FC2ブログ

■DEAP LIPS | Deap Vally + The Flaming Lips = DEAP LIPS。オクラホマのサイケヒーロー、ザ・フレーミング・リップスとカリフォルニアのロックンロール・デュオ、ディープ・ヴァリーがコラボレーション・アルバムをリリース。



2020.3.13 ON SALE

Deap Vally + The Flaming Lips = DEAP LIPS
オクラホマのサイケヒーロー、ザ・フレーミング・リップスとカリフォルニアのロックンロール・デュオ、ディープ・ヴァリーがコラボレーション・アルバムをリリース。


■アーティスト:DEAP LIPS(ディープ・リップス)
■タイトル:DEAP LIPS(ディープ・リップス)
■品番:COOKCD756J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Home Thru Hell
2. One Thousand Sisters With Aluminum Foil Calculators
3. Shit Talkin
4. Hope Hell High
5. Motherfuckers Got To Go
6. Love is A Mind Control
7. Wandering Witches
8. The Pusher
9. Not A Natural Man
10. There Is Know Right There Is Know Wrong

Deap Lips - Hope Hell High (Official audio)


Deap Vally - Home Thru Hell (Official Audio)


Deap Lipsはカリフォルニアのロックンロール・デュオ、Deap Vally(Lindsey Troy & Julie Edwards)とオクラホマのサイケヒーロー、The Flaming Lips(Wayne Coyne & Steven Drozd)がコラボレートしたバンドで、セルフ・タイトルのデビュー・アルバムをCooking Vinylより2020年3月にリリースする。アルバムからのファースト・シングルは「Hope Hell High」で、2019年12月に公開された。Deap VallyはQueens Of The Stone Age、Muse、Red Hot Chili Peppers等とここ数年、世界中をツアー。GlastonburyやBonnarooといったフェスティヴァルでもプレイし、最新作『FEMEJISM』も高い評価を獲得。The Flaming Lipsはオルタナティヴ・ロック史上、最も重要なバンドの一つで、グラミー賞を複数回獲得。何百万ものアルバムをワールドワイドで売り上げ、2019年11月にはライヴ・アルバム『The Soft Bulletin: Live at Red Rocks (feat. The Colorado Symphony & André de Ridder) 』をリリースした。




スポンサーサイト



2020-01-10 : Cooking Vinyl :

■ISOBEL CAMPBELL | 元ベル・アンド・セバスチャンのメンバー、イザベル・キャンベルの14年ぶりとなるソロ・アルバムが完成。拠点をグラスゴーからロサンゼルスに移して制作された5枚目のアルバム『ゼア・イズ・ノー・アザー・・・』、リリース。



2020.2.26 ON SALE

元ベル・アンド・セバスチャンのメンバー、イザベル・キャンベルの14年ぶりとなるソロ・アルバムが完成。拠点をグラスゴーからロサンゼルスに移して制作された5枚目のアルバム『ゼア・イズ・ノー・アザー・・・』、リリース。


■アーティスト:ISOBEL CAMPBELL(イザベル・キャンベル)
■タイトル:THERE IS NO OTHER...(ゼア・イズ・ノー・アザー・・・)
■品番:COOKCD720J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. City of Angels
2. Runnin’ Down a Dream
3. Vultures
4. Ant Life
5. Rainbow
6. The Heart of It All
7. Hey World
8. The National Bird of India
9. Just for Today
10. See Your Face Again
11. Boulevard
12. Counting Fireflies
13. Below Zero

Isobel Campbell - Ant Life (Official Video)


Isobel Campbell - Hey World (Official Video)


Isobel Campbell - The National Bird Of India (Official Audio)


Isobel Campbell - Runnin' Down A Dream (Official Audio)


2010年にリリースされたMark Laneganとのコラボレーション・アルバム『Hawk』から10年、Isobel Campbellはアルバム『There Is No Other』をリリースする。ソロとしては2006年の『Milkwhite Sheets』以来となる作品で、Cooking Vinyl より2017年2月に発売される。Isobel Campbellは19才の時、Belle & Sebastianのメンバーとして活動を開始。1999年にThe Gentle Waves名義でソロ・デビューし、計4枚のアルバムをリリース。2006年からはMark Laneganとのコラボレーションを開始し、3枚のアルバムをリリースした。その後、拠点をグラスゴーからロサンゼルスに移し、エンジニアのChris Szczechと『There Is No Other』の制作をスタート。「サイケデリック」という言葉を常に念頭において制作されたこのアルバムには、ギターのJim McCulloch(Soup Dragons)、キーボードのDave McGowan(Teenage Fanclub)とElijah Thomson(Father John Misty、Everest)、マルチインストゥルメンタリストのNina Violet(Willy Mason、Evan Dando、Marissa Nadler)が参加したアルバムからのファースト・シングルは「Ant Life」で2019年8月に公開。その後、「Hey World」「Runnin’ Down a Dream」の2曲も公開された。




2020-01-10 : Cooking Vinyl :

■Billy Bragg | ビリー・ブラッグのBBCでのパフォーマンスをコンパイルしたアルバム『ベスト・オブ・ビリー・ブラッグ・アット・ザ・BBC 1983 - 2019』がリリース。全曲リマスターされ数々のセッションから多数の未発表曲も収録。【2CD】



2019.11.13 ON SALE

ビリー・ブラッグのBBCでのパフォーマンスをコンパイルしたアルバム『ベスト・オブ・ビリー・ブラッグ・アット・ザ・BBC 1983 - 2019』がリリース。全曲リマスターされ数々のセッションから多数の未発表曲も収録。【2CD】


■アーティスト:BILLY BRAGG(ビリー・ブラッグ)
■タイトル:BEST OF BILLY BRAGG AT THE BBC 1983 - 2019(ベスト・オブ・ビリー・ブラッグ・アット・ザ・BBC 1983 - 2019)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD734J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,500+税[2CD]
■収録曲目:
(DISC 1)
1. A New England (John Peel session, 27th July 1983)
2. Fear Is A Man's Best Friend [Cale] (John Peel session, 27th July 1983)
3. Love Gets Dangerous (John Peel session, 27thJuly 1983)
4. Like Soldiers Do (David Jensen session, 22ndDecember 1983)
5. The Man In The Iron Mask (w/ Dave Woodhead) (David Jensen session, 22ndDecember 1983)
6. The Saturday Boy (David Jensen session, 22ndDecember 1983)
7. A Lover Sings (John Peel session, 18thSeptember 1984)
8. Between The Wars (John Peel session, 18thSeptember 1984)
9. A13, Trunk Road To The Sea [Troup/Bragg] (w/ Wiggy) (Saturday live, 13th October 1984)
10. There Is Power In A Union (John Peel session, 20th August 1985)
11. Days Like These (John Peel session, 20thAugust 1985)
12. Scholarship Is The Enemy Of Romance (Janice Long session, 18th December 1985)
13. Greetings To The New Brunette (John Peel session, 2nd September 1986)
14. Ideology (John Peel session, 2nd September 1986)
15. The Warmest Room (John Peel session, 2ndSeptember 1986)
16. She’s Got a New Spell (John Peel session, 30thAugust 1988)
17. Valentine's Day Is Over (John Peel session, 30th August 1988)
18. The Short Answer (John Peel session, 30thAugust 1988)
19. Rotting On Remand (John Peel session, 30thAugust 1988)
(DISC 2)
20. The Few (John Peel session, 12th May 1991)
21. Accident Waiting To Happen (w/ Wiggy) (John Peel session, 12th May 1991)
22. Tank Park Salute (w/ Cara Tivey) (John Peel session, 12th May 1991)
23. Brickbat (John Peel session, 13th October 1995)
24. This Gulf Between Us (John Peel session, 13thOctober 1995)
25. Goal Hanger (London Music Week live, 1st May 1997)
26. The Boy Done Good [Bragg/Marr] (London Music Week live, 1st May 1997)
27. From Red To Blue (London Music Week live, 1st May 1997)
28. The Busy Girl Buys Beauty (Janice Long Paris Theatre London Live, October 1999)
29. It Says Here (Janice Long Paris Theatre London Live, October 1999)
30. Lonesome Traveller [Hays] (John Peel session, 8thDecember 2004)
31. Goodbye, Goodbye (Phill Jupitus live, 30thMarch 2007)
32. Way Over Yonder In The Minor Key [Guthrie/Bragg] (Bob Harris live, 6th May 2012)
33. No-One Knows Nothing Anymore (Latitude Festival live, 18th July 2014)
34. Levi Stubbs’ Tears (Glastonbury live, 26th June 2015)
35. Why We Build The Wall [Anais Mitchell] (Tom Robinson live Buxton Opera House, 21st January 2017)
36. I Ain’t Got No Home [Guthrie] (w/ CJ Hillman) (Radio 2 Folk Awards live, 5th April 2017)
37. The Space Race Is Over (Tom Robinson Now Playing 6Music ‘Billy Bragg Takeover’, 14th July 2019)
38. St. Swithin's Day (Tom Robinson Now Playing 6Music ‘Billy Bragg Takeover’, 14th July 2019)

Billy Braggは『Best Of Billy Bragg At The BBC 1983 - 2019』をCooking Vinylよりリリースする。これは80年代初頭から現在までのBilly BraggのBBCでのパフォーマンスをコンパイルした作品だ。収録曲はすべてリマスターされ、John Peel、David Jensen、Janice Long、Phill Jupitus、Bob Harris、Tom Robinson等でのセッションから、多くの未発表曲も収録されている。Billy Braggはパンクが流行する80年代初頭のイギリスで音楽活動を開始した。彼の楽曲はフォーク、パンク、プロテスト・ソングの要素を持ち、政治的な歌を引き語りで歌ったもので、その過激な政治的発言はイギリスで賛否両論を巻き起こした。通常はギター1本でプレイし「ひとりクラッシュ」とも評されるが、時にはバンドとも共演する。1983年のデビュー・アルバム『Life's A Riot With Spy Vs Spy I』から、目下の最新作でUKアルバムチャートの28位を記録したJoe Henryとのコラボ作『Shine A Light: Field Recordings From The Great American Railroad』まで、絶え間なく作品を発表。1998年にリリースされたWilcoとのコラボ作『Mermaid Avenue』はグラミー賞にもノミネートされ大きな評価を獲得した。




2019-09-19 : Cooking Vinyl :

■Paul Kelly | ポール・ケリー『ネイチャー』、PasteのThe 50 Best Albums of 2018で45位。



ポール・ケリー『ネイチャー』、PasteのThe 50 Best Albums of 2018で45位。







続きを読む

2018-11-30 : Cooking Vinyl :

■The Proclaimers | ザ・プロクレイマーズ『アングリー・サイクリスト』、FOPPのBest Albums of 2018、64位。



ザ・プロクレイマーズ『アングリー・サイクリスト』、FOPPのBest Albums of 2018、64位。







続きを読む

2018-11-30 : Cooking Vinyl :

■Paul Kelly | 前作は豪チャートで1位を獲得し、ARIAミュージック・アワード(オーストラリアのグラミー賞)で4部門を受賞する等、大ヒットを記録。オーストラリアの伝説的なミュージシャン、ポール・ケリーの1年振りとなるニュー・アルバム『ネイチャー』が完成。



2018.10.17 ON SALE

前作は豪チャートで1位を獲得し、ARIAミュージック・アワード(オーストラリアのグラミー賞)で4部門を受賞する等、大ヒットを記録。オーストラリアの伝説的なミュージシャン、ポール・ケリーの1年振りとなるニュー・アルバム『ネイチャー』が完成。


■アーティスト:PAUL KELLY(ポール・ケリー)
■タイトル:NATURE(ネイチャー)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:GAWD027J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■収録曲目:
1. And Death Shall Have No Dominion
2. With The One I Love
3. A Bastard Like Me
4. Little Wolf
5. With Animals
6. Bound To Follow (Aisling Song) feat. Kate Miller-Heidke
7. Seagulls of Seattle
8. Morning Storm
9. Mushrooms
10. The River Song
11. God's Grandeur
12. The Trees

Paul Kelly - With The One I Love (Official Video)


Paul Kellyはオーストラリアのシンガーソングライター、ギターリスト、ハーモニカ・プレイヤーだ。「オーストラリアのボブ・ディラン」と呼ばれる伝説的なミュージシャンで、ロック、フォーク、カントリーをベースにしたサウンドを鳴らす。「Billy Baxter」「Before Too Long」「Darling It Hurts」「To Her Door」「Dumb Things」「Roll on Summer」と数々の豪トップ40シングルを持ち、『Gossip』『Under the Sun』『Comedy』『Songs from the South』『...Nothing but a Dream』『Stolen Apples』『Life Is Fine』といったアルバムが豪トップ20ヒットを記録。ARIAミュージック・アワード(オーストラリアのグラミー賞)には51回ノミネートされ、うち14回の受賞と、まさにオーストラリアを代表するアーティストである。特に2017年8月にリリースされた前作『Life Is Fine』は、オーストラリアのチャート(ARIAアルバム・チャート)で1位を獲得。ARIAミュージック・アワードではベスト・メイル・アーティスト、ベスト・アダルト・コンテンポラリー・アルバム、エンジニア・オブ・ザ・イヤー、ベスト・カヴァー・アーティストの4部門を受賞する等、大ヒットを記録した。当『Nature』は約1年振りのアルバムで、今年の3月と5月にいつものバンド・メンバー(ドラムのPeter Luscombe、ベースのBill McDonald 、ギターのAsh NaylorとDan Kelly、キーボードのCameron Bruce)とレコーディングされた。アルバムからのファースト・シングルは「With The One I Love」で、これは前作『Life Is Fine』に収録され、APRAアワード(オーストラリアの著作権管理団体が主催する音楽祭)でソング・オブ・ザ・イヤーを獲得した「Firewood and Candles」と同じロック・テイストの楽曲となっている。




2018-08-27 : Cooking Vinyl :

■Seth Lakeman | UKトップ20ヒットを記録した前作から2年、イギリスのフォーク・シーンを代表するセス・レイクマンのニュー・アルバムが完成。ロバート・プラントのアルバム『キャリー・ファイア』とそのワールド・ツアー参加後にレコーディングされた9枚目のアルバム『ザ・ウェル・ウォーン・パス』、リリース。プロデュース:ベン・ヒリアー(デペッシュ・モード、ブラー、エルボー、ダヴズ他



2018.10.31 ON SALE

UKトップ20ヒットを記録した前作から2年、イギリスのフォーク・シーンを代表するセス・レイクマンのニュー・アルバムが完成。ロバート・プラントのアルバム『キャリー・ファイア』とそのワールド・ツアー参加後にレコーディングされた9枚目のアルバム『ザ・ウェル・ウォーン・パス』、リリース。
プロデュース:ベン・ヒリアー(デペッシュ・モード、ブラー、エルボー、ダヴズ他)


■アーティスト:SETH LAKEMAN(セス・レイクマン)
■タイトル:THE WELL WORN PATH(ザ・ウェル・ウォーン・パス)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD709J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■収録曲目:
1. Bright Smile
2. She Never Blamed Him
3. The Educated Man
4. Lend A Hand
5. Drink ‘Til I’m Dry
6. Fitzsimmons’ Fight
7. Divided We Will Fall
8. The Gloaming
9. Dig New Ground
10. Judge Not A Man
11. The Well Worn Path

Seth Lakeman - Divided We Will Fall (Official Audio)


Seth Lakemanは英ウェスト・デヴォン出身のシンガーソングライター&マルチインストゥルメンタリストだ。フィドルギターやテナーギターをメインにプレイするが、バイオリンやバンジョーもプレイする。幼い頃から兄弟のSean LakemanやSam Lakemanと音楽をプレイ。1994年には兄弟三人によるバンド、The Lakeman Brothersとしてアルバム『Three Piece Suite』をリリース。その後、バンドには新たに二人が加入。五人組となり名前をEquationに変更し、メジャーと契約。1998年にはデビュー・アルバムをリリースし、ワールドワイドでツアーもおこない、順調に活動するも、2001年にSeth Lakemanはバンドを脱退。ソロ活動を始めるようになる。
2002年、Seth Lakemanはソロとしてのデビュー・アルバム『The Punch Bowl』をリリース。2004年には300ポンド以下の制作費で作られたセカンド・アルバム『Kitty Jay』をリリース。このアルバムはフォーク・アーティストの作品としては異例の評価を獲得し、マーキュリー・プライズにもノミネートされることとなる。2006年のサード・アルバム『Freedom Fields』はトラディショナルなフォークをベースとした作品としては大ヒットし、2008年の4枚目のアルバム『Poor Man's Heaven』は英チャート8位を記録。『Hearts & Minds』(2010年)、『Tales from the Barrel House』(2011年)、『Word Of Mouth』(2014年)とアルバムのリリースを続け、2016年には伝説的なプロデューサー、Ethan Johnsを迎えて制作した8枚目のアルバム『Ballads of the Broken Few』をリリース。UKチャートの18位を記録する。2017年にはRobert Plant のアルバム『Carry Fire』に参加し、ヴィオラとフィドルをプレイ。その後、Robert Plant のバンド、The Sensational Space Shiftersのメンバーとしてワールド・ツアーにも帯同する。
2018年1月、Robert Plantのツアー終了後、Seth Lakemanはダートムーアにある自身のスタジオでニュー・アルバムのレコーディングを開始。プロデュースはBen Hillier(Elbow、Blur、Depeche Mode、Doves)で、Ben Nicholls(B)、Kit Hawes(G)、Evan Jenkins(Dr)、Kathryn Roberts(Vo)の4人がバンド・メンバーとして参加した。こうして完成した当『The Well Worn Path』はFairport Convention、Neil Young、Nick Cave、Billy Bragg等にヒントを得たクラシックなフォーク・ロックへの回帰作となった。アルバムからのファースト・シングルは「Divided We Will Fall」で、11月からはUKツアーもスタートさせる。




2018-08-27 : Cooking Vinyl :

■The Proclaimers | 前作もUKアルバムチャート26位を記録しヒット。「アイム・ゴナ・ビー(500マイルズ)」の大ヒットでも知られるスコットランド出身の双子のロック・デュオ、ザ・プロクレイマーズが自身11枚目のアルバム『アングリー・サイクリスト』をリリース。 プロデュース:デイヴ・エリンガ(ザ・フー、マニック・ストリート・プリーチャーズ他)。



2018.9.19 ON SALE

前作もUKアルバムチャート26位を記録しヒット。「アイム・ゴナ・ビー(500マイルズ)」の大ヒットでも知られるスコットランド出身の双子のロック・デュオ、ザ・プロクレイマーズが自身11枚目のアルバム『アングリー・サイクリスト』をリリース。
プロデュース:デイヴ・エリンガ(ザ・フー、マニック・ストリート・プリーチャーズ他)


■アーティスト:THE PROCLAIMERS(ザ・プロクレイマーズ)
■タイトル:ANGRY CYCLIST(アングリー・サイクリスト)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD707J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■収録曲目:
1. Angry Cyclist
2. Stretch
3. Streets Of Edinburgh
4. Then It Comes To Me
5. You Make Me Happy
6. Looted
7. The Hours Between
8. Information
9. Sometimes It’s the Fools
10. A Way With Words
11. Classy
12. The Battle Of The Booze
13. I’d Ask The Questions

The Proclaimers - Angry Cyclist (Official Video)


「僕の生涯を通して大好きなバンド。彼らは本当に劇的で、おおらかで、ユーモラスな情熱的な曲を書く」(俳優:デイヴィッド・テナント)

ザ・プロクレイマーズはチャーリー・リード&クレイグ・リードによるスコットランド出身の双子のロック・デュオだ。『This Is The Story』(1987)『Sunshine on Leith』(1988)『Hit The Highway』(1994)『Persevere』(2001)『Born Innocent』(2003)『Restless Soul』(2005)『Life With You』(2007)『Notes & Rhymes』(2009)『Like Comedy』(2012)『Let’s Hear It For The Dogs』(2015)と現在まで10枚のアルバムをリリース。特にセカンド・アルバム『Sunshine on Leith』は、ジョニー・デップ主演の映画『妹の恋人(Benny & Joon)』に使用されたシングル「I'm Gonna Be (500 Miles)」のヒットもあり、英でプラチナ・ディスク、米でゴールド・ディスクとなっている。また、目下の最新作『Let’s Hear It For The Dogs』もUKアルバムチャート26位を記録する等、不動の人気を誇っている。当『Angry Cyclist』は3年振り、11枚目のアルバムで、バンドが今、ソングライティングのピークにあることを証明している。キャッチーなメロディ、ゴージャスなハーモニー、クレバーで鋭い歌詞、Dave Eringa(The Who、Manic Street Preachers、Idlewild 他)のプロデュースによる素晴らしいプロダクション等、アルバムは完璧な作りの作品となった。




2018-08-02 : Cooking Vinyl :

■Chas & Dave | イギリスのポップ・ロック・デュオ、チャス&デイヴの新作が完成。実に30年以上ぶりとなる新曲も収録されたニュー・アルバム『ア・リトル・ビット・オブ・アス』、リリース。



2018.5.9 ON SALE

イギリスのポップ・ロック・デュオ、チャス&デイヴの新作が完成。実に30年以上ぶりとなる新曲も収録されたニュー・アルバム『ア・リトル・ビット・オブ・アス』、リリース。


■アーティスト:CHAS & DAVE(チャス&デイヴ)
■タイトル:A LITTLE BIT OF US(ア・リトル・ビット・オブ・アス)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD704J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,200+税
■収録曲目:
1. A Little Bit of Me
2. Come On Charlie
3. When You Wore A Tulip
4. Wonder Where He Is Now?
5. Nagasaki
6. Dry Bones
7. Nothing You Can Do
8. Modern Robin Hood
9. Last Kiss
10. My Little Grass Shack
11. Roses of Picardy (Piano Solo)
12. Sling Your Hook (Chasʼ s message to cancer)
13. Why Not Me? (Bonus track feat. Kate Garner)

Chas & Dave - A Litle Bit Of Me (Official Audio)


Chas & Daveはイギリスのポップ・ロック・デュオだ。「rockney」(ロックとコックニーを合わせた造語で、彼らのレーベル名にもなっている)というミュージック・スタイルを作り上げたことでも知られ、パブのシンガロング、ミュージックホールのユーモア、ブギウギ・ピアノ、ビートルズ以前のロックンロールを混ぜ合わせたサウンドを鳴らす。1979年の「Gertcha」他、チャートを賑わした数多くのヒット曲を持ち、アルバムの多くが英のトップ40ヒットを記録している。目下の最新アルバムは、2013年に18年ぶりにリリースされた『That's What Happens』で、セルフ・カヴァーも含む自らのルーツを見直したカヴァー・アルバムだった。当『A Little Bit of Us』は、約5年振りとなるニュー・アルバムで、実に30年以上ぶりとなる彼らの新曲も収録される。アルバムは2018年春、Rockney/Cooking Vinylよりリリースされる。




2018-03-23 : Cooking Vinyl :

■Turin Brakes | 現在までトータル100万枚以上のアルバム・セールスを誇るイギリスのフォークポップ・バンド、トゥーリン・ブレイクスの新作が完成。ロックフィールド・スタジオでレコーディングされたアリ・スタトン(マドンナ、ラ・ルー他)とバンドの共同プロデュースによる2年振り8枚目のアルバム『インヴィジブル・ストーム』、リリース。



2018.2.28 ON SALE

現在までトータル100万枚以上のアルバム・セールスを誇るイギリスのフォークポップ・バンド、トゥーリン・ブレイクスの新作が完成。ロックフィールド・スタジオでレコーディングされたアリ・スタトン(マドンナ、ラ・ルー他)とバンドの共同プロデュースによる2年振り8枚目のアルバム『インヴィジブル・ストーム』、リリース。


■アーティスト:TURIN BRAKES(トゥーリン・ブレイクス)
■タイトル:INVISIBLE STORM(インヴィジブル・ストーム)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD696J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Would You Be Mine
2. Wait
3. Always
4. Lost In The Woods
5. Deep Sea Diver
6. Life Forms
7. Invisible Storm
8. Everything All At Once
9. Tomorrow
10. Smoke and Mirrors
11. Don’t Know Much

Turin Brakes - Wait (Official Video)


トゥーリン・ブレイクスはイギリスのロンドン南部バラムで1999年に結成されたフォーキーな4人組のポップバンドで、友人であったOlly Knights(オリー・ナイツ)と Gale Paridjanian(ゲイル・パリジャニアン)の二人によってスタート。そこにRob Allum(ロブ・アラム)とEddie Myer(エディ・マイヤー)を加えて活動をしている。2001年にデビュー・アルバム『The Optimist LP』をSourceよりリリース。アルバムは高い評価を獲得しマーキュリー・プライズにもノミネートされた。2003年にはセカンド・アルバム『Ether Song』をリリース。UKチャートの4位を記録し大ヒット作となった。2005年のサード・アルバム『JackInABox』、2007年の4枚目のアルバム『Dark On Fire』とリリースを続けた後、Cooking Vinylに移籍。2010年には5枚目のアルバム『Outbursts』、2013年には6枚目のアルバム『We Were Here』をリリース。2016年には7枚目のアルバム『Lost Property』をリリースした。当『Invisible Storm』はバンドの8枚目のアルバムとなり、前作同様、マドンナやラ・ルーを手掛けたアリ・スタトン(Ali Staton)とバンドの共同プロデュース。Queenが「Bohemian Rhapsody」をレコーディングしたことでも知られるウェールズのRockfield Studiosでレコーディングされた。




2018-01-17 : Cooking Vinyl :

■Billy Bragg | 2016年にリリースしたジョー・ヘンリーとのコラボレーション・アルバム『シャイン・ア・ライト:フィールド・レコーディングス・フロム・ザ・グレイト・アメリカン・レイルロード』も話題となったビリー・ブラッグ。2017年7月から10月に発表された4枚のシングルに2曲を追加した6曲入りのミニ・アルバムが発売。



2017.12.13 ON SALE

2016年にリリースしたジョー・ヘンリーとのコラボレーション・アルバム『シャイン・ア・ライト:フィールド・レコーディングス・フロム・ザ・グレイト・アメリカン・レイルロード』も話題となったビリー・ブラッグ。2017年7月から10月に発表された4枚のシングルに2曲を追加した6曲入りのミニ・アルバムが発売。


■アーティスト:BILLY BRAGG(ビリー・ブラッグ)
■タイトル:BRIDGES NOT WALLS(ブリッジズ・ノット・ウォールズ)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD683J[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥1,300+税
■収録曲目:
1. The Sleep Of Reason
2. King Tide And The Sunny Day Flood
3. Why We Build The Wall
4. Saffiyah Smiles
5. Not Everything That Counts Can Be Counted
6. Full English Brexit

Billy Bragg - The Sleep Of Reason (Lyric Video)


Billy Bragg - King Tide and the Sunny Day Flood (Lyric Video)


Billy Bragg - Why We Build the Wall (Lyric Video)


Billy Bragg - Saffiyah Smiles (Lyric Video)


Billy Braggはパンクが流行する80年代初頭のイギリスで音楽活動を開始した。フォーク、パンク、プロテスト・ソングの要素を持つ彼の音楽は、政府の政策などに反対する政治的な歌を引き語りで歌ったもので、その過激な政治的発言はイギリスで賛否両論を巻き起こした。通常はギター1本でプレイし「ひとりクラッシュ」とも評されるが、時にはバンドとも共演する。1983年のデビュー・アルバム『Life's A Riot With Spy Vs Spy I』から、目下の最新作でUKアルバムチャートの28位を記録したJoe Henryとのコラボ作『Shine A Light: Field Recordings From The Great American Railroad』まで、絶え間なく作品を発表。1998年にリリースされたWilcoとのコラボ作『Mermaid Avenue』はグラミー賞にもノミネートされ大きな評価を獲得した。当『Bridges Not Walls』は2017年の7月から10月の間にリリースされた4枚のシングルをコンパイル。更に、2曲を加えた6曲入りのミニ・アルバムとなる。




2017-10-30 : Cooking Vinyl :

■Noah Gundersen | 米ワシントン州シアトル出身のシンガーソングライター、ノア・ガンダーセンのニュー・アルバム『ホワイト・ノイズ』、9/27発売。



"Like a cinematic scene reaching its wistful apex"
- Consequence of Sound
"A new energy and the same captivating vocals as ever"
- Gigsoup
"Melancholy, beautiful pop that explores some of living's hard questions"
- Pop Matters




続きを読む

2017-09-25 : Cooking Vinyl :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム