FC2ブログ

■PEACEVILLE | 2020年6月下旬&7月1日リリース(CARPATHIAN FOREST, BLOODBATH)



2020.6月下旬 ON SALE

1990年代のスカンジナビア・シーンを代表するノルウェーのブラック・メタル・バンド、Carpathian Forestが2002年にリリースしたレアトラック、未発表曲、デモ、カヴァーをフィーチャーしたアルバム。180gヘヴィーウェイト・ヴァイナル。


■アーティスト:CARPATHIAN FOREST
■タイトル:WE'RE GOING TO HELL FOR THIS
■品番:VILELP871[LP/輸入盤]
■定価:オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. The Angel And The Sodomizer
2. I Am Possessed
3. Bloody Fucking Nekro Hell
4. Bloodlust And Perversion
5. Possibilities Of Life`s Destruction
6. In The Shadow Of The Horns
(SIDE B)
1. In League With Satan
2. The Good Old Enema Treatment Part II
3. Death Triumphant (Demo Version 1996)

Carpathian Forestは1990年にノルウェーで結成されたブラック・メタル・バンドで、1990年代にスカンジナビアから生まれたバンドの中でも抜けた存在として語られるバンドだ。『We’re Going to Hell for This』は2002年にリリースされたバンドのレアトラック、未発表曲、デモ、カヴァーをフィーチャーしたアルバムとなる。


2020.7.1 ON SALE

カタトニアやパラダイス・ロストのメンバーから成るスウェーデンのデス・メタル・バンド、ブラッドバスが2018年にリリースした5枚目のアルバム『ジ・アロウ・オブ・サタン・イズ・ドローン』。


■アーティスト:BLOODBATH(ブラッドバス)
■タイトル:THE ARROW OF SATAN IS DRAWN(ジ・アロウ・オブ・サタン・イズ・ドローン)
■品番:CDVILED852J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Fleischmann
2. Bloodicide
3. Wayward Samaritan
4. Levitator
5. Deader
6. March Of The Crucifiers
7. Morbid Antichrist
8. Warhead Ritual
9. Only The Dead Survive
10. Chainsaw Lullaby

Bloodbath は1998年、KatatoniaのAnders "Blakkheim" Nyström(g)とJonas "Lord Seth" Renkse(b)、OpethのMikael Åkerfeldt(Vo)等によりスウェーデンのストックホルムで結成されたデス・メタル・バンドだ。2002年にデビュー・アルバム『Resurrection Through Carnage』をCentury Mediaリリース。2004年のセカンド・アルバム『Nightmares Made Flesh 』を経て、Peacevilleへ移籍。2008年にはサード・アルバム『The Fathomless Mastery』、2014年にはParadise LostのNick Holmes参加後初となるアルバム『Grand Morbid Funeral』をリリースした。当『The Arrow of Satan is Drawn 』はBloodbathの4年振り、5枚目のアルバムとなる。スウェーデンのブラック・メタル・バンド、CraftのJoakim Karlsson(g)加入後、初のアルバムで、レコーディングは2018年の初頭よりGhost Ward、City Of Glass、Tri-Lambといったスタジオでおこなわれ、Karl Daniel Lidénがミックスとマスタリングを担当した。また、アートワークはTestamentやSodomの作品でも知られる Eliran Kantorが手掛けた。






スポンサーサイト



2020-05-14 : Snapper Music :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム