■Benjamin Gibbard/INDIE ROCK: BENJAMIN GIBBARD- "Teardrop Windows" (iFLYER)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン(ベン)・ギバードのファースト・ソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』より、ファースト・シングル「TEARDROP WINDOWS / ティアドロップ・ウィンドウズ」のヴィデオが完成!

>>>http://iflyer.tv/article/2012/11/05/benjamin-gibbard-teardrop-windows








スポンサーサイト
2012-11-06 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/INTERVIEW Benjamin Gibbard:バンドの未公開シーンとしてのソロ・ワーク (Weekend In The City)

bengibbard7465【オフィシャル】

Death Cab for CutieのフロントマンであるBenjamin Gibbardが、1stソロ・アルバム『Former Lives』をリリース。デス・キャブとしての活動は最早説明不要、今年のSUMMER SONICでも貫禄のステージを見せてくれていましたが、そうしたバンド活動と並行してBenjaminが書き溜めた、バンドの作品に収まりきらなかった楽曲が同作に収められています。多くのロック・リスナー魅了して止まない、あのデス・キャブの感傷的でリリカルなメロディが、より深くパーソナルなものとして響いてくるソロ作品。Aimee Mann、SuperchunkのJon Wurster、Son VoltのMark Spencer、Trio Ellasなどが参加している点でも豪華な内容となっています。ソロとしては自身のキャリアでは初となるBenjamin Gibbardに、今作について振り返ってもらいました!

>>>http://www.witcjp.com/2012/10/29/benjamingibbard01/







2012-10-31 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/ベン・ギバート、インタビュー (Music Nation)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティとして6枚目のアルバムが全米チャート1位獲得、7枚目も3位を獲得。メジャー移籍後、すべてグラミー賞にノミネート、2012年のサマーソニックにも出演。 そして初のソロ・アルバムには、エイミー・マンやスーパーチャンクのジョン・ウースターなどの豪華なミュージシャンが参加。今回は、バンドとしてもソロとしてもめきめき力をつけ注目を浴びている、デス・キャブのフロントマン、ベン・ギバードにお話を伺った。

>>>http://musicnation.jp/pickup/bengibbard_interview.html








2012-10-30 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/Interview : BENJAMIN GIBBARD (Art Yard)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン、ベンジャミン(ベン)・ギバードのファースト・ソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』。すぐさま情景が思い浮かぶような美しい楽曲と人間味あふれた素敵な作品だ。本作ではゲストにエイミー・マン(Aimee Mann)、スーパーチャンク(Superchunk)のジョン・ウースター(Jon Wurster)、サン・ヴォルト(Son Volt)のマーク・スペンサー(Mark Spencer)、トリオ・エラス(Trio Ellas)など多彩な面々が。アートヤード・スペシャルインタビュー。

>>>http://www.artyard.jp/music/benjamin_gibbard.html







2012-10-29 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/ベン・ギバード、「ポスタル・サービスの新作の予定は無い」 (Nifty)

bengibbard7465【オフィシャル】

11月にはソロ・アルバムをリリースするベン・ギバード。彼のバンドと言えばデス・キャブ・フォー・キューティーだが、エレクトロニカ・アーティストであるDntelことジミー・タンボレロと結成したポスタル・サービスも、実は2003年にデビュー・アルバム『Give Up』が大ヒットを記録。多くのファンが今もセカンド・アルバムを熱望している。ところが当の本人はポスタル・サービスとしての新作は作るつもりが無いらしい。

「2枚目をレコーディングするプランは全くないよ。それしか言えない」とのこと。最初は楽しかったと言うが、「コンピューターの中で音楽を作っていると、マウスと格闘する時間があまりにも多いからね。最新のソフトウェアだとかアップデートだとか、そう言った世界にはもうほとんど興味ないんだ」とベン。やはり楽器を弾いてる方が性に合っているのだろうか。

さらにソロ・アルバムについても「向こう10年はソロ・アルバムを作る気が無い。デス・キャブの状態がいつにも増して調子いいからね」と心境を明かした。本業のデス・キャブが好調ならば、ソロの次作は我慢できるというもの。さらにリリースを控えたソロ・アルバム『Former Lives』については、「ソロに収録されている曲は8年間に渡って書かれたもの。その間3人の女性と付き合い、違う場所で暮らし、酒に溺れてた時期もあったし酒をやめたりもした」と話している。

ひとまずソロ2作目の予定は10年間無いとのことなので、しばらくはこの充実のソロ作を楽しもう。

>>>http://nmn.nifty.com/cs/catalog/nmn_topics/catalog_121029085351_1.htm






2012-10-29 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/Benjamin Gibbard|Skream! インタビュー (Skream!)

bengibbard7465【オフィシャル】

言わずと知れたDEATH CAB FOR CUTIE、そしてPOSTAL SERVICEのフロントマンのBenjamin Gibbardがソロ・アルバムをリリースする。今作『FORMER LIVES』は、Benがここ8年の間に書いた楽曲からなるアルバムで、長年の友人でもあるEARLIMARTのAaron Espinozaによってレコーディングされた自身初のソロ・アルバムとなる。今回は彼の公式インタビューを掲載。何故今作を制作するに至り、どういった環境で制作されたのか――非常に充実した環境で制作されたことが伺えるインタビューとなっている。

>>>http://skream.jp/interview/2012/10/benjamin_gibbard.php





2012-10-29 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/[INTERVIEW] Benjamin Gibbard (Monchicon!)

bengibbard7465【オフィシャル】

「去って行くものがあれば、残るものもあって/それぞれの場所には、それぞれの瞬間がある」(ザ・ビートルズ「イン・マイ・ライフ」)

たとえみんなが行ってしまったとしても、シアトルにはこの男がいる! 先日のサマー・ソニック2012での熱演も記憶に新しいDeath Cab For CutieのフロントマンBenjamin Gibberdが、8年間に渡って渡って書き溜めてきたという楽曲を集めた初のソロ・アルバム『Former Lives』をリリースしました。

というわけで、SuperchunkのJon WursterやSon VoltのMark Spencerが参加、Aimee Manとのデュエットも収録されたこのアルバムについて、Benに電話取材を敢行。気になる大統領選や、シアトル・マリナーズの今後についても聞いてみました。

それではプレイボール!

>>>http://monchicon.jugem.jp/?eid=1742#sequel




2012-10-25 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/[Interview] Benjamin Gibbard (Hard To Explain)

bengibbard7465【オフィシャル】

今夏のサマーソニック&単独公演も好評だったデス・キャブ・フォー・キューティのフロントマン、ベンジャミン・ギバードがキャリア13年目にしてはじめてのソロ・アルバム『Former Lives』をリリースする。彼が8年間日記のように書きためてきた楽曲をまとめたもので、ゲストはSSWのエイミー・マンやスーパーチャンクのドラマー、ジョン・ウースターなど豪華な顔ぶれ。ソロではファースト・アルバムのリリースにあたり、新人の気持ちで(?)ベンに答えてもらったメールインタビューをお届けします。

>>>http://hardtoexplain.jp/2012/10/interview-benjamin-gibbard/#more-6841





2012-10-25 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/【ピックアップ!】ソロアルバムを発表したベンジャミン・ギバードにインタビュー (Beeast)

bengibbard7465【オフィシャル】

10/17に、、ソロアルバム『FORMER LIVES』をリリースしたデス・キャブ・フォー・キューティーのベンジャミン(ベン)・ギバード(以下、ベン)。彼のこのアルバムに対する思いをたずねてみた。

>>>http://www.beeast69.com/news/rockinfo/42263





2012-10-25 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/インディー・ロック:ベンジャミン(ベン)・ギバードとのインタビュー公開!!(iFLYER)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン、ベンジャミン(ベン)・ギバードのファースト・ソロ・アルバムが完成。今秋、英/欧はシティ・スラング、米はバルスークから発売される『フォーマー・ライヴズ』と題されたこのアルバムに収録される12曲は、ここ8年の間にベン自身により書かれた楽曲だ。レコーディングの大半はベンの長年の友人でもあるアーリマート(Earlimart)のアーロン・エスピノーザ(Aaron Espinoza)のスタジオ、The Shipでおこなわた。ゲストとして、エイミー・マン(Aimee Mann)、スーパーチャンク(Superchunk)のジョン・ウースター(Jon Wurster)、サン・ヴォルト(Son Volt)のマーク・スペンサー(Mark Spencer)、トリオ・エラス(Trio Ellas)他が参加。アルバムのリリースと併せて10月からツアーも予定されている。10月17日にアルバムをリリースしたベンにiFLYERからインタビューさせて頂きました。

>>>http://iflyer.tv/article/2012/10/24/ben-gibbard-interview





2012-10-25 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/interview (CD Journal)

bengibbard7465【オフィシャル】

 デス・キャブ・フォー・キューティーのベンジャミン・ギバード(Benjamin Gibbard)が、個人名義では初となるソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ(Former Lives)』を発表した。「常に曲を書き続けている」という生来のソングライターである彼は、制作動機について「たまたまバンドとしてのアルバムには入らなかっただけで、クオリティが低いわけではなく、ちゃんと形にしたいと思うような曲が溜まってきたから」と話す。デスキャブと比べても何ら遜色のない楽曲が、より素朴なサウンドで仕上げられた本作の内容は、特に昔からのファンにはグッと響くはずだ。

>>>http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/benjamin-gibbard/1000000783






2012-10-23 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/INTERVIEW Benjamin Gibbard/ベンジャミン・ギバード 今はソロ・アルバムをまた作ろうとか、そういう気持ちはないけど、これからもずっと曲を書いていくだろうし、いい曲をたくさん作りたいとも思ってる。 (Vibe Net)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン、ベンジャミン(ベン)・ギバードのファースト・ソロ・アルバムが完成した。今秋、英/欧はシティ・スラング、米はバルスークから発売される『フォーマー・ライヴズ』と題されたこのアルバムに収録される曲は、ここ8年の間にベン自身により書かれた楽曲だ。レコーディングの大半はベンの長年の友人でもあるアーリマートのアーロン・エスピノーザのスタジオで行なわれた。アルバムのリリースと併せて10月からツアーも予定されている。

>>>http://www.vibe-net.com/musicinfo/interview/interview_one.html?artist=920001002&interview=874





2012-10-23 : Benjamin Gibbard :

■Benjamin Gibbard/【インタビュー】ベンジャミン・ギバード (HMV)

bengibbard7465【オフィシャル】

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン、ベンジャミン・ギバードのファースト・ソロ・アルバム『Former Lives』完成!!ここ8年間に書かれた楽曲からなる人生のスナップショットのようなアルバムで、長年の友人でもあるアーリマートのアーロン・エスピノーザによってレコーディングされた自身初のソロ・アルバム。ゲストとしてエイミー・マンやスーパーチャンクのジョン・ウースター他が参加!
アルバムに関するベン・ギバードのオフィシャル・インタビューが届きました!

>>>http://www.hmv.co.jp/news/article/1210170055/?utm_medium=rss&utm_source=raa000000c0





2012-10-17 : Benjamin Gibbard :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム