FC2ブログ

■SUFJAN STEVENS |スフィアン・スティーヴンスが、バレエ・ダンサー/振付師/ディレクターのジャスティン・ペックのためにスコアを手掛け、ニューヨーク在住のピアニスト/作曲家、ティモ・アンドレスが演奏を務めたクラシック・ピアノ・アルバム『The Decalogue』をリリース。



2019.12.06 ON SALE 

スフィアン・スティーヴンスが、バレエ・ダンサー/振付師/ディレクターのジャスティン・ペックのためにスコアを手掛け、ニューヨーク在住のピアニスト/作曲家、ティモ・アンドレスが演奏を務めたクラシック・ピアノ・アルバム『The Decalogue』をリリース。


■アーティスト: SUFJAN STEVENS / TIMO ANDRES (スフィアン・スティーヴンス / ティモ・アンドレス)
■タイトル: THE DECALOGUE (ザ・デカローグ)
■品番.: AKR135JCD
■定価: ¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1.I
2.II
3.III
4.IV
5.V
6.VI
7.VII
8.VIII
9.IX
10.X

Sufjan Stevens, Timo Andres - The Decalogue - TRAILER


●Sufjan Stevens(スフィアン・スティーヴンス)が作曲したクラシックのピアノ・アルバム『The Decalogue』がAsthmatic Kitty Recordsよりリリースされる。“モーセの十戒” という壮大なタイトルを持つこの作品は現在、最も注目を集めている若手振付師/ディレクター/バレエ・ダンサーであるJustin Peck が振付し2017年5月にニューヨーク・シティ・バレエで初演されたダンス作品”The Decalogue”のためにSufjanが作曲したスコアを元に制作された。
●SufjanとJustinは”The Decalogue”の他、”Year of the Rabbit”(2012年)、“Everywhere We Go”(2014年)、”The Countenance of Kings”(2016年)、そして直近では2019年の”Principia”とこれまで5回のコラボレーションを行なってきている。
●ピアノ演奏を担当したTimo Andresはブルックリンを拠点とする作曲家/ピアニストでこれまでBoston Symphony、Carnegie Hall、the Barbican、the Takács Quartet、the Concertgebouwなどの主要な作品を作曲し、ニューヨーク在住のシンガーソングライター、Gabriel Kahaneと定期的に共演。またPhilip Glass、Becca Stevens、Nadia Sirota、the Kronos Quartet、John Adams、Ted Hearneなどと頻繁に演奏を行っており、SufjanとはJustin Peck の振付による2019年の”Principia”でもコラボレーションを行なっている。
●モーセの十戒の10の戒めを元にピアノによるソロ演奏10曲で構成された本作は、シンプルに数字が順に並べられた曲名同様に非常に簡潔ながらもとても瞑想的な作品になっている。プロデュースはSufjan Stevens、録音はOktaven Audioで行われ同スタジオを共同運営するRyan Streberが担当している。


*2019 年10⽉18⽇先⾏発売のデラックス仕様Vinyl 盤は40P のソングブック、Charlotte de Mezamat
によるモノ・プリントを封⼊。180 グラムの重量盤となります。


スポンサーサイト



2019-10-20 : Asthmatic Kitty :

■Sufjan Stevens | スフィアン・スティーヴンスが突如新曲を発表! 6月のPride Monthを記念した即完必至の Limited 7inch!!



2019.6月下旬 ON SALE 

スフィアン・スティーヴンスが突如新曲を発表! 6月のPride Monthを記念した即完必至の Limited 7inch!!


■アーティスト:Sufjan Stevens(スフィアン・スティーヴンス)
■タイトル:Love Yourself / With My Whole Heart(ラヴ・ユアセルフ/ウィズ・マイ・ホール・ハート)
■品番:AKR376[輸入盤](VINYL 7”)
■定価:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
A1. Love Yourself
A2. Love Yourself (1996 Demo)
B1. With My Whole Heart
B2. Love Yourself (Short Reprise)

●21世紀を代表するソングライターであるSufjan Stevens(スフィアン・スティーヴンス)が突如新曲を発表。アルバムとし ては2015年の『Carrie & Lowell』以来リリースはないが、昨年リリースしたシングル「Lonely Man of Winter」や映画 『君の名前で僕を呼んで』の主題歌「Mystery of Love」を始めマイペースなれどコンスタントに新曲を発表している。 今回りリースされる7インチシングルは6月の”Pride Month”を記念し、愛をテーマにした「Love Yourself」と「With My Whole Heart」を収録したもので「Love Yourself」はSufjanが20年前に書いたスケッチに基づき、1996年に録音され たオリジナルの4トラックデモバージョンも収録。 一方「With My Whole Heart」は「対立、不安、または自己批判を伴わ ずに、明るく誠実なラブソングを書く」という個人的な挑戦として書いたまったく新しい曲になる。
●なお、このシングルの収益の一部は、ニューヨークのハーレムにあるAli Forney Centerとミシガン州デトロイトにある Ruth Ellis Centerという組織を通じ、LGBTQ とアメリカのホームレスの子供たちに寄付される。




2019-06-20 : Asthmatic Kitty :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム