FC2ブログ

■SUB POP | サブ・ポップのオフィシャルTシャツ、取り扱い開始。レーベルからの直輸入、本物。



2020.1.22 ON SALE  

1986年の設立以降、ニルヴァーナやサウンドガーデンといった グランジの代表格バンドと契約し、現在ではアメリカを代表する オルタナティブ・インディペンデント・レーベルの一つになった ”サブ ポップ レコーズ”のオフィシャルTシャツが入荷!!

SUB POP OFFICIAL ロゴTシャツ
【4色展開】
(XS~Lサイズ)



■SUB POP OFFICIAL ロゴTシャツ[ボディ:ブラック / プリント:ホワイト]
■品番:2000090-XS/2000090-S/2000090-M/2000090-L
■定価:¥4,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■サイズ:
XSサイズ:着丈68cm 身幅42cm 肩幅37cm 袖丈19cm
Sサイズ :着丈72cm 身幅44cm 肩幅41cm 袖丈22cm
Mサイズ :着丈73cm 身幅47cm 肩幅44cm 袖丈22cm
Lサイズ :着丈76cm 身幅56cm 肩幅48cm 袖丈22.5cm
■素材:綿100%
※サイズは商品によって若干の誤差が生じる場合がございます。
※アパレル商品はシリーズによって寸法が異なりますので、予めサイズをご確認のうえご購入ください。



■SUB POP OFFICIAL ロゴTシャツ[ボディ:ホワイト / プリント:ブラック]
■品番:2000091-XS/2000091-S/2000091-M/2000091-L
■定価:¥4,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■サイズ:
XSサイズ:着丈68cm 身幅42cm 肩幅37cm 袖丈19cm
Sサイズ :着丈72cm 身幅44cm 肩幅41cm 袖丈22cm
Mサイズ :着丈73cm 身幅47cm 肩幅44cm 袖丈22cm
Lサイズ :着丈76cm 身幅56cm 肩幅48cm 袖丈22.5cm
■素材:綿100%
※サイズは商品によって若干の誤差が生じる場合がございます。
※アパレル商品はシリーズによって寸法が異なりますので、予めサイズをご確認のうえご購入ください。



■SUB POP OFFICIAL ロゴTシャツ[ボディ:ヘザーブラック/ プリント:ライトグレー]
■品番:2000064-XS/2000064-S/2000064-M/2000064-L
■定価:¥4,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■サイズ:
XSサイズ:着丈68cm 身幅40cm 肩幅37cm 袖丈19cm
Sサイズ :着丈69cm 身幅43cm 肩幅40cm 袖丈19.5cm
Mサイズ :着丈72cm 身幅47cm 肩幅44cm 袖丈20cm
Lサイズ :着丈74cm 身幅54cm 肩幅49cm 袖丈21cm
■素材:ポリエステル50% 綿25% レーヨン25%
※サイズは商品によって若干の誤差が生じる場合がございます。
※アパレル商品はシリーズによって寸法が異なりますので、予めサイズをご確認のうえご購入ください。



■SUB POP OFFICIAL ロゴTシャツ[ボディ:アスレチックグレー/ プリント:ブラック]
■品番:10000141-XS/10000141-S/10000141-M/10000141-L
■定価:¥4,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■サイズ:
XSサイズ:着丈68cm 身幅40cm 肩幅37cm 袖丈19cm
Sサイズ :着丈69cm 身幅43cm 肩幅40cm 袖丈19.5cm
Mサイズ :着丈72cm 身幅47cm 肩幅44cm 袖丈20cm
Lサイズ :着丈74cm 身幅54cm 肩幅49cm 袖丈21cm
■素材:ポリエステル50% 綿25% レーヨン25%
※サイズは商品によって若干の誤差が生じる場合がございます。
※アパレル商品はシリーズによって寸法が異なりますので、予めサイズをご確認のうえご購入ください。




2019-12-26 : Sub Pop :

■THE HOMESICK | オランダのトリオ編成のポストパンク/ポップ・バンド、ザ・ホームシック。サブ・ポップからは初のリリースとなる約3年ぶりのセカンド・アルバム『ザ・ビッグ・エクササイズ』が完成。



2020.02.12 ON SALE  

オランダのトリオ編成のポストパンク/ポップ・バンド、ザ・ホームシック。サブ・ポップからは初のリリースとなる約3年ぶりのセカンド・アルバム『ザ・ビッグ・エクササイズ』が完成。


■アーティスト:THE HOMESICK(ザ・ホームシック)
■タイトル:THE BIG EXERCISE(ザ・ビッグ・エクササイズ)
■品番:SP1339CDJ
■定価:¥2,200+税[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. What's In Store
2. Children's Day
3. Pawing
4. I Celebrate My Fantasy
5. Leap Year
6. The Small Exercise
7. The Big Exercise
8. Focus On The Beach
9. Kaïn
10. Male Bonding

The Homesick - Kaïn [OFFICIAL VIDEO]


The Homesick - I Celebrate My Fantasy


The Homesickはオランダのトリオ編成のポストパンク/ポップ・バンドだ。2013年にバンド結成。2017年にはデビュー・アルバム『Youth Hunt』をSubroutine Recordsよりリリースしている。当『The Big Exercise』は約3年ぶりとなる自身2枚目のアルバムで、Sub Popからは初の作品となる。アルバムはライヴ・バンドとしてのケミストリーをコアに持ちながら、ピアノ、アコースティック・ギター、パーカッション、クラリネットといったバロックの要素をもったポストパンク・サウンドが詰まった内容に仕上がった。「収録曲はすでにライヴで演奏されていたので、スタジオでこれらの曲の可能性をさらに引き出したいと考えたんだ」とギタリストのElias Elgersmaは語る。オープニング・トラックの「What’s In Store」はベーシスト、Jaap Van der Veldeのタイムレスなメロディを作るという試みにインスパイアされており、「Children’s Day」と「Pawing」はErik Woudwijkのドラムがバンドの原動力となっることを証明している。また、アルバムからのファースト・シングルは「I Celebrate My Fantasy」で、2019年11月に公開された。尚、アルバム・タイトルのThe Big ExerciseはScott Walkerの伝記『A Deep Shade of Blue』からとられている。




2019-12-06 : Sub Pop :

■Luluc | 【編集部がセレクトする今日の1曲】  オーストラリア出身のユニットLulucは、2008年に「Dear Hamlyn」をリリース。 デュオが注目を集める前に発表された作品で、彼らにとっての原点とも言える今アルバムは、ボーカリストで作曲も担当するRandellの父の死を契機に書かれた。





続きを読む

2019-11-12 : Sub Pop :

■Omni | 元ディアハンターのメンバー等を中心に結成された米アトランタのインディ・ロック・バンド、オムニ、ワールド・ツアーをスタート。 サブ・ポップ移籍第一弾、2年ぶりとなるサード・アルバム『ネットワーカー』は11/13リリース。



Tour dates:
Oct. 23 - Nashville, TN - The Basement
Oct. 24 - Lexington, KY - The Green Lantern
Oct. 25 - Chicago, IL - Empty Bottle
Oct. 27 - Toronto, ON - The Garrison
Oct. 28 - Montreal, QC - Bar Le Ritz
Oct. 29 - Brooklyn, NY - Baby’s All Right
Oct. 30 - Brooklyn, NY - Sultan Room
Nov. 1 - Philadelphia, PA - Jerry’s on Front
Nov. 2 - Washington, DC - Pie Shop Bar
Nov. 3 - CourRaliegh, NC - Kings Raleigh
Nov. 4 - Atlanta, GA - The Earl
Nov. 10 - Kortrijk, BE - Sonic City Festival
Nov. 11 - Hamburg, DE - Molotov (Sky Bar)
Nov. 12 - Copenhagen, DK - Loppen
Nov. 13 - Berlin, DE - BERGHAIN KANTINE
Nov. 14 - Utrecht, NL - Ekko
Nov. 15 - Le Havre, FR - Mc Daids
Nov. 18 - Paris, FR - La Boule Noire
Nov. 19 - Lille, FR - La Bulle
Nov. 20 - Brussels, BE - Le Botanique
Nov. 21 - Colmar, FR - Le Grillen
Nov. 22 - St. Gallen, CH Palace St. Gallen
Nov. 23 - Lyon, FR - Sonic
Nov. 25 - Brighton, UK - The Hope & Ruin
Nov. 26 - Bristol, UK - Rough Trade Bristol
Nov. 27 - Manchester, UK - YES
Nov. 28 - Glasgow, UK - Mono (Glasgow)
Nov. 29 - Leeds, UK - The Brudenell Social Club
Nov. 30 - London, UK - Oslo
Dec. 03 - New Orleans, LA - Gasa Gasa
Dec. 04 - Austin, TX - Barracuda
Dec. 05 - El Paso, TX - The Monarch
Dec. 06 - Tucson, AZ - Hotel Congress
Dec. 08 - Boise, ID - Neurolux
Dec. 09 - Seattle, WA - Tractor Tavern
Dec. 10 - Portland, OR - Mississippi Studios
Dec. 11 - Arcata, CA - The Miniplex
Dec. 12 - Santa Cruz, CA - The Catalyst
Dec. 13 - Sacramento, CA - The Blue
Dec. 14 - San Fransisco, CA - Rickshaw Stop
Dec. 15 - San Diego, CA - Soda Bar
Dec. 16 - Los Angeles, CA - Lodge Room






続きを読む

2019-10-24 : Sub Pop :

■Preservation Hall Jazz Band | ニューオーリンズのジャズ・クラブ、プリザヴェーション・ホールの専属バンドとし長きに活動したプリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンド。近年ではフー・ファイターズやアーケード・ファイアとの活動でも知られる彼らが自らのドキュメンタリー・フィルム『ア・チューバ・トゥ・キューバ』のサウンド・トラックをサブ・ポップよりリリース。



2019.12.4 ON SALE  

ニューオーリンズのジャズ・クラブ、プリザヴェーション・ホールの専属バンドとし長きに活動したプリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンド。近年ではフー・ファイターズやアーケード・ファイアとの活動でも知られる彼らが自らのドキュメンタリー・フィルム『ア・チューバ・トゥ・キューバ』のサウンド・トラックをサブ・ポップよりリリース。


■アーティスト:PRESERVATION HALL JAZZ BAND(プリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンド)
■タイトル:A TUBA TO CUBA(ア・チューバ・トゥ・キューバ)
■品番:SP1310CDJ
■定価:¥2,200+税[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Yesteryear
2. Tumba
3. I Am
4. Descarga del Son
5. Keep Your Head Up
6. Corazon
7. Elegguà
8. Kreyol
9. El Manicero
10. Solitude
11. Las Palomas
12. Malecón

音楽の潮流がかつてないほどしばしば交錯する今、歴史の流れを覚えておくことは重要だ。ニューオーリンズこそ、唯一無二のスピリットと生きる歓びによって、世界中からのサウンドとカルチャーが変容し、混ざり合い、浮かび上がり、再び変容する場所であり続けてきた。そして、50年以上にわたりニューオーリンズの音楽を高く掲げてきたPreservation Hall Jazz Bandほど、この考え方を鮮やかに具体化してきたバンドは存在しない。先ごろ、Preservation Hall Jazz BandはSub Popと契約。My Morning JacketのJim Jamesのプロデュースによる2013年のアルバム『That's It!』と、TV On The Radioの創立者、David Sitekのプロデュースによる2017年のアルバム『So It Is』が同レーベルより再発された。当『A Tuba to Cuba』は2018年に公開されたPreservation Hall Jazz Bandのドキュメンタリー・フィルム『A Tuba to Cuba』のサウンド・トラックだ。ディレクターはT.G. HerringtonとDanny Clinchで、フィルムはPreservation Hall Jazz Bandのリーダー、Ben Jaffeがニューオーリンズ・ジャズのルーツともいえるキューバをリトレースする内容となっている。




2019-10-02 : Sub Pop :

■Omni | 元ディアハンターのメンバー等を中心に結成された米アトランタのインディ・ロック・バンド、オムニ。サブ・ポップ移籍第一弾、2年ぶりとなるサード・アルバム『ネットワーカー』がリリース。



2019.11.13 ON SALE  

元ディアハンターのメンバー等を中心に結成された米アトランタのインディ・ロック・バンド、オムニ。サブ・ポップ移籍第一弾、2年ぶりとなるサード・アルバム『ネットワーカー』がリリース。


■アーティスト:OMNI(オムニ)
■タイトル: NETWORKER(ネットワーカー)
■品番:SP1326CDJ
■定価:¥2,200+税[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Sincerely Yours
2. Courtesy Call
3. Moat
4. Underage
5. Skeleton Key
6. Genuine Person
7. Present Tense
8. Blunt Force
9. Flat Earth
10. Networker
11. Sleep Mask

Omni - Skeleton Key [OFFICIAL VIDEO]


Omni - Sincerely Yours [OFFICIAL VIDEO]


Omniは米アトランタのインディ・ロック・バンドだ。DeerhunterやBalkansのメンバーであったFrankie Broyles(guitar/drums/key)とCarnivoresのメンバーであったPhilip Frobos (bass/vocals)により2015年に結成。デビュー・シングル「Afterlife」をリリース後、Trouble In Mindと契約。2016年にはデビュー・アルバム『Deluxe』、2017年にはセカンド・アルバム『Multi-task』を夫々発表した。当『Networker』は2年ぶりとなる自身3枚目のアルバムで、Sub Popからは初のリリースとなる。アルバムの収録曲の半分はツアー中に書かれ、残りの半分はレコディング・セッションの間に書かれた。PhiliとFrankieの二人は長年のコラボレーター、Nathaniel Higginsと共に、前作もレコーディングした南ジョージアのスタジオに入り、2018年11月から2019年4月にかけて4度、セッションを実施。過去2作よりもよりクリアでハイファイとなった『Networker』を完成させた。




2019-09-26 : Sub Pop :
« 前のページ  ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム