FC2ブログ

■The Pineapple Thief | 2018年にリリースした12枚目のアルバム『デソリューション』も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2007年にリリースした6枚目のアルバム『ホワット・ウィー・ハヴ・ソウン』にリマスターを施しLPでリリース。



2019.4月下旬 ON SALE

2018年にリリースした12枚目のアルバム『デソリューション』も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2007年にリリースした6枚目のアルバム『ホワット・ウィー・ハヴ・ソウン』にリマスターを施しLPでリリース。


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:WHAT WE HAVE SOWN(ホワット・ウィー・ハヴ・ソウン)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:KSCOPE1008
■価格:輸入盤オープン・プライス
■収録曲目:
(SIDE A)
1. All You Need To Know
2. Well, I Think That`s What You Said?
3. Take Me With You
(SIDE B)
1. West Winds
2. Deep Blue World
(SIDE C)
1. What Have We Sown? (Parts 1 & 2)
(SIDE D)
1. What Have We Sown? (Parts 3 & 4)

【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』、2018年には12枚目のアルバム『Dissolution』をリリースした。




スポンサーサイト



2019-03-24 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | 2018年にリリースした12枚目のアルバム『デソリューション』も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2010年にリリースした8枚目のアルバム『サムワン・ヒア・イズ・ミッシング』にリマスターを施し、180グラム・ヘヴィウェイト・ヴァイナルでリリース。



2019.2月中旬 ON SALE

2018年にリリースした12枚目のアルバム『デソリューション』も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2010年にリリースした8枚目のアルバム『サムワン・ヒア・イズ・ミッシング』にリマスターを施し、180グラム・ヘヴィウェイト・ヴァイナルでリリース。


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:SOMEONE HERE IS MISSING(サムワン・ヒア・イズ・ミッシング)
■品番:KSCOPE1028[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Nothing At Best
2. Wake Up The Dead
3. The State We`re In
4. Preparation For Meltdown
5. Barely Breathing
(SIDE B)
1. Show A Little Love
2. Someone Here Is Missing
3. 3000 Days
4. So We Row

The Pineapple Thief - Nothing at Best (from Someone Here is Missing)


【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』、2018年には12枚目のアルバム『Dissolution』をリリースした。




2019-01-21 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | 2018年にリリースした12枚目のアルバム『デソリューション』も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2016年にリリースしたギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後初、通算11枚目のアルバム『ユア・ウィルダネス』の180グラム・ヴァイナル・LP。



2019.1月下旬 ON SALE

2018年にリリースした12枚目のアルバム『デソリューション』も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2016年にリリースしたギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後初、通算11枚目のアルバム『ユア・ウィルダネス』の180グラム・ヴァイナル・LP。


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:YOUR WILDERNESS(ユア・ウィルダネス)
■品番:KSCOPE1010[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. In Exile
2. No Man`s Land
3. Tear You Up
4. That Shore
(SIDE B)
1. Take Your Shot
2. Fend For Yourself
3. The Final Thing On My Mind
4. Where We Stood

The Pineapple Thief - In Exile (from Your Wilderness)


【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』、2018年には12枚目のアルバム『Dissolution』をリリースした。




2018-12-13 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目となるアルバム『デソリューション』(2018年)も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2008年にリリースしたKscope移籍第一弾、通算7枚目のアルバム『タイトリー・アンワウンド』を、スティーヴ・キッチ(オーディオマスター)のリマスターにより、2枚組LPでリリース。【リマスター盤】



2019.1月下旬 ON SALE

ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目となるアルバム『デソリューション』(2018年)も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2008年にリリースしたKscope移籍第一弾、通算7枚目のアルバム『タイトリー・アンワウンド』を、スティーヴ・キッチ(オーディオマスター)のリマスターにより、2枚組LPでリリース。【リマスター盤】


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:TIGHTLY UNWOUND(タイトリー・アンワウンド)
■品番:KSCOPE993[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. My Debt To You
2. Shoot First
3. Sinners
(SIDE B)
1. Tightly Wound
2. The Sorry State
3. My Bleeding Hand
(SIDE C)
1. Different World
2. And So Say All Of You
(SIDE D)
1. Too Much To Lose

Pineapple Thief - My Debt to You (Tightly Unwound,2008)


【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』、2018年には12枚目のアルバム『Dissolution』をリリースした。




2018-12-13 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | The Pineapple Thief - TOWER RECORDS ONLINE









続きを読む

2018-09-06 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | ♪ The Pineapple Thief - Try As I Might (Edit) (from Dissolution)









続きを読む

2018-09-06 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | Kerrang!で4/5レビュー、獲得。パイナップル・シーフのニュー・アルバム『デソリューション』、9/12発売。



TPT - Kerrang review - 220818

‘Dissolution is entirely convincing in its maturity and intelligence’
‘Its existence makes the world a slightly better place’




続きを読む

2018-08-23 : The Pineapple Thief :

■The Pineapple Thief | イギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフの新作が完成。ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目のアルバム『デソリューション』、リリース。



2018.9.12 ON SALE 2018.9.22 ON SALE

イギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフの新作が完成。ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目のアルバム『デソリューション』、リリース。
ゲスト:デヴィッド・トーン(デヴィッド・ボウイ他)
アートワーク:スタイロルージュ(ピンク・フロイド、デヴィッド・ボウイ、映画『トレインスポッティング』他)


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:DISSOLUTION(デソリューション)
■品番:KSCOPE613J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Not Naming Any Names
2. Try As I Might
3. Threatening War
4. Uncovering Your Tracks
5. All That You've Got
6. Far Below
7. Pillar of Salt
8. White Mist
9. Shed A Light

The Pineapple Thief - Far Below (from Dissolution)


●『Dissolution』は高い評価を獲得した2016年のアルバム『Your Wilderness』に続くThe Pineapple Thiefのアルバムで、King Crimson、Porcupine Treeのドラマー、Gavin Harrisonをフィーチャーした2枚目の作品だ。『Your Wilderness』は400万のアルバム・ストリームを獲得し、英インディ・チャートの7位を記録。その後、2度に渡るヨーロッパ・ツアーがおこなわれ、ライヴ・レコーディングされたロンドンのIslington Assembly Hallでのショーはライヴ・アルバム『Where We Stood』としてリリースされた。
●ソングライティングとテクニカルな技術の向上への欲求と共に、『Dissolution』でThe Pineapple Thiefは次のステージへと自分達を上昇させた。アートワークを手掛けたのはアイコニックなデザイン・エージェンシー、Stylorougeで、彼らはPink Floyd、David Bowie、Blur、映画『Trainspotting』等との仕事で知られている。バンドはロンドンにあるGavin Harrisonのスタジオ「Bourne Place」や、サマセットにあるバンドのフロントマン/ソングライター、Bruce Soordのスタジオ「Soord Studios」で、インスタント・メッセージでアイデアをシェアしながら、自らの手で『Dissolution』をレコーディング。ミックスはGavin HarrisonとBruce Soordがおこない、マスタリングはバンドのキーボーディスト、Steve Kitchがおこなった。またアルバムの9曲目「White Mist」ではDavid Bowie他との仕事でも知られるギタリスト、David Tornがフィーチャーされている。

【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』をリリースした。




2018-07-27 : The Pineapple Thief :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム