fc2ブログ

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、好評発売中の最新アルバム『WATER MADE US(ウォーター・メイド・アス)』より、「Still」のビデオを公開。



Jamila Woods - Still (Official Video)


「このアルバムは複雑で美しい」- THE ASSOCIATED PRESS
「彼女のベストの曲は、頭の中での最も慈愛に満ちた声との対話のようであり、人生の困難な部分を導いてくれる」- PITCHFORK
「『Water Made Us』で彼女は、詩人としての声とソングライターとしての声の間で、これまでで最高の統合を成し遂げた」- THE NEW YORK TIMES
「Jamila Woodsは愛についてアルバムを書き、あえて真実を語った」- ENTERTAINMENT WEEKLY


Jamila Woodsは、The New York Times、Pitchfork、Rolling Stone等、多くのメディアから賞賛された最新アルバム『Water Made Us』より、「Still」のビデオを公開した。

「『Still』は、『乗り越える』前のスペースについて歌った曲。過去の愛がなくなって久しいのに、その存在を感じる期間について歌っている。思い出を無視したり、抵抗したりしてもどうにもならないことがある。最終的に開放されるには、思い出を受け入れ、思い出に一杯の水を差し出し、思い出と一緒に踊る必要がある。ダンサーのOwen Scarlettが演じる『Absence』というキャラクターは、心に残り続ける愛する人を象徴している。私の友人であり、ミュージシャンであり、映画監督でもあるHollis Wong-Wearがビデオを監督し、Jas Linと一緒に振付をした」とWoodsは語る。




続きを読む

スポンサーサイト



2024-01-30 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、Jagjaguwarからリリースされるニュー・アルバム『WATER MADE US(ウォーター・メイド・アス)』より、Sabaをフィーチャーしたフォース・シングル「Practice(プラクティス)」を公開。



Jamila Woods - Practice (ft. Saba) (Official Video)


「『Water Made Us』で彼女は、詩人としての声とソングライターとしての声を、これまでで最大の形で統合させた」(THE NEW YORK TIMES)
「彼女の最高の歌は、頭の中の最も慈愛に満ちた声との対話のようであり、人生の困難な部分のガイドとなる」(PITCHFORK)


シカゴのミュージシャンであり詩人でもあるJamila Woodsは、10月13日にJagjaguwarからリリースされるサード・アルバム『Water Made Us』からフォース・シングル「Practice」を公開した。ファンキーでキャッチーな「Practice」は、McClenneyがプロデュースし、同じシカゴ出身のSabaをフィーチャーしている。

「『Practice』は、人間関係において自分にかけるプレッシャーを解放することをテーマに、McClenneyと一緒に作った曲だ。その瞬間にどう感じるかよりも、長続きする可能性をベースに人間関係を評価することが多い自分を変えようとした。すべてを正しく、あるいは、すべてを一緒にする必要なく、ただ自分自身を楽しみ、誰かと一緒にいることを学ぶ方法について歌っている」とJamilaは語る。

「アルバムを完成させるにあたり、『Practice』はとても重要であった。最終的な曲に仕上げるために、2、3種類のヴァージョンを作り直した。この曲は、親しみやすいリズムのグルーヴを持ち、新しい関係を模索する喜びを祝うと同時に、アルバムのテーマである『ハネムーン』の段階を象徴しているからだ。この曲は、Jamilaと僕が長い時間をかけて完成させたパズルのピースなんだ。Sabaは一貫性のあるコラボレーターで、親しみやすさと新しさを併せ持つこの曲は、2人の相乗的なクリエイティヴ・エナジーを表現するのに最適な曲だと感じた」とMcClenneyは加える。




続きを読む

2023-10-11 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、10月13日にJagjaguwarからリリースされるニュー・アルバム『Water Made Us』より、サード・シングル「Good News」を公開。



Jamila Woods - Good News (Official Visualizer)


「彼女の最高の曲は、頭の中で最も慈愛に満ちた声と対話するようなもので、人生のつらい局面を乗り越えてあなた導いてくれる」-PITCHFOR「BEST NEW TRACK」(Tiny Garden)

シカゴのミュージシャンで詩人のJamila Woodsは、10月13日にJagjaguwarからリリースされるサード・アルバム『Water Made Us』より、3枚目のシングル「Good News」を公開した。この曲は、Jamila、Biako、Jean Placideの共作で、アルバムのタイトルにインスピレーションを与えている。
アルバムのタイトルは、歌詞の中の「the good news is we were happy once / the good news is water always runs back where it came from / the good news is water made us(良い知らせ、私たちはかつて幸せだった/良い知らせ、水は必ず元いた場所に帰っていく/良い知らせ、私たちは水でできている)」に由来しており、「私にとっては、この曲は降伏のレッスンであり、これは、何度も何度も水から学んだレッスンなの」とJamilaは説明する。




続きを読む

2023-09-14 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、10月13日にJagjaguwarからリリースされるニュー・アルバム『Water Made Us』より、「Tiny Garden(タイニー・ガーデン)」(Pitchfork「Best New Track」獲得)に続くニュー・シングル、「Boomerang(ブーメラン)」をリリース。ビデオも公開。



Jamila Woods - Boomerang (Official Video)


シカゴのミュージシャンで詩人、Jamila Woodsは、10月13日にJagjaguwarから発売されるサード・アルバム『Water Made Us』からのセカンド・シングル、「Boomerang」をリリースした。

「この曲は、去年のロンドンでのある日、Nao、GRADES、George Mooreと一緒に書いた。Naoと一緒に仕事をしたり、彼女の長年のコラボレーターに会ったりして、その相乗効果を感じられたのは素晴らしかった。この曲は、人生を通して、何度も現れるような関係、誰かに抱く磁力のような愛着、そして『私たちはどうなるの、なんともならないの』と考えることから来る興奮と不安について歌った曲なの」とWoodsはこのアンセミックなダンス・トラックについて語る。

また、儚いロマンスの神秘性を表現した同曲のビデオも公開された。
「このビデオは、私の友人であるVAM StudioのVincent MartellとJordan Phelpsが監督した。ポータルや隠し部屋で有名なChicago Magic Loungeで、全編逆回転で撮影された。バーレスク・アーティストのPo Chopが動きをディレクションしてくれて、文字通り、すべての振り付けを前後逆に覚える手助けをしてくれた」とWoodsは語る。




続きを読む

2023-08-17 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | Pitchfork「Best New Track」、獲得。ジャミーラ・ウッズ、10月13日にJagjaguwarからリリースされるニュー・アルバム『Water Made Us』より、duenditaをフィーチャーしたシングル「Tiny Garden」をリリース。自身が監督を手掛けた同曲のビデオも公開。



Jamila Woods - Tiny Garden (Official Video)


Jamila Woods、10月13日にJagjaguwarからリリースされるニュー・アルバム『Water Made Us』より、duenditaをフィーチャーしたシングル「Tiny Garden」をリリース。Wynne Bennettのプロデュースによる煌びやかでパーカッシヴな同曲では、Woodsが誰かへのコミットメントを証明しようと奮闘する姿が描かれる。付随するビデオはWoods自身が監督し、常に水をテーマとする。ショットは、美しい屋外の風景と住み慣れたアパートの安らぎの間を行き来し、最終的にひとつとなる。

「『Tiny Garden』は、私の心の動きや、ゆっくりと着実に愛を育む方法について歌った曲。私の監督デビュー作となるビデオでは、私が恋愛でよく感じる、大きな感情を小さな具体的な方法で表現してしまうような気持ちを視覚的に表現したかった。ビデオは、冬の終わりのシェア・アパートの現実と、すべてが緑豊かな想像上の『heartspace(ハートスペース)』という2つの風景が舞台となっている。友人であり、よくコラボレートするPo Chopと一緒に振り付けを考え、動きがこの2つの世界を融合させる鍵となるようにし、『私が踊ればどこでも、何かが水を与えられ、何かが成長する』ことを表現した」とJamilaは説明する。




続きを読む

2023-07-12 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ネオ・ソウルのミュージシャン、ジャミーラ・ウッズの新作が完成。高評価を博した前作から4年、マクレニーとの共同エグゼクティヴ・プロデュースとなるサード・アルバム『ウォーター・メイド・アス』、リリース。参加ミュージシャン:サバ、デュエンディータ、ピーター・コットンターレ。



2023.10.13 ON SALE[世界同時発売]
2023.10.18 ON SALE
(デジタル:10月13日、海外フィジカル:10月27日)

ネオ・ソウルのミュージシャン、ジャミーラ・ウッズの新作が完成。高評価を博した前作から4年、マクレニーとの共同エグゼクティヴ・プロデュースとなるサード・アルバム『ウォーター・メイド・アス』、リリース。
●参加ミュージシャン:サバ、デュエンディータ、ピーター・コットンターレ


■アーティスト:JAMILA WOODS(ジャミーラ・ウッズ)
■タイトル:WATER MADE US(ウォーター・メイド・アス)
■品番:JAG442JCD[CD]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック4曲収録
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Bugs
2. Tiny Garden (ft. duendita)
3. Practice (ft. Saba)
4. let the cards fall
5. Send A Dove
6. Wreckage Room
7. Thermostat (ft. Peter CottonTale)
8. out of the doldrums
9. Wolfsheep
10. I Miss All My Exes
11. Backburner
12. libra intuition
13. Boomerang
14. Still
15. the best thing
16. Good News
17. Headfirst
18. Sunflower (Demo)*
19. Still (Early Version)*
20. Send A Dove feat. Peter Cottontale (Early Version)*
21. Practice (Sen Morimoto Remix)*
*日本盤ボーナス・トラック

Jamila Woods - Tiny Garden (Official Video)


●シカゴのミュージシャンで詩人のJamila Woodsは、2019年の絶賛されたアルバム『LEGACY! LEGACY!』以来となる新作『Water Made Us』を10月13日にJagjaguwarからリリースする。このアルバムはMcclenneyとJamila Woodsの共同エグゼクティヴ・プロデュースで、Saba、duendita、Peter CottonTaleが参加している。アルバムのタイトルは、著名なToni Morrisonの言葉、「All water has a perfect memory and is forever trying to get back to where it was(すべての水は完璧な記憶を持っていて、絶えず元の場所に戻ろうとしている)」をさりげなく引用。ここでは、記憶、場所、そして戻るという感情が、柱として機能する。2017年の『HEAVN』では、黒人フェミニスト運動の組織化の系譜の中で、自身のコミュニティを讃えることを発見。2019年の『LEGACY!LEGACY!』では、象徴的な黒人と褐色のアーティストの語り継がれるペルソナを通して、自らの人生経験をリフレーミングしたが、『Water Made Us』は、全く新しい方法をもって、自己啓示的な作品へと仕上げられた。アルバムはLAを拠点とするプロデューサー、McClenneyと繋がったことでストーリーが形づくられ始め、2人は協力して各曲をゼロから作り上げた。こうして出来上がった『Water Made Us』は、前作では分かち合えなかったWoodsの新たな一面を明らかにし、これまでで最もパーソナルなアルバムとなった。「『Water Made Us』は、私がこれまで作った中でも、最もパーソナルで傷つきやすい作品のように感じる。素材から創作するのが好きなの。題材に深く潜り込み、発見したことから外挿することが。私たちは2年間家にこもって、私自身が素材になった。セラピスト、占星術師、話を聞いてくれた家族や友人たち、そして日記に書いた考えや疑問を処理し、この作品へと変化させる手助けをしてくれた人たちに感謝。あなたの心がどのような段階にあるにせよ、この作品が、人間関係のライフサイクルの中であなたをサポートしてくれるプレイリストのように感じられることを願ってる」とJamilaはアルバムについて語る。
●Jamila Woodsはシカゴをベースに活動するR&Bのシンガーで、Chance the Rapperの「Sunday Candy」(アルバム『Surf』収録)や「Blessings」(ミックステープ『Coloring Book』収録)でのコラボレートや、Macklemore & Ryan Lewisの「White Privilege II」への参加で知られる。2016年、デビュー・アルバム『HEAVN』をフリー・ダウンロードでリリース。Chance the Rapper、Noname、Saba、Lorine Chia、Kweku Collins、Donnie Trumpet等が参加したこのアルバムは大きな話題となり、Pitchfork他、多くのメディアで年間ベスト・アルバムの1枚に選出された。その後、Jagjaguwarと契約。翌2017年の10月、『HEAVN』はフィジカルでもリリースされた。2019年5月にはセカンド・アルバム『LEGACY! LEGACY!』をリリース。oddCouple、Peter Cottontale、Slot-A等のプロダクションを含み、Saba、Nico Segal、Nitty Scott等をフィーチャーしたこのアルバムも、各メディアの年間ベスト・アルバムに選ばれる等、高い評価を博した。Woodsは、これまでに、バルセロナやポルトガルでのPrimavera、Day Inn / Day Out、Format Festivalといったフェスティヴァルでプレイ。Corinne Bailey Rae、Rafael Saadiq、Common他、多くのアーティストとステージを共にしてきた。また、プッシュカート賞も受賞した詩人である彼女の作品は、Library of Americaのアンソロジー、『African American Poetry: 250 Years of Struggle & Song』(2020年)でも紹介されている。重ねて、彼女は、ニューヨーク大学「Tisch School of the Arts」における2021-2022年度の、「Clive Davis Institute of Recorded Music」のアーティスト・イン・レジデンスでもある。




2023-07-12 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、新曲「Boundaries」を公開。

Jamila Woods_Boundaries

Jamila Woods - Boundaries (Official Lyric Video)





2022-10-07 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、8月にリリースされた新曲「SULA」のHardcoverヴァージョンをリリース。また、同曲のビデオも公開。



Jamila Woods - SULA (Hardcover)


Jamila Woodsは「SULA (Hardcover)」をリリースし、Fatimah Asgharの監督による同曲のビデオも公開した。先月(2020年8月)、Jamila Woodsは「SULA」のPaperbackヴァージョンをリリースしたが、この曲は、アルバム『LEGACY! LEGACY!』以来の新曲で、Toni Morrisonと彼女の1973年の小説『Sula』にインスパイアされて書かれた曲である。




続きを読む

2020-09-22 : Jamila Woods :

■JAMILA WOODS | ジャミーラ・ウッズ、新曲「SULA (Paperback)」を公開。トニ・モリスンと彼女の小説『スーラ』にインスパイアされた楽曲。



Jamila Woodsは新曲「SULA (Paperback)」を公開した。2019年にアルバム『LEGACY! LEGACY!』をリリースして以来の新しい作品で、Toni Morrisonと彼女の1973年の小説『Sula』にインスパイアされた楽曲となる。

Jamila Woods - SULA (paperback) (Official Audio)


Lyrics:

SULA (Paperback)

Down here in the bottom there ain’t no room for me
I don’t wanna make no babies
I don’t need a man to save me

Secondhand loneliness pass on over me
I might wanna make some babies
Runnin outta time for waiting

Freedom and triumph they weren’t meant for me
Girls of my color find somethin else to be

I’m better I’m better I’m better
I’m better I’m better I’m better
I’m better I’m better I’m better
I’m better I’m better I’m better


Up here in the bottom you linger over me
I got all this space to fill
Somethin only bodies heal

Promiscuous holiness slope is slippery
I got all this time to kill
Somethin like a prayer to kneel to

Lay on my pillow you think i’m so weak
Soft as my skin is my power’s discreet

I’m better I’m better I’m better
I’m better I’m better I’m better
I’m better I’m better I’m better
I’m better I’m better I’m better

I’m not sorry that I cut you out
I’m not sorry
Can’t be sorry that i cut you out
What’s done is done
No crying over
You

Credits:

SULA (paperback)
Written by: Jamila Woods
Performed by: Jamila Woods
Produced by: Jamila Woods, Kamaria Woods
Guitar by: Justin Canavan
Mixed By: Matt Hennessey (VSOP Studios)
Mastered By: Jett Galindo (thebakery.la)




続きを読む

2020-08-07 : Jamila Woods :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム