fc2ブログ

■STELLA DONNELLY | ステラ・ドネリー、8月26日にリリースされるニュー・アルバム『FLOOD(フラッド) 』より、ファースト・シングル「Lungs」をリリース。同曲のビデオも公開。



Stella Donnelly - Lungs (Official Video)


ドネリーは定期的に「着せ替え遊び」をして、本当の自分を抽出する為に様々な顔や人格を使用するが、「Lungs」は子供の視点から書かれている。同曲のビデオはDonnellyとDuncan Wrightの共同監督だ。「アルバム・ジャケットに近いイメージ(Stilt=竹馬)。私が演じる赤い服のキャラクターは、新しい足と責任を持ってベストを尽くし、簡単に見せようとするが非常に不安定な状態にある大人を意味する。このビデオでは、しっかりと自分の足で立ち、正直で、簡単に手出しすることができない子供を讃えたかった。私がどんなにボスであることを主張しようとも、彼らこそが、このビデオの強さと力なの」とDonnellyは語る。振り付けはDonnellyの幼馴染で、Tanner Dance Academyを運営するBillie Tanner、Nikki Tanner、Stevie Tannの姉妹が振り付けを担当。Grace Goodwinは映像制作、セットデザイン、コスチュームを手掛けた。

Lungs
Maybe it’s the last time that I’ll see you
Putting too much salt on the story
It’s not loving if you fake it
There’s a limit to your moves
Warning light, like a child

Don’t watch us when we leave
Won’t let you see us

Stretching out the leather on your wallet
That my lungs are filling up
Long live the asbestos on the rental
Yeah it looks alright to me
Warning light, like a child

Don’t watch us when we leave
Won’t let you see us bleed
Don’t, Won’t.

And we put up with your shit to keep the power on
Take all of your hits like you’re number one
And I see the way you look at my dad and mum
What more from life could you people want
Dig your heels right in my teeth while you wait
For the suits to send me on my way
Big man, proud with your new stripe
I’ll be a child, rest of my life

History again teach me like a friend what you know and why
I cannot refuse, your place, your house, your rules.

あなたに会うのもこれで最後かもしれない
しょっぱすぎるストーリーになっちゃったけど
フリしてるってことは本当は愛してないってことだよね
あなたの行動は制限されてるし
警告ランプが点滅中、子供みたい

私たちが退散する場面は見ないで
私たちの姿を見られたくない

あなたのお財布の革が伸びて広がっていくたびに
私の肺がいっぱいになっていく
アスベストの部屋に賃貸でずっと住んでるけど
イエーイ、っていうか、私的には何の問題もないよ
警告ランプが点滅中、子供みたい

私たちが退散する場面は見ないで
私たちが血を流してる姿を見られたくない
ダメだよ、ぜったいにそんなことさせないから。

電源をオンの状態に保っておくために、あなたのくだらないあれこれに今までずっと耐えてきてるのに
あなたの攻撃をすべて受け止めて、まるであなたが一番みたいに扱ってきたじゃない
あなたがうちのパパとママを見るときのあの目つき
あなたみたいな種類の人間はこれ以上人生に何を望むんだろう?
待ってる間も自分には一切非がないみたいな態度で私に追い打ちをかけるんだね
制服姿の連中が私を追い出しにやって来る
大の男が偉そうに、新しい勲章をひけらかして
私はこれからもずっと子供のままなんだろうね、死ぬまでずっと

過去に起きた場面が友達みたいに再び現れてはこれまでの経緯と理由を説明してくれる
私に拒否できるはずないじゃない、あなたの部屋を、あなたのお家を、あなたのルールを。

対訳: 竹澤彩子




続きを読む

スポンサーサイト



2022-05-10 : Stella Donnelly :

■STELLA DONNELLY | オーストラリアのシンガーソングライター、ステラ・ドネリーのニュー・アルバムが完成。3年半振りとなるセカンド・アルバム『フラッド』、リリース。



2022.8.26 ON SALE[世界同時発売]

オーストラリアのシンガーソングライター、ステラ・ドネリーのニュー・アルバムが完成。3年半振りとなるセカンド・アルバム『フラッド』、リリース。


■アーティスト: STELLA DONNELLY (ステラ・ドネリー)
■タイトル:FLOOD(フラッド)
■品番:SC432JCD[CD]
■定価:¥2,500+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Lungs
2. How Was Your Day?
3. Restricted Account
4. Underwater
5. Medals
6. Move Me
7. Flood
8. This Week
9. Oh My My My
10. Morning Silence
11. Cold
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録

Stella Donnelly - Lungs (Official Video)


●オーストラリアのミュージシャン、Stella Donnellyは2022年8月26日、Secretly Canadianよりセカンド・アルバム『Flood』をリリースする。2019年の『Beware of the Dogs』に続く『Flood』は、Donnellyの再発見の記録であり、数ヶ月にわたる危険な試み、自己反省、そして多くの変遷の産物である。ジャケットのBanded Stilt(ムネアカセイタカシギ)のように、Donnellyは未知の領域に足を踏み入れ、アーティストとしての自分、そして一個人がどれほど豊かな存在になれるかを学んでいるのである。Donnellyは、アルバム制作中に暮らした多くの都市のひとつであるオーストラリアのベリンゲンの熱帯雨林で、バードウォッチングをした。「自分に対する誰かの反応という感覚をなくすことができた。自分がミュージシャンであることを忘れ、ただ存在するちっぽけな存在であることを体感できた」と彼女は語る。ちっぽけな存在であることを再確認し、Donnellyは自分でも知らなかった新たな創造的な井戸を掘り起こすことができた。彼女はベリンゲンを出て国内各地を移動しながら43曲を書き上げた。「見知らぬ土地で曲を作ることが多かった。フリーマントル、ウィリアムズ、ギルディントン、マーガレットリバー、メルボルンと回ったが、どこにいるかわからないことがよくあった。国境が閉鎖され、家族と連絡が取れなくなることで、自分の人生の大切な部分にフォーカスしてしまうことは否定できない」と彼女は振り返る。新たなロケーションでの曲作りは、新たなアプローチも生み出した。バンド・メンバーのJennifer Aslett、George Foster、Jack Gaby、Marcel Tussieとの曲作りは、時に幼稚園での実験的な遊びのようにも感じられた。また、共同プロデューサーのAnna LavertyとJake Webb(Methyl Ethyl)は、スタジオでの無理のない自然さを演出した。Donnellyは、これまでのようにエレキ・ギターで曲を書くことから離れ、ピアノを使用し、アルバムがもつ内省的な流動性と脆弱性を作品に吹き込んだ。「群れの中で見ると錯覚を引き起こすが、単体で見ると特異なアート作品になる」とDonnellyはBanded Stilt(ムネアカセイタカシギ)を評する。『Flood』の各曲はそれ自体が1つのアートだが、その集合体はStella Donnellyのすべてを豊かに共有している。自分のインナー・チャイルド、自己の育成、自身の悪夢・・・、洗いざらいの彼女がこの作品には注ぎ込まれている。彼女が感じるすべてを理解するには海が必要だ。しかし、飛び込む価値は十分にある。
●Stella Donnellyはオーストラリアはパース出身のシンガーソングライターだ。大学で音楽を学んだ後、ソロで活動しながら、Bells RapidsやBoat Showのギタリストとしてもプレイ。2017年にリリースしたシングル「Boys Will Be Boys」でオーストラリアの音楽見本市、Bigsound 2017のリーバイス・ミュージック・アワードを受賞。世界的な注目を集め、Secretly Canadianと契約。2018年にEP『Thrush Metal』、2019年3月にはデビュー・アルバム『Beware of the Dogs』をリリースした。『Beware of the Dogs』は高い評価を博し、ARIA Music Awardsで「Breakthrough Artist」、J Awardsで「Australian Album of the Year」にノミネート。AIR Awardsで「Independent Album of the Year」と「Best Independent Pop Album or EP」を獲得した。フジロックフェスティバル '19で初来日。同年12月におこなわれたジャパン・ツアーは、追加公演も含め、即完した。




2022-05-10 : Stella Donnelly :

■STELLA DONNELLY | ステラ・ドネリーがアルバム『Beware of the Dogs』から「Season's Greetings」のMVを公開。さらに来日公演に向け『Beware of the Dogs』の日本仕様LP、『Thrush Metal』のCD盤がリリース!!



STELLA DONNELLY(ステラ・ドネリー)がアルバム『Beware of the Dogs』から「Season's Greetings」のMVを公開。さらに『Beware of the Dogs』の日本仕様LP、『Thrush Metal』のCD盤がリリース!!



アルバム『Beware of the Dogs』からの最新MVとなる「Season’s Greetings」は彼女のホームタウンであるオーストラリア、パースのクリケット場で撮影され、ディレクションはStella自身とNick McKk、Julia Jacklinが手掛けている。

12月の単独来日は追加公演も含め全公演、瞬く間にソールドアウト!待望の再来日を前に日本のファンへスペシャルなアイテムのリリース!!ステラ・ドネリーの躍進のきっかけとなった『THRUSH METAL』。これまでVinyl盤、カセットテープのみでフィジカルリリースされていた本作が、12月の単独来日公演に合わせボーナストラックを追加収録し待望のCD化!更に今年3月にリリースされロングヒットを記録している1stアルバム『Beware of the Dogs』の日本仕様の限定LPの発売が決定!!

2019.12.4 ON SALE


■アーティスト: STELLA DONNELLY (ステラ・ドネリー)
■タイトル: THRUSH METAL (スラッシュ・メタル)
■品番: SC371JCD
■価格: 1,800円 + 税
■発売日: 2019年12月4日
■その他: ボーナストラック1曲追加収録/日本独占CD化/ステラ・ドネリー本人によるセルフライナーノーツ(曲解説)封入
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Mechanical Bull
2. Boys Will Be Boys
3. Mean To Me
4. Grey
5. A Poem
6. Talking
他ボーナストラック1曲追加収録


■アーティスト:STELLA DONNELLY(ステラ・ドネリー)
■タイトル:BEWARE OF THE DOGS(ビウェア・オブ・ザ・ドッグズ)
■品番:SC372JLP
■定価:オープンプライス
■その他:限定プレス / 解説書封入 / 『スラッシュ・メタル』EPのダウンロード・カード封入(フォーマット:mp3)/ オリジナルカラーヴァイナル
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Old Man
2. Mosquito
3. Season’s Greetings
4. Allergies
5. Tricks
6. Boys Will Be Boys
7. Lunch
8. Bistro
9. Die
10. Beware of the Dogs
11. U Owe Me
12. Watching Telly
13. Face It



続きを読む

2019-11-06 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | Stella Donnelly(ステラ・ドネリー)、12月の単独公演が即日完売につき、東京のみ待望の追加公演決定!



Stella Donnelly(ステラ・ドネリー)、12月の単独公演が即日完売につき、東京のみ待望の追加公演決定!

Stella追加

オーストラリア・パース出身のシンガー・ソング・ライター。ソロ活動の傍ら、Bells RapidsやBOAT SHOWのギタリストとしても活躍。2017年にリリースしたシングル「Boys Will Be Boys」でオーストラリアの音楽見本市Bigsound 2017のリーバイス・ミュージック・アワードを受賞したことで世界的な注目を集め、<Secretly Canadian>と契約。2018年『スラッシュ・メタル』EPを、今年3月にはデビュー・アルバム『ビウェア・オブ・ザ・ドッグス』をリリースし、フジロックにて初来日。その反響を受けて初の単独ツアーが即日完売!そして東京のみ待望の追加公演が決定!この機会をお見逃し無く!!

DATE / VENUE INFO
東京:12月13日(金)代官山UNIT
開場19:00開演20:00 前売¥6,000 (入場整理番号付、1 ドリンク別)

詳細;
>>> https://smash-jpn.com/live/?id=3209




続きを読む

2019-09-10 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | Interview with Stella Donnelly about “Beware of The Dogs” /ステラ・ドネリー来日インタビュー






続きを読む

2019-09-03 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | フジロック現地interview|キュートなステラ・ドネリーを構成する要素とは? - Qetic








続きを読む

2019-08-08 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | 【INTERVIEW】人は脆くてもいい。そして他人を楽しませながら、言いたいことを言う、コメディアンのようにね。──笑顔に秘めたステラ・ドネリーの美学








続きを読む

2019-08-05 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | フジロックフェスティバルに出演するステラ・ドネリー、『GAN-BAN SQUARE』(GAN-BANブース)でのミニアコースティックライブ+サイン会が決定。



フジロックフェスティバル開催間近。みなさんお待たせいたしました!毎年恒例となっている岩盤ブースでの出演アーティストによるサイン会が今年も決定いたしました。

場内『GAN-BAN SQUARE』(GAN-BANブース)では、ステージでのライブとはまたひと味違ったミニアコースティックライブやトークショー、サイン会を行います。身近でアーティストと触れ合える大チャンス!
是非ブースに遊びにきてください!!

『GAN-BAN SQUARE』
@場内オアシスエリア(GAN-BANブース)


7/28 (SUN)
STELLA DONNELLY 【ミニアコースティックライブ+ サイン会】

注意事項
*アーティストの都合・天候等により、内容・時間の変更/中止となる可能性がございます。
*トークショー・ミニアコースティックライブはどなたでもご覧頂けます。
*サイン会はGAN-BAN SQUARE内GAN-BANブースにて対象商品をお買い上げの先着50名様が対象となります。

詳細は;
>>> https://ganban.net/?p=35770





続きを読む

2019-07-25 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | 「Stella Donnelly」SPECIAL IN STORE LIVE 7/29(mon) 開催!




「Stella Donnelly × JOURNAL STANDARD」 オフィシャルコラボ T-shirtsの発売を記念し、7/29(月) 神南坂 JOURNAL STANDARD にて、スペシャルインストアライブが決定!!

「Stella Donnelly × JOURNAL STANDARD」 オフィシャルコラボ T-shirtsをお買い上げのお客様、先着 100 名様に整理券を配布いたします。
※既に購入済のお客様は、商品を着用若しくはご持参いただいて来店された方が対象となります。

またとない機会ですので、是非、お見逃しなく!

【整理券について】
7月27日(土) 11:30~ 神南坂 JOURNAL STANDARD レジカウンターにて配布開始いたします。イベント当日サイン会参加の抽選会がございます。当選者 30名 様は、LIVE 終了後のサイン会にご参加頂けます。※お電話での整理券確保は出来ません。

【IN STORE LIVE】
日程:7月29日(月)
開場:19:30~
開演:20:00~
会場:神南坂 JOURNAL STANDARD 1階フロア




続きを読む

2019-07-25 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | デビュー・アルバムのリリース前にフジロックに大抜擢されたオーストラリア出身の注目のシンガー・ソング・ライター、ステラ・ドネリー、待望の単独公演が決定!



Stella Donnelly
ステラ・ドネリー 
>>> https://www.stelladonnelly.com/

デビュー・アルバムのリリース前にフジロックに大抜擢された
オーストラリア出身の注目のシンガー・ソング・ライターの待望の単独公演が決定!


東京:12月11日(水)渋谷CLUB QUATTRO
開場19:00開演20:00 前売¥6,000 (入場整理番号付、1 ドリンク別)

大阪:12月12日(木)梅田SHANGRI-LA
開場19:00開演20:00 前売¥6,000 (入場整理番号付、1 ドリンク別)

総合問合せ:SMASH 03-3444-6751 smash-jpn.com

StellaDonnelly_Flyer.jpg

オーストラリア・パース出身のシンガー・ソング・ライター。ソロ活動の傍ら、Bells RapidsやBOAT SHOWのギタリストとしても活躍。2017年にリリースしたシングル「Boys Will Be Boys」でオーストラリアの音楽見本市、Bigsound 2017のリーバイス・ミュージック・アワードを受賞したことで世界的な注目を集め、<Secretly Canadian>と契約。2018年、ボーナストラックを収録した『スラッシュ・メタル』EPをリリース。今年2月にはフジロックでの初来日を発表!3月にデビュー・アルバム『ビウェア・オブ・ザ・ドッグス』をリリースし、その反響を受けて早くも初の単独公演が決定!この機会をお見逃し無く!




続きを読む

2019-07-16 : Stella Donnelly :

■Stella Donnelly | Stella Donnelly x JOURNAL STANDARD



この投稿をInstagramで見る

【Comming Soon...】 " Stella Donnelly x JOURNAL STANDARD "  Fuji Rock 2019への出演が決まっている彼女は、音楽性を注目されただけでなく、レコードジャケットの写真でも大きく注目を集め、「このキュートな写真の子は?」 と、レコードショップやSNS等で話題沸騰中。  JOURNAL STANDARDでは、Stella Donnellyオフィシャルコラボレーションとして、話題のジャケット写真を採用した、フォトT-shirtsをリリースいたします!!  すでにファンの方はもちろん、初めて知る方も、ファッション性の高い彼女のフォトT-shirtsは、男女共に、この夏大注目です!!   @stelladonnelly Stella Donnellyは豪パース出身、26才のシンガーソングライター。2017年、Healthy TapesよりファーストEP『Thrush Metal』をリリース。このEPが話題となり、翌2018年、アメリ カのレーベル、Secretly Canadianが同作をリイシュー。  EPNPR,KEXP,Pitchfork,LATimes,NYTimes,NME,TheTelegraphIndependent,Loud & Quiet,DIY,BBC Radio 1といった米英のメディアから絶賛される。2017年をツアーに費やしたStella Donnellyは、 2018年の6月、地元のオーストラリアに戻り当デビュー・アルバムをレコーディング。プロ デューサーにDean Tuzaを起用し、フレッシュな内容を求めバンドを一新して制作された 『Beware of the Dogs』は2019年3月、Secretly Canadianよりリリースされる。アルバム からのファースト・シングルは「Old Man」で、2019年1月にビデオを共に公開された。   #ジャーナルスタンダード  #journalstandard  #stelladonnelly #ステラドネリー #FujiRockFestival2019 #タワレコメン #ThrushMetal #BewareoftheDogs #SecretlyCanadian  #baycrews #2019SS #fashion  #2019ss_baycrews  #baycrews40周年

BAYCREW'S GROUPさん(@baycrews)がシェアした投稿 -






続きを読む

2019-06-10 : Stella Donnelly :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム