fc2ブログ

■WHITNEY | ホイットニー、"Take Me Home, Country Roads"(The Late Show with Stephen Colbert)。アルバム『CANDID(キャンディッド)』、発売中。



Whitney "Take Me Home, Country Roads" - Late Show #PlayAtHome








2020.8.14 ON SALE[世界同時発売]

2019年8月にリリースされたセカンド・アルバム『フォーエヴァー・ターンド・アラウンド』も高い評価を獲得した米シカゴのホイットニー。彼らに影響を与えたケレラ、デヴィッド・バーン、ジョン・デンヴァー、SWV等の楽曲をコレクトした10曲入りのカヴァー・アルバム『キャンディッド』、リリース。


■アーティスト:WHITNEY(ホイットニー)
■タイトル:CANDID(キャンディッド)
■品番:SC409JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Bank Head
2. A.M. AM
3. Take Me Home, Country Roads (ft. Waxahatchee)
4. High on a Rocky Ledge
5. Something Happen
6. Strange Overtones
7. Hammond Song
8. Crying, Laughing, Loving, Lying
9. Rain
10. Rainbows & Ridges

Whitney - Hammond Song (Official Audio)


Whitney - Take Me Home, Country Roads [Featuring Waxahatchee] (Official Audio)


Whitney - Rain (Official Audio)


Whitney - Strange Overtones (Official Audio)


高い評価を獲得した2019年のアルバム『Forever Turned Around』に続き、Whitneyはバンドに影響を与えた楽曲へのトリビュートとなるカヴァー・アルバムをリリースする。『Candid』はKelela、David Byrne、John Denver、SWV等のカヴァー、10曲を集めたアルバムであるが、バンドにとっては挑戦的なアルバムでもある。「僕らはこれらの曲を本当に愛していて、ただ大好きなバンドメイト達とカヴァー・アルバムをつくりたかったんだ、と言えるほどシンプルなものではなく、今後、僕らがバンドとしてどう進化していくかの大きな探求となった」とドラマー/シンガーのJulien Ehrlichは語る。カヴァーは長年、Whitneyにとっては不可欠なものであった。2014年にシカゴのアパートでバンドが結成された時から、彼らはEverly BrothersやAllen Toussaintの曲に取り組んでおり、2016年のデビュー・アルバム『Light Upon The Lake』のソングライティングの過程で、そのことが大きな役割を果たした。それ以来、NRBQの「Magnet」やNeil Youngの「On the Way Home」はライヴの定番となり、セットのなかで不可欠で共有なものとなった。自分たちに深い影響を与えた音楽に対しての彼らの愛は常に本物で、具体的なものだったのだ。




スポンサーサイト



2020-10-14 : Whitney :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム