FC2ブログ

■GRANT HAUA | マイケル・バーカー(ジョン・バトラー・トリオ)とのブルース・ロック・バンド、スワンプシングでの活動で知られるニュージーランドのシンガー/ソングライター/ギタリスト、グラント・ハウア。ニュー・ソロ・アルバム『アワ・ブルース』をリリース。



2021.2.24 ON SALE

マイケル・バーカー(ジョン・バトラー・トリオ)とのブルース・ロック・バンド、スワンプシングでの活動で知られるニュージーランドのシンガー/ソングライター/ギタリスト、グラント・ハウア。ニュー・ソロ・アルバム『アワ・ブルース』をリリース。


■アーティスト:GRANT HAUA(グラント・ハウア)
■タイトル:AWA BLUES(アワ・ブルース)
■品番:DFGCD8815J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Got Something
2. This Is The Place
3. Be Yourself
4. Tough Love Mumma
5. Addiction
6. Devil Is A Woman
7. My Baby
8. Mumma’s Boy
9. Can’t Let It Go
10. Better Day
11. Keep On Smiling
12. Might Have Been

私は13才の時にギターを手にし、それで生計を立てようと決めた。ニュージーランドのような小さな国でギグを続けるのは大変だが、シンガー/ソングライター/ギタリストとしていくつものアルバムでプレイしてきた。2010年、私のファースト・ソロ・アルバム『Knucklehead』はニュージーランドで高い評価を獲得し、それにより窓が開け、ローカルのフェステイヴァル・サーキットに参加。そしてパーカッショニスト、Michael Barker(Neil Finn、John Butler Trio)に出会った。私たちはSwamp Thingを結成。そこから8年間、定期的にアルバムをリリースし、ツアーを行った。オーストラリアとニュージーランドで数えきれないほどのツアーをした後、2019年1月、一旦Swamp Thingを離れ、新たな形で音楽に焦点を合わせ始めた。




スポンサーサイト



2020-12-28 : Proper Music Distribution :

■BRIGITTE DEMEYER | ウィル・キンブローとのコラボレーション・アルバムも話題となったブリジット・デマイヤーの新作が完成。ジャノ・リックス(ウッド・ブラザーズ)のプロデュースによるニュー・アルバム『シーカー』、リリース。 ゲスト:ウッド・ブラザーズ(オリバー・ウッド&クリス・ウッド)他。



2021.3.31 ON SALE

ウィル・キンブローとのコラボレーション・アルバムも話題となったブリジット・デマイヤーの新作が完成。ジャノ・リックス(ウッド・ブラザーズ)のプロデュースによるニュー・アルバム『シーカー』、リリース。
●ゲスト:ウッド・ブラザーズ(オリバー・ウッド&クリス・ウッド)他


■アーティスト:BRIGITTE DEMEYER(ブリジット・デマイヤー)
■タイトル:SEEKER(シーカー)
■品番:BDM8J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. All The Blue
2. Cat Man Do
3. Salt Of The Earth
4. Louisiana
5. Calamity Gone
6. Already In
7. Ain't No Mister
8. Wishbone
9. Seeker
10. Roots And Wings And Bones

当『Seeker』はBrigitte DeMeyerのニュー・アルバムで、大成功を収めたWill Kimbroughとのコラボレーション・アルバム『Mockingbird Soul』に続く作品だ。『Seeker』は詞と魂をミックスした作品だ。これは高い評価を獲得するシンガーソングライターとJano Rix(プロデューサーでThe Wood Brothersのキーボーディスト/ドラマー)の音楽的なコラボレーションの結果として誕生した。Rixと彼の仲間であるThe Wood BrothersのOliverとChris、Viktor Krauss、The McCrary SistersのAlfreda McCraryがゲストとして参加。「Bob DylanミーツSly Stone」とベースのChris Wood(The Wood Brothers、Medeski, Martin & Wood)は語る。Rixが共作しプロデュースしたことにより、グルーヴは時に脂っこく、時に空気のようになる。また、甘味で簡素なアレンジとDeMeyerの感情的なヴォーカルが組み合わさる。そして、スペシャルなゲスト陣がアルバムに最後の輝きを加え、芯から叙情的に深淵な曲のコレクションに命を吹き込む。




2020-12-28 : Proper Music Distribution :

■THE RUMJACKS | 世界中にファンを獲得するオーストラリアのアイリッシュ・パンク・バンド、ザ・ラムジャックス。3年振りとなる自身5枚目のアルバム『ヘスティア』、リリース。



2021.3.17 ON SALE

世界中にファンを獲得するオーストラリアのアイリッシュ・パンク・バンド、ザ・ラムジャックス。3年振りとなる自身5枚目のアルバム『ヘスティア』、リリース。


■アーティスト:THE RUMJACKS(ザ・ラムジャックス)
■タイトル:HESTIA(ヘスティア)
■品番:3541069J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Naysayers
2. Bullhead
3. Through These Iron Sights
4. Sainted Millions
5. Hestia
6. Lizzie Borden
7. Golden Death
8. Tell Me What Happened
9. Rhythm Of Her Name
10. Light In My Shadow
11. Wanderust
12. Athens To The North
13. Lost Along The Way
14. Motion
15. Goodnight & Make Mends

The Rumjacksの5枚目のアルバム『Hestia』はバンドの新しい時代を示している。『Hestia』の曲を書く際、バンドのメンバー、Mike Rivkees(Vo)、Johnny McKelvey(B)、Gabe Whit-bourne(G)、Adam Kenny(bouzouki/mandolin)、Pietro Della Sala (Dr)の5人は、アメリカ、オーストラリア、イタリア、アイルランドの多様な視点を適用。新たにグローバル化されたThe Poguesにまで遡るケルティック・パンクの遺産を、パンク、スカ、ハードロックが脈打つサウンドで表現した。The Rumjacksは12年間、聴いたことがなくても2度目のコーラスからシンガロングせざるをえない曲を書いてきた。その間、高く評価される4枚のアルバムと2枚のライヴ・アルバムをリリース。ヒット・シングル「An Irish Pub Song」はYouTubeで6,500万回以上再生されている。バンドは現在、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、イタリア、ポーランド、オーストラリアで数十万人のファンを抱えている。




2020-12-28 : Proper Music Distribution :

■NEAL CASAL | Ryan Adams & The CardinalsやChris Robinson Brotherhoodのバンド・メンバーとして活動し、多くのソロ作品も残した故Neal Casalの7"。



2021.2.26 ON SALE

Ryan Adams & The CardinalsやChris Robinson Brotherhoodのバンド・メンバーとして活動し、多くのソロ作品も残した故Neal Casalの7"。


■アーティスト:NEAL CASAL
■タイトル:EVERYTHING IS MOVING / GREEN MOON (7")
■品番:RPF2100[7"/輸入盤]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Everything Is Moving
2. Green Moon

Neal Casalは「Everything Is Moving」のレコーディングを2013年2月頃にブルックリンのスタジオでスタートした。当時のセッションのメンバーはCasal(Acoustic Guitar/Vocals)、Jon Graboff(Acoustic Guitar)、Jeff Hill(Bass)、Joe Russo (Drums)であった。2020年7月、追加のパートがレコーディングされた。Graboffがペダル・スティールとエレクトリック・ギター、John GintyがピアノとハモンドB-3、HillとJena Krausがヴォーカルのハーモニーを加えた。また、ソロのアルバムの制作を考えていたCasalは、「Green Moon」のレコーディングを2016年の夏にカリフォルニアの自宅近くのスタジオで開始し、リード/バッキング・ヴォーカル、アコースティック/エレクトリック・ギター、ピアノをプレイ。2020年10月にJeff HillとGeorge Sluppickがオリジナルのレコーディングにベースとドラムを加えた。ソングライター、シンガー、ギタリスト、レコード・プロデューサーのNeal Casalは30年のキャリを通し、Circles Around the Sun、Ryan Adams & The Cardinals、Chris Robinson Brotherhood、Beachwood Sparks、The Skiffle Players、Hard Working Americansのバンド・メンバーとして活動。また、Phil Lesh、Bob Weir、Sheryl Crow、Lucinda Williams、The Jayhawks、James Iha、Vetiverの作品でもプレイ。あわせて、多くのソロ作品も残した。




2020-12-28 : Proper Music Distribution :

■POUNDER | 米カリフォルニア州ロサンジェルスのメタル・バンド、パウンダー。好評を博したデビュー・アルバムから2年、自身2枚目のアルバム『ブレイキング・ザ・ワールド』をシャドウ・キングダムよりリリース。



2021.2.3 ON SALE

米カリフォルニア州ロサンジェルスのメタル・バンド、パウンダー。好評を博したデビュー・アルバムから2年、自身2枚目のアルバム『ブレイキング・ザ・ワールド』をシャドウ・キングダムよりリリース。


■アーティスト:POUNDER(パウンダー)
■タイトル:BREAKING THE WORLD(ブレイキング・ザ・ワールド)
■品番:SKR178CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,900+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Spoils Of War
2. Breaking The World
3. Hard Road To Home
4. Never Forever
5. Hard City
6. Give Me Rock
7. Deadly Eyes

Pounderは米カリフォルニア州ロサンジェルスのメタル・バンドだ。シングルやデモを経て、2019年にデビュー・アルバム『Uncivilized』をShadow Kingdomよりリリースした。当『Breaking the World』は2年ぶり、自身2枚目のアルバムとなる。『Breaking the World』でバンド(ヴォーカル/ギターのMatt Harvey、ベースのAlejandro Corredor、リード・ギターのTom Draper)は、そのメタルという範疇内では、よりヘヴィーでアンセミック、かつアメリカ的になった。しかし、それらを超えてよりワイドになったことは否めない。アルバムは7曲で37分というコンパクトな内容となり、協調的/叙事詩的な曲全体にエネルギーが自由に流れるようになった。そこには、やり過ぎな感じや長さを稼ぐような感覚は全く存在しない。曲は激しくチャージされ、敬虔なソロと凝ったヒネリを持って描き上げられている。




2020-12-08 : Proper Music Distribution :

■MILES HUNT | UKのロック・バンド、ザ・ワンダー・スタッフのマイルス・ハントが2018年にリリースした『ザ・カストディアン』の第二弾、『ザ・カストディアン2』をリリース。ザ・ワンダー・スタッフを含む自らのキャリアの中から選ばれた30曲のアコーステック・ヴァージョンを収録した2枚組アルバム。【2CD】



2021.1.20 ON SALE

UKのロック・バンド、ザ・ワンダー・スタッフのマイルス・ハントが2018年にリリースした『ザ・カストディアン』の第二弾、『ザ・カストディアン2』をリリース。ザ・ワンダー・スタッフを含む自らのキャリアの中から選ばれた30曲のアコーステック・ヴァージョンを収録した2枚組アルバム。【2CD】


■アーティスト:MILES HUNT(マイルス・ハント)
■タイトル:THE CUSTODIAN 2(ザ・カストディアン2)
■品番:GDM042J[2CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥3,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. Down Here
2. Am A Monster
3. Meaner Than Mean
4. A Wish Away
5. Its Yer Money Im After, Baby
6. Who Wants To Be The Disco King?
7. Piece Of Sky
8. Radio Ass Kiss
9. Cartoon Boyfriend
10. Play
11. Welcome To The Cheap Seats
12. Here Comes Everyone
13. Sleep Alone
14. Me, My Mom, My Dad & My Brother
15. Ten Trenches Deep
(DISC 2)
16. A Great Drinker
17. Hush
18. Hot Love Now
19. Life Before You
20. Immortalising Chase
21. A Yes & A No
22. Smoked
23. Better Get Ready For A Fist Fight
24. The Sun Goes Down On Manor Road
25. The Cake
26. Friendly Company
27. The Kids From The Green
28. When The Currency Was Youth
29. Dont Anyone Dare Give A Damn
30. In My Sights

2018年、The Wonder StuffのMiles Huntは30曲入りのアルバム『The Custodian』をリリースした。これは、40年に渡るシンガーソングライターとしてのHuntのキャリアから選ばれた30曲のアコースティック・ヴァージョンを収録した作品であった。2020年のロックダウンの間、Huntは何度かライヴ・ストリーミングのショーをおこなった。これが契機となり、Huntは新たな30曲のアコースティック・ヴァージョンを収録した『The Custodian』の第二弾を制作することを決定した。『The Custodian 2』にはThe Wonder Stuffの楽曲はもちろん、Huntの別のバンド、Vent 414の楽曲も収録される。レコーディングはHuntの他のソロ作品同様、Erica Nockallsと共におこなわれた。




2020-11-27 : Proper Music Distribution :

■TANGERINE DREAM | クラウト・ロックを代表するドイツのロック/シンセサイザー・グループ、タンジェリン・ドリーム。彼らのライヴの即興セクションを収録したシリーズ『セッションズ』の第三弾。



2020.11.13 ON SALE

クラウト・ロックを代表するドイツのロック/シンセサイザー・グループ、タンジェリン・ドリーム。彼らのライヴの即興セクションを収録したシリーズ『セッションズ』の第三弾。


■アーティスト:TANGERINE DREAM
■タイトル:SESSIONS III
■品番:IH87[輸入盤/2LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hanseatic Harbour Lights (parts One And Two)
2. Ost (Parts One And Two)

2020.12.9 ON SALE

クラウト・ロックを代表するドイツのロック/シンセサイザー・グループ、タンジェリン・ドリーム。彼らのライヴの即興セクションを収録したシリーズ『セッションズ』の第三弾。


■アーティスト:TANGERINE DREAM(タンジェリン・ドリーム)
■タイトル:SESSIONS III(セッションズIII)
■品番:IHCD87J[国内流通仕様/CD]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,800+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hanseatic Harbour Lights (parts One And Two)
2. Ost (Parts One And Two)


1970年代、Tangerine Dreamのライヴは電子的な探検のようなもので、その演奏は即興で毎晩異なっていた。また、その内容は、同様に難解であった彼らの大ヒット・アルバムと全く関係がなかった。1980年代に入ると、彼らの作品にはより解りやすいテーマが含まれるようになり、バンドは大ヒット映画(『Risky Business』『Firestarter』『Near Dark』『Thief』『Sorcerer』等)のサントラにも参加するようになった。今、彼らのライヴは部分的に過去のスタイルに戻ってきており、毎晩、異なる即興のセクションが含まれるようになっている。そして、そのベストな即興セクションは『Sessions』としてリリースされている。




2020-10-27 : Proper Music Distribution :

■KEENO | メッド・スクールよりリリースした3枚のアルバムが好評を博した英ブリストルのプロデューサー/DJ、キーノ。本家、ホスピタル・レコードより4枚目のアルバム『アイ・リヴ、アイ・ラーン』をリリース。



2020.12.9 ON SALE

メッド・スクールよりリリースした3枚のアルバムが好評を博した英ブリストルのプロデューサー/DJ、キーノ。本家、ホスピタル・レコードより4枚目のアルバム『アイ・リヴ、アイ・ラーン』をリリース。


■アーティスト:KEENO(キーノ)
■タイトル:I LIVE, I LEARN(アイ・リヴ、アイ・ラーン)
■品番:NHS409CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. "I Live, I Learn (feat. Faye)"
2. "Severn Summers"
3. "Behind The Glass (feat. Kate Wild)"
4. "Antiphony"
5. "When I Heard You"
6. "Sunflowers (feat. Thomas Oliver)"
7. "Pancake's Breakfast"
8. "Fall Beneath You (feat. Etherwood)"
9. "Breathing Room"
10. "Listen Close (feat. Telomic)"
11. "Fear"
12. "Oracle"
13. "Unreachable (feat. Whiney & Ebson)"
14. "The So-Called Impossible"

KeenoことWill Keenは英ブリストルのプロデューサー/DJだ。現在までHospital Recordsのシスター・レーベル、Med Schoolより3枚のアルバム(『Life Cycle』[2014年]、『Futurist』[2016年]、『All The Shimmering Things』[2017年])をリリースしている。Keenoのユニークなサウンドは、今まで見過ごされることもなく、BBC Radio 1、1Xtra、6Music等から強いサポートを獲得。これに加え、ドラムンベースの確立された今後の才能を紹介するストリーム、Bristol Mix Seriesにも参加。このBristol Mix Seriesでの成功が、KeenoをブリストルのBasement 45での隔週のレジデントへと導いた。




2020-10-27 : Proper Music Distribution :

■VARIOUS ARTISTS | ガルフ・コースト・レコードによるクリスマス・アルバム。クリスマスのスタンダードやレーベルのアーティストによるオリジナル曲を収録。参加アーテイスト:マイク・ジト、アルバート・カスティーリア、キャット・リギンズ、ル・ルー、ビリー・プライス他。



2020.11.25 ON SALE

ガルフ・コースト・レコードによるクリスマス・アルバム。クリスマスのスタンダードやレーベルのアーティストによるオリジナル曲を収録。
●参加アーテイスト:マイク・ジト、アルバート・カスティーリア、キャット・リギンズ、ル・ルー、ビリー・プライス他


■アーティスト:VARIOUS ARTISTS(ヴァリアス・アーティスツ)
■タイトル:A GULF COAST CHRISTMAS(ガルフ・コースト・クリスマス)
■品番:GCRX9028J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. All I Got For Christmas Is The Blues
2. Somebody Stole My Christmas
3. Please Mr. Santa Claus
4. Christmas Comes But Once A Year
5. Blue Christmas
6. Back Door Santa
7. It Ain't Christmas
8. Santa Claus Wants Some Lovin
9. Merry Christmas Baby
10. Ring The Bell
11. The Bluest Christmas
12. Who Da Baby Daddy?
13. Christmas Is Cancelled
14. Santa Claus Is Back In Town
15. Please Come Home For Christmas
16. Run Rudolph Run

『A Gulf Coast Christmas』にはスタンダードなクリスマス曲のカヴァーの他、Gulf Coast Records*の才能あふれる多様なアーティストによるオリジナル曲が収録されている。Mike Zito、Albert Castiglia、Kat Riggins、The Proven Ones、Mark May、John 'Blues' Boyd、Diana Rein、Kevin Burt、Le Roux、Jimmy Carpenter、Billy Price、Sayer and Joyce、Lisa and Kid Andersen、Thomas Atlas、Odds Lane、Tony Campanellaが参加。
*Gulf Coast Recordsは2018年にMike Zito、Laura Zito、Guy Haleの3人によって設立されたレーベルだ。米テキサス州ネダーランドを拠点とし、ルーツ・ミュージック、ブルース、アメリカーナのアーティストの作品に焦点を当てている。アーティストを引き上げ、彼らの音楽を世界に広める手助けをすることが、創設者達の相互理念である。




2020-10-20 : Proper Music Distribution :

■TENDERLONIOUS | ロンドンのミュージシャンをリードするレコード・レーベル、22aのオーナーでマルチインストゥルメンタリストのテンダーロニアス。彼がラホールを拠点とするインストゥルメンタル・カルテット、ジャウビとレコーディングしたアルバム。



2020.11.25 ON SALE

ロンドンのミュージシャンをリードするレコード・レーベル、22aのオーナーでマルチインストゥルメンタリストのテンダーロニアス。彼がラホールを拠点とするインストゥルメンタル・カルテット、ジャウビとレコーディングしたアルバム。


■アーテイスト:TENDERLONIOUS(テンダーロニアス)
■タイトル:RAGAS FROM LAHORE: IMPROVISATIONS WITH JAUBI(ラーガズ・フロム・ラホール:インプロビゼーション・ウィズ・ジャウビ)
■品番:22A038CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Shahla Bagh
2. Azadi
3. Kirwani
4. Azeem
5. Kirwani Part II
6. Impressions

Tenderloniousは若いロンドンのミュージシャン達をリードするレコード・レーベル、22aのオーナーで、マルチインストゥルメンタリストでもある。Tenderloniousによる即興のソールフレイヴァアーを持ったプロダクションはGilles Peterson、Benji B、Osunlade、Lefto、Alexander Nutといったテイストメイカー達の注目を浴び、自らのレーベル以外にもNinja Tune、Brownswood Recordings、Sounds Of The Universe、Yoruba Records等から作品を発表している。2019年4月、Tenderloniousは、ラホールを拠点とするインストゥルメンタル・カルテット、Jaubiと仕事をするためにパキスタンに向かった。2020年1月、Tenderloniousは彼らとレコーディングした楽曲を3曲入りの10"で限定リリースしたが、これまでにリリースされていない4曲を追加する形で、ラホールでおこなわれたレコーディング・セッションがフルレングスのアルバム『Ragas From Lahore: Improvisations With Jaubi』として、ここに発表されることとなった




2020-10-19 : Proper Music Distribution :

■ASHTON IRWIN | ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーのアシュトン・アーウィンのファースト・ソロ・アルバムが完成。プロデューサーのマット・ポーリング(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、ブリンク 182、グッド・シャーロット)と作り上げた『スーパーブルーム』、リリース。



2020.11.25 ON SALE

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーのアシュトン・アーウィンのファースト・ソロ・アルバムが完成。プロデューサーのマット・ポーリング(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、ブリンク 182、グッド・シャーロット)と作り上げた『スーパーブルーム』、リリース。


■アーティスト:ASHTON IRWIN(アシュトン・アーウィン)
■タイトル:SUPERBLOOM(スーパーブルーム)
■品番:AIMG001CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Scar
2. Have U Found What Ur Looking For
3. Skinny Skinny
4. Greyhound
5. Matter Of Time
6. Sunshine
7. The Sweetness
8. I’m To Blame
9. Drive
10. Perfect Lie

プロデューサーのMatt Paulingとロサンジェルスの自宅で作られた『Superbloom』は、Ashton Irwinの終わることのないアーティスティックな進歩の結果だ。Irwinは常にいつかソロ・アルバムを作りたい、と考えていたが、ついにその機会が訪れた。Foo Fighters、Nick Drake、Helmet、Silverchair、Stone Temple Pilots、My Bloody Valentine、Curve等、彼らに限定されることはないが、Irwinが今ま愛してきた幅広いアーティスト達からの影響を感じさせるサウンドに、自らの人生のあらゆる側面に触れた歌詞をつけて作品化するチャンスだ。常にバントとしてのコラボレーションのダイナミクスの中で活動してきたIrwinにとって、『Superbloom』は完全にオフグリッドなものなのだ。自らの子供時代、アルコール依存症、鬱病、身体醜形障害、死、依存症、絶望、希望等、Irwinは詞を書くことに何の躊躇もなかった。これは、アーティストが自分自身を完全に己から引き離すことによってなしえることだ。『Superbloom』は深く、個人的で刺激的、そして妥協のないレコードである。曲は自らのストーリーを語る準備ができている。




2020-10-19 : Proper Music Distribution :

■ZEPHANIAH OHORA | ニューヨークのカントリー・ミュージック・シーンをリードするシンガーソングライター、ゼファニヤ・オホラ。ニール・カサール(ライアン・アダムス、クリス・ロビンソン)のプロデュースによる3年振りのアルバム『リスニング・トゥ・ザ・ミュージック』、リリース。



2020.11.25 ON SALE

ニューヨークのカントリー・ミュージック・シーンをリードするシンガーソングライター、ゼファニヤ・オホラ。ニール・カサール(ライアン・アダムス、クリス・ロビンソン)のプロデュースによる3年振りのアルバム『リスニング・トゥ・ザ・ミュージック』、リリース。


■アーティスト:ZEPHANIAH OHORA(ゼファニヤ・オホラ)
■タイトル:LISTENING TO THE MUSIC(リスニング・トゥ・ザ・ミュージック)
■品番:LRR002J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,980+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Heaven's On The Way
2. Black & Blue
3. It's Not So Easy Today
4. When I've No More Tears To Cry
5. All American Singer
6. Listening To The Music
7. Living Too Long
8. We Planned To Have It All
9. Riding That Train
10. Emily
11. You Make It Easy To Love Again
12. Time Won't Take Its Time

Zephaniah OHoraはブリックリンをべースにするシンガーソングライターで、ニューヨークのカントリー・ミュージックの柱的な存在である。2013年からHoneyfingersのフロントマン/ヴォーカリストとして活動し、注目を浴びるようになり、2017年にはZephaniah OHora With The 18 Wheelers名義でアルバム『This Highway』をリリースした。当『Listening To The Music』は3年振りとなるZephaniah OHoraのアルバムで、収録曲はホームタウンのブルックリンで書かれ、レコーディングされた。アルバムのプロデュースはRyan AdamsやChris Robinsonのバンドでの活動でも知られるNeal Casalが担当(当作品のミックス後、急逝)。素晴らしいカントリー・ミュージックはどこからでも生まれることを証明する作品へと仕上がった。




2020-10-19 : Proper Music Distribution :

■EABS | 世界中で最も練達したジャズ・グループの一つであるポーランドのEABS。解体と規律という2つのアイデアを軸に作り上げたサン・ラへのトリビュート・アルバム。



2020.11.25 ON SALE

世界中で最も練達したジャズ・グループの一つであるポーランドのEABS。解体と規律という2つのアイデアを軸に作り上げたサン・ラへのトリビュート・アルバム。


■アーティスト:EABS(EABS)
■タイトル:DISCIPLINE OF SUN RA(ディシプリン・オブ・サン・ラ)
■品番:AR015CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Brainville
2. Interstellar Low Ways
3. The Lady With The Golden Stock-ings (The Golden Lady)
4. Discipline 27
5. Neo-Project #2
6. Trying To Put The Blame On Me
7. UFO

ポーランドのジャズ・グループ、EABS(Electro Acoustic Beat Sessions)は現在、世界中で最も練達したジャズ・グループであることは疑いない。ポーランド・ジャズやクラシック・ジャズをヒップホップ、ファンク、フォークと融合させ、ユニークで革新的なサウンドを鳴らしている。ここに彼らは偉大なアーティスト、Sun Raへのトリビュート・アルバムを作り上げた。アルバムの創造的なプロセスは解体と規律という2つのSun Raのアイデアを軸に展開された。Sun RaはHendersonグループの個々のプレイヤーを調査する為、Arkestraのメンバーを送り込んだ。それは、パートをプレイする際の個々のメンバーのフィーリングを正しく理解する為だった。「コピーをするのではなく、それらをリクリエイトし、適切な情報があればオリジナルの背後にあるスピリットを理解することが出来る」とSun Raは彼らに語った。これこそがHerman Sonny Blount(Sun Ra)が如何にスウィングのレジェンド、Fletcher Hendersonの音楽を扱ったのか、を示している。そしてEABSは、それと全く同じアプローチをSun Raの作品に対してとったのだ。




2020-10-19 : Proper Music Distribution :

■SAMANTHA MARTIN & DELTA SUGAR | カナダのシンガーソングライター、サマンサ・マーティン率いるデルタ・シュガーの新作が完成。ジュノ賞でブルース・アルバム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされ大ヒットを記録した前作『ラン・トゥ・ミー』に続くサード・アルバム。



2020.11.25 ON SALE

カナダのシンガーソングライター、サマンサ・マーティン率いるデルタ・シュガーの新作が完成。ジュノ賞でブルース・アルバム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされ大ヒットを記録した前作『ラン・トゥ・ミー』に続くサード・アルバム。


■アーティスト:SAMANTHA MARTIN & DELTA SUGAR(サマンサ・マーティン&デルタ・シュガー)
■タイトル:THE RECKLESS ONE(ザ・レックレス・ワン)
■品番:GSR013CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Love Is All Around
2. Don't Have to Be
3. Meet Me in the Morning
4. Loving You Is Easy
5. One Heartbreak
6. I've Got a Feeling
7. Sacrifice
8. So I Always Know
9. Pass Me By
10. Better to Have Never
11. All That I Am
12. Who Do You

当『The Reckless One』は2018年にリリースされジュノ賞にもノミネートされた『Run To Me』に続くSamantha Martin & Delta Sugarのアルバムだ。収録12曲のうち11曲は共作、もしくは多方面のアーティストにより作曲されたオリジナル曲となる。唯一のカヴァーはBob Dylanの「Meet Me in the Morning」で、ファンクな内容に仕上がっている。Samantha Martinはカナダのシンガーソングライターで、2008年にデビュー・アルバム『Back Home』をリリース。その後、2枚のアルバムを経て、2014年にソウル/ブルースにフォーカスしたバンド、Samantha Martin & Delta Sugarを結成。2015年にアルバム『Send The Nightingale』をリリースし、Maple Blues Awardsで4部門にノミネートされる等、高い評価を獲得。2018年にはGypsy Soul Recordsと契約し、セカンド・アルバム『Run To Me』をリリース。アルバムは各国のチャートにランクインしヒットを記録。ジュノ賞(カナダのグラミー賞)でブルース・アルバム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされた。




2020-09-22 : Proper Music Distribution :

■JOBINA TINNEMANS | MATAフェスティヴァル(コンテンポラリー・クラシックのミュージック・フェスティヴァル)でコミッションド・コンポーザーに選ばれる等、高い評価を博すUKのコンポーザー、ジョビナ・ティンネマンズ。彼女のデビュー・アルバ『ファイヴ・ソーツ・オン・エヴリシング』がリリース。



2020.11.11 ON SALE

MATAフェスティヴァル(コンテンポラリー・クラシックのミュージック・フェスティヴァル)でコミッションド・コンポーザーに選ばれる等、高い評価を博すUKのコンポーザー、ジョビナ・ティンネマンズ。彼女のデビュー・アルバ『ファイヴ・ソーツ・オン・エヴリシング』がリリース。


■アーティスト:JOBINA TINNEMANS(ジョビナ・ティンネマンズ)
■タイトル:FIVE THOUGHTS ON EVERYTHING(ファイヴ・ソーツ・オン・エヴリシング)
■品番:BSTC0134J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Midtone In G
2. Dj pal nsd ttir & Hellnarsson
3. The Shape Of Things Aquatic
4. Microbioism
5. Var sotto, Hinterland Of Varse

Jobina Tinnemansは、音楽、アート、ラジオ、オーディオブック、サウンドトラックなど多岐なメディアにまたがる非常に優れた作曲家/ミュージシャン/サウンドプロデューサー/アーティストだ。Shakespeare、Hedgeshear(2007年)、MATA NYCのコミッションによるKilling Time(2013年)他で知られ、彼女のラジオ・プロダクションや音楽はBBC、ABC、WQXR等で使用されている。また、Vogue Knitting NYCといった企業とのコラボレートもおこなっている。当『Five Thoughts On Everything』は作曲家としての彼女のデビュー・アルバムで、ニューヨークをベースとするBright Shiny Thingsよりリリースされる。




2020-09-22 : Proper Music Distribution :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム