fc2ブログ

■NATION OF LANGUAGE | ネイション・オブ・ランゲージ、The Late Show with Stephen Colbert、出演。「Across That Fine Line」をプレイ。ニュー・アルバム『A WAY FORWARD(ア・ウェイ・フォワード)』、発売中。



Nation of Language "Across That Fine Line"


"They've delivered a true modern-day classic of the synth-pop genre." - NME ★★★★★

“A Way Forward is Nation of Language at their best and boldest.” - Gigwise 8/10

“There are nods to the early 80s, like Depeche Mode." - BBC6 Music, Steve Lamacq

“Shades of OMD and Depeche Mode in the Brooklynites’ wonderfully solemn piece of retro electro-pop.” - The Times

“Synth pop that is inspired equally by M83 and William Basinski, the group's songwriting has a clinical edge... marked by glorious restraint.” - CLASH

"'Across That Fine Line' brings a whole new level of confidence to their ‘80s-inspired sound.” - Consequence

“Let’s just call it. It’s the Album of the Year.” - John Richard, KEXP




続きを読む

スポンサーサイト



2022-01-20 : Play It Again Sam :

■QUINN CHRISTOPHERSON | Quinn Christopherson、「Loaded Gun」のパフォーマンス・ビデオを公開。

Quinn Christopherson - Bubblegum

Quinn Christopherson - Loaded Gun (Live at St. Pancras Old Church, London)





2022-01-07 : Play It Again Sam :

■NATION OF LANGUAGE | NME ★★★★★、Gigwise 8/10。ネイション・オブ・ランゲージのニュー・アルバム『A WAY FORWARD(ア・ウェイ・フォワード)』、11/17、リリース。



"They've delivered a true modern-day classic of the synth-pop genre." - NME ★★★★★

“A Way Forward is Nation of Language at their best and boldest.” - Gigwise 8/10

“There are nods to the early 80s, like Depeche Mode." - BBC6 Music, Steve Lamacq

“Shades of OMD and Depeche Mode in the Brooklynites’ wonderfully solemn piece of retro electro-pop.” - The Times

“Synth pop that is inspired equally by M83 and William Basinski, the group's songwriting has a clinical edge... marked by glorious restraint.” - CLASH

"'Across That Fine Line' brings a whole new level of confidence to their ‘80s-inspired sound.” - Consequence

“Let’s just call it. It’s the Album of the Year.” - John Richard, KEXP




続きを読む

2021-11-05 : Play It Again Sam :

■NATION OF LANGUAGE | ネイション・オブ・ランゲージ、11月にリリースされるセカンド・アルバム『A WAY FORWARD(ア・ウェイ・フォワード)』より、「The Grey Commute」のビデオを公開。



Nation of Language - The Grey Commute [Official Music Video]


ブルックリンのNation of Languageはニュー・シングル/ヴィデオ「The Grey Commute」で、大金持ちと共に自由な資本主義の不条理と巨大企業の自己利益について考える。「ある意味、「The Grey Commute」はレコードの中で最も明るい曲の1つだが、実際には、はるかに憂鬱なものから生まれた。歌詞を書いていた時、僕はひどい税制や無意味な消費への中毒について固執していた。そして、それらは、このパンチの効いた、ある種楽し気な曲に一層された」とソングライター/ヴォーカリストのIan Devaneyは語る。このトリオは [PIAS]とのワールドワイドの契約を発表。待望のセカンド・アルバム『A Way Forward』は11月にPlay It Again Samよりリリースされる。

“There are nods to the early 80s, like Depeche Mode." - BBC6 Music, Steve Lamacq

“Shades of OMD and Depeche Mode in the Brooklynites’ wonderfully solemn piece of retro electro-pop.” - The Times

“Synth pop that is inspired equally by M83 and William Basinski, the group's songwriting has a clinical edge... marked by glorious restraint.” - CLASH

"'Across That Fine Line' brings a whole new level of confidence to their ‘80s-inspired sound.” - Consequence

“The phantoms of the best '80s pop band that never was, Brooklyn's Nation of Language continue to prove they are incapable of writing a bad song.” - Gigwise

“Nation Of Language have unearthed a vibrant space of their own.” - NME (4 Stars)

“The synth-pop group offers a remarkably assured debut, with 10 pristine pieces that eschew dramatics for concision.” - Pitchfork

“ (Ian) Devaney dreamt up an early years greatest hits for an artist that never existed.” - Stereogum (Album Of The Week)




続きを読む

2021-10-21 : Play It Again Sam :

■KAY YOUNG | ロンドンをべースとするアーティスト/ラッパー/プロデューサー、Kay Young、ニューEP『This Here Feels Good』をPlay It Again Samよりリリース。「I've Got You Ft. JNR WILLIAMS」のビデオを公開。

Kay Young - Ive Got You Ft JNR WILLIAMS

Kay Young - I've Got You Ft. JNR WILLIAMS (Official Video)


>>> https://kayyoung.ffm.to/thfg

Praise for Kay Young

“uplifting groove” - The Fader
“pertinent, powerful lyrics” - Cool Hunting
“Young will undoubtedly keep shining” - Line of Best Fit
“Pure and bright promise.” - Beats Per Minute
“Kay Young finds a balance between smooth vocals and hard-hitting lyrics” - Gigwise
“one of the UK’s most promising up and coming talents.” - Alfitude
“...an extremely exciting future ahead.” - CLASH




2021-10-11 : Play It Again Sam :

■NATION OF LANGUAGE | 自主リリースしたデビュー・アルバムが高い評価を獲得した米ブルックリンのインディ・ポップ・バンド、ネイション・オブ・ランゲージ。クラウトロックや初期のエレクトロニック・ミュージックにインスパイアされたセカンド・アルバム『ア・ウェイ・フォワード』、リリース。



2021.11.17 ON SALE

自主リリースしたデビュー・アルバムが高い評価を獲得した米ブルックリンのインディ・ポップ・バンド、ネイション・オブ・ランゲージ。クラウトロックや初期のエレクトロニック・ミュージックにインスパイアされたセカンド・アルバム『ア・ウェイ・フォワード』、リリース。


■アーティスト:NATION OF LANGUAGE(ネイション・オブ・ランゲージ)
■タイトル:A WAY FORWARD(ア・ウェイ・フォワード)
■品番:PIASR1270CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. In Manhattan
2. Across That Fine Line
3. Wounds of Love
4. Miranda
5. The Grey Commute
6. This Fractured Mind
7. Former Self
8. Whatever You Want
9. A Word & A Wave
10. They’re Beckoning

Nation of Language - A Word & A Wave [Official Lyric Video]


Nation of Language - This Fractured Mind [Official Music Video]


Nation of Language - Wounds of Love [Official Lyric Video]


Nation of Language - Across That Fine Line [Official Lyric Video]


最初のレコードと『A Way Forward』の制作プロセスは異なっていた。2020年にリリースされたファースト・アルバム『Introduction, Presence』はアイデア不足ではなくリソース不足の為、制作に4年を要した。バンドはOMDや初期のパンク/ニューウェイヴから多くのインスピレーションを得、Nation of Languageは何であるかについての明確なヴィジョンを持っていた。2021年11月5日にリリースされるセカンド・アルバム『A Way Forward』は全く異なったレコーディング体験をもたらした。ファーストの評判は想像していたものよりもはるかに優れていたので、自らを信頼して本能に従うのが最善と感じ、バンドはリラックスして自信を持って作業を進めた。はるかに短時間でレコーディングは行われたので、シングルのコレクションというよりも、本来のアルバムとして作品は完成した。収録曲のいくつかは、前作同様、Abe Seiferthとレコーディングを行ったが、数曲はブルックリンのスタジオでNick Millhiser(Holy Ghost!)が手掛けた。当時、バンドはKraftwerk、Laurie Spiegel、Cluster等をよく聴いていたので、クラウトロックや初期のエレクトロニック・ミュージックに根差す形でアルバムをまとめ上げた。




2021-10-06 : Play It Again Sam :

■OTHER LIVES | Jesse Tabish率いる米オクラホマのインディ・ロック・バンド、Other Lives。彼らが2011年にリリースさいたセカンド・アルバム『Tamer Animals』が10周年を記念してリイシュー。



2021.10.29 ON SALE

Jesse Tabish率いる米オクラホマのインディ・ロック・バンド、Other Lives。彼らが2011年にリリースさいたセカンド・アルバム『Tamer Animals』が10周年を記念してリイシュー。
●カラー盤、未発表曲のダウンロード・カード封入


■アーティスト:OTHER LIVES
■タイトル:TAMER ANIMALS
■品番:PIASR1235LP[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side A)
1. Dark Horse
2. As I Lay My Head Down
3. For 12
4. Tamer Animals
5. Dust Bowl III
6. Weather
(Side B)
7. Old Statues
8. Woodwind
9. Desert
10. Landforms
11. Heading East

Other LivesはJesse Tabish率いる米オクラホマのインディ・ロック・バンドだ。2004年に結成。Kunekというバンド名で1枚アルバムをリリース後、2009年にOther Livesとしてのデビュー・アルバム『Other Lives』をリリースする。2011年にはセカンド・アルバム『Tamer Animals』をリリース。Radioheadのオープニングをおこなう等、大きな注目を浴び、2015年にはアルバム『Rituals』、2020年には目下の最新作『For Their Love』をリリースした。

PIASR1235_cover2.jpg




2021-10-04 : Play It Again Sam :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム