fc2ブログ

■ANASTASIA COOPE | ブルックリンを拠点に活動する21歳のシンガーソングライター、アナスタシア・クーペ。誰もいないリビングルームで孤独の中で作り上げたデビュー・アルバム『ダーニング・ウーマン』、ジャグジャグウォーよりリリース。



2024.6.5 ON SALE

ブルックリンを拠点に活動する21歳のシンガーソングライター、アナスタシア・クーペ。誰もいないリビングルームで孤独の中で作り上げたデビュー・アルバム『ダーニング・ウーマン』、ジャグジャグウォーよりリリース。


■アーティスト:ANASTASIA COOPE(アナスタシア・クーペ)
■タイトル:DARNING WOMAN(ダーニング・ウーマン)
■品番:JAG456JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. He is On His Way Home, We Don't Live Together
2. Women's Role in War
3. What Doesn’t Work What Does
4. Darning Woman
5. Sounds of a Giddy Woman
6. Woke Up and No Feet
7. Sorghum
8. Newbin Time
9. Return to Room

Anastasia Coope - He is On His Way Home, We Don't Live Together (Official Video)


Anastasia Coopeは、デビュー・アルバム『Darning Woman』をJagjaguwarよりリリースする。イギリス人の父とアメリカ人の母の間に生まれ、ブルックリンを拠点に活動する21歳のアーティストは、ニューヨーク州コールドスプリングの村で育った。実際、ハドソンバレーの冬の風景や小さな町は、『Darning Woman』の孤立した色調の中に存在しているように感じられるし、このレコードの制作も、ほとんど孤独なものであった。ニューヨーク州ビーコンにある親戚の空き家に滞在していたCoopeは、誰もいないリビングルームでレコーディング・ソフトを試し、オープン・スペースに向かって直接歌い始めた。その後1年間、彼女はさまざまなスタイルで歌うことを独学で学び、自分の声をホッキングしたり重ね合わせたりして、広大で広がりのある合唱団を作り上げた。また、Coopeの音楽制作へのアプローチには、80年代のアヴァンギャルドなアート・ロック、Trish Keenan、Su Tissue、Brigitte Fontaine、中世の合唱団や教会の聖歌隊、コンテンポラリー・フォーク、50年代のロマンティックなクロース・ハーモニー・グループ、Meara O'Reillyの『Hockets for Two Voices』など、最終的に多くの文化的試みが反映された。




スポンサーサイト



2024-02-28 : Jagjaguwar :

■CHANEL BEADS | ニューヨークを拠点に活動するミュージシャン、シェーン・レイヴァーズのプロジェクト、シャネル・ビーズ。エクスペリメンタル・ミュージックの新勢力の登場を示すデビュー・アルバム『ユア・デイ・ウィル・カム』をジャグジャグウォーよりリリース。



2024.4.24 ON SALE

ニューヨークを拠点に活動するミュージシャン、シェーン・レイヴァーズのプロジェクト、シャネル・ビーズ。エクスペリメンタル・ミュージックの新勢力の登場を示すデビュー・アルバム『ユア・デイ・ウィル・カム』をジャグジャグウォーよりリリース。


■アーティスト:CHANEL BEADS(シャネル・ビーズ)
■タイトル:YOUR DAY WILL COME(ユア・デイ・ウィル・カム)
■品番:JAG459JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Dedicated To The World
2. Police Scanner
3. Idea June
4. Embarrassed Dog
5. Unifying Thought
6. Your Day Will Come
7. Urn
8. Coffee Culture
9. I Think I Saw

Chanel Beads - Idea June


ニューヨークを拠点に活動するミュージシャン、Shane Laversのプロジェクト、Chanel Beadsは、2024年4月にJagjaguwarからデビュー・アルバム『Your Day Will Come』をリリースする。『Your Day Will Come』は、Laversがエクスペリメンタル・ミュージックの新勢力として登場したことを示すものだ。アルバムを通して、Laversは現代的存在の矛盾とデジタル世界の奇妙な無限性を捉えている。彼は、ポスト・パンクのスクラップなサウンド、ポップ・チューンの心をつかむセンチメンタルさ、エレクトロニック・ミュージックのスペクトルな策略を取り入れながらも、超越的なクライマックスに至る型破りな曲構成によって、それらの境界線を曖昧にする。Laversが最初に『Your Day Will Come』を書き始めたのは、2022年11月の内省的な時期だった。ブルックリンのアパートに隔離されていた彼は、つかの間の流行や反動的な文化的瞬間とは別に、自分が真に何者であるかという核心を掘り下げたいと思うようになっていた。シアトルに住んでいた頃、Laversは様々なバンドでプレイすることに慣れていたが、ニューヨークを中心にライヴをするようになってからは、すべてを削ぎ落とし、自分にとって演奏する価値があると感じられるものを探し求めるようになった。そのような考え方は、最も必要だと感じるものだけを残すことを余儀なくされたレコードの執筆にも反映された。




2024-02-15 : Jagjaguwar :

■MALICE K | 『NME』、カヴァー・ストリー。マリスK、ニュー・シングル「Radio」、Jagjaguwarより発売中。

MALICE K_RADIO_photo560

Malice K - Radio (Official Video)





続きを読む

2024-01-29 : Jagjaguwar :

■MALICE K | ワシントン州オリンピア出身でブルックリンを拠点に活動するアーティスト、マリスK。Jagjaguwarからニュー・シングル、「Radio」をリリース。ビデオも公開。

MALICE K_RADIO_photo560

Malice K - Radio (Official Video)


ニューヨークのMalice Kは、彼の新しいレーベルとなるJagjaguwarから、ニュー・シングル「Radio」をリリースした。Strange RangerのIssac Eiger(Hollow Comet)との共同プロデュースによるこのトラックは、Malice Kの生の弱さと内省的なリリックを表現している。また、Johann Rashidが監督したビデオも公開された。「『Radio』は、どうしようもなくめちゃくちゃな気分について歌っている。自分がただめちゃくちゃなのか、それとも何かした方がいいのか、それさえもわからないような」とMalice Kは語る。

ワシントン州オリンピア出身でブルックリンを拠点に活動するアーティスト、Malice Kは、オルタナティヴで奔放な90年代のリリシズムで構成されたサウンド・パレットを持ち、歪んだポップとインディ・ロックの稀有な融合を生み出している。アーティスト集団、Deathproof Incの元メンバーである彼は、挑発的なパンク・スラッシュ・ロックから叙情的なメロディックでアコースティック・ロックまで、気まぐれな性質を持つ異形のアーティストとしてカルト的な人気を集めている。内省と革新の融合から生まれたMalice Kは、音楽を通してエモーショナルな物語を複雑に紡ぎ出す先見性のあるミュージシャンだ。本物へのこだわりとオールドスクールな倫理観で、彼の芸術性は現代の風景を照らしている。




続きを読む

2024-01-26 : Jagjaguwar :

■MOLLY LEWIS | 2枚のEPが好評を博したロサンゼルスのホイッスラー(口笛吹き)、モリー・ルイス。トム・ブレネック(メナハン・ストリート・バンド、チャールス・ブラッドリー、エイミー・ワインハウス)のプロデュースによる待望のデビュー・アルバム『オン・ザ・リップス』、ジャグジャグウォーよりリリース。



2024.2.21 ON SALE

2枚のEPが好評を博したロサンゼルスのホイッスラー(口笛吹き)、モリー・ルイス。トム・ブレネック(メナハン・ストリート・バンド、チャールス・ブラッドリー、エイミー・ワインハウス)のプロデュースによる待望のデビュー・アルバム『オン・ザ・リップス』、ジャグジャグウォーよりリリース。


■アーティスト:MOLLY LEWIS(モリー・ルイス)
■タイトル:ON THE LIPS(オン・ザ・リップス)
■品番:JAG439JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. On The Lips
2. Lounge Lizard
3. Crushed Velvet
4. Slinky
5. Moon Tan
6. Silhouette
7. Porque Te Vas
8. Cocosette
9. Sonny
10. The Crying Game

Molly Lewis - Lounge Lizard (Official Video)


●魅惑的なホイッスラー(口笛吹き)、Molly Lewisはデビュー・アルバム『On The Lips』を2月にJagjaguwarからリリースする。この1年、MollyはMark RonsonとAndrew Wyattと共に、『Barbie』のサウンドトラックを手がけ、シャネル、グッチ、エルメスといったファッション・ハウスに、その類まれな才能を提供。Weyes Bloodのツアーもサポートした。『On The Lips』は、プロデューサーのThomas Brenneck(Menahan Street Band、Charles Bradley、Amy Winehouse)とパサディナのスタジオ、Diamond Westでレコーディングされた。セッションはオープン・ドアのポリシーを持ち、アルバムの全10曲にわたって、Nick Hakim、ラテン・グラミー賞にノミネートされたブラジルのギタリスト、Rogê、BadbadnotgoodのLeland WhittyとChester Hansen、チカーノ・ソウル・グループのThee Sacred Souls、エクスペリメンタル・ジャズ・ピアニストのMarco Benevento、El Michels AffairのLeon Michels等、名高いミュージシャンが次々と参加した。アルバムには2曲のカヴァーを収録。一つは、Dave Berryの1960年代のポップ・スタンダード「The Crying Game」で、もう一つは、1974年のJeanetteの「Porque Te Vas」だ。
●ロサンゼルスをベースとし、オーストラリアで育ったホイッスラー(口笛吹き)、Molly Lewisは、2015年にMasters of Musical Whistling(マスターズ・オブ・ミュージカル・ホイッスリング)を受賞して以来、La Femme、Sébastien Tellier、Dr. Dre等と共演。高い需要を誇るコラボレーターとなり、世界各地でプレイ。LewisのベースであるロサンゼルスのCafé Mollyでは、彼女の多様なインスピレーションを紹介するイベントが行われ、John C. Reilly、Karen O、Mac DeMarco等がこれまでにも出演している。これまでにリリースされた2枚のEP(2022年の『Mirage』と2021年の『The Forgotten Edge』)は、New York Times、NPR、CBS Sunday Morning等で紹介され、絶賛された。




2023-11-15 : Jagjaguwar :

■LONNIE HOLLEY | Uncut「75 Best Albums of 2023」、7位。ロニー・ホーリー『OH ME OH MY(オー・ミー・オー・マイ)』、発売中。



Uncut「75 Best Albums of 2023」、7位。ロニー・ホーリー『OH ME OH MY(オー・ミー・オー・マイ)』、発売中。




続きを読む

2023-11-14 : Jagjaguwar :

■CHANEL BEADS | ニューヨークのミュージシャン、Shane Laversのプロジェクト、Chanel Beads、Jagjaguwarと契約。ニュー・シングル/ビデオ、「Police Scanner」をリリース。

Chanel Beads - Police Scanner

Chanel Beads - Police Scanner (Official Lyric Video)


ニューヨークのミュージシャン、Shane Laversのプロジェクト、Chanel BeadsはJagjaguwarと契約。ニュー・シングル/ビデオ、「Police Scanner」をリリースした。Laversは、自らが作り、レコーディングし、シンセと本物の楽器をブレンドしてプロデュースする曲の出口として、Chanel Beadsを始めた。その為、Chanel Beadsの曲には、半分捏造/半分真実という超越的なレイヤーが存在し、そこから、それぞれの曲は、普遍的な経験というアイデアへと発展していく。LaversがDJソフトを使ってヴォイスメモをミックスすることからスタートし、2018年に『Zut Alors EP』をリリース。2022年のシングル「Ef」と「True Altruism」によって、ニューヨークのDIYシーンとインターネットの実験音楽の中で存在感を確立した。ニュー・シングル「Police Scanner」は、かき鳴らされる不完全なギター、メタリックなドラム、幾重にも重なるストリングスの包み込むような融合へとリスナーを誘うため、型破りな構成を採用している。歌詞は、自暴自棄の感情と、その感情に対して行動できないことに関連している。




2023-11-09 : Jagjaguwar :

■DEYARMOND EDISON | Brad Cook、Phil Cook、Justin Vernon、Joe Westerlundにより結成された伝説のバンド、DeYarmond Edison。後にBon IverやMegafaun等、多くのプロジェクトを通して個々の遺産を築いていく彼らの巨大なボックス・セット。【5LP+4CD】



2023.8.18 ON SALE

Brad Cook、Phil Cook、Justin Vernon、Joe Westerlundにより結成された伝説のバンド、DeYarmond Edison。後にBon IverやMegafaun等、多くのプロジェクトを通して個々の遺産を築いていく彼らの巨大なボックス・セット。【5LP+4CD】


■アーティスト:DEYARMOND EDISON
■タイトル:EPOCH (BOX SET)
■品番:JAG400LP[5LP+4CD/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(LP1 - All of Us Free)
1. Mount Vernon - We Can Look Up
2. Mount Vernon - Morning
3. Phil Cook & Justin Vernon - Feel the Light
4. Justin Vernon - Breathe
5. DeYarmond Edison - The Lake
6. DeYarmond Edison - Dusty Road, So Kind
7. DeYarmond Edison - As Long as I Can Go
8. Justin Vernon - Right Down There in Your Tributary
9. DeYarmond Edison - The Orient
(LP2 - Silent Signs)
1. DeYarmond Edison - Lift
2. DeYarmond Edison - Silent Signs
3. DeYarmond Edison - Heroin(e)
4. DeYarmond Edison - Love Long Gone
5. DeYarmond Edison - First Impression
6. DeYarmond Edison - Bones
7. DeYarmond Edison - Heart for Hire
8. DeYarmond Edison - Dead Anchor
9. DeYarmond Edison - Ragstock
10. DeYarmond Edison - We
11. DeYarmond Edison - Dash
12. DeYarmond Edison - Time to Know
(LP3 - Epoch, etc.)
1. DeYarmond Edison - Song for a Lover (of Long Ago)
2. DeYarmond Edison - Epoch
3. DeYarmond Edison - Baby Done Got Your Number
4. DeYarmond Edison - Brief Scene
5. DeYarmond Edison - Where We Belong
6. DeYarmond Edison - Red Shoes
7. DeYarmond Edison - Heroin(e)
(LP4 - hazeltons)
1. Justin Vernon - hazelton
2. Justin Vernon - frail sail
3. Justin Vernon - game night
4. Justin Vernon - easy
5. Justin Vernon - liner
6. Justin Vernon - song for a lover (of long ago)
7. Justin Vernon - hannah, my ophelia
(LP5 - Where We Belong)
1. Justin Vernon - Look Down That Long, Lonesome Road
2. Justin Vernon - Handwriting on the Wall
3. Ticonderoga (feat. Justin Vernon) - Hands Up
4. Justin Vernon - Funeral Lights
5. Megafaun - Lazy Suicide (Edit)
6. Megafaun (feat. Justin Vernon) - Carolina Days
7. Megafaun (feat. Justin Vernon, Frazey Ford + Fight the Big Bull) - Trials, Troubles, Tribulations (Live from the Sydney Opera House, June 1, 2013)
8. Megafaun + Bon Iver - Worried Mind
9. DeYarmond Edison - Set Me Free
(CD1 - That Was Then - North Carolina - The Bickett Gallery Residency)
1. DeYarmond Edison - What Are They Doing in Heaven Today?
2. DeYarmond Edison - Step It Up and Go
3. DeYarmond Edison - Phil's Instrumental
4. DeYarmond Edison - Louis Collins
5. DeYarmond Edison - Old Dollar Mamie
6. DeYarmond Edison - Two Scenes
7. DeYarmond Edison - Sea Legs
8. DeYarmond Edison - Abel + Cain
9. DeYarmond Edison - Half Life
10. DeYarmond Edison - Afro Blue
(CD2 - That Was Then - North Carolina - The Bickett Gallery Residency)
1. DeYarmond Edison - Four Keyboard Phase in A
2. DeYarmond Edison - Cybernetic Meadow
3. DeYarmond Edison - Paul's Park
4. DeYarmond Edison - Justin's Phase Piece
5. DeYarmond Edison - Exercise in Abandonment
6. DeYarmond Edison - Bones
7. DeYarmond Edison - I Live The Life I Love (I Love The Life I Live)
8. DeYarmond Edison - My Beautiful Reward
9. DeYarmond Edison - A Satisfied Mind
10. DeYarmond Edison - Come and Go With Me (to That Land)
(CD3 - That Was Then - Wisconsin - The Mabel Tainter Concert)
1. DeYarmond Edison - Intro
2. DeYarmond Edison - I Been Drinking
3. DeYarmond Edison - Down on the Banks of the Ohio
4. DeYarmond Edison - Silent Signs
5. DeYarmond Edison - Please Find Me Here
6. DeYarmond Edison - Abel + Cain
7. DeYarmond Edison - We
8. DeYarmond Edison - Will the Circle Be Unbroken?
9. DeYarmond Edison - Afro Blue
(CD4 - That Was Then - Wisconsin - The Mabel Tainter Concert)
1. DeYarmond Edison - Intro
2. DeYarmond Edison - The Longest Train
3. DeYarmond Edison - No Depression in Heaven
4. DeYarmond Edison - Red Shoes
5. DeYarmond Edison - Song for a Lover (of Long Ago)
6. DeYarmond Edison - Ain't No More Cane
7. DeYarmond Edison - easy
8. DeYarmond Edison - All Tomorrow's Parties
9. DeYarmond Edison - A Satisfied Mind
10. DeYarmond Edison - Come and Go With Me (to That Land)

今日、DeYarmond Edisonの物語が語られ始める。Brad Cook、Phil Cook、Justin Vernon、Joe Westerlundにより結成されたバンドは、大きな夢と深い絆で結ばれていた。DeYarmond Edisonがまさに絶頂期に解散してから17年が経ち、各メンバーはBon IverやMegafaun等、多くのプロジェクトを通して個々の遺産を築いてきた。Jagjaguwarから8月18日にリリースされる『Epoch』は、かつてないほど巨大で最大主義的なボックス・セットで、細部まで詳細にバンドを探求している。5枚のLP、4枚のCD、そしてジャーナリスト/エグゼクティヴ・プロデューサーであるGrayson Haver Currinによるバイオを網羅したこのコレクションは、短命ながらも大きな影響を与えたグループの決定的な記録を提供するだけでなく、小さな町から生まれた芸術的野心という普遍的な物語を明らかにしている。








2023-06-23 : Jagjaguwar :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム