fc2ブログ

■CHILDREN OF BODOM | チルドレン・オブ・ボドム、自らのキャリアを締めくくるアルバム『A CHAPTER CALLED CHILDREN OF BODOM (FINAL SHOW IN HELSINKI ICE HALL 2019)(ア・チャプター・コールド・チルドレン・オブ・ボドム(ファイナル・ショー・イン・ヘルシンキ・アイス・ホール2019))』、発売中。



CHILDREN OF BODOM_Tower Umeda 2

CHILDREN OF BODOM_Tower Umeda 1

CHILDREN OF BODOM_Tower Shibuya

CHILDREN OF BODOM_Tower Nanba




続きを読む

スポンサーサイト



2023-12-18 : Children Of Bodom :

■CHILDREN OF BODOM | チルドレン・オブ・ボドム『A CHAPTER CALLED CHILDREN OF BODOM (FINAL SHOW IN HELSINKI ICE HALL 2019)』、タワーレコード梅田NU茶屋町店限定、発売記念パネル展開催決定!抽選で展示パネルをプレゼント!





続きを読む

2023-12-14 : Children Of Bodom :

■CHILDREN OF BODOM | フィンランドのメロディック・デス・メタル・バンド、チルドレン・オブ・ボドム、自らのキャリアを締めくくるアルバム『ア・チャプター・コールド・チルドレン・オブ・ボドム』をリリース。2019年、ヘルシンキでおこなわれたファイナル・ショーを収録したライヴ・アルバム。



2023.12.15 ON SALE[世界同時発売]

フィンランドのメロディック・デス・メタル・バンド、チルドレン・オブ・ボドム、自らのキャリアを締めくくるアルバム『ア・チャプター・コールド・チルドレン・オブ・ボドム』をリリース。2019年、ヘルシンキでおこなわれたファイナル・ショーを収録したライヴ・アルバム。


■アーティスト:CHILDREN OF BODOM(チルドレン・オブ・ボドム)
■タイトル:A CHAPTER CALLED CHILDREN OF BODOM (FINAL SHOW IN HELSINKI ICE HALL 2019)(ア・チャプター・コールド・チルドレン・オブ・ボドム(ファイナル・ショー・イン・ヘルシンキ・アイス・ホール2019))
■品番:SPINE800310PJ[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、付帯物未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Under The Grass and Clover
2. Platitudes And Barren Words
3. In Your Face
4. Shovel Knockout
5. Bodom Beach Terror
6. Everytime I Die
7. Halo Of Blood
8. Are You Dead Yet?
9. Blooddrunk
10. I Worship Chaos
11. Angels Don't Kill
12. Follow The Reaper
13. Deadnight Warrior
14. Needled 24/7
15. Hate Me
16. Hate Crew Deathroll
17. Lake Bodom
18. Downfall

●フィンランドのメロディック・デス・メタル・バンド、Children of Bodomは、キャリアを締めくくるアルバム『A Chapter Called Children of Bodom (Final Show in Helsinki Ice Hall 2019)』を2023年12月15日にSpinefarmからリリースする。2019年、Children of Bodomは「A Chapter Called Children of Bodom」と名付けられた最後のコンサートをヘルシンキで開催し、バンドを解散した。2020年、Alexi LaihoとDaniel FreybergはBodom After Midnightとして活動を続けたが、Children of Bodomの結成メンバーのひとりであり、唯一のソングライターでもあったLaihoは、2020年12月29日に亡くなった。

「最終公演がライヴ・アルバムに生まれ変わるのは素晴らしいことだ。参加した人は、あの瞬間にタイムスリップしたような気分になる。参加しなかった人は、『CHILDREN OF BODOM』という章がどのように閉じられたかを体験する機会となる」— Daniel Freyberg
「この夜が特別だったことは言うまでもない。『In Your Face』が始まったとき、現実を突きつけられ、涙が出てきたので、オーディエンスから目を背けなければならなかった。でも、この思い出とAlexiの音楽が永遠に生き続けるというこが素晴らしいことなんだ」— Henkka Seppälä
「ヘルシンキ・アイス・ホールのステージに立つのは非現実的な気分だった。もう彼らと一緒に演奏することも、素晴らしいファンの前で演奏することもないだろうと思っていたからね。悲しかったけど、どこかほっとした。最後のショーとその感動的なジェットコースターが、ショーに来られなかったみんなに楽しんでもらえるのは素晴らしいことだ」— Janne Wirman
「ステージに立ったとき、僕は穏やかな気持ちになった。おそらく、何かを証明する必要性はもはや感じず、音楽とファンの皆の存在を楽しみたいと思ったからだろう。もう二度と一緒に演奏することがなくても、僕らの音楽が消えることはないだろうと思うと、このすべての一部となれたことに、ただただ感謝した」— Jaska Raatikainen


●Children of Bodomは、エスポー出身のフィンランドのメロディック・デス・メタル・バンドだ。1993年にInearthedとして結成され、2019年の解散時の最終ラインナップはAlexi Laiho(lead guitar, lead vocals)、Jaska Raatikainen(drums)、Henkka Seppälä(bass)、Janne Wirman(keyboard)、Daniel Freyberg(rhythm guitar)であった。バンドは10枚のスタジオ・アルバム、2枚のライヴ・アルバム、2枚のEP、2枚のコンピレーション・アルバム、1枚のDVDをリリース。3枚目のスタジオ・アルバム『Follow the Reaper』がフィンランドで初のゴールド・アルバムとなり、その後のアルバムもゴールドとなった。続く4枚のアルバムはフィンランドのアルバム・チャートで1位を獲得。アメリカのビルボード200にもランクインしている。彼らはフィンランドで最も売れたアーティストの1人で、フィンランド国内だけで25万枚以上のレコードを売り上げている。




2023-10-31 : Children Of Bodom :
ホーム





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム