FC2ブログ

■SCARLET’S WELL | モノクローム・セットの2度目の解散後、フロントマン、ビドが1998年にスタートさせたスカーレッツ・ウェル。彼らがリリースしたアルバムのなからハイライトとなる16曲をセレクトしてコンパイルしたアルバム『マジック(セレクションズ・フロム1999-2010)』、リリース。



2020.7.8 ON SALE

モノクローム・セットの2度目の解散後、フロントマン、ビドが1998年にスタートさせたスカーレッツ・ウェル。彼らがリリースしたアルバムのなからハイライトとなる16曲をセレクトしてコンパイルしたアルバム『マジック(セレクションズ・フロム1999-2010)』、リリース。


■アーティスト:SCARLET’S WELL(スカーレッツ・ウェル)
■タイトル:MAGIC (SELECTIONS FROM 1999-2010)(マジック(セレクションズ・フロム1999-2010))
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR459CDJ[国内流通仕様/CD]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,280+税
■収録曲目:
1. Sweetmeat
2. Willy Whispers
3. The Captain's Song
4. Isle Of The Blue Flowers
5. Dark Dreams Aboard The Hesperus
6. Lord Fishgarlic’s Last Expedition
7. Night Of The Macaw
8. The Ballad Of Johnny Freak
9. The Dream Spider Of The Laughing Horse
10. Big Dipper On The Spearman's Floor
11. Savage
12. Black Tulip Wings
13. Golden, It Is, Beautiful
14. My Little Doll
15. Supernatural Services
16. The Vampire’s Song

The Monochrome Setの2度目の解散の後、リード・シンガー、ギタリスト、メイン・ソングライターのBidは1998年にScarlet’s Wellをスタートさせた。1999年から2010年の間、Scarlet's Wellはスペインをベースとしたレーベル、Siesta Recordsより7枚のアルバムをリリース。このコンピレーションは、それらの中からハイライトとなる16曲をセレクトし、まとめたアルバムとなる。当初、Scarlet's Wellはスタジオでのプロジェクトとしてスタートし、最初の4枚のアルバムはBid、Orson Presence(90年代のThe Monochrome Setのキーボード・プレイヤー)、Toby Robinson(90年代にリリースされたThe Monochrome Setのアルバムの大半をプロデュース)の3人が全ての楽器をプレイ。ヴォーカルはBid、Zarif、Alice Healey等が担当した。その後、バンドは再編されライヴ活動もスタート。3枚のアルバムをリリースするも、解散。それに伴い、The Monochrome Setは三度目のスターをきることとなった。




スポンサーサイト



2020-06-03 : Tapete Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム