fc2ブログ

■MILDLIFE | マイルドライフ、3月1日にHeavenly Recordingsからリリースされるニュー・アルバム『CHORUS(コーラス)』より、「Yourself」を公開。



Mildlife - Yourself


母国オーストラリアでARIAアワードを2度受賞しているMildlifeが、Heavenly Recordingsから3月1日にリリースされる待望のサード・アルバム『Chorus』より、最新シングル「Yourself」を公開した。「Yourself」は、バンドが3枚目のアルバムで成し遂げた前進と創造的な飛躍を、様々な意味で体現。ヴォーカルを全面に出し、意義深い自己受容と目的を共有することで見出される喜びを歌った曲で、これまでの彼らの楽曲の中でも最もインスピレーションに溢れている。「『Yourself』は、感情的にとてもポジティヴで、高揚感があり、明るい曲だ」とKevin McDowellは語る。「Yourself」は、先にリリースされた「Musica」と「Return to Centaurus」に続く、『Chorus』からの最後のシングルとなる。




続きを読む

スポンサーサイト



2024-01-24 : Mildlife :

■MILDLIFE | マイルドライフ、3月1日発売のニュー・アルバム『CHORUS(コーラス)』より、「Musica」のビデオを公開。



Mildlife - Musica (Music Video)


DJ Harvey、David Holmes、Cerys Matthews、Ashley Beedle、Giles Petersonといったテイスト・メーカーから既に注目を浴びているメルボルンを拠点とするバンド、Mildlifeは、ニュー・シングル「Musica」のビデオを公開した。同曲は、3月にリリースされるニュー・アルバム『Chorus』からのファースト・シングル「Return to Centaurus」(サイケデリックなスペース・ロックと華やかでフックの効いたアシッド・ファンク・ブレイクダウンを約10分かけて旅するような曲)に続く楽曲で、何時間ものインプロヴィゼーション、ツアーやスタジオでの時間、そして、この1年だけでも23カ国での100回以上のライヴにより磨かれたものだ。




続きを読む

2023-11-07 : Mildlife :

■MILDLIFE | 2作連続でARIAミュージック・アワードを受賞したメルボルンをベースとするサイケデリック・ジャズ・グループ、マイルドライフ。膨張と収縮を繰り返す宇宙のダンス、待望のサード・アルバム『コーラス』がリリース。



2024.3.1 ON SALE[世界同時発売]

2作連続でARIAミュージック・アワードを受賞したメルボルンをベースとするサイケデリック・ジャズ・グループ、マイルドライフ。膨張と収縮を繰り返す宇宙のダンス、待望のサード・アルバム『コーラス』がリリース。

『Automatic』、2021年度ARIAアワード「ベスト・ジャズ・アルバム」獲得
『Live From South Channel Island』、2022年度ARIAアワード「ベスト・ジャズ・アルバム」獲得
「ヴィルトゥオーソ・スペースジャズ・マジック」-The Guardian
「オーストラリアの新しいお気に入りのバンド」ーGilles Peterson(BBC 6)
「『Automatic』は、各曲の最後の数秒まで聴く者を飽きさせない」-NME



■アーティスト:MILDLIFE(マイルドライフ)
■タイトル:CHORUS(コーラス)
■品番:HVNLP222CDJ[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,600 +税
■その他:世界同時発売、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Forever
2. Yourself
3. Sunrise
4. Musica
5. Chorus
6. Future Life
7. Return To Centaurus

Mildlife - Return To Centaurus (Music Video)


Mildlife - Musica (Music Video)


●地元オーストラリアでARIAミュージック・アワードを2度受賞したMildlifeは、2024年3月1日、Heavenly Recordingsより待望のサード・アルバム『Chorus』をリリースする。2020年の『Automatic』、2017年の『Phase』に続く『Chorus』は、Mildlifeにとって最も楽観的なアルバムであり、70年代のサイケデリックでコズミックなサウンドへの揺るぎない憧れを音で証明する作品となっている。さらに深く掘り下げると、アルバムには、ポーランド・ジャズ、イタロ・ディスコ、そしてコンテンポラリーなエレクトロニック・サウンドも散りばめられている。『Chorus』は、膨張と収縮を繰り返す宇宙のダンスだ。そのグルーヴは永遠に、そして常に循環し、進化し続ける。このアルバムは、Tomas Shanahanのベース・ライン、Adam Halliwellの輝くギター・リフ、Kevin McDowellの静かで魅惑的なヴォーカル、Jim Rindfleishの複雑なパーカッシブ・タペストリー、そしてレギュラー・コラボレーターであるCraig Shanahanのスピリチュアルなリズムに包まれている。『Chorus』に巻き込まれると、個人とアンサンブルの境界線が曖昧になる。バンドの以前のアルバムでは、McDowellの声が歌詞の主役だったが、『Chorus』ではメンバー全員が表現の瞬間を持つ。そのため、コーラスのヴィジョンが際立ち、彼らのサウンドに新たな統一された開放性と人間性を築き上げられた。『Chorus』は、個々のトラック、バンド・メンバー、経験から生まれたアルバムかもしれないが、その総和以上のものである。『Chorus』のリリースにより、バンドは再びリズムのコミュニケーションという特異な領域への扉を開いた。その流れに足を踏み入れてみよう。
●Mildlifeは2013年に結成されたメルボルンをベースとするサイケデリック・ジャズ・グループだ。2018年にデビュー・アルバム『Phase』をリリース後、自国やヨーロッパをツアー。Meredith Music Festival等、国内の様々なフェスティヴァルにも出演し、Stereolab、King Gizzard、The Lizard Wizardらのサポートも実施。最終的に『Phase』は2018年のWorldwide FM Awardsのベスト・アルバム、2019年のAIR Awardsのベスト・インディペンデント・ジャズ・アルバムにノミネートされ、バンドはThe Age Music Victoria Awardsでベスト・エレクトロニック・アクトを獲得した。2020年にはセカンド・アルバム『Automatic』をリリース。アルバムは豪チャートの8位を記録し、2021年度のARIAミュージック・アワードでベスト・ジャズ・アルバム獲得。収録曲「Rare Air」は2020年のMusic Victoria Awardsでベスト・ソングにもノミネートされた。2021年にはライヴ・アルバム『Live from South Channel Island』をリリース。2022年度のARIAミュージック・アワードで、再びベスト・ジャズ・アルバム獲得した。




2023-11-07 : Mildlife :

■MILDLIFE | メルボルンをベースに活動するサイケデリック・ジャズ・アウトフィット、Mildlife、ニュー・シングル「Return to Centaurus」をリリース。同曲は、ARIA賞を受賞した2020年のセカンド・スタジオ・アルバム『Automatic』以来となる新曲。

Mildlife - Return To Centaurus (Music Video)

『Automatic』、2021年度ARIAアワード「ベスト・ジャズ・アルバム」獲得
『Live From South Channel Island』、2022年度ARIAアワード「ベスト・ジャズ・アルバム」獲得
「ヴィルトゥオーソ・スペースジャズ・マジック」-The Guardian
「オーストラリアの新しいお気に入りのバンド」ーGilles Peterson(BBC 6)
「『Automatic』は、各曲の最後の数秒まで聴く者を飽きさせない」-NME


Mildlife - Return To Centaurus (Music Video)


メルボルンをベースに活動するサイケデリック・ジャズ・アウトフィット、Mildlife、ニュー・シングル「Return to Centaurus」をリリース。同曲は、ARIA賞を受賞した2020年のセカンド・スタジオ・アルバム『Automatic』以来となる新曲だ。同曲は、ドローンのようなシンセとKraftwerk風のヴォコーダーの壁で幕を開け、サイケデリックなスペース・ロックから、10分という長さの間に、華麗にフックの効いたアシッド・ファンクのメルトダウンへと進化する。70年代のサイケデリック・サウンドやコズミック・サウンドに対するMildlifeの揺るぎない憧れを凝縮したもので、Ennio MorriconeやGiorgio Moroderと同様に、Sun RaやAlice Coltraneにも多大な影響を受けている。




2023-09-13 : Mildlife :

■MILDLIFE | 最新作『Automatic』も好評を博したオーストラリアのマルチ・インストゥルメンタリスト4人組、Mildlifeがライヴ・アルバム『Live From South Channel Island』をリリース。



2022.4.29 ON SALE

最新作『Automatic』も好評を博したオーストラリアのマルチ・インストゥルメンタリスト4人組、Mildlifeがライヴ・アルバム『Live From South Channel Island』をリリース。


■アーティスト:MILDLIFE
■タイトル:LIVE FROM SOUTH CHANNEL ISLAND
■品番:HVNLP199[2LP/国内流通仕様]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side A)
1. Rare Air (Live from South Channel Island)
2. Vapour (Live from South Channel Island)
(Side B)
3. Im Blau (Live from South Channel Island)
4. Citations (Live from South Channel Island)
(Side C)
5. The Magnificent Moon (Live from South Channel Island)
6. Zwango Zop (Live from South Channel Island)
(Side D)
7. Automatic (Live from South Channel Island)
8. Air (Live from South Channel Island)

Mildlife - Citations (Live From South Channel Island)


「オーストラリアからの新たなお気に入りのバンド」- Gilles Peterson, BBC 6
「名手。スペースジャズ・マジック」- The Guardian
オーストラリアのマルチ・インストゥルメンタリスト4人組、Mildlifeは2022年4月29日、Heavenly Recordingsから『Live From South Channel Island』をリリースする。2021年初頭、パンデミックのためにライヴを行うことができなかったMildlifeは、長い間放置されていた19世紀の島の砦に船で向かい、ライヴを実施。結果、70分に及ぶライヴ・アルバムが制作された。2018年にアルバム『Phase』をリリース後、Mildlifeは自国のヘッドライン・ツアーをおこない、続けてUK/ヨーロッパを10日間に渡りツアー。再びオーストラリアに戻り、Meredith Music Festivalがそのフィナーレとなった。また、国内の様々なフェスティヴァルにも出演。Stereolab、King Gizzard、The Lizard Wizard等のサポートも行った。最終的に『Phase』は2018年のWorldwide FM Awardsのベスト・アルバム、2019年のAIR Awardsのベスト・インディペンデント・ジャズ・アルバムにノミネートされ、バンドはThe Age Music Victoria Awardsでベスト・エレクトロニック・アクトを獲得した。その後、バンドはHeavenly Recordingsと契約。2020年9月、アルバム『Automatic』をリリースし、好評を博した。




2022-02-23 : Mildlife :

■MILDLIFE | 2018年のデビュー・アルバム『フェイズ』が大絶賛され数々の音楽賞にノミネートされたオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンド、マイルドライフ。名門、ヘヴンリー・レコーディングス移籍第一弾、約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『オートマティック』、リリース。



2020.9.23 ON SALE
2020.9.25 ON SALE

「オーストラリアからの新たなお気に入りのバンド」- Gilles Peterson, BBC 6
「名手。スペースジャズ・マジック」- The Guardian
2018年のデビュー・アルバム『フェイズ』が大絶賛され数々の音楽賞にノミネートされたたオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンド、マイルドライフ。名門、ヘヴンリー・レコーディングス移籍第一弾、約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『オートマティック』、リリース。


■アーティスト:MILDLIFE(マイルドライフ)
■タイトル:AUTOMATIC(オートマティック)
■品番:HVNLP182CDJ[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Rare Air
2. Vapour
3. Downstream
4. Citations
5. Memory Palace
6. Automatic

Mildlife - Rare Air (Music Video)


マルチインストゥルメンタリストの4人からなるオーストラリアのMildlifeは自身2枚目、彼らの新しいレーベル、Heavenly Recordingsからは初となるアルバム『Automatic』をリリースする。『Automatic』はデビュー・アルバム『Phase』から大きくステップ・チェンジした作品で、より規律や方向性があり、間違いなく踊りやすい作品である。また『Phase』同様、バンドは自己満足に陥ることなく、トラックを贅沢に長くすることを恐れなかった。「レコーディングされた曲は、その曲をライヴで如何に演奏するかの基準となる。最終的にはどちらも異なるものになるが、それらは共生的であり、互いに影響を及ぼしあう。通常はライヴからレコーディング、そしてライヴに戻るのが自然な流れだ」とヴォーカルのKevin McDowellは語る。2018年に『Phase』をリリース後、Mildlifeは自国のヘッドライン・ツアーをおこない、続けてUK/ヨーロッパを10日間に渡りツアー。再びオーストラリアに戻り、Meredith Music Festivalがそのフィナーレとなった。また国内の様々なフェスティヴァルにも出演。Stereolab、King Gizzard、The Lizard Wizard等のサポートも行った。最終的に『Phase』は2018年のWorldwide FM Awardsのベスト・アルバム、2019年のAIR Awardsのベスト・インディペンデント・ジャズ・アルバムにノミネートされ、バンドはThe Age Music Victoria Awardsでベスト・エレクトロニック・アクトを獲得した。




2020-07-09 : Mildlife :

■MILDLIFE | 2018年のデビュー・アルバム『Phase』が大絶賛されたオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンド、Mildlife(マイルドライフ)。2020年9月にリリースされる待望のセカンド・アルバム『Automatic』より、「Rare Air」のビデオを公開。



「オーストラリアからの新たなお気に入りのバンド」- Gilles Peterson, BBC 6
「名手。スペースジャズ・マジック」- The Guardian

2018年のデビュー・アルバム『Phase』が大絶賛されたオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンド、Mildlife(マイルドライフ)。2020年9月にリリースされる待望のセカンド・アルバム『Automatic』より、「Rare Air」のビデオを公開。
また、ロンドンのプロデューサー/DJ、Apientoによる同曲のリミックスとダブも公開。

Mildlife - Rare Air (Music Video)


Mildlife - Rare Air (Apiento Remix)


Mildlife - Rare Air (Apiento Dub)


【Mildlife / マイルドライフ】
Mildlifeはオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンドだ。2018年に地元のResearch Recordsよりデビュー・アルバム『Phase』をリリース。これが大きな評価を獲得し、2018年のWorldwide FM Awardsでベスト・アルバム、2019年のAIR Awardsでベスト・インディペンデント・ジャズ・アルバムにノミネート。The Age Music Victoria Awardsではベスト・エレクトロニック・アクトを獲得した。2020年9月、バンドは新しいレーベル、Heavenly Recordingsよりセカンド・アルバム『Automatic』をリリースする。




2020-06-26 : Mildlife :

■MILDLIFE | 2018年のデビュー・アルバム『Phase』が大絶賛されたオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンド、Mildlife(マイルドライフ)。2020年9月にリリースされる待望のセカンド・アルバム『Automatic』より、「Rare Air」を公開。



Mildlife - Rare Air



【Mildlife / マイルドライフ】
Mildlifeはオーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンドだ。2018年に地元のResearch Recordsよりデビュー・アルバム『Phase』をリリース。これが大きな評価を獲得し、2018年のWorldwide FM Awardsでベスト・アルバム、2019年のAIR Awardsでベスト・インディペンデント・ジャズ・アルバムにノミネート。The Age Music Victoria Awardsではベスト・エレクトロニック・アクトを獲得した。2020年9月、バンドは新しいレーベル、Heavenly Recordingsよりセカンド・アルバム『Automatic』をリリースする。




2020-05-28 : Mildlife :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム