fc2ブログ

■THE DARKNESS | ザ・ダークネス、新作CD『MOTORHEART』(OTCD-6841)+ Tシャツ(今回のリリースに合わせたオフィシャル・デザイン)のセットが発売決定。完全限定生産。



2021.11.24 ON SALE

全英トップ10ヒットを記録した前作から2年、ザ・ダークネス7枚目のアルバムが完成。新たなマスターピースとなる計り知れないほど贅沢なロックンロール・アルバム『モーターハート』、リリース。

新作CD『MOTORHEART』(OTCD-6841)+ Tシャツ(今回のリリースに合わせたオフィシャル・デザイン)のセットが発売決定。【完全限定生産】


■アーティスト:THE DARKNESS(ザ・ダークネス)
■タイトル:MOTORHEART(モーターハート)
■品番:OTCD-6844[CD+Tシャツ(M)]/OTCD-6845[CD+Tシャツ(L)]/OTCD-6846[CD+Tシャツ(XL)]
■定価:¥5,400+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Welcome Tae Glasgae
2. It's Love, Jim
3. Motorheart
4. The Power and the Glory of Love
5. Jussy's Girl
6. Sticky Situations
7. Nobody Can See Me Cry
8. Eastbound
9. Speed of the Nite Time
10. You Don't Have to be Crazy About Me...But it Helps*
11. It's a Love Thang (You Wouldn't Understand)*
12. So Long*
13. The Age of Darkness*
*日本盤ボーナス・トラック



The Darkness - Motorheart (Official Lyric Video)


●The Darkness(Justin Hawkins、Dan Hawkins、Frankie Poullain、Rufus Tiger Taylor)はニュー・アルバム『Motorheart』を2021年11月19日、Cooking Vinylよりリリースする。Dan Hawkinsがプロデュース、エンジニア、ミックスを手掛けたこの作品は、全英トップ10ヒットを記録した前作『Easter Is Cancelled』から2年振り、通算7枚目のアルバムとなる。ファースト・シングルはタイトル・トラック「Motorheart」で、「これまでのどの曲よりも激しい。この曲は私をハッピーにする。自信を持って音量を上げ、私のスイスにある家は、その土台から揺れる。Danはプロダクションで素晴らしい仕事をした。この曲は、あなたの化粧を落としてしまう。しかし、耳から耳へと通り抜け、あなたはグリニング・スカル(笑っているように見えるむき出しの頭蓋骨)となる。楽しんでくれ」とJustinは同曲について語る。
●The Darkness は2000年、英サフォークにて結成された。メンバーはヴォーカル&ギターのJustin Hawkins(ジャスティン・ホーキンス)、ギターの Dan Hawkins(ダン・ホーキンス)、ベースのFrankie Poullain(フランキー・ポーレイン)、ドラムのRufus Taylor(ルーファス・テイラー)の4人。Justin Hawkinsのハイトーン・ヴォーカルを軸に、AC/DC、Queen(ドラムのRufus TaylorはクイーンのRoger Taylorの息子)、Aerosmith、Led Zeppelin他、70年ハード・ロックに影響を受けたサウドンを鳴らす。2003年、デビュー・アルバム『Permission to Land』をリリースし、UKチャートの1位/USチャートの36位を獲得。アルバムからは5枚のシングルがリリースされ、「I Believe in a Thing Called Love」はUKシングル・チャートの2位を獲得。翌2004年、バンドはブリット・アワードで、ベスト・グループ、ベスト・ロック・グループ、ベスト・アルバムの3部門を受賞。ケラング・アワードではベスト・ライヴ・アクト、ベスト・ブリティッシュ・バンドの2部門を受賞した。2005年にセカンド・アルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』をリリースするも、翌2006年、Justin Hawkinsが脱退し、バンドは事実上の解散となる。2011年、再結成。2012年にサード・アルバム『Hot Cakes』をリリースし、UKチャートの4位を獲得。2015年には4枚目のアルバム『Last Of Our Kind』(UKチャート12位)、2017年には5枚目のアルバム『Pinewood Smile』(UKチャート12位)をリリース。2019年の6枚目のアルバム『Easter Is Cancelled』は、UKチャートの10位(同ロック/メタル・チャートでは1位)を獲得した。




スポンサーサイト



2021-10-14 : The Darkness :

■THE DARKNESS | ザ・ダークネス、11/19にリリースされるニュー・アルバム『MOTORHEART(モーターハート)』より、ニュー・シングル「Jussy's Girl」をリリース。同曲のビデオも公開。



The Darkness - Jussy's Girl (Official Video)


The Darknessは11月19日にリリースされるニュー・アルバムより『Motorheart』より、ニュー・シングル「Jussy’s Girl」をリリース。同曲のビデオも公開した。「「Jussy’s Girl」は肉体と心、両方の不必要な欲望についての歌だ。音的にはDef LeppardとBilly Oceanの間のどこかを目指していた」とJustin Hawkinsが語るこの曲は、80年代の影響を感じさせる巨大なリフやアンセミックなコーラスを持ち、ロックンロールの贅沢さを漂わせている。




続きを読む

2021-09-24 : The Darkness :

■THE DARKNESS | 全英トップ10ヒットを記録した前作から2年、ザ・ダークネス7枚目のアルバムが完成。新たなマスターピースとなる計り知れないほど贅沢なロックンロール・アルバム『モーターハート』、リリース。



2021.11.19 ON SALE[世界同時発売]

全英トップ10ヒットを記録した前作から2年、ザ・ダークネス7枚目のアルバムが完成。新たなマスターピースとなる計り知れないほど贅沢なロックンロール・アルバム『モーターハート』、リリース。


■アーティスト:THE DARKNESS(ザ・ダークネス)
■タイトル:MOTORHEART(モーターハート)
■品番:OTCD-6841[CD]
■定価:¥2,500+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Welcome Tae Glasgae
2. It's Love, Jim
3. Motorheart
4. The Power and the Glory of Love
5. Jussy's Girl
6. Sticky Situations
7. Nobody Can See Me Cry
8. Eastbound
9. Speed of the Nite Time
10. You Don't Have to be Crazy About Me...But it Helps*
11. It's a Love Thang (You Wouldn't Understand)*
12. So Long*
13. The Age of Darkness*
*日本盤ボーナス・トラック

The Darkness - Motorheart (Official Lyric Video)


●The Darkness(Justin Hawkins、Dan Hawkins、Frankie Poullain、Rufus Tiger Taylor)はニュー・アルバム『Motorheart』を2021年11月19日、Cooking Vinylよりリリースする。Dan Hawkinsがプロデュース、エンジニア、ミックスを手掛けたこの作品は、全英トップ10ヒットを記録した前作『Easter Is Cancelled』から2年振り、通算7枚目のアルバムとなる。ファースト・シングルはタイトル・トラック「Motorheart」で、「これまでのどの曲よりも激しい。この曲は私をハッピーにする。自信を持って音量を上げ、私のスイスにある家は、その土台から揺れる。Danはプロダクションで素晴らしい仕事をした。この曲は、あなたの化粧を落としてしまう。しかし、耳から耳へと通り抜け、あなたはグリニング・スカル(笑っているように見えるむき出しの頭蓋骨)となる。楽しんでくれ」とJustinは同曲について語る。
●The Darkness は2000年、英サフォークにて結成された。メンバーはヴォーカル&ギターのJustin Hawkins(ジャスティン・ホーキンス)、ギターの Dan Hawkins(ダン・ホーキンス)、ベースのFrankie Poullain(フランキー・ポーレイン)、ドラムのRufus Taylor(ルーファス・テイラー)の4人。Justin Hawkinsのハイトーン・ヴォーカルを軸に、AC/DC、Queen(ドラムのRufus TaylorはクイーンのRoger Taylorの息子)、Aerosmith、Led Zeppelin他、70年ハード・ロックに影響を受けたサウドンを鳴らす。2003年、デビュー・アルバム『Permission to Land』をリリースし、UKチャートの1位/USチャートの36位を獲得。アルバムからは5枚のシングルがリリースされ、「I Believe in a Thing Called Love」はUKシングル・チャートの2位を獲得。翌2004年、バンドはブリット・アワードで、ベスト・グループ、ベスト・ロック・グループ、ベスト・アルバムの3部門を受賞。ケラング・アワードではベスト・ライヴ・アクト、ベスト・ブリティッシュ・バンドの2部門を受賞した。2005年にセカンド・アルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』をリリースするも、翌2006年、Justin Hawkinsが脱退し、バンドは事実上の解散となる。2011年、再結成。2012年にサード・アルバム『Hot Cakes』をリリースし、UKチャートの4位を獲得。2015年には4枚目のアルバム『Last Of Our Kind』(UKチャート12位)、2017年には5枚目のアルバム『Pinewood Smile』(UKチャート12位)をリリース。2019年の6枚目のアルバム『Easter Is Cancelled』は、UKチャートの10位(同ロック/メタル・チャートでは1位)を獲得した。




2021-08-12 : The Darkness :

■THE DARKNESS | 『BURRN!PRESENTS 炎 Vol.1』、ルーファス・テイラー(Rufus Taylor)インタヴュー、掲載。





続きを読む

2020-01-23 : The Darkness :

■THE DARKNESS | ザ・ダークネス、モデルのAbbey Clancy(アビー・クランシー)をフィーチャーした「In Another Life」のビデオを公開。アルバム『イースター・イズ・キャンセルド』、発売中。



The Darkness - In Another Life (Official Video)



Starring: The Darkness and Abbey Clancy
Directed by Hells Bells: Kristy May Currie, Mark Robinson & Skippy Clifton
Concept story ‘Highway to Heaven’ by Kristy May Currie
The Darkness are: Justin Hawkins, Dan Hawkins, Frankie Poullain, Rufus Tiger Taylor
Record Label: Cooking Vinyl (via Chris Farrow)
Production Company: Arthur & Martha
Executive Producers: Natalie Hill & Sarah Browell
Produced by: Amber Clayton
DoP/Cinematographer: Gary Shaw
Art Department and Abbey’s Wings by Billie Achilleos
Celebrity Styling and Makeup by Liberty Shaw
Justin Hawkins costumes by Angela Bright
Rock Angels (Extras) provided by Gemma Shaw at Profile Model Management
Extras Hair & Make up by Amber Peake
VFX by Big Buoy and Jam VFX
Edited by Colin Sumsion
Colourist: Mark Horrobin
VFX Supervisors / Lead Flame Artists: Mark Robinson & Skippy Clifton
VFX artists: Richard ‘Stretch’ Russell, Tim Davies, Emir Hasham, Luigi Russo, William Torres, Keith Rogers, Kris Cain, Hannah Stanczyk
Executive Post Producer: Kristy May Currie
Line Producer VFX: Sydney Levy




続きを読む

2020-01-10 : The Darkness :

■THE DARKNESS | ルーファス・タイガー・テイラーのインタヴュー掲載。BURRN! PRESENTS 炎 Vol.1、1/23発売。




溢れる愛を言葉で綴るHM/HR誌再創刊!
第1号は“祝・来日”QUEEN大特集!!

溢れる愛を言葉で綴るへヴィ・メタル/ハード・ロック・マガジン『炎』リニューアル創刊!

第1号はQUEEN+ADAM LAMBERT来日を記念して“QUEEN大特集”!!
アダム・ランバートを始め、ロジャー・テイラーの息子でドラマーのルーファス・タイガー・テイラー(THE DARKNESS)、かつてQUEENとツアーをしたMOTT THE HOOPLEのモーガン・フィッシャー、ミュージシャンのQUEENファン代表としてスティーヴ・ヴァイ、ヌーノ・ベッテンコート、THE YELLOW MONKEYにインタビュー!
QUEENの音楽とのコラボで作り上げられたNODA・MAP『Q』も、舞台写真集や出演俳優・橋本さとしインタビューで大特集!
さらに、熱い文章で辿るヒストリー(by増田勇一)、深い考察が冴えるディスコグラフィ(by平野和祥)の他、ギター製作者、翻訳者、映画評論家、ミュージシャンといった様々な立場のファンによる“QUEEN愛”溢れる寄稿も満載!

筋金入りのファンから映画『ボヘミアン・ラプソディ』で最近ハマッた人まで、幅広い層の読者に来日公演をますます楽しんでもらうためのQUEEN特集号です!!




続きを読む

2019-12-23 : The Darkness :

■THE DARKNESS | ザ・ダークネス、全英トップ10ヒットを記録した最新アルバム『EASTER IS CANCELLED(イースター・イズ・キャンセルド)』より「How Can I Lose Your Love」のリリック・ビデオを公開。



The Darkness - How Can I Lose Your Love (Official Lyric Video)



ACCLAIM FOR THE DARKNESS EASTER IS CANCELLED

“Hard-riffing and hysterical, The Darkness still have it”
Metro 4/5

“The only surprising thing about the first concept album by The Darkness is that it has taken them so long to come up with one”
Daily Mail 4/5

“Although it’s a concept album, each of the songs on Easter Is Cancelled stands well on its own”
Billboard

"For those who like their rock adventurous, Easter may be cancelled but Christmas has come early”
Kerrang! KKKK

“A record of ballsy energetic rock that, even by The Darkness’s standards, is completely bonkers.”
The Telegraph

“Justin Hawkins’ loon metal band’s biblically themed opus. Falsettos and Queen harmonies abound – a blast”
The Guardian

“Fans will love its two fingers up to convention”
Evening Standard

“The Darkness dialling the absurdity up to 11”
Q Magazine 4/5

“They haven’t sounded this feisty in an age”
Planet Rock 4/5

“Easter Is Cancelled often sounds like it could conquer US radio as comprehensively as Def Leppard’s Hysteria”
MOJO




続きを読む

2019-12-04 : The Darkness :

■The Darkness | 『BURRN!』12月号にザ・ダークネスの最新インタヴュー、掲載中。






続きを読む

2019-11-07 : The Darkness :

■The Darkness | UKアルバム・チャート10位、UKロック&メタル・アルバム・チャート1位、UKインディペンデント・アルバム・チャート2位。ザ・ダークネスのニュー・アルバム『イースター・イズ・キャンセルド』、好評発売中。



UKアルバム・チャート10位、UKロック&メタル・アルバム・チャート1位、UKインディペンデント・アルバム・チャート2位。ザ・ダークネスのニュー・アルバム『イースター・イズ・キャンセルド』、好評発売中。

#10 - UK Albums chart
#1 - 40 Rock And Metal Albums chart
#2 - 100 Independent Albums chart
#2 - Top 200 Cassette Albums chart
#3 - 40 Vinyl Albums chart
#4 - 200 Physical Artist Albums chart




続きを読む

2019-10-16 : The Darkness :

■The Darkness | ザ・ダークネスのニュー・アルバム『イースター・イズ・キャンセルド』、本日発売。通算6枚目となるバンド史上初のコンセプト・アルバム。



2019.10.4 ON SALE[世界同時発売]

ザ・ダークネス、全英トップ10ヒットを記録した前作『パインウッド・スマイル』に続く6枚目のアルバムが完成。バンド史上初のコンセプト・アルバム『イースター・イズ・キャンセルド』、リリース。


■アーティスト:THE DARKNESS(ザ・ダークネス)
■タイトル:EASTER IS CANCELLED(イースター・イズ・キャンセルド)
■品番:OTCD-6780
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、日本盤ボーナス・トラック5曲収録、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Rock and Roll Deserves to Die
2. How Can I Lose Your Love
3. Live ‘til I Die
4. Heart Explodes
5. Deck Chair
6. Easter Is Cancelled
7. Heavy Metal Lover
8. In Another Life
9. Choke On It
10. We Are The Guitar Men
11. Laylow*
12. Different Eyes*
13. Confirmation Bias*
14. Sutton Hoo*
15. Dancing House*
*Bonus Tracks

The Darkness - Rock and Roll Deserves to Die (Official Video)


●The Darknessはニュー・アルバム『Easter is Cancelled』を2019年10月4日にリリースする。これは2017年10月にリリースされ全英8位を記録した前作『Pinewood Smile』に続く作品で通算6枚目のアルバムとなる。
●アルバムのファースト・シングルは「Rock and Roll Deserves to Die」で、同曲はバンド史上初のコンセプト・アルバムのオープニング・トラックとなる。
「結局のところ、人類は存在の本質的な真理を考えなければならない。人生という旅の先駆者であるThe Darknessはどん底を見つめている。危機から得られた知見は『Easter is Cancelled』と題されたこの新しいアルバムに封入された。この壮大な声明は、人間の人間に対する残虐性、我々が居住する二分法の世界、宇宙に対しての我々の偏狭な理解と共に存在する互い違いの現実、これらの考察だ。アルバムの曲達は、たとえ話を通して人間の存在を定義する。ゆっくりとした死と最終的なロックンロールの輝かしい再生。これは文字通り聖書のようなレコードだ。ロックンロールは悪魔の音楽だと言った人はこのアルバムを聴いて、実際はロックンロールこそが神の声であると理解しなくてはならない」とJustin Hawkinsは説明する。
アルバムの10曲は昨今の世界の野蛮な文化の中でのミュージシャンの役割と、簡単にセレブリティになる為に大半のロックンロール・アーティストがあきらめてしまった事象の証明という神のような責任の考察だ。それでもこの物語の中心にあるものは愛、喪失、失恋で、その救済はバンドの友情とギターの力の中にあることが、輝かしいアルバムの最終曲「We Are The Guitar Men」によってもたらされる。
バンドは8月にEd SheeranのDivide TourのオープニングとしてUKをツアー。10月30日から11月4日は「KISS クルーズ」に参加し、11月26日から『Easter is Cancelled』ツアーをスタートさせる。
●世界同時発売、日本盤ボーナス・トラック5曲収録、解説/歌詞/対訳付

【ザ・ダークネス / The Darkness】
2000年、英サフォークにて結成。現在のメンバーはヴォーカル&ギターのジャスティン・ホーキンス(Justin Hawkins)、ギターの ダン・ホーキンス(Dan Hawkins)、ベースのフランキー・ポーレイン(Frankie Poullain)、ドラムのルーファス・テイラー(Rufus Taylor)の4人。ジャスティン・ホーキンスのハイトーン・ヴォーカルを用いたAC/DC、クイーン、エアロスミス、レッド・ツェッペリン他、70年ハード・ロックに影響を受けたサウドンを鳴らす。尚、ドラムのルーファス・テイラーはクイーンのロジャー・テイラーの息子である。2003年、デビュー・アルバム『Permission to Land』をリリース。UKチャートの1位、USチャートの36位を獲得。アルバムからは5枚のシングルがリリースされ、「I Believe in a Thing Called Love」はUKシングル・チャートの2位を獲得した。翌2004年のブリット・アワードでは、ベスト・グループ、ベスト・ロック・グループ、ベスト・アルバムの3部門を獲得。ケラング・アワードはベスト・ライヴ・アクト、ベスト・ブリティッシュ・バンドの2部門を獲得。イギリス元首相ブレア、マドンナ、アヴリル・ラビーン等がファンと公言するなど、大ブレイクを果たす。2005年にはセカンド・アルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』をリリースも、翌2006年にはジャスティン・ホーキンスが薬物問題で脱退。事実上の解散となる。2011年、バンドは再結成。2012年にはサード・アルバム『Hot Cakes』をリリースし、UKチャートの4位を記録。2015年には4枚目のアルバム『Last Of Our Kind』をリリースし、UKチャートの12位を記録。2017年10月には通算5枚目のアルバム『Pinewood Smile』をリリース。ルーファス・テイラーが初めてプレイしたこのアルバムではUKチャートの8位を記録した。また2018年6月には全てのフォーマット(CD、LP、DSP)でリリースされたバンド史上初のライヴ・アルバム『Live At Hammersmith』をリリースした。




2019-10-04 : The Darkness :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム