FC2ブログ

■NZCA LINES | ナスカ・ラインズ、7/15発売のアルバム『PURE LUXURY(ピュア・ラグジュアリー)』より「For Your Love」を公開。



NZCA LINES - For Your Love (Official Audio)






続きを読む

スポンサーサイト



2020-07-01 : Memphis Industries :

■NZCA LINES | ロンドンをベースに活動するプロデューサー/マルチインストゥルメンタリスト、マイケル・ラベットのプロジェクト、ナスカ・ラインズの新作が完成。前作から4年振りとなるサード・アルバム『ピュア・ラグジュアリー』、リリース。



2020.7.15 ON SALE

ロンドンをベースに活動するプロデューサー/マルチインストゥルメンタリスト、マイケル・ラベットのプロジェクト、ナスカ・ラインズの新作が完成。前作から4年振りとなるサード・アルバム『ピュア・ラグジュアリー』、リリース。


■アーティスト:NZCA LINES(ナスカ・ラインズ)
■タイトル:PURE LUXURY(ピュア・ラグジュアリー)
■品番:MI0603CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Pure Luxury
2. Real Good Time
3. Prisoner of Love
4. For Your Love
5. Take This Apart
6. Opening Night
7. Larsen
8. Primp & Shine
9. Tonight Is All That Really Matters

NZCA LINES - Pure Luxury (Official Video)


NZCA Lines - Real Good Time (Lyric Video)


Pitchfork、Guardian、BBC 6 Music、NPR等から高い評価を獲得するプロデューサー/マルチインストゥルメンタリスト、Michael Lovettのプロジェクト、NZCA LINESは、2020年7月10日ニュー・アルバム『Pure Luxury』をMemphis Industriesよりリリースする。幅広いコラボレターをフィーチャーしながらも、ほぼ全編がLovettにより書かれ、プロデュースされた『Pure Luxury』では、単独(不安を誘発する世界の出来事を処理する一人の人間の音)と共同の両方を堪能することが出来る。これは、Lovettの多様なスタイル、声、テクスチャーの記録であり、以前のアルバムの世界感を拡大しながら、その遊び心のある声を、避けられない喜びと興奮の感覚に結び付けている。ロンドンをベースに活動するNZCA LINESは2012年にアルバム『NZCA/LINES』でデビュー。2016年にはMemphis Industriesへ移籍し、Charlotte Hatherly(Ash)とSarah Jones(New Young Pony Club、Hot Chip)を加えたトリオ編成で、セカンド・アルバム『Infinite Summer』をリリースした。またLovettはフランスで大人気のシンガー、Christine and the QueensのアルバムのレコーディングやMetronomyのツアーにも参加している。




2020-05-06 : Memphis Industries :

■THE PHOENIX FOUNDATION | ニュージーランドを代表するインディ・ロック・バンド、The Phoenix Foundation。彼らが2011年にリリースした4枚目のアルバム『Buffalo』が、10周年のアニヴァーサリー・エディションとして、オーシャン・ブルーのカラー・ヴァイナルで限定リリース。また、限定のボーナスCDも追加封入。



2020.6.5 ON SALE

ニュージーランドを代表するインディ・ロック・バンド、The Phoenix Foundation。彼らが2011年にリリースした4枚目のアルバム『Buffalo』が、10周年のアニヴァーサリー・エディションとして、オーシャン・ブルーのカラー・ヴァイナルで限定リリース。また、限定のボーナスCDも追加封入。
※ボーナスCDは在庫がなくなり次第終了


■アーティスト:THE PHOENIX FOUNDATION
■タイトル:BUFFALO (10 YEAR ANNIVERSARY EDITION)
■品番:MI0170LPX[輸入盤/LP]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(Side-A)
1. Eventually
2. Buffalo
3. Flock of Hearts
4. Pot
5. Bitte Bitte
(Side-B)
1. Skeleton
2. Orange & Mango
3. Bailey’s Beach
4. Wonton
5. Golden Ship
[Bonus CD]
1. Danzig Bro
2. One Million Rainbows
3. Anything Everything Done
4. Pavlov’s Pavlova
5. Wave Machine
6. Myre Bucolic
7. Easter

【THE PHOENIX FOUNDATION | ザ・フェニックス・ファンデーション】
ニュージーランド(NZ)出身。1994年にバンド結成。2003年にファースト・アルバム『Horsepower』をリリースし、評論家から高い評価を獲得する。2005年、セカンド・アルバム『Pegasus』をリリース。地元NZのチャートで10位を記録し、セールス的にも成功を収める。2007年にはサード・アルバム『Happy Ending』をリリースし、NZのチャートで5位を獲得。2010年、バンドはメンフィス・インダストリーズと契約し、2011年に4枚目のアルバム『Buffalo』をワールドワイドでリリース。アルバムはNZのチャートで4位を記録し、英Guardianはアルバムに5/5点を与えた。2013年には5枚目のアルバム『Fandango』をリリースし、2015年には6枚目のアルバム『Give Up Your Dreams』をリリースした。




2020-04-29 : Memphis Industries :

■WARM DIGITS | 英ニューカッスルをべースに活動するエレクトロニック・デュオ、ワーム・ディジッツの4枚目のアルバム『フライト・オブ・アイディアズ』が完成。ポール・スミス(マキシモ・パーク)、ザ・ラブリー・エッグス、ジ・オリエルズ、ロジー・プレイン、エマ・ポロック(ザ・デルガドス)他がゲスト参加。



2020.6.10 ON SALE

英ニューカッスルをべースに活動するエレクトロニック・デュオ、ワーム・ディジッツの4枚目のアルバム『フライト・オブ・アイディアズ』が完成。ポール・スミス(マキシモ・パーク)、ザ・ラブリー・エッグス、ジ・オリエルズ、ロジー・プレイン、エマ・ポロック(ザ・デルガドス)他がゲスト参加。


■アーティスト:WARM DIGITS(ワーム・ディジッツ)
■タイトル:FLIGHT OF IDEAS(フライト・オブ・アイディアズ)
■品番:MI0589CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Frames and Cages
2. Feel The Panic (feat. The Lovely Eggs)
3. The View From Nowhere (feat. Emma Pollock)
4. I'm OK, You're OK
5. Fools Tomorrow (feat. Paul Smith)
6. Replication
7. Shake The Wheels Off (feat. The Orielles)
8. Everyone Nervous (feat. Rozi Plain)
9. False Positive
10. Flight of Ideas

Warm Digitsは英ニューカッスルをべースに活動するエレクトロニック・デュオだ。メンバーはAndrew HodsonとSteve Jefferisで、Neu!、Cluster、Kraftwerkといったクラウトロック/ジャーマン・エレクトロニックや、Giorgio Moroder、My Bloody Valentine、Boards Of Canada等から影響を受けている。2011年にデビュー・アルバム『Keep Warm... with the Warm Digits』、2013年にはセカンド・アルバム『Interchange』をニューカッスルのレーベル、Distraction Recordsよりリリース。また、Goblin、Modeselektor、ESG、St. Etienne、Moon Duo等のオープニングを務め、British Sea PowerとUKツアーもおこない、Supersonic、Incubate、Polyhymniaといったフェスティヴァルでプレイ。UNKLEやMaximo Parkのリミックスも手掛けた。2017年には、Memphis Industriesからは初となるサード・アルバム『Wireless World』をリリースとなる。ヴォーカルとしてField MusicのPeter Brewis、Saint EtienneのSarah Cracknell、Devon Sproule、BeardsのMia La Mettaをフィーチャーしたこの作品は大きな話題となった。約3年振りとなる当『light of Ideas』は自身4枚目のアルバムで、Maximo Park(Paul Smith)、The Lovely Eggs、The Orielles、Rozi Plain、Emma Pollock(Delgados)等がゲスト参加している。




2020-04-21 : Memphis Industries :

■MUSH | 英リーズのインディ・ロック・バンド、マッシュのデビュー・アルバムが完成。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン他)をミックスに迎えたアルバム『3D ルーティーン』、リリース。



2020.6.10 ON SALE

英リーズのインディ・ロック・バンド、マッシュのデビュー・アルバムが完成。アンディ・サヴール(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン他)をミックスに迎えたアルバム『3D ルーティーン』、リリース。


■アーティスト:MUSH(マッシュ)
■タイトル:3D ROUTINE(3D ルーティーン)
■品番:MI0577CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Revising My Fee
2. Eat the Etiquette
3. Existential Dread
4. Coronation Chicken
5. Island Mentality
6. Fruits of the Happening
7. Hey Gammon Head
8. 3D Routine
9. Gig Economy
10. Poverty Pornography
11. No Signal in the Paddock
12. Alternative Facts

『3D Routine』は2019年のEP『Induction Party』に続くMushのデビュー・アルバムとなる。MushはソングライターのDan Hyndmanを中心にPavementのバック・カタログを愛するNick Grant(bass)、Tyson(guitar)、Phil Porter(drums)の4人でリーズにて結成された。ライヴにより地元での注目を集めた後、伝説のToo Pure Singles Clubの最後のリリースの一つとなった10分近くあるシングル「Alternative Facts」が異例のラジオ・ヒット。BBC 6等で多くのオンエアを獲得する。その後、シングル「Gig Economy」を経て、UKをツアーをおこない、先のEP『Induction Party』をリリースした。2019年夏、MushはリーズのGreen Mountスタジオでアルバムのレコーディングを開始。ミックスにAndy Savours(Dream Wife、Our Girl、My Bloody Valentine)を迎え、『3D Routine』を完成させた。




2020-04-21 : Memphis Industries :

■POLIÇA | ボン・イヴェールの中心人物ジャスティン・ヴァーノンが過去に「世界最高のバンド」と評した米ミネアポリス出身の女性ボーカル・シンセポップ・バンド、ポリサの4枚目のアルバムが完成!!



2020.2.5 ON SALE

ボン・イヴェールの中心人物ジャスティン・ヴァーノンが過去に「世界最高のバンド」と評した米ミネアポリス出身の女性ボーカル・シンセポップ・バンド、ポリサの4枚目のアルバムが完成!!


■アーティスト:POLIÇA(ポリサ)
■タイトル:WHEN WE STAY ALIVE(ホェン・ウィー・ステイ・アライヴ)
■品番:MI0571CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,150+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Driving
2. TATA
3. Fold Up
4. Feel Life
5. Little Threads
6. Be Again
7. Steady
8. Forget Me Now
9. Blood Moon
10. Sea Without Blue

POLIÇA - Forget Me Now (Official Video)


POLIÇA - Driving


POLIÇAは、2011年に米ミネソタ州ミネアポリスで結成された実験的シンセポッ プ・バンド。これまでに3枚のアルバム『Give You the Ghost』(2012)、 『Shulamith』(2013)、『United Crushers』(2016)と、アンドレ・デ・リ ッダーを中心とする音楽プロジェクト、スターゲイズとのコラボ作品『Music For The Long Emergency』(2018)をリリースしている。ポーティスヘッド、 フリート・ウッドマック、ユーズリミックス等の様々な要素を含んだ重いパー カッションビートと、複雑に入り組んだアレンジが特徴で、兼ねてよりバンド とつながりのある米フォーク・ロックバンドBon Iverの中心人物Justin Vernonか らも大絶賛されているバンドだ。 本作『WHEN WE STAY ALIVE』というタイトルは、2018年の初めに除雪中の事 故で背骨を折る大けがをしたボーカルChanny Leaneaghが、過去の良い体験も 悪い体験もどちらも人生を前進させるという考えに基づいて付けたもので、 「何かが起こったことを否定したくない――これは抑圧ではなく、過去から権 力を取り戻し、現在の権力を握り、自分のために新しい物語を作り出すこと だ」と彼女はコメントしている。 彼女がケガで動けない間、プロデューサーとして参加しているバンドの中心メ ンバーRyan Olsonは、アルバムを作り上げるために数々のアーティストを彼の スタジオに招き、オールナイトでセッションを行ってサウンドを作りあげたと いう。




2019-12-04 : Memphis Industries :

■FIELD MUSIC | 英サンダーランドのインディ・ロック・バンド、フィールド・ミュージックの7枚目のアルバムが完成。UKトップ40ヒットを記録した前作から2年、バンド体制で作られた自身初のコンセプト・アルバム『メイキング・ア・ニュー・ワールド』、リリース。



2020.1.29 ON SALE

英サンダーランドのインディ・ロック・バンド、フィールド・ミュージックの7枚目のアルバムが完成。UKトップ40ヒットを記録した前作から2年、バンド体制で作られた自身初のコンセプト・アルバム『メイキング・ア・ニュー・ワールド』、リリース。


■アーティスト:FIELD MUSIC(フィールド・ミュージック)
■タイトル:MAKING A NEW WORLD(メイキング・ア・ニュー・ワールド)
■品番:MI0569CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,150+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Sound Ranging
2. Silence
3. Coffee or Wine
4. Best Kept Garden
5. I Thought You Were Something Else
6. Between Nations
7. A Change of Heir
8. Do You Read Me?
9. From a Dream, Into My Arms
10. Beyond That of Courtesy
11. A Shot To The Arm
12. A Common Language Pt 1
13. A Common Language Pt 2
14. Nikon Pt 1
15. Nikon Pt 2
16. If The Wind Blows Towards The Hospital
17. Only In a Man's World
18. Money Is a Memory
19. An Independent State

Field Music - Money Is a Memory


Field Music - Only In A Man's World


英サンダーランドのインディ・ロック・バンド、Field Musicは2020年1月、ニュー・アルバム『Making A New World』をリリースする。当作は自身6枚目のアルバムでバンド史上初のコンセプト・アルバムとなる。また2007年のセカンド・アルバム『Tones Of Town』以来初めてPeter BrewisとDavid Brewisの兄弟に他のメンバーを加えたバンド体制で作られたアルバムだ。アルバムからのファースト・シングルは「Only In A Man's World」で、2019年9月に公開された。Field Musicは英サンダーランド出身のバンドで2004年に結成された。バンドのコアメンバーはPeter BrewisとDavid Brewisの兄弟で、2005年にアルバム『Field Music』でデビュー。2007年にセカンド・アルバム『Tones Of Town』をリリースした後、バンドは休止状態に入るも、2010年に2枚組の傑作サード・アルバム『Field Music (Measure)』をリリース。商業的にも成功を収め、その人気を確固たるものとした。2012年には4枚目のアルバム『Plumb』をリリース。アルバムはメディアに絶賛され、その年のマーキュリー・プライズにもノミネートされた。2016年には5枚目のアルバム『Commontime』をリリース。リード・シングル「The Noisy Days Are Over」はPrinceのTwiiterでツイートされ、アルバムはUKトップ40ヒットを記録した。2018年には6枚目のアルバム『Open Here』をリリース。アルバムは自己最高位となるUKチャートで30位にランクインした。




2019-11-27 : Memphis Industries :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム