fc2ブログ

■NOSO | ノーソー、7/13にPartisan Recordsよりリリースされるニュー・アルバム『STAY PROUD OF ME(ステイ・プラウド・オブ・ミー)』より、「Parasites」のビデオを公開。

NoSo - Parasites_photo

NoSo - Parasites (Official Video)





続きを読む

スポンサーサイト



2022-05-26 : Partisan Records :

■MIDDLE BROTHER | ディア・ティック、デルタ スピリット、ドーズのリード・シンガー達によるバンド、ミドル・ブラザー。彼らが2011年にリリースしたセルフ・タイトルのデビュー・アルバム。



2022.6.29 ON SALE

ディア・ティック、デルタ スピリット、ドーズのリード・シンガー達によるバンド、ミドル・ブラザー。彼らが2011年にリリースしたセルフ・タイトルのデビュー・アルバム。


■アーティスト:MIDDLE BROTHER(ミドル・ブラザー)
■タイトル:MIDDLE BROTHER(ミドル・ブラザー)
■品番:PTSN015-2J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Daydreaming
2. Blue Eyes
3. Thanks For Nothing
4. Middle Brother
5. Theater
6. Portland
7. Wilderness
8. Me Me Me
9. Someday
10. Blood and Guts
11. Mom and Dad
12. Million Dollar Bill

Middle BrotherはDeer TickのJohn McCauley、Delta SpiritのMatthew Vasquez、DawesのMatthew Vasquezによるバンドだ。それぞれのバンドのリード・シンガー達が集結した画期的なプロジェクトで、三人のソングライターは強い目的意識を持ち、自らの遊び心に満ちた気ままなテーマと、傷心と希望という音色のバランスを上手くとっている。オルタナカントリー・フォークとロックンロールをミックスしたサウンド鳴らす、各々のルーツから生まれた前例のないコラボレーションで、これは私たちが望んでいた瞬間でもある。




2022-05-04 : Partisan Records :

■TENDER | ロンドンのエレクトロニック・デュオ、TENDER。2017年にリリースされソールド・アウトしたデビュー・アルバムがスタンダードのブラックLPで再発売。



2022.5.20 ON SALE

ロンドンのエレクトロニック・デュオ、TENDER。2017年にリリースされソールド・アウトしたデビュー・アルバムがスタンダードのブラックLPで再発売。


■アーティスト:TENDER
■タイトル:MODERN ADDICTION
■品番:PTKF2148-3[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Illuminate
2. Nadir
3. Hypnotised
4. Crawl
5. Erode
6. Silence
7. Machine
8. Sickness
9. Vow
10. Blame
11. Powder
12. Trouble

James CullenとDan Cobbは2015年、英ロンドンでベッドルームプロジェクト、TENDERを結成した。2017年9月にリリースされた当『Modern Addiction』は高い評価を博し、オリジナル盤は完売。この度、スタンダードのブラック・ヴァイナルで再発売されることとなった。
「メロディック・ヘビーなエレクトロ・ポップ・トラック」-Stereogum
「ミステリアスなデュオ、TENDERは両極端の要素を融合させる」-DIY
「魅惑的なミニマル・ポップの宝石」-CLASH
「氷河のようなポップ」-Dork




2022-05-03 : Partisan Records :

■LÉA SEN | 22歳のシンガー/ソングライター/プロデューサー、Léa Sen。今、ロンドンで最も注目を浴びる才能の1人がPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling)からデビューEP『You Of Now Pt. 1』をリリース。



2022.8.26 ON SALE

22歳のシンガー/ソングライター/プロデューサー、Léa Sen。今、ロンドンで最も注目を浴びる才能の1人がPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling)からデビューEP『You Of Now Pt. 1』をリリース。


■アーティスト:LÉA SEN
■タイトル:YOU OF NOW PT. 1
■品番:PTKF1325-3[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Much To Lose
2. I Like Dis
3. With Or Without
4. Hyasynth
5. I Feel Like I’m Blue

Léa Sen - I Feel Like I'm Blue (Official Music Video)


Léa Sen - Hyasynth (Official Video)


22歳のシンガー/ソングライター/プロデューサー、Léa Senは、デビューEP『You Of Now Pt. 1』をPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling)からリリースする(デジタル:5/20、LP:8/26)。ロンドンを拠点とするLéa Senの作品は、Joy Orbisonの繊細なヴォーカル、Bon Iverのエレクトロニックな音色とフォーク・ギター、Samphaの印象的なリリックを感じさせ、今、ロンドンで最も注目を浴びる才能の1人として認知されている。Léaのデビューシングル「Hyasynth」は、BBC Radio 6 MusicのMary Anne Hobbs、Huw Stephens、BBC 1XtraのJamz Supernova、Apple Music 1のMatt Wilkinson等からサポートされ、The Independent、Crack Magazine、Total Guitar、The Line Of Best Fit、Dummy Magazine、The FADER等のプレスで絶賛された。また、Nilüfer Yanyaのサポートとしてイギリス/ヨーロッパをツアーした。




2022-04-15 : Partisan Records :

■NOSO | 米ロサンジェルスをベースに活動する韓国系アメリカ人アーティスト、ノーソー。NPR「タイニー・デスク・コンテスト」のファイナリストによるデビュー・アルバム『ステイ・プラウド・オブ・ミー』、パルチザン・レコード(アイドルズ、フォンテインズD.C.、ローラ・マーリング)よりリリース。



2022.7.13 ON SALE

米ロサンジェルスをベースに活動する韓国系アメリカ人アーティスト、ノーソー。NPR「タイニー・デスク・コンテスト」のファイナリストによるデビュー・アルバム『ステイ・プラウド・オブ・ミー』、パルチザン・レコード(アイドルズ、フォンテインズD.C.、ローラ・マーリング)よりリリース。


■アーティスト:NOSO(ノーソー)
■タイトル:STAY PROUD OF ME(ステイ・プラウド・オブ・ミー)
■品番:PTKF3017-2J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Parasites
2. Suburbia
3. David
4. I Feel You
5. I’m Embarrassed
6. Honey Understand
7. Sorry I Laughed
8. Feeling Like A Woman Lately
9. Man Who Loves You
10. Everything I’ve Got

NoSo - David (Official Video)


LAを拠点に活動するノンバイナリーの韓国系アメリカ人アーティスト、NoSo(本名:Abby Hwong)は、7月8日にPartisan Recordsからデビュー・アルバム『Stay Proud Of Me』をリリースする。NoSoはこのアルバムの大半を自分の寝室で隔離期間中に一人で書き、レコーディングした。また、その過程でギター以外の楽器も勉強した。その結果が、NoSoの世界を豊かに紹介するこの深く切実な青春物語だ。NoSoとはNorth/Southの略語で、韓国の立場と、多くの韓国系アメリカ人が必ず直面する「どちらの韓国から来たのですか?」という問題を鑑みてつけられた。NoSoはアジア系アメリカ人であることから生じる不安やフラストレーションを間接的に突きつけ、最後にはそれを疎外された人々への癒しのように感じさせるのだ。『Stay Proud Of Me』が持つパワーは、NoSoの普遍的な優しさと、多くの人の心に影響を与える特異な視点に由来する。その歌詞と魅惑的なギター・プレイの融合は、幻想的な新領域への扉を開くかのように感じられ、ある瞬間には自分を壊し、次の瞬間には喜びで満たしてくれるような正直な感情によって導かれる。NoSoはUSCの音楽学部(Remi Wolf、Muna、King Princessと同じプログラム)を卒業し、2019年にはNPRのTiny Desk Contestのファイナリストとなった。シングル「Suburbia」は、2021年秋にNPRのAll Songs Consideredで取り上げられた曲で、NoSoが育った白人が多いシカゴ郊外にインスパイアされたものだ。NoSoはまた、アルバムのハイライトであるダークでグルーヴィーな「Honey Understand」も既にリリースしており、これは、隔離中に寝る前に自分で毎晩書いていた「ものすごくメロドラマティックな脚本」にインスパイアされたものだ。




2022-04-08 : Partisan Records :

■NOSO | 米ロサンジェルスをベースに活動する韓国系アメリカ人アーティスト、ノーソー。NPR「タイニー・デスク・コンテスト」のファイナリストによるデビュー・アルバム『ステイ・プラウド・オブ・ミー』、パルチザン・レコード(アイドルズ、フォンテインズD.C.、ローラ・マーリング)よりリリース。アルバムより「David」のビデオを公開。



NoSo - David (Official Video)


LAを拠点に活動するノンバイナリーの韓国系アメリカ人アーティスト、NoSo(本名:Abby Hwong)は、7月8日にPartisan Recordsからデビュー・アルバム『Stay Proud Of Me』をリリースする。NoSoはこのアルバムの大半を自分の寝室で隔離期間中に一人で書き、レコーディングした。また、その過程でギター以外の楽器も勉強した。その結果が、NoSoの世界を豊かに紹介するこの深く切実な青春物語だ。NoSoとはNorth/Southの略語で、韓国の立場と、多くの韓国系アメリカ人が必ず直面する「どちらの韓国から来たのですか?」という問題を鑑みてつけられた。NoSoはアジア系アメリカ人であることから生じる不安やフラストレーションを間接的に突きつけ、最後にはそれを疎外された人々への癒しのように感じさせるのだ。『Stay Proud Of Me』が持つパワーは、NoSoの普遍的な優しさと、多くの人の心に影響を与える特異な視点に由来する。その歌詞と魅惑的なギター・プレイの融合は、幻想的な新領域への扉を開くかのように感じられ、ある瞬間には自分を壊し、次の瞬間には喜びで満たしてくれるような正直な感情によって導かれる。NoSoはUSCの音楽学部(Remi Wolf、Muna、King Princessと同じプログラム)を卒業し、2019年にはNPRのTiny Desk Contestのファイナリストとなった。シングル「Suburbia」は、2021年秋にNPRのAll Songs Consideredで取り上げられた曲で、NoSoが育った白人が多いシカゴ郊外にインスパイアされたものだ。NoSoはまた、アルバムのハイライトであるダークでグルーヴィーな「Honey Understand」も既にリリースしており、これは、隔離中に寝る前に自分で毎晩書いていた「ものすごくメロドラマティックな脚本」にインスパイアされたものだ。




2022-03-31 : Partisan Records :

■SUN'S SIGNATURE | Cocteau Twinsのヴォーカリスト、Elizabeth Fraserとパーカッショニスト、Damon Reeceによるプロジェクト、Sun's Signature。レコード・ストア・デイのエクスクルーシヴでデビューEPをPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)よりリリース。



2022.4.23 ON SALE

Cocteau Twinsのヴォーカリスト、Elizabeth Fraserとパーカッショニスト、Damon Reeceによるプロジェクト、Sun's Signature。レコード・ストア・デイのエクスクルーシヴでデビューEPをPartisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)よりリリース。

RSD_2022.png
■アーティスト:SUN'S SIGNATURE
■タイトル:SUN'S SIGNATURE - EP (RSD)
■品番: PTKF3015-1[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side A)
1. Underwater
2. Golden Air
(Side B)
1. Bluedusk
2. Apples
3. Make Lovely The Day

Sun’s SignatureはCocteau Twinsのヴォーカリスト、Elizabeth Fraserとパーカッショニスト、Damon Reeceによるプロジェクトだ。人生と音楽のパートナーである彼らによるセルフ・タイトルのデビューEP『Sun's Signature』は、Partisan Records(IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling他)より2022年4月にリリースされる。高度に進化しながらもプライマルであるこの作品は、完全なオリジナルで説得力のあるジャンルレスな曲のコレクションだ。




2022-03-16 : Partisan Records :

■NOSO | Partisan Recordsと契約したNoSo、新曲「Honey Understand」をリリース。

NoSo - Honey Understand Cover Art

Honey Understand (Lyric Video)


>>> https://noso.lnk.to/honey

Partisan Records(Laura Marling、IDLES、Fontaines D.C.)と契約したNoSo(本名Abby Hwong)が、新曲「Honey Understand」を公開した。この曲は、NoSoが今年末にリリース予定のデビュー・アルバムのプレビューとなるものだ。AbbyはLAを拠点に活動する韓国系アメリカ人で、ノンバイナリーのミュージシャン/ソングライターだ。NoSoというステージネームは、North/Southの略語となる。NoSoはUSCの音楽課を卒業し(Remi WolfやMunaと同じプログラム)、2019年にはTiny Deskのコンテストのファイナリストになった。今春、Yumi ZoumaのUSツアーのサポートとしてプレイする。




続きを読む

2022-01-27 : Partisan Records :

■BODY MEAT | Partisan Records、Pitchforkも絶賛するフィラデルフィアのマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Body Meat(本名、Christopher Taylor)と契約。最新EP『Year Of The Orc』をヴァイナルでリリース。



2021.12.3 ON SALE

Partisan Records、Pitchforkも絶賛するフィラデルフィアのマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Body Meat(本名、Christopher Taylor)と契約。最新EP『Year Of The Orc』をヴァイナルでリリース。

 
■アーティスト:BODY MEAT
■タイトル:YEAR OF THE ORC
■品番:BODYMEATYOT01[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Twigs
2. This is Something
3. 4700
4. My Brother Orchestral
5. ULTIMA
6. Stand By
7. Ghost

「Body Meatは現在の音楽言語を使用して、将来の可能性を示している」(Pitchfork)
Partisan Recordsはフィラデルフィアをベースとするマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Body MeatことChristopher Taylorと契約。EP『Year Of The Orc』をヴァイナルでリリースする。『Year Of The Orc』はジャンルを超えたマスタークラスだ。Taylorのフィラデルフィアのアパートで書かれ、レコーディングされたこの作品は、高く評価される2019年のEP『Truck Music』に準拠する。Taylorは現在、Partisan Recordsから初となるフルレングスのアルバムをレコーディング中である。




2021-11-18 : Partisan Records :

■EMEL | エメル、「Holm (Mina Edward Remix)」、リリース。初来日公演決定。11月よりジャパン・ツアー、スタート。





>>> https://emel.lnk.to/holmrmx

【エメル/ジャパン・ツアー】
2021年
11/24(水)18:30:新宿文化センター大ホール
11/25(木)18:30:中野サンプラザホール
11/29(月)18:30:旭川市民文化会館大ホール
11/30(火)18:30:カナモトホール(札幌市民ホール)
12/2(木)18:30:キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
12/3(金)18:30:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
12/5(日)14:00:長岡市立劇場大ホール
12/6(月)18:30:神奈川県民ホール
12/8(水)14:30/18:30:NHK大阪ホール
12/9(木)15:00:習志野文化ホール
12/10(金)18:30:新潟テルサ
(問い合わせ)
一般財団法人 民主音楽協会
TEL:03-5362-3430
>>> https://www.min-on.or.jp/special/2021/emel/

エメル ジャパン・ツアー | 2021年11~12月、待望の初来日ツアー


【EMEL/エメル】
チュニジア出身のシンガー・ソングライター。現在はアメリカ・ニューヨークを拠点に活動。幼少期からアラブ音楽や西洋のクラシック音楽をはじめ、英米のプロテストフォークやロックまで幅広く親しみ、10歳で作曲を始める。一度聴くと忘れられなくなる哀愁を帯びた歌声とメッセージ性の強い歌詞、アラブ音楽から英米のポップスまでを網羅し昇華させた音楽性により、次第に注目を集める存在となる。2008年、チュニジアで彼女の曲が放送禁止になったことをきっかけに、フランス・パリに移住し、ライブ活動を続ける。2010年『わたしの言葉は自由』が、チュニジアの「ジャスミン革命」のアンセムとなり、エメルは「革命の声」と称された。2015年、ノーベル平和賞受賞式に招待され『わたしの言葉は自由』を歌唱。アラブ人女性が同式で歌うのは史上初。




続きを読む

2021-10-13 : Partisan Records :

■EMEL | チュニジアが生んだ希望の歌姫、エメル、初来日公演決定。ライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning (Live)』、デジタル・リリース。



NOW ON SALE

チュニジアが生んだ希望の歌姫、エメル、初来日公演決定。ライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning (Live)』、デジタル・リリース。


■アーティスト:EMEL(エメル)
■タイトル:EVERYWHERE WE LOOKED WAS BURNING (LIVE)
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■収録曲目:
1. Rescuer
2. This Place
3. Ana Wayek
4. Merrouh
5. Footsteps
6. Lost
7. Ensen Dhaif
8. Ma Lkit
9. Thamlaton
10. Everywhere We Looked Was Burning

●チュニジアで生まれ、ニューヨークを拠点として活動するエクスペリメンタル・シンガー、EmelはPartisan Recordsより新しいライヴ・アルバム『Everywhere We Looked Was Burning (Live)』をデジタル・リリースした。この作品はCOVID-19によるパンデミックの直前のヨーロッパ・ツアー中にレコーディングされた。2019年にPartisan RecordsよりリリースされたEmelのアルバム『Everywhere We Looked Was Burning』は、ほぼ英語で歌われたEmelの最初のアルバムで、キャリア史上、最高のレヴューの多くを獲得。NPRは彼女を「21世紀の変化の触媒」と評した。2020年にはアルバム『The Tunis Diaries』をリリース。これは、自身のカタログから新たにレコーディングされた楽曲とカヴァー曲を収録した2部構成のアルバムであった。
●「Kelmti Horra(わたしの言葉は自由)」を歌うヴィデオが2011年、チュニジアの「ジャスミン革命」を通し何百万もの視聴回数を獲得し、Emelは名声を博した。この曲はアラブの春のアンセムとなり、2015年、彼女はノーベル平和賞受賞式に招待され、同曲を歌った。Emelはこの秋からヨーロッパと日本をツアーする。

【エメル/ジャパン・ツアー】
2021年
11/24(水)18:30:新宿文化センター大ホール
11/25(木)18:30:中野サンプラザホール
11/29(月)18:30:旭川市民文化会館大ホール
11/30(火)18:30:カナモトホール(札幌市民ホール)
12/2(木)18:30:キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
12/3(金)18:30:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
12/5(日)14:00:長岡市立劇場大ホール
12/6(月)18:30:神奈川県民ホール
12/8(水)14:30/18:30:NHK大阪ホール
12/9(木)15:00:習志野文化ホール
12/10(金)18:30:新潟テルサ
(問い合わせ)
一般財団法人 民主音楽協会
TEL:03-5362-3430
>>> https://www.min-on.or.jp/special/2021/emel/

エメル ジャパン・ツアー | 2021年11~12月、待望の初来日ツアー


【EMEL/エメル】
チュニジア出身のシンガー・ソングライター。現在はアメリカ・ニューヨークを拠点に活動。幼少期からアラブ音楽や西洋のクラシック音楽をはじめ、英米のプロテストフォークやロックまで幅広く親しみ、10歳で作曲を始める。一度聴くと忘れられなくなる哀愁を帯びた歌声とメッセージ性の強い歌詞、アラブ音楽から英米のポップスまでを網羅し昇華させた音楽性により、次第に注目を集める存在となる。2008年、チュニジアで彼女の曲が放送禁止になったことをきっかけに、フランス・パリに移住し、ライブ活動を続ける。2010年『わたしの言葉は自由』が、チュニジアの「ジャスミン革命」のアンセムとなり、エメルは「革命の声」と称された。2015年、ノーベル平和賞受賞式に招待され『わたしの言葉は自由』を歌唱。アラブ人女性が同式で歌うのは史上初。




2021-10-13 : Partisan Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム