FC2ブログ

■Iron & Wine | アイアン&ワイン、3/27発売、『アワ・エンドレス・ナンバード・デイズ』15周年記念デラックス盤の国内流通仕様盤は、英文解説訳付。



2019.3.27 ON SALE

昨年リリースしたEP『ウィード・ガーデン』がグラミー賞にノミネート中のアイアン&ワイン。後の大ブレイクへの礎となった傑作セカンド・アルバム『アワ・エンドレス・ナンバード・デイズ』が15周年記念のデラックス盤としてリイシュー。


■アーティスト:IRON & WINE(アイアン&ワイン)
■タイトル:OUR ENDLESS NUMBERED DAYS (DELUXE)(アワ・エンドレス・ナンバード・デイズ(デラックス))
■品番:SP1288CDJ[国内流通仕様]
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■その他:英文解説訳付
■収録曲目:
1. On Your Wings
2. Naked as We Came
3. Cinder and Smoke
4. Sunset Soon Forgotten
5. Teeth in the Grass
6. Love and Some Verses
7. Radio War
8. Each Coming Night
9. Free Until They Cut Me Down
10. Fever Dream
11. Sodom, South Georgia
12. Passing Afternoon
13. Naked as We Came (demo)
14. Cinder and Smoke (demo)
15. Teeth in the Grass (demo)
16. Love and Some Verses (demo)
17. Free Until They Cut Me Down (demo)
18. Fever Dream (demo)
19. Sodom, South Georgia (demo)
20. Passing Afternoon (demo)

Iron & Wine - Passing Afternoon (Demo)


●Sam Beamのソロ・プロジェクト、Iron & Wineは、2018年8月に最新アルバム『Beast Epic』と同時期に書かれた6曲を収録したEP『Weed Garden』をリリース。同EPは現在、第61回グラミー賞の「ベスト・フォーク・アルバム」にノミネートされているが、そうした中、2004年リリースのセカンド・アルバム『Our Endless Numbered Days』がデラックス盤としてリイシューされる。
●『Our Endless Numbered Days』のレコーディングはSam Beamのマイアミの自宅とシカゴのEngine StudiosでBrian Deck(Red Red Meat、Modest Mouse、Ugly Casanova他)と共におこなわれた。Sam Beam自身、はじめてプロフェッショナルなスタジオでレコーディングをおこなったこの作品は、2004年の3月にリリースされ、高い評価を獲得。後の大ブレイクへの礎となり、2018年末までで46万枚のセールスを記録している。今回のリイシューではオリジナルのアルバムに加え、未発表のデモ・ヴァージョン8曲を追加収録。ミュージック・ジャーナリスト、Amanda Petrusichによるアルバムについてのエッセーが書かれた12ページのブックレットも封入される。
●英文解説訳付

【Iron & Wine / アイアン&ワイン】
Iron & Wineは米サウスカロライナ州出身のシンガーソングライター、Sam Beamによるソロ・プロジェクトだ。フロリダ州立大学で芸術学の修士号を取得したSam Beamは、大学などで教師をしながら曲を書き続け、レコード会社にデモを送付。それが機となり、Sub Popと契約。2002年にデビュー・アルバム『The Creek Drank The Cradle』をリリースした。2004年にはセカンド・アルバム『Our Endless Numbered Days』をリリース。初めてプロフェッショナルなスタジオでレコーディングされたこのアルバムは大きな評価を獲得。後の大ブレイクへの大きな礎となった。2007年にはサード・アルバム『The Shepherd's Dog』をリリース。アルバムは米アルバム・チャートの24位を記録し、多くのメディアで同年のベスト・アルバムの一枚に挙げられた。2011年にはメジャー移籍後初となる4枚目のアルバム『Kiss Each Other Clean』をリリース。米アルバム・チャートの2位を記録。英でもトップ40ヒットなり、各国のチャートにもランクイン。ワールドワイドでのブレイク作となった。2013年には5枚目のアルバム『Ghost On Ghost』をリリース。ジャジーなサウンドにシフトしたこの作品も各国でヒットした。その後、Ben BridwellやJesca Hoopとのコラボ作を挟み、2017年8月にはSub Pop復帰作となる6枚目のアルバム『Beast Epic』をリリース。同作は第60回グラミー賞の「ベスト・アメリカーナ・アルバム」にもノミネートされた。また、2018年8月には、『Beast Epic』と同時期に書かれた6曲を収録したEP『Weed Garden』をリリース。同EPは第61回グラミー賞の「ベスト・フォーク・アルバム」にノミネートされている。




スポンサーサイト
2019-03-18 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | 昨年リリースしたEP『ウィード・ガーデン』がグラミー賞にノミネート中のアイアン&ワイン。後の大ブレイクへの礎となった傑作セカンド・アルバム『アワ・エンドレス・ナンバード・デイズ』が15周年記念のデラックス盤としてリイシュー。



2019.3.27 ON SALE

昨年リリースしたEP『ウィード・ガーデン』がグラミー賞にノミネート中のアイアン&ワイン。後の大ブレイクへの礎となった傑作セカンド・アルバム『アワ・エンドレス・ナンバード・デイズ』が15周年記念のデラックス盤としてリイシュー。


■アーティスト:IRON & WINE(アイアン&ワイン)
■タイトル:OUR ENDLESS NUMBERED DAYS (DELUXE)(アワ・エンドレス・ナンバード・デイズ(デラックス))
■品番:SP1288CDJ[国内流通仕様]
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■その他:英文解説訳付
■収録曲目:
1. On Your Wings
2. Naked as We Came
3. Cinder and Smoke
4. Sunset Soon Forgotten
5. Teeth in the Grass
6. Love and Some Verses
7. Radio War
8. Each Coming Night
9. Free Until They Cut Me Down
10. Fever Dream
11. Sodom, South Georgia
12. Passing Afternoon
13. Naked as We Came (demo)
14. Cinder and Smoke (demo)
15. Teeth in the Grass (demo)
16. Love and Some Verses (demo)
17. Free Until They Cut Me Down (demo)
18. Fever Dream (demo)
19. Sodom, South Georgia (demo)
20. Passing Afternoon (demo)

Iron & Wine - Passing Afternoon (Demo)


●Sam Beamのソロ・プロジェクト、Iron & Wineは、2018年8月に最新アルバム『Beast Epic』と同時期に書かれた6曲を収録したEP『Weed Garden』をリリース。同EPは現在、第61回グラミー賞の「ベスト・フォーク・アルバム」にノミネートされているが、そうした中、2004年リリースのセカンド・アルバム『Our Endless Numbered Days』がデラックス盤としてリイシューされる。
●『Our Endless Numbered Days』のレコーディングはSam Beamのマイアミの自宅とシカゴのEngine StudiosでBrian Deck(Red Red Meat、Modest Mouse、Ugly Casanova他)と共におこなわれた。Sam Beam自身、はじめてプロフェッショナルなスタジオでレコーディングをおこなったこの作品は、2004年の3月にリリースされ、高い評価を獲得。後の大ブレイクへの礎となり、2018年末までで46万枚のセールスを記録している。今回のリイシューではオリジナルのアルバムに加え、未発表のデモ・ヴァージョン8曲を追加収録。ミュージック・ジャーナリスト、Amanda Petrusichによるアルバムについてのエッセーが書かれた12ページのブックレットも封入される。
●英文解説訳付

【Iron & Wine / アイアン&ワイン】
Iron & Wineは米サウスカロライナ州出身のシンガーソングライター、Sam Beamによるソロ・プロジェクトだ。フロリダ州立大学で芸術学の修士号を取得したSam Beamは、大学などで教師をしながら曲を書き続け、レコード会社にデモを送付。それが機となり、Sub Popと契約。2002年にデビュー・アルバム『The Creek Drank The Cradle』をリリースした。2004年にはセカンド・アルバム『Our Endless Numbered Days』をリリース。初めてプロフェッショナルなスタジオでレコーディングされたこのアルバムは大きな評価を獲得。後の大ブレイクへの大きな礎となった。2007年にはサード・アルバム『The Shepherd's Dog』をリリース。アルバムは米アルバム・チャートの24位を記録し、多くのメディアで同年のベスト・アルバムの一枚に挙げられた。2011年にはメジャー移籍後初となる4枚目のアルバム『Kiss Each Other Clean』をリリース。米アルバム・チャートの2位を記録。英でもトップ40ヒットなり、各国のチャートにもランクイン。ワールドワイドでのブレイク作となった。2013年には5枚目のアルバム『Ghost On Ghost』をリリース。ジャジーなサウンドにシフトしたこの作品も各国でヒットした。その後、Ben BridwellやJesca Hoopとのコラボ作を挟み、2017年8月にはSub Pop復帰作となる6枚目のアルバム『Beast Epic』をリリース。同作は第60回グラミー賞の「ベスト・アメリカーナ・アルバム」にもノミネートされた。また、2018年8月には、『Beast Epic』と同時期に書かれた6曲を収録したEP『Weed Garden』をリリース。同EPは第61回グラミー賞の「ベスト・フォーク・アルバム」にノミネートされている。




2019-01-30 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | グラミー賞にもノミネートされたサブ・ポップ復帰作『ビースト・エピック』から1年、アイアン&ワインことサム・ビームの新作が完成。『ビースト・エピック』と同時期に書かれた6曲を収録したミニ・アルバム『ウィード・ガーデン』、リリース。



2018.9.12 ON SALE

グラミー賞にもノミネートされたサブ・ポップ復帰作『ビースト・エピック』から1年、アイアン&ワインことサム・ビームの新作が完成。『ビースト・エピック』と同時期に書かれた6曲を収録したミニ・アルバム『ウィード・ガーデン』、リリース。


■アーティスト:IRON & WINE(アイアン&ワイン)
■タイトル:WEED GARDEN(ウィード・ガーデン)
■品番:SP1255CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,890+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. What Hurts Worse
2. Waves of Galveston
3. Last of Your Rock 'n' Roll Heroes
4. Milkweed
5. Autumn Town Leaves
6. Talking to Fog

Iron & Wine - What Hurts Worse


●Iron & WineはSub Pop復帰後初のリリースとなった6枚目のアルバム『Beast Epic』に続く作品『Weed Garden』を2018年の晩夏にリリースする。
●2017年8月にリリースされた『Beast Epic』は高い評価を獲得。全米チャートの44位にランクインし、第60回グラミー賞(2018年1月)の「ベスト・アメリカ―ナ・アルバム」にもノミネートされた。『Beast Epic』に続く当ミニ・アルバム『Weed Garden』には、『Beast Epic』と同時期の3年前に書かれたものの、まだ完成に至っていなかった6曲を収録が収録され、その中にはファンのお気に入りでもある「Waves of Galveston」も含まれている。昨秋のツアー時、最終的にこれらの楽曲のピースが完成。Sam Beamとレコーディング・メンバーは1月にシカゴのスタジオ、The Loftに入り、6曲をレコディングした。

【Iron & Wine / アイアン&ワイン】
Iron & Wineは米サウスカロライナ州出身のシンガーソングライター、Sam Beamによるソロ・プロジェクトだ。フロリダ州立大学で芸術学の修士号を取得したSam Beamは、大学などで教師をしながら曲を書き続け、レコード会社にデモを送付。それが機となり、Sub Popと契約。2002年にデビュー・アルバム『The Creek Drank The Cradle』をリリースした。2004年にはセカンド・アルバム『Our Endless Numbered Days』をリリース。初めてプロフェッショナルなスタジオでレコーディングされたこのアルバムは大きな評価を獲得。後の大ブレイクへの大きな礎となった。2007年にはサード・アルバム『The Shepherd's Dog』をリリース。アルバムは米アルバム・チャートの24位を記録し、多くのメディアで同年のベスト・アルバムの一枚に挙げられた。2011年にはメジャー移籍後初となる4枚目のアルバム『Kiss Each Other Clean』をリリース。米アルバム・チャートの2位を記録。英でもトップ40ヒットなり、各国のチャートにもランクイン。ワールドワイドでのブレイク作となった。2013年には5枚目のアルバム『Ghost On Ghost』をリリース。ジャジーなサウンドにシフトしたこの作品も各国でヒットした。その後、Ben BridwellやJesca Hoopとのコラボ作を挟み、2017年8月にはSub Pop復帰作となる6枚目のアルバム『Beast Epic』をリリース。同作は第60回グラミー賞の「ベスト・アメリカ―ナ・アルバム」にもノミネートされた。




2018-07-25 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | Iron & Wine、8/25 に Sub Pop からリリースするニューアルバムから「Thomas County Law」のMVを公開!









2017-10-19 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | Iron & Wine がニューアルバム『Beast Epic』を Sub Pop から 8/25 リリースが決定!









2017-10-19 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | アイアン&ワイン 『Beast Epic』 涙を誘うアコギと少し掠れたソフト・ヴォイスが存分に堪能できるソロ6作目(bounceレヴュー)









2017-10-19 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | アイアン&ワインのニュー・アルバム『ビースト・エピック』、発売中。日本盤は2曲入りボーナス・ディスク付。



2017.8.25 ON SALE[世界同時発売]

シンガーソングライター、サム・ビームのソロ・プロジェクト、アイアン&ワインのニュー・アルバム『ビースト・エピック』が完成。名実共にインディ・フォークのシーンを代表するアーティストがサブ・ポップに戻りリリースする4年振り、通算6枚目のアルバム。


■アーティスト:IRON & WINE(アイアン&ワイン)
■タイトル:BEAST EPIC(ビースト・エピック)
■品番:OTCD-6162
■定価:¥2,300+税
■その他:解説(ジョナサン・ポーンマン / サブ・ポップ設立者)/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Claim Your Ghost
2. Thomas County Law
3. Bitter Truth
4. Song in Stone
5. Summer Clouds
6. Call It Dreaming
7. About a Bruise
8. Last Night
9. Right for Sky
10. The Truest Stars We Know
11. Our Light Miles
[日本盤は2曲入りボーナス・ディスク付]
1. Hearts Walk Everywhere
2. Kicking The Old Rain



Iron & Wine - Call It Dreaming [OFFICIAL VIDEO]


●名実共にインディ・フォークのシーンを代表するシンガーソングライター、Sam Beamのソロ・プロジェクト、Iron & Wineが古巣Sub Popへ戻り6枚目のアルバム『Beast Epic』をリリースする。
●「動物が人のように話したり行動したりする物語。我々の人生を完璧に描写したサウンド」と語られるこのアルバムは、前作から約4年振りの作品で、過去の作品に賛同したかのようなサウンドを持ち、全てをライヴでレコーディング。オーヴァーダブも最小限に抑えた作りとなっている。全曲、Sam Beam自身により書かれ、プロデュースも自身がおこなった。アルバムはシカゴのスタジオ、LoftでTom Schickによりレコーディングされ、マスタリングはナッシュビルでRichard Doddがおこなった。また長年のIron & Wineのコラボレーター、Rob Burger (keys)、Joe Adamik (percussion)、Jim Becker (guitar, banjo, violin, mandolin)、Sebastian Steinberg (bass)、Teddy Rankin Parker (cello)がレコーディングに参加した。2017年6月にはアルバムから「Call It Dreaming」のビデオが公開されている。
●全世界同時発売、日本盤は2曲入りボーナス・ディスク付

【Iron & Wine | アイアン&ワイン】
Iron & Wineは米サウスカロライナ州出身のシンガーソングライター、Sam Beamによるソロ・プロジェクトだ。フロリダ州立大学で芸術学の修士号を取得した彼は、大学などで教師をしながら曲を書き続け、レコード会社にデモを送付。それが機となり、Sub Popと契約。2002年にデビュー・アルバム『The Creek Drank The Cradle』をリリースした。2004年にはセカンド・アルバム『Our Endless Numbered Days』をリリース。初めてプロフェッショナルなスタジオでレコーディングされたこのアルバムは大きな評価を獲得。後の大ブレイクへの大きな礎となった。2007年にはサード・アルバム『The Shepherd's Dog』をリリース。アルバムは米アルバム・チャートの24位を記録し、多くのメディアで同年のベスト・アルバムの一枚に挙げられた。2011年にはメジャー移籍後初となる4枚目のアルバム『Kiss Each Other Clean』をリリース。米アルバム・チャートの2位を記録。英でもトップ40ヒットなり、各国のチャートにもランクイン。ワールドワイドでのブレイク作となった。2013年には5枚目のアルバム『Ghost On Ghost』をリリース。ジャジーなサウンドにシフトしたこの作品も各国でヒットした。





2017-08-30 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | シンガーソングライター、サム・ビームのソロ・プロジェクトIRON & WINEがニュー・アルバム『BEAST EPIC』をリリース!









2017-08-30 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | Iron & Wine、ニューアルバムリリースを記念し昨日 Pitchfork Live で配信された50分間のフルライブ映像が公開!









2017-08-30 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | ♪ Iron & Wine - Thomas County Law









2017-08-30 : Iron & Wine :

■Iron & Wine | アイアン・アンド・ワイン(Iron & Wine)古巣Sub Popへ戻っての新作『Beast Epic』8/25発売。夏の終わり~秋の訪れにじっくり聴きたい温かい作品









2017-08-30 : Iron & Wine :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム