fc2ブログ

■CUT WORMS | カット・ワームス、新曲「Dream Most Wild」をリリース。

Cut Worms - Dream Most Wild

Cut Worms - Dream Most Wild (Official Audio)





続きを読む

スポンサーサイト



2022-05-26 : Jagjaguwar :

■THEY HATE CHANGE | アンドレとヴォンヌによる米タンパベイのプロダクション/ラップ・デュオ、ゼイ・ヘイト・チェンジ。ジャグジャグウォーよりアルバム『ファイナリー、ニュー』をリリース。 



2021.5.18 ON SALE
CD発売日未定

アンドレとヴォンヌによる米タンパベイのプロダクション/ラップ・デュオ、ゼイ・ヘイト・チェンジ。ジャグジャグウォーよりアルバム『ファイナリー、ニュー』をリリース。 


■アーティスト:THEY HATE CHANGE(ゼイ・ヘイト・チェンジ)
■タイトル:FINALLY, NEW(ファイナリー、ニュー)
■品番:JAG411JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Stuntro
2. Breathing
3. Who Next?
4. Reversible Keys (ft. Vritra)
5. Blatant Localism
6. Coded Language (Interlude)
7. 1000 Horses (ft. SARGE)
8. Little Brother
9. Some Days I Hate My Voice
10. CERTI
11. Perm
12. X-Ray Spex
13. From the Floor (ft. DJ GAY-Z)

They Hate Change - From the Floor (Official Video)


タンパベイのプロダクション/ラップ・デュオ、They Hate Changeは2020年5月、Jagjaguwarからアルバム『Finally, New』をリリースする。DreとVonneが初めて出会ったのは、10代の頃に二人が住んでいたアパートの前だった。インターネット上で曲を探し回っていた子供時代から、彼らは世界中の音楽を何十年にも渡って集め続け、まるで百科事典のような深い音の知識を共有するようになった。それらは、Dreが聴いて育った東海岸のヒップホップや、Vonneのjook(メキシコ湾岸地域からハウスへの返答)やcrank(マイアミ・ベースとバウンス・ミュージックの融合)といったローカルなベース・ミュージックの変種だけではなく、ドラムンベース、シカゴ・フットワーク、ポストパンク、プログレ、グライム、クラウトロック、エモなど、地図上のあらゆるジャンルを網羅している。「インターネットが国境を取り払ったという話を知ってる?このアルバムでは、それが実際にどのような音になるのかがわかる。ヒップホップのレコードにただ音を足しただけではない。このレコードは、あなたが考える最もクールではない街の150平方フィートのベッドルームで作曲、制作、録音されたものだ」とVonneはアルバムについて語る。




2022-03-07 : Jagjaguwar :

■THEY HATE CHANGE | アンドレとヴォンヌによる米タンパベイのプロダクション/ラップ・デュオ、ゼイ・ヘイト・チェンジ。5月にJagjaguwarから発売されるニュー・アルバム『FINALLY, NEW(ファイナリー、ニュー)』より「From the Floor」をリリース。



They Hate Change - From the Floor (Official Video)


タンパベイのプロダクション/ラップ・デュオ、They Hate Changeは2020年5月、Jagjaguwarからアルバム『Finally, New』をリリースする。DreとVonneが初めて出会ったのは、10代の頃に二人が住んでいたアパートの前だった。インターネット上で曲を探し回っていた子供時代から、彼らは世界中の音楽を何十年にも渡って集め続け、まるで百科事典のような深い音の知識を共有するようになった。それらは、Dreが聴いて育った東海岸のヒップホップや、Vonneのjook(メキシコ湾岸地域からハウスへの返答)やcrank(マイアミ・ベースとバウンス・ミュージックの融合)といったローカルなベース・ミュージックの変種だけではなく、ドラムンベース、シカゴ・フットワーク、ポストパンク、プログレ、グライム、クラウトロック、エモなど、地図上のあらゆるジャンルを網羅している。「インターネットが国境を取り払ったという話を知ってる?このアルバムでは、それが実際にどのような音になるのかがわかる。ヒップホップのレコードにただ音を足しただけではない。このレコードは、あなたが考える最もクールではない街の150平方フィートのベッドルームで作曲、制作、録音されたものだ」とVonneはアルバムについて語る。




2022-03-03 : Jagjaguwar :

■S. CAREY | ボン・イヴェールのメンバーとして知られ、スフィアン・スティーヴンスやロウとの活動でも知られるS. キャリー。4年振りとなるアルバム『ブレイク・ミー・オープン』をリリース。



2021.4.27 ON SALE

ボン・イヴェールのメンバーとして知られ、スフィアン・スティーヴンスやロウとの活動でも知られるS. キャリー。4年振りとなるアルバム『ブレイク・ミー・オープン』をリリース。


■アーティスト:S. CAREY(S. キャリー)
■タイトル:BREAK ME OPEN(ブレイク・ミー・オープン)
■品番:JAG423JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,300+税
■その他:解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Dark
2. Starless
3. Sunshower
4. Island
5. Waking Up
6. Desolate
7. Paralyzed
8. Where I Was
9. Break Me Open
10. Crestfallen

S. Carey - Break Me Open (Official Video)


S. Careyは新作『Break Me Open』をリリースする。2022年4月22日にJagjaguwarからリリースされるこのアルバムは、ソングライター、プロデューサー、多才なインストゥルメンタリスト、そしてBon Iverのメンバーとして2番目に長く活動してきた彼による、パーソナルでコラボレイティブな作品だ。前作『Hundred Acres』から4年、Careyは人生で最も困難で変化に満ちたこの期間に、10曲を制作。ウィスコンシン州オークレアの自宅でのレコーディング、カリフォルニア州グアララのスタジオでの共同プロデューサー、Chris MessinaとZach Hansonとの作業、そして、モンタナでのフライフィッシングの穏やかなひと時の啓示等を通し、結婚生活の破綻、父親の他界、子供たちの成長に直面したCarey は、圧倒的な感謝と寛大さをもって、『Break Me Open』を作り上げた。過去10年間、CareyはBon Iverのコミュニティ内外で不可欠なコラボレーターとなり、Sufjan Stevensの『Carrie & Lowell』に参加。Low等と作曲やプロデュースも行ってきた。その一方、様々なテーマを通し、自身の作品も育んできた。『Break Me Open』では、これまでで最も多くの共作曲をレコードに収録。そのインスピレーションの源を開いただけでなく、多くの声を彼の世界へと迎え入れた。ストリングスは名手Rob Mooseが手掛け、Ben Lester、Jeremy Boettcher、Nick Ball、John Raymond、Chris Thomson、Eli Teplin、Taylor Deupreeがバッキングを担当した。




2022-02-22 : Jagjaguwar :

■S. CAREY | ボン・イヴェールのメンバーとして知られ、スフィアン・スティーヴンスやロウとも活動するS. キャリー。4年振りとなるアルバム『ブレイク・ミー・オープン』をリリース。タイトル・トラック「Break Me Open」のビデオを公開。



S. Carey - Break Me Open (Official Video)


S. Careyは新作『Break Me Open』をリリースする。2022年4月22日にJagjaguwarからリリースされるこのアルバムは、ソングライター、プロデューサー、多才なインストゥルメンタリスト、そしてBon Iverのメンバーとして2番目に長く活動してきた彼による、パーソナルでコラボレイティブな作品だ。前作『Hundred Acres』から4年、Careyは人生で最も困難で変化に満ちたこの期間に、10曲を制作。ウィスコンシン州オークレアの自宅でのレコーディング、カリフォルニア州グアララのスタジオでの共同プロデューサー、Chris MessinaとZach Hansonとの作業、そして、モンタナでのフライフィッシングの穏やかなひと時の啓示等を通し、結婚生活の破綻、父親の他界、子供たちの成長に直面したCarey は、圧倒的な感謝と寛大さをもって、『Break Me Open』を作り上げた。過去10年間、CareyはBon Iverのコミュニティ内外で不可欠なコラボレーターとなり、Sufjan Stevensの『Carrie & Lowell』に参加。Low等と作曲やプロデュースも行ってきた。その一方、様々なテーマを通し、自身の作品も育んできた。『Break Me Open』では、これまでで最も多くの共作曲をレコードに収録。そのインスピレーションの源を開いただけでなく、多くの声を彼の世界へと迎え入れた。ストリングスは名手Rob Mooseが手掛け、Ben Lester、Jeremy Boettcher、Nick Ball、John Raymond、Chris Thomson、Eli Teplin、Taylor Deupreeがバッキングを担当した。




2022-02-10 : Jagjaguwar :

■VARIOUS ARTISTS | Jagjaguwarのアーティストによるカヴァー曲をコンパイルしたアルバム『Join the Ritual』、リリース。Angel Olsen、Bruce Hornsby、Jamila Woods他、参加。



2021.9.24 ON SALE

Jagjaguwarのアーティストによるカヴァー曲をコンパイルしたアルバム『Join the Ritual』、リリース。Angel Olsen、Bruce Hornsby、Jamila Woods他、参加。


■アーティスト:VARIOUS ARTISTS
■タイトル:JOIN THE RITUAL
■品番:JAG403LP-C1[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■アーティスト/収録曲目:
(SIDE A)
1. Spencer Krug - Red Dress
2. The Besnard Lakes - Good Morning, Captain
3. They Hate Change - The Seeming and The Meaning
4. Angel Olsen - Cold Blooded Old Times
5. Bruce Hornsby - Feel The Pain
6. Jamila Woods - Fast Car
(SIDE B)
7. Nap Eyes - Car
8. S. Carey - Weight of Water
9. Pink Mountaintops - The Concept
10. Cut Worms - One For The Catholic Girls
11. Okay Kaya - Nightswimming

Bruce Hornsby - Feel The Pain (Official Audio)


Jamila Woods - Fast Car (Official Audio)


Jagjaguwarは『Join the Ritual』というタイトルのカバー曲のコンピレーションをリリースする。これはレーベルの25周年を記念するリリースの一環となる。Angel Olsen、Bruce Hornsby、Jamila Woods他、JagjaguwarのアーティストによるTracy Chapman、Stereolab、Dinosaur Jr.、Smog他のカヴァー、計11曲を収録。

jag25.jpg




2021-08-05 : Jagjaguwar :

■UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA | Unknown Mortal Orchestra、新曲「That Life」をJagjaguwarよりリリース。

poolpub10.jpg

Unknown Mortal Orchestra - That Life


Unknown Mortal Orchestraは新曲「That Life」をJagjaguwarよりリリースする。バンドの代名詞である複雑なプロダクション、ソウルフルなフック、高度なインストゥルメンテイションによる同曲は、Lydia FineとTony Blahdの監督によるビデオと共に公開される。ビデオではThe MuppetsやSesame Streetの仕事で知られ、Daytime Emmy AwardにもノミネートされたLaura Mannsによる操り人形がフィーチャーされている。

>>> https://umo.jagjag.co/that-life


【UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA/アンノウン・モータル・オーケストラ】
Unknown Mortal Orchestraはオレゴン州ポートランドをベースに活動するニュージーランドのサイケデリック・ロック・バンドで、元The Mint ChicksのRuban Nielsonを中心に2010年にスタートした。2011年にデビュー・アルバム『Unknown Mortal Orchestra』をFat Possumよりリリース。その後Jagjaguwarへ移籍し、2013年にリリースしたセカンド・アルバム『II』はニュージーランド・ミュージック・アワードでベスト・オルタナティヴ・アルバムを獲得。2015年のサード・アルバム『Multi-Love』は高い評価を博し、各メディアで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれた。2018年の4月には4枚目のアルバム『Sex & Food』をリリースし、同年の10月にはハノイでレコーディングされた初のインストゥルメンタル・アルバム『IC-01 Hanoi』をリリースした。




2021-08-05 : Jagjaguwar :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム