FC2ブログ

■THE NATVRAL | 元The Pains Of Being Pure At HeartのKip Bermanのソロ・プロジェクト、ザ・ナチュラル。Andy Savours(My Bloody Valentine)のプロデュースによるデビュー・アルバム『TETHERS(テザーズ)』発売中。アルバムより「Sun Blisters」のビデオ、公開中。



The Natvral - "Sun Blisters"






続きを読む

スポンサーサイト



2021-04-07 : The Natvral :

■THE NATVRAL | 元The Pains Of Being Pure At HeartのKip Bermanのソロ・プロジェクト、The Natvral。My Bloody Valentine他を手掛けたAndy Savoursのプロデュースによるデビュー・アルバム『Tethers』をリリース。



2021.4.2 ON SALE 

元The Pains Of Being Pure At HeartのKip Bermanのソロ・プロジェクト、The Natvral。My Bloody Valentine他を手掛けたAndy Savoursのプロデュースによるデビュー・アルバム『Tethers』をリリース。


■アーティスト:THE NATVRAL(ザ・ナチュラル)
■タイトル:TETHERS(テザーズ)
■品番:KR255LP-C1[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side A)
1. Why Don’t You Come Out Anymore?
2. New Moon
3. Sun Blisters
4. New Year’s Night
5. Tears of Gold
(Side B)
6. Sylvia, the Cup of Youth
7. Stay in the Country
8. Runaway Jane
9. Alone in London

The Natvral - “New Moon” (Official Video)


The Natvral - Why Don't You Come Out Anymore? (Official Video)


●元The Pains Of Being Pure At HeartのKip Bermanはソロ・プロジェクト、The Natvralのデビュー・アルバム『Tethers』を2021年4月にKanineよりリリースする。『Tethers』はThe Pains Of Being Pure At HeartやMy Bloody Valentineを手掛けたAndy Savoursのプロデュースで、The Pains Of Being Pure At HeartのコラボレーターであったJacob Sloan、Brian Alvarez、Sarah Chihaya、またCrystal Stilts / WoodsのSarah Chihayaをフィーチャーしている。
●Bermanは2007年の初めから10年以上にわたりThe Pains Of Being Pure At Heartを率いていた。バンドは2017年に最後のアルバム『The Echo of Pleasure』をリリースし、2019年に解散。2018年、BermanはThe NatvralとしてEP『Know Me More』をリリースしていた。




2021-02-24 : The Natvral :

■The Natvral | Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルのデビューEP『ノウ・ミー・モア』、7インチ(輸入盤)でもリリース。



2018.10中旬 ON SALE

ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのフロントマン/ソングライターで事実上の唯一のメンバー、キップ・バーマンが、ザ・ナチュラル名義で初のソロ作をリリース。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)のプロデュース/ミックスによる4曲入りEP『ノウ・ミー・モア』、リリース。


■アーテイスト:THE NATVRAL(ザ・ナチュラル)
■タイトル:KNOW ME MORE(ノウ・ミー・モア)
■品番:KR206
■定価:オープン・プライス(輸入盤)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Know Me More
2. The Violet Hour
3. Home
4. Suzanne



●The Pains of Being Pure at Heartのシンガー&ソングライター、Kip BermanはThe Natvral(発音は"Natural"と同じ)名義でソロとしてのレコーディングとパフォーマンスをスタートさせた。Richard Thompson、Linda Thompson、Leonar Cohen、Ted Leo等のリリカル・フォーク・ロックのアイコン達に影響を受けたThe Natvralは、ソロ・プロジェクトやサイド・プロジェクトではなく、Kip Bermanの現在の生活により密着した音楽を表現する為のアウトレットだ。
●EPはAndy Savours(My Bloody Valentine、Cloud Boat、The Pain of Being Pure at Heart他)のプロデュースで、レコーディングやミックスもロンドンのWolf Den StudiosでAndyがおこなった。また全曲、親密性や自発性をとらえる為、シングル・テイクでライヴ・レコーディングされた。アルバムからのリード・シングルは「Know Me More」で、長年のコラボレーターであるFear of MenのJess Weisが参加している。2曲目の「The Violet Hour」は、作家、Susan Sontagのショート・ストーリー『The Old Complaints Revisited』にインスパイアされた楽曲だ。3曲目の「Home」は、The Pains of Being Pure at Heartのライヴのアンコールでプレイされたきたファンにもお馴染みの楽曲だ。最後の曲「Suzanne」はLeonar Cohenのカヴァーとなる。アルバムは2018年10月に7インチとデジタルでリリースされ、9月末からはツアーもスタートする。

【Kip Berman / キップ・バーマン】
キップ・バーマンはザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのリード・シンガー、ギタリスト、ソングライターで、事実上の唯一のメンバーである。フィラデルフィアで育ったキップ・バーマンは、ポートランドに移った後、音楽活動を始める。様々なバンドでプレイし、スティーブ・ジョブズ等を輩出した地元のリード大学を卒業後、ニューヨークへ移転。そこで知り合った仲間とザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートをスタートさせた。ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートは、2009年にデビュー・アルバム『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』をリリース。アルバムはPitchforkやNMEで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれ、草の根的なかたちでヒットを記録した。2011年にはセカンド・アルバム『ビロング』をリリース。プロデュースはフラッド、ミックスはアラン・モウルダーという布陣で制作された同アルバムは、彼らの著しい成長ぶりを見せつけた名盤となり、各国でヒットを記録。アメリカと日本ではチャート的にも大きな成果を記録した。2014年、中心人物キップ・バーマン以外のメンバーを一新したバンドは、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの復活作『mbv』を手掛けたアンドリュー・サヴールをプロデューサー/エンジニアに迎えて制作されたサード・アルバム『デイズ・オブ・アバンダン』をリリース。2017年には再びアンドリュー・サヴールをを起用して4枚目のアルバム『ジ・エコー・オブ・プレジャー』をリリースした。




2018-09-21 : The Natvral :

■The Natvral | Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルが、10/5日発売のデビューEP『ノウ・ミー・モア』から「Know Me More」を9/21より先行発売。



Kip Berman(The Pains of Being Pure at Heart)の新たなアウトレット、ザ・ナチュラルが、10/5日発売のデビューEP『ノウ・ミー・モア』から「Know Me More」を9/21より先行発売。

■iTunes:
>>> https://itunes.apple.com/jp/album/know-me-more-ep/1436792037?l=ja&ls=1&app=itunes




続きを読む

2018-09-21 : The Natvral :

■The Natvral | ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのフロントマン/ソングライターで事実上の唯一のメンバー、キップ・バーマンが、ザ・ナチュラル名義で初のソロ作をリリース。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)のプロデュース/ミックスによる4曲入りEP『ノウ・ミー・モア』、リリース。



2018.10.5 ON SALE[世界同時発売]

ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのフロントマン/ソングライターで事実上の唯一のメンバー、キップ・バーマンが、ザ・ナチュラル名義で初のソロ作をリリース。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)のプロデュース/ミックスによる4曲入りEP『ノウ・ミー・モア』、リリース。


■アーテイスト:THE NATVRAL(ザ・ナチュラル)
■タイトル:KNOW ME MORE(ノウ・ミー・モア)
■品番:デジタル販売
■定価:デジタル販売
■その他:世界同時発売
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Know Me More
2. The Violet Hour
3. Home
4. Suzanne



●The Pains of Being Pure at Heartのシンガー&ソングライター、Kip BermanはThe Natvral(発音は"Natural"と同じ)名義でソロとしてのレコーディングとパフォーマンスをスタートさせた。Richard Thompson、Linda Thompson、Leonar Cohen、Ted Leo等のリリカル・フォーク・ロックのアイコン達に影響を受けたThe Natvralは、ソロ・プロジェクトやサイド・プロジェクトではなく、Kip Bermanの現在の生活により密着した音楽を表現する為のアウトレットだ。
●EPはAndy Savours(My Bloody Valentine、Cloud Boat、The Pain of Being Pure at Heart他)のプロデュースで、レコーディングやミックスもロンドンのWolf Den StudiosでAndyがおこなった。また全曲、親密性や自発性をとらえる為、シングル・テイクでライヴ・レコーディングされた。アルバムからのリード・シングルは「Know Me More」で、長年のコラボレーターであるFear of MenのJess Weisが参加している。2曲目の「The Violet Hour」は、作家、Susan Sontagのショート・ストーリー『The Old Complaints Revisited』にインスパイアされた楽曲だ。3曲目の「Home」は、The Pains of Being Pure at Heartのライヴのアンコールでプレイされたきたファンにもお馴染みの楽曲だ。最後の曲「Suzanne」はLeonar Cohenのカヴァーとなる。アルバムは2018年10月に7インチとデジタルでリリースされ、9月末からはツアーもスタートする。

【Kip Berman / キップ・バーマン】
キップ・バーマンはザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのリード・シンガー、ギタリスト、ソングライターで、事実上の唯一のメンバーである。フィラデルフィアで育ったキップ・バーマンは、ポートランドに移った後、音楽活動を始める。様々なバンドでプレイし、スティーブ・ジョブズ等を輩出した地元のリード大学を卒業後、ニューヨークへ移転。そこで知り合った仲間とザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートをスタートさせた。ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートは、2009年にデビュー・アルバム『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』をリリース。アルバムはPitchforkやNMEで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれ、草の根的なかたちでヒットを記録した。2011年にはセカンド・アルバム『ビロング』をリリース。プロデュースはフラッド、ミックスはアラン・モウルダーという布陣で制作された同アルバムは、彼らの著しい成長ぶりを見せつけた名盤となり、各国でヒットを記録。アメリカと日本ではチャート的にも大きな成果を記録した。2014年、中心人物キップ・バーマン以外のメンバーを一新したバンドは、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの復活作『mbv』を手掛けたアンドリュー・サヴールをプロデューサー/エンジニアに迎えて制作されたサード・アルバム『デイズ・オブ・アバンダン』をリリース。2017年には再びアンドリュー・サヴールをを起用して4枚目のアルバム『ジ・エコー・オブ・プレジャー』をリリースした。




2018-09-20 : The Natvral :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム