FC2ブログ

■Brandi & The Alexanders | ブルックリンのソウル・クイーン、ブランディ・トンプソンとロックンロールのバック・バンド、ジ・アレクサンダーズ。コンテンポラリーなソウルロックを鳴らすブランディ・アンド・ジ・アレクサンダーズのデビュー・アルバム『ハウ・ドゥ・ユー・ライク・イット?』、リリース。



2018.11.14 ON SALE

ブルックリンのソウル・クイーン、ブランディ・トンプソンとロックンロールのバック・バンド、ジ・アレクサンダーズ。コンテンポラリーなソウルロックを鳴らすブランディ・アンド・ジ・アレクサンダーズのデビュー・アルバム『ハウ・ドゥ・ユー・ライク・イット?』、リリース。


■アーティスト:BRANDI & THE ALEXANDERS(ブランディ・アンド・ジ・アレクサンダーズ)
■タイトル:HOW DO YOU LIKE IT?(ハウ・ドゥ・ユー・ライク・イット?)
■品番:RDP1802J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目
1. How Do You Like It?
2. Higher
3. I'm In Love
4. Jealousy
5. Paranoid
6. Running Around
7. Love Songs
8. Drama Queen
9. Pulling Me Down
10. Lucky
11. Shapeshifter
12. Band Love

「Brandy Alexanderはカクテルの名前だが、Brandi & the Alexandersはニューヨークのリズム・アンド・ブルース・バンドで、魂をカクテルのようにかき回さずに揺さぶる。10人編成のバンドはフル・ホーン・セクションを持っており、バンドのリーダー、Brandi Thompsonは強力なヴォーカルだ」-John Schaefer (WNYC Radio)
Brandi Thompsonの深いヴォーカル・レンジとソウルフルなメロディはリスナーの心をとらえる。ファンクとソウルに影響を受けたバンド、The Alexandersをバックに、彼女はクラシック・ロックとリズム・アンド・ブルーズの間の綱渡りをする。Jackie Brownのサウンドトラック、Lauryn Hillの『The Miseducation』、『Music From Big Pink』を混ぜたような滑らかで、大きく、且つ既にクラシカルなサウンドをBrandi & the Alexandersは持っているのだ。オリジナルなソングライティングを通して、Brandi Thompsonは愛、後悔、そして嫉妬のパーソナルな話を伝える。これらの曲は、素朴でパワフル。そして非常にユニークである。Brandi & the Alexandersは使命を持ったコンテンポラリーなソウルロック・バンドなのだ。




スポンサーサイト
2018-10-09 : Proper Music Distribution :

■Maggie Roche | フォーク・グループ、ザ・ローチェズの中心メンバーとして知られるマギー・ローチェ。2017年に逝去した彼女の40年にわたるキャリアを総括したコンピレーション・アルバム。【2CD】



2018.11.14 ON SALE

フォーク・グループ、ザ・ローチェズの中心メンバーとして知られるマギー・ローチェ。2017年に逝去した彼女の40年にわたるキャリアを総括したコンピレーション・アルバム。【2CD】


■アーティスト:MAGGIE ROCHE(マギー・ローチェ)
■タイトル:WHERE DO I COME FROM(ホェア・ドゥ・アイ・カム・フロム)
■品番:OTCD-6577[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥3,200 +税[2CD]
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目
[Disc 1]
1. Malachy's
2. Burden Of Proof
3. Jill Of All Trades
4. Underneath The Moon
5. West Virginia
6. Stayin' Home
7. Down The Dream
8. Hammond Song
9. The Married Men
10. Quitting Time
11. Pretty And High
12. The Female Position
13. Losing True
14. The Scorpion Lament
15. No Trespassing
16. Christmas Love
[Disc 2]
1. Speak
2. Big Nuthin'
3. Cloud Dancing
4. In The World
5. Nocturne
6. Feeling Is Mutual
7. A Dove
8. You're The One
9. Can We Go Home Now
10. You (make My Life Come True)
11. My Winter Coat
12. A Prayer
13. One Season
14. Broken Places
15. Family Of Bones
16. Where Do I Come From

『Where Do I Come From』はMaggie Roche(1951-2017)の楽曲をコンパイルしたアルバムで、一人のアメリカの偉大なソングライターの40年にわたるキャリアを垣間見ることができる作品だ。Maggie Rocheは姉妹であるTerre RocheとSuzzy Rocheと共にヴォーカル・グループ、The Rochesで活動。The Rochesは長く続き、非常に高い評価を受け、彼女は中心メンバーとしてグループを支えた。Maggie RocheはThe Rochesの曲を3種類の声を使い分けて作曲。グループの特徴的なサウンドを作り上げていた。『Where Do I Come From』は全32曲が収録された2枚組のアルバムで、Maggie Rocheのミュージック・キャリアの全てをカバーした作品だ。それは、Terre Roche とデュオで作った1979年のアルバムの楽曲から、2007年のThe Rochesの再結成作の楽曲にまで及ぶ。また、Suzzy Rocheとのコラボレージョン曲や4曲の未発表曲も収録されている。未発表曲のうちの1曲は、昨年亡くなったMaggie Rocheが書いた最後の数曲のデモのうちの1曲となる。




2018-10-01 : Proper Music Distribution :

■Loudon Wainwright III / ルーファス、マーサ、ルーシーの父でもある伝説のシンガーソングライター、ラウドン・ウェインライトIII。様々な音源を通し彼の60年代からのキャリアを総括したバイオグラフィー的な作品『イヤーズ・イン・ザ・メイキング』、リリース。ゲスト:ルーファス・ウェインライト、マーサ・ウェインライト、ルーシー・ウェインライト、ケイト・マクギャリグル、ビル・フリゼール、ヴァン・ダイク・パークス他。



2018.10.31 ON SALE

ルーファス、マーサ、ルーシーの父でもある伝説のシンガーソングライター、ラウドン・ウェインライトIII。様々な音源を通し彼の60年代からのキャリアを総括したバイオグラフィー的な作品『イヤーズ・イン・ザ・メイキング』、リリース。【2CD】
ゲスト:ルーファス・ウェインライト、マーサ・ウェインライト、ルーシー・ウェインライト、ケイト・マクギャリグル、ビル・フリゼール、ヴァン・ダイク・パークス他


■アーティスト:LOUDON WAINWRIGHT III(ラウドン・ウェインライトIII)
■タイトル:YEARS IN THE MAKING(イヤーズ・イン・ザ・メイキング)
■品番:OTCD-6575[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,980 +税[2CD]
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目
[DISC 1]
1. Rosin The Bow
2. You Ain’t Going Nowhere
3. East St. Louis Tweedle-Dee
4. Everybody I Know
5. Philadelphia Lawyer
6. Roll in My Sweet Baby's Arms
7. Love Gifts
8. Stewball
9. Floods of Tears
10. Station Break
11. Have You Ever Been to Pittsburgh?
12. 2 Song Set
13. Cardboard Boxes
14. Smokey Joe's Café
15. You Hurt Me Mantra
16. Rambunctious
17. Wanna Be on MTV
18. Birthday Poem - Happy Birthday -Animal Song
19. Your Mother & I
20. Button Nose
21. The Ballad of Famous & Harper
22. Teenager's Lament
23. Things
[DISC 2]
1. Unrequited to the Nth Degree
2. Ulcer
3. You Can't Fail Me Now
4. No
5. Rowena
6. Cheatin'
7. IDTTYWLM
8. Down Where the Drunkards Roll
9. POW
10. Meet the Wainwrights
11. Liza Minnelli Interview
12. Hollywood Hopeful
13. Valley Morning
14. Trailer
15. God's Got a Shit List
16. Thank You, Mr. Hubble
17. It Ain't Gaza
18. Out of This World
19. Birthday Boy

Rufus Wainwright、Martha Wainwrightの父親としても知られるニューヨーク出身のシンガーソングライター、 Loudon Wainwright IIIは自身のバイオグラフィー的な作品『Years in the Making』をリリースする。この作品にはアルバム・カット、ライヴ・レコーディング、ラジオ出演時の音源、ホーム・デモ等に加え、Loudon Wainwright IIIの45年に渡るキャリアの中から、多くのレア・トラックや未発表曲が2枚のCDに収録されている。また、彼の子供たちであるRufus、Martha、Lucy、Lexieに加え、Kate McGarrigle、Suzzy Roche、Bill Frisell、Van Dyke Parks等もフィーチャーされている。フロント・カヴァーとバック・カヴァーはニューヨークのカートゥーンニスト、Ed Steedが手掛け、60Pのブックレットが付加される。




2018-09-24 : Proper Music Distribution :

■The Nextmen vs Gentleman's Dub Club | ザ・ネクストメンとジェントルマンズ・ダブ・クラブのよるコラボレーション・アルバムが完成。Eva Lazarus、Kiko Bun、Joe Dukie (Fat Freddy’s Drop)、Chali 2na (Jurassic 5)、Hollie Cook, P Diggs (Shapeshifter)、Gardna、J Man、Parly B等をヴォーカリストとしてフィーチャー。



2018.8.8 ON SALE

ザ・ネクストメンとジェントルマンズ・ダブ・クラブのよるコラボレーション・アルバムが完成。Eva Lazarus、Kiko Bun、Joe Dukie (Fat Freddy’s Drop)、Chali 2na (Jurassic 5)、Hollie Cook, P Diggs (Shapeshifter)、Gardna、J Man、Parly B等をヴォーカリストとしてフィーチャー。


■アーテイスト:THE NEXTMEN VS GENTLEMAN’S DUB CLUB(ザ・ネクストメン・ヴァーサス・ジェントルマンズ・ダブ・クラブ)
■タイトル:POUND FOR POUND(パウンド・フォー・パウンド)
■品番:P4P001CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Highs and Lows Ft. Joe Dukie
2. Spooky Ft. Hollie Cook & Kiko Bun
3. Rudeboy Ft. Gardna
4. See You Next Tuesday Ft. Kiko Bun
5. Holla My Name Ft. Chali 2na & P Diggs
6. Misty Eyes Ft. Eva Lazarus
7. One Horse Town Ft. J Man
8. Running Scared Ft. Parly B, Eva Lazarus & Gardna
9. County Line Ft. Kiko Bun
10. Raised On The Amen Ft. Gardna
11. Done It Again Ft. Kiko Bun
12. Pristine Ft. Eva Lazarus & Gardna

『Pound for Pound』はThe NextmenとGentleman’s Dub Clubがコラボレーションした12曲を収録したアルバムだ。The NextmenはDom SearchとBrad Balooによるイギリスのプロダクション/ソングライティング/DJ・デュオだ。20年にわたり活動を続け、自身のアルバムをリリースし、クラブやフェスティヴァルをおこない、ZTrip、Public Enemy、Wilkinson、The Pharcyde、Ms Dynamite、Groove Armad、Plan B、Fat Freddy’s Drop、Tippa Irie、Cutty Ranks他、多くのアーティストと仕事をしてきた。Gentleman’s Dub Clubはリーズのダブ・バンドで、そのライヴには定評があり、Roots Manuva、The Streets、The Wailers、Busy Signal、U-Roy、Finlay Quaye等をサポートしたこともある。当『Pound for Pound』は、こうした彼らのキャリアを上手く融合させた作品で、Eva Lazarus、Kiko Bun、Joe Dukie (Fat Freddy’s Drop)、Chali 2na (Jurassic 5)、Hollie Cook, P Diggs (Shapeshifter)、Gardna、J Man、Parly Bといったゲスト・ヴォ―カルもフィーチャーされている。




2018-07-03 : Proper Music Distribution :

■The Alarm | マイク・ピーターズ率いるウェールズの伝説、ジ・アラームのニュー・アルバムが完成。ザ・カルトのビリー・ダフィーもゲスト参加した8年振りのアルバム『イコールズ』、リリース。



2018.7.11 ON SALE

マイク・ピーターズ率いるウェールズの伝説、ジ・アラームのニュー・アルバムが完成。ザ・カルトのビリー・ダフィーもゲスト参加した8年振りのアルバム『イコールズ』、リリース。


■アーティスト:THE ALARM(ジ・アラーム)
■タイトル:EQUALS(イコールズ)
■品番:21C101CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Two Rivers
2. Beautiful
3. Coming Backwards (w/Billy Duffy)
4. Transatlantic
5. Crowd Trouble
6. Peace Now
7. Thirteen Dead Reindeer
8. Neutral
9. Cenotaph
10. Hell Fire (CD only)
11. Tomorrow

The Alarm - Beautiful (Official Music Video)


The Alarmはフロント・マン、Mike Peters を中心にウェールズのリルで結成されたオルタナティヴ・ロック/ニュー・ウェイヴ・バンドだ。1983年、UKチャートの17位を記録したシングル「68 Guns」をリリースし、翌1984年にはUKチャートの6位を記録したデビュー・アルバム『Declaration』をリリース。現在までイギリスで600万枚のアルバムを売り上げ、トップ50シングルを17曲も生み出している。U2やBob Dylanのオープニング・アクトをつとめ、「ウェールズのU2」としてアイルランド出身のU2とは常に比較されてきた。
当『Equals』は2010年の『Direct Action』以来となるThe Alarmのニュー・アルバムだ。1996年に癌から回復したMike Petersは2005年に白血病と診断された。その後、一旦は回復したが、2015年に再発。しかも、バンドでピアノをプレイしバッキング・ヴォーカルも担当するJules Jones Petersは乳癌と診断され、全てのバンド活動は保留されてしまった。しかし、こうした逆境に直面した時の人生を肯定する楽観主義的なスピリットが『Equals』には流れており、作品に対してエモーショナルな影響を明らかに与えている。アルバムのプロデュースは2005年のアルバム『Under Attack』も手掛けたGeorge Williams。中心メンバーであるMike PetersとJules Jones Petersに加え、活動をともにするドラマー、Steve "Smiley" Barnard(Joe Strummer & The Mescaleros)とギタリスト、James Stevenson(Chelsea、Gen X、The Cult)がレコーディングに参加。ゲストとしてThe CultのBilly Duffyが「Coming Backwards」でギターをプレイしている。




2018-06-06 : Proper Music Distribution :

■Mazzy Star | 2018年5月に5年振りとなるライヴを行う90年代最高のサイケデリア、マジー・スター。2014年以来の新曲3曲に「妖しき夜」のオルタナティヴ・ヴァージョンを収録した4曲入り12インチヴァイナルをリリース。



2018.6月中旬 ON SALE

2018年5月に5年振りとなるライヴを行う90年代最高のサイケデリア、マジー・スター。2014年以来の新曲3曲に「妖しき夜」のオルタナティヴ・ヴァージョンを収録した4曲入り12インチヴァイナルをリリース。


■アーティスト:MAZZY STAR(マジー・スター)
■タイトル:STILL(スティル)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番: RHYMES006
■定価:輸入盤オープン・プライス
■収録曲目:
1. Quiet, The Winter Harbour
2. That Way Again
3. Still
4. So Tonight That I Might See (.acension Version)

Mazzy Starは1988年、カリフォルニア州サンタモニカでヴォーカルのHope SandovalとギターのDavid Robackにより結成された。1990年、デビュー・アルバム『She Hangs Brightly 』をRough Tradeよりリリース。1993年にはメジャーのキャピトルよりセカンド・アルバム『So Tonight That I Might See』をリリース。シングル「Fade into You」もヒットし、アメリカでプラチナディスクとなる。1996年にはサード・アルバム『Among My Swan』をリリースするも、翌年よりバンドは休止。2013年には17年振りとなる4枚目のアルバム『Seasons of Your Day』をリリースするも、翌2014年からバンドは再び活動をおこなっていなかった。当『Still』は4曲入りのEPで、12インチのヴァイナルのフォーマットでリリースされる。EPには2014年以来の新曲3曲に、「So Tonight That I Might See(妖しき夜)」(1993年リリースのバンド最大のヒット作『So Tonight That I Might See(妖しき夜)』に収録)のオルタナティヴ・ヴァージョンを加えた計4曲が収録される。




2018-05-28 : Proper Music Distribution :

■Fenne Lily | 自主リリースした5曲のシングルが計3,000万回以上もストリーミングされ大きな注目を浴びる英ブリストルのシンガーソングライター、フェン・リリー。名曲「トップ・トゥ・トー」他、計11曲を収録した待望のデビュー・アルバム『オン・ホールド』、リリース。



2018.6.6 ON SALE

自主リリースした5曲のシングルが計3,000万回以上もストリーミングされ大きな注目を浴びる英ブリストルのシンガーソングライター、フェン・リリー。名曲「トップ・トゥ・トー」他、計11曲を収録した待望のデビュー・アルバム『オン・ホールド』、リリース。


■アーティスト:FENNE LILY(フェン・リリー)
■タイトル:ON HOLD(オン・ホールド)
■品番:FLR009CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Car Park
2. Three Oh Nine
3. What’s Good
4. The Hand You Deal
5. More Than You Know
6. On Hold
7. Top to Toe
8. Bud
9. Brother
10. For a While
11. Car Park (Overflow)

Fenne Lily - 'Car Park' (Official Audio)


Fenne Lily - On Hold (Official Audio)


Fenne Lily - For A While (Official Audio)


Fenne Lily - Three Oh Nine (Official Audio)


Fenne Lily - Bud (Official Audio)


Fenne Lily - Top to Toe (Official Audio)



Fenne Lilyは英ブリストルをベースに活動するシンガーソングライターだ。子供の頃、TVを見ることを禁止されていた為、音楽に興味を持ち、曲を書くことに時間を使うようになった。Marika Hackman、Marlon Williams、KT Tunstall、C Duncan、Palaceといったアーテイストをサポートしながら、,15歳の時に書いた「Top to Toe」をデビュー・シングルとして自主リリース。その後、都合5曲をリリースし、これらの曲は3,000万回以上もストリーミングされ、彼女の知名度は大きく高まった。当『On Hold』はFenne Lily、待望のデビュー・アルバムとなる。地元から離れた場所でアルバムのレコーディングをおこないたいと考えた彼女は、友達のミュージシャンに会うためにワイト島に行き、そこでバンドを結成。James Thorpeのプロデュースで数曲をレコーディングした。その後、ブリストルへ戻り、長年のコラボレーターであるDave Dixon(Tamu Massif)とAli Chant(Youth Lagoon、Perfume Genius、PJ Harvey)と最終的にアルバムを完成させた。




2018-05-01 : Proper Music Distribution :

■Nellie McKay | ニューヨークをベースに活動するシンガーソングライター&女優のネリー・マッケイ。約3年振り、通算7枚目となるアルバム『シスター・オーキッド』が完成。



2018.5.23 ON SALE

ニューヨークをベースに活動するシンガーソングライター&女優のネリー・マッケイ。約3年振り、通算7枚目となるアルバム『シスター・オーキッド』が完成。


■アーティスト:NELLIE MCKAY(ネリー・マッケイ)
■タイトル:SISTER ORCHID(シスター・オーキッド)
■品番:PM2189CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. My Romance
2. Angel Eyes
3. Small Day Tomorrow
4. Willow Weep for Me
5. The Nearness of You
6. Georgia
7. Lazybones
8. Where or When
9. Everything Happens to Me
10. In a Sentimental Mood
11. My Romance (Reprise)

Nellie McKayはイギリス生まれのシンガーソングライター&女優だ。幼少のころニューヨークへ移住し、大学でジャズを学ぶ。2004年にはデビュー・アルバム『Get Away from Me』をColumbiaよりリリース。ビルボードのチャートにランク・インする等、ヒットを記録。その後、『Pretty Little Head(2006年)』、『Obligatory Villagers(2007年)』、『Normal as Blueberry Pie - A Tribute to Doris Day(2009年)』、『Home Sweet Mobile Home(2010年)』、『My Weekly Reader(2015年)』と現在まで計6枚のアルバムをリリースしている。またシアター・ワールド賞等も受賞し、女優としては2007年の映画『P.S. アイラヴユー』等にも出演している。当『Sister Orchid』は約3年振り、7枚目のアルバムとなる。




2018-04-16 : Proper Music Distribution :

■Thievery Corporation | 米ワシントン出身のエリック・ヒルトンとロブ・ガーザによるトリップポップ・デュオ、シーヴェリー・コーポレーションの約1年振りとなるニュー・アルバムが完成。前作『テンプル・オブ・アイ・アンド・アイ』との継続性を持った9枚目のアルバム『トレジャーズ・フロム・ザ・テンプル』、リリース。



2018.5.2 ON SALE

米ワシントン出身のエリック・ヒルトンとロブ・ガーザによるトリップポップ・デュオ、シーヴェリー・コーポレーションの約1年振りとなるニュー・アルバムが完成。前作『テンプル・オブ・アイ・アンド・アイ』との継続性を持った9枚目のアルバム『トレジャーズ・フロム・ザ・テンプル』、リリース。


■アーティスト:THIEVERY CORPORATION(シーヴェリー・コーポレーション)
■タイトル:TREASURES FROM THE TEMPLE(トレジャーズ・フロム・ザ・テンプル)
■品番:ESL224CDJ [国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. San San Rock
2. History feat. Mr. Lif and Sitali
3. Music to Make You Stagger
4. Letter to the Editor (TC Remix) feat. Racquel Jones
5. Destroy the Wicked feat. Notch
6. Guidance
7. Water Under the Bridge feat. Natalia Clavier
8. Voyage Libre feat. Lou Lou Ghelichkhani
9. Road Block (TC Remix) feat. Racquel Jones
10. Joy Ride feat. Mr. Lif
11. La Force de Melodie feat. Lou Lou Ghelichkhani
12. Waiting Too Long feat. Notch

Thievery Corporation - Voyage Libre [Official Music Video]


Thievery CorporationはEric HiltonとRob Garzaにより1995年、米ワシントンで結成されたトリップホップ・デュオだ。1996年にESL Musicより『Sounds from the Thievery Hi-Fi』でデビュー。その後も、『The Mirror Conspiracy』(2000年)、『The Richest Man in Babylon』(2002年)、『The Cosmic Game』(2004年)、『Radio Retaliation』(2008年)、『Culture of Fear』(2011年)、『Saudade』(2014年)、『The Temple of I & I』(2017年)とコンスタントにリリースを続けている。当『Treasures from the Temple』は自身9枚目のアルバムとなり、Mr. Lif、Sitali、Racquel Jones、Notch、Natalia Clavier、Lou Lou Ghelichkhani等をフィーチャリング。前作『The Temple of I & I』と継続性をもった作品である。




2018-03-19 : Proper Music Distribution :

■Strange Angels: In Flight With Elmore James | 後世のギラリストに多大なる影響を与えた伝説のブルース・ギタリスト、エルモア・ジェイムスのトリビュート・アルバム。ウォーレン・ヘインズ(オールマン・ブラザーズ・バンド)、ビリー・ギボンズ(ZZトップ)、ミッキー・ラファエル、トム・ジョーンズ、ケブ・モ、ベティ・ラヴェット、ロドニー・クローウェル、ジェームイー・ジョンソン他、豪華メンバーが参加。



2018.3.14 ON SALE

後世のギラリストに多大なる影響を与えた伝説のブルース・ギタリスト、エルモア・ジェイムスのトリビュート・アルバム。ウォーレン・ヘインズ(オールマン・ブラザーズ・バンド)、ビリー・ギボンズ(ZZトップ)、ミッキー・ラファエル、トム・ジョーンズ、ケブ・モ、ベティ・ラヴェット、ロドニー・クローウェル、ジェームイー・ジョンソン他、豪華メンバーが参加。


■アーティスト:VARIOUS ARTISTS(ヴァリアス・アーティスツ)
■タイトル:STRANGE ANGELS: IN FLIGHT WITH ELMORE JAMES(ストレンジ・エンジェルズ:イン・フライト・ウィズ・エルモア・ジェイムス)
■品番:SYS002J [国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目/アーティスト:
1. Can't Stop Loving You - Elayna Boynton
2. Person To Person - Bettye LaVette w/ G.E Smith
3. Shake Your Money Maker - Rodney Crowell
4. Done Somebody Wrong - Tom Jones
5. Mean Mistreatin' Mama - Warren Haynes w/Billy Gibbons & Mickey Raphael
6. Dust My Broom - Deborah Bonham
7. It Hurts Me Too - Jamey Johnson w/ Warren Haynes
8. Strange Angels - Shelby Lynne & Allison Moorer
9. Look On Yonder Wall - Keb Mo'
10. My Bleeding Heart - Mollie Marriott
11. Hawaiian Boogie - Chuck E. Weiss
12. Dark And Dreary - Addi McDaniel
13. Bobby's Rock - Elmore's Latest Broomdusters

Shake Your Money Maker


『In Flight with Elmore James』は、クラシックなブルースのスタンダード、13曲が収録された伝説のElmore Jamesへのトリビュート・アルバムだ。Elmore Jamesは米ミシシッピ州リッチランド出身のブルース・ギタリストで、1963年に亡くなった。ボトルネック奏法を得意とし、後のロック・ギタリストに多大な影響を与え、2011年の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」では30位に選ばれている。当トリビュート・アルバムには数々の著名なアーテイストが参加。Warren Haynes、Billy Gibbons、Mickey Raphaelの3人は「Mean Mistreatin' Mama」、Tom Jonesは「Done Somebody Wrong」、Keb Mo'は「Look On Yonder Wall」、Bettye LaVetteは「Person to Person」を披露。その他、Rodney Crowell、Jamey Johnson等も参加している。




2018-02-07 : Proper Music Distribution :

■Ed Romanoff | レイチェル・ヤマガタやラリー・キャンベルの賞賛するシンガーソングライター、エド・ロマノフ。シモン・フェリス(ザ・ルミニアーズ、バット・フォー・ラッシーズ他)のプロデュースによるセカンド・アルバムが遂に完成。



2018.2.28 ON SALE

レイチェル・ヤマガタやラリー・キャンベルの賞賛するシンガーソングライター、エド・ロマノフ。シモン・フェリス(ザ・ルミニアーズ、バット・フォー・ラッシーズ他)のプロデュースによるセカンド・アルバムが遂に完成。


■アーティスト:ED ROMANOFF(エド・ロマノフ)
■タイトル:THE ORPHAN KING(オーファン・キング)
■品番:PR02J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Miss Worby’s Ghost
2. Elephant Man
3. A Golden Crown
4. The Orphan King
5. Without You
6. Leavin’ With Someone Else
7. Less Broken Now
8. The Ballad of Willie Sutton
9. I'll Remember You
10. The Night is a Woman
11. Blue Boulevard (Na Na Na)
12. Lost and Gone
13. Coronation Blues



Ed Romanoffはアメリカのシンガーソングライターで、その声はLeonard CohenやGuy Clarkを思い起こさせる。2012年にリリースされたデビュー・アルバム『Ed Romanoff 』は大きな評価を獲得し、同年の「Roots Radio Top 100 Album」にも選ばれた。また、彼は様々なアーティストと曲を共作していることでも知られ、Rachael Yamagata等とツアーも行っている。当『The Orphan King』は『Ed Romanoff 』に続く自身2枚目のアルバムとなる。プロデュースはSimone Felice(The Lumineers、Bat For Lashes他)で、Rachael Yamagata、Kenneth Pattengale(The Milk Carton Kids)、ギタリストのCindy Cashdollar(Bob Dylan 他)、Cindy Mizelle(The E Street Band)、マルチインストゥルメンタリストのLarry Campbell等がゲスト参加している。
「メロディや歌詞に対しての素晴らしいセンス」(Larry Campbell)
「魂にピアスが入り、そして露呈してしまう」(Rachael Yamagata)




2018-01-08 : Proper Music Distribution :

■Julia Biel | MOBOアワードにもノミネートされ、ベン・ワットとのコラボレーションでも知られるジャズ・シンガー、ジュリア・ビール。コンテンポラリーとクラシックが繊細で深みのある声を通して絶妙に交わったサード・アルバム『ジュリア・ビール』、リリース。



2018.2.14 ON SALE

MOBOアワードにもノミネートされ、ベン・ワットとのコラボレーションでも知られるジャズ・シンガー、ジュリア・ビール。コンテンポラリーとクラシックが繊細で深みのある声を通して絶妙に交わったサード・アルバム『ジュリア・ビール』、リリース。


■アーティスト:JULIA BIEL(ジュリア・ビール)
■タイトル:JULIA BIEL(ジュリア・ビール)
■品番: RKT050J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Always
2. Say it Out Loud
3. Wasting Breath
4. Something Beautiful
5. Critical Condition
6. Diamond Dust
7. The Wilderness
8. Feeling Good
9. Dead Slept Rough
10. Hymn to the Unknown
11. Emily
12. You Could Turn a Rainbow Grey

Julia Bielはイギリスのシンガーソングライターだ。フリー・ジャズ・バンド、Polar Bearの作品へのゲスト参加等を経て、2005年にデビュー・アルバム『Not Alone』をリリース。翌2006年には、BBCのジャズ・アワードの「Rising Star」のカテゴリーにノミネートされている。その後、Ben Watt(Everything but the Girl)とのコラボレーション等を経て、2015年にはセカンド・アルバム『Love Letters and Other Missiles』をリリース。同年のMOBOアワード(イギリスのブラックミュージック・アワード)やアーバン・ミュージック・アワードのベスト・ジャズ・アクトにノミネートされる等、大きな評価を獲得した。3枚目のアルバムとなる当『Julia Biel[』のプロデュースは前作同様、Idris Rahmanが担当。ピアノやギターはJulia Biel、自らがプレイし、ストリングスのアレンジ、バッキング・ヴォーカル、パーカッションにも大きくコントリビュート。クラシックとコンテンポラリーが絶妙に結び付いた作品へと仕上がった。
「最高に繊細で深みのある声」(The Guardian)




2017-12-18 : Proper Music Distribution :

■Hope Sandoval & The Warm Inventions | マジー・スターのホープ・サンドヴァルとマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのコルム・オコーサクによるドリーム・ポップ・バンド、ホープ・サンドヴァル&ザ・ウォーム・インヴェンションズ。マジー・スターが『シーズンズ・オブ・ユア・デイ』、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインが『m b v』をリリース後、初のコラボレート作で、カート・ヴァイルがゲスト参加したサード・アルバム。(2016年作品)



2018.2.28 ON SALE

マジー・スターのホープ・サンドヴァルとマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのコルム・オコーサクによるドリーム・ポップ・バンド、ホープ・サンドヴァル&ザ・ウォーム・インヴェンションズ。マジー・スターが『シーズンズ・オブ・ユア・デイ』、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインが『m b v』をリリース後、初のコラボレート作で、カート・ヴァイルがゲスト参加したサード・アルバム。(2016年作品)


■アーティスト:HOPE SANDOVAL & THE WARM INVENTIONS(ホープ・サンドヴァル&ザ・ウォーム・インヴェンションズ)
■タイトル:UNTIL THE HUNTER(アンティル・ザ・ハンター)
■品番: TT03CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Into The Trees
2. The Peasant
3. A Wonderful Seed
4. Let Me Get There
5. Day Disguise
6. Treasure
7. Salt Of The Sea
8. The Hiking Song
9. Isn't It True
10. I Took A Slip
11. Liquid Lady

Hope Sandoval & The Warm InventionsはMazzy StarのHope SandovaとMy Bloody ValentineのColm Ó Cíosóigによるドリーム・ポップ・バンドだ。2001年にデビュー・アルバム『Bavarian Fruit Bread』をSanctuary Records(米)/Rough Trade(英)よりリリース。2009年にはセカンド・アルバム『Through the Devil Softly』を Nettwerkよりリリースしている。当『Until the Hunter』は自身3枚目のアルバムで、2016年11年にリリースされた。Mazzy Starが『Seasons of Your Day』、My Bloody Valentineが『m b v』をリリース後、初のコラボレート作で、Kurt Vile、Jim Putnam(Radar Bros.)、マルチ・インストゥルメンタリストのMichael Masley等がゲスト参加した。




2017-12-15 : Proper Music Distribution :

■Mazzy Star | 90年代最高のサイケデリアとも評されるマジー・スター。1997年の休止以降、実に17年振りにリリースされた4枚目のアルバム。(2013年作品)



2018.2.28 ON SALE

90年代最高のサイケデリアとも評されるマジー・スター。1997年の休止以降、実に17年振りにリリースされた4枚目のアルバム。(2013年作品)


■アーティスト:MAZZY STAR(マジー・スター)
■タイトル:SEASONS OF YOUR DAY(シーズンズ・オブ・ユア・デイ)
■品番: RHYMES003J [国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. In the Kingdom
2. California
3. I've Gotta Stop
4. Does Someone Have Your Baby Now
5. Common Burn
6. Seasons Of Your Day
7. Lay Myself Down
8. Sparrow
9. Spoon
10. Flying Low

Mazzy Starは1988年、カリフォルニア州サンタモニカでヴォーカルのHope SandovalとギターのDavid Robackにより結成された。1990年、デビュー・アルバム『She Hangs Brightly 』をRough Tradeよりリリース。1993年にはメジャーのキャピトルよりセカンド・アルバム『So Tonight That I Might See』をリリース。シングル「Fade into You」もヒットし、アルバムはアメリカでプラチナディスクとなる。1996年にはサード・アルバム『Among My Swan』をリリースするも、翌年よりバンドは休止する。当『Seasons of Your Day』は2013年に実に17年振りにリリースされた4枚目のアルバムである。




2017-12-15 : Proper Music Distribution :

■Kim Wilson | ファビュラス・サンダーバーズを率いる伝説的なヴォーカリスト/ハーピスト、キム・ウィルソンのソロ・アルバムが完成。14曲のクラシックなブルース・ナンバーと2曲のオリジナル曲が収録されたアルバム『ブルース・アンド・ブギ、Vol. 1』、リリース。



2017.11.22 ON SALE

ファビュラス・サンダーバーズを率いる伝説的なヴォーカリスト/ハーピスト、キム・ウィルソンのソロ・アルバムが完成。14曲のクラシックなブルース・ナンバーと2曲のオリジナル曲が収録されたアルバム『ブルース・アンド・ブギ、Vol. 1』、リリース。


■アーティスト:KIM WILSON(キム・ウィルソン)
■タイトル:BLUES AND BOOGIE, VOL. 1(ブルース・アンド・ブギ、VOL. 1)
■品番:SEVERN0072J [国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Bonus Boogie
2. No Love in My Heart
3. Ninety Nine
4. Worried Life Blues
5. You Upset My Mind
6. Teenage Beat
7. Same Old Blues
8. Searched All Over
9. From the Bottom
10. Look Whatcha Done
11. Blue and Lonesome
12. Sho Nuff I Do
13. Learn to Treat Me Right
14. Edgier
15. Mean Old Frisco
16. You’re the One

Kim WilsonはThe Fabulous Thunderbirdsの伝説的なシンガー/ハーモニカ・プレイヤーだ。The Fabulous ThunderbirdsはハーピストのKim WilsonとJimmie Vaughan(Stephen Ray Vaughanの実兄)が出会い、1974年に結成された。オースティンのブルース・クラブ『アントンズ』のハウスバンドとして活動を開始し、1979年にデビュー・アルバム『Girls Go Wild』をリリース。数枚のアルバムをリリースした後、エピックと契約。1986年にリリースしたアルバム『Tuff Enuff』は世界的な大ヒットを記録した。1990年にはJimmie Vaughanが脱退するも、Kim Wilsonを軸にメンバーチェンジを繰り返しながら、現在も精力的に活動しており、2016年には目下の最新作『Strong Like That』をリリースした。Kim Wilsonのソロとなる当『Blues And Boogie, Vol. 1』には14曲のクラシックなブルース・ナンバーと2曲のオリジナル曲が収録されている。アルバムは2年をかけてカリフォルニアでレコーディングされ、ベースでLarry Taylor(Canned Heat)、ピアノでBarrelhouse Chuck、ギターでBilly Flynn、Big Jon Atkinson、Nathan James、ドラムでMarty DodsonとRichard Innesが参加。アルバムはライヴでモノラル・レコーディングされた。




2017-10-18 : Proper Music Distribution :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム