fc2ブログ

■CATE LE BON | ケイト・ル・ボン、2/4にリリースされるニュー・アルバム『POMPEII(ポンペイ)』より、「Remembering Me」をリリース。同曲のビデオも公開。



Cate Le Bon - Remembering Me (Official Video)





続きを読む

スポンサーサイト



2022-01-12 : Cate Le Bon :

■CATE LE BON | マーキュリー・プライズにもノミネートされた前作から3年、ケイト・ル・ボンの新作が完成。ディアハンター、デヴェンドラ・バンハート、ジョン・グラント等のプロデュースも手掛け、その才能を高く評価される彼女の6枚目のアルバム『ポンペイ』、リリース。



2022.2.4 ON SALE[世界同時発売]

マーキュリー・プライズにもノミネートされた前作から3年、ケイト・ル・ボンの新作が完成。ディアハンター、デヴェンドラ・バンハート、ジョン・グラント等のプロデュースも手掛け、その才能を高く評価される彼女の6枚目のアルバム『ポンペイ』、リリース。


■アーティスト:CATE LE BON(ケイト・ル・ボン)
■タイトル:POMPEII(ポンペイ)
■品番:OTCD-6843[CD]
■定価:¥2,400 +税
■その他:世界同時発売、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Dirt on the Bed
2. Moderation
3. French Boys
4. Pompeii
5. Harbour
6. Running Away
7. Cry Me Old Trouble
8. Remembering Me
9. Wheel

Cate Le Bon - Running Away (Official Video)


●Cate Le Bonの『Pompeii』は、2019年にリリースされマーキュリー・プライズにもノミネートされた傑作『Reward』に続く自身6枚目のアルバムとなる。『Pompeii』は音的にはミニマルで、歌詞は内省と反内省を行き来する。曲は主にベースで書かれ、作曲はLe Bon単独で行われた。また、ドラムとサックスを除く全ての楽器を彼女がプレイ。長年のコラボレーターで共同プロデューサーのSamur Khoujaと共に、ウェールズのカーディフで、彼女自身により、レコーディングも行われた。ここ数年、Le Bonはその才能を高く評価され、コラボレーターとして高い人気を博した。Deerhunterの『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』やJohn Grantの『Boy From Michigan』をプロデュースし、今後リリースされるDevendra BanhartやH. Hawklineのアルバムも彼女が手掛けている。しかし、Le Bonは、船を操縦し全体を見渡せるような多面的なアーティスト/プロデューサーには留まらない。2019年にはJohn Caleとステージを共にし、Courtney Barnettのアルバム『Things Take Time, Take Time』に収録の「If I Don't Hear from You Tonight」ではベースをプレイしている。「内向きなアーティストもいれば、外向きのアーティストもいる。しかし、そのどちらをも超越する非常に稀なアーティストが存在する」とBradford Coxは適切にLe Bonを表現する。
●Cate Le Bonは英ウェールズ出身のミュージシャン/プロデューサーだ。2007年に同郷のGruff Rhys(Super Furry Animals)のツアーをサポートして注目を浴び、2008年にウェールズ語のEP『Edrych yn Llygaid Ceffyl Benthyg』でデビュー。2009年にファースト・アルバム『Me Oh My』(Irony Bored)、2012年にセカンド・アルバム『Cyrk』(The Control Group)をリリースしている。2013年、Le Bonはアメリカでの活動を広げる為、ロサンジェルスへ移り、2013年にサード・アルバム『Mug Museum』(Turnstile/Wichita)、2016年に4枚目のアルバム『Crab Day』(Turnstile/Drag City)をリリース。2015年にはMexican Summerからは初となる自身5枚目のアルバム『Reward』をリリースした。『Reward』はPitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選出され、8.4/10のレヴューを獲得。その他、Uncut(9/10)、Mojo(4/5)、The Guardian(4/5)、Rolling Stone(4/5)等、各メディアで高い評価を得、2019年のマーキュリー・プライズにもノミネートされた。




2021-11-12 : Cate Le Bon :

■CATE LE BON | Slate年間ベストアルバム選出。ケイト・ル・ボン『REWARD(リワード)』、発売中。



Slate's Best Albums of 2019





続きを読む

2019-12-27 : Cate Le Bon :

■Cate Le Bon | パワー・プレイ決定。11月SPLASH GROOVEは「Cate le Bon」(ケイト・ル・ボン)をプッシュ!! | FM京都 89.4 FM






続きを読む

2019-11-01 : Cate Le Bon :

■Cate Le Bon | 英ウェールズ出身のミュージシャン/プロデューサー、ケイト・ル・ボンのメキシカン・サマー移籍第一弾、通算5枚目のアルバム。ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得する等、各メディアで高評価を獲得中のマスターピース。 マーキュリー・プライズのショート・リストにノミネート中。



2019.11.6 ON SALE

英ウェールズ出身のミュージシャン/プロデューサー、ケイト・ル・ボンのメキシカン・サマー移籍第一弾、通算5枚目のアルバム。ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得する等、各メディアで高評価を獲得中のマスターピース。
★マーキュリー・プライズのショート・リストにノミネート中


■アーティスト:CATE LE BON(ケイト・ル・ボン)
■タイトル:REWARD(リワード)
■品番:OTCD-6786
■定価:¥2,400+税
■その他:付帯物未定
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Miami
2. Daylight Matters
3. Home To You
4. Mother's Mother's Magazines
5. Here It Comes Again
6. Sad Nudes
7. The Light
8. Magnificent Gestures
9. You Don't Love Me
10. Meet The Man

Cate Le Bon - The Light (Official Audio)


Cate Le Bon - Home to You (Official Video)
]

Cate Le Bon - Daylight Matters (Official Video)


●Cate Le Bonは英ウェールズ出身のミュージシャン/プロデューサーだ。2007年に同郷のGruff Rhys(Super Furry Animals)のツアーをサポートして注目を浴び、2008年にウェールズ語のEP『Edrych yn Llygaid Ceffyl Benthyg』でデビュー。2009年にファースト・アルバム『Me Oh My』(Irony Bored)、2012年にセカンド・アルバム『Cyrk』(The Control Group)をリリースしている。2013年、アメリカでの活動を広げるためにロサンジェルスへ移り、2013年にサード・アルバム『Mug Museum』(Turnstile/Wichita)、2016年に4枚目のアルバム『Crab Day』(Turnstile/Drag City)をリリース。The Chemical Brothers、John Cale、Neon Neon、Richard James(Gorky's Zygotic Mynci)、Megan Childs(Gorky's Zygotic Mynci)、Kevin Morby等の作品に参加し、St. Vincent、Perfume Genius、John Grant等とツアーも行っている。
●当『Reward』は自身5枚目のアルバムで、Mexican Summerからは初の作品となる。アルバムは2019年5月に海外でリリース。Pitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選出され、8.4/10のレヴューを獲得。その他、Uncut(9/10)、Mojo(4/5)、The Guardian(4/5)、Rolling Stone(4/5)等、各メディアで高い評価を獲得した。また、アルバムは2019年のマーキュリー・プライズのショート・リストにノミネート中でもある。
●付帯物未定




2019-09-16 : Cate Le Bon :

■Cate Le Bon/Cate Le Bon CYRK (Drowned In Sound)

CateLeBon_0001a_448.jpg

Any musician whose success has been aided by their association with a better-known singer will always struggle to step out of their famous friend’s shadow. That’s why you’ll rarely read an article about Cate le Bon (and clearly this one is no exception) that doesn’t mention the fact that she’s toured and collaborated with psychedelic indie wizard Gruff Rhys. On this album, le Bon’s second, the links between the two Welsh songwriters are as close as ever – CYRK is being released on Gruff Rhys’ label Onvi and during its recording le Bon was able to take advantage of Super Furry Animals’ compendium of synthesisers, effects pedals and guitars – but that doesn’t stop le Bon from making a record that’s unmistakably her own.

It’s the little touches that litter CYRK which make it distinctive from the work of any other singer-songwriter, colouring the record with splashes of ingenious eccentricity which were largely absent from le Bon’s 2010 debut, Me Oh My. For one thing, the title of the album – the Polish word for ‘circus’, inexplicably capitalised – is puzzling, and the music itself raises even more questions. Why do the cooing vocals in the title track’s middle eight, for example, sound like they’re being sung by a choir of doves? Why is there a weird trumpet solo and a military snare rattling at the end of ‘Greta’? Why does whoever’s playing piano on ‘Through The Mill’ sound as though they’re falling over sideways as they do it? It’s hard to know the answers, and harder still to imagine how someone could come up with such strange ways of embellishing their straightforward pop songs, but one thing’s for sure – these songs are all the better for it.

There’s even something odd about the way le Bon sings, at times sounding like she’s attempting a cariacatured approximation of a Welsh accent – unusual indeed for someone born in Carmarthenshire. It’s the way she enunciates her way through ‘Greta’, not just twisting, but contorting her tongue around each and every exaggerated syllable. All the while, creaking, claustrophobic hums of synthesiser weave in and out of each other in a Broadcast-like fashion, marking a clear departure from the pretty-but-plain folk ballads of le Bon’s last album. You might even think that ‘Julia’ has been penned in tribute to Julia Holter, the way its synthesiser slowly shimmers.

It’s surprising that these songs should work so well on an album that opens with the rattling rock ‘n’ roll of ‘Falcon Eyed’ (easily CYRK’s catchiest song) but Cate le Bon seems to celebrate contrast – a point proven by CYRK’s final two tracks. ‘Ploughing Out Part 1’ has a beautifully inflected country guitar and the gentlest of choruses, and its simplicity is entirely at odds with ‘Ploughing Out Part 2’, where you’ll find an eclectic array of instruments caught up in a semi-motorik psychedelic wig-out. These two halves of the same song set these two sides of le Bon’s sound in stark contrast to one other, at the end of an album that’s done well to combine them.

Admittedly, the shabby production on CYRK means its colourful psychedelic streak isn’t as vivid as it is on, say, Gruff Rhys’ Hotel Shampoo, but that’s perhaps an unfair comparison. What this album makes perfectly clear is that Cate le Bon isn’t attempting to emulate anyone – not even her most distinguished collaborator. She’s made an album that only she could have made, and frankly it’s refreshing to hear a female singer from a folk background whose most obvious and overwhelming reference point isn’t Joni Mitchell via Laura Marling. A songwriter this unique and talented shouldn’t be standing in anyone’s shadow.

Cate Le Bon
7 / 10

>>>http://drownedinsound.com/releases/16968/reviews/4144843






2012-05-01 : Cate Le Bon :

■Cate Le Bon/Cate Le Bon - 'CYRK' Sounds like an unearthed psych classic (NME)

CateLeBon_0001a_448.jpg

8 / 10 If you thought that Cate Le Bon might pay much heed to the notion of a career arc, then you might think she erred in 2008, introducing herself to the wider world by appearing on Gruff Rhys’ chrome-shiny and faithfully ’80s-ish Neon Neon album ‘Stainless Style’. After all, the bucolic whirring folk and rusty psychedelic garage the Cardiff resident makes under her own name could scarcely be more different. Yet a common thread can be found in ‘CYRK’, Cate’s second album: the application of a sincere pop-song sensibility, and a yen for the surreal that sidesteps the zany. Maybe that’s why Gruff has released it on his label. No doubt the vocalist’s elegantly reverbed West Walian trill helped too; likewise a production that makes it sound like an unearthed psych classic from 1971; likewise the Broadcast-y spookout ‘The Man I Wanted’, country stroller ‘Puts Me To Work’ or the raucous clatter of ‘Ploughing Out’.

Noel Gardner

>>>http://www.nme.com/reviews/cate-le-bon--2/13081





2012-05-01 : Cate Le Bon :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム