fc2ブログ

■JULIE BYRNE | 各メディアの年間ベスト・アルバムを席巻!ジュリー・バーン『THE GREATER WINGS(ザ・グレイター・ウイングス)』、発売中。



Paste「50 Best Albums of 2023」、6位
BrooklynVegan「Top 55 Albums of 2023」、8位
Uncut「75 Best Albums of 2023」、9位
MOJO「75 Best Albums of 2023」、10位。
Clash「Albums of the Year 2023」、10位


※トップ10のみ(1月5日現在)



続きを読む

スポンサーサイト



2024-01-05 : Julie Byrne :

■JULIE BYRNE | MOJO「75 Best Albums of 2023」、10位。ジュリー・バーン『THE GREATER WINGS(ザ・グレイター・ウイングス)』、発売中。



MOJO「75 Best Albums of 2023」、10位。ジュリー・バーン『THE GREATER WINGS(ザ・グレイター・ウイングス)』、発売中。


続きを読む

2023-11-15 : Julie Byrne :

■JULIE BYRNE | Uncut「75 Best Albums of 2023」、9位。ジュリー・バーン『THE GREATER WINGS(ザ・グレイター・ウイングス)』、発売中。



Uncut「75 Best Albums of 2023」、9位。ジュリー・バーン『THE GREATER WINGS(ザ・グレイター・ウイングス)』、発売中。




続きを読む

2023-11-14 : Julie Byrne :

■JULIE BYRNE | ジュリー・バーン、Ghostly Internationalから7月7日にリリースされるニュー・アルバム『The Greater Wings』より、タイトル・トラックでありアルバムのオープニング曲である「The Greater Wings」を公開。



Julie Byrne - The Greater Wings (Official Lyric Video)


Julie Byrneは、Ghostly Internationalから7月7日にリリースされるニュー・アルバム『The Greater Wings』より、タイトル・トラックでありアルバムのオープニング曲である「The Greater Wings」を公開した。「The Greater Wings」は、このアルバムの錬金術を、優しく、正確に表現する。Byrneは、初期のハウス・ショーやヨーロッパのアンダーグラウンドを巡る最初のツアーを思い起こさせながら、天空のストリングスとともに、その名の由来をギターで表現。そして、この曲の複雑なギターは、タイトル曲をさらに神話的なものに押し上げ、歌詞は探求のステージを思い起こさせる。

『The Greater Wings』は、故Eric Littmann(PitchforkのBest New Musicに選ばれた前作『Not Even Happiness』のプロデューサー)と制作が開始され、プロデューサー、Alex Somers(Sigur Rós、Julianna Barwick)と仕上げられた自身3枚目のアルバムとなる。




続きを読む

2023-05-18 : Julie Byrne :

■JULIE BYRNE | ジュリー・バーン、成功を収めた前作から6年以上ぶりとなる新作が完成。故エリック・リットマンと制作をスタートさせ、アレックス・ソマーズ(シガー・ロス、ジュリアナ・バーウィック)と完成させた3枚目のアルバム『ザ・グレイター・ウイングス』、リリース。



2023.7.7 ON SALE[世界同時発売]

ジュリー・バーン、成功を収めた前作から6年以上ぶりとなる新作が完成。故エリック・リットマンと制作をスタートさせ、アレックス・ソマーズ(シガー・ロス、ジュリアナ・バーウィック)と完成させた3枚目のアルバム『ザ・グレイター・ウイングス』、リリース。


■アーティスト:JULIE BYRNE(ジュリー・バーン)
■タイトル:THE GREATER WINGS(ザ・グレイター・ウイングス)
■品番:GI416JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:未定
■その他:世界同時発売、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Greater Wings
2. Portrait of a Clear Day
3. Moonless
4. Summer Glass
5. Summer’s End
6. Lightning Comes Up From The Ground
7. Flare
8. Conversation is a Flowstate
9. Hope’s Return
10. Death Is The Diamond

Julie Byrne - Summer Glass (Official Video)


●アメリカのソングライター、Julie Byrneによる6年以上ぶりのアルバムは、忍耐と決意、喪失の寂寥感、再生の活力、そして勇気の証である。Byrneは、10年近く前から、世間の注目を浴びることのない、プライヴェートなアーティストとして活動してきた。独学で音楽を学び、自分の作品に人生を捧げてきた彼女は、今、深く試行錯誤を重ね、生成された時期から、自身のキャリアで最もパワフルで艶やか、そして、人生を肯定する作品『The Greater Wings』を生み出した。アルバムでは、指弾きのギター、シンセサイザー、そして新たに導入したピアノ、ハープ、ストリングスの華やかさによって、瑞々しく刺激的な曲作りが展開される。曲は、ツアー中の夜、孤独な時期、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスで行われた様々なコラボレーションのために国を越えてドライブした時のイメージをもとに、数シーズンにわたって書かれた。彼女は前作『Not Even Happiness』の成功は予想外だったと告白するが、その静かなエンディング曲「I Live Now As A Singer」は、ある意図を予感させるものだった。彼女は、この曲の開放的な空間が、後に来る作品の触媒として理解されるであろう、何か新しくスリリングなものを提示している、ということを知っていた。そして、『The Greater Wings』は、あらゆる場面でこの啓示的な空間の上に構築されている。レコーディングは、彼女の長年のクリエイティヴ・パートナーであり、『Not Even Happiness』のプロデューサーでもある故Eric Littmannとスタート。ニューヨークのCatskillsで、プロデューサー、Alex Somers(Sigur Rós、Julianna Barwick)と仕上げられた。
●ニューヨーク州西部で育ち、現在はニューヨーク・シティに住むJulie Byrneは、多くの場所を故郷としてきた。放浪者のフォークの系譜に連なるByrneの詩的で喚起的な曲作りは、旅先からイメージを引き出し、友情、愛、喪失からのインプレッションによって形作られる。彼女は2014年、シカゴのレーベル、Orindalから初のフルアルバムを発表した。『Rooms With Walls and Windows』は、まさに現代の口コミによるDIYのサクセス・ストーリーとなった。MOJOの年間ベスト・アルバムで7位に選ばれ、Huffington Postは「2014年の偉大なアメリカのアルバム」と評した。2017年にBasin Rock/Ba Da Bing Recordsからリリースされた『Not Even Happiness』は、PitchforkのBest New Musicに選ばれ、The New York Times、NME、The Guardian等から称賛を浴びた。年末には、年間ベスト・アルバムの定番となり、ByrneはNPRのTiny Deskでプレイ。数年間続くワールド・ツアーをスタートさせた。




2023-04-26 : Julie Byrne :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム