fc2ブログ

■EMEL | エメル、「Holm (Mina Edward Remix)」、リリース。初来日公演決定。11月よりジャパン・ツアー、スタート。





>>> https://emel.lnk.to/holmrmx

【エメル/ジャパン・ツアー】
2021年
11/24(水)18:30:新宿文化センター大ホール
11/25(木)18:30:中野サンプラザホール
11/29(月)18:30:旭川市民文化会館大ホール
11/30(火)18:30:カナモトホール(札幌市民ホール)
12/2(木)18:30:キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
12/3(金)18:30:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
12/5(日)14:00:長岡市立劇場大ホール
12/6(月)18:30:神奈川県民ホール
12/8(水)14:30/18:30:NHK大阪ホール
12/9(木)15:00:習志野文化ホール
12/10(金)18:30:新潟テルサ
(問い合わせ)
一般財団法人 民主音楽協会
TEL:03-5362-3430
>>> https://www.min-on.or.jp/special/2021/emel/

エメル ジャパン・ツアー | 2021年11~12月、待望の初来日ツアー


【EMEL/エメル】
チュニジア出身のシンガー・ソングライター。現在はアメリカ・ニューヨークを拠点に活動。幼少期からアラブ音楽や西洋のクラシック音楽をはじめ、英米のプロテストフォークやロックまで幅広く親しみ、10歳で作曲を始める。一度聴くと忘れられなくなる哀愁を帯びた歌声とメッセージ性の強い歌詞、アラブ音楽から英米のポップスまでを網羅し昇華させた音楽性により、次第に注目を集める存在となる。2008年、チュニジアで彼女の曲が放送禁止になったことをきっかけに、フランス・パリに移住し、ライブ活動を続ける。2010年『わたしの言葉は自由』が、チュニジアの「ジャスミン革命」のアンセムとなり、エメルは「革命の声」と称された。2015年、ノーベル平和賞受賞式に招待され『わたしの言葉は自由』を歌唱。アラブ人女性が同式で歌うのは史上初。




続きを読む

スポンサーサイト



2021-10-13 : Partisan Records :

■EMEL | チュニジアが生んだ希望の歌姫、エメル、初来日公演決定。ライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning (Live)』、デジタル・リリース。



NOW ON SALE

チュニジアが生んだ希望の歌姫、エメル、初来日公演決定。ライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning (Live)』、デジタル・リリース。


■アーティスト:EMEL(エメル)
■タイトル:EVERYWHERE WE LOOKED WAS BURNING (LIVE)
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■収録曲目:
1. Rescuer
2. This Place
3. Ana Wayek
4. Merrouh
5. Footsteps
6. Lost
7. Ensen Dhaif
8. Ma Lkit
9. Thamlaton
10. Everywhere We Looked Was Burning

●チュニジアで生まれ、ニューヨークを拠点として活動するエクスペリメンタル・シンガー、EmelはPartisan Recordsより新しいライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning (Live)』をデジタル・リリースした。この作品はCOVID-19によるパンデミックの直前のヨーロッパ・ツアー中にレコーディングされた。2019年にPartisan RecordsよりリリースされたEmelのアルバム『Everywhere We Looked Was Burning』は、ほぼ英語で歌われたEmelの最初のアルバムで、キャリア史上、最高のレヴューの多くを獲得。NPRは彼女を「21世紀の変化の触媒」と評した。2020年にはアルバム『The Tunis Diaries』をリリース。これは、自身のカタログから新たにレコーディングされた楽曲とカヴァー曲を収録した2部構成のアルバムであった。
●「Kelmti Horra(わたしの言葉は自由)」を歌うヴィデオが2011年、チュニジアの「ジャスミン革命」を通し何百万もの視聴回数を獲得し、Emelは名声を博した。この曲はアラブの春のアンセムとなり、2015年、彼女はノーベル平和賞受賞式に招待され、同曲を歌った。Emelはこの秋からヨーロッパと日本をツアーする。

【エメル/ジャパン・ツアー】
2021年
11/24(水)18:30:新宿文化センター大ホール
11/25(木)18:30:中野サンプラザホール
11/29(月)18:30:旭川市民文化会館大ホール
11/30(火)18:30:カナモトホール(札幌市民ホール)
12/2(木)18:30:キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
12/3(金)18:30:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
12/5(日)14:00:長岡市立劇場大ホール
12/6(月)18:30:神奈川県民ホール
12/8(水)14:30/18:30:NHK大阪ホール
12/9(木)15:00:習志野文化ホール
12/10(金)18:30:新潟テルサ
(問い合わせ)
一般財団法人 民主音楽協会
TEL:03-5362-3430
>>> https://www.min-on.or.jp/special/2021/emel/

エメル ジャパン・ツアー | 2021年11~12月、待望の初来日ツアー


【EMEL/エメル】
チュニジア出身のシンガー・ソングライター。現在はアメリカ・ニューヨークを拠点に活動。幼少期からアラブ音楽や西洋のクラシック音楽をはじめ、英米のプロテストフォークやロックまで幅広く親しみ、10歳で作曲を始める。一度聴くと忘れられなくなる哀愁を帯びた歌声とメッセージ性の強い歌詞、アラブ音楽から英米のポップスまでを網羅し昇華させた音楽性により、次第に注目を集める存在となる。2008年、チュニジアで彼女の曲が放送禁止になったことをきっかけに、フランス・パリに移住し、ライブ活動を続ける。2010年『わたしの言葉は自由』が、チュニジアの「ジャスミン革命」のアンセムとなり、エメルは「革命の声」と称された。2015年、ノーベル平和賞受賞式に招待され『わたしの言葉は自由』を歌唱。アラブ人女性が同式で歌うのは史上初。




2021-10-13 : Partisan Records :

■BODY MEAT | Partisan Records(IDLES、Laura Marling、Fontaines D.C.)、フィラデルフィアを拠点とするBody Meatと契約。「Twigs」のビデオを公開。「リズムのルールを書き直すフィラデルフィアの変人」– Pitchfork

Body Meat_credit Matt Noll

Body Meat - Twigs


「リズムのルールを書き直すフィラデルフィアの変人」– Pitchfork
Partisan Records(IDLES、Laura Marling、Fontaines D.C.)、フィラデルフィアを拠点とするマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Body Meat(本名、Christopher Taylor)と契約。発売中の最新EP『Year Of The Orc』より「Twigs」のビデオを公開。




2021-08-06 : Partisan Records :

■FELA KUTI | Fela Kutiのクラシック『Open & Close』がLPでリイシュー。



2021.7.30 ON SALE

Fela Kutiのクラシック『Open & Close』がLPでリイシュー。

 
■アーティスト:FELA KUTI
■タイトル:OPEN & CLOSE
■品番:KFR2005-1[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
A1. Open And Close
A2. Swegbe And Pako (Part 1)
B1. Swegbe And Pako (Part 2)
B2. Gbagada Gbagada Gbogodo Gbogodo

Fela Kutiのクラシック『Open & Close』のリリース50周年を記念し、1980年代以来、初めてLPをプレス。
※2021年6月12日のRecord Store Dayにおいて、カラー盤でリリースされたLPの通常盤(黒盤)。




2021-07-07 : Partisan Records :

■MAPLE GLIDER | メイプル・グライダー、6/30発売、トム・イアンセック(ビッグ・スケアリー)のプロデュースによるデビュー・アルバム『TO ENJOY IS THE ONLY THING(トゥ・エンジョイ・イズ・ジ・オンリー・シング)』より、「Baby Tiger」のビデオを公開。



Maple Glider - Baby Tiger *Official Video* (To Enjoy is the Only Thing LP | 2021)


PRAISE FOR MAPLE GLIDER

“Beautiful” - Gorilla vs Bear
“towering lyrical delivery” - UPROXX
“a piece that tries to unravel the intricacies of a religious upbringing and a relationship, both of which kept her from being her true self" - NPR Music
“beautiful and devastating” - American Songwriter
“delicate, dreamy folk... fans of Sharon Van Etten's more stripped down, spare early work should find plenty to like here” - BrooklynVegan
“A sweeping, majestic offering; it feels like an artist at the start of something really quite magical.” - For The Rabbits
"Sublime" - Paper




続きを読む

2021-05-26 : Partisan Records :

■JUST MUSTARD | Partisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)、アイルランドの5人組バンド、Just Mustardと契約。



Live In Dreams (Official Trailer)


Partisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)はアイルランドのバンド、Just Mustardと契約した。Just MustardのメンバーはKatie Ball(V)、David Noonan(G)、Mete Kalyon(G)、Rob Clarke(B)、Shane Maguire(Dr)の5人。2018年にリリースしたファースト・アルバム『Wednesday』は国内外で高い評価を獲得。アイルランドの音楽賞、チョイス・ミュージック・プライズにもノミネートされた。




2021-05-18 : Partisan Records :

■HILDEGARD | シンガーソングライター、Helena Delandとマルチインストゥルメンタリスト、Ouri(Ourielle Auvé)によるニュー・プロジェクト、Hildegard。Partisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)とのパートナーシップの元、新たに立ち上げられたレーベル、section1からセルフ・タイトルのデビューLPをリリース。



2021.6.4 ON SALE

シンガーソングライター、Helena Delandとマルチインストゥルメンタリスト、Ouri(Ourielle Auvé)によるニュー・プロジェクト、Hildegard。Partisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)とのパートナーシップの元、新たに立ち上げられたレーベル、section1からセルフ・タイトルのデビューLPをリリース。


■アーティスト:HILDEGARD
■タイトル:HILDEGARD
■品番:S001-1[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Jour 1
2. Jour 2
3. Jour 3
4. Jour 4
5. Jour 5
6. Jour 6
7. Jour 7
8. Jour 8

シンガーソングライター、Helena Delandとマルチインストゥルメンタリスト、Ouri(Ourielle Auvé)によるニュー・プロジェクト、Hildegardが、セルフ・タイトルのデビューLP『Hildegard』をリリース。発売はPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)とのパートナーシップの元、新たに立ち上げられたレーベル、section1から。section1はThird Side MusicのBrontë JaneとFriendly Announcer Management(Big Thief、Unknown Mortal Orchestra、Westerman他)のChris Robbins/Tom Wironenの発案によるレーベルとなる。







2021-04-19 : Partisan Records :

■FELA KUTI | Fela Kutiのクラシック『Open & Close』のリリース50周年を記念してカラー・ヴァイナルがRecord Store Dayにリリース。



2021.6.12 ON SALE

Fela Kutiのクラシック『Open & Close』のリリース50周年を記念してカラー・ヴァイナルがRecord Store Dayにリリース。

 recordstoreday_2021.jpg
■アーティスト:FELA KUTI
■タイトル:OPEN & CLOSE
■品番:KFR2005-5[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
A1. Open And Close
A2. Swegbe And Pako (Part 1)
B1. Swegbe And Pako (Part 2)
B2. Gbagada Gbagada Gbogodo Gbogodo

Fela Kutiのクラシック『Open & Close』のリリース50周年を記念して、1980年代以来、初めてLPがプレスされる。このエディションは元来のゲートフォールド・ジャケットに戻り、赤と黄色のバタフライ・エフェクトのヴァイナル仕様で、全世界7000枚限定となる。




2021-04-17 : Partisan Records :

■MAPLE GLIDER | オーストラリアはメルボルンをベースに活動するトーリ・ジーチのプロジェクト、メイプル・グライダー。トム・イアンセック(ビッグ・スケアリー)のプロデュースによるデビュー・アルバム『トゥ・エンジョイ・イズ・ジ・オンリー・シング』、リリース。



2021.6.30 ON SALE

オーストラリアはメルボルンをベースに活動するトーリ・ジーチのプロジェクト、メイプル・グライダー。トム・イアンセック(ビッグ・スケアリー)のプロデュースによるデビュー・アルバム『トゥ・エンジョイ・イズ・ジ・オンリー・シング』、リリース。


■アーティスト:MAPLE GLIDER(メイプル・グライダー)
■タイトル:TO ENJOY IS THE ONLY THING(トゥ・エンジョイ・イズ・ジ・オンリー・シング)
■品番:PIE030CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. As Tradition
2. Swimming
3. View From This Side
4. Friend
5. Be Mean, It’s Kinder Than Crying
6. Good Thing
7. Baby Tiger
8. Performer
9. Mama It’s Christmas

Maple Glider - As Tradition *Official Video*


Maple Glider - Good Thing *Official Video*


Maple Glider - Swimming *Official Video* (To Enjoy is the Only Thing LP | 2021)


オーストラリアのメルボルンをベースに活動するTori Zietschのプロジェクト、Maple Gliderは2021年6月25日にPartisan Records(IDLES、Laura Marling、Fontaines D.C.)よりリリースされるアルバム『To Enjoy is the Only Thing』の詳細をアナウンスした。『To Enjoy is the Only Thing』は彼女の人生のヴィネットをコンパイルしたものだ。それは、目立たないけど人生を変え、常に深く感じる瞬間で、Toriのアーティストとしての美しさとダーク・ユーモアのセンスにより、生き生きとした生活をもたらした。2018年の初頭、以前の音楽プロジェクトが解散した後、Zietschはメルボルンを離れ、海辺の町ブライトンに移った。そこで彼女はソロの素材に取り組み始めた。2019年、デモでキャパシティーが一杯になったSoundCloudのアカウントと共に彼女はメルボルンに戻った。そして、Tom Iansek(Big Scary、#1 Dads、The Paper Kites、Hockey Dad)にプロデュースとレコーディングを依頼した。




2021-04-16 : Partisan Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム