fc2ブログ

■FONTAINES D.C. | 【『Skinty Fia』で問う、アイルランド人らしさとは?】 フォンテインズD.C.、ベーシストのコナー・ディーガン3世の最新インタビューがBELONG Mediaに掲載。ニュー・アルバム『スキンティ・フィア』発売中。





続きを読む

スポンサーサイト



2022-06-13 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、発売中のニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア) 』より、「Roman Holiday」のビデオを公開。



Fontaines D.C. - Roman Holiday (Official Video)


RomanHoliday_Poster.jpg



Fontaines D.C.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。
※アーティストの都合により出演キャンセルとなりました。(https://www.fujirockfestival.com/news/detail/4296




続きを読む

2022-06-07 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、ニューAL『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』がUKアルバム・チャート1位、アイルランド・アルバム・チャート1位を獲得。VoのGrian Chattenによるアルバム全曲解説がRolling Stone Japanに掲載。 FUJI ROCK FESTIVAL '22出演。





「Fontaines D.C.の最高傑作」- Rolling Stone ★★★★★
「インスタント・クラシック」- The Times ★★★★★
「息を呑むようなコレクション」- NME ★★★★★
「自分たちの進むべき道がはっきりしたバンド」- DIY ★★★★★
「Fontaines D.C.はここに留まるだけではなく、支配するためにここにいることを証明する」- The Line Of Best Fit (10/10)
「彼らはこれまでの最高傑作を作った」- Dork ★★★★★
「Fontaines D.C.はますます良くなっている」- The i Paper ★★★★★ (Album of the Week)
「この時代の最も重要なグループのもう一つの勝利」- Record Collector
「今世紀最もスリリングなギター・バンドの一つ」- Mr. Porter
「ファンタスティックなアルバム」– Uncut
「巨大なパワーと目的を持ったもうひとつの作品」- The Telegraph

NME (★★★★★)
DIY (★★★★★)
The Times (★★★★★)
Rolling Stone (★★★★★)
The i Paper (★★★★★)
Evening Standard (★★★★)
Daily Express (★★★★)
Daily Star (★★★★)
The Guardian (★★★★)
Upset (★★★★★)
Dork (★★★★★)
The Line of Best Fit (10/10)
Uncut (9/10)
Sunday Times Culture (★★★★ & Album of the Week)
Record Collector (★★★★)
MOJO (★★★★)
Loud and Quiet (9/10)
Louder Than War (9/10)
CLASH (8/10)
Gigwise (9/10)
Examiner (★★★★★)
Irish Times (★★★★)
Pitchfork (8/10)

Fontaines D.C. on winning Best Band in the World at the BandLab NME Awards 2022: "About time!"




Fontaines D.C.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定!


続きを読む

2022-04-30 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、Late Night with Seth Meyers、出演。「Nabokov」をプレイ。UKアルバム・チャート、1位。アイルランド・アルバム・チャート、1位。ニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』、発売中。FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演。



Fontaines D.C.: Nabokov (Late Night with Seth Meyers)






Fontaines D.C.、Late Night with Seth Meyers、出演。「Nabokov」をプレイ。UKアルバム・チャート、1位。アイルランド・アルバム・チャート、1位。ニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』、発売中。FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演。

「Fontaines D.C.の最高傑作」- Rolling Stone ★★★★★
「インスタント・クラシック」- The Times ★★★★★
「息を呑むようなコレクション」- NME ★★★★★
「自分たちの進むべき道がはっきりしたバンド」- DIY ★★★★★
「Fontaines D.C.はここに留まるだけではなく、支配するためにここにいることを証明する」- The Line Of Best Fit (10/10)
「彼らはこれまでの最高傑作を作った」- Dork ★★★★★
「Fontaines D.C.はますます良くなっている」- The i Paper ★★★★★ (Album of the Week)
「この時代の最も重要なグループのもう一つの勝利」- Record Collector
「今世紀最もスリリングなギター・バンドの一つ」- Mr. Porter
「ファンタスティックなアルバム」– Uncut
「巨大なパワーと目的を持ったもうひとつの作品」- The Telegraph

NME (★★★★★)
DIY (★★★★★)
The Times (★★★★★)
Rolling Stone (★★★★★)
The i Paper (★★★★★)
Evening Standard (★★★★)
Daily Express (★★★★)
Daily Star (★★★★)
The Guardian (★★★★)
Upset (★★★★★)
Dork (★★★★★)
The Line of Best Fit (10/10)
Uncut (9/10)
Sunday Times Culture (★★★★ & Album of the Week)
Record Collector (★★★★)
MOJO (★★★★)
Loud and Quiet (9/10)
Louder Than War (9/10)
CLASH (8/10)
Gigwise (9/10)
Examiner (★★★★★)
Irish Times (★★★★)
Pitchfork (8/10)

Fontaines D.C. on winning Best Band in the World at the BandLab NME Awards 2022: "About time!"





続きを読む

2022-04-30 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | UKアルバム中間チャート、1位。アイルランド・アルバム中間チャート、1位。ニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』、発売中。FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演。



「Fontaines D.C.の最高傑作」- Rolling Stone ★★★★★
「インスタント・クラシック」- The Times ★★★★★
「息を呑むようなコレクション」- NME ★★★★★
「自分たちの進むべき道がはっきりしたバンド」- DIY ★★★★★
「Fontaines D.C.はここに留まるだけではなく、支配するためにここにいることを証明する」- The Line Of Best Fit (10/10)
「彼らはこれまでの最高傑作を作った」- Dork ★★★★★
「Fontaines D.C.はますます良くなっている」- The i Paper ★★★★★ (Album of the Week)
「この時代の最も重要なグループのもう一つの勝利」- Record Collector
「今世紀最もスリリングなギター・バンドの一つ」- Mr. Porter
「ファンタスティックなアルバム」– Uncut
「巨大なパワーと目的を持ったもうひとつの作品」- The Telegraph

NME (★★★★★)
DIY (★★★★★)
The Times (★★★★★)
Rolling Stone (★★★★★)
The i Paper (★★★★★)
Evening Standard (★★★★)
Daily Express (★★★★)
Daily Star (★★★★)
The Guardian (★★★★)
Upset (★★★★★)
Dork (★★★★★)
The Line of Best Fit (10/10)
Uncut (9/10)
Sunday Times Culture (★★★★ & Album of the Week)
Record Collector (★★★★)
MOJO (★★★★)
Loud and Quiet (9/10)
Louder Than War (9/10)
CLASH (8/10)
Gigwise (9/10)
Examiner (★★★★★)
Irish Times (★★★★)
Pitchfork (8/10)




Fontaines D.C.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。




続きを読む

2022-04-26 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、今週4月22日(金)に世界同時発売されるニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』より、シングル「Roman Holiday」を公開。FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。



Fontaines D.C. - Roman Holiday (Official Lyric Video)


3月2日におこなわれたNME Awards 2022 (NMEアワーズ2022)で「Best Band In The World(最優秀バンド・イン・ザ・ワールド)」を獲得。現在アクティヴなバンドの中でナンバーワンの地位を得た彼らは、ニュー・シングル「Roman Holiday」をリリースする。4月22日に世界同時発売されるニュー・アルバム『Skinty Fia』から「Jackie Down The Line」、「I Love You」、「Skinty Fia」に続く4枚目のシングルとなる同曲は、ロンドンに移ったフロントマン、Grian Chattenがアイルランド人としてこの街を受け入れてきた経験を振り返り、アイデンティティと帰属意識をめぐるアルバムの切実なテーマをさらに掘り下げ、アイルランド人と友人のコミュニティで見つけた仲間意識を讃える歌詞となっている。既報の通り、今夏、Fontaines D.C.はFUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)へ出演する。





Selected praise for Fontaines D.C. and Skinty Fia so far:
“An instant classic of an album” - The Times (5/5)
“This is Fontaines D.C.’s best album yet.” – Rolling Stone UK (5/5)
“They’ve made their best album yet” – Dork (5/5)
“the band’s ability to spin a tongue-in-cheek turn of phrase into an anthemic chant-along is as strong as it’s ever been” – Upset (5/5)
“Very few rock bands are doing hooks as well as they are right now” – DIY (5/5)
“It’s a fantastic album” – Uncut (9/10)
“Fontaines D.C. sound full of new life” – MOJO (4/5)
“It’s clear just how acute this band’s understanding of the balance between art and heart has become” – MOJO (4/5)
“Skinty Fia is another triumph for this era’s most vital group.” – Record Collector (4/5 – New Album Of The Month)

Fontaines D.C. on winning Best Band in the World at the BandLab NME Awards 2022: "About time!"


Roman Holiday
Baby come on get stoned get stoned
Get inside it inside it inside it inside
Get along get along get alone get alone
Heard about the week on the Dalymount seat yeah

Baby come on ‘fore the going gets gone
Heard you lied to the Major
Won’t be long
Well I wish upon a wedding for a picture in the star
When they knock for ya don’t forget who you are
Skinty Fia

Baby come on whose side are you on?
I don’t wanna see the queen
I already sing her song
While they’re snuffing out hopes and they’re blotting out suns
They claim to know the form in which genius comes

Baby come on get your high heels on
It’s the body is cold
It’s the course is run
What artless living all this soft pain thrills
What calamities usher all our brilliance to the hills!
Can you feel it?

Baby come on get stoned get stoned
Get inside it inside it inside it inside
Get along get along get alone get alone
Was it the weed or the moment that stoned ye?

Baby come on get the hourglass on
I will dart into town - no I won’t be long
If the talk’s getting cold, we’ll be chancing none
Well you know what I’m saying
Our day will come

Can you feel it?

Won’t be long

ベイビー、おいでよ、ハイになろうぜ、ハイに
中に入りなよ、さあ、中へ中へ
うまくやっていこうよ、何とかうまいこと、2人で、2人して
ダリ―マウント・パーク・スタジアムのその週の顛末は聞いたよ

ねえ、おいでって、早くしないと乗り遅れるぜ
お偉いさんを担いでやったんだって?
もうすぐだよ
そうだよ、結婚式には星の中に描かれた美しいヴィジョンが現実になるようにお祈りするんだ
奴等が訊ねてきても自分が何者であるかを忘れるな
スキンティ・フィア*

ベイビー、それで君はどっち側の人間なの?
俺は女王なんかに会いたかないよ
あの女の歌まで歌ってやってんだぜ
あいつらは希望の芽をことごとく摘んで太陽の光を残らず遮断しておきながら
天才を育成するための環境作りって言い張るんだ

ベイビー 、さあハイヒールを履いて
寒いのは身体が冷えてるから
続いていくのは道があるから
冒険心がなさすぎるじゃないか、この柔らかな痛みがたまらなくスリルなのに
災難が転じて俺達の輝かしい才能を高みへと導いてくれるって!!
君は感じないの?

ベイビー、おいでよ、ハイになろうぜ、ハイに
中に入りなよ、さあ、中へ中へ
うまくやっていこうよ、何とかうまいこと、2人で、2人して
キマッてるのはハッパのせい? それともあの瞬間のせい?

ベイビー、今から砂時計をセットして
今すぐ街に飛んで行くよ、大丈夫、すぐに行くから
会話が冷え切ってるならそれ以上追求するのはやめにしようぜ
そうだよ、わかるだろ
俺達の時代が来るんだ

君も感じるだろう?

もうすぐだよ

*スキンティ・フィア:
アイルランド語で直訳は「鹿の天罰」。ごく稀に「おや、まあ」、「畜生、なんてこった」的なニュアンスを含んだ罵り言葉の代用として感嘆詞のような使い方もされる。

対訳: 竹澤彩子




続きを読む

2022-04-20 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | 【新作『Skinty Fia』で挑んだサウンド、アイルランド人としてのアイデンティティー】 フジロック'22出演決定!4/22に待望のニュー・アルバム『スキンティ・フィア』をリリースするフォンテインズD.C.の最新インタビューがMikikiに掲載。







Fontaines D.C.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定!

続きを読む

2022-04-19 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。






Fontaines D.C.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。2022年4月22日、待望のサード・アルバム『Skinty Fia』をリリース。




続きを読む

2022-04-01 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、4/22にリリースされるニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』より、サード・シングル「Skinty Fia」をリリース。ビデオも公開。



Fontaines D.C. - Skinty Fia (Official Video)


2022年2月、Fontaines D.C.は、4月22日にPartisan Recordsからリリースされる待望のニュー・アルバム『Skinty Fia』より、セカンド・シングル「I Love You」をリリース。ワールドワイドで高い評価を博し、ファースト・シングル「Jackie Down The Line」と共に、バンドのサード・アルバムに対する興奮を広く呼び起こさせた。また、3月2日におこなわれたNME Awards 2022 (NMEアワーズ2022)では「Best Band In The World(最優秀バンド・イン・ザ・ワールド)」を獲得。ナンバーワン・バンドとしての不動の地位を得た彼らは、時を置かず、アルバムからサード・シングル「Skinty Fia」をリリースする。

「Skinty Fia」はアイルランド語で、英語に訳すと「the damnation of the deer(鹿の天罰)」となり、失望や苛立ちを表すのに使われる。また、同名のアルバムのカバーには、自然の生息地から連れてこられ、人工の赤い光に照らされた家の廊下に置き去りにされた鹿が描かれている(大きな鹿はアイルランドでは絶滅種)。この曲はアルバムのアンカーとして機能し、バンドは新しい音楽的領域を探求。一方で、最近ロンドンに移ったことで直面したアイルランド・アイデンティティに対する考えを、パラノイア、アルコール、ドラッグによって破滅するというレンズを通して追求している。

バンドは3月末よりツアーをスタート。その中には、2019年以来となるアメリカ・ツアーも含まれ、その多くはソールド・アウト。一部の会場はアップグレードされている。また、GlastonburyやLatitudeへの出演もアナウンスされている。

Fontaines D.C. on winning Best Band in the World at the BandLab NME Awards 2022: "About time!"

>>> https://www.nme.com/news/music/fontaines-d-c-win-best-band-in-the-world-bandlab-nme-awards-2022-3172534

Skinty Fia

Does you really don’t know where the avenuers go
Are you lying through your teeth or are they paying through your nose
A set of manners and a smile is all they want you for
But we can talk about it later
You can read it in the paper

I hated you away from the very start
I seen you sticking to your smile - it’s gone and broken my heart
Now the wind is making work of every step on the bridge
You say “I used to say we found each other - now I don’t know
Where he is”

You get that feel - make your spirit shine
I let her prize apart my ribcage like a crackhead at the blinds
- It hurt
But come the downing of a scrapyard sun
There is no light falls on our failure
It ain’t covered in the paper

Well I really don’t care what you think of me
But something gears me to the grovel every opportunity
I’ve got that jealous stripe
- I probably am that type
I’ll see you twenty Mary’s later
When your tongue is talking straighter

Heard he took ‘em all down to the mercenary bar
I heard she broke up with her fella now he’s drinkin’ in his car
- nah
I’m not inclined towards the scandalous word
But on the subject of myself I do believe what I’ve heard

There is a track beneath the wheel and it’s there till we die
She says “I don’t agree with nothing” I say “Neither do I”
- Go to sleep
There’s not a thing can’t be fixed with a dream
And we can talk about it later
You can read it in the paper

I bet ya
I bet ya
You had your smile
You had your smile
For the open mile
I bet ya I bet ya
You had your smile, your face defile
For the open mile
I bet ya I bet ya
I bet you now
I bet ya I bet ya
I bet you now
I bet ya I bet ya
I bet ya
I bet you now

あの華やかに街を練り歩いてる集団がどこに向かってるのかマジで何も知らないの?
あんたが口から出まかせを言ってるんでないとしたら、奴らが高すぎるツケを払うためにあんたをカモにしてるってこと?
一通り礼儀に従って笑ってればそれで受け入れてくれるんだから

詳しい話は後ですればいい
何だったら新聞で読めばいい

最初に会ったときからずっとあんたのことが嫌いだったよ
いつも笑顔をぶら下げて、それがすっかり消え失せてしまうなんて、俺も胸が痛んだよ
橋渡しの作業も今じゃ風まかせ
「昔はお互いに出会えたねって言ってたけど、今はどうだろう、あの人が今どこにいるのかも知らないや」なんてさ

わかるだろ、あの魂が輝くような感覚が
俺の胸骨は彼女のいいように打ち砕かれてまるで窓際のブラインドのクラック中毒者のように
- そりゃ、痛むさ
屑鉄置き場にお粗末な太陽が降り立ったとしても
俺達の挫折に光が差すはずもなく
包装紙に包まれてもいない 

っていうか、あんたが俺のことをどう思ってようがどうだっていいんだよ
それなのに何かのスイッチが入っていちいち卑屈な態度に出ちゃうんだよな
こっちは誰もが羨むような紋章を身につけてるんだぜ
- 自分はもしかしてそっち寄りの人間なのかも
- 20代目のメアリーが誕生する頃に再会しようぜ
あんたがもっと腹を割って話せるようになってるなら

あいつはあの後みんなをぼったくりバーに連れていったんだってね
彼女は前の男とはもう別れたらしいね
そんで今その男は自分の車の中で酔っぱらってるんだってさ
いや、やめとくよ
噂話や陰口の類には興味ないんで
それなのに自分に関する話になると途端に信じるんだよな

車輪の下の轍は俺達が死ぬまで消えることはない
彼女は「何一つとして同意しない」って言うけど、「そこは俺も同意だね」
- もう寝なよ
眠って解決できない問題なんてないんだから
詳しい話は後ですればいい
何だったら新聞で読めばいい

たしかに
そうだよ
あんたは笑顔を浮かべてたじゃないか
あんたのあの笑顔だよ 
満面に広がる
たしかにそうだ
あんたのあの笑顔だよ、よく恥ずかし気もなく
満面に広がる
たしかにそうだ
信用できたもんじゃないけどな
そうだよ、どうかと思うけどな
信用できたもんじゃないけどな
そうだよ、どうかと思うけどな
たしかにそうだ
信用できたもんじゃないけどな

対訳: 竹澤彩子



続きを読む

2022-03-22 : Fontaines D.C. :

■FONTAINES D.C. | フォンテインズD.C.、NMEアワーズ2022「最優秀バンド・イン・ザ・ワールド(Best Band In The World)」獲得。ニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』、4/22、リリース。6月にはGlastonbury Festival、7月には Latitudeに出演。



FONTAINES D.C.、NMEアワーズ2022「最優秀バンド・イン・ザ・ワールド(Best Band In The World)」獲得。ニュー・アルバム『SKINTY FIA(スキンティ・フィア)』、4/22、リリース。6月にはGlastonbury Festival、7月には Latitudeに出演。

Fontaines D.C. on winning Best Band in the World at the BandLab NME Awards 2022: "About time!"




続きを読む

2022-03-08 : Fontaines D.C. :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム