fc2ブログ

■THE MOUNTAIN GOATS | シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツ、6/30発売のニュー・アルバム『DARK IN HERE(ダーク・イン・ヒア)』より、タイトル・トラック「Dark in Here」を公開。



the Mountain Goats - Dark In Here






続きを読む

スポンサーサイト



2021-06-04 : The Mountain Goats :

■THE MOUNTAIN GOATS | シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツの新作が完成。マッスル・ショールズの機関でもあるFAMEスタジオでレコーディングされた20枚目のアルバム『ダーク・イン・ヒア』、リリース。



2021.6.30 ON SALE

シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツの新作が完成。マッスル・ショールズの機関でもあるFAMEスタジオでレコーディングされた20枚目のアルバム『ダーク・イン・ヒア』、リリース。


■アーティスト:THE MOUNTAIN GOATS(ザ・マウンテン・ゴーツ)
■タイトル:DARK IN HERE(ダーク・イン・ヒア)
■品番:MRG726JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Parisian Enclave
2. The Destruction of the Kola Superdeep Borehole Tower
3. Mobile
4. Dark in Here
5. Lizard Suit
6. When a Powerful Animal Comes
7. To the Headless Horseman
8. The New Hydra Collection
9. The Slow Parts on Death Metal Albums
10. Before I Got There
11. Arguing With the Ghost of Peter Laughner About His Coney Island Baby Review
12. Let Me Bathe in Demonic Light

the Mountain Goats - Mobile


●12か月前、The Mountain GoatsのJohn Darnielleは、NPRとブームボックスでレコーディングされたアルバム『Songs For Pierre Chuvin』についての話をした際、ディープサウスにある有名な二つのスタジオで、The Mountain Goatsがフル・バンドで新しい曲をレコーディングしていたことを明らかにした。10月、我々は『Getting Into Knives』がそのうちの一つであること知った。『Getting Into Knives』はElvis PresleyからThe Crampsまで、あらゆるアーティストの作品をホストしたメンフィスにあるサム・フィリップス・レコーディングでレコーディングされた。では、他のスタジオでは何がレコーディングされたのだろうか? その答えは、The Mountain Goatsのニュー・アルバム『Dark In Here』だ。『Dark In Here』は『Getting Into Knives』と『Songs For Pierre Chuvin』の間にFAMEスタジオでレコーディングされた。FAMEスタジオはMuscle Shoalsの機関で、Aretha Franklin、Wilson Pickett、Gregg Allman、Bobby “Blue” Bland他、数多くの作品が生み出されたことで知られる。
●The Mountain Goatsはシンガーソングライター、John Darnielleによって1991年にカリフォルニアで結成されたインディー・フォーク・バンドだ。何年もの間、John Darnielleが中心となって活動してきたが、後に、ベースのPeter Hughesと、SuperchunkのドラマーでもあるJon Wursterがメンバーとして固定されている。カセット等でリリースをおこなった後、1994年に初のスタジオ・アルバム『Zopilote Machine』をリリース。2002年の7枚目のアルバム『Tallahassee』より4ADに移籍し、13枚目のアルバム『All Eternals Deck』からは、Merge Recordsから作品を発表。この頃から、USチャートのトップ100以内にアルバムはランクインするようになり、2012年の『Transcendental Youth』、2015年の『Beat The Champ』、2017年の『Goths』、2019年の『In League with Dragons』と作品をリリース。2020年には4月に『Songs For Pierre Chuvin』(2002年のアルバム『All Hail West Texas』以来となるJohn Darnielleのみをフィーチャーした作品)、10月に『Getting Into Knives』(テネシー州メンフィスにある伝説的なスタジオ、Sam Phillips Recordingでレコーディング)と2枚のアルバムを発表した。尚、John Darnielle は、米ローリング・ストーン誌に「2000年代のアメリカが誇る最も優れた作詞家の一人」と評され、2014年には処女小説『Wolf In White Van』を発表。全米図書賞にもノミネートされている。




2021-04-23 : The Mountain Goats :

■THE MOUNTAIN GOATS | 自らのルール戻りブームボックスでレコーディングされたザ・マウンテン・ゴーツのアルバム『ソングス・フォー・ピエール・チューヴィン』。2020年4月にカセットでサプライズ・リリースされた当作がCD化。



2021.3.31 ON SALE

自らのルール戻りブームボックスでレコーディングされたザ・マウンテン・ゴーツのアルバム『ソングス・フォー・ピエール・チューヴィン』。2020年4月にカセットでサプライズ・リリースされた当作がCD化。


■アーティスト:THE MOUNTAIN GOATS(ザ・マウンテン・ゴーツ)
■タイトル:SONGS FOR PIERRE CHUVIN(ソングス・フォー・ピエール・チューヴィン)
■品番:MRG744JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Aulon Raid
2. Until Olympius Returns
3. Last Gasp at Calama
4. For the Snakes
5. The Wooded Hills Along the Black Sea
6. January 31, 438
7. Hopeful Assassins of Zeno
8. Their Gods Do Not Have Surgeons
9. Going to Lebanon 2
10. Exegetic Chains

2020年4月にサプライズ・リリースされたThe Mountain Goatsの『Songs for Pierre Chuvin』は、2020年の『All Hail West Texas』以来となる全てがブームボックスでレコーディングされた作品だ。僅か数分で4,000本のカセットを売り切った後もファンからの要求は高く、Mergeより他のフォーマットでのリリースが決定した。
「自らキャリアをスタートさせたブームボックスでのレコーディングにより、John Darnielleはローファイのルーツに戻る」(Pitchfork)
「『Songs for Pierre Chuvin』は、私たち一人一人がどれだけ学ぶべきかを思い出させてくる」(NPR)
「『Songs for Pierre Chuvin』の曲は、まさに私たちが期待するものだ。暖かさとスマートさに満ちた心のこもった曲で、快適さと刺激を与えるためにカスタムメイドされている」(Bandcamp)




2021-02-11 : The Mountain Goats :

■THE MOUNTAIN GOATS | ザ・マウンテン・ゴーツ、10/28発売のニュー・アルバム『GETTING INTO KNIVES(ゲッティング・イントゥ・ナイヴス)』より「Get Famous」を公開。








続きを読む

2020-09-15 : The Mountain Goats :

■THE MOUNTAIN GOATS | シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツの新作が完成。伝説のサム・フィリップス・レコーディングでグラミー・ウィナー、マット・ロス・スパング(ジョン・プライン、マーゴ・プライス他)によりレコーディングされた19枚目のアルバム『ゲッティング・イントゥ・ナイヴス』、リリース。



2020.10.28 ON SALE

シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツの新作が完成。伝説のサム・フィリップス・レコーディングでグラミー・ウィナー、マット・ロス・スパング(ジョン・プライン、マーゴ・プライス他)によりレコーディングされた19枚目のアルバム『ゲッティング・イントゥ・ナイヴス』、リリース。


■アーティスト:THE MOUNTAIN GOATS(ザ・マウンテン・ゴーツ)
■タイトル:GETTING INTO KNIVES(ゲッティング・イントゥ・ナイヴス)
■品番:MRG716JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Corsican Mastiff Stride
2. Get Famous
3. Picture of My Dress
4. As Many Candles As Possible
5. Tidal Wave
6. Pez Dorado
7. The Last Place I Saw You Alive
8. Bell Swamp Connection
9. The Great Gold Sheep
10. Rat Queen
11. Wolf Count
12. Harbor Me
13. Getting Into Knives

the Mountain Goats - As Many Candles As Possible (Official Lyric Video)


●2020年3月1日、The Mountain Goatsの4人、John Darnielle、Peter Hughes、Matt Douglas、Jon Wursterはテネシー州メンフィスにある伝説的なスタジオ、Sam Phillips Recordingを訪れた。Darnielleはバンドのメンバーに新しい曲の準備をさせ、昨年にリリースされたアルバム『In League with Dragons』のエンジニアをつとめたプロデューサー、Matt Ross-Spangと再び作業を開始した。Crampsの1980年のデビュー・アルバムがレコーディングされたのと同じ部屋で、The Mountain Goatsは絶好調のバンドのマジックを捉える為に1週間を過ごした。その結果完成したのが『Getting Into Knives』である。アルバムではCharles Hodges(数多くのAl Greenのレコードにも参加)がハモンドB3オルガン、Chris Boerner(Hiss Golden Messengerのバンド・メンバー)がギターを、それぞれゲストとしてプレイした。
●The Mountain Goatsはシンガーソングライター、John Darnielleによって1991年にカリフォルニアで結成されたインディーフォーク・バンドだ。何年もの間、John Darnielleが中心となって活動してきたが、後に、ベースのPeter Hughesと、SuperchunkのドラマーでもあるJon Wursterがメンバーとして固定されている。カセット等でリリースをおこなった後、1994年に初のスタジオ・アルバム『Zopilote Machine』をリリース。2002年の7枚目のアルバム『Tallahassee』より4ADに移籍。その後、13枚目のアルバム『All Eternals Deck』からは、Merge Recordsへ移籍。この作品から、USチャートのトップ100以内にアルバムがランクインするようになり、2012年の『Transcendental Youth』、2015年の『Beat the Champ』、2017年の『Goths』、2019年の『In League with Dragons』とリリースを続けている。2020年4月には18枚目のアルバム『Songs for Pierre Chuvin』をリリース。このアルバムは2002年のアルバム『All Hail West Texas』以来となるバンドのフロントマン、John Darnielleのみをフィーチャーした作品となり、デジタルとカセットでリリースされた。尚、John Darnielle は、米ローリング・ストーン誌に「2000年代のアメリカが誇る最も優れた作詞家の一人」と評され、2014年には処女小説『Wolf In White Van』を発表。全米図書賞にもノミネートされている。




2020-08-24 : The Mountain Goats :

■THE MOUNTAIN GOATS | The Mountain Goats、10月にリリースされるニュー・アルバム『Getting Into Knives』より新曲「As Many Candles as Possible」を公開。



the Mountain Goats - As Many Candles As Possible (Official Lyric Video)



【The Mountain Goats / ザ・マウンテン・ゴーツ】
The Mountain Goatsはシンガーソングライター、John Darnielleによって1991年にカリフォルニアで結成されたインディーフォーク・バンドだ。何年もの間、John Darnielleが中心となって活動してきたが、後に、ベースのPeter Hughesと、SuperchunkのドラマーでもあるJon Wursterがメンバーとして固定されている。カセット等でリリースをおこなった後、1994年に初のスタジオ・アルバム『Zopilote Machine』をリリース。2002年の7枚目のアルバム『Tallahassee』より4ADに移籍。その後、13枚目のアルバム『All Eternals Deck』からは、Merge Recordsへ移籍。この作品から、USチャートのトップ100以内にアルバムがランクインするようになり、2012年の『Transcendental Youth』、2015年の『Beat the Champ』、2017年の『Goths』、2019年の『In League with Dragons』とリリースを続けている。2020年4月には18枚目のアルバム『Songs for Pierre Chuvin』をリリース。このアルバムは2002年のアルバム『All Hail West Texas』以来となるバンドのフロントマン、John Darnielleのみをフィーチャーした作品となり、デジタルとカセットでリリースされた。尚、John Darnielle は、米ローリング・ストーン誌に「2000年代のアメリカが誇る最も優れた作詞家の一人」と評され、2014年には処女小説『Wolf In White Van』を発表。全米図書賞にもノミネートされている。




2020-08-13 : The Mountain Goats :

■The Mountain Goats | シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツの新作が完成。オーウェン・パレット(ファイナル・ファンタジー、アーケイド・ファイア他)のプロデュースによる17枚目のアルバム『イン・リーグ・ウィズ・ドラゴンズ』、リリース。



2019.5.1 ON SALE

シンガーソングライター/ノヴェリストのジョン・ダーニエル率いるザ・マウンテン・ゴーツの新作が完成。オーウェン・パレット(ファイナル・ファンタジー、アーケイド・ファイア他)のプロデュースによる17枚目のアルバム『イン・リーグ・ウィズ・ドラゴンズ』、リリース。


■アーティスト:THE MOUNTAN GOATS(ザ・マウンテン・ゴーツ)
■タイトル:IN LEAGUE WITH DRAGONS(イン・リーグ・ウィズ・ドラゴンズ)
■品番:MRG679CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Done Bleeding
2. Younger
3. Passaic 1975
4. Clemency for the Wizard King
5. Possum by Night
6. In League with Dragons
7. Doc Gooden
8. Going Invisible 2
9. Waylon Jennings Live!
10. Cadaver Sniffing Dog
11. An Antidote for Strychnine
12. Sicilian Crest

The Mountain Goats "Cadaver Sniffing Dog"


The Mountain Goats "Younger"


●The Mountain Goatsは17枚目のアルバム『In League with Dragons』を2019年4月26日(米発売日)にMerge Recordsよりリリースすることを発表した。
●2017年の前作『Goths』はThe CureやJoy Divisionからのインスパイアにより作られたアルバムであったが、このニュー・アルバム『In League with Dragons』はファンタジーやSFの世界の探求がベースとなっている。「慈悲深い魔法使いによって支配された”Riversend”と呼ばれる海辺のコミュニティについてのロック・オペラとして制作を開始したんだ」とJohn Darnielleが語るこの作品は、ロールプレイング・ゲームのDungeons & Dragons からインスピレーションを得ている。アルバムはソングライターでフロントマンのJohn Darnielle、ドラムのJon Wurster、ベースのPeter Hughes、ギターのMatt Douglasにより、ナッシュヴィルのBlackbirdスタジオでエンジニアのMatt Ross-Spang(Margo Price、Jason Isbell、John Prine)とレコーディングされた。プロデュースはOwen Pallett(Final Fantasy、Arcade Fire)で、ストリングスのアレンジも彼がおこなった。また、Robert Baileyが数曲でヴォーカルのアレンジを手掛けている。アルバムのイラストレーションは豪パースのイラストレイター、Elton D’Souzaによるものだ。アルバムのリリースは2019年1月にアナウンスされ、同時に収録曲の「Younger」が公開された。

【The Mountain Goats / ザ・マウンテン・ゴーツ】
The Mountain Goatsはシンガーソングライター、John Darnielleによって1991年にカリフォルニアで結成されたインディーフォーク・バンドだ。何年もの間、John Darnielleが中心となって活動してきたが、後に、ベースのPeter Hughesと、SuperchunkのドラマーでもあるJon Wursterがメンバーとして固定されている。カセット等でリリースをおこなった後、1994年に初のスタジオ・アルバム『Zopilote Machine』をリリース。2002年の7枚目のアルバム『Tallahassee』より4ADに移籍。その後、13枚目のアルバム『All Eternals Deck』からは、Merge Recordsへ移籍。この作品から、USチャートのトップ100以内にアルバムがランクインするようになり、2012年の『Transcendental Youth』、2015年の『Beat the Champ』、2017年の『Goths』とリリースを続けている。尚、John Darnielle は、米ローリング・ストーン誌に「2000年代のアメリカが誇る最も優れた作詞家の一人」と評され、2014年には処女小説『Wolf In White Van』を発表。全米図書賞にもノミネートされている。





2019-03-05 : The Mountain Goats :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム