fc2ブログ

■IBIBIO SOUND MACHINE | ロンドン生れのナイジェリア人女性シンガー、イーノ・ウィリアムズ率いるディスコ・バンド、イビビオ・サウンド・マシーン。イギリスのエレクトロ・ポップバンド、ホット・チップのプロデュースによる4枚目のアルバム『エレクトリシティ』をリリース。アルバムより、「All That You Want」を公開。



Ibibio Sound Machine - All That You Want (Official Audio)


●2022年3月25日、ロンドンのIbibio Sound Machineは、グラミー賞/マーキュリー賞にもノミネートされたブリティッシュ・シンセ・グループ、Hot Chipがプロデュースを手掛けた4枚目のアルバム、『Electricity』をリリースする。Ibibio Sound MachineとHot Chipのコラボレーションは、フェスティバルのステージをお互いに見て感心したこと、また、Francis BebeyとGiorgio Moroderへの愛、という共通点から生まれた。2013年にシンガーのEno WilliamsとサックスのMax Grunhardがロンドンでグループを結成して以来、Ibibio Sound Machineが外部プロデューサーとアルバムを制作するのは初めてのこととなる。確かに2017年の『Uyai』では、フューチャー・ジャズのトリオ、The Comet Is ComingのDanalogueことダDan Leaversをミックスダウンのゲストとして迎えたが、今回、Hot ChipとIbibio Sound Machineは、そのプロセスを通じて、より深く協力し合いながら、完全なコラボレーションを行った。こうして完成したのがJonzun Crew、Grace Jones、William Onyeabor、Tom Tom Club、Kae Tempest、Keith LeBlanc、The J.B.'s、Jon Hassellの『Fourth World』、Bootsy Collins等との共鳴を内包した万華鏡のように楽しい作品『Electricity』である。
●ロンドン生れのナイジェリア人女性シンガー、Eno Williams率いるIbibio Sound Machineは、ウェスト・アフリカン・ファンク、ディスコ、モダン・ポスト・パンク、エレクトロに均等にインスパイアされたアフリカン・ミュージックとエレクトロニックが衝突したようなサウンドを鳴らす。グループは2014年、Soundwayからデビュー・アルバム『Ibibio Sound Machine』をリリースし、高い評価を獲得。そのエネルギッシュなライヴも注目を浴び、Later… with Jools Holland、Glastonbury、Roskilde、BBC 6 Music Festival等でのライヴ・パフォーマンスも大きな話題となった。2016年、バンドはMerge Recordsと契約。翌2017年の3月にはセカンド・アルバム『Uyai』(イビビオ語で「美しさ」を意味し、女性の強さと自由な精神を指す)をリリース。アルバムは前作以上の評価を博し、Uncut(9/10)、Q(4/5)、MOJO(4/5)、The Observer(4/5)等、各メディアのレヴューで高得点を獲得した。その後、2019年3月には、サード・アルバム『Doko Mien』をリリースした。




続きを読む

スポンサーサイト



2022-01-19 : Merge :

■CARSON MCHONE | 米テキサスのシンガーソングライター、カーソン・マクホーン。自身3枚目、マージからは初となるアルバム『スティル・ライフ』、リリース。アルバムよりタイトル・トラック「Still Life」のビデオを公開。「知っておくべき10人の新しいカントリー・アーティストの一人」(ローリング・ストーン)



Carson McHone - Still Life (Official Video)


『Still Life』はCarson McHoneの3枚目のアルバムで、Merge Recordsからは初のリリースとなる。このアルバムは、綱渡りのように震える緊張感の中で存在し、限界点を超えて生き残ることを歌ったものだ。McHoneの2018年のアルバム『Carousel』は、Mike McCarthyによりにナッシュビルでプロデュースされ、彼女がテキサスのバーで演奏していた青春時代の曲を再構築したものだった。一方、『Still Life』は、より広い視野を持って取り組まれた作品で、テーマは洗練されたながらも、その内容はより大胆なものとなっている。『Still Life』の曲は、ツアーの合間に書かれ、テキサスから離れたオンタリオで、カナダのミュージシャン兼プロデューサーのDaniel Romanoとレコーディングされた。「Danielは感覚が鋭く、直感的で有機的な反応をした」とMcHoneはセッションについて語っている。彼らは自宅のスタジオでほぼ全曲を自分たちでカットし、友人であるMark Lalama(アコーディオン、ピアノ、オルガン)とDavid Nardi(サックス)を呼び、完成させた。そのフレージングとトーンは、John Cale、The Kinks、Richard and Linda Thompson等、60年代後半から70年代初頭にかけての変遷と革新の時代を象徴するアーティスト達を思い起こさせる。




2022-01-17 : Merge :

■THE MAGNETIC FIELDS | Stephin Merritt率いるボストン出身のインディ・ポップ・バンド、The Magnetic Fields。初期作の一つ『The House of Tomorrow』を30周年を記念してリイシュー。【リマスター盤】



2022.1.28 ON SALE

Stephin Merritt率いるボストン出身のインディ・ポップ・バンド、The Magnetic Fields。初期作の一つ『The House of Tomorrow』を30周年を記念してリイシュー。【リマスター盤】


■アーティスト:THE MAGNETIC FIELDS
■タイトル:THE HOUSE OF TOMORROW
■品番:MRG152LP[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Young and Insane
2. Technical (You’re So)
3. Alien Being
4. Love Goes Home to Paris in the Spring
5. Either You Don’t Love Me or I Don’t Love You
(SIDE B)
[etching]

2022年1月28日、Merge RecordsはThe Magnetic Fieldsの初期のリリースの一つである『The House of Tomorrow』の30周年記念盤をリリースする。これまで12インチとしてリリースされたことのない同作は、リイシューにあたりリマスターが施され、片面エッチング仕様となる。The Magnetic Fieldsは米マサチューセッツ州ボストン出身のインディ・ポップ・バンドで、Stephin Merrittを中心に結成された。1991年、『Distant Plastic Trees』でアルバム・デビュー。99年には代表作『69 Love Songs』をリリースした。

MRG152_cover2560.jpg

MRG152_cover3560.jpg




2021-12-28 : Merge :

■FRUIT BATS | The Shinsでプレイし、映画音楽も制作。ソロとなり、最近ではBonny Light Horsemanのメンバーとしてグラミー賞にもノミネートされたEric D. Johnson。彼が率いるバンド、Fruit Batsが自身のヒストリーを網羅した2枚組のコンピレーション・アルバム『Sometimes a Cloud Is Just a Cloud: Slow Growers, Sleeper Hits and Lost Songs (2001–2021)』をリリース。【2LP】



2022.1.28 ON SALE

The Shinsでプレイし、映画音楽も制作。ソロとなり、最近ではBonny Light Horsemanのメンバーとしてグラミー賞にもノミネートされたEric D. Johnson。彼が率いるバンド、Fruit Batsが自身のヒストリーを網羅した2枚組のコンピレーション・アルバム『Sometimes a Cloud Is Just a Cloud: Slow Growers, Sleeper Hits and Lost Songs (2001–2021)』をリリース。【2LP】


■アーティスト:FRUIT BATS
■タイトル:SOMETIMES A CLOUD IS JUST A CLOUD: SLOW GROWERS, SLEEPER HITS AND LOST SONGS (2001 - 2021)
■品番:MRG773LP-DLX[2LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(LP 1 / SIDE A)
1. Rips Me Up
2. The Bottom of It
3. Cazadera
4. Humbug Mountain Song
5. Absolute Loser
6. The Rock Doc
(LP 1 / SIDE B)
7. You’re Too Weird
8. Flamingo
9. Born in the ‘70s (Live in Portland)
10. When U Love Somebody (Live at Spacebomb)
11. Glass in Your Feet
(LP 2 / SIDE C)
12. Without Any Airs
13. Barely Living Room (Demo)
14. Baby Bluebird (Waltz Demo)
15. Hot Dogs
16. WACS
17. When the Stars Are Out
18. Aces
(LP 2 / SIDE D)
19. The Joker
20. Feather Bed (Demo)
21. Goodnight Sun & Hello Moon
22. Rainbow Sign (4-Track Demo)
23. The Old Black Hole (4-Track Demo)

The Shinsでプレイし、映画音楽も制作。ソロとなり、最近ではBonny Light Horsemanのメンバーとしてグラミー賞にもノミネートされたEric D. Johnson。彼が率いるバンド、Fruit Batsは2021年3月にアルバム『The Pet Parade』を発表。好評を博したが、2022年1月、コンピレーション・アルバム『Sometimes a Cloud Is Just a Cloud: Slow Growers, Sleeper Hits and Lost Songs (2001–2021)』をリリースする。これはファースト・アルバム『Echolocation』のリリースから20周年を記念して発売される作品で、過去から現在まで、自身のヒストリーを網羅した2枚組のLPとなる。




2021-12-03 : Merge :

■THE CLEAN | PavementやYo La Tengoも影響を与えたニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。バンド史上、最初のオフィシャル・レコーディング作となる7"と12"EPが40周年を記念してリイシュー。【リマスター盤】



2021.11.12 ON SALE

PavementやYo La Tengoも影響を与えたニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。バンド史上、最初のオフィシャル・レコーディング作となる7"が40周年を記念してリイシュー。【リマスター盤】


■アーティスト:THE CLEAN
■タイトル:TALLYHO B/W PLATYPUS
■品番:MRG778LP[7"/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Tallyho
(SIDE B)
2. Platypus


2021.11.12 ON SALE

PavementやYo La Tengoも影響を与えたニュージーランドの伝説的ガレージ・ロック・バンド、The Clean。バンド史上、最初のオフィシャル・レコーディング作となる12"EPが40周年を記念してリイシュー。【リマスター盤】


■アーティスト:THE CLEAN
■タイトル:BOODLE BOODLE BOODLE
■品番:MRG779LP[12"/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Billy Two
2. Thumbs Off
3. Anything Could Happen
(SIDE B)
4. Sad Eyed Lady
5. Point That Thing SomewhereElse

●2021年11月12日、MergeはThe Cleanのディスコグラフィーから、7"『Tally Ho! b/w Platypus』と12"EP『Boodle Boodle Boodle』をリイシューする。オリジナルのリリースから40周年を迎えるこれらの作品は、ニュージーランドはダニーデンのトリオによる重要作で、バンド史上、最初のオフィシャル・レコーディング作となる。リリースにあたり、ニュージーランド国立図書館の支援を受け、Tex Houstonがリマスタリング。バンド・メンバーであるDavid KilgourとRobert Scottがパッケージのリクリエーションを注意深く監督した。
●The Cleanは1978年にニュージーランドで結成された。後世に大きな影響を与えたニュージーランドのレーベル、Flying Nun Recordsのバンドの中でも最も重要なバンドで、PavementやYo La Tengoも彼らからの影響を語っている。『Vehicle』(1990年)、『Modern Rock』(1994年)、『Unknown Country』(1996年)、『Getaway』(2001年)、『Mister Pop』(2009年)とアルバムのリリースを続け、現在も活動中である。




2021-10-25 : Merge :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム