FC2ブログ

■PEACEVILLE | 2020年2月26日リリース(EVINTA)



2020.2.26 ON SALE

英ブラッドフォードのドゥーム・メタルのタイタン、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが2011年にリリースしたシンフォニック・レコーディング『エヴィンタ』。【2CD】


■アーティスト:MY DYING BRIDE(マイ・ダイイング・ブライド)
■タイトル:EVINTA(エヴィンタ)
■品番:CDVILED856J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. In Your Dark Pavilion
2. You Are Not The One Who Loves Me
3. Of Lilies Bent With Tears
4. The Distance, Busy With Shadows
5. Of Sorry Eyes In March
(DISC 2)
1. Vanite Triomphante
2. That Dress And Summer Skin
3. And Then You Go
4. A Hand Of Awful Rewards

My Dying BrideはAaron StainthorpeとAndrew Craighanを中心に1990年に英ブラッドフォードで結成されたドゥーム・メタル・バンドだ。1992年にデビュー・アルバム『As the Flower Withers』をPeaceville Recordsよりリリース。その後、2015年の『Feel the Misery』まで、計12枚のアルバムをリリースしている。1990年初頭、デス・ドゥーム・メタル/ゴシック・メタルの先駆者として活躍しParadise Lost、Anathemaと共にピースヴィル・スリー(Peaceville Three)の一翼を担った。2011年にリリースされた当『Evinta』は、過去にリリースされたバンドの楽曲のテーマやリフを、トラディショナルなメタルの楽器ではなく、クラシックの楽器を使って発展させ、そこに新たにレコーディングしたヴォーカル等を組み合わせて再構築したコンピレーション・アルバムとなる。






スポンサーサイト



2020-01-18 : Snapper Music :

■MADFISH | 2020年2月7日リリース(OZRIC TENTACLES)



2020.2.7 ON SALE

Ed Wynne率いるインストゥメンタル・サイケデリック・ロック・バンド、Ozric Tentacles。UKのミュージック・フェステイヴァルの再興に大きな影響を及ぼした彼らが2015年にリリースしたアルバム。


■アーティスト:OZRIC TENTACLES
■タイトル:TECHNICIANS OF THE SACRED
■品番:SMALP1159[輸入盤/LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. The High Pass
2. Butterfly Garden
3. Far Memory
(SIDE B)
1. Changa Masala
2. Zingbong
3. Switchback
(SIDE C)
1. Epiphlioy
2. The Unusual Village
3. Smiling Potion
(SIDE D)
1. Rubbing Shoulders With The Absolute
2. Zenlike Creature

Ozric Tentaclesは英サマセットで1983年に結成されたインストゥルメンタル・ロック・バンドだ。1985年の『Erpsongs』を皮切りに、当初はカセットで音源をリリースしていた。1989年には自主レーベル、Dovetail Recordsを設立し、オフィシャルのファースト・アルバム『Pungent Effulgent 』をリリース。この頃からバンドは一般的な人気を獲得するようになり、1990年にはセカンド・アルバム『Erpland 』、1991年にはサード・アルバム『Strangeitude』をリリース。『Strangeitude』収録のシングル「Sploosh!」は、UKインディ・チャートで1位を獲得。続く1993年のアルバム『Jurassic Shift』はUKアルバム・チャートで11位、同インディ・チャートで1位を獲得した。その後、最新作である2015年の『Technicians of the Sacred』まで、継続的にアルバムをリリース。目下、30枚以上のアルバムをリリースし、一度もメジャー・レーベルとは契約をしてないながら、100万枚以上のアルバムをワールド・ワイドで売り上げている。この間、幾度もメンバー・チェンジを行うが、ギタリストのEd Wynneは唯一のオリジナル・メンバーとしてバンドに残っている。Ozric Tentaclesの音楽性は多岐にわたる。カンタベリー・ロックを代表するSteve HillageやGongの影響を強く感じさせ、サイケデリック・ロック、プログレッシヴ・ロック、スペース・ロック、ジャズ/フュージョン、エレクトロニック、ダブ、ワールド等、あらゆるジャンルを融合したサウンドを鳴らす。また、楽曲の大半はインストゥルメンタルである。昨今では、UKのミュージック・フェステイヴァルの再興に大きな影響を及ぼしたバンド、として広く認識されている。






2020-01-18 : Snapper Music :

■PEACEVILLE | 2020年2月26日リリース(ISENGARD)



2020.2.26 ON SALE

ノルウェーのブラック・メタル・バンド、ダークスローンのドラマー、フェンリズ。彼が1989年にスタートしたソロ・プロジェクト、アイゼンガルドが1994年にリリースしたファースト・アルバム。


■アーティスト:ISENGARD(アイゼンガルド)
■タイトル:VINTERSKUGGE(ヴィンテルスカッジ)
■品番:CDVILED857J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Vinterskugge
2. Gjennom Skogen Til Blaafjellene
3. Ut I Vannets Dyp Hvor Morket Huiler
4. Dommedagssalme
5. In The Halls And Chambers Of Stardust The Crystallic Heavens Open
6. Fanden Lokker Til Stupet (Nytrad)
7. Naglfar
8. Thy Gruesome Death
9. Deathcult
10. Rise From Below
11. Dark Lord Of Gorgoroth
12. Trollwandering (Outro)
13. The Fog
14. Storm Of Evil
15. Bergtrollets Gravferd
16. Our Lord Will Come

Isengardはノルウェーのブラック・メタル・バンド、Darkthroneのドラマー、Fenrizのソロ・プロジェクトで、1989年のデモ・テープ『Spectres over Gorgoroth』から1995年のセカンド・アルバム『Høstmørke』まで活動は続いた。当『Vinterskugge』は1994年にリリースされたファースト・アルバムで、3本のデモ・テープ(1989年の『Spectres over Gorgoroth』、1991年の『Horizons』、1993年の『Vandreren』)を一つにまとめたアルバムとなる。Darkthroneは80年代末に活動を開始。スラッシュ、デス、ドゥーム・メタルの実験を経て、ブラック・メタルのジャンルを追求。この分野で最も評判の高いアクトのひとつとなった。2019年には目下の最新作『Old Star』をPeaceville Recordsよりリリースしている。






2020-01-18 : Snapper Music :

■KSCOPE | 2020年2月26日リリース(STEVEN WILSON、GODSTICKS、GLEB KOLYADIN)



2020.2.26 ON SALE

ポストプログレをリードするスティーヴン・ウィルソンが2012年にリリースしたライヴ・アルバム。CD+Blu-rayのスペシャルエディション。【2CD+Blu-ray】


■アーティスト:STEVEN WILSON(スティーヴン・ウィルソン)
■タイトル:GET ALL YOU DESERVE(ゲット・オール・ユー・ディザーヴ)
■品番:KSCOPE550J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,800 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1 / CD)
1. No Twilight Within The Courts Of The Sun (Live)
2. Index (Live)
3. Deform To Form A Star (Live)
4. Sectarian (Live)
5. Postcard (Live)
6. Remainder The Black Dog (Live)
7. Harmony Korine (Live)
8. Abandoner (Live)
9. Like Dust I Have Cleared From My Eye (Live)
(DISC 2 / CD)
1. Luminol (Live)
2. Veneno Para Las Hadas (Live)
3. No Part Of Me (Live)
4. Raider II (Live)
5. Get All You Deserve (Live)
(DISC 3 / Blu-ray [5.1 surround sound mix])
1. Intro (`Citadel`)
2. No Twilight Within The Courts Of The Sun
3. Index
4. Deform To Form A Star
5. Sectarian
6. Postcard
7. Remainder The Black Dog
8. Harmony Korine
9. Abandoner
10. Like Dust I Have Cleared From My Eye
11. Luminol
12. Veneno Para Las Hadas
13. No Part Of Me
14. Raider II
15. Get All You Deserve
16. Outro (`Litany`)

4度もグラミー賞にノミネートさたマルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサー、そしてPorcupine Treeの創立メンバーでもあるSteven Wilsonは、2012年に『Get All You Deserve』をリリースした。このアルバムは、長年のヴィジュアル・コラボレーター、Lasse Hoileがディレクターをつとめ、『Grace For Drowning』ツアーの際、メキシコシティで収録されたものだ。ライヴ映像を収録したはBlu-Rayとライヴ音源を収録したCD(2枚)の3枚組で、8パネルのデジパック+8ページのブックレット仕様となる。尚、2011年にリリースされたセカンド・ソロ・アルバム『Grace For Drowning』は、2009年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『Insurgentes』で築き上げられた芸術的な方向性をより実験的/折衷的にした内容で、ジャス、クラシック、サイケデリック等を融合させた60年代/70年代に対する敬意を現代的に表現した名盤として認知されている。


2020.2.26 ON SALE

ウェールズのニューポートをベースに活動するプログレッシヴ・ロック・バンド、ゴッドスティックスのニュー・アルバムが完成。ジェームス・ラウリー(スキンドレッド他)のプロデュースによる約3年振り自身5枚目のアルバム『インエスケイパブル』、リリース。


■アーティスト:GODSTICKS(ゴッドスティックス)
■タイトル:INESCAPABLE(インエスケイパブル)
■品番:KSCOPE652J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Denigrate
2. Victim
3. Relief
4. Surrender
5. Numb
6. Change
7. Breathe
8. Time
9. Resist

Godsticksはウェールズのニューポートをベースに活動するプログレッシヴ・ロック・バンドで、2008年より活動をスタート。2009年にデビューEP『Godsticks』をリリースした。2010年にはファースト・アルバム『Spiral Vendetta』をリリース。The AristocratsとUKツアーを行い大きな注目を浴び、2013年にはセカンド・アルバム『The Envisage Conundrum』をリリース。Kerrang!等から高い評価を獲得した。2015年にサード・アルバム『Emergence』をリリース後、バンドはKscopeと契約。2017年には目下の最大のヒットとなった4枚目のアルバム『Faced With Rage』をリリースした。当『Inescapable』は、約3年振り自身5枚目となるアルバムだ。プロデュースはSkindred等も手掛けるJames Loughreyで、Monnow Valleyスタジオでレコーディングされた。アルバム・リリース後の4月よりバンドはUKツアーをスタート。夏のフェスティヴァルにも出演する予定である。


2020.2.26 ON SALE

ロシアのプログレッシヴ・ロック/チェンバー・ポップ・デュオ、アイアムザモーニングのピアニスト、グレブ・コリャーディンのファースト・ソロ・アルバム。スティーヴ・ホガース(マリリオン)、ジョーダン・ルーデス(ドリーム・シアター)、ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)、セオ・トラヴィス(ロバート・フィリップ、ポーキュパイン・ツリー)等が参加。


■アーティスト:GLEB KOLYADIN(グレブ・コリャーディン(アイアムザモーニング))
■タイトル:GLEB KOLYADIN(グレブ・コリャーディン)
■品番:KSCOPE659J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Insight
2. Astral Architecture (feat Mick Moss)
3. White Dawn
4. Kaleidoscope
5. Eidolon
6. Into The Void
7. The Room
8. Confluence (feat Steve Hogarth)
9. Constellation / The Bell
10. Echo / Sigh / Strand
11. Penrose Stairs
12. Storyteller (feat Jordan Rudess)
13. The Best Of Days (feat Steve Hogarth)

『Gleb Kolyadin』はIamthemorningのピアニスト、Gleb Kolyadinのファースト・ソロ・アルバムだ。Iamthemorningのメンバーとして高く評価を獲得した2枚のアルバムをリリースした後、2018年にリリースされた作品で、ヴォーカルと作詞にSteve Hogarth(Marillion)とMick Moss(Antimatter)、ドラムにGavin Harrison(King Crimson、Porcupine Tree)、ベースにNick Beggs(Steven Wilson)、フルート&サックスにTheo Travis(Robert Fripp、Porcupine Tree、Steven Wilson)、アディショナル・キーボードにJordan Rudess(Dream Theater)がゲスト参加。Iamthemorningの作品も手掛けるVlad Avyがミックスを行った。Iamthemorningは2010年に結成されたロシアのプログレッシヴ・ロック/チェンバー・ポップ・デュオで、2012年にデビュー・アルバム『~ 』をリリース。その後、バンドはKscopeと契約し、2014年にセカンド・アルバム『Belighted』、2016年にサード・アルバム『Lighthouse』、2019年に4枚目のアルバム『The Bell』をリリース。『Lighthouse』は2016年のプログレッシヴ・ミュージック・アウォーズを獲得する等、高い評価を得ている。






2020-01-18 : Snapper Music :

■PEACEVILLE | 2020年1月リリース(ROTTING CHRIST、MORK、FLEURETY、MAYHEM、BLOODBATH、CANDLEMASS、BARREN EARTH)



2020.1.22 ON SALE

ヨーロッパのアンダーグラウンド・メタル・シーンに多大なる影響を与えてきたギリシャのブラック・メタル・バンド、ロッティング・クライスト。彼らがデビュー・アルバム『ザイ・マイティ・コントラクト』以前の1991年にリリースした5曲入りのEP『パッセージ・トゥ・アークトゥロ』。


■アーティスト:ROTTING CHRIST(ロッティング・クライスト)
■タイトル:PASSAGE TO ARCTURO(パッセージ・トゥ・アークトゥロ)
■品番:CDVILED641J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Old Coffin Spirit
2. The Forest Of N`Gai
3. The Mystical Meeting
4. Gloria De Domino Inferni
5. Inside The Eye Of Algond

Rotting ChristはSakis Tolis、Themis Tolis兄弟を中心に1988年に結成されたギリシャのブラック・メタル・バンドだ。この地域でも最初期のブラック・メタル・バンドとして知られ、ヨーロッパのアンダーグラウンドのメタル・シーンでも重要な存在として認識されている。そのバンド名から政治家に批判されたり、ライヴをキャンセルさせられる等、様々な問題に対峙してきたが、現在でも活動を続け、2019年2月には13枚目のアルバム『The Heretics』をリリースした。当『Passage to Arcturo』は、1993年のデビュー・アルバム『Thy Mighty Contract』以前の1991年にリリースされたEPだ。そのサウンド・アプローチは、当時のスカンジナビアのメタル・サウンドとの明確な違いがあり、Celtic FrostやVenomといったバンドからの影響を感じさせ、強い影響力を持ち、高く評価された。


2020.1.29 ON SALE

ハルデン(ノルウェー)でスタートしたトーマス・エリクセンによるブラックメタル・プロジェクト、モークが2017年にリリースしたサード・アルバム。ディム・ボルギルのシレノスや1349のセイデマンがゲスト参加。


■アーティスト:MORK(モーク)
■タイトル:EREMITTENS DAL(EREMITTENS DAL)
■品番:CDVILED853J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hedningens Spisse Brodder
2. Holdere Av Fortet
3. Forsteinet I Hat
4. Eremittens Dal
5. I Hornenes Bilde
6. Likfølget
7. Et Rike I Nord
8. I Enden Av Tauet
9. Mørkets Alter
10. Gravoel

MorkはThomas Eriksenのワンマン・ブラックメタル・プロジェクトとしてノルウェーのハルデンで2004年にスタートした。2013年にデビュー・アルバム『Isebakke』をリリース。2016年のセカンド・アルバム『Den Vandrende Skygge』を経て、2017年にはPeaceville Recordsからのデビュー作『Eremittens Dal』をリリース。2019年には目下の最新作となる4枚目のアルバム『Det Svarte Juv』をリリースした。Morkの3枚目のアルバムとなる当『Eremittens Dal』は、ノルウェーのオールドスクールのブラックメタルのスピリットに対してのトリビュート的な作品だ。ノルウェーのハルデンにあるRottehullet Studioでアルバムはレコーディング。Kleiva StudioでFreddy Holmによりアルバムはミックスされ、アメリカのEnormous Doorでマスタリングはおこなわれた。Dimmu BorgirのSilenozが2曲でヴォーカルとしゲスト参加。また1349のSeidemannも1曲でベースをプレイしている。


2020.1.29 ON SALE

ノルウェーのアヴァンギャルド・メタル・バンド、フレウレティ。2017年、彼らが実に17年ぶりにリリースした3枚目のアルバム『ザ・ホワイト・デス』。


■アーティスト:FLEURETY(フレウレティ)
■タイトル:THE WHITE DEATH(ザ・ホワイト・デス)
■品番:CDVILED855J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The White Death
2. The Ballad Of Copernicus
3. Lament Of The Optimist
4. Trauma
5. The Science Of Normality
6. Future Day
7. Ambitions Of The Dead
8. Ritual Of Light And Taxidermy

Fleuretyは1991年に結成されたノルウェーのアヴァンギャルド・メタル・バンドだ。メンバーはノルウェーの伝説的なバンド、Mayhem のライヴ・ギタリストでもあったAlexander Nordgaren(G)とSvein Egil Hatlevik(Dr/Vo)で、1995年にデビュー・アルバム『Min Tid Skal Komme』をリリース。2000年にはセカンド・アルバム『Department of Apocalyptic Affairs』、2017年にはサード・アルバム『The White Death』をリリースした。当『The White Death』は前作から実に17年ぶりとなる自身3枚目のアルバムだ。1995年のデビュー・アルバム『Min Tid Skal Komme』のスタイルに戻りながらも、より実験的で辛辣かつ簡潔な内容となっており、表現の深さと新鮮さから、完全に型破りでありながらも心を打ち、奇妙で抽象的なものを受け入れるFleurety史上、最も暗くて邪魔な作品となった。アルバムはバンド自らでレコーディングされ、ノルウェーのノイズ・ミュージックのゴッドファーザー、Lasse Marhaugがミックスが手掛けた。


2020.1.29 ON SALE

ノルウェーのブラック・メタル最重要バンド、メイヘム。彼らの1989年のリハーサル・セッションを収録したアルバム。【CD+DVD】


■アーテイスト:MAYHEM(メイヘム)
■タイトル:HENHOUSE RECORDINGS(ヘンハウス・レコーディングス)
■品番:CDVILEDX771J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,980+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1 / CD)
1. Deathcrush
2. Necrolust
3. Chainsaw Gutsfuck
4. Pure Fucking Armageddon
5. Freezing Moon
6. Carnage
7. Untitled
8. Deathcrush
9. Necrolust
10. Freezing Moon
11. Chainsaw Gutsfuck
12. Pure Fucking Armageddon
(DISC 2 / DVD)
1. Necrolust (Video)
2. Freezing Moon (Video)
3. Untitled (Video)
4. Buried By Time And Dust (Guitar Riff Instrumental) (Video)
5. Drums Practise (Video)
6. Deathcrush (Video)
7. Chainsaw Gutsfuck (Video)
8. Pure Fucking Armageddon (Video)
9. Freezing Moon (Video)
10. Carnage (Video)
11. Untitled (Video)
12. Deathcrush (Video)
13. Necrolust (Video)
14. Freezing Moon (Video)
15. Chainsaw Gutsfuck (Video)
16. Pure Fucking Armageddon (Video)
17. Untitled (Video)

Mayhemは1980年代の中頃、ノルウェーのラングヒュースで結成されたブラック・メタル・バンドで、初期のブラック・メタルのシーンを牽引した最重要バンドの一つである。結成後、デモをリリースしライヴ活動をおこなうも、ヴォーカルのDeadが死去する等、メンバーは固定しなかった。しかし、ギターのEuronymousを軸にアルバム『De Mysteriis Dom Sathanas』の制作は進められた。1993年、Euronymousが死去しバンドは解散に追い込まれるも、1994年にEuronymousが生前に運営していたレーベル、Deathlike Silenceよりファースト・アルバム『De Mysteriis Dom Sathanas』をリリース。同アルバムはブラック・メタルの金字塔として歴史的な作品となった。その後、バンドはドラムのHellhammerとベースのNecrobutcherを中心に再結成。2000年のセカンド・アルバム『Grand Declaration of War』を皮切りにリリースやライヴ活動を続けている。


2020.1.3 ON SALE

Opeth、Katatonia、Paradise Lostのメンバーから成るスウェーデンのデス・メタル・バンド、Bloodbathが2014年にリリースした4枚目のアルバム。


■アーティスト:BLOODBATH
■タイトル:GRAND MORBID FUNERAL
■品番:VILELP728[輸入盤/LP]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Let The Stillborn Come To Me
2. Total Death Exhumed
3. Anne
4. Church Of Vastitas
5. Famine Of God`s Word
6. Mental Abortion
(SIDE B)
1. Beyond Cremation
2. His Infernal Necropsy
3. Unite In Pain
4. My Torturer
5. Grand Morbid Funeral

Bloodbath は1998年、KatatoniaのAnders "Blakkheim" Nyström(g)とJonas "Lord Seth" Renkse(b)、OpethのMikael Åkerfeldt(Vo)等によりスウェーデンのストックホルムで結成されたデス・メタル・バンドだ。2002年にデビュー・アルバム『Resurrection Through Carnage』をCentury Mediaリリース。2004年のセカンド・アルバム『Nightmares Made Flesh』を経て、Peacevilleへ移籍。2008年にはサード・アルバム『The Fathomless Mastery』、2014年にはParadise LostのNick Holmes参加後初となるアルバム『Grand Morbid Funeral』をリリースした。また2018年には、目下の最新作となる5枚目のアルバム『The Arrow of Satan is Drawn』をリリースした。

2020.1.17 ON SALE

ドゥーム・メタルのパイオニアとして後年のバンドに多大なる影響を与えたCandlemassのライヴ・アルバム。1988年のダイナモ・オープン・エアでのライヴを収録。


■アーティスト:CANDLEMASS
■タイトル:DYNAMO DOOM
■品番:VILELP769[輸入盤/LP]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Solitude
2. At The Gallows End
3. Crystal Ball
4. Dark Are The Veils of Death
(SIDE B)
1. A Sorcerer’s Pledge
2. Black Sabbath medley

Candlemassは1984年にスウェーデンのストックホルムでべーシスト/ソングライターのLeif Edlingにより結成された。ドゥーム・メタルのパイオニアとして後年のバンドに多大なる影響を与え、2013年にはSweden Rock Magazineで「スウェーデンで最も偉大なHR/HMバンド」に選出された。当『Dynamo Doom』は1988年のダイナモ・オープン・エアのライヴ・アルバムで、バンドのクラシックな初期トラックが収録されている。


2020.1.10 ON SALE

フィンランドのデス・メタル・バンド、Barren Earthが2010年にリリースしたデビュー・アルバム『Curse of the Red River』。


■アーティスト:BARREN EARTH
■タイトル:CURSE OF THE RED RIVER
■品番:VILELP835[輸入盤/LP]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Curse Of The Red River
2. Our Twilight
3. The Ritual Of Dawn
4. Flicker
(SIDE B)
1. The Leer
2. Forlorn Waves
3. Ere All Perish
4. Cold Earth Chamber
5. Deserted Morrows

『Curse of the Red River』はフィンランドのヘルシンキで2007年に結成されたデス・メタル・バンド、Barren Earthのデビュー・アルバムだ。レコーディングは2009年の夏にヘルシンキのSeawolf Studiosでおこなわれ、ミックスはDan Swanöが手掛けた。数多くの作品をミックスしてきたDan Swanöも、自身がミックスした中でもベストなアルバムにひとつ、と評している。






2019-12-24 : Snapper Music :

■MADFISH | 2020年1月リリース(MARILLION、JOHN MARTYN、CARL PERKINS & FRIENDS、LOVE WITH ARTHUR LEE、FAMILY)



2020.1.15 ON SALE

名実ともにイギリスを代表するネオ・プログレッシブ・ロック・バンド、マリリオン。2007年のサムホエア・エルス・ツアー時にロンドン・フォーラムでレコーディング/フィルミングされた2枚組のライヴ盤に、マイケル・ハンターのミックスによる5.1サラウンドのDVDを追加した3枚組。【2CD+DVD】


■アーティスト:MARILLION(マリリオン)
■タイトル:SOMEWHERE IN LONDON(サムホエア・イン・ロンドン)
■品番:SMACD1165J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,800+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1 / CD)
1. Splintering Heart (Live)
2. The Other Half (Live)
3. You`re Gone (Live)
4. No Such Thing (Live)
5. Faith (Live)
6. Thankyou Whoever You Are (Live)
7. Fantastic Place (Live)
8. The Wound (Live)
9. A Voice From The Past (Live)
10. Somewhere Else (Live)
11. Man Of A Thousand Faces (Live)
(DISC 2 / CD)
1. Between You And Me (Live)
2. King (Live)
3. The Release (Live)
4. Neverland (Live)
5. Ocean Cloud (Live)
6. Afraid Of Sunlight (Live)
7. Beautiful (Live)
8. Most Toys (Live)
9. Estonia (Live)
10. Easter (Live)
(DISC 3 / DVD)
1. Splintering Heart (Live)
2. The Other Half (Live)
3. You`re Gone (Live)
4. No Such Thing (Live)
5. Faith (Live)
6. Thankyou Whoever You Are (Live)
7. Fantastic Place (Live)
8. The Wound (Live)
9. A Voice From The Past (Live)
10. Somewhere Else (Live)
11. Man Of A Thousand Faces (Live)
12. Between You And Me (Live)
13. King (Live)
14. The Release (Live)
15. Neverland (Live)
16. Ocean Cloud (Live)
17. Afraid Of Sunlight (Live)
18. Beautiful (Live)
19. Most Toys (Live)
20. Estonia (Live)
21. Easter (Live)

Marillionは英エイルズベリーで1979年に結成されたネオ・プログレッシブ・ロックを代表するバンドだ。1983年にEMIよりデビュー・アルバム『Script for a Jester's Tear』をリリース。その後、『Fugazi』(1984年)、『Misplaced Childhood』(1985年)、『Clutching at Straws』(1987年)、『Seasons End』(1989年)とヒット作を次々に発表していく。1997年の9枚目のアルバム『This Strange Engine』よりメジャーを離れるも、継続的にアルバムのリリースを続け、2016年には18枚目のアルバム『Fuck Everyone and Run (F E A R)』をリリースし全英4位を記録。2019年には企画アルバム『With Friends from the Orchestra』をリリースした。現在まで、全英1位を獲得した『Misplaced Childhood』他、計8枚のアルバムがUKトップ10ヒットを記録。うち2枚がプラチナ・ディスク、3枚がゴールド・ディスクとなっている。


2020.1.15 ON SALE

マリリオンが1998年にリリースし、全英トップ40ヒットを記録した10枚目のアルバムの2013年ヴァージョン。CD1はマイケル・ハンターのミックスによる2013年ヴァージョンで、CD2はスチュワート・エヴリによるオリジナル。【2CD】


■アーティスト:MARILLION(マリリオン)
■タイトル:RADIATION 2013(レディエイション2013)
■品番:SMACDX1125J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,750+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. Costa Del Slough (2013 Remix)
2. Under The Sun (2013 Remix)
3. The Answering Machine (2013 Remix)
4. Three Minute Boy (2013 Remix)
5. Now She`ll Never Know (2013 Remix)
6. These Chains (2013 Remix)
7. Born To Run (2013 Remix)
8. Cathedral Wall (2013 Remix)
9. A Few Words For The Dead (2013 Remix)
(DISC 2)
1. Costa Del Slough (Original)
2. Under The Sun (Original)
3. The Answering Machine (Original)
4. Three Minute Boy (Original)
5. Now She`ll Never Know (Original)
6. These Chains
7. Born To Run (Original)
8. Cathedral Wall (Original)
9. A Few Words For The Dead (Original)

Marillionは英エイルズベリーで1979年に結成されたネオ・プログレッシブ・ロックを代表するバンドだ。1983年にEMIよりデビュー・アルバム『Script for a Jester's Tear』をリリース。その後、『Fugazi』(1984年)、『Misplaced Childhood』(1985年)、『Clutching at Straws』(1987年)、『Seasons End』(1989年)とヒット作を次々に発表していく。1997年の9枚目のアルバム『This Strange Engine』よりメジャーを離れるも、継続的にアルバムのリリースを続け、2016年には18枚目のアルバム『Fuck Everyone and Run (F E A R)』をリリースし全英4位を記録。2019年には企画アルバム『With Friends from the Orchestra』をリリースした。現在まで、全英1位を獲得した『Misplaced Childhood』他、計8枚のアルバムがUKトップ10ヒットを記録。うち2枚がプラチナ・ディスク、3枚がゴールド・ディスクとなっている。


2020.1.22 ON SALE

イギリスの伝説的なシンガーソングライター/ギタリスト、ジョン・マーティンのクラシック・トラックをコンパイルした2枚組のアルバム。「ソリッド・エアー」「アプレンティス」「フィッシャーマンズ・ドリーム」他、全28曲を収録。【2CD】


■アーティスト:JOHN MARTYN(ジョン・マーティン)
■タイトル:SOLID AIR (CLASSICS REVISITED)(ソリッド・エアー(クラシックス・リヴィジテッド))
■品番:SMACDX1028J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. Look At That Girl
2. Income Town
3. Send Me One Line
4. Deny This Love
5. The Apprentice
6. Ways To Cry
7. Head & Heart
8. Sundays Child
9. One Day Without You
10. Just Now
11. I Don't Wanna Know
12. Fine Lines
13. One World
14. Rock, Salt & Nails
(DISC 2)
1. Couldn't Love You More
2. Sweet Little Mystery
3. Over The Hill
4. May You Never
5. Angeline
6. Man In The Station
7. Solid Air
8. Bless The Weather
9. Johnny Too Bad
10. Sapphire
11. Fisherman's Dream
12. Big Muff
13. Easy Blues
14. Dealer

John Martynはイギリスの伝説的なソングライター/ギタリストで、「フォーク、ジャズ、ロック、ブルースの境界線を曖昧にしたギタリスト/シンガー」とThe Timesに評されている。そのキャリアは40年以上にもわたり、21枚のスタジオ・アルバムをリリース。Eric Clapton、David Gilmour、Phil Collins等とも仕事を行ったことで知られる。17歳のときにプロとしてのキャリアをスタート。ブルースとフォークをブレンドした独特のスタイルで、1960年代半ばのイギリスのフォーク・シーンの重要人物となった。1970年代にはソロ・アーティストとして名声を博し、1973年には歴史的な名盤『Solid Air』をリリースした。当『Solid Air (Classics Revisited)』にはJohn Martyn によるクラシック・トラックが28曲収録されている。90年代初期からの楽曲のセレクションで、「Solid Air」「The Apprentice」「Fisherman's Dream」等を収録。2CDのジュエル・ケース仕様で8ページのブックレットがつく。


2020.1.15 ON SALE

ロンドンのライムハウス・スタジオで1985年の10月に収録されたカール・パーキンスのテレヴィジョン・コンサートが35周年を記念してリイシュー。エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター他、豪華ゲストが参加。【CD+DVD】


■アーティスト:CARL PERKINS & FRIENDS(カール・パーキンス&フレンズ)
■タイトル:BLUE SUEDE SHOES: A ROCKABILLY SESSION(ブルー・スウェード・シューズ:ア・ロカビリー・セッション)
■品番:SMACDX1163J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,750+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(CD)
1. Carl Perkins " Boppin' The Blues "
2. Carl Perkins " Put Your Cat Clothes "
3. Ringo Starr " Honey Don't "
4. Carl Perkins, Ringo Starr & Eric Clapton " Matchbox "
5. Carl Perkins & Eric Clapton " Mean Woman Blues "
6. Carl Perkins " Turn Around "
7. Carl Perkins & Rosanne Cash " Jackson "
8. Rosanne Cash " What Kind Of Girl ? "
9. George Harrison " Everybody's Trying To Be My Baby "
10. Carl Perkins, George Harrison & Dave Edmunds " Your True Love "
11. Carl Perkins " The World Is Waiting For The Sunrise "
12. Carl Perkins, George Harrison & Eric Clapton " Medley : That's Alright Mama / Blue Moon Of Kentucky / Night Train To Memphis "
13. Carl Perkins & George Harrison " Glad All Over "
14. Carl Perkins & Eric Clapton " Whole Lotta Shakin' Goin' On "
15. Carl Perkins " Gone Gone Gone "
16. Carl Perkins " Blue Suede Shoes "
17. George Harrison " Blue Suede Shoes " ( Encore )
18. Carl Perkins " Blue Suede Shoes " ( Encore )
(DVD)
1. Johnny Cash, Roy Orbison & Jerry Lee Lewis - Interviews
2. Carl Perkins " Boppin' The Blues "
3. Carl Perkins " Put Your Cat Clothes "
4. Ringo Starr " Honey Don't "
5. Carl Perkins, Ringo Starr & Eric Clapton " Matchbox "
6. Carl Perkins & Eric Clapton " Mean Woman Blues "
7. Carl Perkins " Turn Around "
8. Carl Perkins & Rosanne Cash " Jackson "
9. Rosanne Cash " What Kind Of Girl ? "
10. George Harrison " Everybody's Trying To Be My Baby "
11. Carl Perkins, George Harrison & Dave Edmunds " Your True Love "
12. Carl Perkins " The World Is Waiting For The Sunrise "
13. Carl Perkins, George Harrison & Eric Clapton " Medley : That's Alright Mama / Blue Moon Of Kentucky / Night Train To Memphis "
14. Carl Perkins & George Harrison " Glad All Over "
15. Carl Perkins & Eric Clapton " Whole Lotta Shakin' Goin' On "
16. Carl Perkins " Gone Gone Gone "
17. Carl Perkins " Blue Suede Shoes "
18. George Harrison " Blue Suede Shoes " ( Encore )
19. Carl Perkins " Blue Suede Shoes " ( Encore )

『Blue Suede Shoes: A Rockabilly Session』はロンドンのライムハウス・スタジオで1985年の10月に収録されたCarl Perkinsのテレヴィジョン・コンサートだ。Eric Clapton、George Harrison、Ringo Starr、Dave Edmunds(ショーのディレクター)、Slim Jim Phantom(Stray Cats)、Lee Rocker(Stray Cats)、Earl Slick、Rosanne Cash(Johnny Cashの娘)等、豪華ゲストが参加し、「Blue Suede Shoes」他、1950年代のCarl Perkinsのクラシックなロカビリー曲をパフォーマンス。Carl Perkinsと長く友情関係を築いたGeorge Harrisonはギターをプレイするのみならずリード・ヴォーカルを数曲で担当し、1970年代の半ば以来、初めてRingo Starrとプレイした。当35周年記念のリイシューではCDとDVDをジュエルケースにカップリング。DVDにはJohnny Cash、Roy Orbison、Jerry Lee LewisがCarl Perkinsについて語ったインタヴューが収録されている。


2020.1.15 ON SALE

ラヴがサイケデリアの傑作『フォーエヴァー・チェンジズ』を完全再現した2003年のロイヤル・アルバート・ホールでのパフォーマンスを収録したライヴ盤。アーサー・リー参加の最後の作品で、CDにはアルバム全曲とラヴのクラシック、8曲を収録。DVDにはライヴの全編とアーサー・リーのインタヴューやドキュメンタリーを収録。【CD+DVD】


■アーティスト:LOVE WITH ARTHUR LEE(ラヴ・ウィズ・アーサー・リー)
■タイトル:THE FOREVER CHANGES CONCERT(フォーエヴァー・チェンジズ・コンサート)
■品番:SMACDX1164J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,750+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(CD)
1. Alone Again Or (Live)
2. A House Is Not A Motel (Live)
3. Andmoreagain (Live)
4. The Daily Planet (Live)
5. Old Man (Live)
6. The Red Telephone (Live)
7. Maybe The People Would Be The Times Or Between Clark And Hilldale (Live)
8. Live And Let Live (Live)
9. The Good Humor Man He Sees Everything Like This (Live)
10. Bummer In The Summer (Live)
11. You Set The Scene (Live)
12. Orange Skies (Live)
13. She Comes In Colors (Live)
14. Listen To My Song (Live)
15. August (Live)
16. Seven and Seven Is (Live)
17. Your Mind And We Belong Together (Live)
18. Signed DC (Live)
19. My Little Red Book (Live)
(DVD)
1. Alone Again Or (Live)
2. A House Is Not A Motel (Live)
3. Andmoreagain (Live)
4. The Daily Planet (Live)
5. Old Man (Live)
6. The Red Telephone (Live)
7. Maybe The People Would Be The Times Or Between Clark And Hilldale (Live)
8. Live And Let Live (Live)
9. The Good Humor Man He Sees Everything Like This (Live)
10. Bummer In The Summer (Live)
11. You Set The Scene (Live)
12. Arthur Lee Interview
13. Tour Documentary
14. Seven & Seven Is (Live)
15. Orange Skies (Live)
16. Listen To My Song (Live)
17. She Comes In Colors (Live)
18. Always See Your Face (Live)

Loveは1965年にArthur Leeを中心に結成されたロック・バンドだ。1966年にデビュー・アルバム『Love』をElektraよりリリース。1969年のアルバム『Out Here』より、バンドはArthur Leeのソロ色が強くなるも、解散、再結成を繰り返しながらも活動継続。しかし、2006年、Arthur Leeは白血病により他界した。Loveは最も影響力のあった60年代のバンドの一つにあげられ、特に1967年にリリースされたサード・アルバム『Forever Changes』はサイケデリアの傑作として高い評価を獲得。2003年にRoyal Albert Hallでおこなわれた再結成ライヴでは同アルバムが完全再現された。


2020.1.22 ON SALE

1966年、英レスターで結成され、7枚のトップ40ヒット・アルバムを生み出したプログレッシヴ・ロック・バンド、ファミリー。様々なジャンルを融合したサウンドが今尚、高く評価される彼らのキャリアを網羅した2枚組ベスト・アルバム。【2CD/リマスター盤】


■アーティスト:FAMILY(ファミリー)
■タイトル:HISTORY(ヒストリー)
■品番:SMACDX1167J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. The Weaver's Answer
2. See Through Windows
3. Peace Of Mind
4. Observations From A Hill
5. Hung Up Down
6. Drowned In Wine
7. Hey, Let It Rock
8. The Cat And The Rat
9. A Song For Me
10. Good News - Bad News
11. Holding The Compass
12. Strange Band
13. Part Of The Load
14. Today
15. No Mule's Fool
(DISC 2)
1. In My Own Time
2. Between Blue And Me
3. Sat'd'y Barfly
4. Spanish Tide
5. Children
6. Burning Bridges
7. Burlesque
8. Broken Nose
9. My Friend The Sun
10. Glove
11. Ready To Go
12. It's Only A Movie
13. Buffet Tea For Two
14. Sweet Desiree

Familyは1966年、レスターで結成されたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。フロントマンのRoger Chapman、ギターのCharlie Whitney、ドラムのRob Townsend等によって活動を開始。John Wettonも後に在籍した。『Music in a Doll's House 』(1968年)、『Family Entertainment 』(1969年)、『A Song for Me』(1970年)、『Anyway』(1970年)、『Fearless』(1971年)、『Bandstand』(1972年)、『It's Only a Movie』(1973年)と7枚のアルバムをリリース。全てのアルバムと4曲のシングルがUKトップ40ヒットとなり、後期にはUSでも成功した。ブルース、フォーク、ジャズ、サイケデリア、ロックを融合したそのサウンドでバンドを進化させ、今尚、高く評価されている。バンドは1973年に解散。2013年に再結成している。






2019-12-24 : Snapper Music :

■KSCOPE | 2020年1月リリース(STEVEN WILSON、RICHARD BARBIERI、TANGERINE DREAM、ULVER、DANIEL CAVANAGH、GAZPACHO)



2020.1.15 ON SALE

ポストプログレをリードするスティーヴン・ウィルソンの2枚目のアルバム『グレース・フォー・ドロウニング』のCD+Blu-rayのスペシャルエディション。【2CD+Blu-ray】


■アーティスト:STEVEN WILSON(スティーヴン・ウィルソン)
■タイトル:GRACE FOR DROWNING(グレース・フォー・ドロウニング)
■品番:KSCOPE552J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1 / CD)
1. Grace For Drowning
2. Sectarian
3. Deform To Form A Star
4. No Part Of Me
5. Postcard
6. Raider Prelude
7. Remainder The Black Dog
(DISC 2 / CD)
1. Belle De Jour
2. Index
3. Track One
4. Raider II
5. Like Dust I Have Cleared From My Eye
(DISC 3 / Blu-ray)
1. Grace For Drowning
2. Sectarian
3. Deform To Form A Star
4. No Part Of Me
5. Postcard
6. Raider Prelude
7. Remainder The Black Dog
8. Belle De Jour
9. Index
10. Track One
11. Raider II
12. Like Dust I Have Cleared From My Eye
13. Home In Negative
14. Fluid Tap

4度もグラミー賞にノミネートされたマルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサー、そしてPorcupine Treeの創立メンバーでもあるSteven Wilsonは、高い評価を受けた2枚目のソロ・アルバム『Grace For Drowning』を2011年にリリースした。このアルバムは2009年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『Insurgentes』で築き上げられた芸術的な方向性をより実験的/折衷的にした内容で、ジャス、クラシック、サイケデリック等を融合させた60年代/70年代に対する敬意を現代的に表現した名盤として認知されている。2017年の5枚目のソロ・アルバム『To The Bone』はUKチャートで3位、独チャートで2位を獲得したが、こうした記録は自身の初期作品の成功の上に築かれているのは言うまでもない。当作は、この『Grace For Drowning』のCD+Blu-rayのスペシャルエディションで、Blu-rayには本編全曲の”2ch Hi-resolution Stereo & 5.1 96/24 LPCM/DTS-HD Master Audio Surround”音源と2曲のボーナス・トラックが追加収録されている。


2020.1.22 ON SALE

ニューウェイヴのパイオニア、ジャパンや伝説のプログレッシヴ・バンド、ポーキュパイン・ツリーのメンバーとして知られるリチャード・バルビエリ。数々のミュージシャンに影響を与えてきた彼が2017年にリリースした3枚目のアルバム『プラネッツ+ペルソナ』。


■アーティスト:RICHARD BARBIERI(リチャード・バルビエリ)
■タイトル:PLANETS + PERSONA(プラネッツ+ペルソナ)
■品番:KSCOPE649J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Solar Sea
2. New Found Land
3. Night Of The Hunter
4. Interstellar Medium
5. Unholy
6. Shafts Of Light
7. Solar Storm

ニューウェイヴのパイオニア、JapanのメンバーとしてRichard Barbieriはバンドを決定づけたシンセ・サウンドをクリエイト。Human League、Duran Duran、Gary Numan、Talk Talk等に影響を与えた。Japanの後、Richard BarbieriはSteven Wilsonと合流。伝説のプログレッシヴ・バンド、Porcupine Treeのメンバーとして1993年からバンドの全てのアルバムでキーボードをプレイ。同時に、ソロとしてもアルバム『Things Buried』と『Stranger Inside』をリリースした。Richard Barbieriに対しての評価は健在で、昨今でもMick Karn(Japan)、Steven Wilson(Porcupine Tree)といった優れたミュージシャン達とコラボレーションも行っている。当『Planets + Persona』は2017年にリリースされたRichard Barbieriのサード・アルバムとなる。


2020.1.29 ON SALE

クラウト・ロックを代表するドイツのロック/シンセサイザー・グループ、タンジェリン・ドリーム。バンドの創設者エドガー・フローゼの死後、初となるアルバムで、再びバンドへの注目を集める契機となった2017年リリースの名盤。


■アーティスト:TANGERINE DREAM(タンジェリン・ドリーム)
■タイトル:QUANTUM GATE(クアンタム・ゲート)
■品番:KSCOPE650J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Sensing Elements
2. Roll The Seven Twice
3. Granular Blankets
4. It Is Time To Leave When Everyone Is Dancing
5. Identity Proven Matrix
6. Non-Locality Destination
7. Proton Bonfire
8. Tear Down The Grey Skies
9. Genesis Of Precious Thoughts

Tangerine Dreamはクラウト・ロックを代表するドイツのロック/シンセサイザー・グループで、ジャーマン・エレクトロの源流となる。ロックに電子音楽を取り入れ、テクノやアンビエント・ミュージックに大きな影響を与えた。1967年にEdgar Froeseにより西ベルリンで結成。1970年にデビュー・アルバム『Electronic Meditation』をリリース。1974年の『Phaedra』、1972年の『Zeit』、1975年の『Rubycon』他、ミュージック史で外すことができない傑作を数多く発表している。当『Quantum Gate』はTangerine Dream が2017年にリリースしたアルバムだ。バンドの創設者、Edgar Froeseの死後、初となるアルバムで、彼が残した数多くの音楽的アイデアやスケッチを元に制作された。1988年の『Optical Race』以降、最も成功を収めたアルバムで再びバンドへの注目を集める契機となった名盤。


2020.1.29 ON SALE

ノルウェーのエクスペリメンタル・バンド、ウルヴェルが2011年にリリースした8枚目のアルバム。ブラック・メタルのサウンドを進化させ、プログレッシヴ・ロックからの影響を全面に打ち出し、母国のチャートにランクインする等、高い評価を獲得した自身の代表作。


■アーティスト:ULVER(ウルヴェル)
■タイトル:WARS OF THE ROSES(ウォーズ・オブ・ザ・ローゼズ)
■品番:KSCOPE654J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. February MMX
2. Norwegian Gothic
3. Providence
4. September IV
5. England
6. Island
7. Stone Angels

ノルウェー語で「狼」の意となるUlverは1993年にヴォーカリスト、Kristoffer Ryggによってノルウェーのオスロで結成された。1995年、デビュー・アルバム『Bergtatt』をリリース。当初はブラック・メタルのバンドとしてスタートした。1998年のアルバム『Themes from William Blake's The Marriage of Heaven and Hell』からサウンドに変化があらわれ、エレクトロニック、インダストリアル、プログレッシヴ・メタル、アヴァンギャルド・ロック、アンビエント等の要素を導入。メンバー・チェンジを経てリリースされた2011年のアルバム『Wars of the Roses』は高い評価を獲得し、母国ノルウェーのアルバム・チャートで17位を記録。その後も継続的にアルバムをリリースし、2019年には目下の最新作『Drone Activity』をリリースした。当『Wars of the Roses』は2011年にリリースされたUlverの8枚目のアルバムとなる。最もプログレッシヴ・ロックに影響を受けた作品で、アルバムはノルウェーのCrystal Canyon Studiosでレコーディング。John Fryer(Depeche Mode、Cocteau Twins、Swan)とJaime Gomez Arellanoがミックスを行った。


2020.1.29 ON SALE

UKを代表するプログレッシヴ・ロックバンド、アナセマ。そのギタリスト/シンガー、ダニエル・キャヴァナが2017年にリリースしたソロ・アルバム『モノクローム』にボーナス・トラックを4曲追加したスペシャル・エディション。


■アーティスト:DANIEL CAVANAGH(ダニエル・キャヴァナ)
■タイトル:MONOCHROME/COLOUR(モノクローム/カラー(スペシャル・エディション))
■品番:KSCOPE655J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,150 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Exorcist
2. This Music
3. Soho
4. The Silent Flight Of The Raven Winged Hours
5. Dawn
6. Oceans Of Time
7. Some Dreams Come True
8. The Exorcist (Acoustic)*
9. The Silent Flight Of The Raven Winged Hours (Acoustic)*
10. Found*
11. Scandinavia*
*Bonus Tracks

Daniel Cavanaghは英リヴァプールで1990年に結成されたオルタナティヴ/プログレッシヴ・ロックバンド、Anathemaのギタリスト/シンガーだ。Anathemaは1993年、Peacevilleよりファースト・アルバム『Serenades 』をリリース。1996年のサード・アルバム『Eternity』あたりからその音楽性を変化させていき、1999年にはMusic For Nationsよりアルバム『Judgement 』をリリースする。2008年、Music For Nationsの閉鎖にともない、バンドはKscopeへ移籍。2010年にはアルバム『We're Here Because We're Here 』をリリース。2012年には9枚目のアルバム『Weather Systems』をリリース。このアルバムは高い評価を獲得し、ヨーロッパ各地でチャートにランクイン。2014年の『Distant Satellites』、2017年の『The Optimist』はともにUKトップ40ヒットを記録し、『The Optimist』はProgressive Music Awardsでアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得した。当『Monochrome/Colour』はDaniel Cavanaghが2017年にリリースしたソロ・アルバム『Monochrome』に2曲のアコースティックと2曲の新曲を追加したスペシャル・エディションとなる。


2020.1.22 ON SALE

ノルウェーのプログレッシヴ・ロック・バンド、ガスパチョが2018年にリリースしたアルバム。イギリスのロック/メタル・チャートの4位を記録する等、高い評価を獲得した作品。


■アーティスト:GAZPACHO(ガスパチョ)
■タイトル:SOYUZ(ソユーズ)
■品番:KSCOPE658J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Soyuz One
2. Hypomania
3. Exit Suite
4. Emperor Bespoke
5. Sky Burial
6. Fleeting Things
7. Soyuz Out
8. Rappaccini

Gazpachoは、幼少の頃からの友達であったJan-Henrik OhmeとJon-Arne Vilboを中心に、ノルウェーのオスロで1996年に結成されたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。そのサウンドは高く評価され、Marillionを長期にわたり幾度もサポートしていることでも知られる。当『Soyuz』は、高い評価を獲得した2015年の『Molok』に続くアルバムで、2018年のリリース。イギリスのロック/メタル・チャートの4位、同インディ・チャートの17位にランクインした。アルバムはノルウェーのKrypton PlanetとSt. Croix FredrikstadでThomas Andersen、Kristian Torp、Mikael Kroemerによりレコーディングされ、John Rauschがミックス。マスタリングはSonovo MasteringのThor Legvoldが手掛けた。ロシアの冷戦にインスパイアされたアートワークはペインターのAntonio Seijasによりデザインされた。






2019-12-24 : Snapper Music :

■CHARLY | 2020年1月/2月リリース(JOHNNY CASH、他)



2020.1.15 ON SALE

当時、ノーザン・ソウルのクラブとして10万人のメンバーを誇ったウィガン・カジノ。1973年から1981年にかけて当クラブでプレイされたノーザン・ソウル、ポップコーン、R&Bの楽曲をオリジナルのマスター・テープ&レアなヴァイナルからリマスターしてコンパイル。


■アーティスト:VA(ヴァリアス・アーティスツ)
■タイトル:CLUB SOUL - VOL 5 – WIGAN CASINO SOUL CLUB(クラブ・ソウルVOL5 - ウィガン・カジノ・ソウル・クラブ)
■品番:CHARLYD599J[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Inspirations “Your Wish Is My Command”
2. The Chandlers “Your Love Makes Me Lonely”
3. Tony Hester “Watch Yourself”
4. Ruby Winters “I Want Action”
5. Joseph Moore “I Still Can’t Get You”
6. The Ringleaders “Baby, What Has Happened To Our Love”
7. The Appreciations “I Can’t Hide It”
8. Donna King “Take Me Home”
9. Mikki Farrow “Could It Be”
10. The Jerms “I’m A Teardrop”
11. Clarence Murray “Let’s Get On With It”
12. Ray Algere “In My Corner”
13. Little Richie “Just Another Heartache”
14. Tommy Ray Tucker “Cry, Cry,Cry”
15. Johnny Dynamite “The Night The Angels Cried”
16. Little Johnny Blair “Momma’s Gone”
17. The Ohio Players “Love Slipped Through My Fingers”
18. Copper ‘n’ Brass “Does Anybody Know What Time It Is?”
19. Barbara McNair “More Today Than Yesterday”
20. Van McCoy & Friends “Help Is On The Way”
21. The Catalinas “You Haven’t The Right”
22. The Young Savages “(Shake Me) Can I Be Dreamin’?”
23. The Fabulettes “Screamin’ & Shoutin’”
24. Ron Holden “I’ll Forgive & Forget”
25. Linda Jones “You Hit Me Like ‘TNT’”
26. Mae Young “No Ifs, No Ands, No Buts”
27. The Combinations “What’cha Gonna Do?”
28. The C.O.D.’s “She’s Fire”

Wigan Casinoは英ウィガンにあったナイトクラブだ。当時、ノーザン・ソウルのクラブとして10万人のメンバーを誇り、Billboord誌でも「ベスト・ディスコ・イン・ザ・ワールド」に選ばれた。その巨大さを持ってノーザン・ソウルに大きな影響を及ぼし、ファンにとってはまさにレアで貴重なソウルのレコードのメッカであった。当アルバムは、1973年から1981年にかけてWigan CasinoでプレイされたThe Ringleaders、Skull Snaps、The Jerms、Ohio Players、Blanch Carter、The Inspirations、The Young Savages、Little Richie、Maurice Williams、Ron Holden、The Combinations、The C.O.D.'s等のクラシック・トラックをコンパイルしたもので、オリジナルのマスター・テープやレアなヴァイナルから新たにリマスターされた。また、LPに収録されなかった楽曲も当CDヴァージョンには追加されている。


2020.1.3 ON SALE

1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバルのドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ』のDVDにオリジナル・サウンドトラックを加えたCD+DVDの2枚組作品。ルイ・アームストロング、チャック・ベリー、ジミー・ジェフリー・トリオ、アニタ・オデイ、ダイナ・ワシントン他の演奏を収録。【2枚組/CD+DVD】


■アーティスト:VA
■タイトル:SOUL STREET
■品番:CHARLYL327[輸入盤/LP]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Ricky Allen “Soul Street”
2. Alder Ray Black & The Fame Gang” Put Your Trust In Me (You Can Depend On Me)
3. Eddie Bo & Inez Cheatham “Lover And A Friend”
4. Betty Harris “Trouble With My Lover”
5. Josephine Taylor “I Want A Man”
6. Willie West “Fairchild”
7. Lee Moses “I Can`t Take No Chances”
(SIDE B)
1. Lenny McDaniels & The New Era “Something Out Of Nothing”
2. Alvin Cash & The Registers “Sweatin' (Do What You Want To)”
3. Roger & The Gypsies “Pass The Hatchet (Part 1)”
4. Roy Roberts Experience “You Move Me, Pt. 1”
5. Net Wt 14 Karat Black “Ain`t Nothin` But A Habit”
6. Tina & Ike Turner with Kings Of Rhythm “You Got What You Wanted”
7. Aaron Neville “Hercules”

Ricky Allen、Willie West、Aaron Nevilleのレアなトラックや、当時未発売であったJosephine TaylorとAlvin Cash & The Registersの楽曲等、ハード・エッジななノーザン・ソウルを14曲収録収録したClub Soulが提供するコンピレーション。180gのヘヴィーウェイト・ヴァイナル仕様。


2020.1.15 ON SALE

Ricky Allen、Willie West、Aaron Nevilleのレアなトラックや、当時未発売であったJosephine TaylorとAlvin Cash & The Registersの楽曲等、ストリートのファンキーサイドからハード・エッジなノーザン・ソウル・カッツを14曲収録。


■アーティスト:VA(ヴァリアス・アーティスツ)
■タイトル:JAZZ ON A SUMMER'S DAY(真夏の夜のジャズ)
■品番:CHARLYX693J [国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,850+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1 / CD)
1.The Jimmy Giuffre Trio “The Train And The River” (Live At The Newport Jazz Festival, 4th July 1959 )
2. Thelonious Monk “Blue Monk” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
3. Sonny Stitt & Sal Salvador “Loose Walk” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
4. Anita O’Day “Sweet Georgia Brown” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
5. Anita O’Day “Tea For Two” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
6. Dinah Washington “All Of Me” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
7. Gerry Mulligan & The Concert Jazz Band “As Catch Can” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
8. Big Maybelle “I Ain`t Mad At You” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
9. Chuck Berry “Sweet Little Sixteen” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
10. The Chico Hamilton Quintet “Blue Sands” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
11. Louis Armstrong “Up A Lazy River” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
12. Louis Armstrong “Tiger Rag” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
13. Louis Armstrong & Jack Teagarden “Rockin` Chair” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
14. Louis Armstrong “When The Saints Go Marchin` In” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
15. Mahalia Jackson “Walk All Over God`s Heaven” (Live At The Newport Jazz Festival, July 1959)
16. Mahalia Jackson “Didn`t It Rain?” (Live At The Newport Jazz Festival, July 1959)
17. Mahalia Jackson “The Lord`s Prayer” (Live At The Newport Jazz Festival, July 1959)
(DISC 2 / DVD)
1.The Jimmy Giuffre Trio “The Train And The River” (Live At The Newport Jazz Festival, 4th July 1959)
2. Thelonious Monk “Blue Monk” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
3. Sonny Stitt & Sal Salvador “Loose Walk” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
4. Anita O’Day “Sweet Georgia Brown” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
5. Anita O’Day “Tea For Two” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
6. George Shearing “Rondo” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
7. Dinah Washington “All Of Me” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
8. Gerry Mulligan & The Concert Jazz Band “As Catch Can” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
9. Big Maybelle “I Ain`t Mad At You” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
10. Chuck Berry “Sweet Little Sixteen” (Live At The Newport Jazz Festival, 5th July 1959)
11. The Chico Hamilton Quintet “Blue Sands” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
12. Louis Armstrong “Up A Lazy River” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
13. Louis Armstrong “Tiger Rag” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
14. Louis Armstrong “Rockin` Chair” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
15. Louis Armstrong “When The Saints Go Marchin` In” (Live At The Newport Jazz Festival, 6th July 1959)
16. Mahalia Jackson “Walk All Over God`s Heaven” (Live At The Newport Jazz Festival, July 1959)
17. Mahalia Jackson “Didn`t It Rain?” (Live At The Newport Jazz Festival, July 1959)
18. Mahalia Jackson “The Lord`s Prayer” (Live At The Newport Jazz Festival, July 1959)

『Jazz On A Summer’s Day』は今まで制作されたジャズの映画の中でも最も偉大な作品の一つだ。Bert Stern監督によるこの映画は1958年7月に開催された第5回ニューポート・ジャズ・フェスティヴァルの模様を記録したドキュメンタリーで、当時のジャズ・シーンでのビッグ・ネイムの演奏のみならず、50年代後半のアメリカのスタイルやファッションをとらえた貴重な記録となる。当『Jazz On A Summer’s Day』は、映画のオリジナル・サウンドトラック(CD)に映画自体のDVDを加えた2枚組の作品で、16ページのブックレットを加えた2ディスクのジェル・ケース仕様となる。サウンドトラックは新たにリマスターされ、映画のDVDのエクストラにはBert Sternのインタヴュー、『Jazz On A Summer’s Day』の紹介、アーティスト・バイオグラフィー、フォトギャラリーが追加されている。


2020.2.5 ON SALE

ジョニー・キャッシュがサン・レコードより1957年10月にリリースした記念すべきデビュー・アルバム『ウィズ・ヒズ・ホット・アンド・ブルー・ギター』。オリジナルのマスター・テープからのデジタル・リマスタリング音源を使用し、ボーナス・トラックを4曲追加。【リマスター盤】


■アーティスト:JOHNNY CASH(ジョニー・キャッシュ)
■タイトル:WITH HIS HOT AND BLUE GUITAR(ウィズ・ヒズ・ホット・アンド・ブルー・ギター)
■品番:SUNCD1220J[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Rock Island Line
2. I Heard That Lonesome Whistle
3. Country Boy
4. If The Good Lord's Willing
5. Cry! Cry! Cry!
6. Remember Me (I'm The One Who Loves You)
7. So Doggone Lonesome
8. I Was There When It Happened
9. I Walk The Line
10. The Wreck Of Old '97
11. Folsom Prison Blues
12. Doin' My Time
13. Country Boy (Demo First Recording) (Demo First Recording)*
14. Cry! Cry! Cry! (Take 1 Extended Version)*
15. I Walk The Line (Take 1)*
16. Folsom Prison Blues (Take 2)*
*Bonus Tracks

Johnny Cashはアメリカのシンガーソングライター、ギタリスト、俳優、作家だ。全世界で9千万枚以上のレコードを売り上げ、グラミー賞を11回受賞。後世のアーティスト達に多大な影響を与えた。当『With his Hot and Blue Guitar』は1957年10月、Sun RecordsからリリースされたJohnny Cashの記念すべきデビュー・アルバムとなる。デビュー・シングル「Cry! Cry! Cry!」、カントリー・チャート3位/ポップ・チャート17位を記録した「Folsom Prison Blues」、カントリー・チャート1位/ポップ・チャート17位を記録した「I Walk the Line」、カントリー・チャート4位を記録した「So Doggone Lonesome」とシングル4曲を収録。音源はオリジナルのマスター・テープからデジタル・リマスタリングされ、ボーナス・トラックが4曲追加される。


2020.2.5 ON SALE

ジョニー・キャッシュがサン・レコードより1958年11月にリリースした『シングス・ザ・ソングス・ザット・メイド・ヒム・フェイマス』。オリジナルのマスター・テープからのデジタル・リマスタリング音源を使用し、ボーナス・トラックが4曲追加。【リマスター盤】


■アーティスト:JOHNNY CASH(ジョニー・キャッシュ)
■タイトル:SINGS THE SONGS THAT MADE HIM FAMOUS(シングス・ザ・ソングス・ザット・メイド・ヒム・フェイマス)
■品番:SUNCD1235J[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,600+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Ballad Of A Teenage Queen
2. There You Go
3. I Walk The Line
4. Don`t Make Me Go
5. Guess Things Happen That Way
6. Train Of Love
7. The Ways Of A Woman In Love
8. Next In Line
9. You`re The Nearest Thing To Heaven
10. I Can`t Help It (If I`m Still In Love With You)
11. Home Of The Blues
12. Big River
13. Ballad Of A Teenage Queen (Un-Overdubbed Take 2)*
14. Don`t Make Me Go (Take 5)*
15. Train Of Love (Remake)*
16. Home Of The Blues (Un-Overdubbed Take 2 plus False Start)*
*Bonus Tracks

Johnny Cashはアメリカのシンガーソングライター、ギタリスト、俳優、作家だ。全世界で9千万枚以上のレコードを売り上げ、グラミー賞を11回受賞。後世のアーティスト達に多大な影響を与えた。当『Sings the Songs that Made him Famous』は1958年11月、Sun RecordsからリリースされたJohnny Cashの2枚目のアルバムとなる。カントリー・チャート1位/ポップ・チャート14位を記録した「Ballad Of A Teenage Queen」他、「There You Go」「Train Of Love」「Don’t Make Me Go」「Next In Line」「Home Of The Blues」「The Ways Of A Woman In Love」「Guess Things Happen That Way」等を収録。オリジナルのマスター・テープからデジタル・リマスタリングされ、ボーナス・トラックが4曲追加される。






2019-12-24 : Snapper Music :

■Peaceville | Peaceville、2019年12月13日、リリース(DIABOLICAL MASQUERADE)



2019.12.13 ON SALE

KatatoniaのAnders Nyströmによるシンフォニック・エクストリーム・メタル・ソロ・プロジェクト、Diabolical Masquerade。彼らが1996年にリリースしたデビュー・アルバム『Ravendusk in My Heart』。


■アーティスト:DIABOLICAL MASQUERADE
■タイトル:RAVENDUSK IN MY HEART
■品番: VILELP523 [輸入盤/LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. The Castle Of Blackheim
2. Blackheim`s Quest To Bring Back The Stolen Autumn
3. Beyond The Spiritual Moon
4. The Sphere In Blackheim`s Shrine
5. Under The Banner Of The Sentinel
(SIDE B)
1. Blackheim`s Forest Kept The Seasons Forever
2. The Darkblue Seajourneys Of The Sentinel
3. Blackheim`s Hunt For Nocturnal Grace
4. Ravendusk In My Heart






2019-11-28 : Snapper Music :

■Kscope | Kscope、2019.12月下旬リリース(GONG)



2019.12月下旬 ON SALE

元Soft MachineのDaevid Allenにより結成されたプログレッシヴ・ ロック・バンド、Gongの2014年のアルバム。Daevid Allenが参加した最後のアルバム。


■アーティスト:GONG
■タイトル:I SEE YOU
■品番:KSCOPE1046[輸入盤/2LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. I See You
2. Occupy
3. When God Shakes Hands With The Devil
4. The Eternal Wheel Spins
(SIDE B)
1. Syllabub
2. This Revolution
3. You See Me
4. Thank You
(SIDE C)
1. Zion My T-shirt
2. A Brew Of Special Tea
3. Shakti Yoni & Dingo Virgin

Gong は1967年に元Soft MachineのDaevid Allenによって結成されたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。1970年にアルバム『Magick Brother』でデビュー。Virginと契約後、1973年にサード・アルバム『Flying Teapot』をリリースするも、5枚目のアルバム『You』を最後にDaevid Allenは脱退。ドラムのPierre Moerlenを中心にPierre Moerlen's Gongとして活動を続ける。1992年、Daevid Allenがバンドに復帰しアルバム『Shapeshifter』をリリース。しかし、2014年のアルバム『I See You』を最後にDaevid Allenは他界。その後もDaevid Allenの遺志を受け継ぎ、バンドは活動を続けている。






2019-11-28 : Snapper Music :

■VA | クラブ・ソウルが提供するアップ・フロント、エクレクティック、スーパー・レア、ファンキー・エッジ、フィール・グッド、ダンスフロア・ソウルの計12曲を収録したコンピレーション。



2019.12月上旬 ON SALE

クラブ・ソウルが提供するアップ・フロント、エクレクティック、スーパー・レア、ファンキー・エッジ、フィール・グッド、ダンスフロア・ソウルの計12曲を収録したコンピレーション。


■アーティスト:VA
■タイトル:TIME & PLACE
■品番:CHARLYL326[輸入盤/LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Jean Shy “I'm A Bad Go Getter”
2. Eddie Bo “Our Love (Will Never Falter)”
3. Francine King “Two Fools”
4. Little Buck “Little Boy Blue”
5. Ricky Allen “Cut You Loose”
6. The Soul Suspects “Funky Drop”
(SIDE B)
1.Gil Scott-Heron & Brian Jackson “The Bottle”
2. The Ohio Players “Love Slipped Thru My Fingers”
3. Brief Encounter “Get A Good Feeling”
4. The Continental Showstoppers “Not Too Young”
5. Uncle Remus “Number One”
6. Lee Moses “Time And Place”

アップ・フロント、エクレクティック、スーパー・レア、ファンキー・エッジ、フィール・グッド、ダンスフロア・ソウルの12曲をコンパイルしたアルバム。Soul Shack DJの協力によりClub Soulが提供するコンピレーションで、180gのヘヴィーウェイト・ヴァイナル仕様。






2019-11-21 : Snapper Music :

■MY DYING BRIDE | パラダイス・ロスト、アナセマと共にピースヴィル・スリーの一翼を担った英ブラッドフォードのドゥーム・メタル・バンド、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが1990年11月にリリースした4曲入りEPの12インチ・ヴァイナル。



2019.12月上旬 ON SALE

パラダイス・ロスト、アナセマと共にピースヴィル・スリーの一翼を担った英ブラッドフォードのドゥーム・メタル・バンド、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが1990年11月にリリースした4曲入りEPの12インチ・ヴァイナル。


■アーティスト:MY DYING BRIDE(マイ・ダイイング・ブライド)
■タイトル:TOWARDS THE SINISTER(タワーズ・ザ・シニスター)
■品番:VILELP823[輸入盤/12"]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1.Symphonaire Infernus Et Spera Empyrium (1990 Demo)
2. Vast Choirs (1990 Demo)
(SIDE B)
1. The Grief Of Age (1990 Demo)
2. Catching Feathers (1990 Demo)

My Dying BrideはAaron StainthorpeとAndrew Craighanを中心に1990年に英ブラッドフォードで結成されたドゥーム・メタル・バンドだ。1992年にデビュー・アルバム『As the Flower Withers』をPeaceville Recordsよりリリース。その後、2015年の『Feel the Misery』まで、計12枚のアルバムをリリースしている。1990年初頭、デス・ドゥーム・メタル/ゴシック・メタルの先駆者として活躍しParadise Lost、Anathemaと共にピースヴィル・スリー(Peaceville Three)の一翼を担った。当『For Lies I Sire』はバンドの10枚目のアルバムで、2009年3月、Peaceville Recordsよりリリースされた。アルバムは高い評価を獲得し、ヨーロッパ各国でチャートにもランクインした。






2019-11-21 : Snapper Music :

■MY DYING BRIDE | パラダイス・ロスト、アナセマと共にピースヴィル・スリーの一翼を担った英ブラッドフォードのドゥーム・メタル・バンド、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが2012年にリリースしたアルバムのLP。



2019.12月上旬 ON SALE

パラダイス・ロスト、アナセマと共にピースヴィル・スリーの一翼を担った英ブラッドフォードのドゥーム・メタル・バンド、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが2012年にリリースしたアルバムのLP。


■アーティスト:MY DYING BRIDE
■タイトル:A MAP OF ALL OUR FAILURES
■品番:VILELP818[輸入盤/2LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Kneel Till Doomsday
2. The Poorest Waltz
(SIDE B)
1. A Tapestry Scorned
2. Like A Perpetual Funeral
(SIDE C)
1. A Map Of All Our Failures
2. Hail Odysseus
(SIDE D)
1. Within The Presence Of Absence
2. Abandoned As Christ

My Dying BrideはAaron StainthorpeとAndrew Craighanを中心に1990年に英ブラッドフォードで結成されたドゥーム・メタル・バンドだ。1992年にデビュー・アルバム『As the Flower Withers』をPeaceville Recordsよりリリース。その後、2015年の『Feel the Misery』まで、計12枚のアルバムをリリースしている。1990年初頭、デス・ドゥーム・メタル/ゴシック・メタルの先駆者として活躍しParadise Lost、Anathemaと共にピースヴィル・スリー(Peaceville Three)の一翼を担った。当『For Lies I Sire』はバンドの10枚目のアルバムで、2009年3月、Peaceville Recordsよりリリースされた。アルバムは高い評価を獲得し、ヨーロッパ各国でチャートにもランクインした。






2019-11-21 : Snapper Music :

■KATATONIA | 2016年にリリースした最新作『ザ・フォール・オブ・ハーツ』も高評価を獲得したスウェーデンのメタル・バンド、カタトニア。彼らが1998年にリリースしたサード・アルバム『ディスカレッジド・ワンズ』のLP。



2019.12月上旬 ON SALE

2016年にリリースした最新作『ザ・フォール・オブ・ハーツ』も高評価を獲得したスウェーデンのメタル・バンド、カタトニア。彼らが1998年にリリースしたサード・アルバム『ディスカレッジド・ワンズ』のLP。


■アーティスト:KATATONIA(カタトニア)
■タイトル:DISCOURAGED ONES(ディスカレッジド・ワンズ)
■品番:VILELP822[輸入盤/2LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. I Break
2. Stalemate
3. Deadhouse
(SIDE B)
1. Relention
2. Cold Ways
3. Gone
4. Last Resort
(SIDE C)
1. Nerve
2. Saw You Drown
3. Instrumental
4. Distrust
(SIDE D)
1. Quiet World (Bonus Track)
2. Scarlet Heavens (Bonus Track)

KatatoniaはJonas RenkseとAnders Nyströmを中心に、1991年にスウェーデンのストックホルムで結成されたメタル・バンドだ。1993年にデビュー・アルバム『Dance of December Souls』をNo Fashion Recordsよりリリース。1999年の4枚目のアルバム『Tonight's Decision』よりPeacevilleへ移籍し、2012年にはバンド史上最も成功を収めた9枚目のアルバム『Dead End Kings』をリリース。目下の最新作となる2016年の10枚目のアルバム『The Fall of Hearts』も高い評価を獲得し、ヨーロッパ各国でチャートにランクインした






2019-11-21 : Snapper Music :

■MAYHEM | ノルウェーのブラック・メタル最重要バンド、メイヘムのライヴ・アルバムのボックス・セット。LP4枚に76Pのブックレットを封入。1990年のライヴ音源。【4LP】



2019.12月上旬 ON SALE

ノルウェーのブラック・メタル最重要バンド、メイヘムのライヴ・アルバムのボックス・セット。LP4枚に76Pのブックレットを封入。1990年のライヴ音源。【4LP】


■アーテイスト:MAYHEM
■タイトル:CURSED IN ETERNITY
■品番:EBVILE021[輸入盤/4LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(LP 1 -3/2/90 LIVE IN JESSHEIM NORWAY)
A.1 Deathcrush
A.2 Necrolust
A.3 Funeral Fog
A.4 Freezing Moon
B.1 Carnage
B.2 Buried By Time And Dust
B.3 Chainsaw Gutsfuck
B.4 Pure Fucking Armageddon
(LP 2 - 28/2/90 LIVE IN SARPSBORG NORWAY)
A.1 Deathcrush
A.2 Necrolust
A.3 Funeral Fog
A.4 Freezing Moon
B.1 Carnage
B.2 Buried By Time And Dust
B.3 Chainsaw Gutsfuck
B.4 Pure Fucking Armageddon
(LP 3 - 24/11/90 LIVE IN ZEITZ EAST GERMANY)
A.1 Deathcrush
A.2 Necrolust
A.3 Funeral Fog
A.4 The Freezing Moon
B.1 Carnage
B.2 Buried By Time And Dust
B.3 Chainsaw Gutsfuck
B.4 Pagan Fears
(LP 4 - 26/11/90 LIVE IN LEIPZIG EAST GERMANY)
A.1 Deathcrush
A.2 Necrolust
A.3 Funeral Fog
A.4 The Freezing Moon
A.5 Carnage
B.1 Buried By Time And Dust
B.2 Pagan Fears
B.3 Chainsaw Gutsfuck
B.4 Pure Fucking Armageddon

Mayhemは1980年代の中頃、ノルウェーのラングヒュースで結成されたブラック・メタル・バンドで、初期のブラック・メタルのシーンを牽引した最重要バンドの一つである。結成後、デモをリリースしライヴ活動をおこなうも、ヴォーカルのDeadが死去する等、メンバーは固定しなかった。しかし、ギターのEuronymousを軸にアルバム『De Mysteriis Dom Sathanas』の制作は進められた。1993年、Euronymousが死去しバンドは解散に追い込まれるも、1994年にEuronymousが生前に運営していたレーベル、Deathlike Silenceよりファースト・アルバム『De Mysteriis Dom Sathanas』をリリース。同アルバムはブラック・メタルの金字塔として歴史的な作品となった。その後、バンドはドラムのHellhammerとベースのNecrobutcherを中心に再結成。2000年のセカンド・アルバム『Grand Declaration of War』を皮切りにリリースやライヴ活動を続けている。






2019-11-21 : Snapper Music :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム