KOOPA 『LIES SELL STORIES』

アルバム発売中です!!

UK音楽史上、初の快挙!!
“レーベル契約なし/CDやレコードのリリースなし”の新人がUKチャート・トップ40にランクイン!!
破格の新人パンク・バンド、“クーパ”デビュー・アルバム!!

「(UKチャートの)新規定は、本当に才能のある奴らに希望を与える。レコード会社に媚を売らなくてもいいわけだ。」~ジョー・マーフィー (Ba/Vo)
『インディーバンドがチャートをぶっ壊した!!』 ~NME誌
『この偉大な少年たちには指令はいらない!』~KERRANG!誌


グラフィックス1

クーパ『ライズ・セル・ストーリーズ』
NOW ON SALE!!
■YRCG-90009■2,100円(税込)■解説/歌詞/対訳付き
01. THE CRASH(ザ・クラッシュ)
02. AINT NO FRIEND OF MINE(エイント・ノー・フレンド・オブ・マイン)
03. WHY?(ホワイ?)
04. LADY(レディー)
05. GUTTED(ガッテッド)
06. LIES SELL STORIES(ライズ・セル・ストーリーズ)
07. GIMMIE IT BACK(ギミー・イット・バック)
08. OUTCASTS(アウトキャスツ)
09. ROCK & ROLL(ロック・アンド・ロール)
10. HANDS UP(ハンズ・アップ)
11. ALL FALLS DOWN(オール・フォールズ・ダウン)
12. HEY HOW'D YOU DO*(ヘイ・ハウドゥ・ユー・ドゥ)
13. SHUT UP (LIVE)*(シャット・アップ (ライヴ))
14. GIMMIE IT BACK (JOSH ABRAHAMS RE-MIX)*(ギミー・イット・バック(ジョシュ・アルバハムズ・
リミックス)
*日本盤ボーナス・トラック

グラフィックス2

■クーパはオーリー・クーパー(G/Vo)とステュー・クーパー(Dr)という才能ある兄弟とジョー・マーフィー(Ba/Vo)による3ピース・ロック・バンド。2002年に結成以来、イギリスの音楽業界を席巻し、2007年にはレーベルと未契約のバンドとしては稀有な大きな話題を呼んだ。パンク、ポップ、ロックを融合させた彼らの刺激的なサウンドは、現在のイギリスの音楽シーンにおいて最も注目されるバンドの一つへと押し上げた。
■2007年、クーパはレーベル未契約のバンドとしては、初めてUKチャートのトップ40にランクインするというかつてない快挙を成し遂げた。2007年の1年間でリリースした3枚のシングルはすべてUKチャートのトップ40にランクイン。2007年11月にリリースされた最新シングル「The Crash」は16位を獲得した。熱狂的なファンのサポートは続き、アメリカとヨーロッパのレコード・レーベルから熱烈なアプローチを受け、論議を重ねた結果、2008年1月にアメリカ/ナッシュビルを拠点とするインディー・レーベル“パイド・パイパー・レコーズ”と契約。
■ほどなくして、Blink 182や+44のメンバーとして有名なマーク・ホッパス(Vo/B)をプロデューサーに、レッド・ホット・チリ・ペパーズなどの仕事で知られるクリス・ホルムズをエンジニアとして迎え入れることを発表。
■クーパは2008年3月からの2ヶ月間アメリカに滞在、オースティンで行われた自身2回目となるサウス・バイ・サウスウエストに出演、ナッシュビルにあるレーベルのスタジオでプリプロを終え、マーク・ホッパスとトラヴィス・ベイカー(ブリンク182/ボックス・カー・レーサー(Dr))のスタジオがあるロサンゼルスでデビュー・アルバムのレコーディングを敢行した。また、ロサンゼルス滞在中、かつてはザ・ドアーズやガンズ・アンド・ローゼズがイベントを主催していたことでも有名な“ウィスキー・ア・ゴー・ゴー”での演奏を果たした。
■大きな注目を集めている待望のデビュー・アルバムは現在、アメリカで最終作業中。レーベル契約後初となるシングルは2008年11月、フリー・ダウンロード形式でリリースされた。バンドはアルバムリリースを控えUKツアーを予定、その後2008年から2009年にかけて世界中でのライブを予定している。



UK初、レコード契約のない新人がチャート・イン

週末発表される英シングル・チャートに、レコード契約のない新人バンドが登場するようだ。UKのチャートはこれまで、CD、または他の有形フォーマットでリリースされたシングルの売り上げのみをカウントしていたが(ダウンロードの売り上げは、そういうったフォーマットでリリースされた、もしくはリリースされる予定がある曲のみ加算された)、この1月から規定が変わり、有形フォーマットがないダウンロード・オンリーのトラックでもチャートに入る権利を得た。このためオンラインのセールスが良ければ、文字通り誰でもチャート・インすることができるようになった。そして今週末、UKのチャート史上初めて、レコード契約のない無名バンドがチャートに登場する可能性が出てきたという。エセックス出身のロック・バンドKoopaのダウンロード・オンリー・シングル「Blag, Steal & Borrow」は週半ばの売り上げで17位。この後、多少、順位が下がりそうだが、トップ40にとどまるのは間違いないといわれている。ネットや地道なライヴ活動でファンを増やしてきたKoopaのフロントマン、ジョー・マーフィーは「新規定は、本当に才能のある奴らに希望を与える。レコード会社に媚を売らなくてもいいわけだ」と話している。この新規定は、従来の“まずはレコード契約ありき”という考えをくつがえしたことになる。また、これまでシングル・カットされなかったものや昔のトラックが(ダウンロード可能であれば)、いきなりチャート・インするなんてことも起こり得る。
Ako Suzuki, London 2007-01-11 BARKS



2007/01/15 V.A. レコード未契約バンドがUKチャート史で偉業達成!

エセックス出身のKoopaが、レコード契約のないバンドとして初めてUKチャートのトップ40入りを果たすという、チャート史に残る偉業を成し遂げた。彼らのダウンロード限定シングル「Blag, Steal & Borrow」は、チャートのルール改訂にともない、初登場で31位にランクイン。'07年よりスタートしたこの新ルールでは、たとえパッケージのリリースがなくとも、デジタルのセールスがチャートにカウントされる仕組みとなっている。なお、シングル・チャートのトップは、先週と変わらずオーディション番組『X Factor』の優勝者であるリオナ・ルイスがキープ。彼女が歌うケリー・クラークソンの「A Moment Like This」のカヴァーは、これで4週連続の首位独走となる。また、Mikaのデビュー・シングル「Grace Kelly」が、初登場曲としては最高位となる3位に食い込んだ。このほか目立ったところでは、ザ・ヴューの「Same Jeans」が11位、クラクソンズの「Golden Skans」が16位に初登場を果たしている。一方のアルバム・チャートでは、復帰アルバム『Beautiful World』で6週にわたり首位をキープしたテイク・ザットが、ついに4位へ後退。代わりにエイミー・ワインハウスの『Back To Black』が頂点に立っている。(NME)



大事件! レコード会社未契約のバンドがUKTop40入りtsuda | 2007/01/15 02:43 PM

NME.comによると、エセックス出身のポップ・パンクバンド『KOOPA』のシングル曲“Blag, Steal & Borrow”が、レコード会社と契約を結んでいないアーティストとしては史上初めての、UKチャートTop40入りを果たしたとのことです。レコード会社との契約を結んでいないバンドは、資金的理由から十分な数のCDを一度にプレスできないことが多く、そのためチャート上位に浮上することは困難でした。しかし2007年より、ダウンロード販売もカウントされるよう基準が変更されたため、CDによる販売を行わない『KOOPA』の快挙が起こったというわけです。この先チャートにどんなアーティストがひょっこり現れるのか、楽しみですね。映像は、2006年ワールドカップ・イングランド代表応援ソングのコンピに収録された、彼らの元気溢れる1曲“Stand Up 4 England”。現役代表ファーディナンド、往年の名選手ガスコインなど選手が多数出演!おまけに何故かリチャード・アシュクロフトまでチラリと出ています。
スポンサーサイト
2009-07-25 : Koopa :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム