PEOPLE'S HISTORY OF GAUCHE (ア・ピープルズ・ヒストリー・オブ・ゴウシ)
■品番:MRG683JCD[国内流通盤]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.Flash
2.Cycles
3.Pay Day
4.Surveilled Society
5.Copper Woman
6.Running
7.Boom Hazard
8.Dirty Jacket
9.History
10.Rent (v.)
11.Rectangle

「Gauche - Running (Official Music Video)」


「Gauche - Flash (Official Music Video)」


● Gauche が、デビュー・アルバム『A People’s History Of Gauche』をMerge Records からリリース。GaucheはワシントンDCを拠点とし、Priests や Downtown Boys のメンバーも含む男女混合バンド。2015年にSister Polygon Recordsからカセットでミニアルバム『Get Away With Gauche』をリリース(のちにDanger Recordsから2017年にヴァイナルでリイシュー)。チープなキーボードをフィーチャーした隙間の多いアート・パンク・サウンドを聴かせる。
●MERGEからのデビュー・アルバムとなる本作『A People’s History of Gauche』はNYでAustin Brown (Parquet Courts)とRobert Szmurlo、ワシントンDCでJonah Takagi (Ex Hex)と共にレコーディングが行われた。 Gaucheにとって彼らのようなキャリアを持つミュージシャン/プロデューサーを迎えてスタジオに入るのは初めての体験で、その共同作業は彼らのサウンドをよりパワフルでカラフルなものにした。Essential LogicやLe Tigreを彷彿とさせる怒れるダンス・パンク!




2019-12-03 : Merge :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム