■Alice Coltrane | 本日発売のアリス・コルトレーン『WORLD SPIRITUALITY CLASSICS 1』、PitchforkでBest New Reissueを獲得。









続きを読む

スポンサーサイト
2017-05-10 : !K7 :

■Alice Coltrane | アリス・コルトレーン、没後10年に解禁された音楽史の秘宝



2017.5.10 ON SALE

アリス・コルトレーン、没後10年に解禁された音楽史の秘宝
現在も高い人気を誇るファラオ・サンダースなどに代表されるスピリチュアル・ジャズの原点であるジャズ界の巨人、ジョン・コルトレーンの妻にして自ら奏でるピアノ、ハープを駆使した数々の名作を残すアリス・コルトレーン。若いクラブ・ミュージック・ファンにはフライング・ロータスの叔母としても知られる彼女の没後10年を迎えた2017年、自らのスピリチュアル・コミュニティ内にのみカセット・テープ・フォーマットで発表していた幻の音源がついにその姿を現す


■アーティスト:ALICE COLTRANE(アリス・コルトレーン)
■タイトル:WORLD SPIRITUALITY CLASSICS 1:THE ECSTATIC MUSIC OF ALICE COLTRANE TURIYASANGITANANDA(ワールド・スピリチュアリティ・クラシックス・ワン:ジ・エクスタティック・ミュージック・オブ・アリス・コルトレーン・トゥリヤサンギータナンダ)
■発売元:ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:LBCDJ0087[国内流通仕様]
■価格:¥2,500+税
■その他:ボーナス・トラック / 解説付
■収録曲目:
1. Om Rama
2. Om Shanti
3. Rama Rama
4. Rama Guru
5. Hari Narayan
6. Journey in Satchidananda
7. Er Ra
8. Keshava Murahara
9. Krishna Japaye*
10. Rama Katha*
*ボーナス・トラック(帯裏にDLコード記載)

Announcing: Alice Coltrane "Turiyasangitananda"


Alice Coltrane Turiyasangitananda - Om Shanti


デヴィッド・バーン主宰のレーベル<Luaka Bop>が満を持して贈る本作は「World Spirituality Classics, Volume 1 : The Ecstatic Music of Alice Coltrane Turiyasangitananda」である。Turiyasangitananda(トゥリヤサンギータナンダ) とは彼女が帰依したインドのグル、サティヤ・サイ・ババの信者として70年台後半に改名した名だが、彼女は1983年に48エーカーの広さを誇るSai Annata Ashramを設立し、そこでプライベートな作品をカセット・テープに吹き込んで身内のみに発表していた。これらの作品において彼女は、6枚のジョン・コルトレーン作品、そして67年の「A Monastic Trio」から14枚に及ぶリーダー作に至る彼女のオフィシャル・リリースでは聞くことのできないヴォーカル まで披露しており、自らハープを演奏しながらの弾き語りから、24名に及ぶヴォーカル・アンサンブルに至るまで多様 なスタイルで自らのスピリチュアリズムを具現化している。晩年の4半世紀の重要な活動の結実となった一連のカセ ット・テープの最初のリリースとなったのは1982年の「Turiya Songs」で、続いて発表されたのが「Divine Songs」 (1987)、さらに「Infinite Chants」(1990)、「Glorious Chants」(1995)という合計4本が残されており、インドのモードを 駆使しながらウーリッツァーなどエレクトリック・ピアノなどを使ったアレンジは、彼女が培ってきたバップやブルー スといった西洋音楽の要素と東洋のスピリチュアリズム、そして特にインド音楽とを融合させた唯一無二のものだ。それこそがただの宗教音楽に止まらない独自の魅力を作り出しているのであり、彼女の音楽は後世のジャズ・ミュージシャンはもとより甥であるフライング・ロータスが主宰する< Brainfeeder>からリリースされているカマシ・ワシントン、そして彼も参加しているケンドリック・ラマーらジャズを飛び越えた数多のアーティストたちに伝播し、そして支持されて いる。ジャイルス・ピーターソンのラジオ・ショウ「WorldWide」においてエリカ・バドゥが自らのセットに彼女の楽曲をピックアップしたり、フォーテットがジェイミー・カラムのラジオ ・プログラムで披露したスピリチュアル・ジャズ・ミックスでルーティーンに取り入れていることでも分かる通り、その影響はジャンルを超えて現在の音楽の中に息づいていると言え るだろう。 この幻の作品群をまとめるにあたり、西洋の父と同じくサックス奏者となった息子のラヴィ・コルトレーン、オラン・コルトレーンのサポートを得た<Luaka Bop>がオリ ジナル・マスターからリマスタリングを施している。手がけるのはオーネット・コールマン、サン・ラ、そして御大ジョン・コルトレーンを手がけてきたレジェンド・エンジニアであるベ イカー・ビグスリー。さらにライナー・ノーツにはジョン・コルトレーン「Offering: Live at Temple University」のライナーで最優秀アルバム・ノーツ賞を受賞したアシュリー・カーンが 手がけ、加えて「dublab」のマーク“フロスティ”マクニールによる関係者へのインタビューが付属するという完璧な布陣で、今まで語られてこなかったアリス・コルトレーンの晩年の 貴重な記録として音はもちろんのこと、資料的な価値としても非常に意義のある作品となっている。没後10年に際しアメリカ、ヨーロッパ、そして南アフリカでも数多くのイヴェント が企画されており、リリースのタイミングとしても完璧 !「 ヴォリューム1」と題されている通り、さらなるリリースも期待され、CDには全8曲を、ヴァイナル・ヴァージョンにはさらに2曲を追加収録。ジャズ・ファンのみならず全ての音楽ファンが刮目して聴くべき音楽史の秘宝というべきコンピレーションである。




2017-03-22 : !K7 :

■DaM-FunK | DJミックス・シリーズの金字塔として知られる〈DJ-Kicks〉の最新作にモダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクが登場! 同作のリリースを記念して、〈DJ-Kicks〉の歴史を駆け足で振り返ってみよう。ロゴ入りトートバッグのプレゼントもあります!













続きを読む

2016-06-10 : !K7 :

■DaM-FunK | デイム・ファンク『DJキックス』の全曲ストリーミングが開始!



6月2日に発売されるデイム・ファンクによる『DJキックス』の全曲ストリーミングが開始しました!
>>> http://www.dj-kicks.com/damfunk/




続きを読む

2016-05-26 : !K7 :

■DaM-FunK | 【News】デイム・ファンク 人気シリーズ『DJキックス』に参戦!極上アーバン・メロウ・ナンバーに加え、エクスクルーシヴ・トラックも









2016-05-20 : !K7 :

■DaM-FunK | デイム・ファンクが人気シリーズ『DJ-KICKS』に登場、ブギーファンク~エレクトロをDJミックス。6月発売









2016-05-20 : !K7 :

■DaM-FunK | DJミックス・シリーズの金字塔に、モダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクが参戦!









2016-05-20 : !K7 :

■DaM-FunK | DJミックス・シリーズの金字塔に、モダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクが参戦!



2016.6.2 ON SALE

DJミックス・シリーズの金字塔に、モダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクが参戦!


DAM-FUNK
“DJ-KICKS”

デイム・ファンク『DJキックス』
■品番:!K7CDJ332
■価格:¥1,980+税
■その他: 大前至氏による日本語解説付

【アーティスト / 収録曲目】
1. Moon B - Oof
2. Nicci Gable - Close To Who?
3. Randell & Schippers - Love Jam
4. Verticle Lines - Theme From Beach Boy
5. Brandon - Suzy Hijack
6. Take Three - Tonite’s The Night (All Right)
7. Index - Starlight
8. Uncle Jams Army - Dial-A-Freak
9. Gemini - Log In
10. Nexus - Stand Up (Instrumental)
11. Reggie B - Poison Candy
12. L33 - Keepin It Tight
13. Gaussian Curve - Broken Clouds
14. Tony Palkovic - True To Yourself
15. Henning - Arrival / Departure
16. Nite-Funk - Can U Read Me?
17. DaM-FunK - Believer *DJ-KICKS Exclusive
18. True Design - I Wanna Break
19. Crystal Winds - Funk Ain't Easy

●モダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクによる初のオフィシャル・ミックス!!
●デイム・ファンクの音楽性の源泉ともいえるディスコ/ブーギー・クラシックから、現行プロデューサーによるモダン・ファンクの隠れた傑作など、さまざまな時代の楽曲をスムースに繋いだ、アーバン・メロウの究極ともいえる「デイムらしい」極上の内容!!
●デイム・ファンクによるこのミックスだけのエクスクルーシヴ・トラック“Believer”(トラック17)を収録!

まさか!に次ぐまさか!! 驚愕のムーディーマンからバトンを渡されたのは、なんとディム・ファンク!!!
2016年の一発目を、まさかのムーディーマンでスタートしたDJ-KICKS。次のDJが誰なのか、否が応でも高まる期待に対し、これ以上ないほど応える人物が登場。モダン・ファンクのパイオニアとして、ゼロ~テン年代の音楽シーンに地殻変動を起こした最重要人物、デイム・ファンク!! 昨年リリースしたアルバム『Invite The Light』で再びシーンにモダン・ファンクの光を灯した彼が、追い打ちをかけるように今度はDJとして世界中に本物のファンクを供給。モダン・ファンクの約束の地として知られ、今年の7月に10周年を迎える主宰パーティー「Funkmosphere」にて、DJとしてディスコからブーギー、ローラー・スケート・ジャムまで幅広い音楽をスピンしてきた彼が、その集大成として、持てるミックス・センスや豊かな知識、誰にも負けない音楽愛を存分に注ぎ込んで完成させたこのミックス。それは、彼の音楽に対するマインドを捉え、その生み出す音楽の背景にある影響源やテイストのレシピに深く迫る、まるで「モダン・ファンク」の誕生秘話を読み解くような気持ちにさせる極上の内容に!! ヘニングやL33といった知る人ぞ知る現行プロデューサーによる隠れたインスタント・クラシック(12)、(15)から、80ズ・フュージョンのギタリスト、トニー・パルコヴィックのブーギー・フュージョン(14)、デイムのヴァイナル・コレクターとしての側面を覗かせる1982年産の超激レア・メロウ・ファンク(4)、LAの女性シンガー、ナイト・ジュウェルとデイム・ファンクのユニット:ナイト・ファンクによるメロウネスが凝縮されたサンセット・クラシック(16)、そしてもちろん、DJ-KICKSの伝統である「ここでしか聴けない」エクスクルーシブ・トラックである新曲(17)といった新旧のブーギー/モダン・ファンクを、リスナーが思わず没頭してしまうほどスムースに繋いだこの80分に、アーバン・メロウの究極が詰まっています。もう本当キモチよすぎ。




2016-05-02 : !K7 :

■DJ KOZE / DJ KozeがミックスCD『DJ-KICKS』の第50作目を担当










2015-05-18 : !K7 :

■DJ KOZE / ファン待望!記念すべき50作品目となるミックスシリーズ『DJ-KICKS』をDJ Kozeが担当。Kozeの11年ぶりとなるオフィシャルミックスの登場です!










2015-05-18 : !K7 :

■DJ KOZE / 一昨年の『Amygdala』が絶賛されたDJ Kozeが名シリーズ『DJ-KICKS』50作目を担当。マッドリブものからベルグハイン・テクノ、ビート・ミュージックまで縦横無尽のDJミックス










2015-05-18 : !K7 :

■DJ KOZE / K7!の人気MIXシリーズ「DJ-Kicks」に、個性派テクノ・アーティストとしてカリスマ的な人気を誇るDJ KOZEが遂に登場!









2015-05-18 : !K7 :

■DJ KOZE / DJミックスに革命を起こしたシリーズ、DJ-KICKS 記念すべき第50作目のDJは、DJ Koze(DJコーツェ)!!



2015.6.3 ON SALE

DJミックスに革命を起こしたシリーズ、DJ-KICKS 記念すべき第50作目のDJは、DJ Koze!!
まさにKozeならではといえる、Madlibのヒップホップからベルグハイン・テクノ、 最先端のビート・ミュージック、永遠の輝きを放つインディー・ロックまでを世界一のポップ・センスで繋ぐ、「DJの奇跡」としか表現できないDJミックス!!!


DJ KOZE
"DJ-KICKS"

DJコーツェ『DJキックス』
■発売元:株式会社ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:!K7CDJ325
■価格:¥2,000+税

【アーティスト / 収録曲目】
1. DJ Koze – I Haven’t Been Everywhere But It’s On My List (DJ-Kicks exclusive)
2. Dimlite – Can’t Get Used To Those? (Kosi Edit)
3. cLOUDDEAD – Dead Dogs Two (Boards of Canada Remix)
4. Strong Arm Steady – Best of Times
5. Homeboy Sandman – Holiday (Kosi & Finks Edit)
6. Freddie Gibbs & Madlib – Shame
7. Mndsgn – Camelblues (Kosi Edit)
8. Broadcast – Tears In The Typing Pool
9. Daniel Lanois – Carla
10. Hi Tek & The 2 Bears – Modern Hi Tek Family Bears (Kosi Mashup)
11. William Shatner – It Hasn’t Happened Yet
12. Marker Starling – In Stride
13. Session Victim- Hyuwee (Kosi Remix)
14. Frank & Tony – Bring The Sun feat. Gry (Kosi Edit)
15. Marcel Fengler – Jaz (Kosi Edit)
16. Portable feat. Lcio – Surrender (Kosi Edit)
17. The Gentle People – Superstar

ファン歓喜!! 世界的人気を誇るDJ Kozeによる、オフィシャルとしては11年ぶりのミックスCDは、DJ-KICKS!!
1995年にC.J. Bollandの第1作を皮切りにスタートし、Carl CraigやDaddy Gといったクラブ・シーンのキーマンから、最近ではJohn TalabotやNina Kraviz、そしてActressと、その時々 において最もホットなアーティストまで、ジャンルや国境を超え様々なDJ/アーティストが担当してきたDJミックス・シリーズの金字塔、。20周年アニヴァーサリーとなる2015年、 遂に 50 作目に到達 !! そしてその記念すべき 50 作目を担うのは、本国ドイツでは国民的人気を誇り、ヨーロッパを超えて世界的な支持を集める DJ Koze!! 2013 年に自主レーベル< PAMPA>からリリースしたアルバム『Amygdala』がミュージック・マガジンの年間クラブ・ミュージック部門で一位に輝き、日本においてもその人気は別格。古くからベルリンを根城にテクノ~ク ラブ・シーンを牽引してきた!K7/DJ-KICKSの記念作としては、これ以上に相応しい人物はいないでしょう。Kozeにとっては古巣Kompaktからの『All People Is My Friends』以来、実に11年 ぶりとなるこのミックスCDは、元々はヒップホップDJとしてキャリアをスタートさせたKozeらしいジャンルを縦横無尽に横断する掟破りな感覚と、ドイツのテクノ・シーンの良心として君臨し、数々 のトップDJが「彼こそがNo1DJだ」と口を揃えて賞賛するスキル、そしてこれまでのアーティスト・アルバムで証明されている卓越したポップなメロディ・センスという、Kozeの魅力を構成する 全ての要素が集結した、とんでもなく素晴らしいDJミックスに! の醍醐味であるエクスクルーシヴ・トラックとして作られた、「J Dilla以降のヒップホップ」からの影響も感じさせる Koze流ビート・ミュージックといった趣の(1)で幕を開け、MadlibプロデュースのStrong Arm SteadyやStones Throw所属のMC、Homeboy Sandman、同じくStones Throwからデ ビューを飾ったビート・メイカーのMndsgnの楽曲で自らの出自でもあるヒップホップへの愛情を露わにしつつ、中盤のBroadcast~Daniel Lanoisなどで聴かせる年代を超えたロック~サイケ・ ポップの繊細な美しさ、後半で魅せつけるMarcel Genglerをはじめとしたベルグハイン・テクノやディープ・ハウスがもたらす感動的なエンディングまで、完全に起承転結をもつストーリーとなっ た、まさに「DJの奇跡」といえるミックス。これほどのポップなセンスが詰まったミックスは、Koze以外に成し得ないと断言できる、全てのミュージック・ラヴァー必聴の1枚!! 随所に仕込まれた Koze本人によるエディットも聴きどころです!!





2015-05-13 : !K7 :
ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム