fc2ブログ

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJR.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。






Dinosaur Jr.、FUJI ROCK FESTIVAL '22(フジロックフェスティバル '22)、出演決定。初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン 』、公開中。


★切なく哀愁を帯びたメロディを殺伐とした轟音で包み込む、アメリカン・オルタナティブ・ロックの核をなしたバンド、ダイナソーJr.。初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン 』、公開中。
dinosau_KEY.jpg


J・マスキスのギター音があまりに巨大だったため、リズム隊の二人は自らの音が聴こえるべくボリュームを上げるしかなかったというダイナソーJr.の凄まじい轟音は、ニルヴァーナやサウンドガーデン、パール・ジャムなどのグランジ・ムーブメントが勃発するより前にソニック・ユースに見出された。2ndアルバムは US ハードコア界の総統ともいうべきグレッグ・ギン(ブラック・フラッグ)運営の SST レコードからリリース。巷に溢れたハードコア・サウンドとは一線を画す、暗く、ヘヴィでギターまみれな音の洪水でありながらもポップでキャッチーさを備え、そしてニール・ヤングやニック・ケイヴ的とも云われる無気力極まりない唯一無二のボーカルが欧米の地下世界で絶大な支持を得た。しかし、ツアー中のある出来事をきっかけに三人の関係性は崩壊。ルーとマーフは次々と脱退、新メンバーを迎えて活動を継続したダイナソーJr.は J・マスキスのソロ色を強めていった。ダイナソーJr.の音楽は、売れようとするものでもなく、他人に聴いてもらおうとするものでもなく、ルー・バーロウは「どのぐらい客が集まるか、どれだけの人が聴いてくれるのかと考えたことがない。俺たちは客を襲うためにライヴをやっていた」と語る。人気を獲得するためにギラギラするロックスター然としたバンドとは対極、音楽以外には一切関心がない三人のコミュニケーションは唯一、音楽を通じて図られる。そんな音楽だけで結ばれていたオリジナル・メンバー三人それぞれの正直な証言を引き出し、そして 2005 年以降再集結した現在までを、華美な演出を許さない愛情溢れる視点でまとめたのは、J・マスキスとは義理の親族にあたるフィリップ・ロッケンハイム。これまで 100 本以上のミュージックビデオを手掛け、ジム・ジャームッシュ監督作『ギミー・デンジャー』(2016)にも撮影素材が使われるなど長年音楽映像の世界で活躍するベルリン在住の監督。またバンドの歴史を補完する証言は、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)などダイナソーJr.に近しいミュージシャンたち。80 年代末から 90 年代にかけてオルタナティブ・ロックという巨大な渦の中心にいたダイナソーJr.の約 30 年にわたる心情、メンバーの関係性、として音楽をタイトに、丁寧に、誠実に描いた本作は、同時に人間の成長と友情の在り方も映し出すものとなった。

[2021 年メルボルン国際映画祭] 正式出品
[2021 年モントリオール・ニューシネマ国際映画祭] 正式出品
『ダイナソーJr./フリークシーン』
監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.
© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.
キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

公式サイト:https://dinosaurjrmovie.com/
twitter:https://twitter.com/dinosaurJrmovie
facebook:https://www.facebook.com/dinosaurJrmovie/

シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて 公開中




続きを読む

スポンサーサイト



2022-04-01 : Dinosaur Jr. :

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJr.、初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン 』、本国版オリジナル予告編(日本語字幕付き)を解禁!



切なく哀愁を帯びたメロディを殺伐とした轟音で包み込む、アメリカン・オルタナティブ・ロックの核をなしたバンド、ダイナソーJr.、初のバンド公認ドキュメンタリー映画
ダイナソーJr./フリークシーン
本国版オリジナル予告編(日本語字幕付き)を解禁!

dinosau_KEY.jpg
80 年代 US ハードコア/パンクの直撃を受けた面々によって 1984 年、マサチューセッツ州で結成された〈ダイナソーJr.〉。アメリカのアンダーグラウンドからメジャーシーンまで、80 年代末から 90 年代のオルタナティブ・ロックの巨大なうねりの中核として活動、しばしの活動休止を経て現在も新たな音楽を生み出し続けている轟音バンドだ。そのダイナソーJr.の歴史を、オリジナル・メンバーである J・マスキス(G./Vo.)、ルー・バーロウ(B.)、マーフ(D.)の三人の関係性にフォーカスしながら貴重な過去のフッテージを交えて描く、バンド自身が製作に関わったバンド公式のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』〈2022 年 3 月 25 日(金)公開〉の本国版オリジナル予告編が日本語字幕付きで解禁!
 
この度解禁のアメリカ版予告編は、デビューアルバム〈Dinosaur〉からの「Repulsion」を演奏する LIVE シーンから始まる。若き日の仲の良いメンバーがそこにいるが、瞬時に 87 年に発売されたセカンドアルバム『You're Living All Over Me』の発売前のツアーの様子に場面は変わる。「初日に車が故障し、その後も故障続きで最悪だった。やがて完全に動かなくなる。1週間ほど足止めを食らい、そこで全てが崩れた。」と、J・マスキスが語り、その時のメンバー間の関係性と重ね合わせている。「病んだ家族みたい。よく分からないことが儀式や習慣になっている。バンドはある種、病んだ状態なのかも」というソニック・ユースのキム・ゴードンの発言がそれを裏付ける。ダイナソーJr.の代表曲「フリークシーン」が流れるシーンからは様々な場面が映し出され、少しずつ関係を修復するメンバーの姿と発言と共に再結成へ向かう。

『ダイナソーJr./フリークシーン』本国版オリジナル予告編(日本語字幕付き)


J・マスキスのギター音があまりに巨大だったため、リズム隊の二人は自らの音が聴こえるべくボリュームを上げるしかなかったというダイナソーJr.の凄まじい轟音は、ニルヴァーナやサウンドガーデン、パール・ジャムなどのグランジ・ムーブメントが勃発するより前にソニック・ユースに見出された。2ndアルバムは US ハードコア界の総統ともいうべきグレッグ・ギン(ブラック・フラッグ)運営の SST レコードからリリース。巷に溢れたハードコア・サウンドとは一線を画す、暗く、ヘヴィでギターまみれな音の洪水でありながらもポップでキャッチーさを備え、そしてニール・ヤングやニック・ケイヴ的とも云われる無気力極まりない唯一無二のボーカルが欧米の地下世界で絶大な支持を得た。しかし、ツアー中のある出来事をきっかけに三人の関係性は崩壊。ルーとマーフは次々と脱退、新メンバーを迎えて活動を継続したダイナソーJr.は J・マスキスのソロ色を強めていった。ダイナソーJr.の音楽は、売れようとするものでもなく、他人に聴いてもらおうとするものでもなく、ルー・バーロウは「どのぐらい客が集まるか、どれだけの人が聴いてくれるのかと考えたことがない。俺たちは客を襲うためにライヴをやっていた」と語る。人気を獲得するためにギラギラするロックスター然としたバンドとは対極、音楽以外には一切関心がない三人のコミュニケーションは唯一、音楽を通じて図られる。そんな音楽だけで結ばれていたオリジナル・メンバー三人それぞれの正直な証言を引き出し、そして 2005 年以降再集結した現在までを、華美な演出を許さない愛情溢れる視点でまとめたのは、J・マスキスとは義理の親族にあたるフィリップ・ロッケンハイム。これまで 100 本以上のミュージックビデオを手掛け、ジム・ジャームッシュ監督作『ギミー・デンジャー』(2016)にも撮影素材が使われるなど長年音楽映像の世界で活躍するベルリン在住の監督。またバンドの歴史を補完する証言は、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)などダイナソーJr.に近しいミュージシャンたち。80 年代末から 90 年代にかけてオルタナティブ・ロックという巨大な渦の中心にいたダイナソーJr.の約 30 年にわたる心情、メンバーの関係性、として音楽をタイトに、丁寧に、誠実に描いた本作は、同時に人間の成長と友情の在り方も映し出すものとなった。

[2021 年メルボルン国際映画祭] 正式出品
[2021 年モントリオール・ニューシネマ国際映画祭] 正式出品
『ダイナソーJr./フリークシーン』
監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.
© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.
キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

公式サイト:https://dinosaurjrmovie.com/
twitter:https://twitter.com/dinosaurJrmovie
facebook:https://www.facebook.com/dinosaurJrmovie/

シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて 2022 年 3 月 25 日(金)公開




続きを読む

2022-03-15 : Dinosaur Jr. :

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJr.、初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン 』、日本版予告編が解禁!



切なく哀愁を帯びたメロディを殺伐とした轟音で包み込む、アメリカン・オルタナティブ・ロックの核をなしたバンド、ダイナソーJr.、初のバンド公認ドキュメンタリー映画
ダイナソーJr./フリークシーン
日本版予告編が解禁!

dinosau_KEY.jpg
80 年代 US ハードコア/パンクの直撃を受けた面々によって 1984 年、マサチューセッツ州で結成された〈ダイナソーJr.〉。アメリカのアンダーグラウンドからメジャーシーンまで、80 年代末から 90 年代のオルタナティブ・ロックの巨大なうねりの中核として活動、しばしの活動休止を経て現在も新たな音楽を生み出し続けている轟音バンドだ。そのダイナソーJr.の歴史を、オリジナル・メンバーである J・マスキス(G./Vo.)、ルー・バーロウ(B.)、マーフ(D.)の三人の関係性にフォーカスしながら貴重な過去のフッテージを交えて描く、バンド自身が製作に関わったバンド公式のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr. /フリークシーン』〈2022 年 3 月 25 日(金)公開〉の日本版予告編が解禁!

この度完成した日本版予告編は、映画のタイトルにもなっているダイナソーJr. の代表曲「フリーク・シーン」から勢いよく始まるが…J・マスキスの無気力なしゃべりが一気にトーンを下げ る。「J がギターを持つと、俺とマーフは慌てて耳に詰め物を入れにトイレに逃げ込んだもんだ」とルーが話す エピソードの後、「音が、巨大すぎた。」のコピーと共に 87 年リリースのセカンドアルバム「You're Living All Over Me」からの「Raisans」の轟音が鳴り響く。【視聴注意!】 そして、ボブ・モールド(ハスカー・ド ゥ)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイ ン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)の面々がダイナソーJr.について語り、ソニック・ユースのキム・ゴ ードンが「彼らは音楽を通して交流する」と発言する。まさに大轟音を奏で、そしてメンバーは言葉を交わさ ず音楽のみで通じ合うダイナソーJr.というバンドを表現する内容となっている。そして最後にはトレモロ奏法 爆裂の超大作名曲「Sludgefeast」になだれ込み、「無言のロードショー」という公開表記で終わる。

『ダイナソーJr./フリークシーン』予告編


J・マスキスのギター音があまりに巨大だったため、リズム隊の二人は自らの音が聴こえるべくボリュームを上げるしかなかったというダイナソーJr.の凄まじい轟音は、ニルヴァーナやサウンドガーデン、パール・ジャムなどのグランジ・ムーブメントが勃発するより前にソニック・ユースに見出された。2ndアルバムは US ハードコア界の総統ともいうべきグレッグ・ギン(ブラック・フラッグ)運営の SST レコードからリリース。巷に溢れたハードコア・サウンドとは一線を画す、暗く、ヘヴィでギターまみれな音の洪水でありながらもポップでキャッチーさを備え、そしてニール・ヤングやニック・ケイヴ的とも云われる無気力極まりない唯一無二のボーカルが欧米の地下世界で絶大な支持を得た。しかし、ツアー中のある出来事をきっかけに三人の関係性は崩壊。ルーとマーフは次々と脱退、新メンバーを迎えて活動を継続したダイナソーJr.は J・マスキスのソロ色を強めていった。ダイナソーJr.の音楽は、売れようとするものでもなく、他人に聴いてもらおうとするものでもなく、ルー・バーロウは「どのぐらい客が集まるか、どれだけの人が聴いてくれるのかと考えたことがない。俺たちは客を襲うためにライヴをやっていた」と語る。人気を獲得するためにギラギラするロックスター然としたバンドとは対極、音楽以外には一切関心がない三人のコミュニケーションは唯一、音楽を通じて図られる。そんな音楽だけで結ばれていたオリジナル・メンバー三人それぞれの正直な証言を引き出し、そして 2005 年以降再集結した現在までを、華美な演出を許さない愛情溢れる視点でまとめたのは、J・マスキスとは義理の親族にあたるフィリップ・ロッケンハイム。これまで 100 本以上のミュージックビデオを手掛け、ジム・ジャームッシュ監督作『ギミー・デンジャー』(2016)にも撮影素材が使われるなど長年音楽映像の世界で活躍するベルリン在住の監督。またバンドの歴史を補完する証言は、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)などダイナソーJr.に近しいミュージシャンたち。80 年代末から 90 年代にかけてオルタナティブ・ロックという巨大な渦の中心にいたダイナソーJr.の約 30 年にわたる心情、メンバーの関係性、として音楽をタイトに、丁寧に、誠実に描いた本作は、同時に人間の成長と友情の在り方も映し出すものとなった。

[2021 年メルボルン国際映画祭] 正式出品
[2021 年モントリオール・ニューシネマ国際映画祭] 正式出品
『ダイナソーJr./フリークシーン』
監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.
© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.
キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

公式サイト:https://dinosaurjrmovie.com/
twitter:https://twitter.com/dinosaurJrmovie
facebook:https://www.facebook.com/dinosaurJrmovie/

シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて 2022 年 3 月 25 日(金)公開




続きを読む

2022-02-04 : Dinosaur Jr. :

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJr.、初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』(3/25公開)、日本版キービジュアル解禁。場面写真、追加。



切なく哀愁を帯びたメロディを殺伐とした轟音で包み込む、アメリカン・オルタナティブ・ロックの核をなしたバンド、ダイナソーJr.、初のバンド公認ドキュメンタリー映画
ダイナソーJr./フリークシーン
日本版キービジュアル解禁!
場面写真、追加!

dinosau_KEY.jpg
80 年代 US ハードコア/パンクの直撃を受けた面々によって 1984 年、マサチューセッツ州で結成された〈ダイナソーJr.〉。アメリカのアンダーグラウンドからメジャーシーンまで、80 年代末から 90 年代のオルタナティブ・ロックの巨大なうねりの中核として活動、しばしの活動休止を経て現在も新たな音楽を生み出し続けている轟音バンドだ。そのダイナソーJr.の歴史を、オリジナル・メンバーである J・マスキス(G./Vo.)、ルー・バーロウ(B.)、マーフ(D.)の三人の関係性にフォーカスしながら貴重な過去のフッテージを交えて描く、バンド自身が製作に関わったバンド公式のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』〈2022 年 3 月 25 日(金)公開〉の日本版キービジュアルと、追加場面写真が解禁!
DinosaurJr_SUB6.jpg
DinosaurJr_SUB3.jpg
日本版のキービジュアルは、J・マスキスが絶賛し承認した、ドイツ人デザイナーMario Lombardo が描いた本国版ビジュアルをベースに作成。オルタナティブ・ロックのど真ん中に位置し、数々のバンドに影響を与えたダイナソーJr.というバンドを一言で表した「音が、巨大すぎた」というインパクトあるコピーが目を引く。また今回、追加解禁となった場面写真ではJ・マスキスが富士山を眺めている、日本のファンには嬉しい写真も含まっれている。
DinosaurJr_SUB5.jpg
DinosaurJr_SUB4.jpg
DinosaurJr_SUB7.jpg
J・マスキスのギター音があまりに巨大だったため、リズム隊の二人は自らの音が聴こえるべくボリュームを上げるしかなかったというダイナソーJr.の凄まじい轟音は、ニルヴァーナやサウンドガーデン、パール・ジャムなどのグランジ・ムーブメントが勃発するより前にソニック・ユースに見出された。2ndアルバムは US ハードコア界の総統ともいうべきグレッグ・ギン(ブラック・フラッグ)運営の SST レコードからリリース。巷に溢れたハードコア・サウンドとは一線を画す、暗く、ヘヴィでギターまみれな音の洪水でありながらもポップでキャッチーさを備え、そしてニール・ヤングやニック・ケイヴ的とも云われる無気力極まりない唯一無二のボーカルが欧米の地下世界で絶大な支持を得た。しかし、ツアー中のある出来事をきっかけに三人の関係性は崩壊。ルーとマーフは次々と脱退、新メンバーを迎えて活動を継続したダイナソーJr.は J・マスキスのソロ色を強めていった。ダイナソーJr.の音楽は、売れようとするものでもなく、他人に聴いてもらおうとするものでもなく、ルー・バーロウは「どのぐらい客が集まるか、どれだけの人が聴いてくれるのかと考えたことがない。俺たちは客を襲うためにライヴをやっていた」と語る。人気を獲得するためにギラギラするロックスター然としたバンドとは対極、音楽以外には一切関心がない三人のコミュニケーションは唯一、音楽を通じて図られる。そんな音楽だけで結ばれていたオリジナル・メンバー三人それぞれの正直な証言を引き出し、そして 2005 年以降再集結した現在までを、華美な演出を許さない愛情溢れる視点でまとめたのは、J・マスキスとは義理の親族にあたるフィリップ・ロッケンハイム。これまで 100 本以上のミュージックビデオを手掛け、ジム・ジャームッシュ監督作『ギミー・デンジャー』(2016)にも撮影素材が使われるなど長年音楽映像の世界で活躍するベルリン在住の監督。またバンドの歴史を補完する証言は、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)などダイナソーJr.に近しいミュージシャンたち。80 年代末から 90 年代にかけてオルタナティブ・ロックという巨大な渦の中心にいたダイナソーJr.の約 30 年にわたる心情、メンバーの関係性、として音楽をタイトに、丁寧に、誠実に描いた本作は、同時に人間の成長と友情の在り方も映し出すものとなった。

[2021 年メルボルン国際映画祭] 正式出品
[2021 年モントリオール・ニューシネマ国際映画祭] 正式出品
『ダイナソーJr./フリークシーン』
監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.
© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.
キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

公式サイト:https://dinosaurjrmovie.com/
twitter:https://twitter.com/dinosaurJrmovie
facebook:https://www.facebook.com/dinosaurJrmovie/

シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて 2022 年 3 月 25 日(金)公開




続きを読む

2022-01-21 : Dinosaur Jr. :

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJr.初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン 』、2022年3月25日(金)、日本公開決定!J・マスキスとカート・ヴァイルの共同プロデュースによる12枚目のアルバム『スウィープ・イット・イントゥ・スペース』、発売中。



切なく哀愁を帯びたメロディを殺伐とした轟音で包み込む、アメリカン・オルタナティブ・ロックの核をなしたバンド、ダイナソーJr.初のバンド公認ドキュメンタリー映画
ダイナソーJr./フリークシーン
2022年3月25日(金)、日本公開決定!
あわせて場面写真も解禁!
J・マスキスとカート・ヴァイルの共同プロデュースによる12枚目のアルバム『スウィープ・イット・イントゥ・スペース』、発売中。


80 年代 US ハードコア/パンクの直撃を受けた面々によって1984 年、マサチューセッツ州で結成された〈ダイナソーJr.〉。アメリカのアンダーグラウンドからメジャーシーンまで、80 年代末から90 年代のオルタナティブ・ロックの巨大なうねりの中核として活動、しばしの活動休止を経て現在も新たな音楽を生み出し続けている轟音バンドだ。そのダイナソーJr.の歴史を、オリジナル・メンバーである J・マスキス(G./Vo.)、ルー・バーロウ(B.)、マーフ(D.)の三人の関係性にフォーカスしながら貴重な過去のフッテージを交えて描く、バンド自身が製作に関わったバンド公式のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』の日本公開が 2022年3月25 日(金)に決定! 場面写真も解禁!

DinosaurJr_MAIN_560.jpg

DinosaurJr_SUB1_560.jpg

DinosaurJr_SUB2_560.jpg

J・マスキスのギター音があまりに巨大だったため、リズム隊の二人は自らの音が聴こえるべくボリュームを上げるしかなかったというダイナソーJr.の凄まじい轟音は、ニルヴァーナやサウンドガーデン、パール・ジャムなどのグランジ・ムーブメントが勃発するより前にソニック・ユースに見出された。2ndアルバムは US ハードコア界の総統ともいうべきグレッグ・ギン(ブラック・フラッグ)運営の SST レコードからリリース。巷に溢れたハードコア・サウンドとは一線を画す、暗く、ヘヴィでギターまみれな音の洪水でありながらもポップでキャッチーさを備え、そしてニール・ヤングやニック・ケイヴ的とも云われる無気力極まりない唯一無二のボーカルが欧米の地下世界で絶大な支持を得た。しかし、ツアー中のある出来事をきっかけに三人の関係性は崩壊。ルーとマーフは次々と脱退、新メンバーを迎えて活動を継続したダイナソーJr.は J・マスキスのソロ色を強めていった。ダイナソーJr.の音楽は、売れようとするものでもなく、他人に聴いてもらおうとするものでもなく、ルー・バーロウは「どのぐらい客が集まるか、どれだけの人が聴いてくれるのかと考えたことがない。俺たちは客を襲うためにライヴをやっていた」と語る。人気を獲得するためにギラギラするロックスター然としたバンドとは対極、音楽以外には一切関心がない三人のコミュニケーションは唯一、音楽を通じて図られる。そんな音楽だけで結ばれていたオリジナル・メンバー三人それぞれの正直な証言を引き出し、そして 2005 年以降再集結した現在までを、華美な演出を許さない愛情溢れる視点でまとめたのは、J・マスキスとは義理の親族にあたるフィリップ・ロッケンハイム。これまで 100 本以上のミュージックビデオを手掛け、ジム・ジャームッシュ監督作『ギミー・デンジャー』(2016)にも撮影素材が使われるなど長年音楽映像の世界で活躍するベルリン在住の監督。またバンドの歴史を補完する証言は、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)などダイナソーJr.に近しいミュージシャンたち。80 年代末から 90 年代にかけてオルタナティブ・ロックという巨大な渦の中心にいたダイナソーJr.の約 30 年にわたる心情、メンバーの関係性、として音楽をタイトに、丁寧に、誠実に描いた本作は、同時に人間の成長と友情の在り方も映し出すものとなった。

[2021 年メルボルン国際映画祭] 正式出品
[2021 年モントリオール・ニューシネマ国際映画祭] 正式出品
『ダイナソーJr./フリークシーン』
監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.
© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.
キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

■公式サイト:https://dinosaurjrmovie.com/
■twitter:https://twitter.com/dinosaurJrmovie
■facebook:https://www.facebook.com/dinosaurJrmovie/

シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて 2022 年 3 月 25 日(金)公開




続きを読む

2021-12-22 : Dinosaur Jr. :

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJR.、今週4/23に世界同時発売されるニュー・アルバム『SWEEP IT INTO SPACE(スウィープ・イット・イントゥ・スペース)』より、サード・シングル「Take It Back」のビデオを公開。



Dinosaur Jr. - Take It Back (Official Video)





続きを読む

2021-04-22 : Dinosaur Jr. :

■DINOSAUR JR. | ダイナソーJr.、5年振となる新作が完成。J・マスキスとカート・ヴァイルの共同プロデュースによる12枚目のアルバム『スウィープ・イット・イントゥ・スペース』、リリース。



2021.4.23 ON SALE[世界同時発売]

ダイナソーJr.、5年振となる新作が完成。J・マスキスとカート・ヴァイルの共同プロデュースによる12枚目のアルバム『スウィープ・イット・イントゥ・スペース』、リリース。


■アーティスト:DINOSAUR JR.(ダイナソーJR.)
■タイトル:SWEEP IT INTO SPACE(スウィープ・イット・イントゥ・スペース)
■品番:JAG366JCD
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■その他:世界同時発売、日本盤ボーナス・トラック2曲収録、解説/歌詞/対訳付
■収録曲目:
1. I Ain’t
2. I Met The Stones
3. To Be Waiting
4. I Ran Away
5. Garden
6. Hide Another Round
7. And Me
8. I Expect It Always
9. Take It Back
10. N Say
11. Walking To You
12. You Wonder
13. To Be Waiting (Live from Look Park)*
14. Garden (Live from Look Park)*
*日本盤ボーナス・トラック

Dinosaur Jr. - I Ran Away (Official Visualizer)


●Dinosaur Jr.は5年振りとなる12枚目のアルバム『Sweep It Into Space』を2021年4月23日にJagjaguwarよりリリースする。アルバムのプロデュースはJ MascisとKurt Vileで、2019年の秋、Bisquiteen Studioでレコーディングは始まった。今回参加した唯一の外部ミュージシャンはKurt Vileで、「Thin Lizzyをよく聴いていたので、ツイン・リードのサウンドを手に入れようとしたんだ(笑)」とJ Mascisは語る。全12曲の収録曲のうち「Garden」と「You Wonder」はLou Barlowが書き、Murphのドラムも健在である。
●Dinosaur Jr.は1984年、J Mascis(G/V)、Lou Barlow(B/V)、Murph(D)により米マサチューセッツ州アマーストで結成された。1985年にデビュー・アルバム『Dinosaur』をリリース。1988年のサード・アルバム『Bug』リリース後、Lou Barlowが脱退するも、1991年にメジャー・デビュー作『Green Mind』をリリース。1993年にはMurphも脱退するが、1997年の『Hand It Over』迄、計4枚のアルバムをメジャーから発表。2005年、再び結成時の三人が集まり、2007年にFat Possumからアルバム『Beyond』をリリース。2009年、バンドはJagjaguwarと契約し、アルバム『Farm』をリリース。以後、『I Bet on Sky』(2012)、『Give a Glimpse of What Yer Not』(2016)を発表した。




2021-02-24 : Dinosaur Jr. :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム