fc2ブログ

■FEVER RAY | 各メディアの年間ベスト・アルバムを席巻!フィーヴァー・レイ『RADICAL ROMANTICS(ラジカル・ロマンティクス)』、発売中。



Bleep「Top 10 Albums of the Year 2023」、4位
Time Out「30 Best Albums of 2023」、5位
BrooklynVegan「Top 55 Albums of 2023」、5位
The New York Times: Lindsay Zoladz「Best Albums of 2023」、6位
Beats Per Minute「Top 50 Albums of 2023」、7位
Pitchfork「50 Best Albums of 2023」、8位


※トップ10のみ(1月5日現在)




続きを読む

スポンサーサイト



2024-01-05 : Fever Ray :

■FEVER RAY | Bleep「Top 10 Albums of the Year 2023」、4位。フィーヴァー・レイ『RADICAL ROMANTICS(ラジカル・ロマンティクス)』、発売中。





続きを読む

2023-11-24 : Fever Ray :

■FEVER RAY | フィーヴァー・レイのニュー・アルバム『Radical Romantics』、発売中(Pitchfork「Best New Album」獲得)。Trent Reznor & Atticus Rossとの共同プロデュースによるシングル「Even It Out」のビデオを公開。



Fever Ray - 'Even It Out' (Official Video)


「アート、人生、そして何よりも愛において、型にはまった物語は退屈だという真実を倍増させた」- Dazed
「感情のるつぼだ」- The I Paper
「愛の探求を官能的かつ異質なものとして表現している」– Pitchfork
「愛を考察した爽快なポップ挿話」- NME
「とても複雑で、深い報酬を得ることができる」– CRACK
「現代の人間関係の核心にある偽善は、アルバムで、Karin Dreijerが探求する驚くべき真実だ」- Clash
「刺激的で緊急性を感じる」- Stereogum(Album of the Week)
「内省的で、確信に満ちている」- The FADER
「素晴らしいアートは、快楽と苦痛の間のスウィート・スポットートスポットに到達するが、Fever Rayは例外的にそれを上手く行っている」- The Line of Best Fit
「まばゆだけの表面に現れたものよりも深い」- Loud & Quiet
「エレクトロ・ポップの魅力的な研究」- DIY
「資本主義、ヘテロノーマティヴィティ(異性愛規範)、家父長制に反抗し、深い認識に満ちている」- SPIN
「様々な策略をめぐらした愛の検証」- The Skinny
「ラスティで情欲的。そして氷のよう。しかし、救護所である」- Classic Pop
「単なる素晴らしいポップスと一線を画すのは、その反体制的な性質にある」- Paste





続きを読む

2023-03-14 : Fever Ray :

■FEVER RAY | カリン・ドレイヤーによるプロジェクト、フィーヴァー・レイ、3月10日リリースのニュー・アルバム『RADICAL ROMANTICS(ラジカル・ロマンティクス)』より、ニュー・シングル「Kandy」(Karin Dreijerの弟で、The KnifeのメンバーでもあるOlof Dreijerが共作/共同プロデュース)をリリース。ビデオも公開。



Fever Ray - 'Kandy' (Official Video)


3月10日にリリースされるFever Rayの新作『Radical Romantics』は、2023年に最も期待されるアルバムの一つだが、同作より、ニュー・シングル「Kandy」がリリースされ、ビデオも公開された。「What They Call Us」、「Carbon Dioxide」に続く「Kandy」は、Karin Dreijerの弟で、The KnifeのメンバーでもあるOlof Dreijerが共作/共同プロデュースを手掛けた4曲のアルバム収録曲の一つで、これは、二人が8年ぶりにコラボレートしたことを意味する。「Fever Rayのヴァイブをできるだけ取り入れようと思って、いろいろなスタイルを試してみた。でも、最終的には、The Knifeの曲『The Captain』で使ったのと同じシンセサイザー、SH101を取り出したら、うまくいった」とOlofは同曲について語る。




続きを読む

2023-01-26 : Fever Ray :

■FEVER RAY | カリン・ドレイヤーによるプロジェクト、フィーヴァー・レイの新作が完成。ナイフのメンバーで実弟、オロフ・ドレイヤーも参加した5年半振り3枚目のアルバム『ラジカル・ロマンティクス』、リリース。ゲスト:トレント・レズナー、アッティカス・ロス他。



2023.3.10 ON SALE[世界同時発売]

カリン・ドレイヤーによるプロジェクト、フィーヴァー・レイの新作が完成。ナイフのメンバーで実弟、オロフ・ドレイヤーも参加した5年半振り3枚目のアルバム『ラジカル・ロマンティクス』、リリース。
●ゲスト:トレント・レズナー、アッティカス・ロス他


■アーティスト:FEVER RAY(フィーヴァー・レイ)
■タイトル:RADICAL ROMANTICS(ラジカル・ロマンティクス)
■品番:RABID091CDJ[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,400 +税
■その他:世界同時発売、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. What They Call Us
2. Shiver
3. New Utensils
4. Kandy
5. Even It Out
6. Looking For A Ghost
7. Carbon Dioxide
8. North
9. Tapping Fingers
10. Bottom Of The Ocean

Fever Ray - 'What They Call Us' (Official Video)


Fever Ray - 'Carbon Dioxide' (Official Visualiser)


●Karin Dreijerのプロジェクト、Fever Rayは、5年以上振りとなるニュー・アルバム『Radical Romantics』を、3月10日にRabid Recordsからリリースする。『Radical Romantics』の世界において、Fever Rayは愛、正確には愛の神話との闘いを提示する。2017年の『Plunge』に続き、『Radical Romantics』は、心と頭、ダンスフロアとベッドルームの両方に語りかける。KarinがOlof Dreijer(The KnifeのメンバーでKarinの弟)と共に作ったストックホルムのスタジオでアルバムの制作に着手したのは、2019年秋で、これは、自身が2018年のFever Rayのツアーを終え、Olofがベルリンでの生活から戻ってきた後の事であった。2020年半ば、OlofはKarinと共にアルバムの制作に参加。オープニング曲「What They Call Us」と、さらに3曲を一緒に書き、共同でプロデュース。8年ぶりに一緒に制作と作曲を行った。他の共同プロデューサーやプレイヤーには、Trent ReznorとAtticus Ross(Nine Inch Nails)、Nídia(ポルトガルのDJ/プロデューサー)、Johannes Berglund、Aasthma(Peder MannerfeltとPär Grindvikによるダンスプロジェクト)、Vessel(エクスペリメンタル・アーティスト/プロデューサー)が含まれている。また、長年のコラボレーターであるMartin Falckは、Karinと共に、そのヴィジュアル・ワールドを創り上げている。
●Fever Rayはスウェーデンのエレクトロニック・デュオ、The Knife(ナイフ)のメンバーであったKarin Dreijer(カリン・ドレイヤー)のソロ・プロジェクトだ。2009年にデビュー・アルバム『Fever Ray』を自らのレーベル、Rabidよりリリース。アルバムはThe Guardianのレヴューで満点を獲得し、Pitchforkのベスト・ニュー・アルバムに選ばれる。2017年にはセカンンド・アルバム『Plunge』を事前のアナウンスなく、サプライズでリリース。アルバムはPitchforkで同年のベスト・エレクトロニック・アルバムに選ばれた。




続きを読む

2022-11-11 : Fever Ray :

■FEVER RAY | フィーヴァー・レイ、Olof Dreijer(The Knife)との共同プロデュースによる新曲「What They Call Us」をリリース。PVも公開。Pitchforkのベスト・ニュー・トラック獲得。



Fever Ray - 'What They Call Us' (Official Video)


Fever Rayは新曲「What They Call Us」でエキサイティングな新章をスタートさせる。Olof Dreijer(The Knife)との共同プロデュースとなるこの曲は、捻じれたシンセ、強いドラム、トレードマークのヴォーカルをフィーチャーし、即時に耳に残るサウンドへと仕上がった。また、Karinと長年のコラボレーター、Martin Falckが監督したビデオも公開された。


【Fever Ray/フィーヴァー・レイ】
スウェーデンのエレクトロニック・デュオ、The Knife(ナイフ)のメンバーであったKarin Dreijer(カリン・ドレイヤー)のソロ・プロジェクト。2009年にデビュー・アルバム『Fever Ray』を自らのレーベル、Rabidよりリリース。アルバムはThe Guardianのレヴューで満点を獲得し、Pitchforkのベスト・ニュー・アルバムに選ばれる。2017年にはセカンンド・アルバム『Plunge』を事前のアナウンスなく、サプライズでリリース。アルバムはPitchforkで同年のベスト・エレクトロニック・アルバムに選ばれた。




2022-10-06 : Fever Ray :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム