FC2ブログ

■SUGAR RAY AND THE BLUETONES FEATURING LITTLE CHARLIE | シュガー・レイ・ノーシャ率いるブルートーンズのニュー・アルバム『トゥー・ファー・フロム・ザ・バー』が完成。リトル・チャーリー・アンド・ザ・ナイトキャッツの創設者、リトル・チャーリー・バティをフィーチャーしたセヴァーン・レコードからは8枚目となるアルバム。



2020.6.17 ON SALE

シュガー・レイ・ノーシャ率いるブルートーンズのニュー・アルバム『トゥー・ファー・フロム・ザ・バー』が完成。リトル・チャーリー・アンド・ザ・ナイトキャッツの創設者、リトル・チャーリー・バティをフィーチャーしたセヴァーン・レコードからは8枚目となるアルバム。


■アーティスト:SUGAR RAY AND THE BLUETONES FEATURING LITTLE CHARLIE(シュガー・レイ・アンド・ザ・ブルートーンズ・フィーチャリング・リトル・チャーリー)
■タイトル:TOO FAR FROM THE BAR(トゥー・ファー・フロム・ザ・バー)
■品番:SEVERNCD0077J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Don't Give No More Than You Can Take
2. Bluebird Blues
3. Too Far From The Bar
4. Too Little Too Late
5. Reel Burner
6. Can't Hold Out
7. Numb And Dumb
8. My Next Door Neighbor
9. What I Put You Through
10. What Will Become Of Me
11. I Gotta Right To Sing The Blues
12. From The Horses Mouth
13. The Night I Got Pulled Over
14. Walk Me Home
15. Reel Burner (alt Take)

ヴォーカル&ハーモニカのRay Norcia率いるSugar Ray & The Bluetonesは、アメリカのイースト・コーストをベースに活動するブルース・バンドだ。結成から既に40年以上が経つが、伝統的でハード・ドライヴィングなシカゴ・ブルースを現在まで鳴らし続けている。Ray Norciaのブルースにカントリーやジャズの要素を加えたヴォーカル・スタイルは、傑出したハーモニカ・ワークと共に高く評価され、2016年末にリリースされた前作『Seeing is Believing』では、BMA(ブルース・ミュージック・アワード)のアルバム・オブ・ザ・イヤーやバンド・オブ・ザ・イヤー等、10部門にノミネートされている。Little Charlie & the Nightcatsの創設者、Little Charlie Batyとチームを組んだ当『Too Far From the Bar』は、Severn Recordsからは8枚目となる作品だ。プロデュースにDuke Robillardを起用。Bluetoneのオリジナル曲9曲と、Little Walter、Sonny Boy Williamson、1932年にHarold ArlenとTed Koehlerによって書かれたBillie Holidayのクラシック「I Got a Right to Sing the Blues」等、6曲のカヴァーが収録されている。




スポンサーサイト



2020-05-01 : Proper Music Distribution :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム