■J Roddy Walston And The Business / Jロディ・ウォルストン率いるJロディ・ウォルストン・アンド・ザ・ビジネスのヴェイグラントからリリースされたセルフタイトルのセカンド・アルバム。



Jロディ・ウォルストン率いるJロディ・ウォルストン・アンド・ザ・ビジネスのヴェイグラントからリリースされたセルフタイトルのセカンド・アルバム。

■アーティスト:J RODDY WALSTON AND THE BUSINESS(Jロディ・ウォルストン・アンド・ザ・ビジネス)
■タイトル:J RODDY WALSTON AND THE BUSINESS(Jロディ・ウォルストン・アンド・ザ・ビジネス)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ596[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. Don't Break The Needle
2. Full Growing Man
3. Used To Did
4. Pies N' Pearls
5. Brave Man's Death
6. Don't Get Old
7. I Don't Wanna Hear It
8. Uh Oh Rock N' Roll
9. Caroline
10. Use Your Language

Jロディ・ウォルストン・アンド・ザ・ビジネスはJロディ・ウォルストンによって2002年にクリーヴランドで結成された。2007年にファースト・アルバム『Hail Mega Boys』をリリースした後、2009年にヴェイグラントと契約。2010年に当セカンド・アルバム『Jロディ・ウォルストン・アンド・ザ・ビジネス』をリリースした。同アルバムのリード・シングル「Don't Break The Needle」は映画『Contraband』に使われ、「Don't Break The Needle」「Pies N' Pearls」「Brave Man's Death」はMTVのリアリティ・シリーズ『Caged』で使われた。アルバムのリリース後、バンドは全米をツアー。2011年の夏にはBonnaroo、Lollapaloozaなどのフェスティヴァルでもプレイした。その後、バンドはATO Recordsと契約。2013年にサード・アルバム『Essential Tremors』をリリースした。




スポンサーサイト
2014-03-05 : Vagrant Records :

■The Elected / ロサンゼルスをベースに活動するインディ・ロック・バンド、エレクテッドのサード・アルバムが完成。ヴェイグラント移籍第1弾となる『ベリー・ミー・イン・マイ・リングス』発売。



ロサンゼルスをベースに活動するインディ・ロック・バンド、エレクテッドのサード・アルバムが完成。ヴェイグラント移籍第1弾となる『ベリー・ミー・イン・マイ・リングス』発売。

■アーティスト:THE ELECTED(エレクテッド)
■タイトル:BURY ME IN MY RINGS(ベリー・ミー・イン・マイ・リングス)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ665[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. Born To Love You
2. Babyface
3. Look At Me Now
4. Jailbird
5. Go For The Throat
6. This Will Be Worth It
7. Trip Round The World
8. When I'm Gone
9. Who Are You
10. Have You Been Cheated
11. See The Light
12. Time Is Coming

エレクテッドはロサンゼルスをベースに活動するインディ・ロック・バンドだ。現在まで3枚のアルバムをリリースしている。メンバーとしてライロ・カイリーでもプレイするBlake Sennett(Key、Guitar、V)とJason Boesel(D)、オズマでもプレイするDaniel Brummel(B)、リール・ビッグ・フィッシュでもプレイするRyland Steen(D)などが所属していた。2004年にファースト・アルバム『Me First』、2006年にセカンド・アルバム『Sun, Sun, Sun』をサブ・ポップからリリース。その後、中心人物のBlake Sennettはしばらくの間ミュージック・シーンから離れるも、エレクテッドの新作のリリースの為にカムバック。サード・アルバムの『ベリー・ミー・イン・マイ・リングス』を2011年にヴェイグラントよりリリースした。「世紀半ばのウェスト・コースト・ロック思い起こさせる12の輝くポップ・ソングが収録されたアルバム」と評されたこのアルバムは、Blake Sennettが大半の楽器を演奏し、自身がプロデュースをおこなった。





2014-03-05 : Vagrant Records :

■John Gold / ウェスト・コーストのクラシック・ロックを受け継ぐロサンゼルスをベースに活動するシンガーソングライター、ジョン・ゴールド。ヴェイグラント移籍第1弾となる通算3枚目のアルバム『ア・フラワー・イン・ユア・ヘッド』が完成。



ウェスト・コーストのクラシック・ロックを受け継ぐロサンゼルスをベースに活動するシンガーソングライター、ジョン・ゴールド。ヴェイグラント移籍第1弾となる通算3枚目のアルバム『ア・フラワー・イン・ユア・ヘッド』が完成。

■アーティスト:JOHN GOLD(ジョン・ゴールド)
■タイトル:A FLOWER IN YOUR HEAD(ア・フラワー・イン・ユア・ヘッド)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ661[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. Skyscraper
2. Thursday
3. The Flower in My Head
4. Honeymade
5. Interlude
6. We Get High
7. Augusta Vail
8. Baby It’s Your Life
9. The Vampire’s Kiss
10. The Loop

ロサンゼルスをベースに活動するシンガーソングライター、ジョン・ゴールドは、快活で個性のあるインディー・ポップの宝石のような曲を巧みに作る。Josh Ritter、Rufus Wainwright、M. Ward等とともに、Crosby, Stills & Nash、Joni Mitchell、 Harry Nilssonといったウェスト・コーストのクラシック・ロックを受け継ぐ存在だ。ニュー・ヨークに少し住んだ後、ジョンはハリウッドのアパートに移り、そこでほぼ10年もの間、曲を作り続けてきた。2002年にファースト・アルバム『These Are Color Days』、2004年にセカンド・アルバム『Eastside Shake』をリリース。『さよなら、僕らの夏』(2004年公開のアメリカ映画。原題は『MEAN CREEK』)やTVドラマ『Weeds』でも彼の楽曲は使用されたりした。2010年、ジョン・ゴールドはVagrant Recordsと契約。Scott Seiver(Pete Yorn)がプロデュースをおこない、Shawn Everett(Weezer、Phantom Planet、Simon Dawes)がミックスを担当したサード・アルバム『ア・フラワー・イン・ユア・ヘッド』を完成させた。




2014-03-05 : Vagrant Records :

■California Wives / シカゴのニューウェイヴ/ポップ・バンド、カリフォルニア・ワイヴズのデビュー・アルバムが遂にリリース。クラウディウス・ミッテンドーファーをプロデュースに起用した『アート・ヒストリー』完成。



シカゴのニューウェイヴ/ポップ・バンド、カリフォルニア・ワイヴズのデビュー・アルバムが遂にリリース。クラウディウス・ミッテンドーファーをプロデュースに起用した『アート・ヒストリー』完成。

■アーティスト:CALIFORNIA WIVES(カリフォルニア・ワイヴス)
■タイトル:ART HISTORY(アート・ヒストリー)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ743[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. Blood Red Youth
2. Tokyo
3. Marianne
4. The Fisher King
5. Los Angeles
6. Photolights
7. Purple
8. Better Home
9. Twenty Three
10. The New Process
11. Light Year

2009年、バンドのリード・ヴォーカル/キーボードのJayson Kramerは自分のそれまでのキャリアを捨て、プロのミュージシャンとして活動することを決めた。Jaysonは6才の頃からクラシック・ピアノを弾き始め、趣味で曲を書いていた。スマッシング・パンプキンズやオアシスといったバンドに影響を受け、後にオウテカやエイフェックス・ツインといったエレクトリックのミュージシャンにも影響を受けた。その後、Jaysonは大学に通うも、地元のシカゴに戻り、そこで現在のバンドのメンバーと知り合うことになり、2009年にカリフォルニア・ワイヴズは結成された。バンドのサウンドは80年代のニューウェイヴ/ポップを発展させたもので、ダンス・ミュージックからの影響も強く、ニュー・オーダー、ワイルド・ナッシング、ネオン・インディアン、ダイヴといったバンドと比較される。数枚のEPをリリースした後、バンドはヴェイグラントと契約。インターポール、ネオン・インディアン、テンプルズ、フランツ・フェルディナンド、ミューズ他を手掛けたクラウディウス・ミッテンドーファー(Claudius Mittendorfer)をプロデューサーに迎え、デビュー・アルバム『アート・ヒストリー』をニュー・ヨークで制作した。




2014-03-05 : Vagrant Records :

■Aaron Embry / エリオット・スミスのツアーメンバーとして活動し、エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズでピアノもプレイするカリフォルニア生まれのソングライター/レコード・プロデューサー、アーロン・エンブリーのデビュー・アルバム。



エリオット・スミスのツアーメンバーとして活動し、エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズでピアノもプレイするカリフォルニア生まれのソングライター/レコード・プロデューサー、アーロン・エンブリーのデビュー・アルバム。

■アーティスト:AARON EMBRY(アーロン・エンブリー)
■タイトル:TINY PRAYERS(タイニー・プレイヤーズ)
■発売日:2014年3月19日

品番:CMGJ010CDJ[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. Moon Of The Daylit Sky
2. Raven’s Song
3. Tiny Prayers
4. When All Is Gone
5. Ode To ‘If’
6. Good-Red-Road Man
7. No Go
8. To The One
9. So I Turn
10. Your Heart And Mine

アーロン・エンブリーは1975年にカリフォルニアで生まれたソングライター/レコード・プロデューサーだ。子供の頃からピアノのレッスンを受けており、音楽は彼の人生の中で自然とフォーカスされるようになっていった。19才の時にキャピトル・レコードと契約。アルバムはリリースされることはなかったが、デモをレコーディングしたりして、ソングライターとしてのキャリアを開始した。その後、エリオット・スミスの『Figure 8』のツアー・メンバーとしてピアノとギターをプレイ。インディ・ロック・バンドのAmnionのリーダーとなりアルバムも1枚リリースした。一方、スタジオ・ミュージシャンとしての活動も続け、エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのデビュー・アルバム『アップ・フロム・ビロウ』でピアノをプレイ。これを機にピアノのプレイヤーとしてバンドのツアーにも同行した。友達でもあったアレックス・エバート(エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのリーダー)とツアーをおこなう間、アーロンはソロ・アルバムを書き始めた。こうして出来上がったのが『タイニー・プレイヤーズ』で、2012年の9月にコミュニティ/ヴェイグラントよりリリースされた。アルバムはアーロンとWoody Jacksonの共同プロデュースで、アーロンが書き演奏した10曲が収録されている。





2014-03-05 : Vagrant Records :

■Wake Owl / 2014年3月にデビュー・アルバム『ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス』をリリースするウェイク・アウルの、2013年1月に発売され大きな評価を獲得したEP『ワイルド・カントリー EP』が発売。



2014年3月にデビュー・アルバム『ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス』をリリースするウェイク・アウルの、2013年1月に発売され大きな評価を獲得したEP『ワイルド・カントリー EP』が発売。

■アーティスト:WAKE OWL(ウェイク・アウル)
■タイトル:WILD COUNTRY EP(ワイルド・カントリー EP)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ782[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. Wild Country
2. You'll Never Go
3. Gold
4. Grow
5. Seaside
6. Gold (Demo Version)

南カリフォルニアで生まれ育ったウェイク・アウルのシンガー/ソングライター、Colyn Cameronは、10年間にわたり音楽活動をおこなっている。大学を卒業後、彼は有機農業の仕事に就き、英国、ドイツ、チリ、カナダと各国の農場で働き、世界中を旅してまわった。その後、彼は色々なバンドでプレイしながら、そうした旅の後に書いた曲をレコーディング。2013年1月にデビューEP『Wild Country EP』をリリースし大きな評価を獲得した。2014年3月にVagrant Recordsよりリリースされる当『ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス』は、ウェイク・アウルのデビュー・アルバムとなる。アルバムはオレゴンのNational Freedom StudiosでRichard Swift (The Shins、Tennis、Foxygen他)をプロデューサーに起用して制作された。このアルバムはColynのソングライターとしての成長と実験を追及した作品だ。マルチ・インストゥルメンタリストのAiden Briscallと作業をおこなうことにより、Colynは一人ではなくバンドとして曲を書きプレイ。ウェイク・アウルを単なるアコースティック・ギターによる歌から脱却させた。





2014-03-04 : Vagrant Records :

■Rogue Wave / ザック・ローグ率いるカリフォルニアのオークランド出身のインディ・ロック・バンド、ローグ・ウェイヴの最新アルバムが完成。ヴェイグラント移籍第1弾、通算5枚位目のアルバム『ナイチンゲール・フロアーズ』発売。



ザック・ローグ率いるカリフォルニアのオークランド出身のインディ・ロック・バンド、ローグ・ウェイヴの最新アルバムが完成。ヴェイグラント移籍第1弾、通算5枚位目のアルバム『ナイチンゲール・フロアーズ』発売。

■アーティスト:ROGUE WAVE(ローグ・ウェイヴ)
■タイトル:NIGHTINGALE FLOORS(ナイチンゲール・フロアーズ)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ4087[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


【収録曲目】
1. No Magnatone
2. College
3. Figured It Out
4. Siren’s Song
5. The Closer I Get
6. S(a)tan
7. Used To It
8. Without Pain
9. When Sunday Morning Comes
10. Everyone Wants To Be You

ローグ・ウェイヴはカリフォルニアのオークランド出身のインディ・ロック・バンドだ。バンドを率いるのはザック・ローグ(Zach Rogue)で、バンドは彼が職を失った後に結成された。ファースト・アルバム『Out Of The Shadow』は2003年にセルフ・リリースされ、2004年にSub Popより再発された。その後、バンドは全米ツアーを実施し人気を獲得していった。2005年にはセカンド・アルバム『Descended Like Vultures』をリリースするも、バンドはジャック・ジョンソンのレーベルBrushfireへ移籍。2007年にはサード・アルバム『Asleep At Heaven's Gate』、2010年には4枚目のアルバム『Permalight』をリリース。その後バンドはVagrantへ移籍し、5枚目のアルバムとなる当『ナイチンゲール・フロアーズ』をリリースした。





2014-03-04 : Vagrant Records :

■Wake Owl / EPが大きな話題をよんだウェイク・アウルのデビュー・アルバム『ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス』が完成!



EPが大きな話題をよんだウェイク・アウルのデビュー・アルバム『ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス』が完成!Richard Swift (The Shins、Tennis、Foxygen他)をプロデューサーに起用し、ソングライターとしての成長と実験を追及した傑作アルバム。

■アーティスト:WAKE OWL(ウェイク・アウル)
■タイトル:THE PRIVATE WORLD OF PARADISE(ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス)
■発売日:2014年3月19日

品番:VRJ4162[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税 /その他:国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


■収録曲目:
1. Days in the Sea
2. Candy
3. Letters
4. Vacation
5. Kid
6. Buffalo
7. Oh Baby
8. Madness of Others
9. Untitled
10. Desert Flowers
11. Candy (Return)

南カリフォルニアで生まれ育ったウェイク・アウルのシンガー/ソングライター、Colyn Cameronは、10年間にわたり音楽活動をおこなっている。大学を卒業後、彼は有機農業の仕事に就き、英国、ドイツ、チリ、カナダと各国の農場で働き、世界中を旅してまわった。その後、彼は色々なバンドでプレイしながら、そうした旅の後に書いた曲をレコーディング。2013年1月にデビューEP『Wild Country EP』をリリースし大きな評価を獲得した。2014年3月にVagrant Recordsよりリリースされる当『ザ・プライヴェート・ワールド・オブ・パラダイス』は、ウェイク・アウルのデビュー・アルバムとなる。アルバムはオレゴンのNational Freedom StudiosでRichard Swift (The Shins、Tennis、Foxygen他)をプロデューサーに起用して制作された。このアルバムはColynのソングライターとしての成長と実験を追及した作品だ。マルチ・インストゥルメンタリストのAiden Briscallと作業をおこなうことにより、Colynは一人ではなくバンドとして曲を書きプレイ。ウェイク・アウルを単なるアコースティック・ギターによる歌から脱却させた。




2014-02-17 : Vagrant Records :

■Active Child / Active ChildがニューEP『Rapor』の収録曲「Evening Ceremony」のスタジオ・セッション映像を公開 (Public Rhythm)









続きを読む

2013-11-01 : Vagrant Records :

■Active Child / アクティヴ・チャイルド、全6曲入りのニューEP『ラポール』を11/13にリリース(RO69)










続きを読む

2013-10-30 : Vagrant Records :

■Active Child / アクティヴ・チャイルド、衝撃のデビュー作から2年。待望の新作を発表 (CD Journal)







続きを読む

2013-10-30 : Vagrant Records :

■Active Child / チルウェイヴのネクスト・レヴェル Active Child 10/22 リリースのニューEP「Rapor」の全曲試聴が開始!(Indienative)










続きを読む

2013-10-30 : Vagrant Records :

■Active Child / チルウェイブ〜シンセ・ポップ系アーティスト、アクティブ・チャイルド(Active Child)が海外で10月22日に発売する新作EP『Rapor』。全曲フル試聴実施中 (amass)










続きを読む

2013-10-30 : Vagrant Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム