FC2ブログ

■Benjamin Gibbard/デス・キャブ・フォー・キューティーのベンジャミン・ギバードがソロ・アルバムを語る (MTV)

bengibbard7465【オフィシャル】

全米チャートで首位を獲得し、グラミー賞受賞経験もある、米ワシントン州出身の人気ロック・バンド、デス・キャブ・フォー・キューティー。そのフロントマン、ベンジャミン・ギバードが、自身初となるソロ・アルバム『Former Lives』を完成した。過去8年間に書きためてきた楽曲を収録したという今作には、曲を書いたその時々のベンの視点が詰め込まれており、デス・キャブとは違った独自の世界観が楽しめる。

ここではアメリカ・ロサンゼルス在住のベンがMTV Newsのために答えてくれた、貴重な電話インタビューをご紹介。ソロ・アルバムの制作秘話から、日本盤ボーナス・トラックとして収録された「イチローのテーマ」まで、じっくりと語ってくれた。

>>>http://www.mtvjapan.com/blog/mtvnews/2012-10-17/5728






2012-10-17 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/デス・キャブのベン、初ソロ・アルバムにメンバーの反応は?(MTV)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン、ベンジャミン・ギバードが、本日(10月17日)初のソロ・アルバムをリリースした。

『Former Lives』と題されたアルバムには、過去8年間にギバードが書いた計12曲が収録されている。ギバードいわく、当初からソロ・アルバムをリリースする予定はなかったとのこと。「気付くとレコード1枚出せるくらいの曲が溜まっていて。で、レコーディングしようって決めて、そこからアルバム1枚作れれば、と思ったんだよ」とMTV Newsに語った。

デス・キャブの他のメンバーは自身のソロ活動を「応援してくれているよ」とギバード。「誰かが何か気に入らないと、大抵はしばらく避けられたりするもんだけど、今のところ周りはみんなこのレコードの話をしているし、楽しんでくれていると思う。だから気に入ってくれているんじゃないかな」と説明している。

アルバムのレコーディングは、アーリマートのアーロン・エスピノーザがロサンゼルスに所有するスタジオ「ザ・シップ」で行われた。ゲストとして、エイミー・マン、スーパーチャンクのジョン・ウースター、サン・ヴォルトのマーク・スペンサー、トリオ・エラスらが参加している。

また、日本盤にはボーナストラックとして、シアトル出身のギバードが、元シアトル・マリナーズのイチロー選手に捧げた「イチローのテーマ」が収録されている。現在、日本オフィシャルサイトでは、アルバム全曲の試聴配信を実施中。

ベンジャミン・ギバードのインタビューの全文はMTV News Blogでチェック

>>>http://www.mtvjapan.com/news/music/21734





2012-10-17 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/Benjamin Gibbard『Former Lives』インタビュー (iLOUD)

bengibbard7465【オフィシャル】

米ワシントン州べリンガムで結成されたロック・バンド、デス・キャブ・フォー・キューティー(Death Cab For Cutie)のフロントマン、ソングライターとして活躍するベンジャミン(ベン)・ギバード。これまでに、デス・キャブ・フォー・キューティーとしては、過去に全米チャートの1位を獲得した『Narrow Stairs』('08)など計7枚のアルバムを、またジミー・タンボレロと結成したザ・ポスタル・サーヴィス(‪The Postal Service‬)としても、全米でゴールド・ディスクを獲得した『Give Up』('03)をリリースしている才人です。

そんなベンジャミン・ギバードが、初のソロ・アルバム『Former Lives』(フォーマー・ライヴズ)をリリースしました。ベンが、“僕の人生のスナップショット”で、“新しいチャプターではなくサイド・ストーリー”だと語る、過去8年に渡って溜めてきた曲やメロディーの断片をまとめた注目作です。彼の長年の友人、アーロン・エスピノーザ(Earlimart)のスタジオで、まるでマリアッチのようにレコーディングしたという本作。その内容は、エイミー・マン、スーパーチャンクのジョン・ウースター、サン・ヴォルトのマーク・スペンサー、トリオ・エラスらがゲスト参加した、自由でリラックスした音、楽曲群が詰まったものとなっています。

ここでは、本作『Former Lives』の内容と制作背景について語った、ベンジャミン・ギバードのインタビューをご紹介しましょう。

>>>http://www.iloud.jp/interview/benjamin_gibbardformer_lives_1.php






2012-10-17 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/ディスクレヴュー (RO69)

bengibbard7465【オフィシャル】

ベンジャミン・ギバード
『フォーマー・ライヴズ』

デス・キャブ・フォー・キューティーが長期ツアーを消化したばかりのタイミングで、ベン・ギバード初の本格的なソロ・アルバムが到着した。とはいえオールタイム・クォーターバック、ポスタル・サーヴィスなど折につけ「課外個人活動」に手を伸ばしてきた人でもあり、本作の基本姿勢はバンドにマッチしないため保留のままになっていた楽曲群を整頓する……というもののようだ。

そのジャッジは大正解で、空間やムードの高まり~緻密なテクスチャリングが個性のひとつであるバンドでの音作りよりも、ストレートかつオープンなアプローチの似合う楽曲が揃っている。書かれた時期が異なることもあり、モノローグからマリアッチまで楽曲のスタイルは多彩だ。しかしメインの方向性になるのはジェイ・ファラーとのケルアック・コラボ企画(09年)で聴かせたカントリー・フォーク味、そしてビートルズを源流とする英国調のメロディ&ハーモニー・リッチな美ポップのふたつで、言い換えれば王道ということ。常に「曲」を重視してきたコンポーザー/シンガーとしてのベンの古典的な資質を思えば悪かろうはずがないし、④でエイミー・マンが清麗な歌声を添えているのも嬉しい。(坂本麻里子)

>>>http://ro69.jp/disc/detail/73491





2012-10-17 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbbard/インタヴュー

bengibbard7465【オフィシャル】

ファースト・ソロ・アルバム『ファーマー・ライヴズ』は10月17日(水)発売です!

【WEB】bengibbard_highres7293

■アルバムに関して
「ソロ・アルバムのリリースを計画していたわけではないんだ。気付くとレコード1枚出せるくらいの曲が溜まっていたから、レコーディングしようって決めて、そこからアルバム1枚作れれば、と思ったんだよ。デス・キャブ・フォー・キューティーのメンバーもみんなソロ活動を応援してくれている。バンドの中に、こうした活動を気に入らないメンバーがいるとと、大抵はしばらく避けられたりするもんだけど、今のところそういうことはない(笑)。みんなこのレコードの話をしいるから、楽しんでくれてると思う。だから、気に入ってくれてるんじゃないかな(笑)」

【WEB】bengibbard_highres7772

■曲作りに関して
「今回のアルバムの曲は、ソロ用にあえて書いたものではないんだ。その当時作っていたデス・キャブ・フォー・キューティーのアルバムにはうまくはまらなかった曲なんだよ。曲として良くなかったっていうんじゃなく、デス・キャブ・フォー・キューティーのアルバムには合わなかった曲だね。それをアルバムにまとめたんだ。だから、バンドのアルバムの未公開シーンみたいに考えているんだ。一方、サウンド的に比較的統一感があると思う。やっぱりほとんどが同じスタジオでレコーディングされたからだろうね。しかも同じプロデューサーでね。つまり、曲としてはいろんな時期に書かれていて、ある数ヶ月間に集中して書かれたわけじゃなくても、レコーディングが同時期だったから統一感があるんだ。それぞれの曲を、それぞれが書かれた時期にレコーディングしていたら、たぶんアルバムとしてはうまくいかなかったと思うよ。中にはかなり古い曲もあるし」

【WEB】bengibbard_highres7316

■レコーディングに関して
「サウンドに関しては、今回はとにかくそれぞれの曲をはっきりと、ストレートにとらえたかった。最近、サウンドのプロダクションの技術がどんどん均一化されてきてるように思うんだ。その時のプロダクションのトレンドに左右されがちなんだよ。個性がなくなってきている。例えばインディ・ロックだと、常にリヴァーブがかかって、全部コンピュータで音がいじられていたりして。僕はむしろそういうのから離れて、聴いてすぐにインディ・ロックっぽい印象を与えない音にしたかったんだ。今風のレコードを作りたかったら絶対にリヴァーブはかけなきゃいけない、みたいな感じがあったからね。全体にリヴァーブがかかっているような物はやりたくなかったんだ。レコーディングは、昔からの知り合いのアーリーマートのアーロンのスタジオで行った。このスタジオは、レコーディングの設備は整っているんだけど、普通の生活スペース風で、プロフェッショナルなレコーディング・スタジオっていう雰囲気じゃないんだ。ただ、ちゃんと機材も揃ってるし、いい音が録れるスペースなんだ。リラックスしてクリエイティヴになれると同時に、ちゃんとレコーディング・スタジオにいる気持ちになれる僕はそういう場所が好きなんだ。レコーディングはほんとに楽しかったよ」

【WEB】bengibbard_highres7812

■ゲストミュージシャンに関して
「アーリーマートのアーロンとは90年代からの知り合いなんだ。アーリーマートとはデス・キャブ・フォー・キューティーのごく初期のツアーで一緒にやってからの知り合いで。スーパーチャンクのジョン・ウースターともかなり前からの友達なんだ。スーパーチャンクは10代の頃から好きなバンドで、今でも大好きなバンドの一つだね。だから、今回一緒にやれたことは本当にグレイトだった。彼とレコーディングを始めてすぐに、どうしてスーパーチャンクのレコードがあんなにいいのか、どうしてああいうレコードができてきたのかがわかったよ。彼はソングライターとしての視点からドラムをプレイしているんだよね。エイミー・マンとも友達なんだ。彼女が参加した“ビガー・ザン・ラヴ”は、最初からデュエットの曲だったんだけど、それを誰と一緒に歌えるか考えた時に、一番最初に浮かんだのがエイミーだった。ほんと素晴らしかったよ。自分がずっと昔から聴いていた彼女の声が、僕が書いた曲を歌っているんだからね」

【WEB】bengibbard_highres7323

■今後の予定&メッセージ
「デス・キャブ・フォー・キューティーに関しては、今は休みを取っているんだ。僕も今はこのソロアルバムをやっているしね。来年のどこかで新作に取り掛かれればと思っている。日本のファンのサポートには本当に感謝してる。日本に行くのはいつも楽しみにしているんだよ。僕は小さいさい頃に日本に住んでたから、ものすごく親しみが感じられる場所なんだ。第二の故郷って言えるくらい。だから、日本に行くチャンスがあるたびにほんとに感謝してるし、楽しみにしているよ。今回のソロのアルバムでも日本にも行きたいよ。スケジュール的にうまくいけばね」





2012-10-16 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/"Oh Woe" (Late Night with Jimmy Fallon)

bengibbard7465【オフィシャル】

アルバムは10月17日(水)発売です!







2012-10-15 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/10月17日発売、ベンジャミン・ギバード『フォーマー・ライヴズ』、国内盤購入者特典決定!

bengibbard7465【オフィシャル】

10月17日発売、ベンジャミン・ギバード『フォーマー・ライヴズ』(国内盤/YRCG-90081)を以下の店舗/オンラインでお買い上げの方に、特典として缶バッジ&ポストカードをプレゼント。

HMV栄店/HMV立川店/HMV札幌ステラプレイス店/HMVオンライン/タワーレコード新宿店/タワーレコード渋谷店/タワーレコードオンライン/タワーレコード名古屋パルコ店/タワーレコード秋葉原店/タワーレコード梅田NU茶屋町店/タワーレコード難波店/タワーレコード横浜モアーズ店/タワーレコード池袋店/タワーレコード梅田大阪マルビル店/タワーレコード仙台パルコ店/タワーレコード吉祥寺店/タワーレコード町田店/タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

ベン特典

※特典は先着順となります。
※詳細は各店舗にお問い合わせください。





続きを読む

2012-10-12 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/【ピックアップ!】10/17発売ベン・ギバードの『フォーマー・ライヴズ』試聴開始 (Beeast)

bengibbard7465【オフィシャル】

10月17日発売、デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン(ベン)・ギバードのファースト・ソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』の全曲試聴開始!

【ベンジャミン・ギバード『フォーマー・ライヴズ』】
2012.10.17 ONSALE
BENJAMIN GIBBARD(ベンジャミン・ギバード)/ FORMER LIVES(フォーマー・ライヴズ)
■YRCG-90081■2,300円(税込)/2,190円(税抜)■解説/歌詞/対訳付
【日本盤ボーナス・トラック2曲収・・・・・・

>>>http://www.beeast69.com/news/rockinfo/40812









2012-10-11 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/デスキャブVo初ソロアルバム、全曲試聴スタート (Space Shower TV)

bengibbard7465【オフィシャル】

DEATH CAB FOR CUTIEのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン・ギバードの1stソロアルバム「フォーマー・ライヴズ」が10月17日にリリースされる。

この8年の間にベン自身により書き下ろされた楽曲が詰まった本作の大半は、ベンの長年の友人でもあるアーロン・エスピノーザ(EARLIMART)のスタジオ・The Shipで実施。ゲストとしてエイミー・マン、ジョン・ウースター(SUPERCHUNK)、マーク・スペンサー(SON VOLT)、トリオ・エラスなどが参加している。

日本盤にはボーナストラックとして、ベンの地元のチームでもあるシアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースへ移籍したイチロー選手に捧げた「イチローのテーマ」などを収録。「イチローのテーマ」の印税の一部はシアトル・マリナーズの・・・・・・

>>>http://www.spaceshowertvplus.com/news/2012/10/27313.html







2012-10-11 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/デス・キャブのフロントマン、ベンジャミン・ギバードのソロアルバム『フォーマー・ライヴズ』全曲試聴がスタート (Musicman Net)

bengibbard7465【オフィシャル】

4人組ロック・バンド、デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン(ベン)・ギバードが10/17に発売するファースト・ソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』の全曲試聴がスタートした。

デス・キャブ・フォー・キューティーは現在まで7枚のアルバムをリリース。メジャー移籍後の3枚のアルバムは全てグラミー賞にノミネートされ、6枚目のアルバム『ナロー・ステアーズ』は全米アルバム・チャートの1位を獲得した。

また、ベンはジミー・タンボレロとのデュオ、ザ・ポスタル・サーヴィスでも知られ、2003年にリリースされたアルバム『ギヴ・アップ』は全米でゴールド・ディスクを獲得している。

今作『フォーマー・ライヴズ』に収録される12曲は、ここ8年の間にベン自身により書かれた楽曲。ゲストとして、エイミー・マン(Aimee Mann)、スーパーチャンク(Superchunk)のジョン・ウースター(Jon Wurster)、サン・ヴォル・・・・・・

>>>http://www.musicman-net.com/artist/20788.html





2012-10-10 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/Benjamin Gibbardの『Former Lives』を全曲試聴 (iLOUD)

bengibbard7465【オフィシャル】

Death Cab For Cutie(デス・キャブ・フォー・キューティー)のフロントマン/ソングライターとして知られるBenjamin Gibbard(ベンジャミン・ギバード)が、『Former Lives』の全曲試聴をBarsukのYouTubeチャンネルでスタートしました(トラックリストは以下に載せてあります)。『Former Lives』(フォーマー・ライヴズ)は、彼が10/17に日本リリースする、ファースト・ソロ・アルバムです。

『Former Lives』は、ベンがここ8年の間に書き溜めてきた楽曲群で構成されたアルバムで、彼の長年の友人であるアーロン・エスピノーザ(アーリマート)がレコーディングを担当。エイミー・マンやジョン・ウースター(スーパーチャンク)らがゲ・・・・・・

>>>http://www.iloud.jp/hotnews/benjamin_gibbardformer_lives.php?utm_source=iloud&utm_medium=rss




2012-10-10 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/デスキャブのベンジャミン・ギバード、初ソロ作『フォーマー・ライヴズ』の全曲試聴開始!(CD Journal)

bengibbard7465【オフィシャル】

 デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン・ギバード(Benjamin Gibbard)が10月17日にリリースする待望の初ソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』の全曲試聴がYouTube(youtu.be/BgNUNoZncnM)で開始されました。ベンが紡ぎ出す素晴らしいメロディ、サウンドをぜひいち早く聴いてみてく・・・・・・

>>>http://www.cdjournal.com/main/news/benjamin-gibbard/47553






2012-10-10 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/デスキャブのベンのソロアルバム、全曲試聴できます (RO69)

bengibbard7465【オフィシャル】

編集部でも、それ以外でも、このジワジワ来る魅力が大評判。
デスキャブのベンジャミン・ギバードのソロアルバム『フォーマー・ライヴズ』が全曲試聴スタート。

この、下のリンクで一気に聴けます。沁み・・・・・・

>>>http://ro69.jp/blog/rockinon/73772





2012-10-10 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/デス・キャブ・フォー・キューティーのベンジャミン・ギバード初ソロ作、全曲試聴がスタート (Listen Japan)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン・ギバードのキャリア初となるソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』が10月17日にリリースされるが、発売を前に本作の全曲試聴がスタートした。

ここ8年の間にベン自身により書かれた楽曲12曲を収録した本作は、長年の友人でもあるアーリマートのアーロン・エスピノーザによりアーロン所有のスタジオ「The Ship」で録音された。またその幅広い交友を窺わせるゲストとして、エイミー・マンやサン・ヴォルトのマーク・スペンサー、トリオ・エラス、さらにスーパーチャンクのジョン・ウースター他が参・・・・・・

>>>http://listen.jp/store/musicnews_41341_all.htm





2012-10-10 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/Death Cab For Cutie's Ben Gibbard streams debut solo album 'Former Lives' – listen (NME)

bengibbard7465【オフィシャル】

Death Cab For Cutie frontman Benjamin Gibbard is streaming his debut solo album 'Former Lives' ahead of its release on November 12 – listen to it below.

"These songs span eight years, three relationships, living in two different places, drinking then not drinking," he says of the album. "They're a side story, not a new chapter."

He added: "Every song I've ever written, my relationship to it has changed over the years. That's not meant to be cagey, it's the absolute truth. With these songs, there's going to be a lot of time between when they were written and when people are finally going to hear them."

He also reassured fans that he wasn't planning on abandoning his work with Death Cab For Cutie to concentrate on a solo career. "Creatively, I'm really cleaning a slate," he said. "I'm doubtful I'll have another solo album for another 10 years because the health of Death Cab for Cutie has never been better. It's exciting because for the first time in a long while, I'm starting from scratch as a songwriter – there's no backlog of material to pilfer ideas・・・・・・

>>>http://www.nme.com/news/death-cab-for-cutie/66546





2012-10-10 : Benjamin Gibbard :
« 前のページ  ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム