fc2ブログ

■MARINA ALLEN | 70年代のクラシックが染み込んだジャジーでフォーキーなポップを鳴らすLAのシンガーソングライター、マリーナ・アレン。クリス・コーエンがプロデュースを手掛けたセカンド・アルバム『セントリフィクス』をリリース。



2022.9.21 ON SALE

70年代のクラシックが染み込んだジャジーでフォーキーなポップを鳴らすLAのシンガーソングライター、マリーナ・アレン。クリス・コーエンがプロデュースを手掛けたセカンド・アルバム『セントリフィクス』をリリース。


■アーティスト:MARINA ALLEN(マリーナ・アレン)
■タイトル:CENTRIFICS(セントリフィクス)
■品番:FIRECD657J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Celadon
2. Getting Better
3. Or Else
4. Smoke Bush
5. Superreality
6. New Song Rising
7. Halfway Home
8. My Stranger
9. Foul Weather Jacket Drawing
10. Gardiner's Island

Marina Allen - Superreality (Official Video)


『Centrifics』はロサンジェルスをベースとするミュージシャン、Marina Allenの『Candlepower』(2021年)に続くセカンド・アルバムだ。メロディとフックに満ち、瞑想的なこの作品は、Allenが北カリフォルニアに6ヶ月間滞在していた時に書かれ、一般的なシンガーソングライターではなく、ロフト・ジャズ、Karen Carpenter、Meredith Monk、ニューヨークのアヴァンギャルド、Joanna Newsom、Neko Case、Fiona Appleからの影響を受けている。アルバムは2021年から2022年にかけ、ロサンジェルスのいくつかのスタジオでレコーディング。Chris Cohenがプロデュース、エンジニアリング、ミックスを手掛け、Cohen、Logan Hone、Jonny Kosmo、Emily Elhaj(Angel Olsen)、Jasper McMahon、Ben Varian、Joachim Polack(Pearl and the Oysters、Mild High Club)等がゲスト参加している。




スポンサーサイト



2022-06-17 : Fire Records :

■THE DREAM SYNDICATE | スティーヴ・ウィン率いるオルタナティヴ・ロック・バンド、ドリーム・シンジケート。80年代のペイズリー・アンダーグラウンド・シーンから生まれた最も著名なバンバンドの一つである彼らが、ニュー・アルバム『ウルトラヴァイオレット・バトル・ヒムズ・アンド・トゥルー・コンフェッションズ』をリリース。



2022.6.15 ON SALE

スティーヴ・ウィン率いるオルタナティヴ・ロック・バンド、ドリーム・シンジケート。80年代のペイズリー・アンダーグラウンド・シーンから生まれた最も著名なバンバンドの一つである彼らが、ニュー・アルバム『ウルトラヴァイオレット・バトル・ヒムズ・アンド・トゥルー・コンフェッションズ』をリリース。


■アーティスト:THE DREAM SYNDICATE(ドリーム・シンジケート)
■タイトル:ULTRAVIOLET BATTLE HYMNS AND TRUE CONFESSIONS(ウルトラヴァイオレット・バトル・ヒムズ・アンド・トゥルー・コンフェッションズ)
■品番:FIRECD664J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Where I’ll Stand
2. Damian
3. Beyond Control
4. The Chronicles of You
5. Hard to Say Goodbye
6. Every Time You Come Around
7. Trying to Get Over
8. Lesson Number One
9. My Lazy Mind
10. Straight Lines

The Dream Syndicateの新作はヴィンテージのKrautrock、Brian Enoを彷彿させるアンビエンス、Neu!にインスパイアされたリズミック・グルーヴ、そしてカリフォルニアの太陽のような輝きが、彼らのサイケデリックでメロディックな色彩に溶け込んでいる。The Dream Syndicateはシンガー/ソングライター/ギタリストのSteve Wynn、ドラムのDennis Duck、ベースのMark Walton、リード・ギタリストのJason Victor、そこに新たなメンバーであるキーボードのChris Cacavasを加えたオルナタティヴ/ネオ・サイケデリア/ペイズリー・アンダーグラウンドのバンドだ。1981年に結成され1989年まで活動するも解散。2012年に再結成し、2017年に復活作『How Did I Find Myself Here?』をリリース。その後はコンスタントに作品を発表している。




2022-06-17 : Fire Records :

■HATER | スウェーデンのマルメをベースに活動するカルテット、ヘイターのニュー・アルバムが完成。ゴージャスで眩いばかりのロマンティシズムを持ったノイジーでビタースウィートなシューゲイザー・ポップ『シンシア』、リリース。



2022.5.18 ON SALE

スウェーデンのマルメをベースに活動するカルテット、ヘイターのニュー・アルバムが完成。ゴージャスで眩いばかりのロマンティシズムを持ったノイジーでビタースウィートなシューゲイザー・ポップ『シンシア』、リリース。


■アーティスト:HATER(ヘイター)
■タイトル:SINCERE(シンシア)
■品番:FIRECD584J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Something
2. I'm Yours Baby
3. Bad Luck
4. Proven Wrong
5. Brave Blood
6. Far From A Mind
7. Summer Turns to Heartburn
8. Renew, Reject
9. Hopes High

「世界最高のバンドのひとつ」Gorilla vs Bear
「あなたが次に夢中になるスカンジナビアン・インディ・ポップ」Flood
「素晴らしい」Stereogum
Haterはスウェーデンのマルメをベースに活動するインディー・ポップ・カルテットだ。Fire Recordsと契約し、2017年にEP『Red Blinders』、2018年にアルバム『Siesta』をリリースしている。彼らのニュー・アルバム『Sincere』は、My Bloody Valentine、Slowdive、Deerhunterを彷彿とさせるノイジーでビタースウィートなシューゲイザー・ポップへと仕上がっている。Caroline Landahlの優しくも研ぎ澄まされたヴォーカルが、豊かな質感のクレッシェンド、キメの細かいギター、繊細なメロディーを導く。このゴージャスで眩いばかりのロマンティシズムを持ったアルバムは、2021年、2人の新しいバンドメンバーを迎え、マルメでレコーディングされた。プロデュースは長年のコラボレーター、Joakim Lindbergで、ミキシングとマスタリングはJohn Cornfield(Ride、The Stone Roses、Robert Plant)が手掛けた。




2022-04-15 : Fire Records :

■50 FOOT WAVE | スローイング・ミュージズのクリスティン・ハーシュによるもう一つのバンド、フィフティ・フット・ウェイヴ。本家では奇妙でワイルドすぎると判断された素材の出口としてスタートした彼らのニュー・アルバム『ブラック・パール』、リリース。



2022.4.20 ON SALE

スローイング・ミュージズのクリスティン・ハーシュによるもう一つのバンド、フィフティ・フット・ウェイヴ。本家では奇妙でワイルドすぎると判断された素材の出口としてスタートした彼らのニュー・アルバム『ブラック・パール』、リリース。


■アーティスト:50 FOOT WAVE(フィフティ・フット・ウェイヴ)
■タイトル:BLACK PEARL(ブラック・パール)
■品番:FIRECD626J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Staring Into The Sun
2. Hog Child
3. Fly Down South
4. Black Pearl
5. Broken Sugar
6. Blush
7. Double Barrel

50 Foot Wave - Black Pearl (Album Trailer)


『Black Pearl』はオルタナティヴ・ロック・バンド、50 Foot Waveのニュー・アルバムだ。50 Foot Waveは2003年にスタートしたThrowing MusesのKristin Hershによるもう一つのバンドで、同じくThrowing MusesのBernard Georgesがベース、Rob Ahlersがドラムを担当する。グランジのメランコリーとドローンコアの威圧感を持つ「Staring Into The Sun」のヘビーでエコーが効いたリフから、クモのようなギターがドラムとベースによるモトリックなビートに溶けていくバロックの「Hog Child」まで、そのサウンドの旅は続く。Throwing Musesでは奇妙すぎる、あるいはワイルドすぎると判断された素材の出口として、50 Foot Waveは様々な方面から歓迎されている。威嚇的でまとい付くような無駄のない飢えたリフのスパイラルは、儚いメロディをフィードバックが切り裂くように、燃え上がる。




2022-02-21 : Fire Records :

■50 FOOT WAVE | スローイング・ミュージズのクリスティン・ハーシュによるもう一つのバンド、フィフティ・フット・ウェイヴ。4月にリリースされるニュー・アルバム『BLACK PEARL(ブラック・パール)』のトレイラーを公開。



50 Foot Wave - Black Pearl (Album Trailer)


『Black Pearl』はオルタナティヴ・ロック・バンド、50 Foot Waveのニュー・アルバムだ。50 Foot Waveは2003年にスタートしたThrowing MusesのKristin Hershによるもう一つのバンドで、同じくThrowing MusesのBernard Georgesがベース、Rob Ahlersがドラムを担当する。グランジのメランコリーとドローンコアの威圧感を持つ「Staring Into The Sun」のヘビーでエコーが効いたリフから、クモのようなギターがドラムとベースによるモトリックなビートに溶けていくバロックの「Hog Child」まで、そのサウンドの旅は続く。Throwing Musesでは奇妙すぎる、あるいはワイルドすぎると判断された素材の出口として、50 Foot Waveは様々な方面から歓迎されている。威嚇的でまとい付くような無駄のない飢えたリフのスパイラルは、儚いメロディをフィードバックが切り裂くように、燃え上がる。




2022-02-15 : Fire Records :

■MODERN STUDIES | スコットランドとランカシャーの間に拠点を置くチェンバー・ポップ・バンド、モダン・スタディーズ。天性のヴォーカリスト、エミリー・スコット率いる彼らのニュー・アルバム『ウィ・アー・ゼア』、ファイアー・レコードよりリリース。



2022.3.16 ON SALE

スコットランドとランカシャーの間に拠点を置くチェンバー・ポップ・バンド、モダン・スタディーズ。天性のヴォーカリスト、エミリー・スコット率いる彼らのニュー・アルバム『ウィ・アー・ゼア』、ファイアー・レコードよりリリース。


■アーティスト:MODERN STUDIES(モダン・スタディーズ)
■タイトル:WE ARE THERE(ウィ・アー・ゼア)
■品番:FIRECD640J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Sink Into
2. Light a Fire
3. Comfort Me
4. Two Swimmers
5. Wild Ocean
6. Open Face
7. Won't Be Long
8. Mothlight
9. Do You Wanna
10. Winter Springs

スモーキーなフォーク・トラックを通し、Modern Studiesは豊かなサウンドトラックを作り上げた。Julie London、Sandy Denny、Kate Bush、Joni Mitchellが混じりあったようなEmily Scottの哀愁漂うヴォーカルは、子守唄からゴージャスなチェンバー・ポップのメロディへと展開する。ストリングスの使用により、バンドは未知の領域へと導かれ、ニュー・アルバム『We Are Here』は、サイケ・フォークのルーツを超えたカテゴライズ不能な作品となった。そのサウンドは、Brubeck、Low、Talk Talk、Jim O’Rourke、Pentangle等を想起させ、時代と交差する。Modern Studiesはスコットランドとランカシャーの間に拠点を置くチェンバー・ポップ・バンドだ。2015年にEmily Scottにより結成され、Fire Recordsから作品をリリースしている。




2022-02-03 : Fire Records :

■ABIODUN OYEWOLE | ヒップホップの元祖とも言われるラップのゴッドファーザー、ラスト・ポエッツ。その創設メンバーであるアビオドゥン・オイウォルのニュー・アルバム。



2022.3.16 ON SALE

ヒップホップの元祖とも言われるラップのゴッドファーザー、ラスト・ポエッツ。その創設メンバーであるアビオドゥン・オイウォルのニュー・アルバム。


■アーティスト:ABIODUN OYEWOLE(アビオドゥン・オイウォル)
■タイトル:GRATITUDE(グラティテュード)
■品番:AFAR004CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Rain (Featuring Taylor Pace)
2. My Life
3. A Poem
4. Harlem
5. Brooklyn (featuring Ade da Poet)
6. To Begin (featuring Pharoah Davis)
7. Praise the Lord
8. Spirit (featuring Melodie Nicole)
9. Without You (featuring Jessica Care Moore)
10. Occupy (featuring Mosi)
11. Right Here Waiting (featuring J Ivy)
12. What I Want to See

『Gratitude』はThe Last Poetsの創設メンバーで、詩人、教師でもあるAbiodun Oyewoleの待望のニュー・アルバムだ。『Gratitude』は、抗議のアルバムではない。怒る男ではなく、年を取ったより賢い男が人生と精神の探求を振り返るもので、Abiodunの包括的な言葉や神の声を通してインスピレーションを与える作品だ。Abiodunはアメリカのミュージック/スポークンワード・グループ、The Last Poetsの創設メンバーとして知られる。The Last Poetsはラップのゴッドファーザーと呼ばれ、最初のヒップホップ・グループと認識されている。彼らは革命、セックス、死、ドラッグ、ブラック・パワーを含んだ自分たちの言葉を所有し、それは、誇りであり、主張であり、力を与える感覚であった。1968年5月19日、Malcolm Xの誕生日を祝して、The Last PoetsはMount Morris Park(現在はMarcus Garvey Parkと呼ばれる)で史上初のコンサートを開催。1970年には、デビュー・アルバムがリリースされた。




2022-02-03 : Fire Records :

■JOSEPHINE FOSTER | 米コロラド州出身のシンガーソングライター、ジョセフィン・フォスターの新作が完成。時間と空間の境界を超えた場所と波動を体験することができる美しいバロックの傑作『ゴッドマザー』、リリース。



2022.3.16 ON SALE

米コロラド州出身のシンガーソングライター、ジョセフィン・フォスターの新作が完成。時間と空間の境界を超えた場所と波動を体験することができる美しいバロックの傑作『ゴッドマザー』、リリース。


■アーティスト:JOSEPHINE FOSTER(ジョセフィン・フォスター)
■タイトル:GODMOTHER(ゴッドマザー)
■品番:FIRECD647J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hum Menina
2. Sparks Fly
3. Guardian Angel
4. Old Teardrop
5. Flask of Wine
6. Gold Entwine
7. Dali Rama
8. Nun of the Above
9. The Sum of Us All

Josephine Fosterは米コロラド州出身のシンガーソングライターだ。古典的な声と作品で知られ、古いスタイルを現代的に解釈し、簡単に分類することが難しいスタイルを作り上げている。10代の頃、Fosterは教会の歌手として働いており、オペラ歌手になることを熱望していた。1998年、よりオペラを学ぶ為にシカゴに移り、自らの曲のホーム・レコーディングも開始。それが2000年のデビュー・アルバム『There Are Eyes Above』となった。当『Godmother』は、2020年の『No Harm Done』に続くアルバムとなる。アンビエント・シンセとFosterの清らかなギターによる美しいバロックの傑作で、ドリーム・ポップやサイケ・フォークの要素も持つ。時間と空間の境界を超えた場所と波動を体験することができ、信心深く、スピリチュアルで、あらゆる旅にふさわしいサウンドトラックだ。




2022-02-01 : Fire Records :

■LUCY GOOCH | 英ブリストルのアンビエント・シーンで活動するLucy Gooch。PitchforkやThe Guardianも絶賛した2020年のEP『Rushing』が、新しいアートワークに一新され、ニュー・トラック「Orthione」を追加してリイシュー。



2022.1.21 ON SALE

英ブリストルのアンビエント・シーンで活動するLucy Gooch。PitchforkやThe Guardianも絶賛した2020年のEP『Rushing』が、新しいアートワークに一新され、ニュー・トラック「Orthione」を追加してリイシュー。


■アーティスト:LUCY GOOCH
■タイトル:RUSHING EP (EXPANDED EDITION)
■品番:FIRE634[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side A)
1. My Lights Kiss Your Thoughts Every Moment
2. Rushing
3. Stalagmites & Helicitites
(Side B)
4. Sun
5. There is a Space In Between
6. Orthione

英ブリストルのアンビエント・シーンで活動するLucy Goochの2020年にリリースされたEP『Rushing』が、新しいアートワークに一新され、ニュー・トラック「Orthione」を追加してリイシュー。2021年にリリースされ高い評価を獲得したFire RecordsからのデビューEP『Rain’s Break』に続くリリース。




2022-02-01 : Fire Records :

■COME | 米ボストンの伝説のオルタナティヴ・ロック・バンド、Come。バンドの絶頂期におこなわれたピール・セッションの音源をコンパイルしたアルバム。



2022.2.25 ON SALE

米ボストンの伝説のオルタナティヴ・ロック・バンド、Come。バンドの絶頂期におこなわれたピール・セッションの音源をコンパイルしたアルバム。


■アーティスト:COME
■タイトル:PEEL SESSIONS
■品番:FIRELP641[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side A)
1. Dead Molly (Peel Session, 1992)
2. Bell (Peel Session, 1992)
3. William (Peel Session, 1992)
4. Off To One Side (Peel Session, 1992)
(Side B)
5. Wrong Side (Peel Session, 1992)
6. Sharon Vs. Karen (Peel Session, 1993)
7. Mercury Falls (Peel Session, 1993)
8. City of Fun (Peel Session, 1993)
9. Clockface (Live in Boston, 1991)

Thalia Zedekを中心に1990年に結成された米ボストンの伝説のオルタナティヴ・ロック・バンド、Come。バンドの絶頂期におこなわれた1992年と1993年Peel Sessionの音源に、1991年未発表ライヴ・トラック「Clockface」を追加したアルバム。




2022-01-31 : Fire Records :

■PICTISH TRAIL | スコットランド生まれで、現在はエッグ島に住むエレクトロ・アコースティック・サイケ・ポップの奇才、ジョニー・リンチのプロジェクト、ピクティッシュ・トレイル。自身5枚目となるアルバム『アイランド・ファミリー』をファイアー・レコードよりリリース。



2022.3.23 ON SALE

スコットランド生まれで、現在はエッグ島に住むエレクトロ・アコースティック・サイケ・ポップの奇才、ジョニー・リンチのプロジェクト、ピクティッシュ・トレイル。自身5枚目となるアルバム『アイランド・ファミリー』をファイアー・レコードよりリリース。


■アーティスト:PICTISH TRAIL(ピクティッシュ・トレイル)
■タイトル:ISLAND FAMILY(アイランド・ファミリー)
■品番:FIRECD656J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Island Family
2. Natural Successor
3. The River It Runs Inside Of Me
4. In The Land Of The Dead
5. It Came Back
6. Thistle
7. Melody Something
8. Nuclear Sunflower Swamp
9. Green Mountain
10. Remote Control

『Island Family』はスコットランド生まれで、現在はエッグ島に住むエレクトロ・アコースティック・サイケ・ポップの奇才、Pictish TrailことJohnny Lynchの5枚目のアルバムだ。Fever Ray、The Flaming Lips、Liars、Mercury Rev、Beckにインスパイアされたこのアルバムは、奇妙で予測不可能、無愛想でありながらも、深く個人的な作品だ。どんなに努力しても、人が島のように孤立した存在であり続けることはできないということをテーマとしている。アルバムはJohnny自身のレーベル、Lost Mapのサポートにより、Fire Recordsから2022年3月にリリースされる。プロデュースは長年のコラボレーターであるRob Jones (The Voluntary Butler Scheme、The Gene Dudley Group)が担当した。




2022-01-31 : Fire Records :

■JANE WEAVER | Piccadilly Records、Top 100 Albums of 2021、3位。ジェーン・ウィーヴァー『FLOCK(フロック)』、発売中。





続きを読む

2021-12-13 : Fire Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム