fc2ブログ

■JOAN OSBORNE | 米ケンタッキー州出身のシンガーソングライター、ジョーン・オズボーンの新作が完成。「今まで作った中で最も個人的なレコード」と自らが語る瞑想的な12曲を収録した傑作『ノーバディ・オウンズ・ユー』、リリース。



2024.6.26 ON SALE

米ケンタッキー州出身のシンガーソングライター、ジョーン・オズボーンの新作が完成。「今まで作った中で最も個人的なレコード」と自らが語る瞑想的な12曲を収録した傑作『ノーバディ・オウンズ・ユー』、リリース。


■アーティスト:JOAN OSBORNE(ジョーン・オズボーン)
■タイトル:NOBODY OWNS YOU(ノーバディ・オウンズ・ユー)
■品番:JO02CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. I Should've Danced More
2. Nobody Owns You
3. So Many Airports
4. Woman's Work
5. The Smallest Trees
6. Time of the Gun
7. Dig a Little Ditch
8. Secret Wine
9. Child of God
10. Tower of Joy
11. Lifeline
12. Great American Cities

「これは私が今まで作った中で最も個人的なレコードだ」と幾度もグラミー賞にノミネートされたシンガーソングライター、Joan Osborneは言う。「これらの曲は、家族に対する私の感情、私が大切に思っている人々、そして、私たちがこの世にいるこの時間をどう過ごすべきか、ということから生まれた。更に、『私は何のためにここにいるのか?』という疑問に対して、自分自身に問いかけている」と続ける。こうして、「ケンタッキー州の小さな町から世界へ」というOsborne独自のユニークな旅を探求しながら、希望と慰めを与える瞑想的な12曲からなる傑作が誕生した、




スポンサーサイト



2024-05-02 : Proper Music Distribution :

■ALIEN ANT FARM | 米カリフォルニア州リヴァーサイド出身のロック・バンド、エイリアン・アント・ファーム。自分たちらしさとは何か、ということに真摯に向き合った9年ぶり6枚目のアルバム『マントラズ』、リリース。



2024.6.19 ON SALE

リトル・フィート、12年ぶりとなるスタジオ・アルバムが完成。サム・クレイトンがリード・ヴォーカルを担当するブルースへのトリビュート作『サムズ・プレイス』、リリース。


■アーティスト:ALIEN ANT FARM(エイリアン・アント・ファーム)
■タイトル:MANTRAS(マントラズ)
■品番:AAF01CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Wrong Things
2. Last dAntz
3. Fade
4. No. 1
5. Storms Over
6. So Cold
7. What Am I Doing
8. Prosperous Futures
9. Glasses
10. Everything She wAnts
11. ~mAntras~

『Mantras』は、Michael Jacksonの「Smooth Criminal」のカヴァーで人気となった米カリフォルニア州リヴァーサイド出身のロック・バンド、Alien Ant Farmの6枚目のスタジオ・アルバムだ。2015年の『Always and Forever』以来9年ぶりの作品で、リード・シングルは「So Cold」となる。新作の制作にあたり、バンドは過去の経験をニュー・アルバムに注ぎ込み、結果、『Mantras』は1996年の結成以来、「最も確信が持てる自信に満ちたアルバム」へと仕上がった。Alien Ant Farmは、新しい音楽を作るという点で、再び事態を好転させることができると感じたとき、正にその通りにした。さらに、彼らは自分たちが徹底的に再活性化され、再び刺激を受けていることに気づいた。年老いて賢くなり、もはや音楽業界を喜ばせようと躍起になることもなくなったバンドは、このアルバムで自分たちらしさとは何か、ということに真摯に向き合ったのだ。




2024-05-01 : Proper Music Distribution :

■SPARKS | Sparksの名盤『No.1 In Heaven』の45周年アニヴァーサリー・エディション。同アルバムにSparksが作曲とプロデュースを手掛けたNoelの『Is There More To Life Than Dancing?'』を追加。【2LP】



2024.6月上旬 ON SALE

Sparksの名盤『No.1 In Heaven』の45周年アニヴァーサリー・エディション。同アルバムにSparksが作曲とプロデュースを手掛けたNoelの『Is There More To Life Than Dancing?'』を追加。【2LP】


■アーティスト:SPARKS
■タイトル:NO. 1 IN HEAVEN (45TH ANNIVERSARY EDITION)
■品番:LBRV120X[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Tryouts For The Human Race
2. Academy Award Performance
3. La Dolce Vita
4. Beat The Clock
5. My Other Voice
6. The Number One Song In Heaven
(Is There More To Life Than Dancing?)
1. Dancing Is Dangerous
2. Is There More To Life Than Dancing?
3. The Night They Invented Love
4. Au Revoir
5. I Want A Man

Paste Magazineが「#1シンセ・ポップ・アルバム・オブ・オール・タイム」にも選んだSparksの名盤『No.1 In Heaven』の45周年アニヴァーサリー・エディション。同アルバムにSparksが作曲とプロデュースを手掛けたNoelの『Is There More To Life Than Dancing?'』を追加したLP2枚組。




2024-04-23 : Proper Music Distribution :

■LITTLE FEAT | リトル・フィート、12年ぶりとなるスタジオ・アルバムが完成。サム・クレイトンがリード・ヴォーカルを担当するブルースへのトリビュート作『サムズ・プレイス』、リリース。



2024.6.19 ON SALE

リトル・フィート、12年ぶりとなるスタジオ・アルバムが完成。サム・クレイトンがリード・ヴォーカルを担当するブルースへのトリビュート作『サムズ・プレイス』、リリース。


■アーテイスト:LITTLE FEAT(リトル・フィート)
■タイトル:SAM'S PLACE(サムズ・プレイス)
■品番:LFR001CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Gentle Rain
2. Nature Boy
3. The Best Things In Life Are Free
4. The Folks Who Live On The Hill
5. Hushabye Mountain
6. Little Jazz Bird
7. Lemon Twist
8. Someone To Watch Over Me
9. I've Got The World On A String
10. Lullaby Of The Leaves
11. A Foggy Day
12. You Brought A New Kind Of Love To Me
13. Lullaby Of Birdland
14. Moon River
1. Milkman
2. You'll Be Mine
3. Long Distance Call ft. Bonnie Raitt
4. Don't Go No Further
5. Can't Be Satisfied
6. Last Night
7. Why People Like That
8. Mellow Down Easy
9. Got My Mojo Working (Live)

『Sam's Place』はLittle Featのブルースへのトリビュートだ。この作品では、パーカッショニストのSam Claytonがリード・ヴォーカルとしてセンターを務める。また、長年のメンバーであるキーボードのBill Payne、ベースのKenny Gradney、ギターのFred Tackettに加えて、ギターにScott Sharrard、ドラムにTony Leoneを迎えた初めてのスタジオ・アルバムでもある。アルバムはテネシー州メンフィスにあるスタジオ、Sam's Phillipsでレコーディングされ、Little FeatとCharles A. Martinezがプロデュースを手掛けた。Muddy Waters、Willie Dixon、Little Walter、Howlin' Wolfといった伝説的なブルース・ミュージシャンのカヴァーを含む全9曲を収録し、Bonnie Raittがゲスト参加。




2024-04-22 : Proper Music Distribution :

■ALISON BURNS & MARTIN TAYLOR | スコットランド系カナダ人のジャズ・シンガー、アリソン・バーンズと、イギリスのフィンガースタイル・ギタリスト、マーティン・テイラーによるアルバム『ソングス フォー ネイチャー』がリリース。、時代を超えたジャズ・スタンダードのコレクションというだけでなく、自然界と、自然界にインスピレーションを与えた作曲家/作詞家/ミュージシャンへの音楽的なラブレター。



2024.6.12 ON SALE

スコットランド系カナダ人のジャズ・シンガー、アリソン・バーンズと、イギリスのフィンガースタイル・ギタリスト、マーティン・テイラーによるアルバム『ソングス フォー ネイチャー』がリリース。、時代を超えたジャズ・スタンダードのコレクションというだけでなく、自然界と、自然界にインスピレーションを与えた作曲家/作詞家/ミュージシャンへの音楽的なラブレター。


■アーテイスト:ALISON BURNS & MARTIN TAYLOR(アリソン・バーンズ&マーティン・テイラー)
■タイトル:SONGS FOR NATURE(ソングス・フォー・ネイチャー)
■品番:P3MCD032J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Gentle Rain
2. Nature Boy
3. The Best Things In Life Are Free
4. The Folks Who Live On The Hill
5. Hushabye Mountain
6. Little Jazz Bird
7. Lemon Twist
8. Someone To Watch Over Me
9. I've Got The World On A String
10. Lullaby Of The Leaves
11. A Foggy Day
12. You Brought A New Kind Of Love To Me
13. Lullaby Of Birdland
14. Moon River

スコットランド系カナダ人のジャズ・シンガー、Alison Burnsと、イギリスのフィンガースタイル・ギタリスト、Martin Taylorによる『Songs for Nature』は、時代を超えたジャズ・スタンダードのコレクションというだけでなく、自然界と、自然界にインスピレーションを与えた作曲家、作詞家、ミュージシャンへの音楽的なラブレターでもある。絶賛されたアルバム『Kissing Bug』や『1:AM』を通し、その現代的な感性が世界的な反響を呼ぶAlison Burnsと、この楽器の歴史上最も華麗なソロ・ギタリストの一人とPat Methenyに評されるMartin Taylorによるこの作品は、John Valesio(Norah Jones)、グラミー賞受賞者のDave O'Donnell(Jason Mraz、Kurt Elling、Sheryl Crow)、Cicely Balston(David Bowie、Nick Cave)がエンジニアを務め、James Taylorがプロデュースを担当。生態系に敬意を払おうとするのと同様に、豊かで重層的な聴覚体験を約束するアルバムへと仕上がった。




2024-04-22 : Proper Music Distribution :

■DAVID J | バウハウスとラヴ・アンド・ロケッツの共同設立者、デヴィッドJ。彼が、1983年から2004年にかけて、スタジオや自宅でレコーディングした未発表曲をコンパイルしたアルバム。【3CD】



2024.5.8 ON SALE

バウハウスとラヴ・アンド・ロケッツの共同設立者、デヴィッドJ。彼が、1983年から2004年にかけて、スタジオや自宅でレコーディングした未発表曲をコンパイルしたアルバム。【3CD】


■アーティスト:DAVID J(デヴィッドJ)
■タイトル:TRACKS FROM THE ATTIC(トラックス・フロム・ジ・アティック)
■品番:IP084SECDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Disc 1)
1. Punishment By Roses
2. The Dream Collector
3. Blackmail
4. The Murders in the Rue Morgue
5. My Soul Was Still Shouting, 'MORE!'
6. I Wish Those Spacemen Would Come
7. Badge of Lead (A Western)
8. Small Death of A Broken Doll
9. She Calls The Morning Cruel
10. Lady Bureaux
11. Is There Anybody There?
(Disc 2)
1. The Wolf Knows
2. Castles of Limburg
3. If Muzak Be The Junk Food of Love
4. Homo Sapien Blues
5. This Town
6. Vincent In The Flames
7. They've Murdered Christ Again
8. Lucky Dog
9. Old Man In The Rain
10. Conspiracy Of Shadows
11. The Long Ride Home
(Disc 3)
1. Cruel Brittania
2. All The Pilgrims
3. It's Got To Be The Angels
4. I'll Put Off Thinking About You For Awhile
5. Or Do I Speak Too Soon?
6. Oh No! Not Another Songwriter!
7. Diamonds, Black Eyes and Valentines Blues
8. The Most Beautiful Girls In The World
9. Before The Positive Was Negative
10. At Paradise
11. New Year's Day
12. Leaning Towards The Falls

時間や埃によって失われたように見える光り輝く宝石を解き放つことは可能だ。BauhausとLove and Rocketsの共同設立者であるDavid Jは、『Tracks from the Attic』でリスナー誘い、ハシゴを登らせる。私たちはテープの箱を覗きながら、長い間知っていたアーティストと再会するの。そして、彼が30年以上孤独に録音した親密な曲は、彼の新たな一面を見せてくれる。伝説的な2つのグループの活動で多忙を極める中でも、David Jは沢山の曲を作っていた。本作は、1983年から2004年にかけて、彼がスタジオや自宅でレコーディングした曲のセレクションである。これらの曲は、テープに記録された後、ほとんど忘れられており、「This Town」以外はすべて未発表曲となる。大半がアコースティック・ギターで作曲され、バンドでは表現しきれなかった彼の音楽的な一面を浮き彫りにしているので、長年のファンには思いがけない発見があるだろう。初期の観察的で叙情的なモンタージュから、後に深く個人的なものを自信をもって受け入れるようになるまでの、David Jの歌い方の変遷を数十年にわたって追うのは実に魅力的だ。




2024-03-22 : Proper Music Distribution :

■THE CLARK TRACEY QUINTET | スタン・トレイシーを父に持つブリティッシュ・ジャズのドラマー、クラーク・トレーシー。シンガー、エミリー・マッサーをフィーチャーしたクインテットでのアルバムをリリース。



2024.5.15 ON SALE

スタン・トレイシーを父に持つブリティッシュ・ジャズのドラマー、クラーク・トレーシー。シンガー、エミリー・マッサーをフィーチャーしたクインテットでのアルバムをリリース。


■アーティスト:THE CLARK TRACEY QUINTET(ザ・クラーク・トレーシー・クインテット)
■タイトル:INTRODUCING EMILY MASSER(イントロデューシング・エミリー・マッサー)
■品番:SHR002J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. A Bitta Bittadose
2. A Sleepin' Bee
3. Nothing Like You
4. The Man I Love
5. Passarim
6. So Near, So Far
7. Then I'll Be Tired of You/A Time For Love
8. Suddenly Last Tuesday

ドラマーのClark Traceyは、新進気鋭のサックス奏者、Alex Clarke、ピアニストのGraham Harvey、ベーシストのJames Owstonと共に、彼のクインテットのレコーディングで、優れたヴォーカリスト、Emily Masserを紹介している。17歳の時に父、Stan Traceyのバンドでドラムを叩き始めたClark Traceyは、若いプレイヤーにチャンスを与えるという考え方に長けている。Bobby Watsonの「A Bitta Bittadose」でのJamesの軽快なベースのイントロに続く完璧なスキャットから、Truman Capoteの「A Sleeping Bee」の歌詞の美しい演奏まで、Alexによるサックスの複雑なラインと歩調を合わせるEmilyのヴォーカルは、彼女の才能の幅広さを示す(Emily自身もロンドンのGuildhall School of Musicで歌とともにサックスを学んでいる)。

Clark Tracey: drums, backing vocals
Emily Masser: vocals
Alex Clarke: alto and tenor saxophone, flute
Graham Harvey: piano, Rhodes
James Owston: bass




2024-03-19 : Proper Music Distribution :

■PAUL COLLINS | ザ・ビートやナーヴスでの活動で知られる米パワー・ポップのレジェンド、ポール・コリンズ。数え切れないほどのミュージシャンにインスピレーションを与えた彼が、ニュー・アルバム『スタンド・バック・アンド・テイク・ア・グッド・ルック』をリリース。



2024.3.20 ON SALE

ザ・ビートやナーヴスでの活動で知られる米パワー・ポップのレジェンド、ポール・コリンズ。数え切れないほどのミュージシャンにインスピレーションを与えた彼が、ニュー・アルバム『スタンド・バック・アンド・テイク・ア・グッド・ルック』をリリース。


■アーティスト:PAUL COLLINS(ポール・コリンズ)
■タイトル:STAND BACK AND TAKE A GOOD LOOK(スタンド・バック・アンド・テイク・ア・グッド・ルック)
■品番:PSC1037CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Stand Back and Take a Good Look
2. I'm the Only One for You
3. In Another World
4. Don't Take it So Hard
5. Will You Come Through?
6. Liverpool
7. Under The Spanish Sun
8. You Can't Go Back
9. How Will I Know?
10. That's When I Think of You
11. One Hill and I'm Home
12. Westbound

Paul Collinsは、キング・オブ・パワー・ポップ、ロックンロール・アイコン、カルト的な人気者、マルチインストゥルメンタリスト、最上級のソングライター、作家など、さまざまな肩書きで知られているが、そのどれもが正しい。ポールは10代前半をギリシャ、ベトナム、ヨーロッパで過ごした後、故郷のニューヨークに戻った。名門のジュリアード音楽院で、現代音楽と前衛音楽の作曲を専攻したこともある。彼は、完璧なポップ・ソングを作るためのルールを再発明し、パンク・ロック、ニュー・ウェイヴ、そして、その次に来るものの形成期に、数え切れないほどのミュージシャンにインスピレーションを与えた。だからこそ、今がある。変わらないものがある。すべてが違う。Paulはまだやるべきことをやっているし、彼のライフ・ワークはこれまで以上に良くなっている。あなたは未来の名盤『Stand Back And Take A Good Look』を手に入れた。そして、それは美しく、耳に残る。




2024-01-25 : Proper Music Distribution :

■THE BLACK CROWES | ロビンソン兄弟による孤高のロック・バンド、ザ・ブラック・クロウズの新作が完成。プロデュースにジェイ・ジョイスを迎えた15年ぶりとなるニュー・アルバム『ハピネス・バスターズ』、リリース。



2024.3.15 ON SALE[世界同時発売]

ロビンソン兄弟による孤高のロック・バンド、ザ・ブラック・クロウズの新作が完成。プロデュースにジェイ・ジョイスを迎えた15年ぶりとなるニュー・アルバム『ハピネス・バスターズ』、リリース。


■アーティスト:THE BLACK CROWES(ザ・ブラック・クロウズ)
■タイトル:HAPPINESS BASTARDS(ハピネス・バスターズ)
■品番:SAR66CDJ[CD/国内流通仕様]
■定価:未定
■その他:世界同時発売、付帯物等未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Bedside Manners
2. Rats And Clowns
3. Cross Your Fingers
4. Wanting And Waiting
5. Wilted Rose ft. Lainey Wilson
6. Dirty Cold Sun
7. Bleed It Dry
8. Flesh Wound
9. Follow The Moon
10. Kindred Friend

以前のオリジナル・アルバムから15年、Robinson兄弟は10枚目のスタジオ・アルバム『Happiness Bastards』をリリースする。このプロジェクトは波乱万丈の数年間を送っていたと言う人もいるかもしれないが、私たちはベストなタイミングで帰還したと主張する。この伝説的バンドの再結成を祝福する待望のアルバムは、ロックンロールを救うものになるかもしれない。The Black Crowesは、言い残された言葉の怒りを紙に綴り、ギターのストリングスから電気を放たせ、削ぎ落とされた骨太のロックンロールを聴かせてくれる。それは、艶も煌めきもなく、硬質でラウドなリズム&ブルースそのものだ。2019年にThe Black Crowesが再結成して以来、彼らは世界20カ国にまたがる150以上のライヴを実施。凱旋を果たし、その契機となったアルバム『Shake Your Money Maker』の30周年を祝った。ツアーから戻ると、彼らは失われた時間のために何か新しいものが必要だと考えた。Robinson兄弟と長年のベーシストであるSven Pipienは、2023年初頭にプロデューサーのJay Joyceと共にスタジオに向かい、バンドが自分たちのルーツに戻る道を見つけるにつれ、過去の経験を音楽を通して転写していった。そしてついに完成した『Happiness Bastards』は2024年3月にリリースされる。




2024-01-16 : Proper Music Distribution :

■MIKE ZITO | ブルース・ロック・バンド、ロイヤル・サザン・ブラザーフッドの創設メンバーとしても知られる米ミズーリ州セントルイス出身のギタリスト/ミュージシャン、マイク・ジト。自らが人生最高のアルバムと語る新作、『ライフ・イズ・ハード』をリリース。



2024.3.6 ON SALE

ブルース・ロック・バンド、ロイヤル・サザン・ブラザーフッドの創設メンバーとしても知られる米ミズーリ州セントルイス出身のギタリスト/ミュージシャン、マイク・ジト。自らが人生最高のアルバムと語る新作、『ライフ・イズ・ハード』をリリース。


■アーティスト:MIKE ZITO(マイク・ジト)
■タイトル:LIFE IS HARD(ライフ・イズ・ハード)
■品番:GCRX9051J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Lonely Man
2. Life Is Hard
3. Have a Talk with God
4. Forever My Love
5. No One to Talk to (But the Blues)
6. Dying to Do Wrong
7. These Eyes
8. Darkness
9. Without Loving You
10. Nobody Moves Me Like You Do
11. Death Don't Have No Mercy
12. Forever My Love (radio edit)

幾度もBlues Music Awardを受賞するMike Zitoのニュー・アルバム『Life Is Hard』は、Joe BonamassaとJosh Smithのプロデュースのもと、カリフォルニア州ハリウッドのスタジオ、Sunset Soundでレコーディングされた。「『Life Is Hard』は僕にとって完全な芸術作品だ。人生で最高のアルバムになったと思う。妻のLauraがガンで亡くなった後、僕の心を音楽に注ぎ込むというアイデアを練っていたんだ。Joe、Josh、そして素晴らしいミュージシャンたちは、目の前の課題を十分に認識していた。彼らは音楽にたくさんの感情をもたらしてくれた。僕はこのアルバムをとても誇りに思うし、Lauraも同じように誇りに思うだろう」とMike Zitoは語る。アルバムに収録されている12曲の中には、Mike Zitoのオリジナル曲だけでなく、Tinsley Ellis、Walter Trout、Tab Benoit、Fred Jamesといった同時代のミュージシャンたちが書いた様々なブルース曲も含まれている。また、Little Milton(「Lonely Man」)、Stevie Wonder(「Have a Talk with God」)、Gary Davis(「Death Don't Have No Mercy」)など、ブルース/ルーツ・ミュージックの様々なアイコンのカヴァーも散りばめられている。




2024-01-09 : Proper Music Distribution :

■KEVIN BURT & BIG MEDICINE | 長年、米中西部で活動してきた「インターナショナル・ブルース・チャレンジ」のウィナー、ケヴィン・バート。自身のバンドと共に、ビル・ウィザースへのトリビュート・アルバムをマイク・ジトのレーベル、ガルフ・コースト・レコードよりリリース。



2024.2.7 ON SALE

長年、米中西部で活動してきた「インターナショナル・ブルース・チャレンジ」のウィナー、ケヴィン・バート。自身のバンドと共に、ビル・ウィザースへのトリビュート・アルバムをマイク・ジトのレーベル、ガルフ・コースト・レコードよりリリース。


■アーティスト:KEVIN BURT & BIG MEDICINE(ケヴィン・バート&ビッグ・メディスン)
■タイトル:THANK YOU BROTHER BILL: A TRIBUTE TO BILL WITHERS(サンキュー・ブラザー・ビル:ア・トリビュート・トゥ・ビル・ウィザース)
■品番:GCRX9047J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Who is He (and What Is He To You)?
2. Kissing My Love
3. World Keeps Going Round and Round
4. Just the Two of Us
5. I'm Her Daddy
6. Ain't No Sunshine
7. Lean On Me
8. Let Us Love
9. Another Day To Run
10. Grandma's Hands
11. The Same Love That Made Me Laugh
12. Hope She'll Be Happier
13. Thank You Brother Bill

Gulf Coast Recordsはソウルフルなシンガー/ギタリスト/ソングライター、Kevin Burtと彼のバンド、Big MedicineによるBill Withersへのトリビュート・アルバムをリリースする。アルバムはアイオワ州シーダーラピッズのThe Sound Box Recording Studioで、エンジニアのRichard ShultzとJon Limmer、アシスタント・エンジニアのDaren Barker、Antonio Chalmers、Isaiah Holtz.によってレコーディングされた。ミキシングとマスタリングはニューオーリンズのDockside Studiosでデヴィッド・フェレルが担当した。「Kevin Burtは何年にもわたって力を発揮してきたが、ようやく国際的な評価を得るに至った。彼の声は威厳があり、ソウルフルで、彼の歌は正直で、心からのものだ。新しいアルバムで、KevinはBill Withersの音楽と魂を共鳴させている。彼らは声よりも深いつながりがある。このアルバムは、全てのBill Withersのファンにとってマストであり、Kevin Burtを大衆に知らしめることになるだろう」と、Gulf Coast Recordsの創設者、Mike Zitoは語る。




2023-12-22 : Proper Music Distribution :

■JIM KWESKIN | ファースト・アルバムをリリースしてから約60年経った今も、生命力溢れるハートフルな音楽を創り続けているジム・クウェスキン。その輝かしいキャリアの中でコラボレートしてきた女性シンガーたちとデュエットしたアルバム、『ネヴァー・トゥー・レイト』がリリース。



2024.2.7 ON SALE

ファースト・アルバムをリリースしてから約60年経った今も、生命力溢れるハートフルな音楽を創り続けているジム・クウェスキン。その輝かしいキャリアの中でコラボレートしてきた女性シンガーたちとデュエットしたアルバム、『ネヴァー・トゥー・レイト』がリリース。


■アーティスト:JIM KWESKIN(ジム・クウェスキン)
■タイトル:NEVER TOO LATE(ネヴァー・トゥー・レイト)
■品番:161057J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Let's Get Happy Together ft. Maria Muldaur
2. You're Just In Love ft Fiona Kweskin
3. Honey In The Rock ft Samoa Wilson
4. Mother Earth ft Rose Guerin
5. Leaving Home (Frankie and Johnny) ft Meredith Axelrod
6. Side By Side ft Fiona Kweskin
7. Sally Don't You Grieve ft Meredith Axelrod
8. Never Too Late ft Juli Crockett
9. Engine 143 ft Samoa Wilson
10. The Lone Pilgrim ft Nell Foote
11. Moby Dick ft Juli Crockett
12. Relax Your Mind ft Rose Guerin
13. The Sheik of Araby ft Maria Muldaur
14. Remember Me ft Samoa Wilson
15. What Does the Deep Sea Say ft Fiona Kweskin
16. Live and Let Live ft Juli Crockett
17. I Ain't Never Been Satisfied ft Rose Guerin
18. The Cuckoo ft Jessie Benton

アメリカのミュージック・シーンの伝説的存在であるJim Kweskinは、ファースト・アルバムをリリースしてから約60年経った今も、生命力溢れるハートフルな音楽を創り続けている。最新作『Never Too Late』は、Kweskinがその輝かしいキャリアの中でコラボレートしてきた女性シンガーたちとデュエットする特別なプロジェクトで、これらの才能あるヴォーカリストの中には、Samoa WilsonやMaria Muldaur(ニューポート・フォーク・フェスティヴァルで何度もプレイし、全国ネットのテレビ番組にも出演したKweskinの先駆的なジャグ・バンドのメンバー)も含まれる。また、Kweskinの孫娘、Fiona Kweskinも、歌のパートナーとして、このアルバムでレコーディング・デビューを果たしている。バック・バンドも女性が中心で、フィドルのSuzy Thompson、ドブロ&スティール・ギターのCindy Cashdollar、ハーモニカのAnnie Rainesといった名高いプレイヤーをフィーチャー。18曲のセットには、Woody Guthrie、Memphis Slim、Irving Berlin、Carter Familyらの曲が選ばれている。




2023-12-22 : Proper Music Distribution :

■JOHN ETHERIDGE | ソフト・マシーンのメンバーとして知られているイギリスのミュージシャン/ギタリスト、ジョン・エサリッジ。オルガンを加えた自らのバンド、ブルー・スピリッツ・トリオでのライヴ・アルバムをリリース。



2024.1.31 ON SALE
2024.2.7 ON SALE


ソフト・マシーンのメンバーとして知られているイギリスのミュージシャン/ギタリスト、ジョン・エサリッジ。オルガンを加えた自らのバンド、ブルー・スピリッツ・トリオでのライヴ・アルバムをリリース。


■アーティスト:JOHN ETHERIDGE(ジョン・エサリッジ)
■タイトル:BLUE SPIRITS: LIVE(ブルー・スピリッツ:ライヴ)
■品番:DY033J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,600 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. A Distant Voice
2. First Moves
3. Soul Eyes
4. Wabash III
5. 'Cos We've Ended as Lovers
6. Cold Cold Heart
7. Broken Hill
8. Goodbye Pork Pie Hat

John Etheridgeと彼のバンド、Blue Spirits Trioは、20年の活動期間を経て、「ブルースを取り入れたジャズ」というジャンルで輝きを見せるバンドの姿をとらえたライヴ・アルバムをリリースする。ギタリストのJohn Etheridgeは、ソロ・アーティスト/バンド・リーダー、また、Stephane Grappelli、Soft Machine、John Williams、Nigel Kennedy、Andy Summersといった20世紀のミュージック・シーンの巨匠たちとの長きにわたる交流によって、53年以上にわたる現役のミュージシャンとしての活動歴を誇る。そして、当バンドでは、オルガンを加えたトリオのセッティングで、これらの影響の全てを少しづつ表現している。Etheridgeと共にプレイするのは、リアクティヴでセンシティヴなオルガン・プレイヤーで、優れたグルーヴを持つ強力なソリスト、Pete Whittakerと、バンドのミュージック・スタイルに合致するフィーリングを持ったドラマー、George Doubleだ。彼らは、アグレッシヴでありながら優しく、スウィングでありながらロックでもある、他のオルガン・トリオとは一線を画す特別なサウンドを作り出している。

(パーソネル)
John Etheridge: guitar
Pete Whittaker: organ
George Double: drums




2023-12-19 : Proper Music Distribution :

■MICK MARS | LAのアイコンとして世界を制覇した伝説のギタリスト、ミック・マーズ(モトリー・クルー)。自身初のソロ・アルバム『ジ・アザーサイド・オブ・マーズ』をリリース。



2024.2.28 ON SALE

LAのアイコンとして世界を制覇した伝説のギタリスト、ミック・マーズ(モトリー・クルー)。自身初のソロ・アルバム『ジ・アザーサイド・オブ・マーズ』をリリース。


■アーティスト:MICK MARS(ミック・マーズ)
■タイトル:THE OTHER SIDE OF MARS(ジ・アザーサイド・オブ・マーズ)
■品番:MM1313CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥3,500 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Loyal to the Lie
2. Broken on the Inside
3. Alone
4. Killing Breed
5. Memories
6. Right Side of Wrong
7. Ready to Roll
8. Undone
9. Ain't Going Back
10. LA Noir

Mick Marsが、40年以上前に共同結成したバンド、Motley Crueの2022年夏の大規模なスタジアム・ツアーの後、ツアーから身を引いたとき、それはひとつの時代の終わりのように思われた。しかし、それは新しい時代の始まりだった。そのリフ、ソロ、衝撃的にヘヴィなサウンドで、LAのアイコンとして40年間、世界を制覇し、マルチ・プラチナムのバンドを牽引してきた伝説のギタリストは、このソロ・デビュー作で示したように、今もなお重要な存在である。そして今、リスナーはかつてないほどMarsに注目している。「自分の演奏に関しては、モトリー・サイドとマーズ・サイドがある。いずれにせよ、自分のやりたいことに対しては常に明確なヴィジョンを持っている」とギタリストは語る。『The Other Side Of Mars』というタイトルにふさわしく、ファンはそのヴィジョンを多種多様な栄光とともに手に入れることができる。確かに、このアルバムには、特徴的なリフを持ったタフなハードロック・アンセム(荒れ狂う「Loyal to the Lie」、奥深いグルーヴ・ロック「Ain't Going Back」、フックを持ってメロディアスな「Right Side of Wrong」)も数多く収録されている。しかし、激しいモダン・メタル(「Broken on the Inside」)、ゴシック調のサウンドスケープ(「Undone」)、苦悩に満ちたスローなパワー・バラード(「Killing Breed」)、ブルージーでシネマティックなインストゥルメンタル(アルバムの最後を飾るギターのショーケース「LA Noir」)など、71歳のギタリストが新たな未知の領域へと向かう姿も見せている。また、全10曲からなるこのアルバムには、スライド・ギター、ヴァイオリン、ヴィオラ、キーボードなど、あらゆるサウンドの驚きがちりばめられている。




2023-12-14 : Proper Music Distribution :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム