FC2ブログ

■LAEL NEALE | 米ロサンジェルスをベースに活動するミュージシャン、ラエル・ニール。オムニコードで制作されたニュー・アルバム『アクウェインテッド・ウィズ・ナイト』をサブ・ポップよりリリース。



2021.3.10 ON SALE

米ロサンジェルスをベースに活動するミュージシャン、ラエル・ニール。オムニコードで制作されたニュー・アルバム『アクウェインテッド・ウィズ・ナイト』をサブ・ポップよりリリース。


■アーティスト:LAEL NEALE(ラエル・ニール)
■タイトル:ACQUAINTED WITH NIGHT(アクウェインテッド・ウィズ・ナイト)
■品番:OTCD-6835 ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Blue Vein
2. Every Star Shivers in the Dark
3. Acquainted with Night
4. White Wings
5. How Far Is It to the Grave
6. For No One For Now
7. Sliding Doors & Warm Summer Roses
8. Third Floor Window
9. Let Me Live by the Side of the Road
10. Some Sunny Day

Lael Neale - Blue Vein [OFFICIAL VIDEO]


Lael Neale - For No One For Now [OFFICIAL VIDEO]


Lael Neale - Every Star Shivers in the Dark [OFFICIAL VIDEO]


Lael Nealeはヴァージニア州の田舎の農場で育ったが、ここ10年ちかくはロサンジェルスがホームであった。その間、ソングライティングを磨き、町中のヴェニューでプレイしたが、より良いレコーディングの方法は見つけられずにいた。「ドラム、ベース、ギター、ヴァイオリン、オルガンと楽器を重ねるにつれ、曲の活力が失われる」と彼女は感じていたのだ。2019年の初め、Laelはオムニコードを手に入れ、これが解決策となった。Laelは大量の曲のレコーディングを開始し、彼女を長年サポートしていたGuy BlakesleeはLaelのベッドルームにカセット・レコーダーを設置。4トラックでファースト・テイクのみを使用する形で曲を完成させていった。こうして最初にレコーディングされた曲がシングル「For No One For Now」であった。




スポンサーサイト



2021-01-18 : Sub Pop :

■CARTEL MADRAS | Cartel Madras、新曲「Drift」のビデオを公開。



Cartel Madras - Drift (OFFICIAL VIDEO)













2021-01-15 : Sub Pop :

■KIWI JR. | MOJO ★★★★☆、DIY ★★★★☆、NARC ★★★★☆。キーウィJR.、1/27リリースのニュー・アルバム『COOLER RETURNS(クーラー・リターンズ)』より「Waiting in Line」のビデオを公開。



Kiwi Jr. - Waiting in Line [OFFICIAL VIDEO]










“sustaining momentum near-flawlessly across 13 songs…proves Kiwi Jr. have the skills to match their smarts.” - MOJO ★★★★☆

“Canadian absurdists’ return is a lyrical delight” - Uncut

“The band rattle through a seemingly inexhaustible supply of hooks and melodies.” - DIY ★★★★☆

“Cooler Returns is a bloody good album full of vivid charm .” - NARC ★★★★☆

“A scratchy post-punk jam with some seriously funny lyrics.” [“Cooler Returns”] - Stereogum

“The latest glimpse into their 2021 debut album, “Undecided Voters” is an upbeat indie rock song filled with layers of social commentary woven under the seemingly random surface of the lyrics.” - PASTE

“Very catchy and very timely” [“Undecided Voters”] - Brooklyn Vegan

“A jaunty rocker that immediately aligns them with Australian favourites (and now label-mates) Rolling Blackouts CF, “Undecided Voters” takes precisely 0.5 listens to get under your skin, being as it is so packed with vibrant guitars, propulsive percussion and ever-appearing earworm melodies…” - Beats Per Minute

“If their debut Football Money, which so gratifyingly warmed the sceptics within us with their comfortably layered hooks and dry sardonic perception of the metropolitan dream, was their run for local town mayor – ‘Undecided Voters’ is their big money shot at the senatorship.” - So Young

“As we prepare for perhaps the most theatrical and gladiatorial political debate in history, ‘Undecided Voters’ is simultaneously extremely funny and painfully prescient.” - The Line of Best Fit

“The track channels a breezy 90s sort of indie rock anthem of sorts, that feels part slacker anthem and something much grander and anthemic at the very same time.” [“Cooler Returns”] - We All Want Someone To Shout For

“The four-piece’s refined pop sensibilities haven’t entirely escaped them in light of those cracks coming completely unglued early on in the track. If anything, they sound like a vehicle headed downhill without any brakes, momentum balling up, and a shit-eating grin worn on each of their faces approaching collision.” [“Cooler Returns”] - Recommended Listen

“On paper, the lyrics of Kiwi Jr.’s ‘Cooler Returns’ reads like a mildly anxious stream-of-consciousness that careens from an uncomfortable Super Bowl Sunday to being “strung out on the back of your ATV / throwing dead birds into the air”. But the song’s also a jangly, indie rock earworm that’ll lodge itself in that part of your brain that loves Pavement.” [“Cooler Returns”] - NME

“Having heard the new album, Cooler Returns…we can attest that they have lost exactly none of the naïvety of style that had them create such infectious tunes the first time around.” - Louder Than War






続きを読む

2021-01-12 : Sub Pop :

■TV PRIEST | TVプリースト、2/10発売のアルバム『UPPERS(アッパーズ)』より「Press Gang」のビデオを公開。



TV Priest - Press Gang [OFFICIAL VIDEO]








What people have been saying about TV Priest:
“Fuzzed-out post punk from London four-piece on debut LP… harsh, brittle eruptions offering up a variety of teeth-rattling noises.” [Uppers] Uncut

Ragged yet tight, sprawling yet focussed, it’s a singular vision of a disparate time. It rounds up most of the usual suspects of our Un-united Kingdom, the pop culture, the insularity, the lies on the side of a bus, but manages to breathe new life into those old tropes by sheer force of personality. [Uppers, ★★★★] - DORK

“The post-punk band have caught attention with a string of superb singles, exemplifying their scorching post-punk sound.” - CLASH

“Vocalist Charlie Drinkwater scrolls endlessly as his country fades into irrelevance on British band TV Priest’s latest fiery missive.” [“This Island”/ “20 Best Rock Songs Right Now, Aug.”] - The FADER

“They fit in with the post-punk revival - sultry, prophetic lyricism with brash instrumentation…” [“This Island”] - Brooklyn Vegan

“Scorching” [“This Island”] - DIY

“The track’s distorted organs serve as riled-up opening remarks before gruelling dark vocals spit out patriotic cliches and commemorative Latin phrases. “This is not my national anthem” sneers Charlie Drinkwater over a fuzzy echo of the Star-Spangled Banner. Thrashing industrial guitars smash any sense of security.” [“House of York”] - The Line Of Best Fit

“’This Island’ is a densely packed ball of energy, and their occasional spillovers of momentum are exhilarating.” - PASTE

“A frenzied anthem.”[“House of York”] - Earmilk

“A riotous debut single… finding a balance of subtlety and decisive awakening that’s fed through the laconic, abstract drawl of Charlie Drinkwater, seamlessly subverting into a deafening anthem in itself.” [“House of York”] - So Young

“Their sound is ultimately chaotic, with cuts of fuzzy distortion creating a disorienting and thrilling listening experience.” [“House of York”] - Gigwise






続きを読む

2021-01-07 : Sub Pop :

■TV PRIEST | UKでの猛烈なポストパンクの復活を継続させるロンドンの4人組、TVプリースト。話題の彼らが待望のデビュー・アルバム『アッパーズ』をサブ・ポップよりリリース。



2021.2.10 ON SALE

UKでの猛烈なポストパンクの復活を継続させるロンドンの4人組、TVプリースト。話題の彼らが待望のデビュー・アルバム『アッパーズ』をサブ・ポップよりリリース。


■アーティスト:TV PRIEST(TVプリースト)
■タイトル:UPPERS(アッパーズ)
■品番:OTCD-6834[CD]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Big Curve
2. Press Gang
3. Leg Room
4. Journal of a Plague Year
5. History Week
6. Decoration
7. Slideshow
8. Fathers and Sons
9. The ref
10. Powers of Ten
11. This Island
12. Saintless

TV Priest - Decoration [OFFICIAL VIDEO]


『Uppers』は昨今のUKでの猛烈なポストパンクの復活を継続させる冒頭陳述だ。離れ離れになる前の10代の頃に一緒に音楽を作っていた4人の幼馴染、Charlie Drinkwater(Vo)、Alex Sprogis(G)、Nic Bueth(B/Key)、Ed Kelland(Dr)の4人は2019年、再び集まった。TV Priestは、音楽をもう一度一緒にクリエイトする、という必然からまさに誕生した。しかし、彼らは実生活や仕事を数年間おこなってきたので、そこにはティーンの頃にはなかった豊富な経験や苦悩が込められるようになった。バンドは2019年11月、初めてのショーを実施。世界的なパンデミックの中、2020年の春にファースト・シングルをリリースした。The FallやProtomartyrから影響を受け、クラウトロックのグルーヴをもった彼らのサウンドには手つかずのエネルギーが存在する。そして、本物のフロントマン、Charlieの面白く、怒りにあふれ、混乱したヴォーカルが、そこにのる。当初はUKのレーベル、Hand in Hiveより2020年の秋にリリース予定だったデビュー・アルバム『Uppers』は2021年2月、Sub Popよりリリースされる。




2020-12-08 : Sub Pop :

■KIWI JR. | オールウェイズのメンバーも在籍するカナダはトロントのインディ・ロック・バンド、キーウィJR.。サブ・ポップからは初、自身2枚目となるアルバム『クーラー・リターンズ』をリリース。



2021.1.27 ON SALE

オールウェイズのメンバーも在籍するカナダはトロントのインディ・ロック・バンド、キーウィJR.。サブ・ポップからは初、自身2枚目となるアルバム『クーラー・リターンズ』をリリース。


■アーティスト:KIWI JR.(キーウィJR.)
■タイトル:COOLER RETURNS(クーラー・リターンズ)
■品番:OTCD-6832 ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Tyler
2. Undecided Voters
3. Maid Marian's Toast
4. Highlights of 100
5. Only Here for a Haircut
6. Cooler Returns
7. Guilty Party
8. Omaha
9. Domino
10. Nashville Wedding
11. Dodger
12. Norma Jean's Jacket
13. Waiting in Line

Kiwi Jr. - Cooler Returns [OFFICIAL VIDEO]


Kiwi Jr. - Undecided Voters [OFFICIAL VIDEO]


Kiwi Jr.はカナダのインディ・ロック・バンドだ。メンバーはJeremy Gaudet(Vo/G)、Brohan Moore(Dr)、Mike Walker(Ba)、Brian Murphy(G)の4人。地元シャーロットタウンからトロントへ移り活動を本格化させた。2019年にカナダのMint Recordsよりデビュー・アルバム『Football Money』をリリース。同アルバムはPersona Non Grata/Kiwi Clubより、翌2020年1月に他国でもリリースされ、Pitchfork、UNCUT、NPR Music等から絶賛された。当『Cooler Returns』はバンドのセカンド・アルバムで、Sub Popからは初のリリースとなる。アルバムはバンド自身のプロデュースの元、Graham Walsh(METZ、Bully)のミックス/エンジニアリングによりトロントでレコーディングされた。また、マスタリングは、オタワのBova LabsでPhillip Shaw Bovaによりおこなわれた。アルバムからのファースト・シングルは「Undecided Voters」で、2020年9月に公開された。尚、ギターのBrian MurphyはAlvvaysでベースを担当していることでも知られる。




2020-11-18 : Sub Pop :

■LOMA | ローマ、発売中のニュー・アルバム『DON’T SHY AWAY(ドント・シャイ・アウェイ)』より、「Homing」のリリック・ビデオを公開。



Loma - Homing [LYRIC VIDEO]



★★★★ MOJO
8/10 Uncut
8/10 Exclaim!
“Gorgeous, otherworldly music” Stereogum
“Album of the Day” BBC 6 Music










続きを読む

2020-10-28 : Sub Pop :

■LOMA | ローマ、10/28発売のニュー・アルバム『DON’T SHY AWAY(ドント・シャイ・アウェイ) 』より、タイトル・トラック「Don't Shy Away」のビデオを公開。



Loma - Don't Shy Away [OFFICIAL VIDEO]










What “The People” are saying about Loma:
“Atmospheric melodies and Cross’ otherworldly vocals blend to absorbing effect…” [Don’t Shy Away, 8/10] - Uncut

“Loma are making some gorgeous, otherworldly music.” [“Half Silences”] - Stereogum

“Cherish their return, it’s a triumph” [“Ocotillo”] - For The Rabbits

“Cross’ vocals are heaven-sent” [“Ocotillo”] - Beats Per Minute






続きを読む

2020-09-25 : Sub Pop :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム