fc2ブログ

■J MASCIS | J・マスキス、2月2日発売のニュー・アルバム『WHAT DO WE DO NOW(ホワット・ドゥ・ウィ・ドゥ・ナウ) 』より、「Right Behind You」を公開。



J Mascis - Right Behind You (Official Video)





続きを読む

スポンサーサイト



2024-01-18 : J Mascis :

■J MASCIS | J・マスキス、待望のニュー・アルバム『ホワット・ドゥ・ウィ・ドゥ・ナウ』が完成。ゲストを迎えバンド主導のサウンドをフィーチャーしたソロとしては5年ぶり、自身4枚目のアルバム。



2024.2.2 ON SALE[世界同時発売]

J・マスキス、待望のニュー・アルバム『ホワット・ドゥ・ウィ・ドゥ・ナウ』が完成。ゲストを迎えバンド主導のサウンドをフィーチャーしたソロとしては5年ぶり、自身4枚目のアルバム。


■アーティスト:J MASCIS(J・マスキス)
■タイトル:WHAT DO WE DO NOW(ホワット・ドゥ・ウィ・ドゥ・ナウ)
■品番:OTCD-6870[CD]
■定価:¥2,600 +税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Can’t Believe We're Here
2. What Do We Do Now
3. Right Behind You
4. You Don’t Understand Me
5. I Can’t Find You
6. Old Friends
7. It's True
8. Set Me Down
9. Hangin Out
10. End Is Gettin Shaky

J Mascis - Can’t Believe We're Here (Official Video)


●『What Do We Do Now』は、J Mascisが1996年以来レコーディングしたソロ・アルバムだ。これは明らかにあまり積極的なリリース・スケジュールではないが、ライヴ・アルバム、ゲスト・スポット、彼の他の様々なバンド(Dinosaur Jr.、The Fog、Heavy Blanket、Witch、Sweet Apple他)での活動などを考慮すると、Lou Reedの言葉を借りれば、「Jの1週間はあなたの1年に勝る」ということになる。『What Do We Do Now』はパンデミックの衰退期にまとまり始めた。自身のスタジオ、Bisquiteenを活用し、Jはアコースティック・ギターで、Dinosaur Jr.のために作るのとは違ったダイナミズムを持つ一連の曲を書き始めた。「バンドのために曲を書くときは、LouやMurphに合いそうなことをいつも考えている。ソロの時は、リード・ギターでさえも、アコースティック・ギター1本で何ができるかをもっと考えている。もちろん今回は、リズム・パートはアコースティックなままだけど、フル・ドラムとエレクトリック・リードを加えた。いつもは、ソロの部分は自分で弾けるようにするためにもっとシンプルにするんだけど、どうしてもドラムを入れたかった。それが始まったら、あとはすべて上手くいった。だから結局、バンド・アルバムに近いサウンドになった。なぜそうしたのかはわからないけど、そうなった」と彼は語る。また、今回は2人のゲスト・ミュージシャンが参加している。マサチューセッツ州西部のKen Mauri(B52sのメンバー)が数曲でピアノをプレイ。もう一人はカナダのサイケ/フォーク/エクスペリメンタル・ミュージシャン、Matthew “Doc” Dunnで、JはMatt Valentineを通じてDunnと知り合った。『What Do We Do Now』は、Jがこれまでに書いたソロの中で最も素晴らしい曲のセットを持ち、その見せ方も完璧だ。このアルバムでツアーをするのかと尋ねられたJによると、週末に何度かツアーをする予定だが、バンドを組むことはないとのこと。これらの曲はソロでもアコースティックでも素晴らしいサウンドになると確信できるが、アルバムのアレンジは本当に素晴らしく、音作りに対するMascisの即座に認識できるアプローチに、クールで異なる要素を加えている。
●J Mascisはオルタナティヴ・ロック・バンド、Dinosaur Jr.のシンガー、ギタリスト、メイン・ソングライターとして知られる。Dinosaur Jr.は1984年にJ Mascis、Lou Barlow、Murphで結成されたトリオ編成のバンドで、1985年にHomesteadよりデビュー・アルバム『Dinosaur』をリリース。1991年のアルバム『Green Mind』よりメジャーのSireへ移籍。作品のリリースを続けるも1997年に解散する。その後、2005年にバンドは再結成。2007年に再結成後初となるアルバム『Beyond』、2016年には『Give a Glimpse of What Yer Not』、2021年には目下の最新作『Sweep It Into Space』をリリースしている。一方、J Mascisは1996年にソロとしてアコースティック・ライヴ・アルバム『Martin + Me』をリリース。Dinosaur Jr.解散後には、J Mascis + The Fog名義で『More Light』(2000年)と『Free So Free』(2002年)、 J Mascis and Friends名義で『J and Friends Sing And Chant For Amma』をリリース。そして2011年、スタジオ・アルバムとしてのソロ・デビュー作『Several Shades of Why』をSub Popよりリリース。2014年にはセカンド・ソロ・アルバム『Tied to a Star』、2018年にはサード・アルバム『Elastic Days』をリリースした。またKing Tuff等とメタル・バンド、Witchでも活動しており、同バンドでJ Mascisはドラムをプレイしている。




2023-11-15 : J Mascis :

■J Mascis | J・マスキス、Tom Pettyのカヴァー「Don’t Do Me Like That」を公開。来日公演は来週、4/16東京&4/17大阪。



Don't Do Me Like That (Tom Petty cover) - J Mascis






東京 4月16日(火) 渋谷 WWWX
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング¥6,500 (税込/別途 1 ドリンク)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/2(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

大阪 4月17日(水) DROP
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング¥6,500 (税込/別途 1 ドリンク)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/2(土)
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888




続きを読む

2019-04-10 : J Mascis :

■J Mascis | ダイナソーJr.のフロントマン、J マスキスのソロ・ツアーが決定!轟音の陰に隠れたJ のソングライティングの素晴らしさを堪能できる貴重なチャンス! 先日、25 年前に発表のダイナソーJr. の名盤『Over Your Shoulder』が日本の最新洋楽チャートでトップに輝くという “怪挙”を成し遂げた絶好のタイミングでの来日公演は必見です!!






東京 4月16日(火) 渋谷 WWWX
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング¥6,500 (税込/別途 1 ドリンク)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/2(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

大阪 4月17日(水) DROP
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング¥6,500 (税込/別途 1 ドリンク)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/2(土)
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888




続きを読む

2019-02-21 : J Mascis :

■J Mascis | J・マスキス、最新インタヴューを公開中。









続きを読む

2018-11-14 : J Mascis :

■J Mascis | J・マスキス、待望のニュー・アルバム『エラスティック・デイズ』、11/9日、世界同時発売。日本盤のみボーナス・ディスク&解説/歌詞/対訳付。



2018.11.9 ON SALE[世界同時発売]

J・マスキス、待望のニュー・アルバム『エラスティック・デイズ』が完成。よりメロディックで柔らかなアプローチを聴かせる4年振りとなるサード・アルバム。


■アーティスト:J MASCIS(J・マスキス)
■タイトル:ELASTIC DAYS(エラスティック・デイズ)
■品番:OTCD-6546
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、日本盤のみボーナス・ディスク付、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. See You At The Movies / シー・ユー・アット・ザ・ムーヴィーズ
2. Web So Dense / ウェブ・ソー・デンス
3. I Went Dust / アイ・ウェント・ダスト
4. Sky Is All We Had / スカイ・イズ・オール・ウィー・ハッド
5. Picking Out The Seeds / ピッキング・アウト・ザ・シーズ
6. Give It Off / ギヴ・イット・オフ
7. Drop Me / ドロップ・ミー
8. Cut Stranger / カット・ストレンジャー
9. Elastic Days / エラスティック・デイズ
10. Sometimes / サムタイムズ
11. Wanted You Around / ウォンテッド・ユー・アラウンド
12. Everything She Said / エヴリシング・シー・セッド
[ボーナス・ディスク]
1. Say It On / セイ・イット・オン


J Mascis - See You At The Movies


●J Mascisが自身3枚目となるアルバム『Elastic Days』をリリースする。これは前作『Tied to a Star』から4年振りとなる作品で、Sub Popより2018年11月9日に全世界同時発売される。
●『Elastic Days』はJ Mascisのスタジオ、Bisquiteenでレコーディングされた。大半の楽器はJ Mascis自身がプレイしたが、前作『Tied to a Star 』にも参加したKen Miauri(The B-52's、Pedro the Lion、The Mammals)がキーボードをプレイ。また、J Mascisの古くからの友人でもあるPall Jenkins(Black Heart Procession)、Mark Mulcahy(Miracle Legion)、Zoë Randell(Luluc)がゲストとしてヴォーカルを加えた。『Elastic Days』に流れるJ Mascisの柔らかなアプローチは、Neil YoungがソロとCrazy Horseで使い分ける二つのアプローチと容易に比較できる。
「(ヴォーカルがメロディックになったのは)何回かヴォーカル・レッスンをうけて、ウォーム・アップをするようになったからかもしれない。ただ、このアルバムで他の作品と大きく違うのはドラムだ。僕は今、ドラムをプレイする機会があまりないから、当初の計画よりも沢山のドラムをプレイしたよ」とJ Mascisは語っている。
アルバムからのファースト・シングル「See You At The Movies」は2018年8月に公開され、11月から始まるツアーの日程も同時に発表された。
●世界同時発売、日本盤のみボーナス・ディスク付、解説/歌詞/対訳付

【J Mascis / J・マスキス】
J Mascisはオルタナティヴ・ロック・バンド、Dinosaur Jr.のシンガー、ギタリスト、メイン・ソングライターとして知られる。Dinosaur Jr.は1984年にJ Mascis、Lou Barlow、Murphで結成されたトリオ編成のバンドで、1985年にHomesteadよりデビュー・アルバム『Dinosaur』をリリース。1991年のアルバム『Green Mind』よりメジャーのSireへ移籍。作品のリリースを続けるも1997年に解散する。その後、2005年にバンドは再結成。2007年に再結成後初となるアルバム『Beyond』、2016年には目下の最新作『Give a Glimpse of What Yer Not』をリリースしている。一方、J Mascisは1996年にソロとしてアコースティック・ライヴ・アルバム『Martin + Me』をリリース。Dinosaur Jr.解散後には、J Mascis + The Fog名義で『More Light』(2000年)と『Free So Free』(2002年)、 J Mascis and Friends名義で『J and Friends Sing And Chant For Amma』をリリース。そして2011年、スタジオ・アルバムとしてのソロ・デビュー作『Several Shades of Why』をSub Popよりリリース。2014年にはセカンド・ソロ・アルバム『Tied to a Star 』をリリースした。またKing Tuff等とメタル・バンド、Witchでも活動しており、同バンドでJ Mascisはドラムをプレイしている。




2018-11-08 : J Mascis :

■J Mascis | J・マスキス、待望のニュー・アルバム『エラスティック・デイズ』、11/9発売。日本盤のみボーナス・ディスク、解説/歌詞/対訳付。



2018.11.9 ON SALE[世界同時発売]

J・マスキス、待望のニュー・アルバム『エラスティック・デイズ』が完成。よりメロディックで柔らかなアプローチを聴かせる4年振りとなるサード・アルバム。


■アーティスト:J MASCIS(J・マスキス)
■タイトル:ELASTIC DAYS(エラスティック・デイズ)
■品番:OTCD-6546
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、日本盤のみボーナス・ディスク付、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. See You At The Movies / シー・ユー・アット・ザ・ムーヴィーズ
2. Web So Dense / ウェブ・ソー・デンス
3. I Went Dust / アイ・ウェント・ダスト
4. Sky Is All We Had / スカイ・イズ・オール・ウィー・ハッド
5. Picking Out The Seeds / ピッキング・アウト・ザ・シーズ
6. Give It Off / ギヴ・イット・オフ
7. Drop Me / ドロップ・ミー
8. Cut Stranger / カット・ストレンジャー
9. Elastic Days / エラスティック・デイズ
10. Sometimes / サムタイムズ
11. Wanted You Around / ウォンテッド・ユー・アラウンド
12. Everything She Said / エヴリシング・シー・セッド
[ボーナス・ディスク]
1. Say It On / セイ・イット・オン


J Mascis - See You At The Movies


●J Mascisが自身3枚目となるアルバム『Elastic Days』をリリースする。これは前作『Tied to a Star』から4年振りとなる作品で、Sub Popより2018年11月9日に全世界同時発売される。
●『Elastic Days』はJ Mascisのスタジオ、Bisquiteenでレコーディングされた。大半の楽器はJ Mascis自身がプレイしたが、前作『Tied to a Star 』にも参加したKen Miauri(The B-52's、Pedro the Lion、The Mammals)がキーボードをプレイ。また、J Mascisの古くからの友人でもあるPall Jenkins(Black Heart Procession)、Mark Mulcahy(Miracle Legion)、Zoë Randell(Luluc)がゲストとしてヴォーカルを加えた。『Elastic Days』に流れるJ Mascisの柔らかなアプローチは、Neil YoungがソロとCrazy Horseで使い分ける二つのアプローチと容易に比較できる。
「(ヴォーカルがメロディックになったのは)何回かヴォーカル・レッスンをうけて、ウォーム・アップをするようになったからかもしれない。ただ、このアルバムで他の作品と大きく違うのはドラムだ。僕は今、ドラムをプレイする機会があまりないから、当初の計画よりも沢山のドラムをプレイしたよ」とJ Mascisは語っている。
アルバムからのファースト・シングル「See You At The Movies」は2018年8月に公開され、11月から始まるツアーの日程も同時に発表された。
●世界同時発売、日本盤のみボーナス・ディスク付、解説/歌詞/対訳付

【J Mascis / J・マスキス】
J Mascisはオルタナティヴ・ロック・バンド、Dinosaur Jr.のシンガー、ギタリスト、メイン・ソングライターとして知られる。Dinosaur Jr.は1984年にJ Mascis、Lou Barlow、Murphで結成されたトリオ編成のバンドで、1985年にHomesteadよりデビュー・アルバム『Dinosaur』をリリース。1991年のアルバム『Green Mind』よりメジャーのSireへ移籍。作品のリリースを続けるも1997年に解散する。その後、2005年にバンドは再結成。2007年に再結成後初となるアルバム『Beyond』、2016年には目下の最新作『Give a Glimpse of What Yer Not』をリリースしている。一方、J Mascisは1996年にソロとしてアコースティック・ライヴ・アルバム『Martin + Me』をリリース。Dinosaur Jr.解散後には、J Mascis + The Fog名義で『More Light』(2000年)と『Free So Free』(2002年)、 J Mascis and Friends名義で『J and Friends Sing And Chant For Amma』をリリース。そして2011年、スタジオ・アルバムとしてのソロ・デビュー作『Several Shades of Why』をSub Popよりリリース。2014年にはセカンド・ソロ・アルバム『Tied to a Star 』をリリースした。またKing Tuff等とメタル・バンド、Witchでも活動しており、同バンドでJ Mascisはドラムをプレイしている。




2018-10-23 : J Mascis :

■J Mascis | 2018年11月9日にサード・アルバム『エラスティック・デイズ』をリリースするJ・マスキスのファースト&セカンド・アルバムをカセットでリリース。



2018.11.9 ON SALE[世界同時発売]

90年代のオルタナティヴ・シーンを牽引したダイナソーJr.のフロントマンとしても活動するJ・マスキスのファースト・ソロ・アルバム。カート・ヴァイル、ケビン・ドリュー(ブロークン・ソーシャル・シーン)、ベン・ブライドウェル(バンド・オブ・ホーセズ)他がゲスト参加。(2011年作品)


■アーティスト:J MASCIS(J・マスキス)
■タイトル:SEVERAL SHADES OF WHY(セヴェラル・シェイズ・オブ・ホワイ)
■品番:SPCS859[カセット]
■定価:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. LISTEN TO ME
2. SEVERAL SHADES OF WHY
3. NOT ENOUGH
4. VERY NERVOUS AND LOVE
5. IS IT DONE
6. MAKE IT RIGHT
7. WHERE ARE YOU
8. TOO DEEP
9. CAN I
10. WHAT HAPPENED


2018.11.9 ON SALE[世界同時発売]

90年代のオルタナティヴ・シーンを牽引したダイナソーJr.のフロントマンとしても活動するJ・マスキス。バンドと は違いアコースティックなアプローチのサウンドを聴かせるセカンド・ソロ・アルバムで、キャット・パワー他がゲ スト参加。(2014年作品)


■アーティスト:J MASCIS(J・マスキス)
■タイトル:TIED TO A STAR(タイド・トゥ・ア・スター)
■品番:SPCS1083[カセット]
■定価:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. ME AGAIN
2. EVERY MORNING
3. HEAL THE STAR
4. WIDE AWAKE
5. STUMBLE
6. AND THEN
7. DRIFTER
8. TRAILING OFF
9. COME DOWN
10. BETTER PLANE

【J Mascis / J・マスキス】
J Mascisはオルタナティヴ・ロック・バンド、Dinosaur Jr.のシンガー、ギタリスト、メイン・ソングライターとして知られる。Dinosaur Jr.は1984年にJ Mascis、Lou Barlow、Murphで結成されたトリオ編成のバンドで、1985年にHomesteadよりデビュー・アルバム『Dinosaur』をリリース。1991年のアルバム『Green Mind』よりメジャーのSireへ移籍。作品のリリースを続けるも1997年に解散する。その後、2005年にバンドは再結成。2007年に再結成後初となるアルバム『Beyond』、2016年には目下の最新作『Give a Glimpse of What Yer Not』をリリースしている。一方、J Mascisは1996年にソロとしてアコースティック・ライヴ・アルバム『Martin + Me』をリリース。Dinosaur Jr.解散後には、J Mascis + The Fog名義で『More Light』(2000年)と『Free So Free』(2002年)、 J Mascis and Friends名義で『J and Friends Sing And Chant For Amma』をリリース。そして2011年、スタジオ・アルバムとしてのソロ・デビュー作『Several Shades of Why』をSub Popよりリリース。2014年にはセカンド・ソロ・アルバム『Tied to a Star 』をリリースした。またKing Tuff等とメタル・バンド、Witchでも活動しており、同バンドでJ Mascisはドラムをプレイしている。




続きを読む

2018-09-28 : J Mascis :

■J Mascis | ♪ J Mascis - See You At The Movies









2018-09-06 : J Mascis :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム