FC2ブログ

■H.C. MCENTIRE | ソロ・デビュー作『ライオンハート』がピッチフォーク等で高い評価を獲得したマウント・モリアのフロント・ウーマン、H.C.マッキンタイア。約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『イーノ・アクシス』をマージよりリリース。



2020.8.26 ON SALE

ソロ・デビュー作『ライオンハート』がピッチフォーク等で高い評価を獲得したマウント・モリアのフロント・ウーマン、H.C.マッキンタイア。約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『イーノ・アクシス』をマージよりリリース。


■アーティスト:H.C. MCENTIRE(H.C.マッキンタイア)
■タイトル:ENO AXIS(イーノ・アクシス)
■品番:MRG722JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hands for the Harvest
2. Footman’s Coat
3. High Rise
4. River’s Jaw
5. One Eye Open
6. Final Bow
7. True Meridian
8. Sunday Morning
9. Time, On Fire
10. Houses of the Holy

H.C. McEntire - Time, On Fire (Official Video)


『Eno Axis』はH.C. McEntireのニュー・アルバムで、彼女が住むノースカロライナのイーノ川にちなんでタイトルはつけられた。McEntireのソロ・デビュー作『Lionheart』はツアー中に散発的にレコーディングされた作品であったが、それとは逆に、『Eno Axis』はしっかりと腰を据えて作られたアルバムである。Angel Olsenのバンドのバックアップ・シンガーとしてワールド・ワイドで2年間活動をした後、McEntireはイーノ川沿いのノースカロライナ州ダーラムの森の中にある100年前の農家へと戻り、そこで再び焦点を合わせることが出来た。ちょうどこの時期に、McEntireが今まで共有した中でも最高の作品となった『Eno Axis』は出来上がったのだ。『Eno Axis』により、McEntireはアメリカのミュージック・シーンの中で認められるべき力としての地位を確立するであろう。収録された曲はカントリー、ゴスペル、フォーク、ロック等を超越している。それは、太陽がどのように沈み、列車がどのように通過し、如何に愛が成長して歪曲するかについてのリスナーに直接向けられたシンプルなポエムである。McEntireは私達に自身の生活の中で静けさを見つけるように促す。これは不確実な時代に向けた注目すべき明確な声明なのである。

【H.C. MCENTIRE / H.C.マッキンタイア】
H.C. McEntireはMount MoriahとBellafeaのフロント・ウーマンだ。Bellafea は米ノースカロライナで結成されたポスト・パンク・バンドで、2005年にEP『Family Tree』でデビュー。2008年にはファースト・アルバム『Cavalcade』をリリースしている。一方、Mount Moriahは、Merge Recordsより作品をリリースするフォークロック・バンドだ。『Mount Moriah』(2011年)、『Miracle Temple』(2013年)、『How to Dance』(2015年)と現在まで3枚のアルバムをリリースしており、Bon Iverもバンドのことを絶賛している。H.C. McEntireはこの両バンドでヴォーカルとギターを担当。「気怠さ、賢明さ、朝の太陽の明るさ、これらの全て持つ」とStereogumが評するように、彼女の声は高い評価を獲得している。2018年、H.C. McEntireはソロ・デビュー作『Lionheart』をリリース。アルバムはPitchforkで8.0/10を獲得する等、高い評価を得た。




スポンサーサイト



2020-06-30 : Merge :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム