fc2ブログ

■OLD 97’S | レット・ミラー率いるオルタナ・カントリーのパイオニア、オールド97。結成から27年間、メンバー変更もなく活動を続ける彼らの持続力の証となる12枚目のアルバム『トゥウェルフス』、リリース。



2020.10.7 ON SALE

レット・ミラー率いるオルタナ・カントリーのパイオニア、オールド97。結成から27年間、メンバー変更もなく活動を続ける彼らの持続力の証となる12枚目のアルバム『トゥウェルフス』、リリース。


■アーティスト:OLD 97’S(オールド97)
■収録曲目:TWELFTH(トゥウェルフス)
■品番:ATO0528CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Dropouts
2. This House Got Ghosts
3. Turn Off The TV
4. I Like You Better
5. Happy Hour
6. Belmont Hotel
7. Confessional Boxing
8. Diamonds on Neptune
9. Our Year
10. Bottle Rocket Baby
11. Absence (What We’ve Got)
12. Why Don’t We Ever Say We’re Sorry

Rhett Miller率いるアイコニックなオルタナ・カントリー・バンド、Old 97’sは正に『Twelfth』と名付けられた12枚目のアルバムをATOよりリリースする。Miller、Ken Bethea(G)、Murry Hammond(B)、Philip Peeples(Dr) と結成から27年間、バンドはオリジナル・ラインナップのままで、『Twelfth』はバンドの持続力の証となっている。アルバムのカヴァー写真は元Dallas Cowboysのクォーター・バック、Roger Staubachで、これはMillerの幼年期のヒーローへのオマージュであり、ミュージシャンとして生計を立てるというOld 97’s自身の生涯の夢を実現したという認識のあらわれでもある。前作『Graveyard Whistling』でMillerはButch WalkerやNicole Atkinsといったソングライターとコラボレートしたが、『Twelfth』では全ての曲を自身で書いた(Hammondが書き、歌った「Happy Hour」と「Why Don’t We Ever Say We’re Sorry」は除く)。アルバムからのファースト・シングルは「Turn Off The TV」となる。




スポンサーサイト



2020-08-24 : ATO Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム