fc2ブログ

■EMELI SANDÉ | 2012年のデビュー・アルバム『Our Version of Events』が記録的なヒットとなったスコットランド生まれのR&Bシンガー・ソングライター、エミリー・サンデー。新曲「Brighter Days」をリリース。

ES_BrighterDays_Press02 Credit_Ciaran Fredrick

Emeli Sandé - Brighter Days (Official Video)


>>> https://emelisande.com/lsfi/




スポンサーサイト



2022-01-20 : PIAS :

■ARCHIVE | 高い評価を博すロンドンのコレクティヴ、アーカイヴによる12枚目のスタジオ・アルバムが完成。17曲が収録されたダブル・アルバム『コール・トゥ・アームズ・アンド・エンジェルズ』、リリース。

Archive - Shouting Within

2022.4.13 ON SALE

高い評価を博すロンドンのコレクティヴ、アーカイヴによる12枚目のスタジオ・アルバムが完成。17曲が収録されたダブル・アルバム『コール・トゥ・アームズ・アンド・エンジェルズ』、リリース。


■アーティスト:ARCHIVE(アーカイヴ)
■タイトル:CALL TO ARMS & ANGELS(コール・トゥ・アームズ・アンド・エンジェルズ)
■品番:【通常盤】VISIT21CDJ[2CD/国内流通仕様]【デラックス盤】VISIT21CDXJ[3CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:【通常盤】¥2,700+税【デラックス盤】¥4,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Disc 1)
1. Surrounded By Ghosts
2. Mr Daisy
3. Fear There & Everywhere
4. Numbers
5. Shouting Within
6. Daytime Coma
7. Head Heavy
8. Enemy
9. Every Single Day
(Disc 2)
10. Freedom
11. All That I Have
12. Frying Paint
13. We Are The Same
14. Alive
15. Everything's Alright
16. The Crown
17. Gold
(Disc 3) ※デラックス盤のみ
18. Super 8
19. Zeitgeist
20. Night People
21. Picking Up Pieces
22. Fall Outside
23. It Is And It Isn't
24. Digging Holes
25. Is This Me
26. My Window
27. Throwing Stars

Archive - Fear There & Everywhere (Official Music Video)


Archive - Shouting Within (Official Music Video)


Daytime Coma


高い評価を博すロンドンのコレクティヴ、Archiveは2022年4月8日にニュー・アルバム『Call To Arms & Angels』をリリースする。バンドの12枚目のスタジオ・アルバムとなる『Call To Arms & Angels』は17曲が収録されたダブル・アルバムで、ロンドンのスタジオ、RAKでレコーディングされた。長年のコラボレーター、Jérome Devoiseがプロデュースを手掛け、2016年のアルバム『The False Foundation』以来の作品となる。2021年の世界を反映したこのアルバムは、バンド自身に課せられた個人的/集団的なフラストレーションや課題だけではなく、多くの人達が直面する日々の闘いが、健康や幸福、そして個人の社会経済的状況を通じて、その人生を分断してしまった様も広く映し出す。「アーティストとしてこの時代を振り返ることにより、闇や怒りが湧き上がった。同時に、時には不安にさせるような奇妙なインスピレーションも湧いた。音楽の力と、このように自分の気持ちを表現できることがどれだけ幸運なのか、本当に感謝させられた。トンネルの先には光があるように見える。けど、その光の中にはいつも影が存在する」とDarius Keelerは語る。




2022-01-19 : PIAS :

■HONEYGLAZE | アヌースカ・ソコロウを中心とするサウス・ロンドンのトリオ、ハニーグレイズ。ダン・キャリー(フォンテインズD.C.、スクイッド、ブラック・ミディ)のプロデュースによるセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリース。アルバムより、「Shadows」を公開。



Honeyglaze - Shadows


Honeyglazeは、Dan Carey(Fontaines D.C.、Squid、black midi、Geese)のプロデュースによるセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを2022年4月29日、Speedy Wunderground(Tiña、Squid、Black Country New Road)よりリリースする。サウス・ロンドンを拠点とするAnouska Sokolow(Vo / G)、Tim Curtis(B)、Yuri Shibuichi(Dr)からなるトリオは、最初のロックダウンの直前に結成された。その魅力的なライヴ・パフォーマンス(Green Man Festivalへの出演や、Wet Leg、Geese、The Lounge Societyのサポート等)と2枚のシングル(「Burglar」と「Creative Jealousy」)により、彼らの知名度は急速に上がり、初期の頃から多くのファン(Steve Lamacq、Matt Wilkinson、Wet Leg等。彼らは、バンドの陶酔させられるような詩の世界と音楽性に惚れ込んだ、と宣言している)のサポートを得た。『Honeyglaze』は、Bedouine、Crosby, Stills and Nash、Madonna等のセルフ・タイトルのデビュー・アルバムと同様、現実の全ての形象の中、魂の探求を絵に描いたようなドキュメントとして、世界に提示する。




2022-01-18 : PIAS :

■VHS COLLECTION | シングルのスマッシュ・ヒットで注目を浴びるニューヨークのシンセ・ロック/オルタナ・ポップの三人組、VHSコレクション。トニー・ホッファー(ベック、M83、ザ・フラテリス)をプロデュースに起用したニュー・アルバム『ナイト・ドライヴ』をリリース。



2022.3.2 ON SALE

シングルのスマッシュ・ヒットで注目を浴びるニューヨークのシンセ・ロック/オルタナ・ポップの三人組、VHSコレクション。トニー・ホッファー(ベック、M83、ザ・フラテリス)をプロデュースに起用したニュー・アルバム『ナイト・ドライヴ』をリリース。


■アーティスト:VHS COLLECTION(VHSコレクション)
■タイトル:NIGHT DRIVE(ナイト・ドライヴ)
■品番:TIGER008CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Dark
2. The Deep End
3. Survive
4. Anyway
5. Space Between Us
6. Arcadia
7. Someone Somewhere
8. Searching For The Light
9. With Or Without Me
10. The Party

VHS Collection - The Deep End (Official Visualizer)


VHS Collection - Space Between Us (Official Visualizer)


VHS Collectionは待望の新作『Night Drive』をリリースする。このアルバムは、ドライヴ感のあるドラム、成層圏のようなシンセサイザー、高らかに響くヴォーカル、夜空を駆け抜けるようなアンセミックなコーラスを通し、常に不確実で断絶した状態にある現代において、私たちが生きていく上で必要不可欠なシンプルな要素のひとつに立ち返らしてくれる。バンドはTiger Tone Recordsとプロデューサー、Tony Hoffer(M83、Beck)とチームを組み、パンデミックの混乱の中、ロサンゼルスで直接作業を行い、このアルバムを完成させた。VHS Collectionの三人、James Bohannon、Conor Cook、Nils Vanderlipはニューヨークで一緒に育ち、他の仕事をしながらサイドプロジェクトとして2015年にバンドを結成。モダンとノスタルジックを融合し、彼らのシグネチャーとなったアリーナ向けのシンセ・ロック/オルタナ・ポップを作り上げた。2016年『Stereo Hype』収録の「Waiting For The Summer」とシングル「So I Met Someone」は数百万回のストリーミングを獲得。結果、バンドはGovernor’s Ball、Lollapalooza、Austin City Limitsといったフェスティヴァルでもプレイした。




2021-12-27 : PIAS :

■ARCHIVE | ロンドンのコレクティヴ、Archive、4月8日にリリースされる12枚目のアルバム『Call To Arms & Angels』の制作ドキュメンタリー『Super8: A Call To Arms & Angels』(Moment Houseでプレミア公開)のトレイラーをリリース。

Archive - Shouting Within

Archive - Super8: A Call To Arms & Angels [Documentary Trailer]

Moment House: https://www.momenthouse.com/archive (英語サイト)

また、『Super8: A Call To Arms & Angels』のサウンドトラック・アルバムより、タイトル・トラック「Super8」を公開。





2021-12-15 : PIAS :

■THE GUN CLUB | Jeffrey Lee Pierce率いる米ロサンジェルスのポスト・パンク・バンド、The Gun Club。7枚の7"をパッケージしたバンド史上初のボックス・セットがリリース。【リマスター盤】



2022.1.21 ON SALE

Jeffrey Lee Pierce率いる米ロサンジェルスのポスト・パンク・バンド、The Gun Club。7枚の7"をパッケージしたバンド史上初のボックス・セットがリリース。【リマスター盤】


■アーティスト:THE GUN CLUB
■タイトル:PREACHING THE BLUES
■品番:FLOOD01[7X7"/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Ghost On the Highway / 1982)
1. Ghost On the Highway
2. Sex Beat
(Fire Of Love / 1982)
1. Fire Of Love
2. Walking With The Beast
(Miami Demos / 1982)
1. Carry Home
2. Brother And Sister
(Death Party EP / 1983)
1. The House On Highland Ave.
2. The Lie
3. Death Party
(The Great Divide / 1990)
1. The Great Divide
2. Crabdance
(Pastoral Hide And Seek / 1990)
1. Pastoral Hide And Seek
2. Black Hole
3. Emily’s Changed (Live in Paris, 91)
(Cry To Me / 1993)
1. Cry To Me
2. Give Up The Sun

The Gun Clubは米ロサンジェルスのポスト・パンク・バンドだ。Jeffrey Lee Pierceを中心に1979年に結成。1981年にデビュー・アルバム『Fire of Love』、1982年にセカンド・アルバム『Miami』をリリース。その後もコンスタントにアルバムを発表し、活動を続けるも、1996年にJeffreyが死去。バンドに終止符が打たれた。The White StripesのJack White他、数々のアーティストに影響を与えたことでも知られている。当『Preaching The Blues』はバンド史上初のボックス・セットとなる。収録される7枚の7”のうち6枚はオリジナルのアートワークより再版。追加される「Miami Demos」の7”は当ボックス・セット限定となる。楽曲は全てリマスターされ、未発表の写真等をふんだんに使用したブックレットやポスター等も封入。
FLOOD01_cover2.jpg


2021-12-03 : PIAS :

■DEVORA | DEVORA、「Elvis (Acoustic)」をリリース。

DEVORA - Elvis

DEVORA - Elvis (Acoustic) (Official Visualizer)


>>> https://ffm.to/elvis_acoustic




2021-12-02 : PIAS :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム