FC2ブログ

■SURFER BLOOD | サーファー・ブラッド、7/17発売のアルバム『CAREFREE THEATRE(ケアフリー・シアター)』より「Karen」のビデオを公開。



Surfer Blood - Karen



Surfer Blood Home Movie 1 - Karen






続きを読む

スポンサーサイト



2020-04-09 : Kanine Records :

■SURFER BLOOD | 衝撃のデビュー作『アストロ・コースト』より10年、古巣ケーナインに復帰し たフロリダ州ウエスト・パームビーチ出身のインディーロックバンド、 サーファー・ブラッドが5枚目のアルバム『ケアフリー・シアター』をリリース!



2020.5.6 ON SALE
2020.7.17 ON SALE[世界同時発売]
2020.9.25 ON SALE[世界同時発売]


衝撃のデビュー作『アストロ・コースト』より10年、古巣ケーナインに復帰し たフロリダ州ウエスト・パームビーチ出身のインディーロックバンド、 サーファー・ブラッドが5枚目のアルバム『ケアフリー・シアター』をリリース!


■アーティスト:SURFER BLOOD(サーファー・ブラッド)
■タイトル:CAREFREE THEATRE(ケアフリー・シアター)
■品番:KR241JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Dessert Island
2. Karen
3. Carefree Theatre
4. Parkland (Into the Silence)
5. In the Tempest’s Eye
6. In My Mind
7. Unconditional
8. Summer Trope
9. Uneasy Rider
10. Dewar
11. Rose Bowl

Surfer Blood - Parkland (Into the Silence)


●各レビューサイトで軒並み高評価だったデビュー作『Astro Coast』より10 年。メンバーの死や脱退を乗り越え新体制で挑んだ前作『Snowdonia』に 続く5枚目のオリジナルアルバム『Carefree Theatre』がリリース。 『Carefree Theare』とは、バンドの出身地でもあるウエスト・パームビーチに 実在するシアターで、バンドのフロントマンJohn Paul Pittsが子供時代のほと んどを過ごした場所。拠点をフロリダに戻し、『Astro Coast』リリース時のレ ーベルKanineに復帰後初の、正に原点回帰となる作品。
●2009年『Swim』でデビューしたフロリダ州ウエスト・パームビーチ出身のSURFER BLOOD。デビューシングルが Pitchforkの2009年ベストトラックで37位に選ばれ、2010年にリリースしたアルバムは同サイトで8.2という高評 価を受ける。翌年SUMMER SONICで来日を果たし、Pixiesのツアーサポートに抜擢等華々しいデビューを飾る。 その後2015年ギタリストのThomas Feketeが病の為脱退(後に病死)、またベーシストKevin Williamsの脱退と 苦境が続くが、2017年新メンバーを加えた新体制で『Snowdonia』をリリース。拠点をフロリダに戻し、古巣 Kanineに復帰したSURFER BLOODが2020年待望のニューアルバム『Carefree Theater』をリリース。




2020-03-05 : Kanine Records :

■KANINE | Kanine Records、2020年2月/3月リリース(HONEY CUTT、GRIZZLY BEAR)



2020.3.13 ON SALE

米・ボストンで注目を集める3人組ガレージ/ サーフ/インディー・ポップ・バンド、ハニー・カット による、待望のデビュー・アルバムが完成!! 米・ニューヨークのインディー・ロック・レーベル、 ケーナイン・レコーズからリリース。


■アーティスト:HONEY CUTT
■タイトル:COASTING
■品番:KR227LP-C1[輸入盤/LP]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
[SIDE A] 01. Vacation 02. Hung Up On Me 03. Suburban Dream 04. Fashion School 05. Judas Waltz
[SIDE B] 06. Coasting 07. All I Have 08. Orange Blossom Trail 09. Gentleness 10. Love Me, Still

Honey Cuttは、米・マサチューセッツ州ボストンを拠点に活動している3人組バンドだ。 ドリーミーで優しく語りかけるような歌声とノスタルジックなメロディーが包み込む、幻想的な サーフ・ポップを奏でる彼女達は、2019年にシングル『Suburban Dream』をリリース。 そして今回、デビュー・ファースト・アルバム『Coasting』を米のインディー・ロック・レーベル、 Kanine Recordsからリリースすることが決まった。 本作でも、彼女達の魅力であるキャッチーなサーフ・ポップが全体を通して鳴り響くが、そこで歌われている のはKaley Honeycutt(Vo./Gt.)が経験した最も暗い瞬間について。そんな感情的でパーソナルな物語と、彼女 達が持つ温かさとチャーミングなサウンドが聴くものを魅了する。また、本作のレコーディングにはJesse Weiss(Palehound)が参加している。


2020.2.28 ON SALE

アメリカを代表するインディー・ロック/ フォーク・ロック・バンド、グリズリー・ベア。 彼らのデビュー・ファースト・アルバム『ホーン・ オブ・プレンティ』が、発売から15周年を記念 してケーナイン・レコーズよりリイシュー!!


■アーティスト:GRIZZLY BEAR
■タイトル:HORN OF PLENTY
■品番:KR239LP-C1[輸入盤/LP]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
[SIDE A] 01. Deep Sea Diver 02. Don’t Ask 03. Alligator 04. Campfire 05. Shift 06. Disappearing Act 07. Fix It
[SIDE B] 08. Merge 09. A Good Place 10. Showcase 11. La Duchess Anne 12. Eavesdropping 13. Service Bell 14. This Song

Grizzly Bearは、シンガー・ソングライタ-のEd Droste とマルチ・インストゥル・メンタリストのChris Bearを 中心に結成された、米・ブルックリンのインディーロック /フォークロック・バンドだ。2004年に活動を始め、同年 にファースト・アルバム『Horn of Plenty』をリリース。 その後も『Yellow House』(2006)、『Veckatimest』 (2008)、『Shields』(2012)の通算4枚のアルバムを リリースしており、Rolling StoneやPitchfork、 Spin Magazine、V Magazine、Time Out NYといった数々の 音楽メディアから注目を集め、全米ビルボード・チャート では8位に選出されるほど人気となった。 本作は、そんな彼らがブルックリンのアパートで制作した というデビュー・アルバム『Horn of Plenty』で、発売か ら15周年を記念して米のインディー・ロック・レーベル、 Kanine Recordsからリイシューされる作品。




2020-01-27 : Kanine Records :

■Fear Of Men | デビュー・アルバムも高い評価を獲得した英ブライトンのインディポップ/シューゲイズ・バンド、フィア・オブ・メン。ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートとのツアーを経て完成したセカンド・アルバム『フォール・フォーエヴァー』、リリース。



22016.6.8 ON SALE

デビュー・アルバムも高い評価を獲得した英ブライトンのインディポップ/シューゲイズ・バンド、フィア・オブ・メン。ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートとのツアーを経て完成したセカンド・アルバム『フォール・フォーエヴァー』、リリース。


FEAR OF MEN
“FALL FOREVER”

フィア・オブ・メン『フォール・フォーエヴァー』
■品番:KR152J[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Vesta
2. Undine
3. Island
4. A Memory
5. Until You
6. Ruins
7. Trauma
8. Erase (Aubade)
9. Sane
10. Onsra

Fear of Men "Island" [Official Audio]


「Fear Of Menが繊細ながら確信的な曲"Island"と共に帰ってきた」(PITCHFORK)
「Fear Of Menは、改革に取り組み続けながらその過程で力を見つけ出す人間の肖像画を提供している」(NPR 'Songs We Love' / "Island")

 2016年、英ブライトンをベースに活動するトリオ、Fear Of Menがセカンド・アルバム『Fall Forever』で帰ってくる。当作は2014年にリリースされ高い評価を獲得したデビュー・アルバム『Loom』に続く自身2枚目のアルバムだ。レコーディングにあたり、バンドは一旦、自分達のサウンドを丸裸にして、再構築することを決意。音のレイヤーではなくコアに焦点を置くためにプロデューサーとしてTom Morris(Woman’s Hour、Bloc Party、Glass Animals他)を起用。『Loom』のメロディシズムと即時性を土台としながら、今までとは違った楽器の使用法などを通して、新たな進化を示した大胆な作品へと仕上げた。
 Fear Of MenはJessica WeissとDaniel Falveyの出会いから始まる。2011年、自分のショート・フィルムのサウンドトラックを作成していたJessicaは、そのショート・フィルムのエキシビジョンでDanielと初めて会った。ギタリストでアート・スクールの学生でもあったDanielは、フィルムのサウンドトラックを気に入り、よりポップなサウンドの作品を作るために二人は一緒に作業を開始。ここにMichael Milesが加わり、自分達でカセットをリリースして他のバンドのサポートとしてライブもおこない、その活動を軌道に乗せていったのだ。その後の2年間は7インチのレコードのリリースを続け、2013年にはそうした7インチをコンパイルしたアルバム『Early Fragments』をリリース。そしてデビュー・アルバム『Loom』を2014年にKanine Recordsよりリリースした。『Loom』はメディアからも高い評価を獲得。バンドはThe Pains Of Being Pure At Heartのサポートとして北米とヨーロッパをツアー。このツアーにおいて、Jessica WeissはThe Pains of Being Pure At Heartのヴォーカルも務めた。




2016-05-02 : Kanine Records :

■Beverly | ブルックリンをベースに活動するビヴァリーの約2年振りとなる新作が完成。 ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのキップ・バーマン他とコラボレートしたニュー・アルバム『ザ・ブルー・スウェル』、遂に発売。



2016.5.11 ON SALE


BEVERLY
“THE BLUE SWELL”

ビヴァリー『ザ・ブルー・スウェル』
■品番:KRJ144[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Bulldozer
2. Crooked Cop
3. You Said It
4. Victoria
5. South Collins
6. Lake House
7. Contact
8. The Smokey Pines
9. You Used To Be A Good Girl
10. Don’t Wanna Fight

Beverly "Victoria" [Official Video]


Beverly - Crooked Cop [Official Audio]


Beverly - Contact



 ブルックリンをベースに活動するビヴァリーはヴィヴィアン・ガールズ、ダム・ダム・ガールズ、クリスタル スティルツのオリジナル・メンバーとして知られるフランキー・ローズ(Frankie Rose)と、そのフランキー・ローズのバンドのメンバーとして活動し、昨今はザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートでキーボード&ヴォーカルを担当するドリュー・シトロン(Drew Citron)の二人によって始められたバンドだ。ツアーで多くの時を過ごしていた二人は、その間に曲を書き、家に戻るとレコーディングをおこなった。こうして完成したのが2014年の夏にKanine Recordsよりリリースされたデビュー・アルバム『Careers』だ。このロウ・ポップでポスト・パンク、そしてドリーミーなメロディを持ったアルバムをリリース後、ビヴァリーはドラムスのサポートとしてアメリカやヨーロッパをツアー。また地元のニューヨークのヘッドラインのショーはソールド・アウトを記録した。
 そして当セカンンド・アルバム『ザ・ブルー・スウェル』にあたり、バンドの中心人物であるヴォーカル&ギターのドリュー・シトロンは、新しいコラボレーター達とアルバムを制作。ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのキップ・バーマン(Kip Berman)や、ビヴァリーのギタリストでザ・ビーツやクリスタル スティルツも手掛けるスコット・ローゼンタール(Scott Rosenthal)他アルバムを制作。大胆な変化を遂げた。アルバムからのファースト・シングルは「Crooked Cop」でセカンド・シングルは「Victoria」。「Victoria」はキップ・バーマンとの共作曲で、同曲のリード・ギターも彼の手によるものだ。




2016-03-25 : Kanine Records :

■Expert Alterations | C-86スタイルのインディ・ポップを鳴らす、エクスパート・オルタレイションズ。 米ボルチモアを中心にザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート等とライヴをおこなってきた彼らの待望のデビュー・アルバムが遂に発売。



2015.11.4 ON SALE


EXPERT ALTERATIONS
“YOU CAN’T ALWAYS BE LIKED”

エクスパート・オルタレイションズ『ユー・キャント・オールウェイズ・ビー・ライクト』
■品番:KRJ139[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. You Can't Always Be Liked
2. Psychic Surgery
3. Midnight Garden
4. Sort Out
5. Don't Want To Go
6. The Past and You
7. Such A Stupid Fool
8. Buildings
9. Well Good For You
10. Nowhere Slowly
11. Alabaster
12. Untitled

Expert Alterations - The Past and You [Official Audio]


米ボルチモア出身のインディポップ・バンド、エクスパート・オルタレイションズは2013年の3月に結成された。メンバーはPaul Krolian(Dr)、Alan Everhart(B)、Patrick Teal(G)の3人で、Close LobstersといったC-86のバンド、The FallといったUKのポストパンク・バンド、そしてニュージーランドのThe Clean等から影響を受けてきた。Paul Krolianは地元のボルチモアでBaltimore Popfestというインディ・バンドのショーケースをキュレイトしており、ここでエクスパート・オルタレイションズはThe Pains Of Being Pure At Heart、Crystal Stilts、The Flatmatesといったバンドの共演してきた。バンドは2014年に5曲入りのEPをカセットでリリース。2015年の6月にはSlumberlandがEPをヴァイナルで発売した。当『ユー・キャント・オールウェイズ・ビー・ライクト』は彼等にとってのデビュー・アルバムとなる。
「エクスパート・オルタレイションズはジャングリーなギターとリードのようなベース、そしてスリーピーなヴォーカルをもったクラシカルなC-86スタイルのインディ・ポップを鳴らす」(BROOKLYN VEGAN)
「彼らはアメリカのボルチモアの出身なのだが、彼らのポップは80年代中~後期のヴァセリンズやウェディング・プレゼントといったイギリスをベースにしたインディ・バンドと共鳴するところがある」(STEREOGUM)
「彼らはボルチモアのチャーム・シティではなくダニーデンかクライストチャーチ、もしくはリバプールの出身と誤解してしまうかもしれない」(NOISEY)
「インディ・ポップの明るい意味深なサイン」(IMPOSE)





2015-10-01 : Kanine Records :

■Eternal Summers / ヴァージニアのドリームポップ / シューゲイズ・バンド、エターナル・サマーズの新作が完成。高評価を獲得した前作から15ヶ月、バンドのセルフ・プロデュースによる4枚目のアルバム『ゴールド・アンド・ストーン』が発売。



2015.6.3 ON SALE

ETERNAL SUMMERS
“GOLD AND STONE”

エターナル・サマーズ『ゴールド・アンド・ストーン』
■品番:KRJ130[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Unassigned
2. Together or Alone
3. Gold and Stone
4. The Roses
5. Black Diamond
6. Come Alive
7. Ebb Tide
8. Play Dead
9. Stars You Named
10. Bloom

Eternal Summers - "Together or Alone" (Official Video)


「アルバムのサウンドはどんな感じにしようか、と曲を書く前にあまり深く考えたりはしないの。私は本能を信頼するの」というのがヴァージニアのドリームポップ / シューゲイズ・バンド、エターナル・サマーズのNicole Yunの哲学だ。エターナル・サマーズは2009年にNicole Yun(Vo/G)とDaniel Cundiff(Dr)の二人により結成された。何枚もの7インチやEP、そしてファースト・アルバム『Silver』をリリースした後、Jonathan Woods(B)が加入し現在の体制となった。2012年にはセカンド・アルバム『コレクト・ビヘイヴィア』を発表。過去の自分達を一旦リセットしてポストパンクやドリームポップへのアプローチを完全にする為にThe RaveonettesのSune Rose WagnerとAlonzo Vargasという二人をプロデューサーに迎えて作られたこのアルバムは高い評価を獲得。シングル「Millions」はPitchforkのベスト・ニュー・トラックにも選ばれた。2014年にはサード・アルバム『ザ・ドロップ・ビニース』をリリース。このアルバムは地元ヴァージニアを離れてレコーディングされた初めての作品で、Doug Gillard (Guided by Voices、Nada Surf他)をプロデューサーに迎えテキサスでレコーディングされた。「バンドがレコーディングした中でも最も新鮮なサウンドを持ち、またアンセミックな側面を多く含んでおり、結果、最もソリッドな作品となった」とPitchforkは同アルバムを評している。当『ゴールド・アンド・ストーン』は前作と同じくテキサスのResonate Studioでレコーディングされた。アルバムはバンドのセルフ・プロデュース。「より豊かで晴れやかな質感、クラシックなロックのリフ、ちょっとしたジャズの要素、そしてパンキッシュな声を取り入れるようにしたの」とNicoleは同作品について語っている。既に発表されているアルバムからのリード・シングル「Together or Alone」は既にメディアから好意的に受け入れられており、「何か素晴らしいものが生まれるサインだ」とStereogumは同曲を評している。





2015-04-20 : Kanine Records :

■Beach Day / ビーチ・デイのニュー・アルバム『ネイティヴ・エコーズ』、好評発売中です!



BEACHDAY_T渋谷

NOW ON SALE

60年代フレーヴァーたっぷりのフロリダ出身のインディ・ポップ・バンド、ビーチ・デイ。ジム・ダイアモンド(ザ・ソニックス、ザ・ホワイト・ストライプス他)を迎えて制作された1年ぶりのセカンド・アルバムが完成。

BEACH DAY
“NATIVE ECHOES”

ビーチ・デイ『ネイティヴ・エコーズ』
■品番:RJ117[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. All My Friends Were Punks 
2. Don't Call Me on the Phone 
3. BFFs 
4. I'm Just Messin' Around 
5. Gnarly Waves 
6. Pretty 
7. The Lucky One 
8. Fades Away 
9. Lost Girl 
10. How Do You Sleep at Night

ビーチ・デイはThe Ventures、The Shangri-La's、The Sonics、The Ramones等にインスパイアされたフロリダ出身のインディ・ポップ・バンドだ。とある地元のライヴで出会ったKimmy Drake (guitars/vocals)、Natalie Smallish(bass/vocals)、Skyler Black (drums)の3人は60年代のガールズ・グループの話題で意気投合。2011年にビーチ・デイをスタートさせた。2012年の夏にデビュー・シングル「Beach Day」、秋にはセカンド・シングル「Walking on the Streets」をリリースし、2013年6月にデビュー・アルバム『Trip Trap Attack』をリリースした。デビュー・アルバム後のツアーやNatalieの脱退を経て、バンドはガレージ・ロックとガールズ・グループのメッカでもあるデトロイトでセカンド・アルバムの制作を開始。選び抜いた楽器を使用してJim Diamond (The Sonics, The White Stripes他)と行われたレコーディングは、すべてがテープによる録音となった。ファースト・アルバムでもみられたノーザン・ソウルの要素を、シンセのように聞こえるようにビンテージのスピーカーを通した鳴らしたフィードバック音/フットストンプ音/12弦ギターに置き換え、『ネイティヴ・エコーズ』は完成したのだ。




2014-09-22 : Kanine Records :

■Beverly / ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ ハート(The Pains Of Being Pure At Heart )のTシャツとあわせ、ペインズのキーボード/ヴォーカルを担当するドリュー・シトロンによるバンド、ビヴァリーのアルバム『キャリアズ』も発売中です!



NOW ON SALE
ヴィヴィアン・ガールズやダム・ダム・ガールズのオリジナル・メンバーでソロとして活動するフランキー・ローズと、現在ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートでキーボード/ヴォーカルを担当するドリュー・シトロンによるバンド、ビヴァリー。待望のデビュー・アルバム『キャリアズ』が遂に完成。
BEVERLY
“CAREERS”


ビヴァリー『キャリアズ』
■品番:OTCD-4017■価格:¥2,100+税■解説付
※日本盤ボーナス・トラック2曲追加収録!
【収録曲目】
1. MADORA / マドラ
2. HONEY DO / ハニー・ドゥ
3. PLANET BIRTHDAY / プラネット・バースデイ
4. ALL THE THINGS / オール・ザ・シングス
5. YALE’S LIFE / イェールズ・ライフ
6. AMBULAR / アンブラー
7. OUT ON A RIDE / アウト・オン・ア・ライド
8. HONG KONG HOTEL / ホンコン・ホテル
9. YOU CAN’T GET IT RIGHT / ユー・キャント・ゲット・イット・ライト
10. BLACK AND GREY / ブラック・アンド・グレイ
11. HONEY DO (ALTERNATIVE VERSION)/ ハニー・ドゥ(オルタナティヴ・ヴァージョン)※
12. WHERE DO YOU RUN TO / ホェア・ドゥ・ユー・ラン・トゥ※ <ヴィヴィアン・ガールズのカヴァー>
※日本盤ボーナス・トラック

 Frankie Rose(フランキー・ローズ)とDrew Citron(ドリュー・シトロン)によるバンド、ビヴァリーはKanine Recordsよりデビュー・アルバム『キャリアズ』をリリースする。
 フランキー・ローズはヴィヴィアン・ガールズ、ダム・ダム・ガールズ、クリスタル スティルツのオリジナル・メンバーとして知られ、2011年にはフランキー・ローズ・アンド・ジ・アウツ名義でファースト・ソロ・アルバム『Frankie Rose And The Outs』をリリース。その後はフランキー・ローズとして活動し、『Interstellar』(2012)『Herein Wild』(2013)と2枚のアルバムをリリースし、『Interstellar』はピッチフォークで"Best New Music"を獲得した。ドリュー・シトロンはフランキー・ローズのバンドのメンバーやAvan Lavaというバンドで活動。現在、ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートでキーボード/ヴォーカルを担当している。
 2013年末、二人はツアーで多くの時を過ごした。そして、ツアー中に曲を書き、家に戻るとそれをレコーディングした。そう、『キャリアズ』は二人が共にした時間の記録なのだ。アルバムでは、シトロンのポップ感とローズのハーモニーやアレンジに対する鋭い感覚が見事に反映された。まさにロウ・ポップとポスト・パンクがドリーミーなハーモニーと融合したインディ・ポップだ。





続きを読む

2014-08-17 : Kanine Records :

■Beach Day / 60年代フレーヴァーたっぷり!ビーチ・デイ(Beach Day)新作8/20発売。ジム・ダイアモンドと共に全編テープで録音されたオススメ納涼盤








2014-08-12 : Kanine Records :

■Beverly / ペインズのドリュー・シトロンとヴィヴィアン・ガールズ、ダム・ダム・ガールズのフランキー・ローズが組んだ新バンド!!ロウ・ポップとポスト・パンクがドリーミーに融合!!もうUS好きには間違いなしです!!








2014-08-11 : Kanine Records :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム