FC2ブログ

■WILL BUTLER | ウィル・バトラー(アーケイド・ファイア)の5年振りとなる新作が完成。マーク・ローソン(アーケイド・ファイア)とシフティがミックスを手掛けたセルフ・プロデュースによるセカンド・アルバム『ジェネレーションズ』、リリース。



2020.9.30 ON SALE

ウィル・バトラー(アーケイド・ファイア)の5年振りとなる新作が完成。マーク・ローソン(アーケイド・ファイア)とシフティがミックスを手掛けたセルフ・プロデュースによるセカンド・アルバム『ジェネレーションズ』、リリース。


■アーティスト:WILL BUTLER(ウィル・バトラー)
■タイトル:GENERATIONS(ジェネレーションズ)
■品番:MRG720JCD[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Outta Here
2. Bethlehem
3. Close My Eyes
4. I Don’t Know What I Don’t Know
5. Surrender
6. Hide It Away
7. Hard Times
8. Promised
9. Not Gonna Die
10. Fine

Will Butler // SURRENDER // official video


Will Butlerは2020年9月にセカンド・ソロ・アルバム『Generations』をリリースする。Butlerがデビュー・アルバム『Policy』をリリースしてから5年が経つ。その間、ソロ/Arcade Fireのメンバーとして世界中をツアー。自身のライヴ・アルバム『Friday Night』リリースし、米/英他、各国でチャートの1位を獲得したArcade Fireのアルバム『Everything Now』のレコ―ディングとリリースも行った。また、ハーバード大学で公共政策の学位を取得。地域の問題(警察の契約、刑務所改革、地方自治体の有給休暇、投票権)に関する一連のタウン・ミーティングをおこない、三人の子供を育てるのに時間を使用。そして、Mergeよりリリースされるニュー・アルバム『Generations』の為の時間とインスピレーションも獲得した。『Generations』はブルックリンにある自宅の地下でButler自身によりレコーディング/プロデュースされた。その後、ニューヨークがパンデミックによりクローズされた為、2020年の3月にはレコーディングを終了。アルバムのミックスの半分はモントリオールでArcade Fireの長年のエンジニアであるMark Lawsonがおこない、残りの半分はブルックリンをベースに活動するプロデューサー、Shifteeが手掛けた。




スポンサーサイト



2020-07-21 : Merge :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム