fc2ブログ

■BRIA | カナダはトロントをベースに活動する二人のマルチインストゥルメンタリスト、ブリア・サルメナとダンカン・ヘイ・ジェニングスによるバンド、ブリア。カントリーのカヴァーEP『カントリー・カヴァーズVOL. 1』をサブ・ポップよりリリース。



2021.12.15 ON SALE

カナダはトロントをベースに活動する二人のマルチインストゥルメンタリスト、ブリア・サルメナとダンカン・ヘイ・ジェニングスによるバンド、ブリア。カントリーのカヴァーEP『カントリー・カヴァーズVOL. 1』をサブ・ポップよりリリース。


■アーティスト:BRIA(ブリア)
■タイトル:CUNTRY COVERS VOL. 1(カントリー・カヴァーズVOL. 1)
■品番:SP1456CDJ[CD/国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Green Rocky Road
2. Dreaming My Dreams With You
3. Buffalo Ballet
4. Fruits Of My Labour
5. The Sun Ain’t Gonna Shine Anymore
6. I Don’t Wanna Love Ya Now

Bria - Green Rocky Road


Briaは、インディ・カントリーのスーパースター、Orville Peckのバンドや、ポラリス・ミュージック・プライズにもノミネートされたFRIGSで活動する二人のマルチインストゥルメンタリスト、Bria SalmenaとDuncan Hay Jenningsによるバンドだ。Sub Popよりワールド・ワイドでリリースされる当『Cuntry Covers Vol. 1』はDave Van Ronk、Waylon Jennings、John Cale、Lucinda Williams、The Walker Brothers、Mistress Maryによるカントリーのクラシック6曲をカヴァーしたEPとなる。2020年、深い恐怖と混乱に襲われたSalmenaは、自分の曲を書くことをやめた。「ただ、自分の人生を反映しているかもしれないものを聴きたかった。そして、この6曲は私の鏡となる可能性がある」と彼女は語る。




2021-08-17 : Sub Pop :

■SHANNON LAY | サブ・ポップ移籍第一弾となった前作も好評を博したロサンジェルスのミュージシャン、シャノン・レイ。ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得した「レア・トゥ・ウェイク」他、全10曲を収録した自身4枚目のアルバム『ガイスト』、リリース。



2021.10.13 ON SALE

サブ・ポップ移籍第一弾となった前作も好評を博したロサンジェルスのミュージシャン、シャノン・レイ。ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得した「レア・トゥ・ウェイク」他、全10曲を収録した自身4枚目のアルバム『ガイスト』、リリース。


■アーティスト:SHANNON LAY(シャノン・レイ)
■タイトル:GEIST(ガイスト)
■品番:SP1442CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Rare to Wake
2. A Thread to Find
3. Sure
4. Shores
5. Awaken and Allow
6. Geist
7. Untitled
8. Late Night
9. Time’s Arrow
10. July

Shannon Lay - Rare to Wake [OFFICIAL VIDEO]


Shannon Lay - Awaken and Allow / Geist


●2021年10月8日、Shannon Layはニュー・アルバム『Geist』をSub Popよりリリースする。Layは、WoodsのJarvis Tavinereのスタジオでアルバムのヴォーカルとギターをレコーディングし、それをロサンゼルスのBen Boye(Bonnie Prince Billy、Ty Segall)とニューヨークのDevin Hoff(Sharon Van Etten、Cibo Matto)に送付。二人のマルチインストゥルメンタリストの音楽的本能と直感を頼りとした。その後、Sofia Arreguin(Wand)とAaron Otheim(Heatwarmer、Mega Bog)により追加のキーボードが加えられ、Ty Segallが「Shores」のギター・ソロをプレイ。神秘的でありながらアクセスしやすいアルバム『Geist』が完成した。Syd Barrettのカヴァー「Late Night」から、ほぼアカペラの「Awaken and Allow」まで、曲は多岐にわたる。アルバムから最初に公開された「Rare to Wake」はPitchforkでベスト・ニュー・トラックを獲得した。
●Shannon Layは米ロサンジェルスをベースに活動するミュージシャンだ。2017年2月、Do Not Disturb Recordsよりファースト・アルバム『All This Life Goin Down』、同年9月にWoodsistよりセカンド・アルバム『Living Water』をリリース。『Living Water』はPitchfork等から絶賛された。2019年8月にはSub Popからは初となるサード・アルバム『August』をリリース。このアルバムのレコーディングはTy Segallとおこなわれ、ミックスはMikal Croninが担当した。また、Shannon Layはインディ・ロック・バンド、Feelsのギタリスト/シンガーとしても活動。2019年2月にWichita RecordingsよりリリースされたFeelsのセカンド・アルバム『Post Earth』は高い評価を得ている。加えて、Layは、Ty SegallのFreedom Bandのメンバーとしてショーも行っている。



2021-07-20 : Sub Pop :

■SHANNON LAY | サブ・ポップ移籍第一弾となった前作も好評を博したロサンジェルスのミュージシャン、シャノン・レイが4枚目のアルバム『ガイスト』をリリース。アルバムより「Awaken and Allow」のビデオを公開。



Shannon Lay - Awaken and Allow / Geist








●2021年10月8日、Shannon Layはニュー・アルバム『Geist』をSub Popよりリリースする。Layは、WoodsのJarvis Tavinereのスタジオでアルバムのヴォーカルとギターをレコーディングし、それをロサンゼルスのBen Boye(Bonnie Prince Billy、Ty Segall)とニューヨークのDevin Hoff(Sharon Van Etten、Cibo Matto)に送付。二人のマルチインストゥルメンタリストの音楽的本能と直感を頼りとした。その後、Sofia Arreguin(Wand)とAaron Otheim(Heatwarmer、Mega Bog)により追加のキーボードが加えられ、Ty Segallが「Shores」のギター・ソロをプレイ。神秘的でありながらアクセスしやすいアルバム『Geist』が完成した。Syd Barrettのカヴァー「Late Night」から、ほぼアカペラの「Awaken and Allow」まで、曲は多岐にわたる。アルバムから最初に公開された「Rare to Wake」はPitchforkでベスト・ニュー・トラックを獲得した。
●Shannon Layは米ロサンジェルスをベースに活動するミュージシャンだ。2017年2月、Do Not Disturb Recordsよりファースト・アルバム『All This Life Goin Down』、同年9月にWoodsistよりセカンド・アルバム『Living Water』をリリース。『Living Water』はPitchfork等から絶賛された。2019年8月にはSub Popからは初となるサード・アルバム『August』をリリース。このアルバムのレコーディングはTy Segallとおこなわれ、ミックスはMikal Croninが担当した。また、Shannon Layはインディ・ロック・バンド、Feelsのギタリスト/シンガーとしても活動。2019年2月にWichita RecordingsよりリリースされたFeelsのセカンド・アルバム『Post Earth』は高い評価を得ている。加えて、Layは、Ty SegallのFreedom Bandのメンバーとしてショーも行っている。








続きを読む

2021-07-15 : Sub Pop :

■FLOCK OF DIMES | ボン・イヴェール等との活動でも知られるワイ・オークのジェン・ワズナーによるソロ・プロジェクト、フロック・オブ・ダイムズ。発売中のニュー・アルバム『HEAD OF ROSES(ヘッド・オブ・ローゼズ)』 より、「Two」「One More Hour」のライヴ映像を公開。



Flock of Dimes - Two [Live at Betty's]


Flock of Dimes - One More Hour [Live at Betty's]


What people are saying about Head of Roses:
“More than anything she’s released before, Head of Roses makes room for the multiplicity of Wasner’s artistic voice. None of the singles sound anything alike — not the springy, off-kilter pop of ‘Two’ nor the slow-burning, psych-rock of ‘Price of Blue’ — and none of them quite prepare the listener for the gorgeously subdued second half of the album, which features several of the most stirring ballads Wasner has ever recorded. The common element holding all of these disparate parts together is her luminous, jewel-toned voice.” - New York Times

“Through blistering indie-rock songs and sparse, tender ballads, Head of Roses mines the dissolution of a romantic relationship to reveal the interconnections between loss and love, and between heartbreak and healing.”[“The Best Music of April”] - NPR Music

“An album that is as deeply introspective as it is creatively bold and ambitious (8/10).” - Uncut

“[Head of Roses] sees her incorporating her multifarious musical styles into a bright fusion of organic, dreamy rock and electronic pop.” [“22 albums we can’t wait to hear in April”] - The AV Club

“The album is — as you might expect — strikingly beautiful throughout.” - Stereogum

“Her second full-length outing, Head of Roses, is a triumphant signifier of professional and personal growth.” ★★★★ - The Independent

“A dazzling and harmonious display of styles and influences.” ★★★★ - The Sydney Morning Herald

”Head of Roses feels like an emotional journey where every new feeling, moment of rest and sonic surprise is hard-won.” [8.1/10] - PASTE

“Head of Roses is a journey toward healing and marks another strong entry in Flock of Dimes’ growing catalog of work.” ★★★★ - All Music

“The record is a stylish yet starkly honest amalgam of Wasner’s soul-searching introspection and multi-instrumental wizardry, merging dappled synth lines and woozy six-strings into bright cathartic compositions.” - Guitar World

“A project that ups the ante in her musical complexity… The impact is hypnotic.” - CLASH

“An album of subtle yet emotionally resonant songs.’ - Dusted

“The best material from the North Carolina artist’s prolific musical universe in years.” - SF Chronicle

“Not only a sonic delight, but a lyrical treasure trove full of personal truths that strike a universal chord (83/100)” - Beats Per Minute

“All hail Jenn Wasner. Whether it’s as one half of Baltimore dream pop combo Wye Oak or her solo project Flock of Dimes, Wasner’s songs take their time, fully enveloping you in reverb-drenched vocals and soaring electric guitars. From the first fuzzy riff to the closing staticky feedback breakdown, “Price of Blue” is heavy and immersive, delivering a standout track on an album with zero skips.” - Men’s Health

“Wasner’s command of grace for herself and others ultimately becomes a source of soothing as Head of Roses unfolds. Layers push aside to reveal a core scented with forgiveness and healing. Flock of Dimes has become the vehicle for Wasner’s most personal reflections, which makes it the one to treasure most.” - Under the Radar

“…Jenn Wasner’s second solo album sounds confident. Textural layers of guitar and synth offer depth, yet allow her voice to lead the way.” - Pitchfork







続きを読む

2021-06-17 : Sub Pop :

■BOB’S BURGERS | エミー賞も受賞したヒットアニメ『ボブズ・バーガーズ』の楽曲をコンパイルしたアルバム『ボブズ・バーガーズ・ミュージック・アルバム』の第二弾が発売。俳優のアダム・ドライヴァー、ティファニー・ハディッシュ、ジェニー・スレイト、マックス・グリーンフィールド、コメディアンのアパルナ・ナンチェラ、俳優/ラッパーのダヴィード・ディグス、トドリック・ホール、ミュージシャンのマット・バーニンガー(ザ・ナショナル)等をゲストとしてフィーチャー。



2021.8.25 ON SALE

エミー賞も受賞したヒットアニメ『ボブズ・バーガーズ』の楽曲をコンパイルしたアルバム『ボブズ・バーガーズ・ミュージック・アルバム』の第二弾が発売。俳優のアダム・ドライヴァー、ティファニー・ハディッシュ、ジェニー・スレイト、マックス・グリーンフィールド、コメディアンのアパルナ・ナンチェラ、俳優/ラッパーのダヴィード・ディグス、トドリック・ホール、ミュージシャンのマット・バーニンガー(ザ・ナショナル)等をゲストとしてフィーチャー。【2CD】


■アーティスト:BOB’S BURGERS(ボブズ・バーガーズ)
■タイトル:THE BOB’S BURGERS MUSIC ALBUM VOL. 2(ボブズ・バーガーズ・ミュージック・アルバムVOL. 2)
■品番:SP1410CDJ[2CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,500+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Disc 1)
1. Not the Forgiving Type
2. That Fortress Is the Worstest (Bakaneko)
3. That Fortress Is the Worstest (Akkoro Kamui)
4. That Fortress Is the Worstest (Mizuchi and Dodomeki)
5. Nobody’s Getting In
6. The Forgiving Type
7. Flu-ouise
8. Beyond the Sea
9. Witchy Witchy
10. Here Comes the Meat Plane
11. The Briefest of Glances
12. You’ve Got the Guts
13. You Can’t Spell Christmas Without Us
14. Watching You From a Distant Place
15. Sky Kiss (Intro)
16. Sky Kiss (Extended)
17. Cat Trainin’
18. Chunky Blast Offs
19. Dad-chelor Party
20. Tuscaloosa Twister
21. Meat Man
22. Street Life
23. Winthorpe Manor
24. Attention Humans of America
25. General Inzanity Intro
26. Let My People Rock (Part 1)
27. Fortress of Inzanity
28. Let My People Rock (Part 2)
29. Roll a Rock to Rock and Roll
30. Don’t Rock In, Rock Out (Bonus Track)
31. (I’ve Had) The Time of My Life
32. Mombo
33. I Sure Would Like a Mom
34. Hot Pants Rain Dance
35. I Want to Take You Higher
36. Sexy Little Tiger
37. Playdates
38. Who’s a Fun Mom on Halloween
39. Bad at Being a Nun (Extended)
40. Give It to Teddy
41. Christmas of My Dreams
42. Teddy’s Bleaken Story
43. The Bleaken
44. Art Song
45. O Christmas Tree
(Disc 2)
46. The Bleaken Reprise
47. Do You Hear What I Hear?
48. Twinkly Lights
49. Girl Power Jam
50. Ga Ga
51. Makin’ It bHand
52. BFOT on the Kiss Spot
53. See Something Sing Something
54. Sleepovers
55. Best Couple Friends
56. Weasel Weasel
57. Happy Birthday We Forgot
58. Sugar Cookies
59. Bat out of Hell
60. Mommies Are the Best
61. Burobu
62. This Wedding Is My Warzone
63. Napkining
64. Gumboy
65. Friend Zone
66. Hate the Way I Love You
67. No Pants in Space
68. The Right Number of Boys
69. Wheelie Mammoth
70. Quarter Assin
71. Business Monster
72. Trick or Treat, Sticky Sweets
73. None of Your Business
74. Let’s Swap Eyes so We Can Empathize
75. Radar Love
76. Saving the Bird
77. Alone
78. Rollin With Me
79. Doot Doo I Love You
80. Snowballs and Sledding
81. Hey Ange
82. Bruce the Goose
83. Pesto in My Pants
84. Nothing Makes Me Happy
85. Nothing Makes Me Happier
86. How Many Sandwiches Can You Name?
87. Bioluminescence
88. Puppet Battle
89. Regular Fries (Cruel To Be Kind)
90. CAKE

2017年5月にリリースされ大ヒットを記録したエミー賞受賞アニメ、Bob’s Burgersのミュージック・アルバム第二弾が2021年8月20日、Sub Popよりリリースされる。『The Bob’s Burgers Music Album Vol. 2』には、シーズン7からシーズン9までのほぼ全ての曲を収録。この90曲ではBob(H. Jon Benjamin)、Linda(John Roberts)、Tina(Dan Mintz)、Gene(Eugene Mirman)、Louise(Kristen Schaal)のBelcher家に加え、俳優、コメディアン、ミュージシャンのレギュラー/特別ゲストがフィーチャーされる。その中にはAdam Driver、Tiffany Haddish、Jenny Slate、Daveed Diggs、Max Greenfield、Toddrick Hall、Aparna Nancherla、Matt Berninger(The National)等が含まれる。ショーのファンにとってBob’s Burgersの音楽は魅力的な持ち帰り用バックのようなもので、それ自体が別世界である。




続きを読む

2021-06-10 : Sub Pop :

■BOB’S BURGERS | 8月にSub Popよりリリースされるエミー賞受賞アニメ、ボブズ・バーガーズのミュージック・アルバム第二弾『THE BOB’S BURGERS MUSIC ALBUM VOL. 2(ボブズ・バーガーズ・ミュージック・アルバムVOL. 2)』より「Sexy Little Tiger」を公開。



Bob's Burgers, Eugene Mirman, and Chris Maxwell - Sexy Little Tiger








2017年5月にリリースされ大ヒットを記録したエミー賞受賞アニメ、Bob’s Burgersのミュージック・アルバム第二弾が2021年8月20日、Sub Popよりリリースされる。『The Bob’s Burgers Music Album Vol. 2』には、シーズン7からシーズン9までのほぼ全ての曲を収録。この90曲ではBob(H. Jon Benjamin)、Linda(John Roberts)、Tina(Dan Mintz)、Gene(Eugene Mirman)、Louise(Kristen Schaal)のBelcher家に加え、俳優、コメディアン、ミュージシャンのレギュラー/特別ゲストがフィーチャーされる。その中にはAdam Driver、Tiffany Haddish、Jenny Slate、Daveed Diggs、Max Greenfield、Toddrick Hall、Aparna Nancherla、Matt Berninger(The National)等が含まれる。ショーのファンにとってBob’s Burgersの音楽は魅力的な持ち帰り用バックのようなもので、それ自体が別世界である。




2021-06-09 : Sub Pop :
« 前のページ  ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム