FC2ブログ

■Poliça | Poliça、2020年1月にリリースされるニュー・アルバム『When We Stay Alive』より「Driving」を公開。



POLIÇA - Driving






スポンサーサイト



2019-10-09 : Memphis Industries :

■Rozi Plain | 【編集部がセレクトする今日の1曲】ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター Rozi Plain。シンプルながらも表現豊かなギターの音色と、透明感のある歌声が紡ぐ美しいサウンドに聴き入って。






続きを読む

2019-09-20 : Memphis Industries :

■Francis Lung | マンチェスターのインディ・ロック・バンド、ウー・ライフのメンバーだったフランシス・ラングのデビュー・アルバムが完成。ブレンダン・ウィリアムズ(ゴーゴー・ペンギン、ダッチ・アンクルズ)のプロデュースによる『ア・ドリーム・イズ・ユー』、リリース。



2019.8.7 ON SALE

マンチェスターのインディ・ロック・バンド、ウー・ライフのメンバーだったフランシス・ラングのデビュー・アルバムが完成。ブレンダン・ウィリアムズ(ゴーゴー・ペンギン、ダッチ・アンクルズ)のプロデュースによる『ア・ドリーム・イズ・ユー』、リリース。


■アーティスト:FRANCIS LUNG(フランシス・ラング)
■タイトル:A DREAM IS U(ア・ドリーム・イズ・ユー)
■品番:MI0546CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. I Wanna Live In My Dreams
2. 2 Real
3. Do Ya
4. Comedown
5. Unnecessary Love
6. A Dream Is U
7. I Do Believe In U
8. Up & Down
9. Invisible
10. The Lie

Francis Lung - 2 Real (Official Video)


Francis Lung - I Wanna Live In My Dreams (Official Video)


Francis Lungが自身の新作を「背の低いマンチェスターの少年が自力でビートルズ・ファンを刺激しようとしている」ように聞こえると説明しても、別に的外れではない。2019年8月にリリースされる彼の待望のデビュー作『A Dream Is U』は、大胆かつ熱狂的で、偉人たちに導かれた万華鏡のような旅である。同時に、素晴らしく謎めき、マルチ・インストゥルメンタリストが自分が受けた影響を一つに集めた音で、美しくまとまった作品にもなった。Wu Lyf時代に書かれた曲群を含むホーム・レコーディングされた3枚の作品(『Selfish Man / Tsunami Blues (Cause Of Me)』『Faeher's Son Vol. I』『Mother's Son Vol II』)に続く『A Dream Is U』は、Francis Lungのデビュー・アルバムとなる。プロでユースはBrendan Williams(Dutch Uncles、GoGo Penguin)で、ヴィジョンと創意工夫がカラフルなパッチワークを紡いだ作品となった。「僕らがレコーディングを始める前に、自分の頭の中にどんなアレンジがあるか、僕は正確に分かってた。僕の想像の中にある全てをそのまま捉えることが、僕のミッションみたいなものだったんだ」とFrancis Lungは新作を作るのに使った時間を振り返りながら語った。




2019-08-20 : Memphis Industries :

■School Of Language | マーキュリー・プライズにもノミネートされたフィールド・ミュージックのメンバー、デヴィッド・ブリューイズのソロ・プロジェクト、スクール・オブ・ランゲージの新作が完成。ドナルド・トランプのファンク・ミュージカルのような5年振りとなるサード・アルバム『45』、リリース。



2019.8.7 ON SALE

マーキュリー・プライズにもノミネートされたフィールド・ミュージックのメンバー、デヴィッド・ブリューイズのソロ・プロジェクト、スクール・オブ・ランゲージの新作が完成。ドナルド・トランプのファンク・ミュージカルのような5年振りとなるサード・アルバム『45』、リリース。


■アーティスト:SCHOOL OF LANGUAGE(スクール・オブ・ランゲージ)
■タイトル:45(45)
■品番:MI0560CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. I’ve Got The Numbers
2. Nobody Knows
3. A Beautiful Wall
4. Rocket Man
5. Rex
6. The Goldwater Rule
7. Adult In the Room
8. And Even If I Did
9. Lock Her Up
10. The Best People

School of Language - Nobody Knows (Official Audio)


School of Languageはマーキュリー・プライズにもノミネートされたField Musicのメンバー、David Brewisのソロ・プロジェクトで、当『45』は2008年の『Sea From Shore』、2014年の『Old Fears』に続く3枚目のアルバムとなる。『45』はDonald Trumpについてのアルバムだ。彼の政界での怪しい出世やオフィスでの気まぐれな振る舞い、そして自分自身の周囲に配した胡散臭いキャラクターの人々について描かれている。『45』はプロテスト・レコードというわけではないが、そこには怒りが貫かれている。決してジョークではないが、内容のいくつかは暗く笑えるものである。『45』は悲劇であり同時に茶番でもある。曲たちは様々な観点から歌われており、あたかもDonald Trumpのファンク・ミュージカルのようだ。アルバムははSunderlandのField Musicのスタジオで、スケジュールの合間に2か月もかけずに書かれレコーディングされた。




2019-08-20 : Memphis Industries :

■Jesca Hoop | サブ・ポップからリリースされた最高傑作『メモリーズ・アー・ナウ』から2年、ジェスカ・フープの新作が完成。ジョン・パリッシュ(PJハーヴェイ、オルダス・ハーディング他)のプロデュースによる5枚目のアルバム『ストーンチャイルド』、リリース。



2019.7.31 ON SALE

サブ・ポップからリリースされた最高傑作『メモリーズ・アー・ナウ』から2年、ジェスカ・フープの新作が完成。ジョン・パリッシュ(PJハーヴェイ、オルダス・ハーディング他)のプロデュースによる5枚目のアルバム『ストーンチャイルド』、リリース。


■アーティスト:JESCA HOOP(ジェスカ・フープ)
■タイトル:STONECHILD(ストーンチャイルド)
■品番:MI0545CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Free of The Feeling (Ft. Lucius)
2. Shoulder Charge (Ft. Lucius)
3. Old Fear of Father
4. Footfall to the Path
5. Death Row
6. Red White and Black
7. 01 Tear
8. All Time Low
9. Outside of Eden (Ft. Kate Stables And Justis)
10. Passage's End
11. Time Capsule

Jesca Hoop - Outside of Eden - feat Kate Stables and Justis (Official Audio)


Jesca Hoop - Red White and Black (Official Video)


Jesca Hoop - Shoulder Charge (ft. Lucius) (Official Audio)


Jesca Hoopはカリフォルニア出身のシンガーソングライター/ギタリストだ。10代の頃から音楽活動を始め、Tom Waitsの元でナニー(母親に代わって子育てをする女性)として働き、2007年にデビュー・アルバム『Kismet』をリリース。その後、マンチェスターへ移り、2009年にセカンド・アルバム『Hunting My Dress』、2014年にサード・アルバム『The House That Jack Built』をリリース。2015年にはIron & Wineとのコラボレーション・アルバム『Love Letter for Fire』、2017年には4枚目のアルバム『Memories Are Now』をそれぞれSub Popよりリリースした。2019年7月にMemphis Industriesからリリースされる当『STONECHILD』は、Jesca Hoopをより洗練させ再定義した作品だ。Jesca Hoopはマンチェスターに長期間住んでいたが、レコーディングの際は故郷のカリフォルニアに戻っていた。しかし、今作ではプロデューサーのJohn Parish(PJ Harvey、Aldous Harding、This is the Kit)と仕事をするべくブリストルを目指した。John Parishのミニマルで純粋主義的なアプローチは、Jesca Hoopのアイデアをよりくっきりさせ、効果的に彼女のサウンドを調整するのに役立った。アレンジはシンプルになり、その結果、曲の基礎の部分を洗練することに焦点が当たることとなった。




2019-06-19 : Memphis Industries :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム