fc2ブログ

■WHITNEY | ブラッド・クック(ボン・イヴェール、スネイル・メイル)とジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント、 シャロン・ヴァン・エッテン)のプロデュースによるホイットニー、3年振り、自身3枚目のアルバム『SPARK(スパーク)』、発売中。



TSHIBUYA_WHITNEY.png

TSHINJUKU_WHITNEY.jpg




続きを読む

スポンサーサイト



2022-09-20 : Whitney :

■WHITNEY | ホイットニー、ニュー・アルバム『SPARK(スパーク)』、本日、9月16日リリース。日本盤はボーナス・トラック2曲、解説/歌詞/対訳付。



2022.9.16 ON SALE[世界同時発売]

シカゴのデュオ、ホイットニーの新作が完成。ブラッド・クック(ボン・イヴェール、スネイル・メイル)とジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント、 シャロン・ヴァン・エッテン)のプロデュースによる3年振り、自身3枚目のアルバム『スパーク』、リリース。


■アーティスト:WHITNEY(ホイットニー)
■タイトル:SPARK(スパーク)
■品番:SC437JCD[CD]
■定価:¥2,500+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. NOTHING REMAINS
2. BACK THEN
3. BLUE
4. TWIRL
5. REAL LOVE
6. MEMORY
7. SELF
8. NEVER CROSSED MY MIND
9. TERMINAL
10. HEART WILL BEAT
11. LOST CONTROL
12. COUNTY LINES
13. BLUE (demo)*
14. LOST CONTROL (demo)*
*日本盤ボーナス・トラック

Whitney - REAL LOVE (Official Video)


●Julien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのデュオ、Whitneyは、2022年9月16日、Brad CookとJohn Congletonのプロデュースによるサード・アルバム『SPARK』をSecretly Canadianよりリリースする。『SPARK』はWhitneyをクラシック・ポップのコンテンポラリーなシンジケートとして再紹介する。その想像力豊かで愛らしい12曲は、魅力的なメロディーをペイズリー柄のディラ・ビート(Dilla beats)と豪華なエレクトロニクスで包み込んでおり、彼らの初期の作品に見られる暖かさと気楽さは保ちながら、今の新しさで輝いている。『SPARK』の始まりは、Whitneyの2016年のデビュー・アルバム『Light Upon the Lake』の意外な成功にまで遡る。『Light Upon the Lake』の柔らかく歪んだサイケ・フォークは、2人が予想していたよりも簡単に幅広いオーディエンスに受け入れらた。結果、何年も絶え間なくツアーを続けてきた彼らは、セカンド・アルバムとなる2019年の『Forever Turned Around』でも、同じサウンドに向かわざるを得ないと感じたのだ。一方、MaxとJulienは思い切った変化が必要だともわかっていた。そして、思いもよらず、ロックダウンがそれを促進した。「僕らには、ただ座って、リアルタイムで作品群が成長していくのを見る時間があった。より強い曲をより強く積み重ねていった」とJulienは言う。「僕らが一番好きなレコードの作り方は、最初のレコードを作ったやり方なんだ」とMaxは語る。また、二人も、この圧倒的な喪失の瞬間と無縁ではいられなかった。Maxは2020年12月、2人の共通の師であるGirlsのJR Whiteが亡くなった直後、祖父をCOVID-19で亡くした。しかし、『SPARK』の鍵は、その最も悲しい曲でさえ、全ての曲が優しいテクニカラー・ドリームのように輝いていることにある。昇華。つまり、これこそが、条件が改善されるまで十分に長く付き合うというWhitneyの能力なのだ。『SPARK』には、「煙」と「火」が頻繁に登場する。ここには、新しいものを生み出し古いものを焼き払う、という2つの意味が込められている。Whitneyの状況は様々な面で危うかったが、彼らは「過去を...干す」ことから再び始め、炎の後に、自分たち、自分たちの関係、自分たちのバンドの新鮮なヴァージョンを見出したのだ。『SPARK』は、親友同士が互いを信頼し合って一つ物を別の場所に運ぶ為の忍耐と再生、そして、その感動的な証なのだ。
●WhitneyはJulien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのインディ・フォーク/インディ・ロックのデュオだ。2015年、二人が以前に所属していたバンド、Smith Westernsの解散直後に結成。2016年、デビュー・アルバム『Light Upon the Lake』をSecretly Canadianよりリリース。アルバムはPitchforkでベスト・ニュー・アルバムに選ばれる等、高い評価を獲得した。2019年にはセカンド・アルバム『Forever Turned Around』、2020年にはカヴァー・アルバム『Candid』をリリースした。




2022-09-16 : Whitney :

■WHITNEY | ホイットニー、9月16日にリリースされるニュー・アルバム『SPARK(スパーク)』より、「MEMORY」と「COUNTY LINES」をリリース。各々のリリック・ビデオを公開。



Whitney - MEMORY (Official Video)


Whitney - COUNTY LINES (Official Video)


Whitney は9月16日にSecretly Canadianよりリリースされるニュー・アルバム『SPARK』より、2曲のシングル、「MEMORY」と「COUNTY LINES」をリリース。各々のリリック・ビデオを公開した。「MEMORY」は死を題材とした曲で、「誰かが死に対する恐怖を処理し、最終的に受け入れる様子を描いている」とバンドは同曲について語っている。「COUNTY LINES」は、人間関係の終わりを扱った失恋のクラシック・バラードで、Rob Mooseのストリングス・アレンジとSam Gendelのサックスをフィーチャーしている。




続きを読む

2022-08-26 : Whitney :

■WHITNEY | 2022年9月16日にリリースされるホイットニーの最新アルバムが、日本限定のクリスタル・クリアのカラー・ヴァイナルでリリース決定。日本語解説、対訳、歌詞、ボーナストラック2曲のダウンロードカード、帯がついた数量限定生産盤。『レコードの日 2022』参加対象アイテム。



2022.11.3 ON SALE

『レコードの日 2022』参加対象アイテム

2022年9月16日にリリースされるホイットニーの最新アルバムが、日本限定のクリスタル・クリアのカラー・ヴァイナルでリリース決定。日本語解説、対訳、歌詞、ボーナストラック2曲のダウンロードカード、帯がついた数量限定生産盤。

2022_recobi_logo_FIX.jpg
>>> https://record-day.jp/

シカゴのデュオ、ホイットニーの新作が完成。ブラッド・クック(ボン・イヴェール、スネイル・メイル)とジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント、 シャロン・ヴァン・エッテン)のプロデュースによる3年振り、自身3枚目のアルバム『スパーク』、リリース。【LP/カラー盤/数量限定生産盤/『レコードの日 2022』参加対象アイテム】


■アーティスト:WHITNEY(ホイットニー)
■タイトル:SPARK(スパーク)
■品番:SC437JLP[LP]
■定価:¥5,400+税
■その他:解説/歌詞/対訳付、帯付、ボーナス・ダウンロード カード封入(2曲:「BLUE (demo)」「LOST CONTROL (demo)」)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. NOTHING REMAINS
2. BACK THEN
3. BLUE
4. TWIRL
5. REAL LOVE
6. MEMORY
7. SELF
8. NEVER CROSSED MY MIND
9. TERMINAL
10. HEART WILL BEAT
11. LOST CONTROL
12. COUNTY LINES

Whitney - REAL LOVE (Official Video)


●Julien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのデュオ、Whitneyは、2022年9月16日、Brad CookとJohn Congletonのプロデュースによるサード・アルバム『SPARK』をSecretly Canadianよりリリースする。『SPARK』はWhitneyをクラシック・ポップのコンテンポラリーなシンジケートとして再紹介する。その想像力豊かで愛らしい12曲は、魅力的なメロディーをペイズリー柄のディラ・ビート(Dilla beats)と豪華なエレクトロニクスで包み込んでおり、彼らの初期の作品に見られる暖かさと気楽さは保ちながら、今の新しさで輝いている。『SPARK』の始まりは、Whitneyの2016年のデビュー・アルバム『Light Upon the Lake』の意外な成功にまで遡る。『Light Upon the Lake』の柔らかく歪んだサイケ・フォークは、2人が予想していたよりも簡単に幅広いオーディエンスに受け入れらた。結果、何年も絶え間なくツアーを続けてきた彼らは、セカンド・アルバムとなる2019年の『Forever Turned Around』でも、同じサウンドに向かわざるを得ないと感じたのだ。一方、MaxとJulienは思い切った変化が必要だともわかっていた。そして、思いもよらず、ロックダウンがそれを促進した。「僕らには、ただ座って、リアルタイムで作品群が成長していくのを見る時間があった。より強い曲をより強く積み重ねていった」とJulienは言う。「僕らが一番好きなレコードの作り方は、最初のレコードを作ったやり方なんだ」とMaxは語る。また、二人も、この圧倒的な喪失の瞬間と無縁ではいられなかった。Maxは2020年12月、2人の共通の師であるGirlsのJR Whiteが亡くなった直後、祖父をCOVID-19で亡くした。しかし、『SPARK』の鍵は、その最も悲しい曲でさえ、全ての曲が優しいテクニカラー・ドリームのように輝いていることにある。昇華。つまり、これこそが、条件が改善されるまで十分に長く付き合うというWhitneyの能力なのだ。『SPARK』には、「煙」と「火」が頻繁に登場する。ここには、新しいものを生み出し古いものを焼き払う、という2つの意味が込められている。Whitneyの状況は様々な面で危うかったが、彼らは「過去を...干す」ことから再び始め、炎の後に、自分たち、自分たちの関係、自分たちのバンドの新鮮なヴァージョンを見出したのだ。『SPARK』は、親友同士が互いを信頼し合って一つ物を別の場所に運ぶ為の忍耐と再生、そして、その感動的な証なのだ。
●WhitneyはJulien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのインディ・フォーク/インディ・ロックのデュオだ。2015年、二人が以前に所属していたバンド、Smith Westernsの解散直後に結成。2016年、デビュー・アルバム『Light Upon the Lake』をSecretly Canadianよりリリース。アルバムはPitchforkでベスト・ニュー・アルバムに選ばれる等、高い評価を獲得した。2019年にはセカンド・アルバム『Forever Turned Around』、2020年にはカヴァー・アルバム『Candid』をリリースした。




2022-08-18 : Whitney :

■WHITNEY | ホイットニー、9月16日にSecretly Canadianからリリースされるニュー・アルバム『SPARK』より、2曲のニュー・シングル「TWIRL」と「BLUE」をリリース。ビデオも公開。



Whitney - TWIRL (Official Video)


Whitney - BLUE (Official Video)


Julien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのデュオ、Whitneyは、9月16日にSecretly Canadianからリリースされるニュー・アルバム『SPARK』より、2曲のニュー・シングル「TWIRL」と「BLUE」をリリースし、ビデオを公開した。この2曲はアルバムの中で最も悲しい曲ではあるが、他の曲同様、優しいテクニカラーの夢のように輝いている。『SPARK』の鍵は、昇華、つまり、状況が好転するのに十分な時間をかけるWhitneyの能力にある。ドラムレスの「TWIRL」は、世界が軸足からぶれそうになっても、新しい夢を見つけ、それを持ち続けるという自分へのメモだ。「John CongletonとBrad Cookが、僕らが新しいパレットを探す為のフレームワークを作ってくれた。元々はシンプルなラヴ・ソングとしてスタートしたが、最終的に人間のつながりというものを広く捉えた曲となった」とバンドは語る。「BLUE」は、軽快なギター、華やかなキーボード、ストリングス、サックス、そしてJulienの懇願するような声によるスウィートな曲だ。「『BLUE』を書いたのは、2021年初頭、孤独の真っ只中の時だった。僕らは間違いなく、愛というファンタジーを通して、この異なる状況を明らかにしようとしていた」とバンドは詳しく説明する。




続きを読む

2022-07-29 : Whitney :

■WHITNEY | シカゴのデュオ、ホイットニーの新作が完成。ブラッド・クック(ボン・イヴェール、スネイル・メイル)とジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント、 シャロン・ヴァン・エッテン)のプロデュースによる3年振り、自身3枚目のアルバム『スパーク』、リリース。



2022.9.16 ON SALE[世界同時発売]

シカゴのデュオ、ホイットニーの新作が完成。ブラッド・クック(ボン・イヴェール、スネイル・メイル)とジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント、 シャロン・ヴァン・エッテン)のプロデュースによる3年振り、自身3枚目のアルバム『スパーク』、リリース。


■アーティスト:WHITNEY(ホイットニー)
■タイトル:SPARK(スパーク)
■品番:SC437JCD[CD]
■定価:¥2,500+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. NOTHING REMAINS
2. BACK THEN
3. BLUE
4. TWIRL
5. REAL LOVE
6. MEMORY
7. SELF
8. NEVER CROSSED MY MIND
9. TERMINAL
10. HEART WILL BEAT
11. LOST CONTROL
12. COUNTY LINES
13. BLUE (demo)*
14. LOST CONTROL (demo)*
*日本盤ボーナス・トラック

Whitney - REAL LOVE (Official Video)


●Julien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのデュオ、Whitneyは、2022年9月16日、Brad CookとJohn Congletonのプロデュースによるサード・アルバム『SPARK』をSecretly Canadianよりリリースする。『SPARK』はWhitneyをクラシック・ポップのコンテンポラリーなシンジケートとして再紹介する。その想像力豊かで愛らしい12曲は、魅力的なメロディーをペイズリー柄のディラ・ビート(Dilla beats)と豪華なエレクトロニクスで包み込んでおり、彼らの初期の作品に見られる暖かさと気楽さは保ちながら、今の新しさで輝いている。『SPARK』の始まりは、Whitneyの2016年のデビュー・アルバム『Light Upon the Lake』の意外な成功にまで遡る。『Light Upon the Lake』の柔らかく歪んだサイケ・フォークは、2人が予想していたよりも簡単に幅広いオーディエンスに受け入れらた。結果、何年も絶え間なくツアーを続けてきた彼らは、セカンド・アルバムとなる2019年の『Forever Turned Around』でも、同じサウンドに向かわざるを得ないと感じたのだ。一方、MaxとJulienは思い切った変化が必要だともわかっていた。そして、思いもよらず、ロックダウンがそれを促進した。「僕らには、ただ座って、リアルタイムで作品群が成長していくのを見る時間があった。より強い曲をより強く積み重ねていった」とJulienは言う。「僕らが一番好きなレコードの作り方は、最初のレコードを作ったやり方なんだ」とMaxは語る。また、二人も、この圧倒的な喪失の瞬間と無縁ではいられなかった。Maxは2020年12月、2人の共通の師であるGirlsのJR Whiteが亡くなった直後、祖父をCOVID-19で亡くした。しかし、『SPARK』の鍵は、その最も悲しい曲でさえ、全ての曲が優しいテクニカラー・ドリームのように輝いていることにある。昇華。つまり、これこそが、条件が改善されるまで十分に長く付き合うというWhitneyの能力なのだ。『SPARK』には、「煙」と「火」が頻繁に登場する。ここには、新しいものを生み出し古いものを焼き払う、という2つの意味が込められている。Whitneyの状況は様々な面で危うかったが、彼らは「過去を...干す」ことから再び始め、炎の後に、自分たち、自分たちの関係、自分たちのバンドの新鮮なヴァージョンを見出したのだ。『SPARK』は、親友同士が互いを信頼し合って一つ物を別の場所に運ぶ為の忍耐と再生、そして、その感動的な証なのだ。
●WhitneyはJulien EhlrichとMax Kakacekによるシカゴのインディ・フォーク/インディ・ロックのデュオだ。2015年、二人が以前に所属していたバンド、Smith Westernsの解散直後に結成。2016年、デビュー・アルバム『Light Upon the Lake』をSecretly Canadianよりリリース。アルバムはPitchforkでベスト・ニュー・アルバムに選ばれる等、高い評価を獲得した。2019年にはセカンド・アルバム『Forever Turned Around』、2020年にはカヴァー・アルバム『Candid』をリリースした。




2022-06-17 : Whitney :

■WHITNEY | 2019年8月にリリースされたセカンド・アルバム『フォーエヴァー・ターンド・アラウンド』も高い評価を獲得した米シカゴのホイットニー。彼らに影響を与えたケレラ、デヴィッド・バーン、ジョン・デンヴァー、SWV等の楽曲をコレクトした10曲入りのカヴァー・アルバム『キャンディッド』、リリース。アルバムより「Hammond Song」を公開。



2020.8.14 ON SALE[世界同時発売]

2019年8月にリリースされたセカンド・アルバム『フォーエヴァー・ターンド・アラウンド』も高い評価を獲得した米シカゴのホイットニー。彼らに影響を与えたケレラ、デヴィッド・バーン、ジョン・デンヴァー、SWV等の楽曲をコレクトした10曲入りのカヴァー・アルバム『キャンディッド』、リリース。


■アーティスト:WHITNEY(ホイットニー)
■タイトル:CANDID(キャンディッド)
■品番:SC409JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Bank Head
2. A.M. AM
3. Take Me Home, Country Roads (ft. Waxahatchee)
4. High on a Rocky Ledge
5. Something Happen
6. Strange Overtones
7. Hammond Song
8. Crying, Laughing, Loving, Lying
9. Rain
10. Rainbows & Ridges

Whitney - Hammond Song (Official Audio)


Whitney - Take Me Home, Country Roads [Featuring Waxahatchee] (Official Audio)


Whitney - Rain (Official Audio)


高い評価を獲得した2019年のアルバム『Forever Turned Around』に続き、Whitneyはバンドに影響を与えた楽曲へのトリビュートとなるカヴァー・アルバムをリリースする。『Candid』はKelela、David Byrne、John Denver、SWV等のカヴァー、10曲を集めたアルバムであるが、バンドにとっては挑戦的なアルバムでもある。「僕らはこれらの曲を本当に愛していて、ただ大好きなバンドメイト達とカヴァー・アルバムをつくりたかったんだ、と言えるほどシンプルなものではなく、今後、僕らがバンドとしてどう進化していくかの大きな探求となった」とドラマー/シンガーのJulien Ehrlichは語る。カヴァーは長年、Whitneyにとっては不可欠なものであった。2014年にシカゴのアパートでバンドが結成された時から、彼らはEverly BrothersやAllen Toussaintの曲に取り組んでおり、2016年のデビュー・アルバム『Light Upon The Lake』のソングライティングの過程で、そのことが大きな役割を果たした。それ以来、NRBQの「Magnet」やNeil Youngの「On the Way Home」はライヴの定番となり、セットのなかで不可欠で共有なものとなった。自分たちに深い影響を与えた音楽に対しての彼らの愛は常に本物で、具体的なものだったのだ。




2020-07-16 : Whitney :

■WHITNEY | Whitney、Waxahatchee をフィーチャーしたJohn Denver「Take Me Home, Country Roads」のカヴァーと、SWV「Rain」のカヴァーを公開。



2020.5.26 ON SALE

Whitney、Waxahatchee をフィーチャーしたJohn Denver「Take Me Home, Country Roads」のカヴァーと、SWV「Rain」のカヴァーを公開。


■アーティスト:WHITNEY
■タイトル:TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■収録曲目:
1. Take Me Home, Country Roads

Whitney - Take Me Home, Country Roads [Featuring Waxahatchee] (Official Audio)



2020.5.26 ON SALE

Whitney、Waxahatchee をフィーチャーしたJohn Denver「Take Me Home, Country Roads」のカヴァーと、SWV「Rain」のカヴァーを公開。


■アーティスト:WHITNEY
■タイトル:RAIN
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■収録曲目:
1. Rain

Whitney - Rain (Official Audio)


シカゴをベースに活動するJulien Ehrlich(Vo/Dr)とMax Kakacek(G)によるバンド、WhitneyはWaxahatchee をフィーチャーしたJohn Denverのクラシック「Take Me Home, Country Roads」のカヴァーと、90年代を代表する女性R&Bグループ、SWVの「Rain」のカヴァーを公開した。これは2019年にリリースされた最新アルバム『Forever Turned Around』以来の作品となる。




2020-05-26 : Whitney :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム