FC2ブログ

■Shannon Lay | シャノン・レイ、9/4発売のニュー・アルバム『AUGUST(オーガスト)』よりタイトル・トラック「August」を公開。



Shannon Lay - August








続きを読む

スポンサーサイト



2019-08-13 : Shannon Lay :

■Shannon Lay | ウッドシストよりリリースされた前作も大きな評価を獲得したロサンジェルスのミュージシャン、シャノン・レイのニュー・アルバムが完成。タイ・セガールとレコーディングしマイカル・クローニンがミックスをおこなったサブ・ポップ移籍第一弾、自身3枚目のアルバム『オーガスト』、リリース。



2019.9.4 ON SALE

ウッドシストよりリリースされた前作も大きな評価を獲得したロサンジェルスのミュージシャン、シャノン・レイのニュー・アルバムが完成。タイ・セガールとレコーディングしマイカル・クローニンがミックスをおこなったサブ・ポップ移籍第一弾、自身3枚目のアルバム『オーガスト』、リリース。


■アーティスト:SHANNON LAY(シャノン・レイ)
■タイトル:AUGUST(オーガスト)
■品番:OTCD-6772
■定価:¥2,400+税
■その他:解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Death Up Close
2. Nowhere
3. November
4. Shuffling Stoned
5. Past Time
6. Wild
7. August
8. Sea Came to Shore
9. Sunday Sundown
10. Something On Your Mind
11. Unconditional
12. The Dream

Shannon Lay - Nowhere [OFFICIAL VIDEO]


●Woodsistよりリリースされたセカンド・アルバム『Living Water』もPitchforkなどから絶賛されたShannon Layのニュー・アルバム『August』が完成した。自身3枚目となるこのアルバムは2019年8月、Sub Popよりリリースされる。
●当『August』のタイトルは、2017年にShannon Layが仕事を辞め、音楽と完全に向き合い始めた月から取られている。これは彼女のアーティストとしての解放であり、本作はリスナー達にその解放感を届けるために作られた作品だ。Shannon Layは、あなたがこれまでに体験した中でもっともチルアウトしたアーティストかもしれない。穏やかなソロ活動ではフロントに立ち、インディー・ロック・バンド、Feelsのギタリスト/シンガーでありつつ、彼女は一度も過剰な場所への到達を目指したプレッシャーを自分自身にかけたことはない。にもかかわらず、Pitchforkは彼女の前作『Living Water』を魅惑的であると評し特別視した。『August』のほとんどの曲は、『Living Water』のツアーをしている3ヶ月の間に書かれた。謙虚かつ瞑想的という『August』の特徴を保ちながら、ほとんどの曲は3分以内の長さとなった。アルバムは長年の友人であるミュージシャンのTy Segallと彼の自宅スタジオでレコーディングされた。またミックスはアルバムでサックスもプレイしたMikal Croninが担当した。
●解説付

【Shannon Lay / シャノン・レイ】
Shannon Layは米ロサンジェルスをベースに活動するミュージシャンだ。2017年2月、Do Not Disturb Recordsよりファースト・アルバム『All This Life Goin Down』、同年9月にWoodsistよりセカンド・アルバム『Living Water』をリリース。『Living Water』はPitchforkなどから絶賛された。Sub Popからは初のリリースとなる『August』は2年振りとなる自身3枚目のアルバムで、レコーディングはTy Segallとおこなわれ、ミックスはMikal Croninが担当した。またShannon Layはインディ・ロック・バンド、Feelsのギタリスト/シンガーとしても活動。2019年2月にWichita RecordingsよりリリースされたFeelsのセカンド・アルバム『Post Earth』は高い評価を獲得した。なお、2019年の夏より、Shannon LayはTy SegallのFreedom Bandのメンバーとしてロサンジェルス、ニューヨーク、ロンドンなどでショーを行う。




2019-07-04 : Shannon Lay :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム