FC2ブログ

■V.A. | レゲエ・プロデューサー、Nkrumah Jah Thomasのレーベル、Midnight Rockのコンピレーション。



2021.5月中旬 ON SALE

レゲエ・プロデューサー、Nkrumah Jah Thomasのレーベル、Midnight Rockのコンピレーション。


■アーティスト:V.A.
■タイトル:MIDNIGHT ROCK’S SECRET TAPES
■品番:RJMLP156[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. I Can Be Your Man – Linval Thompson
2. Good Thing Goin’ On – Luciano
3. Hey Sexy Lady – Courtney Melody
4. I Love To Smoke – Gryphan
5. Sounds A Go Dead Tonight – Jah Thomas & Junior Vibes
6. All A The Gal Them – Pinchers & Jose Wale
7. Me Glad She Gone – Super Cat
8. Drunk and Stage – Jah Thomas
9. Since I Laid Eyes On You – Daville
10. Love Songs Are Back Again (Adopted Song) – Tony Curtis, Ghost & Mitch

『Midnight Rock’s Secret Tapes』はレゲエ・プロデューサー、Nkrumah Jah Thomasのレーベル、Midnight Rockのコンピレーションだ。Linval Thompson、Luciano、Courtney Melody、Gryphan、Jah Thomas & Junior Vibesといったアーィストの楽曲が収録される。リリースはAcid Jazzのインプリント、The Rootsより。




スポンサーサイト



2021-04-07 : Acid Jazz :

■MATT BERRY | 英国アカデミー賞(BAFTA)を獲得したことでも知られる俳優/ミュージシャン、マット・ベリー。UKトップ40ヒットを記録した前作から8カ月、自らの芸術的進歩と野心を証明した最高傑作『ザ・ブルー・エレファント』、リリース。



2021.5.19 ON SALE

英国アカデミー賞(BAFTA)を獲得したことでも知られる俳優/ミュージシャン、マット・ベリー。UKトップ40ヒットを記録した前作から8カ月、自らの芸術的進歩と野心を証明した最高傑作『ザ・ブルー・エレファント』、リリース。


■アーティスト:MATT BERRY(マット・ベリー)
■タイトル:THE BLUE ELEPHANT(ザ・ブルー・エレファント)
■品番:AJXCD578J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Aboard
2. Summer Sun
3. Safe Passage
4. Now Disappear
5. Alone
6. Invisible
7. Blues Inside Me
8. I Cannot Speak
9. The Blue Elephant
10. Life Unknown
11. Safer Passage
12. Like Stone
13. Story Told
14. Forget Me
15. Now Disappear (Again)

Acid Jazzでの10年目にMatt Berryはマスターピースを作り上げた。自らの芸術的進歩と野心をもう一度証明することに限界は存在しない。UKトップ40ヒットを記録し、大きく賞賛を得た昨年の『Phantom Birds』に続き、Matt BerryはAcid Jazzからは6枚目となるアルバム『The Blue Elephant』を2021年5月14日にリリースする。2020年の夏の間にレコーディングされたこの作品は、Mattの卓越したミュージシャンシップ、プロダクション・スキル、作詞/作曲能力を証明したテスタメントだ。しかも、Craig Blundellによってプレイされたドラムを除き、ギター、ベース、あらゆる種類のキーボード/シンセサイザーはMatt自身がプレイ。これは間違いなく、これまでの彼の最高傑作となる。




2021-03-22 : Acid Jazz :

■FLEUR DE LYS | 60年代に活動した英サウザンプトンの幻のバンド、フルール・ド・リス。彼らのシングルを完全網羅した究極のコレクション。



2021.3.31 ON SALE

60年代に活動した英サウザンプトンの幻のバンド、フルール・ド・リス。彼らのシングルを完全網羅した究極のコレクション。


■アーティスト:FLEUR DE LYS(フルール・ド・リス)
■タイトル:CIRCLES - THE ULTIMATE FLEUR DE LYS(サークルズ~ジ・アルティメット・フルール・ド・リス)
■品番:VAINSCD102J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Circles
2. Mud In Your Eye
3..Hold On
4. Gong With The Luminous Nose
5. Tick Tock
6. Hammer Head
7. One City Girl
8. I Forgive You
9. Brick By Brick (Stone By Stone)
10. I Can See A Light
11. Prodigal Son
12. Nothing To Say
13. Stop Crossing The Bridge
14. The Bitter And The Sweet
15. So Come On
16. You've Got To Earn It
17. Two Can Make It Together
18. I've Been Trying
19. Liar
20. Moondreams
21. Wait For Me
22. Love Them All (Demo)
23. Gotta Get Enough Time
24. I Walk The Sands
25. Yeah, I Do Love You (Demo)

Atlantic Records、Andrew Loog Oldham、Shel Talmy、Cream、Isaac Hayes、Tony Blackburn、サウザンプトンのバンド、Fleur De Lysの物語には彼らが皆、そして更に多くの人達が登場する。1960年代後半に彼らがリリースしたシングルは、R&B、フリークビート、サイケ、そしてクラブ・ソウルに至るまで、あらゆるバンドの中でも最大のコレクションの一つである。そしてこのコンピレーションは、Immediate、Polydor、Atlanticからリリースされた全てのシングルを含む集大成的作品である。バンドのメンバーであったKeith Gusterの全面的な協力のもと制作されたので、これまでには見たことのない写真やイラストを使用することも可能となった。またアルバムはAcid JazzのEddie PillerとDean Rudlandによりコンパイルされた。




2021-02-12 : Acid Jazz :

■MAKIN’ TIME | The CharlatansのMartin Bluntの最初のバンドとしても知られるMakin’ Time。彼らのデビュー・シングルとなる予定であった『Honey / Take What You Can Get』が長年の時を経て遂にリリース。



2021.3.19ON SALE

The CharlatansのMartin Bluntの最初のバンドとしても知られるMakin’ Time。彼らのデビュー・シングルとなる予定であった『Honey / Take What You Can Get』が長年の時を経て遂にリリース。


■アーテイスト:MAKIN’ TIME
■タイトル:HONEY / TAKE WHAT YOU CAN GET
■品番:VAINS101S[7"/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Honey (Original Version)
2. Take What You Can Get (Original Version)

英ウェスト・ブロムウィッチのロック・バンド、Makin’ Timeは後にThe Charlatansを結成するMartin Bluntの最初のバンドで、1980年代のモッズ・シーンから現れた。1985年にStiffよりデビュー・アルバム『Rhythm and Soul』をリリース。彼らのサウンドはパワー・ポップと60年代のポップ/ソウルを見事に融合させたもので、活気に満ちたエキサイティングなリズム&ソウルであった。当『Honey / Take What You Can Get』は、バンドのデビュー・シングルとなる予定だった。オリジナルのラインナップをフィーチャーしていたが、メンバーが変更となり、Countdownの親レーベル、Stiffがバンドをポップ・チャート向けるよう方向転換した為、結局はリリースされないままであった。




2021-02-11 : Acid Jazz :

■T.P ORCHESTRE POLY RYTHMO DE COTONOU | Acid JazzによるAlbarika Storeの一連のリイシュー・シリーズの此度は、T.P Orchestre Poly Rythmo De Cotonouによるレアな1978年リリースの『Benin 'Vol. 4 – Yehouessi Leopold Batteur』。キラー・トラック「Aiha Ni Kpe We」を収録。



2020.1.22 ON SALE

Acid JazzによるAlbarika Storeの一連のリイシュー・シリーズの此度は、T.P Orchestre Poly Rythmo De Cotonouによるレアな1978年リリースの『Benin 'Vol. 4 – Yehouessi Leopold Batteur』。キラー・トラック「Aiha Ni Kpe We」を収録。


■アーティスト:T.P ORCHESTRE POLY RYTHMO DE COTONOU
■タイトル:BENIN 'VOL. 4 – YEHOUESSI LEOPOLD BATTEUR
■品番:AJXLP553[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Davi Djinto Super No2
2. Homin Si Tche
3. Aiha Ni Kpe We

ベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeには数多くのレア・レコーディングが眠っており、オリジナルのレコードの多くはアフロ・ファンク、アフロ・ラテン、アフロ・サイケの代表的な作品としてDJやコレクターの間でも高い人気を誇る。Acid Jazz(Acid JazzはAlbarika Storeと独占のライセンス契約を締結)による一連のリイシューの此度はT.P Orchestre Poly Rythmo De Cotonouによる『Benin 'Vol. 4 – Yehouessi Leopold Batteur』で、元々は1978年にリリースされた見つけ出すのはほぼ不可能な貴重な作品だ。DJやダンサーにとっては、同アルバムはキラー・トラック「Aiha Ni Kpe We」を収録していることで知られる。




2021-01-20 : Acid Jazz :

■T. P. ORCHESTRE POLY RYTHMO DE COTONOU - REP POP DU BENIN | ベナンのアフロラテン・バンド、T. P. Orchestre Poly Rythmo De Cotonou - Rep Pop Du Beninが1977年にリリーした「Unite Africaine」と1978年にリリースした「Mede Ma Gnin Messe」の2曲を収録したアルバム。



2020.2.12 ON SALE

ベナンのアフロラテン・バンド、T. P. Orchestre Poly Rythmo De Cotonou - Rep Pop Du Beninが1977年にリリーした「Unite Africaine」と1978年にリリースした「Mede Ma Gnin Messe」の2曲を収録したアルバム。


■アルバム:T. P. ORCHESTRE POLY RYTHMO DE COTONOU - REP POP DU BENIN
■タイトル:UNITÉ AFRICAINE
■品番:AJXLP552[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Unite Africaine
2. Mede Ma Gnin Messe

ベナンはコトヌー出身のアフロラテン・バンド、T. P. Orchestre Poly Rythmo De Cotonou - Rep Pop Du Benin。彼らが1977年にリリーした「Unite Africaine」(ナイジェリア国境を越えラゴスのEMIスタジオでレコーディング)と1978年にリリースした「Mede Ma Gnin Messe」(元々は1978年のアルバム『Special 30 Novembre』に収録)の2曲を収録したアルバム。他のAlbarika Store(Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結)のカタログ同様、オリジナルのLPを見つけ出すのは非常に困難。




2021-01-20 : Acid Jazz :

■T.P. ORCHESTRE POLY RYTHMO DE COTONOU - REP POP DU BENIN | Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結。アーカイヴの中から第一弾として超レアで高い需要を持つオリジナル・アルバムを2タイトルをリリース。



2020.2月下旬 ON SALE

Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結。アーカイヴの中から第一弾として超レアで高い需要を持つオリジナル・アルバムを2タイトルをリリース。


■アーテイスト:T.P. ORCHESTRE POLY RYTHMO DE COTONOU - REP POP DU BENIN
■タイトル:SEGLA
■品番:AJXLP551[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Mi Kple Mi De
2. Dodji Lo
3. Segla

Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結。アーカイヴの中から第一弾として超レアで高い需要を持つ2枚のオリジナル・アルバムをリリース。『Ipa Boogie』は1978年にリリースされ、コレクターのマーケットでは高値で取引される今や入手困難なアルバム。『Segla』は1978年にスリーヴなしでALS059としてリリースされた作品。両タイトルともグラミー受賞エンジニア、Frank Merrittがオリジナルのテープよりリマスタリング。




2021-01-20 : Acid Jazz :

■IPA-BOOGIE | Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結。アーカイヴの中から第一弾として超レアで高い需要を持つオリジナル・アルバムを2タイトルをリリース。



2020.2月下旬 ON SALE

Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結。アーカイヴの中から第一弾として超レアで高い需要を持つオリジナル・アルバムを2タイトルをリリース。


■アーティスト:IPA-BOOGIE
■タイトル:IPA-BOOGIE
■品番:AJXLP550[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Get The Music Now
2. Africa
3. Jesus Kese Me
4. Alo Dangereux
5. Giving Yourself To Me
6. Sunga Mba

Acid Jazz Recordsはベナンのサウンドを定義し西アフリカ全域に影響を与えた伝説的なレーベル、Albarika Storeと独占のライセンス契約を締結。アーカイヴの中から第一弾として超レアで高い需要を持つ2枚のオリジナル・アルバムをリリース。『Ipa Boogie』は1978年にリリースされ、コレクターのマーケットでは高値で取引される今や入手困難なアルバム。『Segla』は1978年にスリーヴなしでALS059としてリリースされた作品。両タイトルともグラミー受賞エンジニア、Frank Merrittがオリジナルのテープよりリマスタリング。




2021-01-20 : Acid Jazz :

■MAKIN’ TIME | The CharlatansのMartin Bluntの最初のバンドとしても知られるMakin’ Time。彼らが1985年にリリースしたデビュー・アルバム『Rhythm and Soul』がヴァイナルでリリース。



2020.11.13 ON SALE

The CharlatansのMartin Bluntの最初のバンドとしても知られるMakin’ Time。彼らが1985年にリリースしたデビュー・アルバム『Rhythm and Soul』がヴァイナルでリリース。


■アーテイスト:MAKIN’ TIME
■タイトル:RHYTHM AND SOUL
■品番:DOWN1[LP/輸入盤]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Take What You Can Get
2. Feels Like It’s Love
3. Here Is My Number
4. Only Time Will Tell
5. Did I Tell You
6. Honey
7. I Gotta Move
8. Where The Rhythm Takes You
9. Every Single Day
10. The Girl That Touched My Soul
11. I Know What You’re Thinking
12. Stop This Cryin’ Inside

英ウェスト・ブロムウィッチのロック・バンド、Makin’ Timeは後にThe Charlatansを結成するMartin Bluntの最初のバンドで、1980年代のモッズ・シーンから現れた。1985年にStiffよりデビュー・アルバム『Rhythm and Soul』をリリース。彼らのサウンドはパワー・ポップと60年代のポップ/ソウルを見事に融合させたもので、活気に満ちたエキサイティングなリズム&ソウルであった。




2020-11-09 : Acid Jazz :

■MATT BERRY | 英国アカデミー賞(BAFTA)を獲得したことでも知られる俳優/ミュージシャン、マット・ベリー。デヴィッド・アーノルドやジャン・ミッシェル・ジャールとコラボレーション、ジョシュ・オムのデザート・セッションズへの参加でも知られる彼のニュー・アルバム『ファントム・バーズ』、アシッド・ジャズよりリリース。



2020.10.21 ON SALE

英国アカデミー賞(BAFTA)を獲得したことでも知られる俳優/ミュージシャン、マット・ベリー。デヴィッド・アーノルドやジャン・ミッシェル・ジャールとコラボレーション、ジョシュ・オムのデザート・セッションズへの参加でも知られる彼のニュー・アルバム『ファントム・バーズ』、アシッド・ジャズよりリリース。


■アーティスト:MATT BERRY(マット・ベリー)
■タイトル:PHANTOM BIRDS(ファントム・バーズ)
■品番:AJXCD536J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Something In My Eye
2. You Danced All Night
3. Phantom Birds
4. Moonlight Flit
5. Man Of Doom
6. Where’s My Love?
7. Take A Bow
8. Intermission
9. Hail To The King
10. In My Mind
11. That Yellow Bird
12. Waving Goodbye
13. Covered In Clowns

英国アカデミー賞(BAFTA)を獲得したことでも知られるMatt BerryはToast Of London、The IT Crowd、最近ではWhat We Do In The Shadowsへの出演でも知られる俳優だ。同時に彼はミュージシャンとしてのキャリアも積んでおり、これまでに幾多のアルバムをリリース。007シリーズの作曲も手掛けたDavid ArnoldやJean-Michel Jarreとのコラボレーションもおこない、Josh HommeのDesert Sessionsにも参加。2018年にリリースされた自身の最新作『TV Themes』はUKトップ40ヒットを記録した。『Phantom Birds』はBob Dylanのアルバム『John Wesley Harding』にインスパイアされたMattのニュー・アルバムとなる。曲に集中する為、最小限のミュージシャンンによりレコーディングし、Steven WilsonやSteve Hackettとの活動で知られるドラマーのCraig Blundellや伝説的なペダルスティール奏者、B J Coleを起用。Matt独特のスタイルを消すことはなく、アメリカ―ナの色合いを持った作品へと仕上げた。




2020-08-28 : Acid Jazz :

■NIMBUS SEXTET | アシッド・ジャズと契約したUKジャズ・シーンの新たな大きな才能、ニムバス・セクステット。独自のコンテンポラリー・ジャズをプレイする彼らのデビュー・アルバム『ドリームズ・フルフィルド』、リリース。



2020.10.28 ON SALE

アシッド・ジャズと契約したUKジャズ・シーンの新たな大きな才能、ニムバス・セクステット。独自のコンテンポラリー・ジャズをプレイする彼らのデビュー・アルバム『ドリームズ・フルフィルド』、リリース。


■アーティスト:NIMBUS SEXTET(ニムバス・セクステット)
■タイトル:DREAMS FULFILLED(ドリームズ・フルフィルド)
■品番:AJXCD542J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Trap Door
2. Lily White
3. Deep Dark Blue Lights
4. Klara
5. Séance
6. Dreams Fulfilled

Acid Jazzと契約したNimbus Sextetは2020年10月23日にリリースされるデビュー・アルバム『Dreams Fulfilled』からファースト・シングル「Trap Door」をリリースした。Nimbus SextetはUKジャズ・シーンの新たな大きな才能だ。ピアニスト/キーボーディストのJoe Nichols率いるこのバンドは独自のコンテンポラリー・ジャズをプレイする。彼らのサウンドの核はJoeと長年のコラボレーター、Alex PalmerとMischa Stevensの二人である。三人はエディンバラ大学時代に出会い、それ以来、一緒に演奏を続けてきた。その後、Martin FellとEuan Allardice、遅れてJames Mackayもラインナップに加わり、2018年にバンドは今の形となった。Nimbus Sextetのジャズをブレンドした親しみやすいメロディをもったテイクは猛烈なグルーヴ、洗練されたミュージシャンシップ、エピソード的な作曲と結びつく。そこからはThe RootsやRobert Glasperと同じくらい簡単にHerbie HancockやGil Scott-Heronからの要素を感じ取ることが出来る。




2020-08-28 : Acid Jazz :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム