fc2ブログ

■GRIAN CHATTEN | 各メディアの年間ベスト・アルバムを席巻!グリアン・チャッテン『CHAOS FOR THE FLY(ケイオス・フォー・ザ・フライ)』、発売中。



Les Inrock「Best Albums of 2023」、3位
MondoSonoro「Best Albums of 2023」、3位
God Is In The TV「Albums of 2023」、3位
musicOMH「Top 50 Albums Of 2023」、6位
Far Out Magazine「50 Best Albums of 2023」、6位
Piccadilly Records「Top 100 Albums of 2023」、7位
OOR「20 Best Albums of 2023」、7位
DIY「Albums of the Year 2023」、8位
Hot Press「50 Best Albums of 2023」、9位
Rough Trade UK「Albums of the Year 2023」、10位
whynow「50 Best Albums of 2023」、10位


※トップ10のみ(1月4日現在)




続きを読む

スポンサーサイト



2024-01-05 : Grian Chatten :

■GRIAN CHATTEN | Les Inrock「Best Albums of 2023」、3位。グリアン・チャッテン『CHAOS FOR THE FLY(ケイオス・フォー・ザ・フライ)』、発売中。





続きを読む

2023-11-30 : Grian Chatten :

■GRIAN CHATTEN | Rough Trade UK「Albums of the Year 2023」、10位。グリアン・チャッテン『CHAOS FOR THE FLY(ケイオス・フォー・ザ・フライ)』、発売中。



Rough Trade UK「Albums of the Year 2023」、10位。グリアン・チャッテン『CHAOS FOR THE FLY(ケイオス・フォー・ザ・フライ)』、発売中。



続きを読む

2023-11-15 : Grian Chatten :

■GRIAN CHATTEN | Fontaines D.C.のフロントマン、グリアン・チャッテン、6月30日発売のソロ・デビュー・アルバム『CHAOS FOR THE FLY(ケイオス・フォー・ザ・フライ)』より、新曲「All Of The People(オール・オブ・ザ・ピープル)」をリリース。ビデオも公開。



Grian Chatten - All Of The People (Official Music Video)


「あらゆる感情の糸を引き寄せる」- MOJO

Grian Chattenは、6月30日にリリースされるソロ・デビュー・アルバム『Chaos For The Fly』からの最後のシングル、「All Of The People」を発表した。Fontaines D.C.のフロントマンが書き下ろし、バンドの長年のプロデューサー、Dan Careyとの共同プロデュースによる同曲は、Chattenが自らの人間性への信頼と格闘する、人間嫌いのカタルシスに関する曲だ。
「『All Of The People』は砥石を握って襟を正すような堅苦しさを持つ。ここでは全てが青く、誰もが嘘つきだ。それは世界中にひかれたチョークの線だ」とGrianは説明する。
同時に、Fontaines D.C.の「I Love You」と「Roman Holiday」も手掛けたSam Taylorが監督したビデオも公開された。
「Lars Von Trier、George Orwell、Billy Wilderからインスピレーションを得たこのビデオは、孤独、自信喪失、そして受容、感謝、人間同士のつながりを分析している。ハッピーな涙、悲しい涙、その両方を流してもらえたら嬉しい」とTaylorは説明する。

ALL OF THE PEOPLE

あんたは俺が自分の側についてると思ってるんだろ
てか、違うし
俺の世界の中心は
ヤバいことになってるんで
あんたは俺のことを知ってるつもりなんだろうけど
俺より下の分際が
知りようもないだろ

あいつら全員
空を飛ぶことができる
白いホテルを目指してまっしぐらに
空高く
俺は手堅い現ナマ主義なんで
あんたは嘘と同じで中身がフワフワしちゃってさ

微笑みがひたすらエンドレスに作られていく
ただハッピーに、自由に、連れもなく
紙幣のやりとりは一切なしで
ただ時間だけが、無駄に過ぎていく
Yeah

あんたは俺のことを愛してると思ってるんだろ
てか、違うし
あんたは俺のことを知ってるつもりなんだろうけど
てか、違うし、全然そうじゃないし
俺はあんたよりもあんたの身内に興味があるって知ってた?
俺があんたのステージがクソみたいだと思ってたってことを知ってた?
詳しく聞かせてくれよ、あんたが知ってるその人物とやらが何者なのか

どいつもこいつもクズだらけ
もう一度言ってやる
誰一人として自分に立ち入らせるな
調子に乗って友達になりたいとか言わせんな
相手はただ至近距離に入ることが目的なんだから
止めの一発を刺すために
あいつらから祝福されたところで本来の自分からかけ離れていくばかり
そこから批判を開始するんだろう
あいつら全員とも

微笑みがひたすらエンドレスに作られていく
ただハッピーに、自由に、連れもなく
紙幣のやりとりは一切なしで
ただ時間だけが、無駄に過ぎていく
Yeah

彼女は今列に並んで
移動式遊園地で
なけなしのトークンを握りしめて
無駄に魅力を振りまいて
あるはずのない標識について行くなんてどんだけ間抜けなんだよ?
あいつら全員
あいつら全員とも

対訳: 竹澤彩子




続きを読む

2023-06-29 : Grian Chatten :

■GRIAN CHATTEN | フォンテインズD.C.のフロントマン、グリアン・チャッテン、6月30日にリリースされるソロ・デビュー・アルバム『CHAOS FOR THE FLY(ケイオス・フォー・ザ・フライ)』より、ニュー・シングル「Last Time Every Time Forever」を公開。



Grian Chatten - Last Time Every Time Forever (Lyric Video)


Grian ChattenはFontaines D.C.の長年のプロデューサー、Dan Careyと一緒に制作したアルバム『Chaos For The Fly』(6月30日にPartisan Recordsからリリース)より、新曲「Last Time Every Time Forever」を公開した。
「『Last Time Every Time Forever』は自分で作り上げた地獄のような町を99周するような、優柔不断で弱腰な曲だ。カモメと80年代のスロットマシーンに取り憑かれ、聴くたびに自分の約束を破っていく」とGrian Chattenは同曲について語る。「The Score」、「Fairlies」に続くアルバムからのシングルとなる同曲は、Grianのソロ・アルバムへの刺激的なイントロダクションで、ダークな詩とキッチン・シンク(現実主義)のドラマが、メロディアスなレフトフィールドのポップソングに閉じ込められているような印象を与える。Grianの言葉はヴィヴィッドで、本能的な風景を描き出す。

LAST TIME EVERY TIME FOREVER

自分が発した言葉のすべてが
今じゃことごとく自分を裏切って
これまでさんざん見てきてるんだから
もはや疑いようもない
ただひたすら孤独な存在
確実にお前はそれだって
そのうち常連入りするかもな
冴えない顔が集うバーで
あいつらは意気揚々と外に繰り出して
毒をまき散らす
そのときそっち側の世界が垣間見えるだろう
そいつらの顔に刻まれた表情から

こっちはすべてお見通しなんだから
あいつらは意地悪そうな顔で笑うんだ
何の権限もないくせに
前回だって、いつだって、永遠に

昨日君に会った
あのときの気持ちはすっかり失せて
俺を手懐けることができても
いつまでも懐いてると思うなよ
昨日の記憶に浸ってればいい
あの気持ちが一番強かった時間の中に
俺から奪うことはできても
いつまでも奪い続けられるわけじゃないから

(あの男に愛をやりなよ、そうだ、そうしよう、愛をあげよう、Yeah)
(あの男に愛をあげよう、愛をあげよう、Yeah)

あちこちで餌づけをしつつ
町をぐるっと一周しているうちに
奇妙な考えが浮かんで
打ちのめされるくらい衝撃を受けた
自分は翼を持たない者で
そのせいでここから抜け出せないんじゃないかって
願いを明確化させようと
自分にとって唯一にして最強の武器を手に
疑いようもなく自分は王であり
ありとあらゆる面において
それが一番安あがりに
動かなくなった心臓に歌わせる方法だから

全部独り占めしてやる
そして腹黒く笑うんだ
自分にはその権利があるから
前回だって、いつだって、永遠に

対訳: 竹澤彩子




続きを読む

2023-06-02 : Grian Chatten :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム