fc2ブログ

■SHARON VAN ETTEN | シャロン・ヴァン・エッテン、ニュー・アルバム『WE’VE BEEN GOING ABOUT THIS ALL WRONG(ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング)』、5月6日発売。アルバムから「Mistakes」のビデオ公開&アルバム発売記念のライヴストリーム実施。



Sharon Van Etten - Mistakes (Official Video)


Sharon Van Etten 'We've Been Going About This All Wrong' Album Release Livestream


Sharon Van Etten、待望のニューアルバム『We've Been Going About This All Wrong』が発売された。今回、アルバムからシングルは1枚もリリースされなかったが、5月6日より、全曲を聴くことが可能となった。「このアルバムは、初めから終わりまで、エモーショナルな旅なの。私たちがそれぞれの方法で経験したこの2年間のジェットコースターのドキュメントなの。一緒に旅してもらいたい。私の側にいてくれてありがとう」とVan Ettenは語る。5月6日、アルバムから「Mistakes」のビデオが公開され、Van EttenのYouTubeを通して、アルバム発売記念のライヴストリームがおこなわれた。



続きを読む

スポンサーサイト



2022-05-07 : Sharon Van Etten :

■SHARON VAN ETTEN | シャロン・ヴァン・エッテン、3年振りとなる6枚目のアルバムが完成。私たちを惨状から救い出す美と力を明確に表現したセルフ・プロデュース作『ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング』、リリース。



2022.5.6 ON SALE[世界同時発売]

シャロン・ヴァン・エッテン、3年振りとなる6枚目のアルバムが完成。私たちを惨状から救い出す美と力を明確に表現したセルフ・プロデュース作『ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング』、リリース。


■アーティスト:SHARON VAN ETTEN(シャロン・ヴァン・エッテン)
■タイトル:WE’VE BEEN GOING ABOUT THIS ALL WRONG(ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング)
■品番:JAG395JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Darkness Fades
2. Home to Me
3. I’ll Try
4. Anything
5. Born
6. Headspace
7. Come Back
8. Darkish
9. Mistakes
10. Far Away

WBGATAW (Trailer)


●Sharon Van Ettenは、常に人々が周囲の世界を理解する手助けをするアーティストだ。彼女の6枚目のアルバム『We've Been Going About This All Wrong』は、世界が崩壊するかもしれないと思ったとき、私たちはどのように感じ、嘆き、自らの意思を取り戻せるのかについて考察したものだ。私たちにとって最も大切なものを、私たちの手に負えない破壊的な力からどのように守ればよいのだろうか? すべてが失われたように見えるとき、私たちはどのようにして価値あるものを救い出すのであろうか? そして、もしそれができなかった場合、私たちはその間、できる限りの愛情を注いできたのだろうか? 十分に努力したのだろうか? このアルバムでは、私たちをこうした惨状から救い出すことのできる美と力が明確に表現されている。母性、愛、恐怖、コントロールできること/できないこと、多くのトラウマに悩まされる世界で人間であることの意味、といったテーマが、パーソナルに描かれている。Van Ettenのこれまでのアルバムとは異なり、リリース前にアルバムからの楽曲が発表されることはない。収録されている10曲は、希望、喪失、憧れ、回復力といったより大きな物語を語れるよう、順番に、一気に聴けるようにデザインされている。「物事は暗くない。薄暗いだけだ」と、彼女は私たちに思い起こさせる。
●Sharon Van Ettenは米ニュージャージー出身のシンガーソングライターだ。2009年にアルバム『Because I Was in Love』でデビュー。2010年のセカンド・アルバム『Epic』に収録の「Love More」がBon IverやThe Nationalにカヴァーされ話題となった。Jagjaguwarと契約後、2012年にサード・アルバム『Tramp』をリリース。The NationalのAaron Dessnerのプロデュースによるこのアルバムは米チャートにランクインするなどヒットを記録。2014年の4枚目のアルバム『Are We There』は大絶賛され、Rolling Stone他、数々のメディアで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれた。2019年1月にはJohn Congletonのプロデュースによる5枚目のアルバム『Remind Me Tomorrow』をリリース。Pitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選ばれる等、こちらも高い評価を獲得。また2016年には女優デビューを果たし大きな話題となった。




2022-04-07 : Sharon Van Etten :

■SHARON VAN ETTEN | シャロン・ヴァン・エッテン、2月にリリースされた「Porta」に続く2022年の第二弾シングル、「Used To It」を公開。



Sharon Van Etten - Used To It (Official Video)


Sharon Van Ettenは2月にリリースされた「Porta」に続く2022年の第二弾シングル、「Used To It」を公開した。「Porta」が人を奮い立たせるパーカッシヴな曲であるのに対して、「Used To It」は跳ね返るようなビートとおぼろげなシンセにより展開される。この曲は、不妊治療の専門医が自分の精子で女性を妊娠させるというHBOのドキュメンタリー映画『Baby God』の音楽制作に協力するよう依頼された際、Van Ettenが最初に書いた曲だ。「映画のチームは最終的に音楽の方向性を変更したが、私は、家族という概念、血縁によるつながり、自然対育成、そして愛や科学技術の複雑さについてのアイデアを盛り込んだ曲を書くというアイデアに、喜んで挑戦した」と、Van Ettenは説明する。ビデオはは、Van Ettenの音楽ディレクターででバンドメイトであるCharley Damskiにより制作され、ダンサーで振付師のHayden J Frederickが出演している。

【SHARON VAN ETTEN/シャロン・ヴァン・エッテン】
Sharon Van Ettenは米ニュージャージー出身のシンガーソングライターだ。2009年にアルバム『Because I Was in Love』でデビュー。2010年のセカンド・アルバム『Epic』に収録の「Love More」がBon IverやThe Nationalにカヴァーされ話題となった。Jagjaguwarと契約後、2012年にサード・アルバム『Tramp』をリリース。The NationalのAaron Dessnerのプロデュースによるこのアルバムは米チャートにランクインするなどヒットを記録。2014年の4枚目のアルバム『Are We There』は大絶賛され、Rolling Stone他、数々のメディアで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれた。2019年1月にはJohn Congletonのプロデュースによる5枚目のアルバム『Remind Me Tomorrow』をリリース。Pitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選ばれる等、こちらも高い評価を獲得。また2016年には女優デビューを果たし大きな話題となった。




続きを読む

2022-03-02 : Sharon Van Etten :

■SHARON VAN ETTEN | シャロン・ヴァン・エッテン、2020年秋以来となるソロとしての新曲「Porta」をリリース。

SHARON VAN ETTEN_PORTA_photo560

Sharon Van Etten - Porta (OFFICIAL VIDEO)


2022年2月8日、Sharon Van Ettenは新曲「Porta」をリリースする。同曲は2020年秋以来のソロとしてのニュー・シングルとなる。アルバムのプロデュースはVan Etten(vocals, synths, drum machines)とDaniel Knowles(synths)で、彼女のライヴ・バンドのメンバーであるJorge Balbi(drums)、Charley Damski(guitars)、Devin Hoff(bass)がバックを務めた。「この曲は2020年の『私が最も落ち込んでいる時』に書かれた。大人になってからのほとんどの期間、私は鬱や不安の発作、その対処法に苦しんでいて、そうした暗い瞬間に負けてしまうこともあった。この間、私は強く解離を感じ、自分の心と身体とつながっておらず、コントロールが効かない感じだった」とVan Ettenは語る。その後、ノースカロライナ州でベース・ピラティスを主宰する友人のStella Cookに連絡をとり、そうした状況を克服していった。Van Ettenは今春、ヨーロッパをツアー。その後、Angel Olsen、Julien Baker、Spencer.と「The Wild Hearts Tour」を行う。

【SHARON VAN ETTEN/シャロン・ヴァン・エッテン】
Sharon Van Ettenは米ニュージャージー出身のシンガーソングライターだ。2009年にアルバム『Because I Was in Love』でデビュー。2010年のセカンド・アルバム『Epic』に収録の「Love More」がBon IverやThe Nationalにカヴァーされ話題となった。Jagjaguwarと契約後、2012年にサード・アルバム『Tramp』をリリース。The NationalのAaron Dessnerのプロデュースによるこのアルバムは米チャートにランクインするなどヒットを記録。2014年の4枚目のアルバム『Are We There』は大絶賛され、Rolling Stone他、数々のメディアで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれた。2019年1月にはJohn Congletonのプロデュースによる5枚目のアルバム『Remind Me Tomorrow』をリリース。Pitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選ばれる等、こちらも高い評価を獲得。また2016年には女優デビューを果たし大きな話題となった。




2022-02-09 : Sharon Van Etten :

■SHARON VAN ETTEN | Sharon Van Ettenによるクリスマス曲が初ヴァイナル化。



2021.11.19 ON SALE

Sharon Van Ettenによるクリスマス曲が初ヴァイナル化。


■アーティスト:SHARON VAN ETTEN
■タイトル:SILENT NIGHT B/W BLUE CHRISTMAS
■品番:JAG364LP-C1[7"/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Silent Night
(SIDE B)
2. Blue Christmas

「Silent Night」はVimeo Staff Pick Awardを受賞したEric Paschal Johnsonによるショート・フィルム、『The Letter』の為に2018年にレコーディングされた楽曲だ。また、「Blue Christmas」は、元々は2009年にベネフィット・アルバム『Do You EAR what I Ear』の為にレコーディングされた曲で、この度、両曲とも初めてヴァイナルで入手可能となる。




2021-11-18 : Sharon Van Etten :

■SHARON VAN ETTEN | Sharon Van Etten & Angel Olsen(シャロン・ヴァン・エッテン&エンジェル・オルセン)、シングル「Like I Used To」をリリース。Pitchfork「Best New Track」獲得。



Sharon Van Etten & Angel Olsen - Like I Used To (Official Video)


Sharon Van Etten & Angel Olsenはシングル「Like I Used To」をリリース。あわせて同曲のビデオも公開した。ビデオはKimberly Stuckwischの監督で、ロサンゼルスとジョシュア・ツリーの様々な場所で撮影された。なお、「Like I Used To」はPitchforkでBest New Trackを獲得している。



2021-05-21 : Sharon Van Etten :

■SHARON VAN ETTEN | ホリデー・シーズンを前にSharon Van Ettenが「Silent Night」と「Blue Christmas」の2曲をリリース。



Sharon Van Etten - Silent Night (Official Audio)


Sharon Van Etten - Blue Christmas (Official Audio)





2020-11-13 : Sharon Van Etten :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム