fc2ブログ

■MARTA DEL GRANDI | ミラノとカトマンズを拠点とし、ジャズのバックグラウンドを持つシンガー/ソングライター、マルタ・デル・グランディ。様々な音楽からの影響を元に作り上げたデビュー・アルバム『アンティル・ウィー・フォッシライズ』をファイアー・レコードよりリリース。



2021.11.10 ON SALE

ミラノとカトマンズを拠点とし、ジャズのバックグラウンドを持つシンガー/ソングライター、マルタ・デル・グランディ。様々な音楽からの影響を元に作り上げたデビュー・アルバム『アンティル・ウィー・フォッシライズ』をファイアー・レコードよりリリース。


■アーティスト:MARTA DEL GRANDI(マルタ・デル・グランディ)
■タイトル:UNTIL WE FOSSILIZE(アンティル・ウィー・フォッシライズ)
■品番:FIRECD652J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Taller than His Shadow
2. Shy Heart
3. Amethyst
4. Swim to Me
5. Somebody New
6. Lullaby Firefly
7. Birdsong
8. Totally Fine

Marta Del Grandiはミラノとカトマンズを拠点とするシンガー/ソングライターだ。彼女はジャズのバックグラウンドを持ち、自然の魔法と動物の世界から、自らの歌のインスピレーションを得ている。パフォーミング・アーツ・デュオ、Fossick Projectの一員で、ジャズグループ、Mòs Ensembleのメンバーでもあり、ヨーロッパやアジアのミュージシャン/プロデューサーとコラボレートしている。『Until We Fossilize』はMartaの折衷的なデビュー・アルバムで、2021年11月、Fire Recordsよりリリースされる。60年代のウェスト・コーストのアンビエント・エキゾチカから、David Lynchのエーテル主義、そして、ドラマティックなEnnio Morriconeのスコアまで、彼女は様々な影響をベースに自らのスタイルを作り上げている。




スポンサーサイト



2021-10-01 : Fire Records :

■THE BEVIS FROND | ニック・サロマン率いるUKアンダーグラウンド・サイケデリック・ロックの至宝、ザ・ベヴィス・フロンド。バンドの35周年を記念する2枚組のニュー・アルバム『リトル・エデン』をリリース。



2021.9.15 ON SALE

ニック・サロマン率いるUKアンダーグラウンド・サイケデリック・ロックの至宝、ザ・ベヴィス・フロンド。バンドの35周年を記念する2枚組のニュー・アルバム『リトル・エデン』をリリース。【2CD】


■アーティスト:THE BEVIS FROND(ザ・ベヴィス・フロンド)
■タイトル:LITTLE EDEN(リトル・エデン)
■品番:FIRECD630J[2CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Disc One)
1. Everyone Rise
2. And Away We Go
3. Brain Fatigue
4. You Owe Me
5. They Will Return
6. Find The Mole
7. Do Without me
8. Hold Your Horses
9. The Man In The Garden
10. As I Lay Down To Die
(Disc Two)
1. Cherry Gardens
2. Numb In the Head
3. There's Always Love
4. Little Eden
5. Here Come the Flies
6. Pasted All Over
7. Start Burning
8. My Own Hollywood
9. Never Knew What Hit Me
10. Dreams of Flying

The Bevis Frond - Little Eden (Official Video)


The Bevis Frondは、イギリスのアンダーグラウンド・サイケデリック・ロック・バンドの筆頭で、1986年にロンドンで結成された。その中心はギタリスト/ソングライターのNick Salomanで、ブリティッシュ・サイケデリア、スペースロック、グランジ、ソウルフルな嘆き、白髪交じりのフォーク、そして天才的なポップの瞬間を衝突させたようなサウンドを鳴らす。2020年9月10日、バンドの35周年を記念し、The Bevis Frondは待望のニュー・アルバム『Little Eden』をリリースする。これは、Teenage FanclubやLemonheadsのハーモニーから、Dinosaur Jr.のグランジまで、音楽への愛情を再燃させる2枚組のアルバムだ。
「カルト・フェイヴァリット」(Pitchfork)
「ポップ、パンク、サイケを混ぜ合わせ、目がくらむような効果を生み出す」(The Guardian)




2021-07-27 : Fire Records :

■THE BEVIS FROND | ニック・サロマン率いるUKアンダーグラウンド・サイケデリック・ロックの至宝、ザ・ベヴィス・フロンド。9月にリリースされるニュー・アルバム『LITTLE EDEN(リトル・エデン)』より、「Little Eden」のビデオを公開。



The Bevis Frond - Little Eden (Official Video)


The Bevis Frondは、イギリスのアンダーグラウンド・サイケデリック・ロック・バンドの筆頭で、1986年にロンドンで結成された。その中心はギタリスト/ソングライターのNick Salomanで、ブリティッシュ・サイケデリア、スペースロック、グランジ、ソウルフルな嘆き、白髪交じりのフォーク、そして天才的なポップの瞬間を衝突させたようなサウンドを鳴らす。2020年9月10日、バンドの35周年を記念し、The Bevis Frondは待望のニュー・アルバム『Little Eden』をリリースする。これは、Teenage FanclubやLemonheadsのハーモニーから、Dinosaur Jr.のグランジまで、音楽への愛情を再燃させる2枚組のアルバムだ。
「カルト・フェイヴァリット」(Pitchfork)
「ポップ、パンク、サイケを混ぜ合わせ、目がくらむような効果を生み出す」(The Guardian)




2021-07-08 : Fire Records :

■VANISHING TWIN | ファンファーロのキャシー・ルーカスを中心に結成されたロンドンのサイケデリック・ポップ・バンド、ヴァニシング・ツイン。新たな境地を探求した約2年振りとなるサード・アルバム『オオキイ・ゲッコウ』、リリース。



2021.10.20 ON SALE 

ファンファーロのキャシー・ルーカスを中心に結成されたロンドンのサイケデリック・ポップ・バンド、ヴァニシング・ツイン。新たな境地を探求した約2年振りとなるサード・アルバム『オオキイ・ゲッコウ』、リリース。


■アーティスト:VANISHING TWIN(ヴァニシング・ツイン)
■タイトル:OOKII GEKKOU(オオキイ・ゲッコウ)
■品番:FIRECD583J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Big Moonlight (Ookii Gekkou)
2. Phase One Million
3. Zuum
4. The Organism
5. In Cucina
6. Wider Than Itself
7. Light Vessel
8. Tub Erupt
9. The Lift

Vanishing Twin - Big Moonlight (Ookii Gekkou) Official Video


Vanishing TwinはFanfarloのCathy Lucasを中心に2015年に結成されたロンドンをべースとするサイケデリック・ポップ・バンドだ。現在まで『Choose Your Own Adventure』(2016年)、『The Age of Immunology』(2019年)と2枚のアルバムをリリースしている。そのバンド名からサウンドまで、Vanishing Twinには謎がある。彼らの鳴らす音は普通ではないが、多くの仄めかしがそこにはある。自身3枚目のアルバムとなる当『Ookii Gekkou』(日本語でビッグ・ムーンライト)は、様々なルール下での日常の音だ。これは暗黒の時代に書かれ制作されたレコードで、過去1年間の全ての狂気の為のドリームキャッチャーだ。アフロファンク、アウター・ジャズ、アヴァンギャルドを取り入れ、Sun Ra、Alice Coltrane、Martin Denny、Morricone、Holger Czukay(Can)、The Free Design等に言及しながら、Vanishing Twinは『Ookii Gekkou』で新境地を探る。
「現時点で最も独創的でエキサイティングなアクトの一つ」-The Quietus




2021-07-08 : Fire Records :

■VANISHING TWIN | ファンファーロのキャシー・ルーカスを中心に結成されたロンドンのサイケデリック・ポップ・バンド、ヴァニシング・ツイン。10月にリリースされるニュー・アルバム『OOKII GEKKOU(オオキイ・ゲッコウ)』より「Big Moonlight (Ookii Gekkou) 」のビデオを公開。



Vanishing Twin - Big Moonlight (Ookii Gekkou) Official Video


Vanishing TwinはFanfarloのCathy Lucasを中心に2015年に結成されたロンドンをべースとするサイケデリック・ポップ・バンドだ。現在まで『Choose Your Own Adventure』(2016年)、『The Age of Immunology』(2019年)と2枚のアルバムをリリースしている。そのバンド名からサウンドまで、Vanishing Twinには謎がある。彼らの鳴らす音は普通ではないが、多くの仄めかしがそこにはある。自身3枚目のアルバムとなる当『Ookii Gekkou』(日本語でビッグ・ムーンライト)は、様々なルール下での日常の音だ。これは暗黒の時代に書かれ制作されたレコードで、過去1年間の全ての狂気の為のドリームキャッチャーだ。アフロファンク、アウター・ジャズ、アヴァンギャルドを取り入れ、Sun Ra、Alice Coltrane、Martin Denny、Morricone、Holger Czukay(Can)、The Free Design等に言及しながら、Vanishing Twinは『Ookii Gekkou』で新境地を探る。
「現時点で最も独創的でエキサイティングなアクトの一つ」-The Quietus




2021-07-01 : Fire Records :

■LUCY GOOCH | 英ブリストルのアンビエント・シーンで活動するルーシー・グーチ。ピッチフォークやガーディアンも絶賛した2020年のデビューEPに続く『レインズ・ブレイクEP』、ファイア・レコードよりリリース。



2021.7.28 ON SALE

英ブリストルのアンビエント・シーンで活動するルーシー・グーチ。ピッチフォークやガーディアンも絶賛した2020年のデビューEPに続く『レインズ・ブレイクEP』、ファイア・レコードよりリリース。


■アーティスト:LUCY GOOCH(ルーシー・グーチ)
■タイトル:RAIN’S BREAK EP(レインズ・ブレイクEP)
■品番:FIRECD636J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Rain's Break
2. It Brings Me Back to You
3. Chained to a Woman
4. 6AM
5. Ash and Orange

Lucy Gooch - Rain's Break (Official Video)


Lucy Goochの音楽は美しい霧だ。それは色あせたテープ・ループでKate Bushのサブリミナル・エコーを聴くようなものである。英ノーフォーク出身のLucyはファインアートを学び、後にブリストルに移り、そこで新たなアンビエントのシーンに参加した。徐々に曲を書き始め、2020年初頭にデビューEP『Rushing』をリリース。The Guardian、Pitchfork、NPR他、様々なメディアから高い評価を獲得した。当『Rain’s Break』EPはFireからは初のリリースで、『Rushing』EPに続く作品となる。Powell and Pressburgerによる初期のテクニカラー映画にインスパイアされた作品で、シンセサイザーとボーカルのレイヤーを使ってLucyは各映画のスコアと物語の要素を曲に集中させる。このEPを聴くことにより、あなたは様々な場所へ導かれ、焦点を移動し、大きなキャンヴァスに絵を描くことが出来る。




2021-06-17 : Fire Records :

■VIRGINIA WING | ★★★★ Pitchfork、★★★★ The Guardian、★★★★ Uncut、★★★★ AllMusic、★★★★★ The Vinyl District、★★★★ Clash、★★★★ DIY Mag、★★★★ Blow Up。ヴァージニア・ウイングのニュー・アルバム『PRIVATE LIFE(プライヴェート・ライフ)』、発売中。



“Broadcast if they were raised on Alice Coltrane and Pharoah Sanders rather than Silver Apples and United States Of America” ★★★★ Pitchfork
“Alice Merida Richards combines her calm sprechgesang with rage against millennial misogyny, offset by rich earwormy electronics” ★★★★ The Guardian
“Dreamy and introspective yet teeming with ambition” ★★★★ Uncut
“Virginia Wing’s skill at capturing the ways the inner and outer worlds of experience coexist and combine remains remarkable” ★★★★ AllMusic
“Gorgeous” ★★★★★ The Vinyl District
“A masterclass in postmodernism, the merging of high and low art makes 'Private Life' feel very timely.” ★★★★ Clash
“Virginia Wing’s definitive experimental style continues to be electrifyingly alluring” ★★★★ DIY Mag
“L'album scorre che e' un piacere” ★★★★ Blow Up




続きを読む

2021-04-28 : Fire Records :

■MARINA ALLEN | 70年代のクラシックが染み込んだジャジーでフォーキーなポップを書く米ロサンジェルスのシンガーソングライター、マリーナ・アレン。デビュー・アルバム『キャンドルパワー』をファイアー・レコードよりリリース。



2021.6.9 ON SALE 

70年代のクラシックが染み込んだジャジーでフォーキーなポップを書く米ロサンジェルスのシンガーソングライター、マリーナ・アレン。デビュー・アルバム『キャンドルパワー』をファイアー・レコードよりリリース。


■アーティスト:MARINA ALLEN(マリーナ・アレン)
■タイトル:CANDLEPOWER(キャンドルパワー)
■品番:FIRECD633J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Oh, Louise
2. Original Goodness
3. Belong Here
4. Sleeper Train
5. Believer
6. Ophelia
7. Reunion

Marina Allen - Oh, Louise (Official Video)


Marina Allen - Belong Here (Official Video)


Marina Allen - Sleeper Train (Official Video)


米ロサンジェルスのシンガーソングライター、Marina AllenはLaura Nyro、Judee Sill、The Carpentersといった70年代のクラシックが染み込んだポップを書くが、明らかに独自の音楽を作り上げている。彼女は2020年6月4日にFire Recordsよりデビュー・アルバム『Candlepower』をリリースする。『Candlepower』はメロディーの並置だ。ありふれた世界の隙間を背景とした痛々しいほど美しい曲のセットであり、日常やあらゆる場所についての魅力的な解説でもある。全ての事が20分の中に詰まっており、ここでは毎秒が重要となる。ファースト・シングルとなるオープニング・トラック「Oh Louise」を聴けば、彼女の才能の広さを理解できる。この曲は、彼女の甘くて透き通った声と、ジャジーでフォーキーな曲作りのスタイルを示す素晴らしいショーケースである。Marina Allenは彼女の世代の偉大な新しい声の一人だ。




2021-04-19 : Fire Records :

■THE CHILLS | マーティン・フィリップス率いるニュージーランドはダニーデンの最高傑作、ザ・チルズ。2018年のアルバム『スノウ・バウンド』、2019年の自身のドキュメンタリー映画に続く7枚目のアルバム『スキャッターブレイン』、リリース。



2021.5.19 ON SALE

マーティン・フィリップス率いるニュージーランドはダニーデンの最高傑作、ザ・チルズ。2018年のアルバム『スノウ・バウンド』、2019年の自身のドキュメンタリー映画に続く7枚目のアルバム『スキャッターブレイン』、リリース。


■タイトル:THE CHILLS(ザ・チルズ)
■タイトル:SCATTERBRAIN(スキャッターブレイン)
■品番:FIRECD581J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Monolith
2. Hourglass
3. Destiny
4. Caught In My Eye
5. You're Immortal
6. Little Alien
7. Safe and Sound
8. Worlds Within Worlds
9. Scatterbrain
10. The Walls Beyond Abandon

The Chills - Monolith (Official Video)


The Chillsはニュージーランドのダニーデンで1980年に結成されたロック・バンドだ。事実上、シンガー/ソングライターのMartin Phillippsのソロ・プロジェクトで、彼が唯一の結成時からのメンバーである。1987年にFlying Nunよりデビュー・アルバム『Brave Words』をリリース。1990年のメジャー・デビュー作となるセカンド・アルバム『Submarine Bells』はニュージーランドのチャートで1位を獲得した。その後もメンバー・チェンジを行いながら活動を継続。5枚目のアルバム『Silver Bullets』からFire Recordsより作品を発表している。当『Scatterbrain』は大きな成功を収めた2018年の『Snow Bound』、高い評価を獲得した翌2019年のバンドのドキュメンタリー映画『The Chills: The Triumph And Tragedy Of Martin Phillipps』に続く作品で、自身7枚目のアルバムとなる。これは、現代の偉大なソングライターの1人による画期的なアルバムで、ニューノーマルのための純粋なポップミュージックである。ここには良い時も悪い時も生きてきた男、Phillippsからの示唆に富む刺激的なテイクが収録されている。なお、アートワークはTreesのDavid Costaが手掛けた。




2021-03-22 : Fire Records :

■JANE WEAVER | 4★ The Guardian – Album of the Week、4★ The Times、4.5★Uncut、4★ MOJO、4★ Record Collector、4★ The Line Of Best Fit、4★ Loud & Quiet、4★ Music OMH・・・。ジェーン・ウィーヴァー、3/10発売のニュー・アルバム『FLOCK(フロック)』より、「Heartlow」のTechnicolourビデオを公開。



Jane Weaver - Heartlow (Technicolour Video)


“An artist at the top of her game” NPR
“Exhilarating” ★★★★ The Guardian – Album of the Week
“Smart, imaginative pop”  ★★★★ The Times
“‘Flock’ might prove to be the defining album in her career” ★★★★1/2 Uncut
“Her finest set to date” ★★★★ MOJO
“Brilliant” ★★★★ Record Collector
“Weaver goes pop with superlative results” ★★★★ The Line Of Best Fit
★★★★ Loud & Quiet
★★★★ Financial Times
★★★★ The Scotsman
★★★★ Shindig
★★★★ The Artsdesk
“Glorious” Juno - Album Of The Week
“Revolutionary” ★★★★ Music OMH
★★★★1/2 Sydney Morning Herald
“A true master” Billboard
“Glorious” The Quietus
“Impressive” Louder Than War
“Virtuously produced Glamour-Pop” der Tagesspiegel
★★★★ OX
★★★★1/2 Bayern2
★★★★ De Standaard
★★★★ Knack Focus
★★★★ Written In Music
★★★★ Rumore
★★★★ Mondo Sonoro




続きを読む

2021-03-08 : Fire Records :

■VIRGINIA WING | 好評価獲得中。ヴァージニア・ウイングのニュー・アルバム『PRIVATE LIFE(プライヴェート・ライフ)』、2/17リリース。



“The brilliant Manchester trio heighten the intensity of their surreal, soberly euphoric pop” The Guardian

“private LIFE furthers the group’s investigations into 1980s American art hybrid pop, leftfield jazz and a seriously bright sky of analogue synthesisers” The Quietus

“A release that relocates their eclectic synthpop from the bright possibilities of the landscape to a more enigmatic private space.” The Wire

“The sound of a band confidently expanding its horizons” Record Collector

“Blending pop sensibility with avant-garde experimentation” Louder Than War

“"I'm Holding Out for Something" tips its hat to early dance acts like Soul II Soul, but Virginia Wing do it in their own at-a-distance style.” Brooklyn Vegan

“La pop synthétique inventive et décalée de ce trio londonien devrait plaire aux fans des Talking Heads et de The Chap.” Liberation x Tsugi

“private LIFE tient ses promesses. Il refuse l’immobilisme, le trop-plein de conformisme (…) un album qualitatif, porté par des sons imaginatifs et des textures qui le créditent” Muzzart

“L'album scorre che e' un piacere” ★★★★ Blow Up

"Ammirevole il valore dato ai testi" Rumore




続きを読む

2021-02-09 : Fire Records :

■JANE WEAVER | キル・ローラやミスティ・ディクソンでの活動、自身のレーベル、バードの運営でも知られる英リヴァプール出身のミュージシャン、ジェーン・ウィーヴァー。約2年振りとなるニュー・アルバム『フロック』をリリース。



2021.3.10 ON SALE

キル・ローラやミスティ・ディクソンでの活動、自身のレーベル、バードの運営でも知られる英リヴァプール出身のミュージシャン、ジェーン・ウィーヴァー。約2年振りとなるニュー・アルバム『フロック』をリリース。


■アーティスト:JANE WEAVER(ジェーン・ウィーヴァー)
■タイトル:FLOCK(フロック)
■品番:FIRECD544J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Heartlow
2. The Revolution Of Super Visions
3. Stages Of Phases
4. Lux
5. Modern Reputation
6. Flock
7. Sunset Dreams
8. All The Things You Do
9. Pyramid Schemes
10. Solarised

Jane Weaver - Heartlow (Official Video)


Jane Weaverは初期にはFactory Recordsの創設者、Rob Grettonからの強いサポートを受け、過去にDovesやElbowが彼女のバックバンドとしてプレイしていたことでも知られる。また、女性ミュージシャンの育成/促進を目指し、Andy VotelのTwisted Nerve内にインプリント、Bird Recordsを設立。初期のCate Le Bon、Beth Jeans Houghton、Maxine Peakeの作品のリリースもおこなった。絶賛される多くのソロ・アルバムをリリースし、Wendy & Bonnie、Suzanne Ciani、Cybotron、Suzanne Christie、Demdike Stare、Dave Tyack、The Focus Group、David Holmes、Badly Drawn Boy、Dave Brock等、幅広い分野のアーティストとも活動もしている。『Flock』はJane Weaverが常に作りたいと思っていたような作品だ。純然たる彼女自身が反映され、気取らないポップ感、機知、優しさ、ユーモア、魅力を備えている。ネガティヴな時代に対する意識的にポシティヴなヴィジョンを持ち、思慮深いが空気のような作品でもある。




2021-01-18 : Fire Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム